しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

池袋

2
オープン当初はセラピストさんの出勤も安定していなかったのですが、
安定して新人さんも入っているようなので・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩7分

訪問日 
2015年11月某日

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
100分16,000円(新規割引3,000円引、通常19,000円)
指名料1,000円
支払総額17,000円
ポイントカード有

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル
複数室、待合室有

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
洗い場は広いですが・・・

セラピスト
ピチピチのミニワンピース

施術
電話すると間があったものの男性スタッフが店名応対、
希望の時間が取れるというので、予約。
ここでベーシックとプレミアムの違いを確認すると「密着が・・・」、
合わせてボトックスケアとは聞いてみると「臀部周辺の施術・・・」とのこと、
調べても臀部周辺は一般的に関係なさそうですが・・・

コースは訪問してからでもいいとのことで、さっそく店へ。
エレベーター前に人がいないか確認してからビルに入り、指定階へ。

チャイムを鳴らすとやや間があって扉が開き、中から男性スタッフ、
通されるのは待合室かと思いきや施術室。

ここでコースの説明、そして黒ひげ危機一髪、短剣3本渡され次々に突き刺すも
無事飛び出すことなく終了も、飛び出せば「当たり」だったとガックリで会計。

カルテらしきものへ記入しながら待っていると暫くしてノックがあり、
セラピストさんが釣銭と飲み物をもって登場。
初対面に自己紹介も指名のお礼もないのは、この業界ならでは・・・

すぐに着替えを促され、セラピストさんは部屋の外へ。
ガウンを羽織るように言われたので、誰が着たか分からないガウンを羽織り準備完了。

ノックがありセラピストさんと手を繋いでシャワー室へ。
バスマット代わりのタオルは湿っているようで、先客から変えてないようです。

お湯は適温で出してあり助かります。
古いので仕方ないでしょうが、それにしても換気扇は酷いことに・・・

サッと浴び、脱衣スペースに置いてある紙パンツは4種類。
迷った末、手にしたのは横スカTバック。

またガウンを羽織り、待機していたセラピストさんと手を繋いで部屋へ。

ガウンを脱いでマットへ寝転ぼうとすると「フットバスはどうされますか?」
横になっていたのでパスすると足浴器を片づけに。
ふとチラリチャンスを逃したのかと思いましたが・・・

暫くして、戻ってくると施術開始。
全身をタオルで覆うと手のひらで圧すのではなく、指先で圧してくれます。
もちろんツボには入っていませんが・・・

背中から足まで一通り圧し終えると施術部位だけタオルを捲り、オイルスタート。
つま先のほうへ向いて太ももに跨り、足裏から踵、足首を多めのオイルで
包み込むように拡げていきます。

前向きになると踵にアソコが当たるように跨り、脹脛から太ももへ。
脹脛に跨ると付け根から臀部、割れ目へとキワドイところを指先が走ります。
さらに臀部は片方づつ入念に撫でまわされます。

腰に跨り、背中をスリスリも密着はなし。

単調も序盤ならとこれからに期待、
すると「四つん這いになれますか」、嬉しい問いに間髪開けずに「ハイッ」

まずは片手で腕を使い、付け根から鼠蹊部をスリスリも意外に慎重。
続いて、両手一緒に付け根から鼠蹊部、さすがに事故ることも・・・

ですが、強弱、スピードの変化はなく単調な施術が延々と続きます。
態勢作りに失敗し、維持するのが苦痛に。

漸く、終了するとオイルの拭き取り、室内にあるウォーマーからタオルを取りだし、
背中から臀部、脚と丁寧に拭き取ってくれます。

そして、いよいよ仰向けに・・・

頭部に位置取り、デコルテ周辺をスリスリ、
手を伸ばして腹部と定番のオッパイデコルテも
このユニフォームでは折角のムニュも感触はイマイチ。

横に移動すると、セラピストさんは膝立ちで腹部への施術。
手をセラピストさんの股間に導くのでビックリ、も太ももで押さえるようにしての
オイタ防止テクなんでしょうか。
当然動かせるわけでもなく、腹部へのグリグリをジッと受けます。
残念ながら下腹部へのキワドサはなし。

膝下に跨り、太ももから付け根をスリスリに事故多発に期待していると
「マッサージャー使いますか」に
思わず、「使っていいの?・・・」
残念ながらセラピストさんが使っての施術ですが、試しにと「ハイ」

付け根から鼠蹊部、もちろん運転ミスはつきもののようで・・・

意外にも長くやります、マッサージャー当ててるだけを。
片手は腹部ナデナデ、たまに乳首、たまにお休み、これってただの・・・

マッサージャーを置いて、付け根から鼠蹊部スリスリ、今度は事故も多発。
施術内容にはNEWリンパとか横向きリンパとかあるので、まだまだと思っていると
「これでお時間です」と一言、も・・・

なんと横に添い寝してきます、これから横リンパかと思いきや
「起き上がれますか、シャワーの準備してきますね」と部屋の外へ。

すぐに戻ってきて、オイルまみれの身体にガウンを羽織り、手を繋いでシャワー室へ。

サッとオイルを流して、ガウンを羽織って手を繋いで部屋へ。

「お茶はどうしますか」に「大丈夫」と答えて、
着替え終わったところでノックがありセラピストさんがお迎え。
ここでは手を繋ぐことはないようで先に玄関へ。

寒い中、外まで出てきてお見送り。

紙パンツ
横スカTバック、他にトランクス、ブリーフ、スライド式Tバック有

societe

所要時間
105分(黒ひげ危機一髪プレイ時間含む)

