しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

八丁堀・茅場町

3
心澄み、甘く香る場所・・・って

最寄駅 
東京メトロ門前仲町駅
徒歩3分

訪問日 
2017年5月

訪問回数
初回

コース
sumi香コース

料金
100分19,000円(open特価、通常21,000円)
ホイップトリートメント2,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
1Kマンション

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
ナース服っぽい白ワンピ(お迎え)
白ベビードール(施術~お見送り)

施術
なんとなく雰囲気が良さそうなホームページにつられて電話すると男性スタッフが「はぃ」、
誰?という雰囲気に自ら「某サイト見たのですが」と切り出し会話スタート。

コース時間伝え、空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので即予約。
名前を伝えると2、3分前に駅出口から電話してほしいとのことで予約完了、
料金はホームページ通りなんでしょう・・・

3分前に指定の場所から電話すると、「はぃ」と様子を窺っているようなので
こちらから「予約している・・・」で場所を伝えると、すぐ近くの外観は微妙なマンション?
階段上がり、部屋のチャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがお迎え・・・

「あれっ??」

期待していたのはホームページのユニフォーム、なのにひざ丈くらいのナース服っぽいもの。
ホームページの良いイメージが・・・テンション下がりまくり。

ガッカリしているのを察したわけではないでしょうが、使い捨てスリッパ履かせてくれると
手を繋いで一緒に奥の部屋へ。

片隅の椅子の腰掛けるとお茶の準備へ。
部屋はホームページ彷彿させる内装、女の子の部屋って感じでイイです。

すぐに冷たいお茶がサイドテーブルに、
そして「これを・・・」と出してきたのが同意書、内容は確認せず署名。

続いてメニューを見せながらコースの確認、そしてオプションセールス。
セラピストさん曰く「ホイップは鼠径部周辺を長くやります」とのこと、
もちろん長くやって欲しいのでお願いして会計。

渡された貴重品袋に財布を入れると、
「どうぞ」と着衣のままシャワー室のほうへ手をひいて案内してくれます。

すると「こっち向いてください」とセラピストさんと正対、これはちょっと照れます。
そして、なんとシャツを脱がせてくれます、ボタン一つ一つ外して・・・これには思わずニヤニヤ。

脱がしてくれたシャツはハンガーに掛けてくれ、続いて・・・
もしかして、と一応「下は」と聞いてみましたが「ご自分で」とのことでした。
あとは一人で全裸になり、ちょっと狭いユニットに入り一人でサッと流します。

用意してある紙パンツは・・・トランクス、ですが既に袋から出されてスリットが入っています。
これも中々の開放感、いいですね。
片隅にノーマルTバックが置いてあったので、コースとかオプションによって違うのかも。

バスタオルは白、バスマットも白、洗濯大変だろうなと余計なお世話も新しいうちはイイですね、白。
そしてタオル巻いて、アコーディオンドアを開けると・・・

ここでも白

セラピストさん、色っぽい白のベビードールにお色直し。
ここでも短い距離ながら手を繋いで部屋まで。

タオルを渡し、マットへゴロンと俯せに。
セラピストさんはシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると足裏をアソコで抑えて脹脛に早速オイルスリスリ。
オイルウォーマーを使っており、オイルは手に馴染ませなくとも心地よい温度。
ホンワカ温かいオイルを脹脛から膝窩までソフトな圧でスリスリ。

脹脛に跨ると太ももから付け根へ、事故ることはないものの、
押しはしっかり、引きはソフトに・・・

太ももに跨ると付け根から臀部割れ目伝いサワサワ。
もちろん、スリットを捲り上げダイレクトにサワサワ。

腰横に移動すると股間に腕を差し入れ、付け根、割れ目、臀部へサワサワ・サワサワと繰り返し。
繰り返すごとに指先は深く入り込むので・・・

頭部に移動すると頭を挟むように座り、肩、背中をしっかり。
背骨伝いに伸びた指先はトランクスを潜り、尾骨までグイグイと。
上腕から手首へと流すときには後頭部へご挨拶、プニュ。

