しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

銀座

2
追加料金なしでキワキワな鼠蹊部たっぷり・・・

最寄駅 
JR浜松町駅
徒歩10分

訪問日 
2018年9月

訪問回数
初回

コース
ジュエコース

料金
90分17,000円(オープニング割引2,000円OFF、通常19,000円)
オプション2,000円
指名料なし(指名料2,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横、頭部にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
お迎え~シャワー Tシャツにフレアミニ
施術時~お見送り ベビードール

施術
ホームページの雰囲気いいですね、小生の『お店選び』ってそんなところからです。
早速電話してみると希望の時間が空いているというので即予約。

第一京浜から少し入った分かりやすい場所、オートロック解除してもらいワクワクしながら指定階へ。
エレベーター降りてチャイムを鳴らそうとするとドアがガチャリ、そしてセラピストさんがひょっこり。ちょっとイメージとは異なるも笑顔で出迎えてくれます。なぜか使い捨てのスリッパが二足、そのうちの一足を突っ掛けズカズカと奥の部屋へ。

まず目に入るのはカガミ、頭部と横に、薄暗い中に白のフレームは映えます。そしてマットにはビニールシート、これは期待できそう。
サイドテーブルには既にお茶とカルテが置いてあり、その横の椅子に腰掛けるとセラピストさんが自己紹介、そしてカルテへの記入を促されます。

薄暗く、読めないので署名だけするとすぐにセラピストさんが受け取りに、そしてコースの確認、続いてオプションセールス・・・ホームページには追加料金なしで云々と唄っていたのに「!」もセラピストさんから「オイルドバドバで2,000円になります」と口頭だけでの料金案内。

もちろん、即「それもお願いします」、するとセラピストさんもニッコリ、で会計。
すぐに釣銭を持ってくると着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。

サッと全裸になり腰にタオルを巻くとそれを見計らっていたように、ノックがありシャワー室へ案内。
洗面台には紙パンツ、そして今や定番マウスウォッシュも。

簡単に流して紙パンツの包みを開けると横スカ。やっぱりこの開放感いいですね。

扉を開けて部屋に戻るとセラピストさんが透けてる・・・薄暗い中でもわかるベビードールのスケスケ。聞かなかったのですがこれはオプションに含まれているのかも・・・

バスタオルを渡すと俯せに。

マットの横にはオイルウォーマー、そしてボトルが2本、ドバドバ楽しみです。
シャワー室の片付けから戻ってくると頭部に位置取り、「失礼します」と膝で小生の頭を挟むほどに。

数回に分けてオイルを背中に置き、それを両手で一気に背中全体へと拡げていきます。オイルは薄い感じで伸びはさほど感じられず、温かさもなし。

ストロークはゆっくりも適度の圧があり心地よい。セラピストさんの指先が紙パンツの紐に掛かったとき、フワッと腰を浮かせて頭越しに腰に着地。

足首を掴むと足裏をグッとオッパイに押し付け膝を曲げてのストレッチを軽く。足を戻すと太ももから脹脛へとオイルを拡げると片足に抱きついて手から肘を使ってスリスリ・スリスリ。起き上がる時に指先も膝窩から太もも、そして付け根へ。さらにオイルを手に割れ目へとタラタラ、そして流れるオイルを指先で留めグリグリ・・・

足元へ移動するとオマタで足指抑えて脹脛から太ももへとスリスリ、さらに付け根までしっかり。
グッと股間に入り込むとビニールシートならでは、カエル脚にならずそのまま腰横からスルっと滑り込ませた手は鼠経部から付け根をスリスリ・スリスリ・・・このほうがカエル脚よりグイグイきます。

片足の太ももに跨ると背中をグリグリ、と同時に膝で小生の股間を蹴り上げるようにグイグイ・グイグイ。そして覆いかぶさりピタッと密着、耳元には息遣いがハァハァ。

ここで四つん這い。

尻を突き出し、態勢になるといきなり両手が股間に。鼠径部からヘソ下へと進んだ手は片手づつ交互に円を描くようにスリスリ、すると両腕で挟むような形になり・・・

尻を両手で抱えるとグッとオッパイ押し付け指先を乳首に、ゆっくりと反応を確かめながらコリコリ、周辺サワサワ。徐々に指先はヘソから下腹部、そして・・・

セラピストさんが股間に膝をグッと入れると小生は下半身を乗せるような感じに、割れ目にオイルをポタポタと垂らして周辺をサワサワ・クリクリ。さらに愚息が腿に挟まれて・・・

