しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

六本木・麻布

2
2018年、想像を超える世界へTRIPしたい

最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2018年1月

訪問回数
初回

コース
U・G・T Courseコース

料金
90分19,000円(新人割引2,000円引、通常21,000円)
(さらにオープニングキャンペーン10分サービス、通常80分)
指名料1,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
バスローブ(お迎え~会計時、お見送り時)
白Tシャツに黒超タイトミニ

施術
新年メンズエステ初め、外したくないとエステサイトと睨めっこして決めたのがこちら。
早速、電話してみると男性スタッフが「ハイ」、こちらから「ホームページ見た」で会話スタート。

希望の時間とセラピストさんを伝え空き状況を確認すると予約可能というので
まずはコースの違いを訊いてみると・・・「衣装と施術の違い」との答え。
衣装は薄く、施術は濃くが大好きな小生、勝手に解釈して高いほうをお願いして予約。

すると予約1時間前に確認電話してほしいとのこと、
続けざまにそれがないとキャンセル扱い、との案内。
まぁ、ドタキャン対策の一つとして仕方ないのでしょうが、
先に料金とか場所とか10分サービスのこととか、あると思いますが・・・

1時間前に電話すると「はい」、予約している・・・で会話スタート。
駅出口の案内と「少し前」と電話する時間を案内されて終了。

言われた通り少し前、3分前に電話すると、ここも「ハイ」。
駅に着いた旨、話すと早速案内が・・・
わかりやすい場所で案内訊きながら歩くと3分ほどで到着。

するとよく聞き取れなかったのですが、割引してくれるとのこと、もちろん安くなるのは
大歓迎と「ハイハイ」と生返事。

オートロック解除してもらい部屋の前に。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすと・・・
バスローブ姿のセラピストさんがちょっとハニカミながらニコリとお出迎え。

スタスタと奥の部屋へと進み、椅子に腰掛けると早速飲み物の確認があり
冷たい飲み物をお願いするとすぐにお茶をテーブルに。

そしてコースの確認、と会計、オプションセールスはなし。

まずはシャワー、ということで着替えを促されサッと全裸に、
渡されたタオルを巻いて待機していると声が掛かり、シャワー室へ。

このタイプのユニットバス、どちらでシャワーを浴びるかいつも迷うのですが・・・
今回はシャワーヘッドがバスタブの中に向けられていたのでバスタブに入って浴びることに。

サッと浴びてシャワー室横のワゴンを見ると・・・
新年早々だからなのかお目出度い白とピンク、2種類の包みが並んでいる様子は紅白の蒲鉾??
迷った末、白の包みを拡げると白のノーマルバック。

透け具合にニヤニヤしながら部屋へ戻ると、
バスローブを脱いだセラピストさんを見て「??」
確かにエロいんですが・・・超ミニに白Tシャツ、好きなのですが何か違う気が。
そのセラピストさんはシャワーの片付けに。

すぐに戻ってくると膝でくるぶしを抑える態勢、感触はお預けのようで・・・
オイルウォーマーから手にしたオイルを脚に拡げるとヒヤッと、
残念ながらオイルは温まっていなかったようで・・・この冷たさに何も感じなかったとすれば残念。

ロングストロークで脹脛から一気に付け根、そして臀部まで伸びると
指先は割れ目を伝いながら足首へと、その繰り返しが数回。

腰に跨ると背中を優しく撫でてくれます、ここでも中腰なのか感触は・・・
もちろんカガミ越しには・・・ちょっと薄暗いですけど、ミエマス。

ここでカエル脚に。

曲げた脚をセラピストさん自らの足で挟みこむと太ももを抱え込むように腰から鼠経部へ、グッと。
続いて股間から手を差し込むと、指先を駆使して付け根をなぞるように・・・
それなりに周囲を巻き込んでの手の出し入れ、には、これからの展開にちょっと期待。

続いては四つん這いに。

股間に入り込むと腰を抱え込むようにして下腹部を撫でまわし、その手は徐々に下へ。
紙パンツ廻りを撫でまわすとその手は股間に。

袋脇から付け根伝いに鼠蹊部へ、指先で、手のひらでと撫であげるので・・・

ここで仰向けに。

足の甲を膝で挟んで膝上をスリスリ、太ももから付け根、さらにその先へと、
適度な事故を起こしながらも淡々と。

股間に移動すると紙パンツ廻りを集中的に撫でまわし、グルグル・グイグイ・クリクリ。
透け度がオイルで・・・と言っても自らは見えませんが。

続いては横から腹部ナデナデしながらちょっと添い寝。
セラピストさんを見ると捲れ上がったスカートは既に腹巻状態、ということは・・・モロです。

続いてタオルを股間に乗せその上にヒョコっと跨ると・・・
目の前には腹巻状態の下腹部が、イイ眺めです。
下腹部へのグラインドはないものの指先は乳首クリクリ、でお時間。

