しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

飯田橋

1
GORAKUで極楽に
  
最寄駅 
東京メトロ四谷三丁目駅
徒歩1分

訪問日 
2019年2月

訪問回数
初回

コース
濃厚VIPコース

料金
90分15,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常16,000円)
衣装チェンジ3,000円
指名なし(写真指名無料、本指名1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
色々なところが目に付くバスルーム

セラピスト
黒ワンピース(お迎え~シャワー)
白ベビードール(施術時)
バスローブ(シャワー~お見送り)

施術
電話すると「はい」、一時期こういうの減っていたんですが・・・また多くなってます。面倒くさいのでこちらから「某サイト見た」と空き状況を確認。希望の時間で予約可能と言うのでお願いすると場所の案内が、駅出口から予約開始時間に電話してください、とのこと・・・そこから時間スタートするのかと思いながらも、「はい」と返事して予約完了。当然料金の案内もコースの確認もナシ。

時間丁度に電話すると、なかなかでない・・・電話切ろうかと思ったところで「はい」、ここでもこちらから「予約している・・・」で会話スタート。電話している場所を伝えるとそこからスグそばらしく、部屋番号教えてもらいマンションへ。

オートロックを解除してもらい指定階で降りるとドアの並びはワンルームのそれ。その中の一つのチャイムを鳴らすと・・・すぐにドアが開きセラピストさんがお出迎え。

ホームページの衣装が好みなのにお迎えは黒ワンピ、これにはちょっと残念。そして鼻につく匂いが・・・お香なのでしょうがちょっと強すぎ。

スリッパはなく、そのまま奥に進むとマットが敷かれた薄暗い部屋が、そしてお香らしき匂いは部屋中にも。

片隅の椅子に腰掛けるとセラピストさんがスマホで料金案内。その案内に「ん?!」発音がちょっと・・・案内がすすむにつれ、「ああぁ・・・」久々にやってしまった感・・・。

ハシゴ先どうしようと考えながら案内を聞いていると、濃厚VIPのところで「こちらのコースには・・・」これには思わずニンマリ。「ホォーそういうことね」と勝手に一人納得、もちろんこちらも望むところとそのコースで「お願いします」。すると「衣装が」とオプションセールスに、「そうそう」訪問を決めたのはツイッターの画像から・・・カテゴリー違いと判れば尚更必須、料金は「3,000円」とまぁ想定の範囲内、これも即お願いして会計。

釣銭はすぐに持ってきてくれるも飲み物はナシ、タオルを横に置かれ、着替えを促されてセラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐに衣類を椅子に脱ぎ置きタオルを巻いて準備完了、そこにセラピストさんから声が掛かりシャワーへ。

洗面台にタオルを置いて一人浴室に。
明るいのですが壁面カビなのかまだら模様が所々に、そして排水口には毛が、シャワーヘッドも・・・サッと浴びて身体を拭き洗面台を見ると・・・ない。これは勝手にそういうことかと察して・・・タオルを片手にブラブラと爽快に部屋へ。

セラピストさんは最初のまま、着替えていない・・・
「俯せに」と案内されたのでマットに横になるとセラピストさんは着替えに。暫くすると白のベビードール姿のセラピストさんが、暗過ぎでスケ具合はイマイチ。仰向けでのお楽しみと枕抱え態勢整えるとそこにタオルを、全身覆われます。

この時点ではテンション下がりまくり・・・ただ経験則で施術は上手い人が多いのでそこに期待。

腰を跨ぎ膝立ちのまま背中をグイグイを圧し揉み。心地よい圧に思わず声が「ウウッ」。

足元に移動すると脹脛、足裏と軽くモミモミ。足横に移動すると横から遠いほうの足の内ももをグイグイ・・・どのような態勢でやっているのかとカガミを見ると・・・穿くのも見るのも大好き白T、オプション付けて良かったと・・・白い肌のお尻もバッチリ。

頭部に移動するとタオルを下半身にだけ掛け、パウダーらしきもので背中をサワサワ、肩甲骨から背骨沿いに腰まで・・・頭にはベビードールの裾が触れ、横を見るとセラピストさんの太ももが・・・顔を上に向けたら、と想像膨らませウキウキ。