ここで仰向けに。

頭を両膝で挟むように座るとデコルテからスリスリ、指先は乳首で止まりクリクリ、さらに手を伸ばし下腹部へと・・・当然小生に覆いかぶさるようになるのでムニュ・ムニュっと・・・

手が止まるとフワッと腰が浮いて一瞬視界が遮られ・・・
腹部に着地すると太ももから付け根、そして紙パンツ周辺をベトベトに。さらに片足に抱きつきスリスリ、尻を突き出すような態勢、目の前には薄暗い中でもハッキリ。ちょっと突っついてみたい衝動に駆られましたが両手はセラピストさんの足でガッチリ押さえつけられていました。

それを察したわけではないでしょうが、横に移動すると後ろ向きになり小生の手を自らのオマタへと導きます。一応手のひらをモミモミですが少し腰を振るので・・・エアですがまさにタワシ洗い・・・

足元に移動すると足の甲をオマタで押さえて太ももから鼠経部、そして紙パンツ周辺をスリスリ、さらに手を伸ばして両手は乳首に、顔はへそ辺りに、そして決して意図したわけではないでしょうがオッパイが愚息を挟むように・・・この前後の動きに紙パンツが・・・

今一度横に移動すると腕枕で添い寝。

小生の表情窺いながらの乳首責め、まずは周辺からサワサワ、そして乳首を弄ぶように指先でクリクリも反応が少ないと見たのかすぐに指先は下腹部へと進みサワサワ、同時に膝では太ももをスリスリ。

腹部に後ろ向きに跨ると股間にオイルをダラダラと垂らして紙パンツ周辺はニュルニュルに。そこを両手でクリクリ・スリスリ・・・紙パンツと一緒にスリスリしていたので横スカというか上スカ状態に。スリスリがスピードアップすると腹に跨っていたセラピストさんが滑ってきて顔前に尻が・・・まさに69状態。さらに指先の動きが激しくなったところでお時間。

セラピストさんはシャワーの準備へ、小生は上体を起こして室内に置かれた時計を見ると終了15分前。

すぐに声が掛かりシャワー室へ。シャワーで流してもヌルヌル感は落ちないのでオイルは水溶性ではないよう、ソープを手に時間を掛けて洗い流しタオル巻いて部屋へ。

セラピストさんは部屋の片付けが終わったようで入れ違いにシャワーの片付けへ。
小生は一人着替え、着替え終わったところでノックがありセラピストさんが入室。テーブルのお茶が差し替えられた様子はないので自ら玄関へ。

エレベーターでスマホ見ると終了5分前。

紙パンツ
横スカ
yokosukakon

所要時間
86分

独り言
 久々に厚手のビニールシートでオイルは使っていたようですがドバドバまでは・・・水溶性でもなく厚みもないので物足りないのかも。施術前後のオペレーションは多くの店がおろそか、これだけ店が多いのですからもう少し・・・ねぇ。

2
採用率15%・・・

最寄駅 
東京メトロ銀座一丁目駅
徒歩3分

訪問日 
2018年7月

訪問回数
初回

コース
Ginコース

料金
90分17,000円(オープニングキャンペーン、通常19,000円)
指名料なし(指名料1,000円)
支払総額17,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
オシャレな猫足バスタブ

セラピスト
グレーワンピース(お迎え~シャワー、ホームページ画像)
ベビードール(施術時)
黒ワンピース(お見送り)

施術
久々に銀座界隈の店のホームページを見ていると採用率15%・圧倒的美女の文字が・・・
早速電話してみると男性スタッフが応対、希望の時間とコース時間を伝えるとほぼ希望に近い時間で取れるというのでお願いすると総額の案内があり、場所に着いてはSMSで、ということで予約完了。

しばらくするとSMSが届いて確認返信して終了、時間丁度に聞き覚えのある指定のマンションへとのこと。

時間丁度にマンション前に着くとやはり来たことのあるマンション、オートロックを解除してもらい指定階へ。以前とは階数も違うようでドキドキしながらチャイムを鳴らし15%美女待ち。