ここでカエル脚に。

股間に位置取ると曲げた脚を挟み、太ももスリスリ。
股間から腕をねじ込み鼠径部へグリグリ、トランクス捲り臀部サワサワ。

太ももに跨ると付け根を両手で抱えるようにグリグリ、さらに片手は鼠径部しっかり。

横から抱きつく態勢となりセラピストさんの顔が肩口に、すると耳元で息遣いが・・・
脚は太もも絡ませるようにスリスリ、手は肩から背中、そして内腿をサワサワ。

太ももに跨ると覆いかぶさるようにピタッと密着、
オッパイ押し付けながら首から肩、背中をスリスリ。

続いて片足の太ももに跨ると付け根を抱え込むように両手でグリグリ・スリスリ。

ここでホイップに。

・・・ホイップ作り・・・これが長い・・・長すぎ・・・
昔のホットタオル、思いだしました・・・当時はセラピストさんの休憩タイムと諦めていましたが。
それにしても長かった、計ったわけではないですが今までの最長・・・

漸く出来上がったホイップ、ですが普通です。
で、容器を横に置くと片足の太ももに跨り、トランクスの裾から、
さらに腰のゴム紐持ち上げて、と下から上からホイップを詰め込んでいきます。

数回掛けて詰め込むと紙パンツはこんもり。
そのこんもり膨れ上がった上から手のひらで優しく撫でると・・・
紙パンツの中に詰め込んだホイップが動き、イイ感じに。

股間に移動するしてまたまたホイップ詰め込むと、
指先は付け根から紙パンツの裾を潜り、紙パンツのゴムをグゥーっと背中の中ほどまで
引っ張り上げ、紙パンツが股に食い込むほどに。

ここで仰向けの声。

仰向けになると股間からホイップを詰め込み、詰め込みトランクス一杯に。
まずはトランクスの上からサワサワ、そして泡の中、鼠径部をグリグリ。

ここでまた「ホイップ作ってきます」
またか、と思いましたが先ほどまでの時間は掛からず、すぐに戻ってきて
脛に跨ると付け根を撫で撫で、指先は中のほうへと進み、会陰あたりをクリクリ。

頭部に移動するとしっかりデコルテ、そして乳首クリクリのあと腹部サワサワ。
なかなかプニュがこないので目を開けてみると目の前に谷間、
ペロっとできそうな距離に葛藤が・・・

迷っていると谷間越しに見えたセラピストさんの表情、
それは真剣そのもの、一所懸命トリートメント中・・・

すると、イイ子にしていたご褒美なのか、
グーっと伸ばした両手の指先がトランクスの中へ、そしてホイップをかき混ぜサワサワ。

続いて両腕をセラピストさんの両手でグゥーっと圧し揉み、と同時に顔面にムニュ・・・
そして左腕を両手で、するとオッパイスタンプがムニュ・ムニュ・・・さらに右腕もムニュ・ムニュ。

サッと立ち上がり移動するのでチャンスとばかり覗くと・・・チラッと拝めました、チラですが。

小生の腕を横に伸ばすとその間に入り、添い寝。
横から甘えるように抱きつく態勢は、ちょっと勘違いしそうに。

手はホイップまみれの内腿、鼠径部をサワサワ・スリスリ、そして乳首クリクリとポイントをしっかり。
このあたりからフェザータッチ多用してくるので期待感は倍増。

小生は肩越しにマワシを掴むような態勢、こちらもスリスリ試みますが・・・

するとアワアワになったトランクスの上に跨り、疑似ス〇タ。
最初は太ももあたりに跨っていたのが徐々に前へ、これには思わす腰をピクピクと・・・

この態勢からセラピストさんが抱き起してくれ、今度は疑似〇〇・・・
抱き合う態勢でコミュニケーションとってお時間。

すぐにシャワーの準備から戻ってくると一緒に手を繋いでシャワー室へ。
すると「お背中流しますね」

勝手に紙パンツ脱ぎ始めても何も言わないのでそのまま全裸に。
狭い中、椅子に腰掛けると使い捨てスポンジで背中ゴシゴシ、
オマケとばかりに前面、胸から腹部までゴシゴシしてくれ「あとはご自分で」

