しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

神田・浅草橋

2
Aから始まるスタイルの『A』って・・・

最寄駅 
JR秋葉原駅
徒歩5分

訪問日 
2017年11月

訪問回数
初回

コース
Aスタイルコース

料金
90分20,000円
指名なし(指名料1,000円)
入会金無料(通常1,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
向こうまで見えそうなベビードール

施術
電話すると男性スタッフが応対。
「ホームページ見た」と切り出し、空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので
希望コース、コース時間を伝え予約。
場所は駅から3分くらいとのこと、駅出口から電話してほしいとのことで予約完了。

改札出たところで電話すると早口で場所の案内、そこでもう一度電話してほしいとのこと、
言われた場所に着き電話すると目の前のマンション、オートロック解除してもらい指定階へ。
途中信号待ちもあり、予約開始時間から3分過ぎたところ。
ドアの並びがワンルームのそれ、ワクワクしながらAで始まる『A』をニヤニヤと想像しながら
チャイムを鳴らすとすぐに扉が開き・・・

ニコリと出迎えてくれたセラピストさん、既に戦闘モード。
揃えてあるスリッパ突っ掛け、前を行くセラピストさんの後ろ姿を見ると・・・
これはAじゃない。

片隅の椅子に腰掛けると自己紹介があり、コースの確認、
オプションセールスはなし、こちらからも確認せずそのまま会計。

飲み物を先に欲しいか、聞かれたので「後で」と答えるとタオルを渡され着替えに。
サッと全裸になり、椅子の上に衣類を脱ぎ置きタオルを巻いて準備完了。

暫くすると声が掛かり、ドアが開いてセラピストさんの手招きでシャワー室へ。

狭いユニット、シャワーカーテンはないものの一応バスタブ内でシャワーを浴びます。
サッと浴びてシャワー室横にあるワゴンに置かれた紙パンツ穿いて準備完了。

自らドアを開けるとさらに凄いことに・・・
と期待しましたがお迎え時と変わらず。

セラピストさんから「お茶用意しました」、そのお茶を一口啜りマットへ。

小生の予想『A』は仰向けのAが本命、ワクワクしているとセラピストさんからの
「俯せになってください」、これにはちょっとガッカリ。

マットに横たわると・・・暖かい、これからの時期はありがたいです、
オイルタップリ対応シートでしたから尚更、Aで始まるのにワクワク。

腰に跨ると手に取った温かな、というより熱いオイルが背中にダラーっと、
ホットオイルの心地よい刺激は長続きしないもののトリートメントで腰から肩甲骨へとグィー、
思わず「ウゥッ」と声が・・・イタ気持ちイイ。

足元に移動すると足裏をオマタで抑えて脹脛をショートストロークでクィックィッと、膝窩もしっかり。
太ももから臀部へ圧し流すと引くときは紙パンツの上をなぞるように割れ目しっかり、
といっても割れ目に少し指が挟まる程度ですが。

ここでカエル脚に。

股間に入り込み、曲げた脚を挟むスタイル。
セラピストさんの脚で少し腰が浮きあがり手が差し込みやすいからか
このスタイルで施術するセラピストさん多いですね。

その浮いた腰に手を差し込み鼠径部をサラッと、そして紙パンツ沿い?上?をしっかり。
そして股間からも手を差し込むと付け根を持ち上げるようにしてグリングリン。

続いて四つん這いに。

熱いオイルを割れ目にダラダラダラっと・・・
そのオイルが割れ目を伝って袋、そしてシートへと垂れ落ちていきます。
適度な温度があるせいか伝っていく感覚が妙に心地よい。

その垂れ落ちるオイルを掬うように優しく袋を包み込んでくれます。
するとオイルの温かさがジワーっと、ホンワカしてきたところでモミモミ。
数回繰り返しニュルニュルになった紙パンツの縁を両手でクリクリ。