すぐにドアが開き、中からセラピストさんがニコリとキレイ系のお姉さまがお出迎え。
「どうぞ」の言葉に使い捨てのスリッパ突っ掛けキッチンの横を通り抜けて奥の部屋へ。

二人掛けのソファに腰を下ろすとセラピストさんは斜め横に跪き、自己紹介。グレーの部屋着っぽいゆったりとしたミニワンピースから白い太ももが・・・

キッチンから冷たい飲み物がサイドテーブルに、そして手渡しで冷たいオシボリ。ペーパーなのでサッと手を拭いてお茶を一口、ホッと息つけます。

すると「当店は初めてですか」に「はい」と答えると誓約書に署名を求められます。多くの店がそうですが施術前から暗い、この暗さだから本文読んでもらうつもりもないだろうし、読むつもりもない、のだからこれでいいのかも。

サッと署名しセラピストさんに渡すと着替えの案内。ハンガーに衣類を掛け、衣類カゴを見ると貴重品袋がない・・・パンツとバックを衣類カゴに入れ、タオルを腰に巻いたところでセラピストさんが「どうぞ」とお迎え、そのまま財布をもって浴室へ。スポンジや紙パンツの案内があり猫足バスタブへ、見た目はお洒落ですが使い勝手は決して良くはないかと。

サッと浴びて洗面台を見ると紙パンツの横にマウスウォッシュが。もしかするとと思い、口に含んでクチュクチュしながら紙パンツの包みを拡げるとノーマル、それを穿いて準備完了。透明のドアを開け部屋へと進むとセラピストさんはベビードールに衣装チェンジ、ですが暗い。

マットに俯せになり廻りを観察、カガミがないのはいまや珍しい、そして定番のオイルウォーマーが1本、ごくごく普通。そういえばオプションの有無を聞かなかった、とちょっと後悔しているとセラピストさんがきてタオルを掛けてくれます。そして「よろしくお願いします」で施術スタート。

腰横に位置取り、タオルの上から腰をサラッと撫でると「失礼します」と膝で小生のケツを撫でながら跨ぎます。そして腰から背中をグイグイと1回、でピタッと背中に抱きつき耳元で「お部屋の温度大丈夫ですか」、背中にはオッパイの、腰にはオマタの感触が・・・これは期待できそうとワクワク。

その態勢のまま、肩から腕をスリスリ、オッパイでもオマタでもスリスリ。
なかなかの感触、勘違いしそうな雰囲気にカガミあったら・・・

ここでオイルに。

斜めから頭を挟むように座ると心地よい温かさのオイルをボタボタ、ボタボタと結構な量を背中に。

オイルを背中全体に拡げると肩からグリグリ、首筋グイグイ、肩甲骨周辺をグリグリ、適度な圧で心地よい、その指先は背骨に沿って腰へ。

グッと身を乗り出すと紙パンツをズリさげハンケツ状態に。すると割れ目にボトルからオイルをダラダラダラ・・・そのオイルは割れ目を伝い、袋からポタッポタッ。さらに身を乗り出したので小生の後頭部には嬉しい感触が・・・そして伸びた指先は内腿から付け根へとオイルを延ばし、割れ目をツゥーっと。

そのまま頭を飛び越え、腰辺りに着地すると臀部から内腿、膝窩から脹脛へと両手でオイルを拡げ、ロングストローク。すると片足にピタッと抱き付いて足裏をスリスリ。

ここで足元へと移動、足裏をオマタでしっかり押さえて脹脛スリスリ。脹脛に跨って内ももからスリスリ、この指先はそのまま臀部へと伸びるので事故は起こらず。

するとここからフェザータッチが・・・

これは好き嫌いあるのでしょうが・・・延々と続きます、くすぐったいのでピクピクとなります、するとさらに続きます・・・フェザータッチではなくただのクスグリ・・・

ここでカエル脚に。

股間に入り曲げた脚を挟んで太ももから臀部をオイルでしっかり、がここでも、クスグリが・・・結構続きます、それも左右。

ここで四つん這いに。

股間に膝を詰めると割れ目にオイルをドボドボドボ、温かいオイルが割れ目伝って・・・気持ちイイです。サッと臀部を撫でまわすと両手を股間にグイッ、鼠経部をスリスリ。愚息が元気になりはじめると臀部から内ももをクスグリ攻撃が・・・