一人で今一度スポンジ泡立てホィップ洗い流し、バスタオルでしっかり拭き取り、
アコーディオンドアで仕切られた僅かなスペースで着替え。

着替え終わり、ドアを開けるとセラピストさんはまだベビードール姿、
部屋へ戻り、最初のままのぬるくなったお茶を啜り、一言二言。

「ありがとう」と声を掛け、玄関へ向かおうとするとセラピストさんが近づいてきて

「今日は楽しかった、またお待ちしてますネ」とギュッとハグ。

営業トークとわかっていても、これにはデレデレ。
ここでもしっかり手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
トランクス

所要時間
103分

独り言
ホームページと部屋、その間の受付にギャップありすぎ
ホィップは施術としては良いのですが・・・
「白」いいですね
裏返すといいお値段ですねぇ・・・
出勤安定するといいですね
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
2017年最初の訪問は・・・
現実世界を忘れられる場所に

最寄駅 
東京メトロ八丁堀駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
Mon Amieコース

料金
100分16,000円
指名料 無料(初回利用時指名料無料、通常1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
シャワールーム、洗面台あり

セラピスト
黒Tシャツ、黒フレアミニ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが応対、やや間を空けるも店名名乗らず、
こちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。
空き状況確認すると希望の時間が予約可能というので即予約。

指定時間に電話するとすぐそばのマンション。
オートロックを解除してもらい指定階へ上がると扉がガチャリ、
セラピストさんが手招きしてくれ中へ。

使い捨てスリッ突っ掛け、セラピストさんのお尻眺めながら奥の部屋へ。
「どうぞ」と言われたものの椅子も座布団もないのでそのまま突っ立ってると、
コートを掛けてくれ、自己紹介、コースの確認、会計と立ったまま。

すぐに釣銭持ってきてくれ着替えの案内。
サッと全裸になりタオル巻き終わるとセラピストさんから声が掛かり一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースにはストーブがありホットします。
バスマットは珪藻土、で、ちょっとひんやり、さらに浴室内の床が冷たい・・・
出してあるシャワーを足元に掛け、床を温めてからサッと洗い流し、
洗面台に置かれた紙パンツを穿きます。
サイドカット済のトランクスタイプ、このあとの展開にワクワクです。

暖簾越しに待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。
ここでオイルのチョイス、「無香、ラベンダー、それにパウダーありますが」に
無香をお願いしてマットに俯せになるとホンワカ暖か、寛げます。
すぐにタオルを掛けてくれシャワー室の片付けへ、
その間にカガミの見え具合を確認するも・・・利用価値なしにガックリ。

すぐに戻ってくると「室温は?力加減は?触れて欲しくない箇所は?」と確認が、
まとめて「大丈夫」と答えて施術開始。

足元に位置取り、脚に掛かったタオルを捲るとサイドカットしたトランクスの裾も捲り、
オイルを手にサァーっと延ばしていきます。
時折触れるスカートの裾にワクワクしたのは遠い昔、今ではこの距離感物足りないだけですが。

脚全体にオイルを拡げると脹脛をショートストロークでグリグリ、
適度な圧で入念なストロークは心持ち軽くなったような・・・

続いて膝上、太ももから臀部をスリスリも付け根はあっさり、
そのまま指先は割れ目にくると浅めにサワサワと数回往復。

足の甲をセラピストさんの膝に乗せて足裏をグリグリ。

カエル脚になると曲げた脚に跨り、最初は付け根沿いに手を差し込みグリグリも無事故、
が、引き抜くときに手の甲がガンガン、差し込むときの手も中によってきて・・・
腰から手を差し込むと鼠蹊部周辺をクリクリと優しくリンパ流してくれます。