起き上がるとすぐにシャワーの準備へ。
もちろんここでもしっかりと目に焼き付けておきます。

すぐに「どうぞ」とシャワー室へ。
サッと洗い流してもオイル残りは気にならないほど。

身体拭いて部屋に戻るとセラピストさんはバスローブ姿に。

セラピストさんは入れ違いにシャワーの片付け、小生は一人着替え。
着替え終わったころにお迎え、一緒に玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック(白)他にピンク横スカ有
白ノーマル

所要時間
85分

独り言
出張併用店が増えてますね。
出張というとビジホのマッサージ、しかイメージがなくあまりいい想い出は。
どこがU・G・Tなのか分からなかったです、
セラピストさんの紹介文に・・・何事も学習です

2
心のこもったアロマトリートメントで・・・

最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩3分

訪問日 
2017年3月

訪問回数
初回

コース
ラグジュアリーコース

料金
90分17,000円(オープンキャンペーン1,000円割引、通常18,000円)
ディープリンパ2,000円(10分)
指名料 新規無料(通常1,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横、頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
黒ミニワンピ(送迎時)
ベビードール(施術時)

施術
電話すると男性スタッフが応対。「ホームページ見た」と切り出し、
時間を伝え、空き状況を確認すると希望の時間が取れるというので即予約。
コースを聞かれ、違いも聞かずに「ラグジュアリー」
料金の案内はなく場所の確認に「わかります」で予約完了。

ホームページ見ると5分前に電話、駅から徒歩1分とか徒歩2分と書いてあるので
駅から近いだろうと指定の場所から3分前に電話、するとすぐそばのマンション。

部屋の前でドキドキしながらチャイムを押すと・・・
ガサガサと扉の向こうから聞こえるも中々出てこない、
もう一度押そうか迷っているところでドアノブが「ガチャ」、セラピストさんがお出迎え。

目に入ったのは超が付くミニワンピ、
スリッパ用意する一つ一つの所作の合間に裾を直す仕草が・・・

スリッパ突っ掛けるとセラピストさんが小生の手を握って部屋まで案内してくれます。
これはいいのですが・・・踏み入れた仕切りが全てカーテン。
ミニワンピにワクワクしたのも束の間、イヤーな予感・・・

薄暗いカーテンの間を進むとソファが置かれた受付スペース?
その前の部屋の引き戸が開いておりマットが敷かれています。

ソファに腰掛けるとすぐに飲み物、温かいお茶か冷たいお茶の選択。
冷たいお茶を頼むと仕切りのカーテン捲りお茶の準備へ。
するとどこからかカーテン越しにヒソヒソと話し声が・・・

暫し間があってお茶とオシボリが運ばれてきてサイドテーブルへ。
セラピストさんはソファの前に跪き、コース・時間の確認、そしてオプションセールス。
「ディープリンパ」は鼠経部を長く施術するとのことで10分だけお願いします。

そして「コスチュームはこれ(ハンガーに吊るしてある向こう側が見えそうなベビードール)と
水着(上下セパレート)どちらにします」との問いが・・・
そういえばホームページに書かれていたなと思いながら、迷った末、目の前のベビードールに。

さらに確認は続き「足湯はどうしますか?」
無駄に時間掛かりそうなのでこれはパスして会計。

ここでもヒソヒソとどこからか聞こえてその声が途切れると
セラピストさんがカーテン開けて「お待たせしました」と釣銭を。

すぐに着替えの案内があり、自らハンガーに掛けカゴに放り投げて準備完了、
貴重品袋持ったところでセラピストさんから声が掛かり手を繋いでシャワー室へ。

キレイな脱衣スペースとバスルーム、もちろんお湯が出ていてホッとします。
サッと浴びて棚にある紙パンツは横スカとブリーフの2種類。
手にしたのはもちろん横スカ、何とも言えぬ爽快感、イイですね。

タオル巻いて扉開けると谷間露わなコスチュームに着替えたセラピストさんが・・・
ですが廊下は薄暗く、透け具合はイマイチにはちょっと残念。
タオルはソファへ、貴重品袋は横の衣類カゴに入れてマットへ。

