しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

銀座

2
深く甘いひと時を・・・
  
最寄駅 
JR新橋駅
徒歩5分

訪問日 
2019年10月

訪問回数
初回

コース
ルクシアコース

料金
90分17,000円(OPEN割引3,000円引、通常20,000円)
たっぷりオイル1,000円
ディープリンパ10分1,000円
衣装チェンジ(水着)3,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額22,000円

予約方法
電話予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に小さめのカガミあり

シャワールーム
狭いバスルーム

セラピスト
白Tシャツにミニ(お迎え~シャワー後)
水着(施術開始~お見送り)

施術
最近同じようなホームページばかりでちょっと・・・
気になるお店はあるもののセラピストさんの都合なのか店の勘違いなのか当日1時間前にお断りの電話が掛かってきたり、店の近くで到着しましたと電話した時にセラピストさんの都合で、と言われたりとかが続いて候補店探すのに一苦労・・・

そんな中、新橋周辺の店を見ているとスリットがどこまで入っているのか気になる新店が・・・
早速電話してみると・・・1コールで「はい」、速い、おそらく過去一番の速さと思います、ちょっと速すぎですが。そのあと何回か電話したのですがどれも3コール以内、どの店もこのくらいだと気持ちイイですね。店名応対があり、こちらから希望の時間コースを伝え空き状況確認すると希望の時間で予約可能を言うので即予約、場所はSMSで送るので確認の返信で予約完了となります、とのこと。

暫くするとSMSが届き最寄りのコンビニの住所が記されており、それに返信、それに対する返信はなかったので予約完了と思い現地へ。

指定されたとおり1分前にコンビニから電話、すると3コールで「はい」と電話応対。予約名を名乗り到着した旨伝えると目の前のマンション、部屋番号を聞きマンションへ。

オートロック解除してもらい指定階へ、そのフロアは全てワンルームのようなドアの並び、その一つのチャイムを鳴らすとやや間があってドアがガチャリ、中からセラピストさんがニコリとお出迎え。スリッパ突っ掛け奥の部屋へ。

室内は薄暗く6畳より少し狭い感じ、片隅のソファに腰掛けます。サイドテーブルにはいつから置かれているのかわからないお茶が、そのお茶を勧めてくれるわけではなく横にあるアンケートへの記入を促されます、そしてセラピストさんはキッチンのほうへ。

薄暗いなか、施術部位や疲れている箇所、触れてほしくない箇所など適当に丸印を付けていきます、その中にオイルの選択が・・・水溶性かノイル、いいですね、そしてパウダー、ホイップのオプション選択も、これはどちらにも印をつけず署名して終了。

するとタイミングよくセラピストさんが入室、目の前に跪きアンケート見ながらコースの確認も小生の視線はスリットにところが・・・ない・・・楽しみにしていたスリットが・・・
そんなことは気づいていないであろうセラピストさんはオプションセールスに、「パウダーは?ホイップは?」と聞かれ「う~ん」と悩んでいるとスッと立ち上がり小さなボードに書かれてオリジナルオプションの提示・・・
そこには今回お願いした以下のオプションが
オイルたっぷり1,000円
衣装チェンジ(水着)3,000円
(ベビードール)2,000円
ディープリンパ10分1,000円
コースの謳い文句と被っているオプションがいくつか・・・微妙。

セラピストさんの顔色窺いながら一通り内容を聞いてオイル、衣装チェンジ、ディープをお願いして会計。着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。

ソファに衣類を脱ぎ置き、タオル巻いて声を掛けるとセラピストさんがお迎えに、キッチン前の浴室に。扉から即浴室、そして中開きなので狭い、扉を閉めようとするとセラピストさんからトレイを渡されます、その中には紙パンツ、スポンジ、マウスウォッシュが、受け取るも置き場所がない、ゴミ箱の上に貴重品袋とトレイを置きサッとシャワーを、扉を開けて取っ手に掛けたタオルで軽く拭き部屋へ。

期待していたセラピストさんは、最初のまま・・・ここは着替えていてほしかった。

タオルをセラピストさんに渡すと「俯せでお願いします」と言い残しシャワー室の片付けに。
マットに俯せになり周囲を見回すとオイルはウォーマーに、カガミは小さい、そして照明が暗過ぎ。
枕を抱えて衣装チェンジ待機、シャワー中に着替えていたほうがインパクトあるのに・・・俯せになってこの暗さじゃ・・・

数分が長く感じます、そこに「お待たせしました」と登場、背中にタオルを掛け「お部屋寒くないですか」と室温確認にセラピストさんのほうが寒くないですかと聞き返したくなる衣装、小生は「大丈夫」と一言。

足元に位置どると手にしたオイルをバァーっと拡げます、圧はナシ、ヌルヌルを拡げられる心地よさを楽しむのがメンズエステと思い始めた今日この頃。数回撫でるとタオルでオイルを拭き取ります、これはちょっと・・・