背中のタオルを臀部に敷くとその上に跨り、腰から背中をしっかりとグリグリ。

ここで仰向けの声。
横に移動すると小生の手を取りビックリ膝の上、これには思わず勘違いしそう。
そのまま手はお腹まで引かれて指先は暴れてもお腹を撫でまわすくらいに、
これではいい子にしていたほうがとジッとしていることに。

セラピストさんの指先はデコルテをしっかりとリンパ流すもタマに乳首クリクリ。
下腹部はグリグリもあっさり、肩から腕も軽く揉み解して足元へ。

脚をグッと拡げられると股間に入り込み、トランクスの裾を捲り上げると
手のひらのオイルを撫でつけるように付け根周辺をスリスリ、
その手は徐々に鼠蹊部へ移動し、拡げた手のひらが優しく周辺を撫でまわします。
「の」の字を描くように手のひらで大きくスリスリと・・・

片手はトランクスの裾からスリスリ、もう一方は上から下腹部をスリスリ。
「元気ですねぇ」という言葉を投げ掛けられ、さらに元気になったような・・・
入念なスリスリを堪能するも時間が経つのは早く「ソロソロ」の声が。

クールダウンはフェイシャルらしく手を洗いホットタオルを用意に。
枕元に位置取り目を覆うようにタオルを置くとジンワリ目元が温かに、
暫くするとそのタオルでサッと顔を拭いてくれシャワーの準備へ。

すぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
足元冷たい中、サッと浴びて待機していたセラピストさんと部屋へ戻ります。

床に置かれたお茶を勧められましたが、まずは着替え。
片付けは済んでるようでセラピストさんはそのまま部屋に居てくれます。
どうせいてくれるなら着替え手伝ってくれればと思っていると、察したのか、
「手にオイルが付いてるからと手伝えなくてすいません・・・」
なんとなく納得したような気分になり一人着替え。

着替え終わるも再度お茶を勧められることはなく、手を付けずに玄関へ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
herbal1

所要時間
94分

独り言
新年最初の訪問は・・・
密着主流の中、距離感じますが昔はこんな感じだったような気も、期待してます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
濃密なマッサージを堪能したい
   
最寄駅 
都営新宿線馬喰横山駅
徒歩5分

訪問日 
2016年1月某日

訪問回数
初回

コース
ブランカコース

料金
90分16,000円(オープンキャンペーン2,000円割引、通常18,000円)
指名料1,000円
支払総額17,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
15畳のワンルーム
広いです

施術台
マット

シャワールーム
狭いですが外光が入るので明るくキレイ

セラピスト
ブランカコースはベビードール(中は普通に下着でした)

施術
WEBで予約、事前の確認電話も不要で1階から電話すると部屋番号を教えてくれます。
部屋番号を押してオートロックを解除してもらい指定階へ。

ドキドキしながらチャイムを押すと中からセラピストさんがベビードールで
「いらっしゃいませ」
使い捨てスリッパ突っかけ奥の部屋へ。

広い・・・衝立でソファと施術スペースを分けてます、あとで調べたら15畳でした。

お洒落なソファに腰掛けると自己紹介があり、コースの確認、会計、飲み物の注文。
その間に、と同意書への署名を求められます。

内容は気にせず、署名したところで釣銭とお茶がきて一服。

では、と着替えを促され、沢山あるハンガーにコートだけ掛け、その他はソファに。
貴重品袋に財布を入れ、タオルを巻いて準備完了。

シャワー室は狭いですが明るくキレイ、適温のお湯が出ていてサッと浴び
久々の横スカを身に着けワクワクで部屋へ戻ります。

貴重品袋はどこに置こうか迷うも、結局ソファに置いて衝立の向こうにあるマットへ。

俯せでマットに横たわるとタオルを掛けられ、シャワーの片づけか・・・
すぐに戻ってきて「お疲れのところは」に「全部」と答え、揉み解しからスタート。

クルブシを挟むようにして脹脛から太もも、太ももに跨って腰から背中と
普通に揉み解し。
カガミはないので折角の衣装も・・・

オイルになると片足のタオルを捲り、少量のオイルを数回に分けて
脚から臀部へ拡げていきますが、決して多い量ではありません。

脚全体に拡げ、馴染ませるとゆっくりとロングストロークで流します。
指先は臀部を撫で上げるように進み、割れ目を這うようにひいていきます。
そして意識しているのか会陰(微妙にズレていましたが)への刺激を入れてきます。

