しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

八丁堀・茅場町

1
個室ヨガより個室エステ・・・

最寄駅 
東京メトロ人形町駅
徒歩5分

訪問日 
2018年4月

訪問回数
初回

コース
ディープリンパコース

料金
90分20,000円(OPENキャンペーン3,000円割引、通常23,000円)
衣装チェンジ2,000円
指名料1,000円
入会金記載なし
支払総額23,000円

予約方法
電話予約・LINE予約
応対女性スタッフ

店舗
マンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
大きめのカガミあり

シャワールーム
狭いですがキレイなバスルーム

セラピスト
白タンクトップにピンクタイトミニ(お迎え~シャワー、お見送り)
水着(施術時)

施術
スケジュールだしていない店は敬遠していたのですが、気になるセラピストさんがいて電話してみると・・・

コール音が10回近く、もう切ろうかと思ったその時「はい」・・・カワイイ、もちろん声が、ですけど。しかしそのあとが続かない、仕方なくこちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。

声が好みだったので、あなたを指名できますか、と聞こうか迷いましたが・・・指名しようとしているセラピストさんかも・・・と思い、「〇〇さん、空いてますか」と聞くとやや間があって希望に近い時間で予約可能と返事が。

コース時間を伝えると最寄駅から5分前に電話してほしい、とのことで予約完了。

5分前に電話すると、ここでも「ハイ・・・」、こちらから予約している「〇〇ですが」で道案内がスタート、ちょっと長い道案内でしたがわかりやすい場所、問題なく5分ほどでマンションに到着し、オートロック解除してもらい部屋の前へ。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすと、すぐにドアがガチャリ。
ホームページの衣装でのお迎え、視線は胸元に・・・

スリッパ突っ掛け案内されるまま奥へ。途中扉がいくつかあったのでワンルームではなさそう。
「どうぞ」と案内されたところは引き戸、でちょっと個室感は・・・片隅の椅子に腰掛けるとすぐに「お飲物、温かいお茶か、冷たいお茶、どちらが?」に冷たいお茶をお願いして室内観察。

薄暗い室内には少し曇っている大きなカガミ、そしてマットには使われた後のようなビニールシート、その上にはタオルが無造作に・・・、マットの横にはオイルウォーマーが一台、残念ながらハードでは通常90分23,000円とはとても・・・
すると冷たいお茶が運ばれてきてサイドテーブルに。

自己紹介があり、コースの確認、そして「水着での施術」があるとオプションセールス。この料金設定からマイクロビキニかも、なんて鼻の下伸ばして即お願いして会計。

すぐに着替えを促され、「こちらのタオル巻いてください」とセラピストさんは部屋の外へ。
サッと全裸になり脱いだ衣類は椅子に掛けてタオルを巻くとセラピストさんから声が掛かり、シャワー室へ。

浴室暖房が効いて暖か、ソープでサッと流して紙パンツを見ると「これ穿いてください」とポツンと置かれていたのは横スカ、他にも包みからノーマルが、コースの違いではなさそうですが・・・

どんな水着かドキドキしながら扉を開けると「??」、最初のまま・・・
いつ水着になるんだろう、と思いながらタオルを渡すとマットを指し、「ここに座ってください」、そしてシャワーの片付けに。

ボォーっとカガミに映った情けない姿と対峙していると微妙な水着姿のセラピストさんが「お待たせしました」と登場。普通のビキニ、まぁ薄手っぽくピタッとしてはいますが、期待していたものでは・・・

すると「失礼します」と胡坐かいていた膝の上に。カガミを背にして座ったのでお尻はバッチリ、まぁこのアングルなら水着よりミニから見えるお尻のほうが小生は好きですが・・・

抱きつき顔を肩越しに肩から首筋をクリクリ。施術するには仕方ないのでしょうが引き気味の感じがする密着はチト寂しい。

マットに俯せに。

全身覆える大きなタオルを掛けられると臀部に跨り背中をグイグイと圧し揉み。

足元に移動するとタオルを捲り、膝で足首辺りを押さえるとオイルに。
まだオイルが温まっていないのかホットではないですが脹脛から太ももへと手に取ったオイルサァーっと拡げていきます。そのあとも拡げるのと同じ圧でサァー、サァー・・・

ここで片足を少しだけ拡げるように言われ浅いカエル脚のような感じにすると、慎重に人差し指と中指で付け根をスリスリ、決して事故らないようにって感じでゆっくり、そして軽ーく撫でるだけ。

そしてカエル脚になると曲げた脚を挟んで太ももスリスリ、付け根は指先だけでツゥーっと撫でるだけ、当然ですがこれでは事故は起こるはずもなし、横スカを穿いているのに、これでは・・・