脹脛に跨り太ももにもオイルをサァーっと、心地よい温かさが拡がります。水溶性の割にしっとりとした感じ、施術後シャワーで流すときに感じたのはローションに近い感じ。

腰に跨ると背中にオイル拡げスリスリ、ちょっとオマタの感触が、これはとカガミ見てもシルエット。
手を取られ、その手をオマタに、これがメインのようで形ばかりの肩甲骨辺りスリスリ。

ここでカエル脚。

股間に入り込みたっぷりオイルでニュルニュルを腕を股に・・・マットにはオイル対応ビニールシート、その上にタオル、ですが丸まってどこかに・・・シートもオイルまみれなので腕は入りやすく付け根をガンガンと、とはいえ事故らしい事故はナシ。

ここで仰向けに。

横に座ってくれたのでようやくしっかりと見れます。
すると手を取り導いてくれた先は自らのオマタ、指先に微かにあたるプニプニの太もも、ドキドキしながら少しだけ動かすと・・・進入禁止のサインか腕へのトリートメントの力が強めに、ここは微かな感触を楽しむだけに。

頭部に移動してデコルテ、オイルまみれからかオッパイは目の前を掠める程度に、そして手を横に付くとヒョイっと浮き上がり上空をオマタが通過。この衣装でのこの技、ワクワク度はちょい低め。

腹部に着地して太ももあたりをスリスリ。向きが変わり正対して騎乗位もどき、けっこうギリギリのところに座るのでついつい腰が・・・そんな小生を見下ろしながら笑みを浮かべるも指先はデコルテを淡々とスリスリ。

股間に入ると「これからディープしますね」
この知らせはイイですね、わかりにくいオプションですから。

グッと膝を詰めると手に取った多めのオイルをダラダラダラと下腹部に。流れ落ちていくオイルを手で受けとめ紙パンツへ拡げていきます、さらに流れる落ちるオイルを紙パンツの中へ。

ニュルニュルになった紙パンツは端から包まってフロントTに、もちろん愚息は・・・
露わになったであろう愚息を中心にオイルを絡めながら右から左に、まるでパンチングドールのよう・・・

ここでの指使いはなかなか・・・
も期待していたほど長くは続かず「そろそろ」とシャワーの準備へ。

すぐに戻ってくると身体を寄せ抱き起してくれます。ここぞとばかりギュッと抱きつきなんとか起こしてもらい一緒にシャワーへ、もちろん入るのは一人でですが。

水溶性というのでスッと流れると思ったのですが、ローションのような厚みがありソープつけ手で軽く擦るだけではダメ、強めに擦り取るような感じで漸く落ちる感じ、オイルというよりローションのようでいつもよりシャワーの時間は掛かります。タオルで拭いた後、拭き残しも乾いた後の不快感はなかったですが・・・

部屋に戻ると入れ替わりでセラピストさんはシャワーの片付けへ。お茶は差し替えられておらず、一人着替え。途中に戻ってきて雑談しながら着替え完了、ソファに腰掛け、オイルまみれの水着姿見ながら楽しくお話しも時計を見ると終了予定時刻を過ぎていたので立ち上がり玄関へ。水着のままお見送り。

紙パンツ
横スカTバック
yokosukakon

所要時間
98分

独り言
終わってみれば高いですね、もちろん積極的なオプション売りじゃなかったので、つけなくともそれなりに楽しめたかと・・・
素敵な女性でしたが素敵なセラピストさん、というにはもう少し時間掛かりそうですね。近頃は素敵な女性と出逢えているので楽しく過ごせてますがそろそろ素敵なセラピストさんにも巡りあいたいですね。
新橋駅反対側に超がつくほどの高級店できましたが小生には入会金が高すぎます、競馬でも当たったら訪問できるのですが・・・

1
高級リラクゼーションで贅沢なひとときを・・・
  
最寄駅 
東京メトロ新富町駅
徒歩2分

訪問日 
2019年6月

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分15,000円(新規WEB予約限定割引3,000円引、通常18,000円)
ディープリンパ2,000円
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約・WEB予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
マット横にかなり大きなカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
サウナの休息着みたいなの(お迎え~シャワー、シャワー後~お見送り)
黒ベビードール

施術
訪問候補セラピストさんが出勤しておらず、どこにしようかポータルサイトあちこち・・・以前候補店にしていた店、ウェブ予約で空き状況確認すると・・・空きすぎてる・・・一抹の不安が過りましたがそのまま予約ボタンをポチリ。

すぐに確認メールが届き、そこには予約時間、コース、料金、予約セラピストさん名と必要事項が書かれており、なかなかいい予約システム、安心できます。暫くするとSMSが届きそこに折り返し返信して正式な予約になるとのこと、すぐに返信すると住所、マンション名、部屋番号が書かれた返信がすぐに、そこには時間丁度にお越しくださいと書かれていました。