愚息がすっかり萎えたところを見計らったわけではないでしょうが、両手は今一度股間へ。さらに奥へと入り込み、へそ廻りをグルグルグルと両手で撫で廻し・・・するとセラピストさんの両肘が小生の愚息を挟みながらグルグルグル、偶然か計算してか・・・元気な状態で受けたかった施術・・・

ここで仰向けに。

頭を挟むように座ると胸元にオイルタラタラ、零れ落ちそうなオイルをサッとデコルテからへそ廻りへと拡げスリスリ・スリスリ。その指先はさらに鼠経部から付け根へとヌルヌル。すると目の前にはオッパイが・・・スタンプというより擦る感じ、ムニュっとした感触はなし。

フワッと腰が浮くと遠慮気味に斜め上空を通過、薄暗い中でもバッチリ・・・腹部に着地して紙パンツにオイルドボドボ、周辺ニュルニュル、そして内ももサワサワ、サワサワ、サワサワ・・・

脚に抱きつきニュルニュル、手の届くところにお尻が・・・それを察してなのかセラピストさんの両膝は小生の腕をガッチリガード。

スクっと立ち上がって中を見せつけるようにしてから足元に移動。
膝をたてると足の甲をオマタで抑えて脹脛スリスリ。足指にはいい感触、くすぐられたそのタイミングで指動かそうと構えるもここでのサワサワはなし。

立てた脚をそのまま横に拡げると股間からその脚を挟むような態勢に。
内ももスリスリ、鼠経部スリスリ、乳首クリクリ、そしてそこらじゅうをサワサワ、サワサワ、サワサワ・・・

股間に移動するとグッと膝を詰めて紙パンツにボトルに残っているオイルをドバ・ドバ・ドバァーっと。まだ温かさがあり心地よいニュルニュル感、そのオイルを手のひらで紙パンツ周辺にサァーっと拡げます。内ももから付け根、鼠蹊部、下腹部とスリスリ・ニュルニュル、さらに手を伸ばし乳首まで。

ここでもサワサワが始まり・・・

ここでお時間。セラピストさんはシャワーの準備へ。ボォーっと周囲を見渡すと時計は終了予定10分前。

やや間があって迎えに来て一緒にシャワー室へ。先に脱衣室まで入るので一緒にシャワーか、と思いましたが・・・「ここにタオル置いておきますね」で一人に。滑らないようにバスタブに入りシャワーを浴びるとスゥーっと流れ落ちていきます。結構厚みのあるオイルだったのに水溶性だったようです。

サッと流して部屋に戻るとセラピストさんは黒ワンピースに着替え。部屋の片付けも終わったようで小生の着替え中もずっと部屋にいてお話。「どうでしたか」の問いにもちろん「良かったよ」と一言。

シャツを羽織わせてくれ着替え終わり、自ら玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
88分

独り言
最初は良かったし、クスグリがなければ流れも良かったのに・・・
15%は好みもありますがキレイなお姉さんでした。
系列があるのかどうかわかりませんが一部屋でのオペレーションですから頑張って欲しいです。

2
気になるホームページだったので・・・

最寄駅 
東京メトロ築地駅
徒歩4分

訪問日 
2017年8月

訪問回数
初回

コース
LYMPH TREATMENTコース

料金
90分14,000円(SUMMER LUNCH TIMEキャンペーン2,000円割引、通常16,000円)
指名なし(本指名料1,000円)
支払総額14,000円

予約方法
電話予約
応対セラピストさん

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
黒ミニワンピ(ホームページ画像)

施術
電話すると女性の声(セラピストさんと思われます)で店名応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので予約。
施術ルームが2カ所あるようで今回は東銀座ROOMとのこと、
指定の場所から電話してください、とのことで予約完了。

予約時間の3分前に指定の場所から電話すると分かりやすい目印を案内され、
そこからもう一度電話してほしいとのこと、スタスタ歩いてそこから電話するとすぐそばのマンション。

オートロックを解除してもらい指定階へ。
部屋番号たどりながら指定の部屋番号に到着、
チャイムを鳴らすとやや間があってドアが開くと中からセラピストさんがニコリとお出迎え。