足元に移動すると股間に位置取り、パウダーで脹脛をサワサワ、太ももにもサワサワ、行きは手のひらで皮膚に触れたり体毛に触れたり触れなかったりサァーっと脹脛から臀部まで、戻りは割れ目から付け根を指の腹でサッと掠め、太ももからは手のひらでサァーっと心地よいタッチ、ただのクスグリでないのは〇。

ここで掛けていたタオルを全部取りオイルに。

股間に位置取ると手にしたオイルを脹脛にサァーっと拡げスリスリ。続いてグッと膝を股間に詰め、太ももにオイルを拡げスリスリ、ここでは付け根までは届かず安全運転。

ここで小生の膝をもってカエル脚に。

慎重に股間に指先を差し入れ付け根沿いにスゥーっと進み鼠蹊部をスリスリ、腰から手をねじ込み鼠蹊部をスリスリ、動きはゆっくり、傾いている側では当たりはしますが掠める程度・・・と言っても穿いてないんです。

ここでオイルの拭き取り。

スッと立ち上がったセラピストさん、ホットタオルを用意しにキッチンのほうへ。なかなか戻ってこない・・・昔よくあった休憩時間ですね。

ようやく戻ってくると中途半端な温かさのタオルでオイルを拭き取ってくれます、背中から足をサァーっと・・・拭き終えたあとはそのまま・・・寒い。

ここで仰向けの声。

これでじっくり拝めるとドキドキ・ワクワクしながら仰向けに。この時にタオルでサッと隠すかと思いきやそのままブラン。気にすることもなくセラピストさんは股間に入り込むと、オイルを手に入念に膝下をスリスリ、続いて太ももも入念に。キワには届きますが指先でなぞる程度、事故ることはナシ。

ここでグッと膝を小生の内ももに押しつけるように詰めてくるとオイルを手のひらに取り、小生の・・・

この態勢、昔の回春思い出します。

そして手さばきは・・・

上手い・・・

手のひらを真上から、包み込むように・・・そして優しくいい子いい子するように。触れ方、力加減、小生にはドンピシャの手さばき。

もう一方の手を軽く添え固定させると・・・

天井を見つめ集中するも・・・刺激が足りない。
するとカガミを背に添い寝に。カガミにはT・・・そして目の前にはオッパイ・・・

その間も・・・

・・・

スッと立ち上がりシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てくれ一人シャワーへ。サッと流してタオルを手に取ると・・・湿っている、どうやら最初に使ったタオルを使うらしい・・・

サッと身体を拭いて部屋へ戻ると・・・なんかエロいバスローブ姿、紐をほどきたくなるのを堪え、一人着替え。その間セラピストさんは次の準備中、雑談しながら着替え、着替え終わっても飲み物さえ出てこないのでそのまま玄関へ。

紙パンツ

aromaazabu

所要時間
83分

独り言
小生にとってはカテゴリー違いの店。オープン直後にしてはセラピストさん揃っているなとは思ったので・・・でも看板掛け替えくらいかと。
そういう店に来たと思い直すとそれなりには楽しめました・・・が複雑です。
ベビードールのスケ度高いのでもう少し明るければいいんでしょうね。
手技は上手いというより小生に合っただけかも・・・

3
低料金に誘われて・・・

最寄駅 
都営大江戸線牛込神楽坂駅
徒歩7分

訪問日 
2018年6月

訪問回数
初回

コース
premium Body 90min

料金
90分10,000円(オープン記念5月31日までに予約、通常12,000円)
入会金記載なし
支払総額10,000円

予約方法
電話予約・WEB予約・LINE予約
電話応対セラピストさん

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
施術ベッド

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
白ブラウスに黒フレアミニ

施術
ホームページを見ると5月中の予約なら壱萬円、この値段ならと空き状況確認すると訪問可能な日時が空いている、これはとオンラインシステムで予約、するとビックリ、ほとんど同時に予約完了のメールが端末に。これは便利、凄いの一言。ちょっと不安なのが割引料金で表示されないことくらい、もちろんその旨は記載されていますが。あとは前日に確認メールが届き、これだけ。