脚に掛かっていたタオルを剥ぎとると臀部に跨ります。
直の感触を楽しんでいるといつのまにか背中のトリートメントは終わってました。

頭部に移ると頭を挟むように座り、肩から肩甲骨周辺を入念に。
後頭部にオッパイを押し付けるようなことはなし。

足元に移動してカエル脚に。
まずは付け根を指先でしっかり、オイルが馴染んだところで腕でグリグリ。
腕で付け根をグリグリしながら、指はへそ下をサワサワ、時折会陰。

さらに「四つん這いに」と連続攻撃・・・
股間から伸びる指先は、太ももから付け根へ、そして付け根から鼠蹊部へ。
後ろから腰に抱きつくようにして手を下腹部に差し込みスリスリ。

手のひらを目一杯ひろげてのトリートメントは何とも言えぬ心地よさがあります。

いよいよ仰向けコール。

頭部に位置取り、オーソドックにデコルテ、肩とスリスリ。
チラッと薄目を開けるとセラピストさんの鼻の穴・・・でしたが、
ベビードールが顔に当たります、たまにオッパイも・・・

指先がデコルテから下腹部へと移りサワサワが続いていると
不意に上空を何かが・・・
その物体は低空で目の前を通過したのち腹部上でホバリング中・・・

その態勢を維持しつつ、鼠蹊部から付け根、太ももスリスリ。
しかも膝で両手を押さえていないので・・・
撃墜しようか葛藤していると何事もなかったかのように着地。

足元に移ると脚を絡めて太ももでスリスリ。
指先は乳首周辺から下腹部、太ももまでサワサワ。

すると腕枕を求めるように横に来たので思わず勘違いしそう、
さらに足を股間にねじ込みグリグリしながらも指先は乳首で甘えるように・・・

それではと腕を動かそうにも、しっかりと頭で押さえられていて・・・
仕方なくサワサワされながらお時間。

サッとシャワーを浴びて、ひとり着替えたのちお茶の差し替えをグビリ。
一言二言交わして玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック
ブランカ
       

所要時間

90分

独り言
こういう施術でも新鮮さを覚えない、どこかを思いださせるのは我ながらちょっと寂しいです・・・
熟練した技と計算された技術を反応見ながら繰り出すセラピストさん、
躊躇いがありながらも確認しながら初々しいセラピストさん、
近頃は後者を求めてしまいます・・・

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
洗練されたプロにお願いしたい

最寄駅 
東京メトロ人形町駅
徒歩3分

訪問日 
2015年12月某日

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
90分16,000円(某サイト見たで新規オープニング記念割引4,000円引、通常20,000円)
指名なし(通常1,000円)
支払総額16,000円
ポイントカード有

予約方法
電話予約、女性スタッフ

出勤情報
ホームページにて1週間分表示可能

店舗
雑居ビル店舗型、複数室

施術室
6畳くらいの洋間

施術台
マット

シャワールーム
新しいです、アメニティーもそれなりに

ユニフォーム 
C.A.もどきのユニフォーム(ホームページ画像)

施術
ホームページ、店舗の場所から一抹の不安をいだきながら電話。
すると女性が丁寧に店名応対、コースの違いを聞くとプレミアムのほうが
オイルでの施術時間が長いとのこと、料金からたっぷりオイルなのか、なんて
勝手に妄想膨らませて希望の時間を言うと予約可能とのことで早速予約。
料金案内があり、5分前に指定の場所から電話してほしいとのこと。

指定の場所から電話するとそのまま道案内、「ん、45秒経過しても着かない・・・」
と思いながらなんとか看板を見つけて「ホッ」
(ホームページに画像でアクセス案内出てます)