ここで仰向けに。

脛に跨ると太ももから付け根をスリスリ・スリスリ、たまに鼠径部サワサワ。
その指先は紙パンツのゴムを引っ張り上げながら乳首まで。

膝を立てるとムニュっとつま先に心地よい感触、ついつい足指を動かしたくなります。
そんな素振りも見せずにジッとしていると脹脛を抱えるようにグリグリ・グリグリ。

立てた膝を横に倒して仰向けカエル脚に。
俯せ時同様曲げた脚を挟むと内腿から鼠径部サワサワ・ニュルニュル、時折乳首クリクリ。
紙パンツ周辺撫でまくると・・・

サッと太ももに跨ると座り直すように、腰を浮かせては前に前にと・・・
絶妙な位置に停止すると・・・疑似騎乗位。

その態勢からピタッと抱き付いてくると耳元でハァハァハァ・・・
さすがにこの圧迫はちょっと。

カガミを向いての横向きに。

脚を差し込んで膝で太もも辺りをスリスリ、もちろん視線はカガミ越しでバッチリ。
後ろから抱きつくと手を下腹部へ伸ばしてスリスリ、その手は腹部から乳首へ。
もはや施術するというより・・・

今一度仰向けになると添い寝。

セラピストさんは半身の態勢で覆いかぶさると指先は付け根から乳首まで弄ながら
膝を太ももに乗せてスリスリ、抱き付いてくるセラピストさん勘違いしそうになったところでお時間。

手を引っ張って上体を起こしてくれるとマット横に敷いたタオルに足を乗せると
セラピストさんが優しくフキフキ。

一人狭いシャワー室でサッと浴びタオル巻いて部屋へ。
入れ違いにセラピストさんはシャワーの片付けへ。

一人着替えながら周りを見ると・・・マット横には空のオイル容器は一つ。
もう少し使ったような気もオイルの質によってはこんなものか・・・

暫くするとノックがありセラピストさんが部屋に。
珍しくまだお時間があるからと差し替えられたであろうお茶を勧められたので、
折角だからと椅子に腰掛け一口。
一言二言言葉を交わしたのち、そろそろ時間かと察してこちらから立ち上がり玄関へ。

セラピストさんの後ろ姿眺めながらAじゃないよな・・・

自らロック解除してエレベーターへ、時計を見ると結構時間余ってました。
で、「A」って??

紙パンツ
小Tバック
gokusyokon

所要時間
82分

独り言
激戦区の秋葉原ですが新人さんも入店されているようなので楽しみです
「A」スタイルで始まるって、あのABCの「A」かもって期待したんですが・・・
もしかして秋葉原の「A」?それとも温かいとか熱いの「A」?

3
贅沢な空間の中でワンランク上の癒しを・・・

最寄駅 
JR秋葉原駅
徒歩3分

訪問日 
2016年12月

訪問回数
初回

コース
SAPEURオリジナルコース

料金
90分18,000円(オープニング割、通常20,000円)
指名なし (通常 指名料1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
マンション

施術室
18畳ほど

施術台
大きめのベットタイプ
頭部にドア大のカガミあり

シャワールーム
キレイにしているバスルーム

セラピスト
キャビンアテンダント風ワンピース(送迎時)
ベビードール(施術時)

施術
WEB予約で予約状況見ていると訪問可能な日時に空きがあり即予約。
当日直近に電話でのやりとりがあり店舗ビルへ。

時間丁度に指定階へ、チャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがニコリとお出迎え。
揃えられた使い捨てスリッパ突っ掛け室内を見渡すと・・・広い。

中ほどにソファとベットを仕切るように衝立があり、まずは手前のソファへ案内されます。
いくつかの飲み物からお茶をお願いすると、
その間にとテーブルの上に置かれていた同意書らしき書面に署名を求められます。
署名して辺りを見回すと棚に置かれた時計が4,5分ススんでいる・・・

ちょっと気になったところでお茶が運ばれてきて自己紹介。
お茶を一口啜りながらコースの確認と会計。

着替えを促され、コートを渡してハンガーに、他は自らソファに置いてサッと全裸に。
タオルを巻くとすぐにセラピストさんがシャワー室へ。

造りから簡易シャワーかと思ったのですが浴室、広くはないですがキレイにしています。
洗面台はなく浴室横に棚があり、その上にアメニティーが置いてあります、そこには紙パンツも。

サッと浴びて浴室内で身体を拭き、棚から取った紙パンツ穿いて準備完了。
タオルを手にベットへ向かうと敷かれていたタオルが外されてビニールシーツだけに。
ベットだけでなくセラピストさんもワンピ姿からベビードール姿に・・・
これにはWでワクワク、丁度よい高さのベットにゴロンと俯せに。