指定のマンション、来たことあるようなないようなマンション、時間丁度にインターフォンでオートロック解除してもらい指定階へ。チャイムを鳴らすとすぐにドアがガチャリと開きセラピストさんが笑顔でお出迎え。

スリッパ突っ掛け奥の部屋に、片隅の椅子に腰掛けると同意書らしきものを渡され署名を求められます。内容はあまり読まずにサインすると冷たいお茶と紙オシボリがサイドテーブルに。

目の前に跪いて卓上のメニュー指しながらコースの確認、そしてオプションセールス。「鼠径部を長くやり密着が多くなります」とのこと、もちろんお願いして会計。

釣銭受け取り、すぐに着替え。横のカートに掛けながら周りを見渡すとマットにはたっぷりオイル対応ビニールシート、壁側にはタオルウォーマー、そしてその上にはティッシュがスッと立ってます、これはもしかして、とワクワク。

全裸なりタオルを巻いてセラピストさんがいるシャワー室のほうへ。
洗面台にタオル置いて浴室に入るとキレイにしています、そしてソープ類のボトルがお揃いで表示も見やすく使いやすい。これはイイですね。

サッと流して洗面台にはアメニティーと大きな包みの紙パンツ、ブリーフなのかと開けてみると久々のスライド、もちろん前後とも目一杯狭めて穿きタオル片手に部屋へ戻ります。

片隅にいたセラピストさんはベビードールに、ですがスケ度、丈とも露出度が・・・せっかくのカガミが勿体ないです。

タオルを渡し俯せになろうとすると「ここにあちらを向いて座ってください」、たっぷりオイルの始まりか、と期待しましたが背中にタオルを掛けてピタッとくっつき肩をモミモミ、これも密着多めの一つか。

続いて仰向けでマットにゴロン。

膝を曲げ、足裏をセラピストさんの脇腹辺りに当ててのストレッチ。セラピストさんがグゥーっと膝を抱えるようにするので微かにオッパイの感触が。

横に座ると腕は抱き付くように肩に置いてモミモミ、顔はすぐ横なのですが背けていますので勘違いのしようはナシ。

俯せになると腰に後ろ向きで跨り、脚に抱きつくようにしながら太ももから脹脛をスリスリ。

ここでオイルに。

足元に移動するとオマタで軽く足裏を押さえて脹脛から太ももへとオイルをおいていきます、心地よい熱さが脚全体に拡がります。すると横に移動したセラピストさんはオイルをのせた小生の脚に自らの脚を乗せて手ではなく足でオイルを拡げていきます。

拡げるとサイド足元へ移動して、今度は手のひらで脹脛から太ももへロングストロークでスリスリ、臀部まで届いた指先は引き際に付け根をスッと掠めて脹脛へ、ちょっとワクワクします。

カエル脚になると曲げた脚の外側から臀部、内ももをスリスリ、そして股間へ。指先だけが付け根を慎重になぞるとあとは臀部、内ももを手のひらでスリスリ。

股間に入り、曲げた脚をセラピストさんの脚で挟むと臀部スリスリ、腰から手を差し込み鼠径部辺りをスリスリも慎重なのか事故ゼロ。

横に移動してくると片手を後ろ手に、その上にピタッと来るかと思いきや太もも辺りで押さえるだけ、ちょっと残念。肩甲骨廻りをスリスリと軽く撫でて足元に。

ここで四つん這い。

片手が内ももを撫でながら股間に、そこからゆっくり慎重に付け根を伝い鼠蹊部へ、その繰り返し、あとは臀部ナデナデ。ワクワクしない四つん這いは苦痛なだけ・・・

ようやく手の動きが止まり、仰向けに。

頭部に座ると頭にタオルを掛けてデコルテ。目隠しにはなっていないので目の前にオッパイあたりが近づくのはハッキリと、でもムニュはなし。サッと撫で終わると立ち上がり小生を跨いで腹部へ。

もちろん食い込んだパンツは丸見え、今振り返るとこの時が興奮度MAX・・・

腹部に跨ると小生の手を両膝で封じ込めてから、片足づつ抱き付くようにして太ももから脛までスリスリ。チラを期待して覗いてみるもベビードールの丈長く見えず・・・

股間に入り脚を絡めて内腿スリスリ、指先は付け根、そして鼠蹊部スリスリ。

ここで愚息に正対し股間にグッと膝を詰めるのでもしや・・・

オイル手に鼠蹊部廻りをナデナデ、その手は紙パンツの紐を潜り腹部へ、
優しく撫で廻すとその手は鼠経部から付け根を通って内ももへ。また紐は潜らず乳首へ、そしてヘソ廻りを撫でて鼠蹊部・・・付け根は通過するのですがそこまで。

盛り上がることはなく時間を迎えセラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐにお迎えに、抱き起してくれるかと横になったまま待っていましたがその様子はないので自ら起き上がると揉み解しの時に使われたタオルを渡され一人シャワー室へ。