マットに俯せになるとセラピストさんはシャワーの片付けに。

薄暗い室内には大きなカガミが頭部と横に、
マットからも見えやすくこれなら楽しみとワクワクしていると、
すぐに戻ってきて引き戸は閉めてくれますが、衣類カゴは引き戸の向こう・・・

さらに薄暗くなった室内、横に座ると「お部屋寒くないですか?」と気遣い。
小生「大丈夫」で施術スタート。

セラピストさんは何も掛けずに太もも辺りに跨り、腰からグイグイ。
力強く圧迫なら良いのですが擦ろうとするのでちょっと痛い、その手は背骨沿いに肩甲骨へ。

するとそのまま覆いかぶさり密着、ピタッと乗られると感触より重さのほうが・・・
その態勢のまま肩をモミモミ。

チラッとカガミを見るとシルエットしか見えず、これならもう一つのコスチュームのほうがと後悔。

立ち上がると向きを変え、腰に跨りハムストリングを力強くグゥーっと。
続いて脹脛も腰が上がるほど体重掛けてギュー。

これはチャンスとカガミ見ると薄暗い中お尻が・・・
太ももに抱きつくように密着して足裏までグイグイ。

ここでオイルに。
オイルウォーマーは今や定番となりつつあるタイプとは異なり保温トレーのようなタイプ、
オイル容器も透明なポットでタップリオイル施術向きのウォーマー。

横に位置取り、そのポットから直接背中にタラタラタラ・・・
熱過ぎず心地よいオイルの温かさが背中全体に拡がっていきます。
太ももにもポットから垂らすと脚全体に拡げ、太ももに跨ります。

腰から背中をグイグイ、ストロークはオイル無しも有りもあまり変わらない・・・
そしてここでもピタッと覆いかぶさり、肩をグリグリ。

向きを変えて腰に跨るとオイルタラタラ、そして太ももグイグイ、脹脛グイグイ。
水溶性なので仕方ないのか厚みがなくタップリ感ないのは残念。

抱きついてきて足裏をグリグリ。

太ももに跨るとセラピストさんは足指を股間に。
後ろ向き、さらに室内も暗いので「当たっちゃった」演出なのかも、しかし触れる程度・・・
そのまま膝を曲げてのストレッチ、合わせて脹脛グリグリ。

足元に移動すると踵にアソコを乗せるようにして脹脛スリスリ、
脹脛に跨ると太ももから付け根、さらにしっかり付け根とグリグリ。

カエル脚になると外側から曲げた脚を挟み、手は臀部撫でまわし腰から鼠蹊部へ、
脚は膝で腿を擦るようにスリスリ、親指はかなりインを攻めてきます。

股間に移動して曲げた脚を挟み直すと出来た隙間から腕をねじ込みスリスリ、も安全運転。

仰向けになると頭部からオッパイスタンプ、目の前には白い谷間が・・・
プニュプニュっと片方づつ、また谷間にといろんな角度から楽しませてくれます。

指先はデコルテから腹部へとスリスリ、スリスリも小生の気持ちを忖度してくれず・・・

腹部に跨ると太ももからスリスリ、脛は腿に抱きつきながらスリスリ。
カガミ越しにしっかり見えますが・・・

愚息はお腹で圧迫され身動き取れなくなっています。

横に移動すると腹部から腿に掛けてオイルタラタラ、イイ温度です。
腹部をサッと撫でると腰を浮かせて太ももから足首へロングストローク、
手の届くところに露わな白い肌が・・・
見せるプレイにしては暗過ぎるのですがじっくり鑑賞できます。

足元に移動すると足首辺りに跨り、太ももから付け根へスリスリ・スリスリ、
微妙なところへ届きそうで届かない、ですが焦らしプレイではないようで・・・

すると「これからディープリンパさせていただきます」
これはご丁寧、まぁ当然なのでしょうがイイですね。

股間に入り込み、ポットから下腹部へタラタラと温かオイルが。
そのオイルがマットに流れないようにセラピストさんは優しく拡げてくれます。
サワサワと下腹部から内腿へ、撫でまわすようにニュルニュルと・・・

ポットをトレーに戻すと両手で鼠蹊部から内腿、下腹部をニュルニュル・サワサワ。
紙パンツの縁を指先で撫でるのですが・・・
ディープに反してシャローリンパとでもいうのでしょうか、もう一歩がこない。

ここまでくると「これから」は期待できないので、もう次の候補店探し。
すると「お時間になります」

あまりに反応なかったので早めの切り上げか、
さすがに10分は経ってないなと思いながら「ありがとう」

セラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
水溶性にもいろいろあるようでちょっと落ちにくいようで・・・