タオルを取り、腰に跨り背中をスリスリ。アソコが当たっているようないないような・・・
すると覆いかぶさるような態勢になり首から肩をモミモミ、布地が当たっている感触はあるもののムニュはナシ。

ここで四つん這いに。

股間に入り込むと腰から抱え込むように手を廻し入れ付け根を指先でスリスリ・スリスリ、ひたすらスリスリ。オッパイが臀部にムニュっとなっているもののセラピストさんが身体を預けているような感じで重い・・・股間から手を差し入れることはなく腰から付け根をスリスリ。

グッと身を乗り出すと指先は付け根から乳首へ、ここでも単調なクリクリが・・・
そして股間から一度も手を差し入れることなく四つん這いが終了。

「タオルでオイル拭き取りますね」、すぐに戻ってきて背中のオイルをサッと拭き取ってくれます。
そのあとを乾いたタオルで拭き取ることなく仰向けに。

足元に位置取り足首を膝で挟むと膝下から太ももへスリスリ・スリスリ。圧もスピードも一緒、そして付け根をスリスリも一緒。

膝を立てると脹脛を手前に引くように軽くモミモミ。

股間に入り込み立てた脚を挟むと膝を使って小生の太ももをスリスリ。指先は付け根をスリスリしたあとひたすら乳首、もちろん乳首へはダイレクトでクリクリ。一応密着ですが「ウ~ン」と言う感じ。

じっくり乳首が終わり、そろそろかと思っていると下腹部に跨ってデコルテをスリスリ、空いていた両手は折角なので、とセラピストさんの脚に置かせていただくと・・・

「手を拡げていただけますか」、手を動かしてもいないのに・・・と思っているとセラピストさんも徐々に両手を拡げ、最後は抱きつくように覆いかぶさりピタッと密着、その態勢から片手で首筋モミモミ。

起き上がり再度乳首をクリクリ。下腹部に腰を下ろしているセラピストさん、疑似〇〇〇になりそうでならない・・・当たりそうで当たらない、さり気なく腰を動かしてみるも・・・

すると「掴まってください」と上体を近づけてきたので、もしや、と背中に手を廻すと・・・

抱きかかえ起こしてくれるとそのまま座位もどき、が、ここでもポジションが悪く、腰をクイクイと動かすには・・・セラピストさんは首に手を廻し抱きつきながら肩、首をスリスリ・クリクリ、でお時間。

何事もなかったようにサッと離れ、立ち上がりシャワーの準備へ。
横に合ったオイルウォーマーを持ち上げてみると、使用量は半分以下100㎖使っていないかと。

すると声が掛かりシャワーへ。

サッと流そうとするも落ちはイマイチ、どうやら水溶性ではないのか、それにしてはオイルに粘りがなかったような・・・なんて思いながらソープで二度洗い。

タオル巻いてドアを開けるとまだ水着姿のセラピストさん、ちょっと得した気分も部屋に入ると入れ替わりにシャワーの片付けへ。

一人着替え、テーブルの上のお茶を見ると差し替えられた様子はナシ。着替え終わった頃に声が掛かると扉が開いたのでお茶でも進めるかと思いきや部屋へ一歩入っただけ・・・

まぁ長居は無用と、バックを持つとセラピストさんは玄関へ。
そのあとをスタスタと付いていき開けてもらった玄関を後に、振り返る間もなく玄関の閉まる音が・・・

紙パンツ
横スカ
kuroyoko

所要時間
86分

独り言
個室ヨガの入会金払えたなぁ。

3
シンプルで優しい料金設定ですが・・・

最寄駅 
東京メトロ人形町駅
徒歩2分

訪問日 
2017年12月

訪問回数
初回

コース
90minコース

料金
90分13,000円
写真指名無料(本指名料1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
明るくキレイなバスルーム

セラピスト
ミニワンピース(ホームページ画像)

施術
電話するとやや間があって男性スタッフが店名応対。
気になったセラピストさん名と伝え、空き状況確認すると
希望に近い時間で取れるというので即予約。

5分ほど前に駅出口から電話するとすぐ近くのマンション。
エレベーター降りるとちょっと違和感もチャイムを鳴らすと・・・
中からゴソゴソと音が聞こえ、やや間があってドアが開きセラピストさんがニコリとお出迎え。

揃えてあるスリッパ突っ掛け、セラピストさんが案内してくれる部屋へ。
セラピストさんの後ろ姿、背中が大胆にパックリ割れていて妙にエロい。

片隅のソファに腰掛けるとセラピストさんから温かいお茶か冷たいお茶を聞かれ、
温かいお茶をお願いして室内物色。

定番のオイルウォーマー、その横にアロマオイルウォーマー、棚にはアロマオイルが数種類。
どういうふうに使うのかワクワクしているとセラピストさんが熱いお茶をサイドテーブルに。