シャワー浴びながら軽く撫でるとスゥーと流れ落ちていきます。たっぷり感はなかったのですが身体にはかなりのオイルが、ボディソープで普段より時間掛けて洗い流しタオル巻いて部屋へ。

セラピストさんは既に着替え終わって次の準備中。
タオルを椅子に置き着替え始めるとすぐにお茶の差し替え。

着替え終わるもセラピストさんから座るよう勧められるわけでもお茶を勧められるわけでもなし。それでは、と玄関へ。

靴の向きも変えられておらず、自ら足で向きを直しドアを開けて外へ。
駅に着いて時計を見るとまだ終了時間前・・・

紙パンツ
スライド
スライドコン

所要時間
82分

独り言
スキルは兎も角時間は何とかできると思うのですが・・・
小生にハイクラスは合わないようで、店選び難しいですね。

2
メンエス初めに選んだ店は・・・
   
最寄駅 
東京メトロ新富町駅
徒歩2分

訪問日 
2019年1月

訪問回数
初回

コース
プレミアムトリートメント

料金
90分19,000円
ディープリンパ無料(通常1,000円)
ホットオイル無料(通常1,000円)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額19,000円

予約方法
WEB予約・電話予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
7畳ほど

施術台
マット
頭部・横ともに大きなカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
黒ワンピース(ホームページ画像)
黒ベビードール(施術~お見送り)

施術
電話すると・・・出ない、このパターンたまにあります、折り返しの・・・ほんとに出れないのかもしれませんが。どこにしようか迷う間もなくすぐに電話が掛かってきたので希望の時間を伝え空き状況を確認すると近い時間で予約可能と言うのでコース時間、名前を伝え予約、するとSMSで場所の案内を送るということで予約完了。すぐにSMSが到着、住所と部屋番号、そして入店時間の案内が記されていました。

こちらの店はオートロック解除がスタート時間のようで予約時間丁度にマンションに入ると・・・民泊なのかなんなのかパネル前に何人ものスーツケース持った女性が・・・ちょっと躊躇いましたが視線を感じながら部屋番号を押して中へ。

指定階で降りるとワンルームのドアの並び、指定の部屋もすぐに見つかりチャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがホームページの写真の制服でお出迎え。スリッパ突っ掛け、奥の部屋へ。

コートを預け、片隅のソファに腰掛けるとカルテへの記入を促されます。サイドテーブルにはスタンドが置かれており室内はうす暗いものの手元は明るくカルテへの記入には助かります、というか何か書かせるなら当たり前なのでしょうが・・・その間にセラピストさんは飲み物の用意へ。

すぐに冷たいお茶が運ばれてきてサイドテーブルへ。セラピストさんはカルテを手に簡単な問診・・・そしてコースの確認、会計。

着替えの案内がありシャワーの準備へ。
サッと全裸になりタオル巻いてドアを開けるとセラピストさんが紙パンツやアメニティの案内があり、ひとりシャワーへ。

キレイにしているバスルーム、サッと浴びて珪藻土のマットで脚を拭きながら洗面台のアメニティーを物色、男性用化粧品の使い切りタイプが数種類置かれており、まぁ使う人もいるかも・・・

そして紙パンツは小さく折りたたまれて袋に入っているタイプ、黒の横スカ、ゆったり目のふんどしタイプ。腰紐は上まであげずスカスカ感を楽しめるように着用し、タオル巻いて準備完了、ドアを開けると・・・

セラピストさんも準備完了、黒のベビードールに着替えてお迎え。ただ室内は真っ暗になっており透け具合とか分らず。タオル渡してマットに俯せに。

タオルで全身覆うと頭部に座り肩から首筋をグリグリと揉み解し。
腰に跨ると背骨沿いをグリグリ、肩甲骨に沿ってグリグリ、結構力強くやってくれます。

足元に移動すると足裏を太ももで抑えて、タオルの上から脹脛からグリグリ、太ももグリグリ。

ここでオイルに。

掛かっていたタオルを全部取ると頭部に。
オイルを手に首筋から肩を強めにしっかり流すと、顔を左右に向けた状態で首筋グリグリ・ゴリゴリ。

腰に跨ると腰から背中、肩へオイルサァーっと延ばしてスリスリ、伸びた手は肩から腕をスリスリ・・・軽く覆いかぶさるような態勢、微かに柔らかな感触が背中に。

足元に移動すると足裏を太ももで抑えて脹脛から一気に太ももへサァーっと。指先はさらに進み割れ目へ、ちょっとだけめり込む感じは昔を思い出させるゾクゾク感、もギリギリまでは挿しこまずUターン。足首を持ち上げ足裏にもオイル。

ここでカエル脚に。

曲げた膝を挟むように座ると内ももを擦って股間へと入り込んだ手は鼠蹊部までしっかり、その手を抜く時、手首を返して裏拳が的に、撫でつけるように通り過ぎ・・・当たる、というより当てる感じ、もちろん偶然だと思いますが、幾度となく・・・