サッと浴びて部屋というかソファへ戻り、一人着替え。
着替え終わるとカーテン開きセラピストさんがお迎え、そのまま「どうぞ」と玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック
yokosukakon

所要時間
86分

独り言
オイルウォーマーは良いですね、最初から最後まで安定した温かさ、ホッとします
何故かステーキ食べたくなりました

2
極上のメンズエステ、男性の為のマッサージって

最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2017年2月

訪問回数
初回

コース
インペリアルコース

料金
90分14,000円(オープン記念全コース4,000円割引、通常18,000円)
スィートストレッチ1,000円
ディープリンパ1,000円
指名なし(指名料記載なし)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約、メール予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
シンプルなバスルーム

セラピスト
白Tシャツ、黒フレアミニ

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので90分で予約。
コースを問われ「インペリアル」とお願いすると料金を教えてくれます。
交通手段の確認があり、指定の場所から電話するよう案内があり予約完了も
電話する時間が予約時間と一緒なのにはちょっと不安。

指定の場所から少し早く3分前に電話すると聞いたことある薬屋の傍まで来たら
もう一度電話してほしいとのこと、おそらくあのマンションだなと推測して指定の場所へ。
早足で3分、息を整えてから電話すると思った通りあのマンション。

部屋の前まで着いても思わず「ああ」
チャイムを鳴らすとやや間があってドアが開きセラピストさんが笑顔で「いらっしゃいませ」

靴を脱いでそのままセラピストさんの後ろをスタスタ、左右どちらにいくかワクワクドキドキ。
そんなことは知るはずもなくセラピストさんは左へ、小生はちょっとガッカリ。

部屋は暖房が強めで暖か、これは有難いです。
片隅の椅子に腰掛けるとセラピストさんは部屋の外へ。
部屋の外でスタッフさんと話しているのか笑い声も・・・

なかなか戻ってこないので室内観察、サイドテーブル下にはゴミ箱、
棚にはおしぼりウォーマーとティッシュ、さらにマットは小さいもののたっぷりオイル対応シーツ、
そしてオイルウォーマー、これらを眺めながらニヤニヤしていると
セラピストさんがお茶を持って登場。

冷たいお茶を一口啜ると自己紹介があり、コースの確認、そしてオプションセールス。
スィートストレッチは密着が多くなる、
ディープリンパは鼠蹊部周辺への施術時間が長くなるとのこと、
やたらコース時間内の施術です、を強調していましたが・・・
両方ともお願いするとニッコリして「ありがとうございます」と会計。

すぐに釣銭持ってきてくれ、さらっと着替えの案内して部屋の外で待機。
サッと脱いで案内されたバスローブ着て準備完了、が、周囲を見渡しても貴重品袋がない。
仕方なくそのまま財布とスマホ持って扉を開けると、
セラピストさんが待機していて一緒にシャワー室へ、と言ってもすぐ横ですが・・・

紙パンツはブリーフとTバックの2種類のどちらかお好きな方を、と案内があり一人に。
脱衣スペースには立派なオイルヒーターも、残念ながらついておらずバスローブを掛ける置物。

寒いなと思いながら浴室に入ると、お湯は出ておらず自らハンドル廻すことに。
これが中々熱くにならない、ようやくお湯になったので
浴槽の片隅に置かれたソープのポンプを押すとスカッスカッ・・・
全身軽くシャワーで流してTバック穿いてバスローブは手に持ちドアを開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

マットに寝転ぶとその上に湿ったタオルを掛けてくれ施術スタート。
足横に位置取り脹脛から太ももへと揉み解し、膝を曲げてのストレッチ。
太もも辺りに跨ると腰から背中をグリグリ。
タオル越しながら臀部に当たる感触に勝手な妄想してこれからの展開にワクワク。

足元に移動すると片足にかかっているタオルを捲り、
オイルウォーマーから手にした温かいオイルを脹脛からショートストロークでスリスリ。
足横から施術しているらしく小生の足にセラピストさんの膝あたりが触れたり触れなかったり・・・

圧の強弱も早さも範囲も同じようなストロークでスリスリ・スリスリ・スリスリ。
適度な心地よい圧ではなく手のひらで撫でるだけ、
確かに触れられている心地よさはありましたが・・・
そしてその指先は付け根の手前でUターン。

