しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

銀座

2
6月も出店ラッシュ止まりません

最寄駅 
東京メトロ築地駅
徒歩2分

訪問日 
2015年6月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分13,000円(タイムサービス17:00まで1,000円割引、通常14,000円)
ネット指名料0円(本指名1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約

出勤情報
ホームページ1週間分掲載も全てTEL確認要

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
広く、明るいので目立ちます
隅々まで気を配るのは大変でしょうが・・・

ユニフォーム 
前ボタンのナース服
ホームページのユニフォームではありませんでした

施術
電話をするとテンション低めのセラピストさんが応対、
予約の電話とわかると声もハイトーンに。
時間近くに到着、場外市場を横目に電話すると分かりにくい案内に
何度も聞き直した結果、到着は3分遅れ。

ドキドキしながらチャイム鳴らすとドアが開き、笑顔で「いらっしゃいませ」と
可愛いお姉さんがお迎え、ホームページとは違いますがナース服新鮮です。

部屋へ入るとベンチ椅子に腰かけ、コースの確認、会計。
すぐに釣銭と冷たいお茶をもって登場、一口啜ると着替えを促しシャワーの準備へ。

バスタオルを巻いて待機しているとセラピストさんがお迎えに、一緒にシャワー室へ。
シャワー終わったら穿いてくださいと、洗面台にはブリーフとTバックの2タイプが置いてあります。
使い捨てのスポンジやタオルも用意されているのは良いですね。

シャワー室は広く、外光が差し込み明るいのですが壁面に汚れ、バスタブには髪の毛と残念です。
シャワー準備でお湯出しているのですから、そのあたりもチェックしていれば・・・

サッと浴び、馴染みにくい素材のバスタオルで身体を拭き、もちろんTバックタイプの紙パンツを
穿いて扉開けるとセラピストさんが待機、一緒に部屋へ戻ります。

俯せになりマットに寝転ぶと全身をタオルで覆うとセラピストさんはシャワーの片づけへ。

すぐに戻ってきてタオル越しに揉み解し。横に位置取り、腰から背中を揉むというより圧迫。
左右両側から入念に、手で肘で圧す圧す圧す・・・

足元に移動すると脹脛、足首に跨ると臀部から太ももへと圧迫施術。
跨るというよりは挟む感じなのでタオル越しとはいえアノあたりの感触は全く・・・

長い揉み解しが終わり、漸くオイルへ。

横に位置取り、脹脛から太もも、臀部を同じリズム同じ圧で単調な施術。
序盤戦だからか、指先は付け根周辺を通過するも事故には至らず。

腰横に移るとカエル脚の態勢にさせられ、外側から腕をねじ込み、鼠蹊部、付け根を
クリクリ、股間から付け根、鼠蹊部をクリクリ。

向きによって頻度は異なりますがそれなりに事故ります、
とはいえ重大事故に結びつきそうにはありませんが・・・

横から腰、背中を強めに施術。
密着施術が多くなっている中、このように横にいるセラピストさんの生足が
小生の腰辺りに触れている感触はドキドキして新鮮さを覚えます。

俯せ終了となり、取りに行ったホットタオルで抑えるようにオイルを拭き取ります。

そしていよいよ仰向けに。
足横に位置取り、膝下から太ももをスリスリ。さらに付け根から鼠蹊部をスリスリ、
片手づつではありますが手刀のようにして付け根を通過していくので必然的に・・・

ここでセラピストさんから「もう少し脚を開いてください」との声。

目一杯広げるとその間に位置取り、今度は両手で付け根から鼠蹊部をスリスリ、
さらに親指で袋を持ち上げるように刺激します。
会陰を圧そうとしているのかもしれませんが・・・