当日5分前に指定の場所から電話すると近くのマンション。オートロック解除してもらい指定階へ。チャイムを鳴らすとすぐに扉がガチャリ。中から素敵なお姉さまがニコリとお出迎え。

スリッパ突っ掛け奥へ。導線には衝立とか備品がゴチャゴチャッとした感じ、部屋には施術ベッドがドーンと。片隅の椅子に腰掛けると自己紹介、そして利用規約とカルテの確認、署名を求められます。飲み物はドリンクメニューからお茶を頼むとセラピストさんはその準備へ。

薄暗い中、カルテはなんとか読めるところだけ記入し、日付と名前を書き終えたところにお茶がサイドテーブルに。一口啜りコース時間の確認、そして会計。バスタオルを渡され着替えの案内がありセラピストさんは衝立の向こうに。

サッと脱ぎ衣類カゴへ。バスタオル巻いたところでセラピストさんから声がかかり精油の選択が、一覧を見せられるもわからないのでおまかせしてシャワー室へ。

明るいシャワー室、浴槽蓋にはソープがありそれを手に取るといい香り。いつも無香ばかりなのでたまにはアリかも・・・ホームページを見るとこだわり抜いたソープのようです。ちょっと残念なのは吸気口、お忙しいようで。

サッと流して洗面台に置かれた紙パンツの包みを開けると・・・久々のスライド式。迷いましたが幅を狭めることなくブリーフのまま着用しタオルを巻いて部屋へ。

タオルを渡しベッドに俯せになるとタオルを掛けてくれ、シャワーの片付けに。

すぐに戻ってくると背中への揉み解し。手のひら全体を使ったしっかりとした圧、時に前腕を使ってグリグリ、思わず「ウッ」っと声が洩れてしまうものの気持ちイイ。施術用ベッドならの力加減。

そしてこのベッド、女性用と思うくらい小さい、縦横とも。これはベッドでの弱点、接触を増やすため意図的なものかも、と思えてしまうくらい。

左・右・そして頭部と三方からグリグリ・グリグリ、痛いというより効いてるという感じ。そして肩、首筋としっかり流してくれます。

そしてオイルに。

精油は何か、聞いたのですが忘れてしまいましたが数種類のブレンドだそう、俯せではそれほど感じませんでしたが仰向けでは仄かにいい香りが。

ベッド横でオイルを手に馴染ませるピチャピチャという音、聞きようによってはエロイです、もちろんオイルを温めるためなのですが・・・

背中からしっかりとフリクションで、立ち位置を替え体重移動で圧の調整をしているのかジワァーっと、思わず「うっ」と声がでてしまいますが決して痛いだけではなく気持ち良さが。

腰、そして肩から首と手のひら、指だけでなく前腕、そして肘も使いながらの心地よいストローク、ホッとできます。

足元での施術では小さなベッドにピタッと添いながら施術するのでセラピストさんのあんなところやこんなところが当たりまくり、もちろん見えていないので想像ですが・・・メンズエステならでは、小生の楽しみの一つです。

ストレッチを挟み、脚へのトリートメント、手のひらで、はもちろん前腕でもしっかりも期待するところには・・・届かず。

ここでカエル脚に。

すると臀部からふとももはあっさりも曲げた脚を持ち上げるように両手を差し入れると左へ右へと出し入れ、母指球が付け根にピタッ、なので袋を押し退け・押し退け、グリン・グリンと。当然傾いている方ならガチン・ゴチンとセラピストさんの手が優しく弾いてくれます。

ここで「少しお待ちください」とホットタオルで軽くオイルの拭き取り。
背中を優しく温かなタオルで拭き取ってくれるとすぐにバスタオルを掛けてくれ軽く押さえてくれます。最近はホットタオルで拭きっぱなし、ばかりだったのでちょっと感心。

そこで仰向けに。

確かに仄かにアロマの香りが・・・いつも無香ばかりだったのでイイです。
すると上空にセラピストさんが・・・といっても上半身がですが。白いブラウスが近づいてきて顔に触れながらデコルテから腹部へ。デコルテから腋へはしっかりとリンパを流し、腹部はてのひら全体で優しくメリハリあるストロークもスタンプまではなし。