続いて腰から腕を差し込み、鼠経部から付け根をクリクリ・クリクリ。ここはあっさりも今一度股間から手を差し込み鼠経部をなぞると引き時には手の甲がグィーンと返り・・・

ここで四つん這い。

いきなり両手が股間に。その手は鼠経部に沿うように進むと腰骨あたりで折り返し。腕を引き抜こうとするとキュッと肘が閉まり両腕が合わさるように・・・そのまま腕は引き抜かれず、今度は腕を左右交互にスリスリ。偶然にも挟まれた愚息はアップアップ・・・

背後から腰に抱きつくと指先は乳首へと進み、カガミ越しに反応伺いながらクリクリ。

片手がグッと股間にねじ込まれると腕から手首、そして指先が絡みつくようにしながらゆっくりと・・・

俯せに戻るとホットタオルで優しくオイルの拭き取りもその後乾いたタオルでの拭き取りはなし、こういうところが省かれてるのは残念・・・

ここで仰向けに。

頭部に位置どると顔にタオルが・・・
目隠しか、と思っていたらそのタオルは徐々にズラされオデコから髪の毛を覆うように、オイルが付かないようにという配慮らしく、この後の展開にワクワク。

首筋からデコルテをグリグリ・スリスリ。その指先は徐々に腹部から下腹部へ、すると上空が真っ暗になり突如ムニュ・・・と同時に指先が紙パンツの紐をくぐり抜け鼠経部へ。顔にムニュムニュ、鼠経部へクリクリ・・・

横に移動すると胸あたりにセラピストさんの顔が来るくらいの位置に横たわるとへそ廻りを手のひらでスリスリと撫でまわし、時折圧を加えて・・・同時に膝を小生の脚に乗せ太ももをスリスリ。

足元に位置どると膝下から太ももをアッサリ、脛辺りに跨り太ももから付け根をスリスリ、股間に入り込むと両手で紙パンツの縁をスリスリ、グィーと手が伸び、紙パンツの紐を引っ張りながら乳首をクリクリ。

紙パンツの紐を元に戻すと縁ギリギリを・・・

そして・・・

なにか囁いたようですが・・・

横に移動してきて添い寝。

見下ろしながら指の腹で優しく乳首をクリクリ・クリクリ、その指が触れるか触れないかフェザータッチのまま、ツツゥーっと紙パンツの紐をくぐり・・・

サワサワ・サワサワ・・サワサワ・・・

膝で太ももから付け根へヌルヌル・スリスリ、さらに突き上げるようにグイグイ。
指先は付け根を際どく指先でクリクリ・クリクリとこね回して・・・その動きが徐々にゆっくりとなり「そろそろお時間」の声。

スッと立ち上がったセラピストさんはシャワーの準備へ。

起き上がり周囲を見渡すと時計が、指している時間は終了予定20分前・・・
そこにセラピストさんから声が掛かりシャワー室へ。

ソープを手で塗付けサッと流すと不快なオイル残りはナシ。タオル巻いて部屋へ。

セラピストさんはベビードールのまま、入れ違いにシャワーの片付けへ。
すぐに戻ってきて部屋の片付け、着替え中も雑談・・・飲み物は差し替えられずの椅子に座るよう勧められ雑談・・・チラッと時計を見ると終了予定時間なので自ら玄関へ。

セラピストさんはベビードールのまま玄関でお見送り。

紙パンツ
横スカ
yoko

所要時間
91分

独り言
新年最初は「う~ん・・・」悪くはないんですがどこか距離を感じる・・・
これからのメンズエステってどこに向かってんだろう、って感じ。
どこ向かってんですかね??

2
追加料金なしでキワキワな鼠蹊部たっぷり・・・

最寄駅 
JR浜松町駅
徒歩10分

訪問日 
2018年9月

訪問回数
初回

コース
ジュエコース

料金
90分17,000円(オープニング割引2,000円OFF、通常19,000円)
オプション2,000円
指名料なし(指名料2,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横、頭部にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
お迎え~シャワー Tシャツにフレアミニ
施術時~お見送り ベビードール

施術
ホームページの雰囲気いいですね、小生の『お店選び』ってそんなところからです。
早速電話してみると希望の時間が空いているというので即予約。

第一京浜から少し入った分かりやすい場所、オートロック解除してもらいワクワクしながら指定階へ。
エレベーター降りてチャイムを鳴らそうとするとドアがガチャリ、そしてセラピストさんがひょっこり。ちょっとイメージとは異なるも笑顔で出迎えてくれます。なぜか使い捨てのスリッパが二足、そのうちの一足を突っ掛けズカズカと奥の部屋へ。

まず目に入るのはカガミ、頭部と横に、薄暗い中に白のフレームは映えます。そしてマットにはビニールシート、これは期待できそう。
サイドテーブルには既にお茶とカルテが置いてあり、その横の椅子に腰掛けるとセラピストさんが自己紹介、そしてカルテへの記入を促されます。