お茶を一口啜ると自己紹介があり、コース時間の確認、そして会計。
裏メニューなど出てこないのでホッとするもどこか残念な気持ちも。

着替えの案内があり、セラピストさんはシャワーの準備へ。
サッと全裸になりタオル巻いて準備完了、するとノックがあり一緒にシャワー室へ。

洗面台にはお洒落なケースに紙パンツが3種(ノーマル、横スカ、ストレッチ)、
横スカは従来より幅が狭いような・・・
オイルヒーターが片隅に置かれていたもののスイッチは入っておらず、
寒くはなかったもののちょっと残念。

シャワー室内は明るくキレイ、サッと浴びて紙パンツは・・・迷いましたがノーマル穿いて準備完了。
ノックすると待機していたセラピストさんがすぐにドアを開けてくれ一緒に部屋へ。

マットに俯せになるとタオル掛けてくれ優しく擦るとシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると横から軽く揉み解し。
太ももあたりに跨がると腰から背中へと心地よい圧で時間掛けてグイグイ。
グイグイに合わせて尾骨あたりには嬉しい感触。

顏の横辺りに移動すると背中から肩、そして首をしっかりとモミモミ。
小生の肘がセラピストさんの膝に微かに触れる、このドキドキいいですね。

腰の上につま先向いて跨ると太ももから脹脛をモミモミ。
カガミ越しにチラ見しようと上体反らしを試みるも身体が固く断念。

指先は太ももから付け根へとグイグイ、タオルの上からとはいえ結構きます。
足元に移動して太ももから臀部を軽く圧してオイルへ。

脚に掛かっているタオルを捲り上げ紙パンツのゴムに差し込むと、
足裏をしっかりとオマタでピタッ・・・この温かな感触楽しむために足指の運動は暫く中止。

ウォーマーのオイルを手にしたセラピストさん、
ピチャピチャと音を立てながら馴染ませるとその手を脹脛から太ももへサァーっと。
このピチャピチャもイヤらしく聞こえます。

オイルが拡がると脹脛を入念にグリグリ・スリスリ、太ももから臀部も同様に。
このときストロークに合わせて腰が上下に・・・そのたびに足裏にもトントンと。

膝を曲げ、足の甲を谷間に納めると脹脛グイグイと、太ももはスリスリも勢い余って・・・
そのまま足裏も優しくクリクリ。

カエル脚になるとくるぶしをセラピストさんの腿の上に。
できた隙間に股間から、差し込む手の親指を拡げているのでタマを弾くようにして鼠蹊部へ。

股間に入ると曲げた脚をカニばさみ、太ももから臀部を手のひらで撫でまわし。
股間に手をねじ込み鼠蹊部グリグリも安全運転。

太ももに跨ると付け根から臀部、背中としっかり。
撫でる、ではなく流す、適度な圧はエフルラージュ。

横に位置取り、腰から肩甲骨へとグリグリ強めに。

頭の横に座ると肩から首筋をスリスリ、
肩甲骨もスリスリしたあとその手は腰から紙パンツの紐を引っ張りながら太ももまで。
そこまで手が伸びると・・・当然オッパイが後頭部にプニュ。

仰向けになる前にホットタオル。
時間が掛かるかと思っていたらすぐにノックがあり、「お待たせしました」
優しくオイル拭き取ってもらい仰向けに。

両膝で頭を挟む態勢、頭部からデコルテ、首筋、下腹部へ、
谷間はじっくりと拝めましたがスタンプはなし。

鼠経部へと指先が伸びると目の前にはセラピストさんの下腹部が、
さらに付け根から太ももへ伸びるとワンピースの裾が・・・
くるか、とワクワクするもそこで停止して太ももスリスリ。

顔を動かしてなんとか裾の中に、と試みるも腰が浮いていて思うようにいかず断念。

続いて、その位置から腕、手をしっかりと圧し流し、合わせてオッパイスタンプがムニュ。
そして指は絡めながらギュっと・・・これには勘違いしそう。

足元へ移動すると足指をオマタで抑えて太ももスリスリ。
膝を立てると足の甲にピタッと座り脹脛は引っ張るように膝から足首へ、
太ももは膝から付け根へと圧し流し。

そのまま脚を横に開いてカエル脚の態勢に。
足首から膝へ、膝から太もも、付け根へと適度な圧で流すと、
その先の付け根から鼠経部へ、はより入念に。
もちろん付け根あたりでは適度なお楽しみも。