頭部から立ち位置を替え腹部周辺を入念に、もちろんベッドからはみ出た手にセラピストさんの身体の一部が・・・

足元から太ももから付け根へとしっかり、続いて腰横に移動すると脇腹から手を差し入れ、紙パンツの紐の下をくぐり抜け鼠経部から付け根へ。手のひら全体を使って圧を掛けながら流していきます、人差し指から中指が付け根を通過していくので親指は・・・

もう一方の手も休むことなくデコルテ周辺を、ほかにも意図してかはわかりませんが小生の手にセラピストさんの身体が・・・

そんなワクワク・ドキドキも長くは続かずお時間。身体を起こしてくれシャワーの準備へ。
チラッと部屋の時計を見ると終了予定10分前。

すぐに戻ってくると背後に回り肩から背中をグイグイと。
アフタードリンクの注文し、揃えてくれたスリッパ突っ掛けシャワーへ。

水溶性ではないですが、サッと浴びて身体拭くとオイル残りの不快感はなし。
部屋に戻るとセラピストさんはシャワーの片付けに、小生は一人着替え。

着替え終わると声が掛かりセラピストさんは部屋の中へ。
すると最近はほとんど見かけなくなったポイントカードを手渡してくれます。
アフタードリンクを飲みながら暫し雑談もこちらからソロソロと玄関へ。

紙パンツ
スライドブリーフ
secret1

所要時間
94分

独り言
オープン間もないからか部屋のレイアウトは雑然としていますが・・・いまどきの薄着・密着スタイルからするとおとなしめ、施術もメンズエステとしては・・・ですが料金踏まえると満足度は高いです。
WEB予約システムいいですね、予約コントロールは難しいのかもしれませんが。
6月後半の予約、しそこないました、というかほとんどがすぐ埋まったようで予約状況見たときには完売でした。
この人気、ひとつには料金、この金額なら、ってメンズエステマニアの人は多いのかも。オーナーセラピストさんならでは可能な料金設定なのでしょうが・・・高騰しているなか是非是非頑張って欲しいです。

2
業界初のスペシャルテクニックって・・・

最寄駅 
JR市ヶ谷駅
徒歩7分

訪問日 
2017年3月

訪問回数
初回

コース
うまドキ☆トリートメントコース

料金
120分18,000円(初回2,000円割引、通常20,000円)
ホットオイル1,000円
初回指名料無料(通常1,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対セラピストさん

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
改装したバスルーム

セラピスト
黒Tシャツにミニパレオ

施術
業界No.1を目指している店ならとWEB予約利用して空き状況見ると
希望の時間が空いているので即予約。
すぐに返信が着て指定の場所から5分前に電話するようにとのことで予約完了。
1時間前にも確認メール、特に返信のするようには書かれていなかったのでそのまま市ヶ谷へ。

指定の場所から電話するとセラピストさんらしき女性が応対、道案内は不慣れなようで・・・
分からなくなったら電話すればいいと、「ハイハイ」と聞き流し歩きはじめると
見覚えのあるマンション、まぁなんとなくそんな気がしたのですが・・・

エレベーターから降りてきた住人らしき人に挨拶され、引きつった笑顔返してエレベーターへ。
ドアの前でドギマギしながらチャイム鳴らすと中からセラピストさんが笑顔で「いらっしゃいませ」

揃えてくれたスリッパ突っ掛け、セラピストさんの後ろ姿を眺めながらスタスタ、
パレオの丈が短いのにはニヤニヤ。

奥まった部屋の扉を開けると・・・6畳ほどの薄暗い部屋。
コートを預け、片隅にある椅子に腰掛けると同意書への記入を促され、飲み物の準備へ。

薄暗い中なんとか署名し終えると冷たいお茶がサイドテーブルに、そしてセラピストさんが自己紹介。
メニュー見せながらコースの確認、そしてオプションのセールスが、
何に『業界初』が含まれるのかわからないのでホットオイルだけお願いして会計。

すぐに釣銭持ってきてくれ着替え、貴重品は室内の金庫に鍵をかけ保管するスタイル、
これは意味ない気がしますが・・・

サッと全裸になり、貴重品は金庫に入れ鍵をもって準備完了したところで
セラピストさんが迎えに来て一緒にシャワー室へ。

「内装やりました」そのものの浴室、浴槽撤去してシャワーだけにしたので広いです。
お湯は出してあるのですが、真ん中にある排水口には・・・

片隅でサッとシャワーを浴び、洗面台の上に置かれた紙パンツ開けると
久々、ちょっと通常タイプよりちょっと小さいTバック、
面積少ない紙パンツは大好き、テンション上がります。