指定階に着いてチャイムを鳴らすと中からお姉さまが「いらっしゃいませ」
案内されたのはカーテン仕切り、「やっちゃったか」と中へ入ると
そこは待合室、ドリンクメニューから冷たいお茶を頼むと
カルテのようなものに記入するように言われカーテンの外へ。

お茶と一緒にオシボリとお菓子を横の机に置くと小生の前に跪き、コースの確認、会計。
そしてホームページの映像見ましたかと聞かれたので
「ハイ」と答えると満足そうに「ポイントが2倍になるんです」と・・・
テレビのスイッチを入れカーテンの外へ。

オシボリで顔をゴシゴシ拭いているとほんのりといい香りが・・・
さすがファーストクラスなんて思っていると、釣銭とポイントカードを持ってきて、
「では担当がまいりますので少しお待ちください」
ホッとしてテレビをボォーと眺めているとセラピストさんがニコリ。

丁寧な自己紹介があり、一緒に部屋へ。
キレイな室内でシンプル、すぐに着替えを促されて一人で寂しく着替え、
バスタオルを巻いて準備完了。

セラピストさんから声が掛かり扉が開くと一緒に浴室へ。
掃除はイマイチですが明るく新しい浴室、サッと浴びて洗面台を見ると
3種類の紙パンツが・・・その中からTバックを選び、タオルを巻いて扉を開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

部屋へ戻ると俯せに、セラピストさんはシャワーの片付け?に。

タオルで全身覆い揉み解しからスタート。
横に位置取り、足から腰、背中と手の平使い軽く圧していきます。
微妙なところへ指先は届かず、すぐにオイルへ。

施術部位に掛かっているタオルを捲り、足を膝あたりで挟むと
足全体にオイルスタンプして両手でオイルを延ばしていきます。
脹脛から太ももへロングストロークでスリスリ。

股間に位置取るとカエル脚に。
股から腰から、手をグーにして肘までドリルのようにねじ込んできます。
そして引き抜くときはパー・・・事故率はカナリです。

ところが残念なのはオイル容器のポンプの出が悪いのか何度も押します、
そして押すたびに容器の音が・・・
この無駄な間と音、集中したい、いや安らぎたいのに全く落ち着きません。

たまに臀部にサワサワ攻撃も加わるのですが・・・

テンション下がり気味のところで四つん這いの声。
恥ずかしげもなくお尻を突き出すと、まずはご挨拶とばかりに両手で股間に。
その手はへそ辺りまで届きます、当然肘は・・・
その両手を同時に引き抜くと、それは・・・

盛り上がってきたところでポンプ・・・

片手で鼠蹊部から下腹部を高速往復、時に臀部サワサワ。
抱きつくような態勢になると腰から腕が下腹部へ入り鼠蹊部から付け根までスリスリ。

頭部に移動すると肩から肩甲骨、背中をサラーっと流して仰向けに。

股間に位置どると太ももからスリスリ、ポンプスカスカ・・・
付け根から鼠蹊部グリグリ、ポンプスカスカ・・・

スリスリグリグリに集中しようとしたところでお時間。

サッとシャワーを浴びて部屋へ戻ると差し替えられたお茶とお菓子、
お茶を一口飲んで帰ろうとすると握手で「ありがとうございました」

一緒に玄関まで、ドアを開けてお見送り。

紙パンツ
Tバック 、他にトランクス、ブリーフ有り
reveri
 
所要時間
109分(受付応対中も含む))

独り言
後ろの予約がなかったのか、店をでて時計見てびっくりの時間。
しかし、この料金では密着期待もしますね。
オイルの容器もファーストクラスでお願いします。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
連休明けて新店ラッシュの勢い凄いです
そんな中、店選びのポイントは・・・難しいです

最寄駅 
東京メトロ小伝馬町駅
徒歩7分

訪問日 
2015年5月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分15,000円(オープニングキャンペーン2,000円割引、通常17,000円)
指名料1,000円
支払総額16,000円