すると小生の足をとり足裏をセラピストさんの下腹部に当てると・・・
セラピストさんは膝立ちに、小生の膝をグッと曲げてのストレッチ。
足指にはウキウキの感触、動かしたくなるのをジッと我慢。

股間に移動すると片手で内腿から付け根、鼠蹊部をスリスリ、
するともう一方の手が小生の手に伸びてきて・・・なんと指を絡めての恋人繋ぎ。

もしや・・・
も、残念ながらすぐに解かれ、両手で内腿から付け根をスリスリ・スリスリ。
カチン・コチン、ソフトな事故は連発も大事故には至らず、お時間。

ここでホットタオルを取りに。
後ろ姿を追うように見るとワカメちゃんとまではいかないもののバッチリ。

すぐに戻ってくると抱きつくように覆いかぶさてくるので、もしや・・・
期待するようなことにはならず「肩に掴まってください」

遠慮しながら首に抱きつくと、セラピストさんが力入れて上体を起こしてくれると、
抱きしめたい衝動に駆られましたがジッと我慢。
危険を察したわけではないでしょうが背後に回って背中のオイルをホットタオルで。

両手とも肩越しにおぶさるような態勢で背中にピタッ、オッパイムニュ。
押しつけたままデコルテから腹部のオイルを丁寧に拭き取ってくれるとシャワーの準備へ。

すぐに戻ってきてシャワー室へ。

残念ながら、オイルヒーターはまだ点いておらずお湯の出ているシャワー室へ。
サッと浴びるもオイル残りが・・・今一度ソープ泡立てシャワーで。
水溶性でないにしてはオイルに厚みがなかったような・・・

ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

飲み物の差し替えは断り、一人着替えに。
着替え中にノックがありセラピストさんが入室、雑談しながら着替え終了。

一緒に玄関まで、自らドア開けるとドアを押さえてお見送りもすぐにガチャリとロックが。
次の予約があるのでしょうがワンフロア1室、
エレベーターが来る前にドアが閉まるのはちょっと寂しい。

紙パンツ
Tバック(他に横スカ、ストレッチあり)

所要時間
95分

独り言
電話応対もセラピストさんの接客も良かったです、もちろん肝心の施術も。
そして3種類の紙パンツも丁寧に洒落たケースに。
オイルヒーターはもっと寒くなったら稼働するのでしょうか、
ホームページのギャラリーにアロマオイル、ウォーマーがあったので
久々に無香ではないものをと思っていただけに残念。
部屋によってなのでしょうが折角の衣装ですからカガミは横にも欲しかったですね。
とは言え、この料金でこの設備・内容、是非このままで頑張って欲しいです。

2
厳選された日本人セラピストさんに癒されたい

最寄駅 
東京メトロ人形町駅
徒歩6分

訪問日 
2017年8月

訪問回数
初回

コース
アロマトリートメントコース

料金
90分コース14,000円(オープン記念割引90分以上2,000円割引、通常16,000円)
指名なし(指名料1,000円)
衣装チェンジ1,000円
密着2,000円
鼠径部2,000円
支払総額19,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
横に小さなカガミあり

シャワールーム
明るくてキレイ

セラピスト
白ブラウス、白レース地ミニ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
衣装チェンジ(ナース・チャイナ・OL風・セーラー服・JK風など多数あり)

施術
電話すると愛想良い男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので予約。

3分前に指定の場所から電話するとすぐ近くのマンション。
厳重なセキュリティーにちょっと戸惑うもなんとか部屋の前まで。
チャイムを鳴らすと中からセラピストさんが笑顔でお迎え。

揃えてあったスリッパ突っ掛け部屋へ。
ちょっと狭い部屋、片隅の椅子に腰掛けると跪いて自己紹介。
お茶とオシボリはサイドテーブルに既に置いてあるものの勧められないので手は付けず。

コース時間の確認のあとメニューを取りだし「オプションどうしますか」
と言ってもそのメニューには『オプション 確認してください』としか記されていない。

で、確認してみると衣装チェンジが1,000円、密着が多くなるのが2,000円、
鼠径部への施術が長くなるのが2,000円と・・・

ちょっと躊躇うも、「じゃ、全部」で会計。

釣銭持ってくると着替えの案内、そしてクローゼット開けて「衣装どれがいいですか?」
ナース服や色々な制服、チャイナなどなど迷う数の衣装が吊るしてあります。
その中からナースっぽいワンピースを選ぶと、「着替えておきますね」とシャワー室へ案内。

セラピストさん自らシャワー室に入りボディソープの案内をしてくれ一人に。
明るくてキレイなシャワー室でサッと浴びて、紙パンツを拡げると幾分小さめなTバック。
タオル巻いてドアを開けるとナース服姿のセラピストさんが手招き。