元気になるよう集中しているときに
セラピストさんが「この後どこか行かれるんですか」
小生はイカナイけど「イクよ」と答えてお時間。

セラピストさんがシャワーの準備に、室内の時計を見ると10分前。

シャワーを浴びて、紙パンツ捨てようとするもごみ箱はなく洗面台に。

部屋に戻り、着替えてカーテンの外を覗くと場外市場越しにはレインボーブリッジが・・・
夜景はキレイだろうななんて想いながら差し替えられたお茶を一口。

セラピストさんが戻ってきて一緒に玄関へ。

紙パンツ
Tバック(他にブリーフ有)
rivage

rivageura

所要時間
87分

独り言
ホームページとかブログとかツイッターの更新おろそかな店が多いですね。
出勤情報やユニフォームの変更などマメに更新してほしいものです、
そのほうが電話しやすいと思うのですが・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 PRETTYxCATIONダウンロード版
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
新橋エリア新店ラッシュですが、正規料金は強気ですね、
強気な料金からもホームページからも期待してしまいます

最寄駅 
JR新橋駅
徒歩3分

訪問日 
2015年5月某日

訪問回数
初回

コース
ロイヤルヴィノーラコース

料金
90分17,000円(GrandOpenキャンペーン4,000円割引、通常21,000円)
ネット指名料0円(通常1,000円)
入会金0円(通常2,000円)
支払総額17,000円
ポイントカード有

予約方法
★★☆☆☆
電話予約 

出勤情報
ホームページ1週間分

店舗
雑居ビル店舗型

施術室
★★☆☆☆
2畳半くらいの洋間
完全個室

施術台
マット
頭部にカガミ有(ホームページ見ると部屋によっては横にあるようです)

シャワールーム
★★☆☆☆
簡易シャワー
綺麗ですが狭いです

ユニフォーム 
黒タンクトップ、黒ミニ

施術
ホームページから何か予感がして電話、店名名乗らないですね。
こちらからホームページ見た旨を伝え、コースの違いを確認すると
男性スタッフが丁寧に説明してくれます。
スタンダード・・・アロママッサージ、ヒーリング・・・密着での施術、
ロイヤル・・・密着、さらにキワの施術時間が長くなります、とのこと。
ここは何かが起こると信じてロイヤルで予約。

予約時間ちょうどにエレベーターで指定階へ。ドアは二つありますが、一つは店名が明らかに
異なるため半開きのもう一つへ。

「すいません」と声をかけると男性スタッフが出てきてスリッパ履き待合室らしきスペースへ。
腰掛けるとコースの確認と会計、会員登録カードに記入を促されます。
しばらくすると釣銭と冷えたお茶缶を渡されます。お茶を飲み、ボケっとテレビ見ながら
待つこと10分、男性スタッフが迎えに来て通路に出るとセラピストさんとご対面。

一緒に奥の部屋へ、意外にも天井まで仕切りのある個室、これは楽しめそう・・・と
ニヤニヤしているとセラピストさんがバスタオル巻いて準備できたらノックしてください
と言い残し部屋の外へ。

サッと脱いでバスタオルを巻きノックすると部屋の外からセラピストさんもノック、ドアノブを回すと
セラピストさんがどうぞとシャワー室へ。

脱衣スペースに入ると目に入るのは紙パンツの山、そんな目線を察してかどうか
「おススメはTバックです」とセラピストさんからアドバイス。
狭い簡易シャワーで数種類のボディソープ試しながら汗を流しておススメを着用。

ドアの外にはセラピストさんが待機、一緒に部屋へ戻ります。

部屋に入ると、すぐに俯せに、全身をタオルで覆われるとシャワーの片づけか
セラピストさんは暫し部屋の外へ。

すぐに戻ってくると「失礼します」と足元に位置取り、脹脛から太ももを揉み解し。

位置を変え、太ももあたりに跨ると腰から背中を圧迫、両手で背中を押すときに
アソコが小生の尾てい骨に当たります、当てているのではと勘違いしたくなるほど
繰り返します。