薄暗く、読めないので署名だけするとすぐにセラピストさんが受け取りに、そしてコースの確認、続いてオプションセールス・・・ホームページには追加料金なしで云々と唄っていたのに「!」もセラピストさんから「オイルドバドバで2,000円になります」と口頭だけでの料金案内。

もちろん、即「それもお願いします」、するとセラピストさんもニッコリ、で会計。
すぐに釣銭を持ってくると着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。

サッと全裸になり腰にタオルを巻くとそれを見計らっていたように、ノックがありシャワー室へ案内。
洗面台には紙パンツ、そして今や定番マウスウォッシュも。

簡単に流して紙パンツの包みを開けると横スカ。やっぱりこの開放感いいですね。

扉を開けて部屋に戻るとセラピストさんが透けてる・・・薄暗い中でもわかるベビードールのスケスケ。聞かなかったのですがこれはオプションに含まれているのかも・・・

バスタオルを渡すと俯せに。

マットの横にはオイルウォーマー、そしてボトルが2本、ドバドバ楽しみです。
シャワー室の片付けから戻ってくると頭部に位置取り、「失礼します」と膝で小生の頭を挟むほどに。

数回に分けてオイルを背中に置き、それを両手で一気に背中全体へと拡げていきます。オイルは薄い感じで伸びはさほど感じられず、温かさもなし。

ストロークはゆっくりも適度の圧があり心地よい。セラピストさんの指先が紙パンツの紐に掛かったとき、フワッと腰を浮かせて頭越しに腰に着地。

足首を掴むと足裏をグッとオッパイに押し付け膝を曲げてのストレッチを軽く。足を戻すと太ももから脹脛へとオイルを拡げると片足に抱きついて手から肘を使ってスリスリ・スリスリ。起き上がる時に指先も膝窩から太もも、そして付け根へ。さらにオイルを手に割れ目へとタラタラ、そして流れるオイルを指先で留めグリグリ・・・

足元へ移動するとオマタで足指抑えて脹脛から太ももへとスリスリ、さらに付け根までしっかり。
グッと股間に入り込むとビニールシートならでは、カエル脚にならずそのまま腰横からスルっと滑り込ませた手は鼠経部から付け根をスリスリ・スリスリ・・・このほうがカエル脚よりグイグイきます。

片足の太ももに跨ると背中をグリグリ、と同時に膝で小生の股間を蹴り上げるようにグイグイ・グイグイ。そして覆いかぶさりピタッと密着、耳元には息遣いがハァハァ。

ここで四つん這い。

尻を突き出し、態勢になるといきなり両手が股間に。鼠径部からヘソ下へと進んだ手は片手づつ交互に円を描くようにスリスリ、すると両腕で挟むような形になり・・・

尻を両手で抱えるとグッとオッパイ押し付け指先を乳首に、ゆっくりと反応を確かめながらコリコリ、周辺サワサワ。徐々に指先はヘソから下腹部、そして・・・

セラピストさんが股間に膝をグッと入れると小生は下半身を乗せるような感じに、割れ目にオイルをポタポタと垂らして周辺をサワサワ・クリクリ。さらに愚息が腿に挟まれて・・・

ここで仰向けに。

頭を両膝で挟むように座るとデコルテからスリスリ、指先は乳首で止まりクリクリ、さらに手を伸ばし下腹部へと・・・当然小生に覆いかぶさるようになるのでムニュ・ムニュっと・・・

手が止まるとフワッと腰が浮いて一瞬視界が遮られ・・・
腹部に着地すると太ももから付け根、そして紙パンツ周辺をベトベトに。さらに片足に抱きつきスリスリ、尻を突き出すような態勢、目の前には薄暗い中でもハッキリ。ちょっと突っついてみたい衝動に駆られましたが両手はセラピストさんの足でガッチリ押さえつけられていました。

それを察したわけではないでしょうが、横に移動すると後ろ向きになり小生の手を自らのオマタへと導きます。一応手のひらをモミモミですが少し腰を振るので・・・エアですがまさにタワシ洗い・・・

足元に移動すると足の甲をオマタで押さえて太ももから鼠経部、そして紙パンツ周辺をスリスリ、さらに手を伸ばして両手は乳首に、顔はへそ辺りに、そして決して意図したわけではないでしょうがオッパイが愚息を挟むように・・・この前後の動きに紙パンツが・・・

今一度横に移動すると腕枕で添い寝。

小生の表情窺いながらの乳首責め、まずは周辺からサワサワ、そして乳首を弄ぶように指先でクリクリも反応が少ないと見たのかすぐに指先は下腹部へと進みサワサワ、同時に膝では太ももをスリスリ。