全身タオルで覆われると、足元でモゾモゾ・・・すると足裏が温かい。
どうやら聞き取れなかっただけでホットストーンが足裏に置かれたようで・・・
さらに足指の間にも4つのホットストーンが、冷え性の小生にはありがたい施術です。

ベットにあがると脇腹あたりに位置どり、背中から圧し揉み。
肩甲骨から背骨沿い、腰までを指先に体重掛けてグゥーっと圧されると思わず「ウゥゥッ」、
力強く気持ちいい施術です。
足元に移ると脹脛から太ももへ手のひらを使い、心地よい圧。

バンテージで巻かれたホットストーンを外すと・・・足裏はうっすらと汗ばんでいました。
足指の間はそれほどでもなかったですが、足裏は気持ちイイです。

頭部に移動してくると片膝をベットにのせて多めのオイルを手に背中全体に拡げていきます。

最初は手のひらで馴染ませるように軽く、全体行きわたると肘まで使い力強く、
体重を掛けるようなトリートメントはセラピストさんとの距離感も縮まります。
ホットストーンでのトリートメントも織り交ぜながらの施術はホンワカ温かさを感じます。
そして時折後頭部には柔らかな感触も・・・
肘やホットストーンを使ったロミロミっぽいスタイル、いいですね。
もっとも小生はモミモミのほうがいいですが・・・

手が背中から腰、臀部へ伸びてくるとセラピストさんのプニュプニュからブニューッと
押しつける感じをしっかりと後頭部で受けとめます。

するとベットがたわみ・・・

チラッと横を見るとセラピストさんの膝が・・・
思わず仰向けに、と思う気持ちを抑えていると肘が腰から臀部をしっかりとグリグリ。
背筋使って前のカガミを見ようとしましたが身体が硬すぎて見えず・・・
仰向けになったら、と考えていると腰に着地。

指先は膝から太もも、付け根へと手前に引くように流し、股でなんとか止まる感じ、ガンガンきます。
ビニールシーツにたっぷりオイル、スベリがいいので身体の下までラクに手が入ります。
ツルンと入り込み下腹部ニュルニュル、鼠蹊部ニュルニュル。

片足に抱きつくように密着するとスリスリ、すると時折体温とは異なる温かさが・・・
おそらくホットストーンでのトリートメントかと思いますが訊くことさえ忘れ、
密着というか絡みつく施術に、この後の展開を勝手に妄想していました。

そこに「仰向け」の声・・・

さっそく頭部からデコルテ。
目の前にはセラピストさんの笑顔が・・・薄目を開けてチラ見しました。
指先が乳首を経由して腹部へ移ると上空にはオッパイ・・・
強烈なブニューっとは、なかったもののプニュプニュは適度に。

指先が下腹部から先に進めないと見ると・・・ふわっと。
残念ながら不意をつかれた小生、「あっ」と思った時には腹部へ着地・・・

見えそうで見えないポジションでの施術も両手へのガードはなし・・・
お尻をこちらへ突き出すような態勢で太ももから付け根、鼠蹊部をヌルヌル・ヌルヌル。

勘違いしそうですが、セラピストさんは何せ石を持っているので・・・
ヌルヌルになったところでここでも抱きつき密着、
片手でしっかり抱きつくともう一方の手でスリスリ・スリスリ。
ここでも時折ホットストーンが入った気が・・・

キワドサというより絡みに気を取られているうちに「マッサージキャンドルに」と
絡みついた手足が解かれガッカリ。

そういえば「最初にマッサージキャンドルやりますか」みたいなこと聞かれたなと思いだし、
どんなローソクプレイかワクワク。

肩、デコルテから心臓に向かってオーソドックスにオイルを延ばします。
温かなオイルが施術部位に拡がると同時にアロマのいい香りも・・・
固まるのでは、という心配も気になるほどではなく悶々とした気持ちはクールダウン。