あまりにも単調なのでセラピストさんにスタンダードとインペリアルの違いを問うと
密着が多くなったりとか鼠蹊部周辺への施術が長くなるとのこと。
衣装は変わらず、スタンダードでもオプションが頼めるってことは・・・
まさかコース名と料金だけが違う、なんてことはないはずと思い、これからの施術に期待。

膝を曲げると足の甲をオッパイではなく肩で支えて足裏から脹脛をスリスリ、
さらに膝を深く曲げるようにしてハムストリングをスリスリ。

続いて片足を付け根から持ち上げると脛をセラピストさんの膝に乗せ、エビぞるような態勢に。
できた隙間に手を差し込み、事故らないよう慎重に指先を付け根手前まで、
付け根付近をなぞるようなことはなく、腿から付け根手前の繰り返し。
もしかして鼠蹊部や股関節の位置勘違いしてる??

太もも辺りに跨り、背骨沿いを撫でるようにスリスリ。
臀部に全神経を集中させ感触を楽しもうとするもタオルが厚く・・・

集中力も切れ諦めたところに「仰向け」の声。

頭部に位置取り鎖骨周辺を撫でるとそのまま指はへそあたりへ、
しかしその先までは進まず、オッパイスタンプも押してもらえず。

そのままの位置で手を取り、手のひらから腕を軽くモミモミ。
指を絡ませながらのモミモミはちょっと勘違いしそうに・・・

足元へ移動すると膝下から太ももをスリスリ。

膝を立てると足首あたりを膝で挟むようにして脹脛から内腿をナデナデ。
この日一番の至近距離に足指を少し動かしてみるも空を切るだけ・・・見事な距離感です。

立てた膝を外側に拡げカエル脚の態勢になると横から内腿から付け根に、
まるでDJがターンテーブルを操るように、
もちろんあれほど速さがあるわけでもリズムの変化があるわけでもないですが・・・
事故ることがないようゆっくりと指先は付け根手前まで進み、そこへ留まることなくUターン。

股間に位置どるとここで漸く付け根手前をなぞるようにスリスリ、があくまでも手前止まり。

ここで、お時間の声。

ホットタオルで軽く拭いてもらいシャワー室へ。
当然ヒーターは付いておらずお湯になるまで暫し時間が。
ソープは補充されていないようなので長めのシャワーでオイル流して
扉を開けるとセラピストさんが部屋のドアを開けてくれ「どうぞ」
続いて「お待ちしてます」と部屋の外で待機。

一人虚しく着替えて、ドアを開けるとセラピストさんが部屋へ入ってくることなく「どうぞ」と玄関へ。

紙パンツ
Tバック
firstclass

所要時間
95分

独り言
ホームページ見ると密着の文字も鼠蹊部の文字も見当たらないので仕方ないかと、
しかしオプション説明にはやたらと「お尻」が強調してありましたが施術された記憶が・・・
新しい店なので是非至極のマッサージ、キワめて欲しいですね。

3
『トキメキ×まごころ×温もり』=???

最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
100分コース

料金
100分15,000円(某サイト見たで新規1,000円割引、通常16,000円)
プレミアムオイル 某サイト見たで無料(通常1,000円)
衣装チェンジ1,000円(店頭メニュー)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
黒ミニワンピ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
ベビードール(施術~お見送り時、色違い、他あり)

施術
電話すると男性スタッフが店名、担当者名を名乗り応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので予約。
コースの確認、担当セラピストさん、料金、さらに場所・電話する時間と丁寧に案内してくれます。
気になったのは施術時間の案内で100分コースだとシャワーで前後15分、
実質60~70分くらいの施術になるとのことですが、さて・・・

案内の通り、予約時間の5分前に指定の場所から電話するとすぐ近く、見覚えのあるマンション。
オートロック解除してもらい指定階へ、
ワクワクしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリとお出迎え。
ピチッとしたワンピース姿、視線はざっくり空いた胸元へ・・・

清潔感ある白のスリッパ突っ掛けると
セラピストさんは小生の手を取り指先がオッパイに触れる位置へ。
ビックリもそのまま手をひかれ奥の部屋へ。

コートとマフラーと預け、チェアマッサージでもあるのかと思わせるようなソファに腰掛けます。
自己紹介があり、メニューを見せられコーヒーを注文すると
どこからかエスプレッソマシンらしき音が聞こえ、すぐにコーヒーとオシボリが。

冷えた身体を温めるようにコーヒーを口にしながらコースの確認、
そしてメニューを見ながらプレミアムオイル(ホホバかスクワラン)の選択、
その横には衣装の写真が数種類・・・
ここですかさず衣装チェンジのオプションセールスが、
ベビードールとホルダーネックのワンピ、それぞれ2色の中から赤のベビードール選択、
料金を聞くと「1,000円になります」に少しホッとして会計。