スリッパ突っ掛け、奥の部屋へ。
正面のソファに腰掛けると、セラピストさんは飲み物の用意へ。

すぐにグラスを持ってきてくれお茶が入ったグラスを手渡しで勧めてくれます。
そして自己紹介、メニューカード見ながら割引の確認、そして会計。

着替えを促されるとセラピストさんはそのまま横に。
脱ぎ始めると脱いだ衣服をハンガーに掛けてくれます。

全裸になり渡されたタオル巻いてシャワー室へ。
そこはワンルームタイプのユニットバス、片隅に一羽寂しくアヒルが・・・
室内は狭いですが明るくキレイにしてあります。
が、お湯が出ていなかったので温度調整から・・・

サッと浴びて洗面台横に置いてある紙パンツは横スカ。
その日の愚息の評価は・・・横スカがいつも以上に大きく感じます。

タオル巻いてドアを開けるとセラピストさんが待機していて部屋へ。

片隅に敷かれたマットは小さく薄いので寝心地は微妙・・・

横たわるとまずは俯せに。
タオルを数枚使い全身を覆うと揉み解しからスタート。

横から背中を強めにグイグイ、力を入れるため膝立ちになるのか
タオル越しですが膝が腰辺りに触れます、その感触に目一杯想像膨らませワクワク 。

一昔前、セラピストさんのスカートの裾が当たっただけでもドキドキしていたのを思い出します。

足元に移動すると脹脛を軽く擦り、太ももへは圧し揉みしながら付け根手前まで。

ここでオイルに。

脚に掛けてあるタオルを施術する片足だけ捲ると足裏からスリスリ。
その足首を膝で挟むようにして脹脛もスリスリ、続いてロングストロークで一気に太ももまで。

脹脛から膝窩、そしてハムストリングから臀部へ圧し進むと
引き際に股間に指先が入り込み、付け根へはクィクィっとちょっとだけご挨拶。

同じストロークが淡々と・・・

腰横から背中を普通にしっかり。
適度な圧にワクワクするどころかついウトウト。

ここで「仰向け」の声。

すると「眩しくないですか」と久々の目隠しタオル。
すかさず目をギュッと閉じたり、開いたり、タオルをズラして隙間から明かりが・・・

セラピストさんは足元から膝下をスリスリ。
太ももへはオイル手に軽く流してカエル脚に。

膝から両手で掴み、グゥーっと付け根手前まで流すと後は小刻みにスリスリ。
最後は親指の腹で付け根をサッと撫でるだけ、
とはいえ傾いている方の施術ではその親指で軽く弾かれる感じ・・・まさにパチンコ玉。

股間に移動すると内腿から付け根、鼠蹊部あたりをサッと撫でると
「お疲れさまでした・・・」
とシャワーの準備へ。

結構準備に時間がかかりましたが、「お待たせしました」で起き上がりシャワー室へ。

自ら、シャワーのお湯を出し一羽のアヒル見ながらサッと浴びると
水溶性らしく不快なオイル残りはなく流せます。

軽く拭いて部屋へ戻るとセラピストさんが衣類を手渡ししてくれます。
衣類カゴを見るとパンツも畳んであるのにはちょっと感心。

着替え終わり、差し替えてくれたお茶を一口啜って玄関へ。

紙パンツ
横スカ
aromacoco1

所要時間
85分

独り言
ホームページから気になっていたので訪問も・・・
セラピストさんも充実しているようなのでこの値段なら。
合えば値ごろ、ですが90分14千円が安いわけでは・・・

3
オープン当初から気になっていた店、果たして・・・

最寄駅 
東京メトロ銀座一丁目駅
徒歩3分

訪問日 
2016年12月

訪問回数
初回

コース
ザ★ギンコース

料金
90分18,000円
指名料1,000円
ホイップトリートメント2,000円
初回入会金 無料(通常1,000円、只今無料キャンペーン中)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
シースルーのバスルーム、洗面台あり
浴びるのに気を使います

セラピスト
胸元が開いたノースリーブのワンピース(送迎時、ホームページ画像)
ベビードール(施術時)

施術
WEB予約で気になるセラピストさんの空き状況見ていると訪問可能日が空いていたので即予約。
メッセージでのやりとりがあり、当日はワクワクしながら時間丁度にマンションへ。

オートロックを解除してもらいエレベーターで指定階へ。
わかりやすい並びですが確認しながら部屋番号の前に、ドキドキしながらチャイム鳴らします。

すると出てこない・・・
もう一度鳴らそうかとしたときにドアノブがガチャリ、中からセラピストさんがニコリとお出迎え。
使い捨ての履きにくいスリッパ突っかけ、キッチンらしき横を通り片隅の椅子に。