するとオイルの声。
脚を覆っていたタオルを取ると、オマタで小生の足裏をしっかりと押さえます。
それも足指が大切な場所に・・・ここは序盤、じっとします。

セラピストさんの指先は脹脛から太もも、臀部へとロングストローク数回、
太ももから付け根周辺のショートストローク数回、いずれも付け根までで
事故発生には至らず。

広げた足を横からセラピストさんの足で挟むと、そのできた隙間に腕をねじ込み鼠蹊部を
しっかり、上からは太もも、臀部をスリスリ、サワサワ、スリスリ、サワサワ。
残念ながらゾクッとするような感触は得られず、くすぐったいだけでした。

太ももに跨ると腰から背中、そして覆いかぶさるようにして肩をモミモミ。
密着店の定番施術なんですかね・・・「重いですか」なんて聞いてきますが
なかなか重いとは言えないです。

微妙な展開と思っていると「四つん這い」の声。
そうきたかと、お尻を突き出すとオイルの容器から直接割れ目に・・・
そのオイルが紙パンツを伝ってマットに落ちているのがわかります。

まずは腰骨のほうから腕を入れ鼠蹊部ヌルヌル、続いて股間から玉際、鼠蹊部へ。
たまに臀部をサワサワ、そして鼠蹊部へ。
滑りやすいのか事故の頻度も増したようで・・・

仰向けになるとつま先にアソコをのせて膝下を流します。
足首が動いてしまいますがセラピストさんはお構いなし、淡々と施術は続きますが
反応がないのも物足りなさがあります。

足首あたりに移動すると太ももから付け根をしっかり。

俯せ同様、横から足を挟んで抱き付くような態勢から手指で太ももをスリスリ、付け根をサワサワ、
挟んでいる足で太ももをスリスリ、さらにオッパイでの密着攻撃が続きます。

反撃しようか迷っているとそれを避けるかのように足元に移動。
股間に位置取り鼠蹊部をスリスリ、腹部はクルクルと撫でまわします。

これで終わりかと思ったところで、これも密着店の定番なのか、
腰辺りに跨り、乳首、デコルテをサワサワ、そしてビタッと抱き付いて肩をモミモミ。

施術のためとはいえ前後の動きはまさに疑似・・・

ただ何か違うと思いながら天井眺めていたところでお時間。

シャワーの準備で退出もすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
ベトベトな股間を入念に洗い流し、部屋へ戻ると冷えたお茶缶が・・・

着替えてお茶を一口飲み、ノックすると待機していたセラピストさんから
ポイントカードを受け取り出口へ。

店員さんがセラピストさんがいる前で「どうでしたか?」
もちろん「良かったです」と答えエレベーターへ。

紙パンツ
Tバック(他にブリーフ、トランクス有)
vignola

vignolaura

所要時間
90分

独り言
割引料金でも微妙、正規料金21,000円で考えたら・・・場所代ですかね
ダービーでも獲ったら再訪考えますが・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 PRETTYxCATIONダウンロード版
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
隠れ家的サロン・・・

最寄駅 
JR山手線浜松町駅
徒歩1分

訪問日 
2015年2月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分15,000円
指名なし(ネット指名、本指名とも1,000円)
支払総額15,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約 、オンライン予約
電話応対セラピストさん、駅到着時電話要


出勤情報
ホームページあり

店舗
マンションワンルーム

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいのスペース

施術台
低めのベットマット
ソファ

シャワールーム
★★☆☆☆

セラピスト
パイル地のシャツにショートパンツ
部屋着?

施術
駅から出て電話するとすぐに分かるマンション。ワクワクしながらオートロックを解除してもらい指定階へ。
チャイムを鳴らすと中からちょっとテンション低めなお姉さんが「いらっしゃいませ」
スリッパをつっかけ奥の部屋へ進むとテディベアが置かれていたり色つかいも可愛らしい雰囲気
彼女の部屋らしさを演出しているのかも・・・

そして期待の椅子は小さなソファしかありません、このスタイルどこかであったような・・・
そのソファに腰掛け、コースの確認、オプションの説明と続きます。テンション低いのが伝染したのか
オプションを断ると更にテンションは下がったようでしたがソコはプロ、着替えを促すとシャワーの準備に
向かいました。