腹部に後ろ向きに跨ると股間にオイルをダラダラと垂らして紙パンツ周辺はニュルニュルに。そこを両手でクリクリ・スリスリ・・・紙パンツと一緒にスリスリしていたので横スカというか上スカ状態に。スリスリがスピードアップすると腹に跨っていたセラピストさんが滑ってきて顔前に尻が・・・まさに69状態。さらに指先の動きが激しくなったところでお時間。

セラピストさんはシャワーの準備へ、小生は上体を起こして室内に置かれた時計を見ると終了15分前。

すぐに声が掛かりシャワー室へ。シャワーで流してもヌルヌル感は落ちないのでオイルは水溶性ではないよう、ソープを手に時間を掛けて洗い流しタオル巻いて部屋へ。

セラピストさんは部屋の片付けが終わったようで入れ違いにシャワーの片付けへ。
小生は一人着替え、着替え終わったところでノックがありセラピストさんが入室。テーブルのお茶が差し替えられた様子はないので自ら玄関へ。

エレベーターでスマホ見ると終了5分前。

紙パンツ
横スカ
yokosukakon

所要時間
86分

独り言
 久々に厚手のビニールシートでオイルは使っていたようですがドバドバまでは・・・水溶性でもなく厚みもないので物足りないのかも。施術前後のオペレーションは多くの店がおろそか、これだけ店が多いのですからもう少し・・・ねぇ。

2
採用率15%・・・

最寄駅 
東京メトロ銀座一丁目駅
徒歩3分

訪問日 
2018年7月

訪問回数
初回

コース
Ginコース

料金
90分17,000円(オープニングキャンペーン、通常19,000円)
指名料なし(指名料1,000円)
支払総額17,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
オシャレな猫足バスタブ

セラピスト
グレーワンピース(お迎え~シャワー、ホームページ画像)
ベビードール(施術時)
黒ワンピース(お見送り)

施術
久々に銀座界隈の店のホームページを見ていると採用率15%・圧倒的美女の文字が・・・
早速電話してみると男性スタッフが応対、希望の時間とコース時間を伝えるとほぼ希望に近い時間で取れるというのでお願いすると総額の案内があり、場所に着いてはSMSで、ということで予約完了。

しばらくするとSMSが届いて確認返信して終了、時間丁度に聞き覚えのある指定のマンションへとのこと。

時間丁度にマンション前に着くとやはり来たことのあるマンション、オートロックを解除してもらい指定階へ。以前とは階数も違うようでドキドキしながらチャイムを鳴らし15%美女待ち。

すぐにドアが開き、中からセラピストさんがニコリとキレイ系のお姉さまがお出迎え。
「どうぞ」の言葉に使い捨てのスリッパ突っ掛けキッチンの横を通り抜けて奥の部屋へ。

二人掛けのソファに腰を下ろすとセラピストさんは斜め横に跪き、自己紹介。グレーの部屋着っぽいゆったりとしたミニワンピースから白い太ももが・・・

キッチンから冷たい飲み物がサイドテーブルに、そして手渡しで冷たいオシボリ。ペーパーなのでサッと手を拭いてお茶を一口、ホッと息つけます。

すると「当店は初めてですか」に「はい」と答えると誓約書に署名を求められます。多くの店がそうですが施術前から暗い、この暗さだから本文読んでもらうつもりもないだろうし、読むつもりもない、のだからこれでいいのかも。

サッと署名しセラピストさんに渡すと着替えの案内。ハンガーに衣類を掛け、衣類カゴを見ると貴重品袋がない・・・パンツとバックを衣類カゴに入れ、タオルを腰に巻いたところでセラピストさんが「どうぞ」とお迎え、そのまま財布をもって浴室へ。スポンジや紙パンツの案内があり猫足バスタブへ、見た目はお洒落ですが使い勝手は決して良くはないかと。

サッと浴びて洗面台を見ると紙パンツの横にマウスウォッシュが。もしかするとと思い、口に含んでクチュクチュしながら紙パンツの包みを拡げるとノーマル、それを穿いて準備完了。透明のドアを開け部屋へと進むとセラピストさんはベビードールに衣装チェンジ、ですが暗い。

マットに俯せになり廻りを観察、カガミがないのはいまや珍しい、そして定番のオイルウォーマーが1本、ごくごく普通。そういえばオプションの有無を聞かなかった、とちょっと後悔しているとセラピストさんがきてタオルを掛けてくれます。そして「よろしくお願いします」で施術スタート。

腰横に位置取り、タオルの上から腰をサラッと撫でると「失礼します」と膝で小生のケツを撫でながら跨ぎます。そして腰から背中をグイグイと1回、でピタッと背中に抱きつき耳元で「お部屋の温度大丈夫ですか」、背中にはオッパイの、腰にはオマタの感触が・・・これは期待できそうとワクワク。