期待したような部位への施術はなく、ココでお時間。
仰向けのまま優しくオイルを拭き取ってくれると上体を抱き起してくれ背中も。

その態勢のまま、手を引っ張ってくれるとビニールシーツの上を滑りベットに腰掛けた状態に。
スリッパを履かせてくれ、シャワー室へ。

シャワーを浴びるとスゥーっとオイルが流れ落ちてくれます、水溶性のようです。
脱衣スペースはないので浴室で身体を拭いて、最初に衣類を脱いだソファへ。

飲み物は同じものを頼み、一人着替え。
ここで「アンケート記入すると1か月以内の再来店なら千円割引」してくれるというので
「記入します」と用紙を受け取りチェックはもちろん全て大変良い、
すると記入した用紙はすぐには見れないようにと配慮しているのか、壁の隅にあるボックスへ。

ソファに戻ると飲み物がテーブルに。

お茶を飲みながら二言三言交わし玄関へ。
ドアの外まで出てエレベーターのボタン押してくれ、エレベーターに乗るまでお見送り。
時計を見ると・・・杞憂に終わりました。

紙パンツ
横スカTバック
yokosukakon

所要時間
90分

独り言
ホットストーンやマッサージキャンドルはホームページやブログに書かれていないので
セラピストさんによって・・・なのでしょうか。
スタンダードだとフェイシャルケアがつくそうですが・・・
密着度はかなり、今までの中でも3本の指に入るのでは。
それだけに密着に気を取られてしまいます、が指先は・・・

1
こちらへの訪問は初めてですが・・・
 
最寄り駅        JR浅草橋駅 徒歩8分

訪問日         2014年6月某日

訪問回数        初回

コース          90分コース

料金           90分13,000円
              写真・ネット指名料0円(本指名料1,000円)
              支払総額13,000円

予約方法
        電話予約、電話応対は男性です。 
              予約時間ちょうどに指定場所から電話。            
              
店舗           マンション、複数室

施術室          4.5畳、姿見有り。

施術台          マット

シャワールーム    狭いですがきれいなバスルーム。

セラピスト
         黒ミニワンピース。
            
施術           不審者のように敷地内に入り、マンション名を確認。マンション名は通り沿いにあると
              わかりやすいのですが・・・

              無事にオートロックが解除され指定の部屋へ。
              スラリとしたセラピストさんがニコリとお迎え、部屋へ案内されます。

              初回の訪問は手順が判らず緊張します。
              まず、飲み物を聞かれ、お茶を頼むと部屋の外へ。
              戻ってきてコースの確認、登録証らしきものへの記入案内、会計で部屋の外へ。
              釣銭をもってきて、着替えを促され、シャワーの準備と部屋の外へ。
              暫くするとシャワーの準備ができたとのことで案内されます。
              部屋へ戻ると「オイルは?」と聞かれ、無香と答えるとまたまた部屋の外へ。
              時計を見ると20分経過しています。

              部屋に戻ると、まずは脚から、横に座り、片手で流します。体重は掛けているものの
              撫でている感覚で腿まで、際どさはゼロ。腰、背中の施術も同様、密着もなし。
              俯せ終了でホットタオルを取りに行きますが蒸し器は屋上にでも置いてあるのか
              と思うくらい時間がかかります。
             
                                     昔の韓国エステようなホットタオル2枚重ねと思ったらすぐに拭き取られて仰向けへ。
                                     系列ではこんなことなかったのに、と思いながら後半戦に期待。
              横に位置取り手指を、足元に移り脚を軽く流した後、カエル脚にさせられたので期待は
              高まります。ところがカエル脚にする必要ないだろと言いたくなるくらいの施術、
              鼠蹊部どころか付け根にすら届きません。

              施術する手が止まり、少しお待ちくださいとの声に、いよいよかと思うと部屋の外へ。
              暫くすると「シャワーの準備できました」

              シャワーから戻ってきても、飲み物は最初のまま、着替え終わっても迎えに来ないので
              扉を開け玄関に、するとセラピストさんが慌てて出てきてありがとうございました、ですと。
                                            
紙パンツ        Tバック
everything

実所用時間     83分、この店の時間計算はマンション近くからの電話がスタートですかね。
              
独り言         せっかく店のスタイルが気に入っていて訪問しても、指導が行き届いていない
              セラピストさんに当たるとガッカリですね。店側も経験者が入店すると細かなところは
              指導しないようですし・・・
               



人気ブログランキング

↑このページのトップヘ