「寒いですねぇ~」とお決まりの言葉を交わして、まずは飲み物を。
会話の流れから温かい飲み物を頼んで暫し時間が・・・

サイドテーブルにマグカップが置かれたところでコースの確認、
メニューにあるオプションを何も聞かずに頼み会計、そして同意書に署名。
着替えを促されコートを掛けてくれるとシャワーの準備へ。

サッと全裸になりタオル巻いてガラス張りの浴室へ。
そこには猫足バス、お洒落なのですが掃除するの大変なんでしょう、
シャワーカーテンの裾は残念なことに・・・

シャワーのお湯が廻りに飛び跳ねないように気を使いながら浴びて、
洗面台にある紙パンツ穿いて準備完了。

部屋にはセクシーなベビードール姿のセラピストさんが・・・
これはおそらくコースの差の一つでしょうか。

ワクワクしながらマットへ俯せになると全身覆うようにタオルを掛けられ揉み解し。
両手で体重掛けながら背中をグゥーっ、これには思わず「ウゥゥッ」
脚は軽く圧してオイルに。

頭部に移動してくると、両膝で頭を挟むような態勢で背中をニュルニュル。
肩から肩甲骨、背骨に沿って腰辺りまで多めのオイルを延ばしていきます。
最近たっぷりと表記する店が多いので・・・たっぷりとは感じないですが。

肩から腰へ手が伸びるのと同時に後頭部にはもう一つの感触が・・・
そして覆いかぶさるようにしながら臀部あたりまでスリスリ。

するとフワッと腰を浮かせて頭越しに背中に移動。

これは、と背筋使い頭部にあるカガミを見るも見えるのはセラピストさんの背中だけ・・・
が、太ももから付け根へと手刀でガンガンきますのでカガミでの鑑賞は諦め施術を楽しむことに。

脹脛への施術になると脚に抱きつくような態勢、ぬくもりを感じながらのスリスリ。

足元に移動すると足裏をオマタで押さえて脹脛から太ももへスリスリ、付け根へガンガン。

カエル脚になると横から抱きつくような態勢で指先を臀部割れ目から内腿へとツゥー。
開いた脚はセラピストさんの膝を使いスリスリ、勢い余って股間にも膝蹴りが。

股間に移るとセラピストさんの脚で小生の脚を挟みながらスリスリ、
指先は腰から廻りこんで鼠蹊部に。

ここで「四つん這い」の声が。
一応恥ずかし気に四つん這いになり尻を突き出すと、
小生の足を拡げ、ググッとその間に入り込み股間に両手を・・・
ニュルニュル・スリスリ、横スカでヨカッタと思う瞬間。

辛そうな態勢を察してか、さらに膝頭を股間に差し込み、
太ももをセラピストさんの膝にのせるようにして腰を浮かせた態勢に。

割れ目から股間へ、内腿から付け根へセラピストさんの指先が縦横無尽に動き回ります。
腰を抱え込むように手を廻すと鼠蹊部スリスリ、ちょっと手を伸ばして乳首クリクリ。

いろんな想像巡らせているところに「仰向けに」

仰向けになった横をオイルを持ったセラピストさんが通過・・・イイ眺めです。

頭を挟むように座るとデコルテから腋へリンパを流します。
チラと目を開くとセラピストさんを目が合いドキッ。

指先は乳首に移り周辺をクリクリ、さらに指先はへそ廻りから下腹部へ。
当然のように目の前のオッパイが徐々に近づき・・・プニュ・・・ブニュー

さらに指先が鼠蹊部辺りに届くと腰が浮きあがり、頭部には想像を掻き立てるような感触。
すると目の前を・・・

瞬時に腹部へ着地。
鮮やかです、さり気なくセラピストさんの足首は小生の手の動きをしっかりと封じています。
両手で膝から付け根へリンパを流すようにスリスリ。
内腿を手のひらで撫で上げると付け根から鼠蹊部をスリスリ・サワサワ。