待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。
お茶を一口啜ってマットに俯せになると「仰向けでお願いします」にワクワク。
仰向けになった小生に優しくタオルを掛けてくれシャワーの片付けへ。

すぐに戻ってきてくれると、なんといきなり馬乗りに・・・
思わずセラピストさんの腰を抱えたくなるもまだまだ序盤戦、
するとピタッと抱き付いてきて耳元で囁くように「よろしくお願いします」にドギマギ。

跨ったのはあの上ではなく太ももなのはちょっと残念ですが、
その態勢のままデコルテから腹部を軽く圧し揉み。
足元へ移動すると膝を曲げてのストレッチ、脛に全体重載せるので思わず「ウゥッ」

俯せになるとタオルを掛け直して臀部に跨り「手を拡げてください」
飛行機のマネのように手を拡げると、ここでもピタッと背中に覆いかぶさり
拡げた手を握り耳元で「力加減いかがですか」

押しつけられているオッパイの圧加減かと思った小生「もう少し強くても・・・」

臀部に座り直すと体重掛けて両手でしっかりと圧し揉み。
セラピストさんの腰が浮くほど力を入れ圧してくれます。
チャンスとばかりに横の大きなカガミをチラ見すると室内暗すぎ・・・シルエットしか分からず。

つま先のほうへ向いて座り直すと太ももから脹脛を圧し揉み、
ここでも手のひらで力強くしっかり。

足元に移動すると小生の足裏を押さえて脹脛をグイグイ。
が、感触が・・・確かめるため足指を微かに動かしてみると
意図的にかズラして太ももで押さえている様子、これにはちょっとガッカリ。

ここでオイルに。
太ももで足裏押さえると今や定番のオイルウォーマーからボトルを取りだしてスカスカ。
両手で脹脛から太もも、付け根と一気にオイルを延ばしますが
ウォーマーの温度設定が低いのか、手が冷たいのか「ホット」と言うには・・・

最初のストロークから付け根までしっかりにワクワク。
ハムストリングから臀部へと撫でるようにスリスリ、割れ目へは指先でなぞるように。

つま先のほうを向いて太ももに跨るとセ
ラピストさんの足指が股間にグイッと差し込まれるも期待するところへは届かず。

足元へ移動すると膝を曲げて足の甲を肩に抱えるようにして脹脛をスリスリ。

足横に移動するとカエル脚に。
横から曲げた脚の太ももを両手で抱えるようにしてグリグリ、グリグリ。
股間に移動しても同様に曲げた脚の太ももを抱えグリグリ。

背中をタオルを脚へズラすと太もも辺りに跨り、臀部から腰、背中をグイグイ。
柔らかなトリートメントというよりグイグイを指圧っぽい施術、これはこれで気持ちイイのですが・・・

このあたりで寝心地が悪いのか態勢が悪いのかちょっと身体が痛い。
小生、俯せでは枕を抱えるような態勢を取るのですが枕らしきものが薄い、
触ってみるとタオル折り重ねたようなもの、態勢がうまくとれないのは・・・

ここで「四つん這い」と嬉しい声が掛かり、態勢が変わることにホッ。
セラピストさんは股間にググッと入り込むと片手を差し込み、
脚の付け根をグリグリ、臀部は優しくサワサワ。

すると・・・

ここであまり記憶にない態勢に、小生は四つん這いのままですが、
セラピストさんは腰横に移動して外側から脚の付け根を抱え込みグリグリ、
この態勢ならグリグリしやすいです、それに応用は色々ありそう・・・
が、如何せんグリグリが浅く、やり方次第ってことですか。