部屋に入ると照明が片隅のライトだけで暗い、
しかしかなりのミニというか後ろ姿はワカメちゃん。

ワクワクしながらマットに俯せになるとセラピストさんはシャワー室の片付けに。
すぐに戻ってくると全身タオルで覆い施術開始。

腰に跨ると背中をグリグリと揉み解し。
どこもコリ固まっている小生、セラピストさんも徐々に力が入ってきます。
指先に体重掛けての圧し揉み、結構な力ですがイタ気持ちイイぐあい、入念に圧してくれます。

足元に移動すると脹脛から圧し揉み、そして太ももから臀部へと手のひらでギュギュッ。

脚に掛かっているタオルを捲り、オイルに。

足首を膝で挟むと脹脛にオイルを拡げていきます。
横にはオイルウォーマーがありましたが温かさは感じず。

幾度となくオイルを手にしながら脹脛から太ももへと一気にオイルを拡げると
膝下をショートストロークでスリスリ。

脹脛に跨り、太ももから臀部をスリスリ、付け根は通らず臀部を撫でまわす感じ。

続いてカエル脚に。
股間に入り込み、曲げた脚を挟むとまずは臀部をナデナデ、そして腰から手を廻し鼠径部グリグリ。
その手を股に差し込むと紙パンツに沿って周辺スリスリ・サワサワ、
時折指先の腹で紙パンツの縁に沿ってクリックリッ・・・

入念に腰から股からと責めてくれます、
その動きにカガミをチラッと見るとすかさず目を合わせて笑みを返してくれます。

ここで臀部にタオルを敷いてその上に跨り腰から背中をモミモミ。
覆いかぶさるような密着はないものの跨っている姿をカガミ越しに見ると・・・モロです。

ここでホットタオル、休憩タイムかなと思っていたら失礼、
すぐにタオルを持ってきて背中から優しくオイルを拭き取ってくれます。

仰向けになると枕を外して膝枕。

オイルを手にデコルテスリスリしながら「乳首感じますか」
曖昧に「あぁ」と答えると指先で周辺輪を描くように・・・徐々に輪は狭まり乳首をクリクリ。

反応が薄いとみたのか、その手はヘソから下腹部へ。
それに合わせて目の前にはオッパイ、まずは片方ずつプニュプニュ、
両手とも鼠径部辺りに手が伸びると谷間にムニューっと・・・

指先のキワドサはイマイチもオッパイの感触は堪能できたところで足元へ。
ここもしっかり観賞タイム、立ち上がると裾を直すことなく、ゆっくりと足元へ。

すると足指がアソコに触れそうな位置に座ると膝下から膝上へと一気のロングストローク。
オイルを延ばしたところで膝下をスリスリ、ここでは触れるか触れないかでしたが、
膝上のトリートメントではストロークに合わせて腰が動き・・・嬉しい感触が足指に。

当ててきてるのか、と勘違いしたくなりそうな動きにドキドキ。
指先も太ももから付け根、さらにその上へと伸びてきます。

付け根から鼠径部へと手が伸びると嬉しい感触は足の甲から脛へと移ってきます。

股間に移動すると両手で内腿からスリスリと撫でまわし、徐々に付け根へ、そして・・・

鼠径部、というより紙パンツの縁あたりをサワサワ・サワサワ・サワサワ、となかなかの指使い。
両手の指先でまさにシルキータッチ、そして片方の手は乳首へ。

すると今度は太ももに跨り、下腹部から乳首へとクリクリ・サワサワ。
見上げるようにセラピストさんを見ると指先の動きを止め「気持ちイイですか」、
返事にならない「あぁ」にさらに動きは加速して・・・

最後に添い寝で「もうそろそろお時間です」とサワサワ。

シャワーの準備からすぐに戻ってきてシャワー室へ。
オイルはサッと流れて洗い残しの不快感はなし。

タオル巻いて片付け中の部屋に戻るとセラピストさんはシャワー室の片付けに。
すぐに戻ってきて雑談しながら着替え。

着替え終わってもお茶とオシボリは忘れ去られたようで・・・
それでも楽しく雑談は続き、頃合いを見て「じゃ」、
すると寄り添うようにセラピストさんも一緒に玄関へ、
ドアを開けると近隣への気遣い、小声で「ありがとうございました」

紙パンツ
Tバック(通常タイプより後ろは狭め)
kurosyo

所要時間
90分

独り言
それなりのお値段になりました、オプション次第でしょうが・・・
衣装オプションならもう少し見せる施術、照明、カガミなど工夫してほしいですね。

3
心澄み、甘く香る場所・・・って

最寄駅 
東京メトロ門前仲町駅
徒歩3分

訪問日 
2017年5月

訪問回数
初回

コース
sumi香コース

料金
100分19,000円(open特価、通常21,000円)
ホイップトリートメント2,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
1Kマンション