一人で籠に脱ぎ捨てタオルを巻いて声を掛けると扉が開いてシャワーへ案内されます。
ライトに造花を掛けたり工夫は、お湯が出してあるのも。サッとシャワーを浴び
脱衣スペースで身体を拭きながら周りをキョロキョロ。「」タオルを巻いてドアを開けるとセラピストさんが
お迎え、と言ってもすぐ部屋ですが。

部屋へ入り、どうしていいか分からず立っているとソファに腰掛けるよう促されセラピストさんはシャワーの
片づけへ。タオルを取るか迷いましたが何も言われないので巻いたままソファへ腰掛けます。
次に両手をどうしようか考えているところへ戻ってくると両手を掴み横に拡げ正対して膝上に座ります。
この微妙な距離で始まるソファエステ2分間・・・密着感はまったくなく指先でひたすらデコルテで終了。

ベットへ移ると俯せ、全身をタオルで覆い足から背中まで軽く圧していきます。
股間に位置取るとタオルを捲り脚から揉みほぐし、両足とも入念に揉みほぐしたところで
更にオイルで脚をトリートメント、太ももから付け根へ伸びてくる指先に阻むものはないのですが残念ながら
慎重な施術で軽い接触のみ

小生の尾てい骨辺りにアソコを当てるように跨り背中をスリスリ。手を動かさずに腰を動かすので感触が
たまらず、つい小生も腰を動かしてしまいます。

仰向けになると股間に位置取り、脛から太もも辺りまでスリスリ。両足ともスリスリを終えると股を拡げるように
膝をつき進め、両手で太ももから付け根、鼠蹊部とナデナデ。こちらは俯せ時より更に慎重で無事故で終了。

シャワーの準備は店の時計で10分前、サッと浴びて一人で着替えてお茶を一口。
玄関までお見送り、スマホの時計を見ると終了予定5分前。

こんな気分で彼女の家から帰るのはチョット・・・

紙パンツ
・・・
aromaazabu



所要時間
85分
 
独り言
ソファエステとオリジナルリンパ(密着が増すとのこと)のオプション付ければ変化あるかもしれないですね。
聞いたことあるコンセプトに受けたことある施術、どちらが良かったかは・・・
グランドハーレム オンラインゲーム クリミナルガールズブーセ オンラインゲーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
ふだんを忘れる贅沢な時間・・・過ごしてみたい

最寄駅 
都営地下鉄大江戸線大門駅
徒歩3分

訪問日 
2015年1月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分11,000円(通常12,000円、某サイト見たで1,000円割引)
入会金0円(通常1,000円、某サイト見たで無料)
指名料1,000円(ネット指名、本指名とも)
支払総額12,000円
ポイントカード有

予約方法
★★★☆☆
電話予約
電話応対男性、駅到着時電話要


出勤情報
ホームページに週間スケジュールあり

店舗
雑居ビル、店舗型

施術室
★☆☆☆☆
3畳くらいのスペース
入口はアコーディオンカーテン、隣室とはパーテーション
上部は通路側、隣室側とも仕切りなし

施術台
マット

シャワールーム
☆☆☆☆☆
狭い、暗い、ボディシャンプーは2本とも空
ここまでの簡易シャワーは初めてです

セラピスト
Vネックシャツにショートパンツ
ホームページの制服期待してましたが・・・

施術
大門に圧倒されながら電話すると準備できているというのでエレベーターで指定階へ。
エレベーター降りると表示のないドアが・・・躊躇っているとドアが開いて「いらっしゃいませ」、
と受付の男性がお出迎え、びっくりしながら予約した名前を名乗るとすぐにサンダルを用意してくれ
受付兼待合室兼事務所みたいな雑然としたところへ通されます。

コースの確認をして会計すると注意事項を読まされます。すぐに部屋へ案内されるかと思いきや
先客がシャワーらしく終わるまで待機、仕方なく雑然とした部屋を見渡すと・・・
なんと小生の名前と電話番号が100円均一にあるようなホワイトボードに小さく、しかしハッキリ読める字で
しかも敬称すらなく 書かれているではないですか。小生の他にも数人の名前と電話番号、
コース金額が書かれていました、ただただ唖然です。