業界初はこんなものじゃないはずと思いながら悶々としていると「仰向けに」の声。

仰向けになると枕?が低すぎ・・・

セラピストさんが立ち上がったので、これはチャンスと薄目開けているとチラッ。
見せることはコース料金に入っていないようですぐに枕元に座り、デコルテから。

デコルテから乳首をサワサワすると首筋から肩をしっかり。
そしてその指は腹部へと、当然セラピストさんも前掛かりになり目の前にはオッパイ。

さらに指先が下腹部へ近づくと同時にオッパイも顔面に、
が、指先もオッパイも触れそうで触れない絶妙な距離でストップ。 

その態勢のまま腕をスリスリするも片乳は目の前止まり、おあずけされているよう・・・

「おあずけ」と言い残すように、サッと立ち上がるとパレオからチラッと白い太ももを覗かせ足元へ。

足元から膝下をスリスリ、太ももスリスリとあっさり。

股間に入り込むと内腿サワサワ、付け根スリスリ、ズィっと手が伸び乳首クリクリ。
ここからサワサワが多用され、オプションにパウダーある店らしい施術に。

サワサワ指使いは脇腹から乳首へと入念に続き、時折鼠蹊部周辺へ。

スペシャルテクニックはいつ・・・
と思っているとお時間の声がかかりシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てシャワー室へ。
排水口を避けるようにしてシャワーを浴びて部屋に戻り一人着替え。

サッと着替え、差し替えてあったお茶を啜っているとセラピストさんが部屋へ。
次回の割引券渡され、一緒に玄関へ。

紙パンツ
小Tバック
gokusyokon

所要時間
118分

独り言
業界初のスペシャルテクニックって聞いとけばよかったです。
「幸せホルモン」分泌されたのでしょうか・・・

3
イヤサレたい

最寄駅 
JR市ヶ谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年6月某日

訪問回数
初回

コース
イヤサーレコース

料金
90分18,000円
指名なし(指名料1,000円)
入会金 無料キャンペーン中(通常1,000円)
泡リンパ2,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル複数室

施術室
6畳

施術台
マット
側面に大きめなカガミ有

シャワールーム
後から作ったと思われる浴室
広いですが、サンダル履いて浴びることに

セラピスト
黒ワンピース(ホームページ画像)
施術時ベビードール(イヤサーレコース時着用?)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
まずはコースの違いを聞くと、イヤサーレはオイル多め、施術しやすい服装、密着、
と嬉しい言葉の羅列・・・それではと、希望の時間を伝え予約。

時間、場所、金額の確認がショートメールで届き、予約2分前にビルの前に到着、
念のために電話すると用意ができていると言うので、すぐにエレベーターへ。

部屋は奥まったところ。早足で進み、なんとか時間丁度にチャイムを鳴らすと、
すぐにドアが開き、セラピストさんがニコリ。

型を入れてあったのかと思うほど履きやすくなっている使い捨てスリッパ履くと
セラピストさんが手をひいてくれ、奥の部屋へ。

ソファに腰掛けると、会員登録の用紙に署名を促されます。
その間にお茶とおしぼりがサイドテーブルに置かれ、自己紹介。
コースの確認があり、一応オプションの案内が・・・
定番の泡リンパのようですが、ここはお願いしてみることに。

会計を済ませると着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。
衣類はソファに脱ぎ捨てタオルを巻いて準備完了、
室内を観察すると・・・ありました、部屋の隅にティッシュが。
期待感高まったところにお迎え、ここでも手を繋いでシャワー室へ。

中途半端な改装ですが広くはなってます、サンダルで浴びるのはちょっとひきますが・・・
サッと浴びるとタオルやマウスウォッシュが入ったカゴから紙パンツ取り出し準備完了、
セラピストさんもベビードールに着替えていてお迎え、手を繋いで部屋へ。

タオルをセラピストさんに渡し、マットに寝転ぶと「お部屋は暑くないですか」と気づかいが。

タオルで全身覆うとシャワー室の片づけへ。
すぐに戻ってきて横から軽く圧すと太もも辺りに跨り、腰から背中をグイグイとしっかり。
カガミをチラ見するも位置、明るさともに残念、折角大きなカガミなのに。

足元に移動すると脹脛を軽く揉み解し、オイルに。

施術部位のタオルを捲ると足裏を膝で挟むようにして、
温めてあったオイルを手に、足首から太ももまで撫でるように拡げます。
脹脛、太もも、付け根とポイントポイントをしっかりやると
「足裏にもオイル付けますか」に「ハイ」とお願いして足裏リフレ。