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
ナース服っぽい白ワンピ(お迎え)
白ベビードール(施術~お見送り)

施術
なんとなく雰囲気が良さそうなホームページにつられて電話すると男性スタッフが「はぃ」、
誰?という雰囲気に自ら「某サイト見たのですが」と切り出し会話スタート。

コース時間伝え、空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので即予約。
名前を伝えると2、3分前に駅出口から電話してほしいとのことで予約完了、
料金はホームページ通りなんでしょう・・・

3分前に指定の場所から電話すると、「はぃ」と様子を窺っているようなので
こちらから「予約している・・・」で場所を伝えると、すぐ近くの外観は微妙なマンション?
階段上がり、部屋のチャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがお迎え・・・

「あれっ??」

期待していたのはホームページのユニフォーム、なのにひざ丈くらいのナース服っぽいもの。
ホームページの良いイメージが・・・テンション下がりまくり。

ガッカリしているのを察したわけではないでしょうが、使い捨てスリッパ履かせてくれると
手を繋いで一緒に奥の部屋へ。

片隅の椅子の腰掛けるとお茶の準備へ。
部屋はホームページ彷彿させる内装、女の子の部屋って感じでイイです。

すぐに冷たいお茶がサイドテーブルに、
そして「これを・・・」と出してきたのが同意書、内容は確認せず署名。

続いてメニューを見せながらコースの確認、そしてオプションセールス。
セラピストさん曰く「ホイップは鼠径部周辺を長くやります」とのこと、
もちろん長くやって欲しいのでお願いして会計。

渡された貴重品袋に財布を入れると、
「どうぞ」と着衣のままシャワー室のほうへ手をひいて案内してくれます。

すると「こっち向いてください」とセラピストさんと正対、これはちょっと照れます。
そして、なんとシャツを脱がせてくれます、ボタン一つ一つ外して・・・これには思わずニヤニヤ。

脱がしてくれたシャツはハンガーに掛けてくれ、続いて・・・
もしかして、と一応「下は」と聞いてみましたが「ご自分で」とのことでした。
あとは一人で全裸になり、ちょっと狭いユニットに入り一人でサッと流します。

用意してある紙パンツは・・・トランクス、ですが既に袋から出されてスリットが入っています。
これも中々の開放感、いいですね。
片隅にノーマルTバックが置いてあったので、コースとかオプションによって違うのかも。

バスタオルは白、バスマットも白、洗濯大変だろうなと余計なお世話も新しいうちはイイですね、白。
そしてタオル巻いて、アコーディオンドアを開けると・・・

ここでも白

セラピストさん、色っぽい白のベビードールにお色直し。
ここでも短い距離ながら手を繋いで部屋まで。

タオルを渡し、マットへゴロンと俯せに。
セラピストさんはシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると足裏をアソコで抑えて脹脛に早速オイルスリスリ。
オイルウォーマーを使っており、オイルは手に馴染ませなくとも心地よい温度。
ホンワカ温かいオイルを脹脛から膝窩までソフトな圧でスリスリ。

脹脛に跨ると太ももから付け根へ、事故ることはないものの、
押しはしっかり、引きはソフトに・・・

太ももに跨ると付け根から臀部割れ目伝いサワサワ。
もちろん、スリットを捲り上げダイレクトにサワサワ。

腰横に移動すると股間に腕を差し入れ、付け根、割れ目、臀部へサワサワ・サワサワと繰り返し。
繰り返すごとに指先は深く入り込むので・・・

頭部に移動すると頭を挟むように座り、肩、背中をしっかり。
背骨伝いに伸びた指先はトランクスを潜り、尾骨までグイグイと。
上腕から手首へと流すときには後頭部へご挨拶、プニュ。

ここでカエル脚に。

股間に位置取ると曲げた脚を挟み、太ももスリスリ。
股間から腕をねじ込み鼠径部へグリグリ、トランクス捲り臀部サワサワ。

太ももに跨ると付け根を両手で抱えるようにグリグリ、さらに片手は鼠径部しっかり。

横から抱きつく態勢となりセラピストさんの顔が肩口に、すると耳元で息遣いが・・・
脚は太もも絡ませるようにスリスリ、手は肩から背中、そして内腿をサワサワ。

太ももに跨ると覆いかぶさるようにピタッと密着、
オッパイ押し付けながら首から肩、背中をスリスリ。

続いて片足の太ももに跨ると付け根を抱え込むように両手でグリグリ・スリスリ。

ここでホイップに。

・・・ホイップ作り・・・これが長い・・・長すぎ・・・
昔のホットタオル、思いだしました・・・当時はセラピストさんの休憩タイムと諦めていましたが。
それにしても長かった、計ったわけではないですが今までの最長・・・