後悔しているところで先客のシャワーが終了したようで部屋へ案内されます。薄暗い中進み
アコーディオンカーテンが開かれてご対面と思いきや「少しお待ちください」と受付氏。

当然のことながら椅子なんてありません、ボッーと立っているとカーテンを叩くような音が聞こえ
セラピストさんがニコリと登場ですが制服が違うガッカリ感が大きいです。

そんな気持ちを知るはずもなく、セラピストさんは元気に「コートお預かりしますね」、着替えサポートを
受けながら次々と脱ぎ捨て下着は自ら定番の籠に入れ、差し出してくれたバスタオルを巻いてシャワー室へ。

脱衣スペースにある籠にバスタオルを入れシャワー室を開けるとお湯が出ていて助かるのですが
電球が切れているのか暗い、扉を閉めると狭い、シャワーヘッドがヌルヌルしていたのでソープで
流そうとポンプを押すと空気しか、もう一本あったのですがこちらも空。仕方なくシャワーでサッと
流し、紙パンツを穿いて扉を開けるとセラピストさんがお迎え。一緒に部屋へ戻ります。

俯せになるとタオルを掛けられ揉みほぐしからスタート、横から脹脛から太もも、臀部、跨って腰から背中、肩
と軽く圧していきます、もちろん感触はしっかりでしたが先客の話し声が大きく落ち着かないままオイルへ。

足元に移り、太ももを挟んで膝下から、足裏はしっかりとアソコで押さえつけられています。太ももへの
施術になるとカカトにアソコ辺りが当たる嬉しい展開、ついついモゾモゾしてしまいます。
指先は序盤戦だからか控えめで付け根辺りでUターンしてしまいます。

横に移動するとカエル脚に、膝あたりをセラピストさんの脚に乗せて施術しやすいようにします。
腕までは入らず指先で付け根辺りをクリクリ、際どさはイマイチ

腰に跨ると腰から背中、オッパイ押し付けての肩、何度も何度も押し付けてきますが
感触は好みの問題なので・・・

俯せでの施術が終了するとホットタオルでオイルを拭き取り、仰向けになると、
足の甲辺りに跨り膝下から太もも、付け根と徐々に期待するエリアに指先が忍び寄ってきました、そして・・・

股間に位置取り、オイルを手に取ると付け根辺りをスリスリサワサワ。
時に片手で時に両手で、しかも人差し指の指先が紙パンツの淵を添うように通過していくので事故は必然、
小生はパンチ人形のように親指に倒されては立ち上がりの繰り返し。

いまかいまかとモゾモゾしていると股間から立ち上がり、小生の横へ。
手を取ると太ももへ導くので「、手のひらを太ももで挟むようにして腕のトリートメント。
小生はセラピストさんの太ももをトリートメントも届きそうで届かない絶妙な距離感。

必死に指で手繰り寄せようとモゾモゾしているとセラピストさんが急に顔を近づけてきたので「もしや」と
ドキドキしたのですが・・・一言「お時間です」とシャワーの準備へ。

あまり使いたくないシャワーで空のポンプを数回押しては僅かな泡でオイルを洗い落とします。

部屋へ戻り、冷たいお茶を頼んで着替え、お茶と一緒にポイントカードと割引券をもらい一緒に玄関へ。
帰りは受付のお兄さんはなく、セラピストさんがエレベーターが来るまでドアを開けてお見送り。
 
紙パンツ
Tバック
jubilee

所要時間
88分
 
独り言
簡易シャワーもイイものあるんですけどねぇ・・・
大門越しの東京タワーいいです。
ウィッチズガーデン ダウンロード販売 クリミナルガールズブーセ オンラインゲーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

1
厳選美女に出会いたい・・・

最寄駅 
都営大江戸線勝どき駅
徒歩3分

訪問日 
2014年11月某日

訪問回数
初回

コース
90分コース
120分~、その他オプションあり

料金
90分16,000円(通常20,000円、OPEN記念割引3,000円、さらにタクシー使わないで1,000円割引)
指名なし
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
電話応対男性、受付有