着替えを促され、脱ぎ始めるもセラピストさんは跪いたまま・・・
サポートありらしく、脱いだ衣類を全て丁寧に畳んでくれ衣類カゴに収めてくれます。

バスタオルを腰に巻き付けてくれると手をひいてくれ一緒にシャワー室へ。
キレイにしてますが狭いユニットバス、タオルをセラピストさんに渡してドアを閉めようとすると、
「バスタブに入ってください」と一緒にシャワー室へ・・・

バスタブの縁に腰掛けるとこだわりの一つ、マルセイユ石鹸を泡立て背中全体に拡げアワアワ、
背後から抱きつくように前面もアワアワ、にもしやと思いましたが「あとはご自分で」と外へ。
これならシャワー15分というのも納得と思いながら下半身は自分でゴシゴシ。

サッパリして浴室の扉を開けるとセラピストさんがベビードール姿でお迎え、
露わな谷間に視線は釘づけも・・・それを遮るかのように顔から優しく拭いてくれます。
後ろ向きになると背中から臀部、脚まで、古き良きオペレーション思いだしニヤニヤ。
ただ脱衣スペースはなく、廊下なのでちょっと寒い・・・そしてマットは珪藻土。

それを補うかのようにしっかりと手を握り、暖かい部屋まで。
舐め廻すように全身見ましたが残念ながら透け具合は・・・

バスタオル巻いたままマットまできたのでもしやノーパン?と期待したのですが、
ここでセラピストさんから「紙パンツは・・・」とトランクスかビキニタイプの選択、
訊くとトランクスはサイドカットしたものとのことでそちらを着用することに。

マットに俯せになると全身タオルで覆われるとシャワー室の片付けへ、
カガミの位置を確認すると位置も角度も悪く、さらに胸当てマクラ+顔マクラで見にくくしてます。
衣装オプションあるならそのあたりは工夫が・・・

すぐに戻ってくると首、両脚アキレス腱にカイロのようなものが置かれ、ほんわか温かで気持ちいい。
そして施術、まずは太ももに跨ると腰から背中を入念にグリグリ、
気持ちイイですがタオル越しの感触を楽しもうと全神経は臀部に。

横に位置取り太ももから臀部をグリグリ、太ももに逆向きに跨ると膝を曲げ足裏をオッパイでモミモミ。
プニュプニュした感触を堪能したところでオイルに。

枕を取り、顔をセラピストさんの膝に埋めようとすると、違う、感触が違う、ストッキング穿いてる・・・
テンション下がるも仕方なく微妙なザワザワした感触に顔を埋めると
手に取った1回のオイルで背中全体に延ばしていきます。
延びの割にサラッとした感触、イイですね。

指先は肩甲骨から背骨伝いに腰、そして紙パンツをずらすように臀部までスリスリ。
腕を横に伸ばすと背中に頬ずりするようにしながら肩から上腕をスリスリ、
後頭部から肩にはムニュっとした感触が・・・

横に位置取り脇腹を揉みだすように。
じっくりと揉みだしてもらったのでウエストが2,3㎝は減ったような・・・

足元に移動すると足裏にオマタで抑えて脹脛からスリスリも足指の感触はイマイチ。
指先は脹脛から太もも、そして紙パンツを捲り臀部へと圧し流し、割れ目を伝って太もも、脹脛へ。

カエル脚になると曲げた脚を挟み、腕が入りやすいように隙間を作るとそこに手を差し込み
付け根を指先でなぞるように、引き抜くときも事故ることがないように、慎重にゆっくりと。

ここで仰向けの声。

枕を外して膝枕に。
胸にオイルを延ばすとデコルテから乳首クリクリ。
腹部から引き際に乳首、下腹部へと延ばすときも乳首をさり気なく刺激し通過していきます。

両手が下腹部へ伸びるとその指先はトランクスの・・・、
と同時顔面にはオッパイスタンプ、片乳で数回、谷間で数回とリズミカルにプニュプニュ、プニュー・・・

オッパイが離れたときに目を開けると目が合いドキッ、セラピストさんはニコッ。
そしてさらに押しつけるようにしたので・・・シャブリつきたくなる衝動を堪えるのに必死。

横に移動すると手を取り、腕をトリートメント、たまに指先は乳首へ。

足元に移動すると膝下を軽く流すと膝を立て、足の甲に跨り脹脛をグリグリ。
膝頭から太もも、付け根へスリスリも勢い余って事故多発。

膝を伸ばし、その上に跨るとトランクスのカットした裾を捲り、内腿から一気に鼠蹊部まで。
鼠蹊部に留まると多めのオイルを手に横スカよりスカスカになった紙パンツを弄ぶように・・・