漸く出来上がったホイップ、ですが普通です。
で、容器を横に置くと片足の太ももに跨り、トランクスの裾から、
さらに腰のゴム紐持ち上げて、と下から上からホイップを詰め込んでいきます。

数回掛けて詰め込むと紙パンツはこんもり。
そのこんもり膨れ上がった上から手のひらで優しく撫でると・・・
紙パンツの中に詰め込んだホイップが動き、イイ感じに。

股間に移動するしてまたまたホイップ詰め込むと、
指先は付け根から紙パンツの裾を潜り、紙パンツのゴムをグゥーっと背中の中ほどまで
引っ張り上げ、紙パンツが股に食い込むほどに。

ここで仰向けの声。

仰向けになると股間からホイップを詰め込み、詰め込みトランクス一杯に。
まずはトランクスの上からサワサワ、そして泡の中、鼠径部をグリグリ。

ここでまた「ホイップ作ってきます」
またか、と思いましたが先ほどまでの時間は掛からず、すぐに戻ってきて
脛に跨ると付け根を撫で撫で、指先は中のほうへと進み、会陰あたりをクリクリ。

頭部に移動するとしっかりデコルテ、そして乳首クリクリのあと腹部サワサワ。
なかなかプニュがこないので目を開けてみると目の前に谷間、
ペロっとできそうな距離に葛藤が・・・

迷っていると谷間越しに見えたセラピストさんの表情、
それは真剣そのもの、一所懸命トリートメント中・・・

すると、イイ子にしていたご褒美なのか、
グーっと伸ばした両手の指先がトランクスの中へ、そしてホイップをかき混ぜサワサワ。

続いて両腕をセラピストさんの両手でグゥーっと圧し揉み、と同時に顔面にムニュ・・・
そして左腕を両手で、するとオッパイスタンプがムニュ・ムニュ・・・さらに右腕もムニュ・ムニュ。

サッと立ち上がり移動するのでチャンスとばかり覗くと・・・チラッと拝めました、チラですが。

小生の腕を横に伸ばすとその間に入り、添い寝。
横から甘えるように抱きつく態勢は、ちょっと勘違いしそうに。

手はホイップまみれの内腿、鼠径部をサワサワ・スリスリ、そして乳首クリクリとポイントをしっかり。
このあたりからフェザータッチ多用してくるので期待感は倍増。

小生は肩越しにマワシを掴むような態勢、こちらもスリスリ試みますが・・・

するとアワアワになったトランクスの上に跨り、疑似ス〇タ。
最初は太ももあたりに跨っていたのが徐々に前へ、これには思わす腰をピクピクと・・・

この態勢からセラピストさんが抱き起してくれ、今度は疑似〇〇・・・
抱き合う態勢でコミュニケーションとってお時間。

すぐにシャワーの準備から戻ってくると一緒に手を繋いでシャワー室へ。
すると「お背中流しますね」

勝手に紙パンツ脱ぎ始めても何も言わないのでそのまま全裸に。
狭い中、椅子に腰掛けると使い捨てスポンジで背中ゴシゴシ、
オマケとばかりに前面、胸から腹部までゴシゴシしてくれ「あとはご自分で」

一人で今一度スポンジ泡立てホィップ洗い流し、バスタオルでしっかり拭き取り、
アコーディオンドアで仕切られた僅かなスペースで着替え。

着替え終わり、ドアを開けるとセラピストさんはまだベビードール姿、
部屋へ戻り、最初のままのぬるくなったお茶を啜り、一言二言。

「ありがとう」と声を掛け、玄関へ向かおうとするとセラピストさんが近づいてきて

「今日は楽しかった、またお待ちしてますネ」とギュッとハグ。

営業トークとわかっていても、これにはデレデレ。
ここでもしっかり手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
トランクス

所要時間
103分

独り言
ホームページと部屋、その間の受付にギャップありすぎ
ホィップは施術としては良いのですが・・・
「白」いいですね
裏返すといいお値段ですねぇ・・・
出勤安定するといいですね

2
2017年最初の訪問は・・・
現実世界を忘れられる場所に

最寄駅 
東京メトロ八丁堀駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
Mon Amieコース

料金
100分16,000円
指名料 無料(初回利用時指名料無料、通常1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
シャワールーム、洗面台あり