店舗
マンション複数室
コンシェルジュ、警備員もお見送りしてくれました

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいの洋間
雑然としていて照明も含め落ち着かなかった
鏡なし

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
シャワー室としてはキレイですが・・・

セラピスト
ホームページ画像の通り、いくつかあるようです

施術
★☆☆☆☆
見上げるのに苦労するようなマンション内に入り、部屋番号を入力すると男性の声が聞こえるのと
同じタイミングで自動ドアが開きます。このマンションにしては小さいエレベーターに乗り、指定階に降り
部屋を探します。漸く見つけドキドキしながらチャイムを押すと・・・

な、なんとガタイがいいお兄さんが「いらっしゃませ」。恐る恐る中へ入ると先ず目につくのは大画面テレビ、
その前のダイニングテーブルには料金表が・・・
窓側の椅子に腰掛けるとお兄さんが差し向いに腰掛け、丁寧に料金説明、オプションも時間掛け詳しく説明
してくれます。少し揺れ動くも丁重にお断りして会計、飲み物を頼み、窓の外を見ると絶景東京タワー。

お茶が運ばれ、一口飲んでいるとセラピストさんがニコリと登場、部屋へ案内されます。部屋の時計を見ると
すでに15分以上経過しています。

椅子はなく、すぐに着替えを促され誰かが袖を通したようなガウンを羽織りシャワーへ。

洗面台には大きな鏡、その前には足湯で使うであろう椅子や桶。浴室に入るとオプションのためなのかお湯が
はってありました。サッと浴びてビニールに包まれた紙パンツを拡げて見ると、スライド式。目一杯小さくして
お迎えのセラピストさんと一緒に部屋へ戻ります。

部屋へ戻ると俯せから。タオルを掛けられ背中から圧してくれます。ポジションは横からが主、
時に跨ったりするものの密着はありません。足も同様にタオルを掛け横から入念に押してくれます。

タオルを取り、紙パンツを少しズラすと多めのオイルを手に取り背中に伸ばしていきます。ショートストロークで
丹念に肩から腰までトリートメント、終了するとタオルを掛けオイルを軽く押さえて足元へ移ります。

片足ずつ膝下から太ももへと指先は伸びてきますが付け根手前でUターンの繰り返し。こんなはずでは、と
思っているところで仰向けコール。

仰向けになると照明が眩しく、目を閉じて施術を受けることに・・・

足元に位置取り、脹脛から膝裏、そして太ももへと指先は伸びます、が、付け根周辺への施術は慎重で
絶対に事故を起こさないという強い意志が感じられます。

当然何も起きずに腕を施術して終了。

シャワーの準備と立ち上がった時にチラリと水着らしきパンツが見えただけなのに妙に興奮しました。

落ちにくいオイルのようでいつもより時間を掛けてシャワーを浴びて部屋に戻ると予定終了時間、着替え
終わると水分補給のお茶を立ち飲み。帰ろうとすると玄関でのお見送りは響くからできないとのことで
部屋でお別れ、一人玄関を開けて外へ。ふと時計を見ると終了予定5分過ぎ、受付でのやりとりも施術時間内
なのか・・・

エレベーター降りるとコンシェルジュさんが、マンションでると警備員さんが会釈してくれますが何故か罪悪感を
感じながら店を後にしました。

紙パンツ
Tバックスライドタイプ
<通常時>
secret1
<縮小時>
secret2
サイド緩々なので横スカよりも楽しめます、もちろん施術次第ですが・・・
所要時間
95分(受付での15分含む)

独り言
ラピュールへの道から、ウェリナリゾートから、そしてここシークレットガーデンから、この三店はお勧めの
東京タワービュースポットです。
話は変わりますが「かねます」の行列気になりました。
父に恋した淫乱娘「彩子」 ~お父さんは誰にも渡さない~ ダウンロード販売
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