予約方法
★☆☆☆☆
電話予約 

出勤情報
ブログに当日分

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
4.5畳くらいの洋間

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
キレイです

ユニフォーム 
黒ワンピース
ホームページとは違いました

施術
ブログを見て電話すると数回のコール音後、「ハイ」とセラピストさんらしき女性の声。
間が空いたのでこちらから「ブログ見て電話したのですが・・・」で
漸く「ありがとうございます」、今はこんなやりとりが多いです。
希望の時間がとれたので取りあえずは満足。

土地勘のない場所なので早めに最寄り駅まで行きコーヒーショップで時間調整、
万が一に備え近隣情報を確認。

予約時間数分前に指定の場所から電話すると不慣れな案内ながらもなんとか到着。
案内にどこかで見た目印があり確認すると「・・・」

やっちまった感一杯でエレベーターに乗り指定階へ。いつもながらドキドキしながらチャイムを
鳴らします。

ドアが開いた瞬間「・・・」、まだまだ勉強が必要です。

用意されたスリッパを突っかけ奥の部屋へ。バリ風の面影は全くなく部屋はシンプル、
椅子はなく座布団と小さなテーブルだけ。そこにはいつ用意したかわからないお茶が・・・

ボケっと立っているとどうぞお座りくださいと床を指すので仕方なくマットに座り込むと
会計と自己紹介。

すぐに釣銭を持ってくると着替えを促され、独りに。

サッと全裸になりバスタオルを腰に巻くとバリっぽい?マリンストライプの貴重品入れに
財布を入れてドアを開けるとセラピストさんがシャワー室へ案内。

サッとシャワーを浴び洗面台に置いてある紙パンツを履いて待機していたセラピストさんと部屋へ。

俯せになるとタオルを掛けてから部屋の外へ。

すぐに戻ってきてタオルの上から太もも辺りに跨り、揉みほぐしから。
臀部から腰周辺をタオル越しに手のひらで圧迫。

掛けていたタオルを取ると足裏をアソコで抑えるように座り、足首から臀部まで
ロングトリートメントを数回、脹脛へショートトリートメントを数回。

踵にアソコが当たるよう移動すると太ももから臀部を入念に、指先は割れ目を撫でるように・・・

膝を曲げて足の甲をセラピストさんの胸の谷間で挟んで脹脛をスリスリ。

カエル脚になるとセラピストさんの脚で挟み横から抱き付くような体制で
臀部から割れ目を通り鼠蹊部、たまに腰骨のほうから鼠蹊部とひたすらサワサワ。

太ももあたりに跨ると臀部から腰、続いてビタッと背中にくっついて肩をサワサワ、
この時セラピストさんの息遣いが妙に艶っぽく聴こえて勘違いしそうに・・・

仰向けになるとつま先をアソコで抑えるように座り、膝下から太もも、付け根までスリスリ。
スネあたりに座ると太ももから付け根をスリスリ。

膝を立てると脹脛をスリスリ。

仰向けでもカエル脚になると俯せ同様曲げた脚を挟み、背後からではなく正対するように
抱き付いて内ももから付け根、鼠蹊部をサワサワ。小生の腕はセラピストさんの肩を抱くような
態勢、ますます勘違いしそうに・・・

続いて、なんと疑似騎乗位の態勢となり、腹部からオッパイ、乳首を通過してデコルテ。
小生は興味ないですがなぜか乳首周辺でスピードダウンして反応を見ているようです。

するとビタッと抱き付かれて肩をスリスリ、当たっているようないないような・・・
疑似騎乗位でもと、腰を振ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくると最初に使った湿ったバスタオルを渡され、シャワーへ。

お湯の出ているシャワー室でサッと浴びるとセラピストさんと一緒に部屋へ。

着替え中もセラピストさんは部屋にいますが着替えのサポはなし、
入れなおした?お茶を勧められたので一口飲んで玄関へ。

靴ベラは遠慮してエレベーターへ乗り込みました。

紙パンツ
Tバック
notch

notchura

所要時間
92分

独り言
電話に出たら先に店名くらい名乗って欲しいものです。
施術はくっついてサワサワしてればって店が増えたような気がします。
近くの店も同じなんですかね・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 Magical Charming! (ダウンロード版)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