セラピスト
黒Tシャツ、黒フレアミニ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが応対、やや間を空けるも店名名乗らず、
こちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。
空き状況確認すると希望の時間が予約可能というので即予約。

指定時間に電話するとすぐそばのマンション。
オートロックを解除してもらい指定階へ上がると扉がガチャリ、
セラピストさんが手招きしてくれ中へ。

使い捨てスリッ突っ掛け、セラピストさんのお尻眺めながら奥の部屋へ。
「どうぞ」と言われたものの椅子も座布団もないのでそのまま突っ立ってると、
コートを掛けてくれ、自己紹介、コースの確認、会計と立ったまま。

すぐに釣銭持ってきてくれ着替えの案内。
サッと全裸になりタオル巻き終わるとセラピストさんから声が掛かり一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースにはストーブがありホットします。
バスマットは珪藻土、で、ちょっとひんやり、さらに浴室内の床が冷たい・・・
出してあるシャワーを足元に掛け、床を温めてからサッと洗い流し、
洗面台に置かれた紙パンツを穿きます。
サイドカット済のトランクスタイプ、このあとの展開にワクワクです。

暖簾越しに待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。
ここでオイルのチョイス、「無香、ラベンダー、それにパウダーありますが」に
無香をお願いしてマットに俯せになるとホンワカ暖か、寛げます。
すぐにタオルを掛けてくれシャワー室の片付けへ、
その間にカガミの見え具合を確認するも・・・利用価値なしにガックリ。

すぐに戻ってくると「室温は?力加減は?触れて欲しくない箇所は?」と確認が、
まとめて「大丈夫」と答えて施術開始。

足元に位置取り、脚に掛かったタオルを捲るとサイドカットしたトランクスの裾も捲り、
オイルを手にサァーっと延ばしていきます。
時折触れるスカートの裾にワクワクしたのは遠い昔、今ではこの距離感物足りないだけですが。

脚全体にオイルを拡げると脹脛をショートストロークでグリグリ、
適度な圧で入念なストロークは心持ち軽くなったような・・・

続いて膝上、太ももから臀部をスリスリも付け根はあっさり、
そのまま指先は割れ目にくると浅めにサワサワと数回往復。

足の甲をセラピストさんの膝に乗せて足裏をグリグリ。

カエル脚になると曲げた脚に跨り、最初は付け根沿いに手を差し込みグリグリも無事故、
が、引き抜くときに手の甲がガンガン、差し込むときの手も中によってきて・・・
腰から手を差し込むと鼠蹊部周辺をクリクリと優しくリンパ流してくれます。

背中のタオルを臀部に敷くとその上に跨り、腰から背中をしっかりとグリグリ。

ここで仰向けの声。
横に移動すると小生の手を取りビックリ膝の上、これには思わず勘違いしそう。
そのまま手はお腹まで引かれて指先は暴れてもお腹を撫でまわすくらいに、
これではいい子にしていたほうがとジッとしていることに。

セラピストさんの指先はデコルテをしっかりとリンパ流すもタマに乳首クリクリ。
下腹部はグリグリもあっさり、肩から腕も軽く揉み解して足元へ。

脚をグッと拡げられると股間に入り込み、トランクスの裾を捲り上げると
手のひらのオイルを撫でつけるように付け根周辺をスリスリ、
その手は徐々に鼠蹊部へ移動し、拡げた手のひらが優しく周辺を撫でまわします。
「の」の字を描くように手のひらで大きくスリスリと・・・

片手はトランクスの裾からスリスリ、もう一方は上から下腹部をスリスリ。
「元気ですねぇ」という言葉を投げ掛けられ、さらに元気になったような・・・
入念なスリスリを堪能するも時間が経つのは早く「ソロソロ」の声が。

クールダウンはフェイシャルらしく手を洗いホットタオルを用意に。
枕元に位置取り目を覆うようにタオルを置くとジンワリ目元が温かに、
暫くするとそのタオルでサッと顔を拭いてくれシャワーの準備へ。

すぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
足元冷たい中、サッと浴びて待機していたセラピストさんと部屋へ戻ります。

床に置かれたお茶を勧められましたが、まずは着替え。
片付けは済んでるようでセラピストさんはそのまま部屋に居てくれます。
どうせいてくれるなら着替え手伝ってくれればと思っていると、察したのか、
「手にオイルが付いてるからと手伝えなくてすいません・・・」
なんとなく納得したような気分になり一人着替え。

着替え終わるも再度お茶を勧められることはなく、手を付けずに玄関へ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
herbal1

所要時間
94分

独り言
新年最初の訪問は・・・
密着主流の中、距離感じますが昔はこんな感じだったような気も、期待してます。

↑このページのトップヘ