意図したわけではないでしょうがトランクスの裾で見えにくくなった鼠蹊部への施術は・・・
裏拳での攻撃や袋へのサワサワを織り交ぜた施術は時間が経つのが早いようで、
もう少しと思ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくると一緒にシャワー室へ。
バスタブの縁に腰掛けると泡立てた石鹸で背中のオイルを手のひらで優しく流してくれます。
その手は抱きつくように乳首周辺を撫でるように、また石鹸を泡立て腹部から付け根あたりまで。
思わず振り返り、「前も」と言いたかったのですが・・・
セラピストさんは「あとはご自分で」とシャワー室の外へ。

垢すりタオルは浴室にあるものの使い捨てスポンジはないので、
石鹸を手に擦りつけながら泡立てようとしましたがオイルが付いているせいか泡立ちはイマイチ、
仕方なく直接身体に石鹸を擦りつけ洗うことに・・・
オイルは落ちきらなかったものの不快感はなく、そのままドアを開けると
すぐにセラピストさんがタオルを持ってお迎え。

ちょっと寒いマットの上で丁寧に拭いてもらい、一緒に部屋へ。
ソファの前に跪くと衣類カゴからパンツから靴下まで手渡してくれ着替え。
着替え終わりソファに腰掛けるとメニューを見せられミネラルウォーター選び。
硬度の異なる数種類のミネラルウォーターを用意しているようでその中の一つを選ぶと
すぐに常温のペットボトルが・・・飲みやすく一安心、

するとセラピストさんから会員登録の案内が・・・
来店ごとに1ポイント、何ポイントからか割引があるとのこと、
早速登録をお願いするとサイドテーブルのタブレット端末でセラピストさんが入力してくれます。
その間にミネラルウォーターグビグビ、入力終了し終えたところで手を繋いで玄関まで。

靴べらは遠慮してドアノブを押そうとしたところで「あっ」と呼び止められ、
振り向くとハグが・・・なかなかやりますな、と思いながらもついニヤニヤ。
ドアが閉まるまでお見送り、時計を見てさらにビックリ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
herbal1

所要時間
110分

独り言
密着、オイルたっぷり、露出度高めではないですが・・・
電話応対も含め好感持てる接客でした
施術はノーマルですが施術以外はヨカッタですね
シャワー室廻りはチョット・・・

2
オッパイこぼれそうな衣装にそそられて・・・

最寄駅 
東京メトロ六本木駅
徒歩8分

訪問日 
2016年9月

訪問回数
初回

コース
DEEP AROMA COURSE

料金
90分16,000円(初回来店時、LINE@登録で2,000円割引、通常18,000円)
指名 なし(ネット指名1,000円、本指名2,000円)
コスチューム2,000円
オイルプラス2,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション ワンルームタイプ

施術室
8畳ほど

施術台
低めのダブルサイズベット

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
ノースリーブ花柄ワンピ(お迎え時)
ノースリーブ紺(施術時オプション無し)
ベビードール(コスチュームオプション有)

施術
電話すると男性スタッフが「はい」と応対、
仕方なくこちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。

希望の時間を伝えて空き状況確認すると予約可能と言うので即予約。
5分前に指定の場所から再度電話とのとこで予約完了。

指定場所から電話するとすぐそばのマンション、
入るとちょっと戸惑いますが、エレベーターで指定階へ。

通路も薄暗く、ドアに近づいて部屋番号確認しながら指定の部屋へ。
チャイムを押すと、なかなか出てこない・・・
間違えていないかもう一度部屋番号見直しているところでガチャガチャとドアを開ける音。

中からセラピストさんがニコリと「いらっしゃいませ」

スリッパ突っ掛け、中に入るとシンプルなワンルームでキレイにしています。
大きめのライティングデスクにベンチイス、そしてベット、カガミがないのはチョイ残念。

机を背にしてイスに腰掛けると、冷蔵庫開けて「何にします」とセラピストさん。
数種類の中から「おーいお茶」をお願いして、オシボリと一緒に机の上に。

手渡してくれた冷たいオシボリで手を拭いてお茶を啜ると、コースの確認、
そしてオプションセールスに。

オイルプラスは冷蔵庫の上に置かれたオイルウォーマー指して
「あれで温めたオイル使って鼠蹊部中心に通常より長くやります」。
コスチュームはロゴ入りワンピとベビードールをベットに置いて
「オプションだとベビードールで・・・」。