足元に移動すると足の甲をオマタで押さえて膝下からロングストロークで太ももまで一気に、
これでは足指に全神経を集中しているつもりがそがれてしまいます。

添い寝するように横に来ると脚を絡ませるように動かしスリスリ、
指先は鼠蹊部あたりをサワサワ・スリスリ、たまに乳首クリクリ。

股間に入り込み、施術する脚にセラピストさんの脚を絡ませると覆いかぶさるような態勢に。
目の前にはセラピストさんの顔が・・・勘違いしそうです。

その距離のまま、脚は微妙に股間を刺激し、指先は下腹部を入念に、も、
チラリと時計を確認しホイップに。

「こちらに穿き替えてください」とトランクスを渡されマットの上で穿き替えます。
その間セラピストさんはホィップ作り。
この微妙な間、結構長いのであまり好きではないのですが
この部屋でカウンター越しにホイップ作りながら話していられるのでさほど時間は感じずに。

準備ができたところで股間に位置取り、ホイップを両手ですくいトランクスの裾から・・・
ヒヤッとした感触は・・・微妙です。
ローションとソープとのバランスで異なるのでしょうがホイップというには・・・

トランクスの中にホイップを詰め込むというより鼠蹊部に塗りつける感じ。
塗りつけた後はスリスリ・スリスリと見えないトランクスの中で、
お決まりと言えばお決まり、トランクス内での事故も大事故までは・・・

施術ポジションは股間だけでなく脛を跨いだり、添い寝のような態勢だったりと
視覚も触覚も楽しませてくれ、股間に戻ったところでお時間。

股間から覆いかぶさるような態勢になり「肩に手を廻してください」、
肩に手を廻し、ギュッと抱きつくとそのまま抱え起こしてくれ、手を添えて立ち上がらせてくれます。

オムツのようになったトランクスをその場で脱ぎ棄てシャワー室へ。
滑らないよう気を付けながらバスタブに入るとバスタブの外へ飛び散らないよう、
気を使いながらシャワー。

片づけをしているセラピストさんと雑談しながら着替え。
着替え終わった後も椅子に腰掛け差し替えられたお茶を啜りながら二言三言。
コートを羽織わせてくれ玄関でお見送り。

紙パンツ
横スカTバック(ホイップ施術時はトランクス)
yokosukakon

所要時間
91分

独り言
決して悪くはない、というか良かったのですが・・・銀座価格ですかね
施術の内容・流れからすると施術としてのホイップはちょっと・・・

2
会員制ラウンジにも通ずるところあるかも・・・

最寄駅 
東京メトロ虎ノ門駅
徒歩4分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
アロマコース

料金
90分12,000円(某サイト見たで90分以上3,000円引、通常15,000円)
入会金記載なし
指名なし(通常1,000円)
支払総額12,000円

予約方法
電話予約 、応対男性スタッフ

店舗
一棟店舗型

施術室
6畳より広め

施術台
マット
頭部、足元、天井に大きめのカガミ

シャワールーム
簡易シャワー

セラピスト
白タンクトップに黒タイトミニ

施術
電話すると男性スタッフがすぐに応対も店名名乗らず、こちらの出方を窺っているようなので
「某サイト見ました」と切り出すと「ありがとうございます」で会話スタート。

コースの違いを聞くと初回はアロマかストレッチとのこと、
で、エグゼクティブは?にいろいろあって言えないんですと意味深な返事が・・・
その言葉に隠されていることに期待して予約。
残念なのは料金や迎車サービスのことには一切触れられず。

ホームページからはやたらプロデュースチームが、と書かれているので
さぞかしお洒落な造りかと店の前を見ると・・・なんとノボリが風に揺れている。
一応チャイムがあったのでそれを押すと中から店員さんが「どうぞ」。

入口すぐにソファが置いてあり、テーブルにはメニューが。
コースの確認があり、エグゼクティブコースは一応2回目から・・・
セラピストさんが水着で施術するとのこと、当然初回なので90分で会計。

その間にと、カルテらしきものに記入、署名。
すぐに釣銭を持ってきて、「それでは」とセラピストさんとご対面。
店員さんはセラピストさんに「〇〇分から」と一言、開始時間の確認のようで・・・