カエル脚になると股間に位置どり、オイル手に太ももニュルニュル。
臀部を撫でまわすと割れ目に指を這わせながら徐々に下に・・・
紙パンツの縁を沿うように指先は鼠蹊部まで。

カエル脚のまま、曲げている足を挟み太ももから臀部スリスリ、
脇腹から手をねじ揉み鼠蹊部までをサワサワ・スリスリ、
挟んでいる足でも小生の太ももをスリスリ。

枕元に移動してくると小生の頭を挟むように座り、背中をグイグイ。
合わせてしっかりと後頭部にオッパイスタンプムニュ。

股間に戻るとグイッと脚を開かされると紙パンツの紐に手が・・・
付け根あたりまで下げられ、もしやと思ったのですがそこでストップ。
露わになった割れ目にオイルをタラーリ・タラーリ、温かさが気持ちイイ。
そのオイルの上を滑るように指先が・・・

ニュルニュル感を楽しんでいると、ここで「四つん這いになりますか」と嬉しい一言。
すぐに「ハイ」と態勢をとると、尾骨あたりにオイルをポタッポタッ。
割れ目に沿って流れ落ちるオイルも心地よく、ブルッ。

紙パンツの紐を指に挟んでズラしながら、そのオイルを臀部にスリスリ。
内腿を這う指先はナカナカの動き、思わずピクッっと。
その指先は割れ目から付け根、そして鼠蹊部へ。
両手での施術があるも大事故には至らず、仰向けの声。

頭部へ移動すると枕を取り膝枕に。
乳首アッサリのデコルテから両手をへそ辺りまで伸ばしてお決まりのオッパイデコルテ。
続いて左右片手づつ伸ばして片乳でムニュ・ムニュ。

さらに指先が下腹部へ、当然セラピストさんの腰が浮きあがり目の前には・・・
至近距離でのホバリングに集中しすぎてその時どこを施術していたのか記憶には・・・

鑑賞タイムが終了すると足元へ。
膝を立てると脹脛を抱えるようにグリグリ、太ももから付け根へスリスリ。

いよいよ泡リンパへ。
「これに穿き替えてください」とトランクス渡され、泡の準備へ。

トランクス穿いて、待つこと数分でセラピストさんが登場。
股を目一杯開くとそこにセラピストさんが座り、トランクスの裾から泡を詰め込んでいきます。

トランクスが泡で膨らんだところで両手はトランクスの中へ。
ここまではよくある泡と思いながら、この先の展開に期待していると・・・

手のひらで泡を壊さないように包み込むと優しく泡を固め、
その包み込んでいる泡を手のひらでゆっくりと前後、そして上下へと動かしていきます。
泡が消えていくとその都度補充し、トランクスの中は常にアワアワに。

泡のオプションは鼠蹊部から付け根ギリギリを泡の中で施術するので
事故発生頻度が高いだけかと思っていましたが・・・

もちろん鼠蹊部から付け根へは指でしっかりと刺激もあり、
さらに泡を動かすだけなのにナカナカの心地よさを味わうことが・・・

感心しながらトランクスの中の手の動きを満喫しているところでお時間。

時計を見るとホームページに書かれている通り10分前、
準備ができたところで手を繋いでシャワー室へ。

サッとオイルを泡を流して待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

セラピストさんは片付けも、すぐに着替え終わったところへお茶とオシボリもって部屋へ。
お茶を一口飲み、帰ろうとすると「まだお時間ありますから」と引き留めが・・・

折角なのでもう一口お茶を口にして玄関へ。
靴べらは遠慮して突っかけたままエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック               
fancy
               
トランクス(泡リンパ時)
herbal1

所要時間

90分        

独り言            
電話応対も帰り際の一言も好感持てました
が、小生にはちとお高いようで・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

3
制服の丈が短くなり、料金が安くなっていたので・・・

最寄駅 
JR飯田橋駅
徒歩8分

訪問日 
2016年4月某日

訪問回数
2回

コース
オイルコース

料金
90分14,000円(特別割引料金2,000円割引、通常16,000円)
指名料込
ディープリンパ2,000円
入会金0円(オープン記念にて無料、通常2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
大き目のカガミがマット横に有