もちろん両方お願いして、某サイトで見たLINE割引お願いするとやりとりして確認・・・
確認取れたようで割引してもらい会計、同時に着替えを促されます。

全裸になりタオル巻いて準備完了、声を掛けると扉が開いてシャワー室へ。
狭いですがキレイなバスルーム、脱衣スペースもトイレ一体ですがキレイです。

ソープ類は床に置いてあり、バスタブスペースは勿体ないような・・・
サッと浴びて紙パンツ穿いてみると通常タイプより幅狭タイプ、
これにはいつもよりテンション上がります。

タオル巻いて部屋へ戻ると、セラピストさんも着替え完了。
ベビードール姿見てニヤニヤも、ロゴ入りのワンピ姿も見たかったなぁとチョイ複雑。

俯せになり、枕を抱えてポジション決めていると、「仰向けになってください」
コスチューム見れると喜んで仰向けに。
膝を曲げ、プニュっとオッパイを足裏に圧しつけ、グィーグィーっとストレッチ。

立ったままベットに上がるとそのまま顔面を跨ぎ仁王立ち。
そのまま小生の両腕を握り、グィーっと引っ張り上げ、ストレッチ。
見上げると目の前にはバッチリと・・・
折角だからとガン見していると見降ろしているセラピストさんと目が合い、
思わず目をそらしてしまいます。

俯せになると全身タオルで覆い、太ももに跨ると腰から背中をしっかりとグリグリ。
逆向きになり、臀部に跨ると片足を曲げエビぞりにすると足裏をオッパイに当ててプニュプニュ。

紙パンツを少しズリ下ろし、その紐にタオルを止めるようにして脚に掛けると太ももに跨り、
オイルを背中全体に延ばすようにスリスリ、力強さはなく撫でている感じ。
腰から肩甲骨あたりまで指先で背骨を挟むようにして、今度は力強くグイグイと。

オイルはウォーマーに入っているものの温かさはなし、使用量は少なめ、これでオイルプラス・・・

ベットから降り、横から腰、背中と左右両側から強めにグゥーっと延ばしていきます。
カガミはないのですが、ふと横を見ると目の前にベビードールから伸びる脚が・・・
その上は見えそうで見えないのですが、なかなかの眺めです。

足元に移ると足裏をオイルでクリクリ。
膝あたりで足首を挟むと脹脛から太ももをスリスリ。
太ももから付け根、とくに付け根はしっかりと・・・臀部はナデナデ。

カエル脚になると伸ばしている足に跨り、股間から・・・
中指の腹で付け根をなぞり、そのまま鼠蹊部へ。

手のひらが隠れるくらいまで股間に差し込むとそこで留まり、中指をクリクリ。
手を引き抜くとき意図的ではないのでしょうが、手の甲がアチコチ当たりまくり・・・

期待が高まったところで仰向けに・・・
ベビードール姿が見やすいようにか、横から腹部をスリスリ、サワサワ、たまに乳首クリクリ。

股間に位置取ると両手で内腿を擦り、そのまま紙パンツの縁をスリスリ。
内腿サワサワ、鼠蹊部グリグリ、紙パンツ縁をスリスリと数回繰り返し、ここでも乳首へ。

オイルを少し手にすると、鼠蹊部というか紙パンツ廻りへの集中攻撃が・・・
オイルの使用量を増やすのではなく、もう一手が追加されるのがオイルプラスなのか、
なんて勝手に解釈、納得。その間も攻撃の手は休まることはなく・・・

心地よさはいつまでも続かず、「そろそろシャワーの時間です」。

シャワーの準備ができるとシャワー室へ。
一人でサッとシャワー浴び、タオル巻いて部屋へ。
セラピストさんは部屋で片付け、ベビードール姿を眺めながら一人で着替えてお茶を一口。

暫し雑談して、玄関へ。

紙パンツ
Tバック(通常より幅狭)
dejavu

所要時間
93分

独り言
彼の部屋でってコンセプトはちょっと・・・
オイル多めでもなければ密着でもないようです、どこまでが店のスタイルかわかりません
ネット指名料有るので、もう少しセラピストさん情報あればありがたいのですが
裏返したい気も、他のセラピストさんに入ってみたい気もしますが、小生にはちょっと高いかなぁ・・・

↑このページのトップヘ