スリッパに履き替えると、セラピストさんからの「3階になります」に心の中でヤッターと
思ったのも束の間、「どうぞ、お先に・・・」。

先に階段を昇り2階へ、さらに3階への階段は手をついて昇るような急階段。
息切らしながら昇りきると頭下げるゲートをくぐり部屋へ。

南国の気分はさておき新しくキレイ、奥にある赤のソファに何かを期待してしまいます。

そのソファに案内されることなく自己紹介があり、着替えを促されセラピストさんはシャワーの準備へ。
サッと着替え、間があったので室内を観察、すると目につくのはゴミ箱、
すかさずティッシュを探すも、見当たりません。

注目はカガミ、頭部、足元、そして天井の三面(ホームページでは左右と天井の三面)にあり、
これを活かしてどんな施術するのか、ワクワクしているとノックがありシャワーへ。

シャワーは2階(1階にもありました)、急階段を一段一段慎重に下りてシャワーへ。
普通の簡易シャワーも脱衣スペースは広く、明るくキレイにしてます。

サッと浴び、紙パンツ穿いて扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

部屋には水が用意されていて一口。
マットに俯せになるとタオルで全身覆われ、照明落として揉み解しから。

横に位置取り、背中から肩を指先でグリグリ、さらに腕を使い背中をグリグリ。
足元に移動すると脹脛から太もも、臀部まで手のひら使い圧迫。

タオルを捲ると両膝で脚を挟み、オイルを手に足首から臀部まで一気に拡げます。
数回のストロークでオイルを拡げると最初は指先で膝裏までショートストローク。
続いて腕を使い、脹脛にローラー掛けるようにグリグリ。

脹脛に跨ると両腕使い、肘で挟むようにして膝上から付け根までグリグリ。
付け根までくると一時停止、肘で股間を微妙に刺激してきます。

カエル脚になると曲げたほうの脚に跨り、片手で股間から腰からと腕をねじ込み、
付け根から鼠蹊部周辺をグリグリ。さらに両手で付け根を抱きかかえるようにしてグリグリ。

薄暗い中、しっかり位置は確認しているようで事故は少なめ・・・

脚と閉じ、太もも辺りに跨ると臀部を手で、肘でグリグリ。
臀部に跨り、腰から背中を肘でグゥーっと圧迫、これにはイタ気持ちイイ。

腰を浮かせているようでアソコの感触を感じとることはできないものの、
密着するようにして肩甲骨から肩をグリグリするので
かすかにオッパイが当たっている気が・・・

ウォーマーからホットタオル取りだし、軽くオイルを拭き取り仰向けに。

頭部に位置取り、首廻りから、アゴ、耳をツボ圧しのようなことを・・・
デコルテから腋、手を伸ばして腹部もオッパイが当たることはなし。

ここでアロマの香りがしたホットタオルで目の周りを軽くマッサージ、
そのまま顔廻りのオイル拭き取り。

腕を横に伸ばすと肩から二の腕までを手のひらでしっかり。

足元に移動すると、膝の上に小生の足を載せ足の甲をグリグリ、
すると意図してなのか、つま先にプニュっとした感触。
天井のカガミ越しに見るとお腹ではなく、確かにオッパイが・・・

膝下から太もも、付け根へオイルを拡げると両手で脹脛辺りをモミモミ。
膝を曲げて足は挟むようにして膝から太もも、付け根をスリスリ。
慎重な運転に天井のカガミを見てもワクワク感はイマイチ。

股間に位置取り、内腿スリスリ、付け根から鼠蹊部サワサワ。

さらにひざを詰め股間に近づき、鼠蹊部から下腹部からへそ周りと腸セラピー。
腰を浮かせての施術に期待して天井のカガミ凝視も見えそうで見えない、
施術も視覚も焦らされたまま・・・

横に移るとお時間近いようで天井のカガミには時計をチラチラ見てる姿が・・・
気にしながらも手を取りと手のひらをグリグリしたところで丁度お時間。

シャワーの準備へからすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
サッと浴びて階段昇り、一人で着替えていると終わった頃にお迎え、
入れっぱなしの水も勧められることなく、急な階段で落ちることなくなんとか1階へ。

店員さんにも見送られて帰路に。

紙パンツ
横紐ブリーフ

オリエンタルスパ

所要時間
98分(受付で要した5分含む)               

独り言                                    
折角の階段も天井のカガミもメンズエステとしては勿体ないような・・・
ラウンジプロデュースという言葉に期待するところは多かったのですが、
オープン間もないのでこれからに期待ですね。
オナホール2

↑このページのトップヘ