シャワールーム
お洒落な浴槽です
以前よりキレイになったような・・・

セラピスト
黒ミニワンピース(ホームページ画像)

施術
電話で希望セラピストさんの空き状況確認すると希望の時間が取れるというので即予約、
時間近くにマンションそばから電話してほしいとのこと、
小生「ハイ」と電話を切りましたが名前伝えてない・・・

マンション前から2分前に電話し、名前を名乗ると当たり前ですが予約できているようで
すぐに案内できると部屋番号教えてもらいます。

チャイムを鳴らすとセラピストさんがニコリ、以前と異なり丈が短くニヤリ。
部屋は奥の部屋で少し広め、で、なぜか安心。

ジャケットを渡すとクローゼットへ。
コースの確認があり、オプションセールス。
何が違うのか聞くと「鼠蹊部周辺の施術時間が長くなります」とのこと。
ここでセラピストさんの気分を害してはと、お願いして会計。

すぐに釣銭とお茶を持ってきて、セラピストさんはシャワーの準備へ。
冷たいお茶を一口飲んで全裸に。

全裸になり、タオル巻いてボォーっとしているとノックがあり、一緒にシャワー室へ。
カガミがキレイになったような気がする浴室でサッと浴び、
繁盛しているのか紙パンツが捨てられたゴミ箱に紙パンツの包みを捨て、
紙パンツ穿いて準備完了、ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

部屋へ戻ると全身タオルで覆われ施術開始。
まずは揉み解しと、足裏をアソコでピタッと押さえて脹脛からモミモミ。
ジッとしていてもセラピストさんが施術するうえでの動きがあるので感触を楽しめます。
指先は付け根までしっかりと。

太もも辺りに跨ると腰から背中をグリグリ。
アソコを尾骨に擦り付けるように腰を動かすので、ここでも感触を楽しめます。

薄暗い中、ちらりとカガミを見ると裾が腰まで捲れ上がり、もろに・・・

足元に移動してオイル。
タオルを捲ると、足裏に再び温もりが・・・
脹脛から太ももへロングストロークでオイルを延ばすと膝裏までしっかり。

脹脛辺りに跨ると太ももから付け根をスリスリ、たまにサワサワ。

股間に入り込むと脚を絡ませるようにして臀部サワサワ、
腕をねじ込み鼠蹊部グリグリ、さらに指先をとどめグリグリと・・・
カエル脚のように拡げていないので狭い股間に手を入れれば事故はそれなりに。

太ももに跨り、臀部から背中、肩をグリグリ。ここでも視覚と感触は満足。

横向き態勢になると背後から股間に腕をねじ込みグリグリ。
密着度は高くないものの事故率は高し・・・

仰向けになると頭部に位置取りオッパイデコルテ。
指先は乳首から腹部、下腹部まで。
丁寧に片方づつ、顔面にオッパイスタンプしてくれます。

足元に移ると足の甲をアソコで押さえ、脛から付け根までロングストローク。

脛に跨ると膝から太もも、付け根をショートストロークでスリスリ。
細かく動く指先は付け根に届くと接触事故多発。

股間に位置取ると両手で太ももスリスリ。
太ももを撫で上げるとその手は付け根から鼠蹊部へ。
中指が紙パンツの縁を沿って腹部まで・・・

片手で付け根周辺をサワサワしながら、もう一方の手は乳首まで。

これがディープなのか、と勝手に解釈しつつも、どこか消化不良でお時間。

ホットタオルを取りに行くと、すぐに戻ってきて上半身起こした小生の背中を
さらにピタッとオッパイを背中に押し付け、肩越しに胸や腹部を優しく拭いてくれます。

浴室で多めのオイルを洗い流し、タオルを巻いて部屋へ。

サッと着替えて最初のままのお茶を啜り、玄関へ。
エレベーターでは間違えずに2階を押して・・・

紙パンツ
通常タイプ

reveri

所要時間
92分

独り言        
オプションは鼠蹊部周辺を長く施術するという曖昧なもので微妙。
一所懸命さを感じられる施術は良いですね、
エロさは・・・ですが、感触と視覚は楽しめました。

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