その態勢のまま、肩から腕をスリスリ、オッパイでもオマタでもスリスリ。
なかなかの感触、勘違いしそうな雰囲気にカガミあったら・・・

ここでオイルに。

斜めから頭を挟むように座ると心地よい温かさのオイルをボタボタ、ボタボタと結構な量を背中に。

オイルを背中全体に拡げると肩からグリグリ、首筋グイグイ、肩甲骨周辺をグリグリ、適度な圧で心地よい、その指先は背骨に沿って腰へ。

グッと身を乗り出すと紙パンツをズリさげハンケツ状態に。すると割れ目にボトルからオイルをダラダラダラ・・・そのオイルは割れ目を伝い、袋からポタッポタッ。さらに身を乗り出したので小生の後頭部には嬉しい感触が・・・そして伸びた指先は内腿から付け根へとオイルを延ばし、割れ目をツゥーっと。

そのまま頭を飛び越え、腰辺りに着地すると臀部から内腿、膝窩から脹脛へと両手でオイルを拡げ、ロングストローク。すると片足にピタッと抱き付いて足裏をスリスリ。

ここで足元へと移動、足裏をオマタでしっかり押さえて脹脛スリスリ。脹脛に跨って内ももからスリスリ、この指先はそのまま臀部へと伸びるので事故は起こらず。

するとここからフェザータッチが・・・

これは好き嫌いあるのでしょうが・・・延々と続きます、くすぐったいのでピクピクとなります、するとさらに続きます・・・フェザータッチではなくただのクスグリ・・・

ここでカエル脚に。

股間に入り曲げた脚を挟んで太ももから臀部をオイルでしっかり、がここでも、クスグリが・・・結構続きます、それも左右。

ここで四つん這いに。

股間に膝を詰めると割れ目にオイルをドボドボドボ、温かいオイルが割れ目伝って・・・気持ちイイです。サッと臀部を撫でまわすと両手を股間にグイッ、鼠経部をスリスリ。愚息が元気になりはじめると臀部から内ももをクスグリ攻撃が・・・

愚息がすっかり萎えたところを見計らったわけではないでしょうが、両手は今一度股間へ。さらに奥へと入り込み、へそ廻りをグルグルグルと両手で撫で廻し・・・するとセラピストさんの両肘が小生の愚息を挟みながらグルグルグル、偶然か計算してか・・・元気な状態で受けたかった施術・・・

ここで仰向けに。

頭を挟むように座ると胸元にオイルタラタラ、零れ落ちそうなオイルをサッとデコルテからへそ廻りへと拡げスリスリ・スリスリ。その指先はさらに鼠経部から付け根へとヌルヌル。すると目の前にはオッパイが・・・スタンプというより擦る感じ、ムニュっとした感触はなし。

フワッと腰が浮くと遠慮気味に斜め上空を通過、薄暗い中でもバッチリ・・・腹部に着地して紙パンツにオイルドボドボ、周辺ニュルニュル、そして内ももサワサワ、サワサワ、サワサワ・・・

脚に抱きつきニュルニュル、手の届くところにお尻が・・・それを察してなのかセラピストさんの両膝は小生の腕をガッチリガード。

スクっと立ち上がって中を見せつけるようにしてから足元に移動。
膝をたてると足の甲をオマタで抑えて脹脛スリスリ。足指にはいい感触、くすぐられたそのタイミングで指動かそうと構えるもここでのサワサワはなし。

立てた脚をそのまま横に拡げると股間からその脚を挟むような態勢に。
内ももスリスリ、鼠経部スリスリ、乳首クリクリ、そしてそこらじゅうをサワサワ、サワサワ、サワサワ・・・

股間に移動するとグッと膝を詰めて紙パンツにボトルに残っているオイルをドバ・ドバ・ドバァーっと。まだ温かさがあり心地よいニュルニュル感、そのオイルを手のひらで紙パンツ周辺にサァーっと拡げます。内ももから付け根、鼠蹊部、下腹部とスリスリ・ニュルニュル、さらに手を伸ばし乳首まで。

ここでもサワサワが始まり・・・

ここでお時間。セラピストさんはシャワーの準備へ。ボォーっと周囲を見渡すと時計は終了予定10分前。

やや間があって迎えに来て一緒にシャワー室へ。先に脱衣室まで入るので一緒にシャワーか、と思いましたが・・・「ここにタオル置いておきますね」で一人に。滑らないようにバスタブに入りシャワーを浴びるとスゥーっと流れ落ちていきます。結構厚みのあるオイルだったのに水溶性だったようです。

サッと流して部屋に戻るとセラピストさんは黒ワンピースに着替え。部屋の片付けも終わったようで小生の着替え中もずっと部屋にいてお話。「どうでしたか」の問いにもちろん「良かったよ」と一言。

シャツを羽織わせてくれ着替え終わり、自ら玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
88分

独り言
最初は良かったし、クスグリがなければ流れも良かったのに・・・
15%は好みもありますがキレイなお姉さんでした。
系列があるのかどうかわかりませんが一部屋でのオペレーションですから頑張って欲しいです。

↑このページのトップヘ