独り言
「密着」はギャップ起きやすいですね、「横向きリンパ」は・・・
  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
金沢のひがし茶屋街は行ったことないですが・・・
ポッキーの日にオープンですから期待してしまいます

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩10分

訪問日 
2015年11月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分14,000円(オープン価格、通常15,000円)
指名料1,000円
支払総額15,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル店舗型
複数室

施術室
4.5畳の個室、

施術台
マット
側面に大きなカガミ有

シャワールーム
リフォーム済?の広い浴室
大きなカガミ有

セラピスト
タンクトップにミニパレオ
茶屋街にパレオって・・・なんとパレオの柄みんな和柄だそうです

施術
電話すると「はい・・・」、
しばらく待つも名乗らないのでこちらから「ホームページ見たんですが」で会話スタート。
画像から選んだセラピストさんを伝えると希望の時間でとれるというので
すぐに予約も料金案内はなし。時間に直接店へとのこと。

思ったより歩いて、「あぁ、ここか」って某有名店?発見。
その横に店の看板がありエレベーターで店へ。

チャイムを押すと暫く間があって、中からお兄さんが「いらっしゃいませ」
微妙なお迎えにテンション下がります。

化粧砂利が敷かれた上に飛石が配置されており、和を感じさせる造り、
その上を男性スタッフの後についてと進むとなんと階段で上の階へ。

通された部屋はホームページ店内画像のまま。
坐椅子に座るとさっそくオプションセールス、これは丁重にお断りして
会計、釣銭はセラピストさんが持ってきますと、部屋の外へ。

暫くするとセラピストさんが襖をスゥーっと開けて「いらっしゃいませ」
釣銭を受け取るも指名のお礼はなし・・・

上着は受け取りハンガーへ、そして脱いだ服はこちら、貴重品はこちらと案内を終え、
シャワーの準備と部屋の外へ。

脱いだ服は定番のカゴに入れ室内探索していると、なんとティッシュが・・・
これはもしかしてとワクワクしているとセラピストさんがお迎えに。

するとセラピストさんが「ごめんなさい、シャワーは下なの」と嬉しいお言葉。

洗面台、脱衣スペースはそれなりも浴室は広く、キレイ。
残念な床タイルにはマットも敷いてあり目隠し兼冷たさ対策ですかね。
側面を見ると大きなカガミ、映し出されているのは哀れな「・・・」
ちなみに浴槽は板で塞がれていてアヒルはいなかったです。

サッと浴びてバスマットは?調べて見ると珪藻土なのかも・・・
湿った感じはなくいいですね、。

そして紙パンツはボンとカゴにたくさん入ってます。
2種類ある中からセラピストさんが用意してくれていたのは横スカタイプ、
もう一つはノーマルTバックでした。

扉を開けるとセラピストさんが待機していて、階段へ・・・
さほど急ではないので見えない、近づきすぎないようにして
セラピストさんが昇りきったところでチラリ。

部屋へ入るとマットにゴロリ。
全身をタオルで覆うようにして揉み解し、横から脚、背中と軽く圧します。

全身のタオルを取ると、膝裏辺りにタオルを敷き直し跨るとたっぷりのオイルで背中から
指先で流すようにスリスリ、数回繰り返すと何故か股間に指先がきて付け根をスリスリ。

股間に移動すると
太もも、臀部、そして付け根をひたすらスリスリ、ここでも最後は股間で1セット。

カエル脚になると太ももをあいさつ程度に撫でると後は付け根だけ、
左足付け根への施術にはセラピストさんの右手、
少し浮いた股間に指先を滑り込ませてスリスリ。

横スカならではのハプニングを察したようで執拗な裏拳攻撃が、
さらに確信犯のような事故も・・・

折角のカガミを活かす施術はないもののこの後の展開に
ワクワクしていると「仰向け」の声。

その前にと室内にある蒸し器からホットタオルを取り出し、
たっぷりオイルを優しく拭き取ってくれます。

仰向けになると腕を拡げた横に座り、デコルテから乳首、腹部から乳首。
小生がセラピストさんを見ると必ず目を合わせてきます、そして「気持ちいい?」

「う、うん」と答えながらパレオの結び目から侵入を試みるもガードは固いようで・・・

股間に位置取ると片足の太ももから付け根をあっさり流すと
たっぷりのオイルで付け根という付け根をスリスリ。
片足の付け根を両手で施術するので事故は必須。

再度、横に移動してきて腹部から乳首、そして目を合わせてきて「気持ちいいですか?」に
「あぁ」と答えると、手は鼠蹊部から付け根に移動して「元気ですね」

そして、股間へ再度移動するので、もしかして・・・
たっぷりのオイルを両手で紙パンツ周辺に拡げ、付け根から鼠蹊部をスリスリ。

セラピストさんから「もうそろそろお時間ですよ」の声。
どう解釈するか迷いましたが、「あぁ」と答えたままに。

すると突如膝立ちになったので「ラストスパートきたか」と思いましたが、
手を伸ばして乳首への攻撃も、残念ながら小生のツボではないので・・・
座り直すとニュルニュルになった紙パンツ周辺を撫でまくってお時間。

シャワーの準備から戻ってきて、階下のシャワー室へ。
使い捨てスポンジが袋から出して用意してあったので、
それを使い、落ちにくいオイルを入念に洗い流したあと、
扉を開けるとセラピストさんが待機していて、一緒に階段へ。

今度は最初から距離をとって昇るもチラリ程度。

セラピストさんはシャワーの片づけらしく、一人寂しく着替え、
差し替えられていたお茶を啜り、準備出来たところでセラピストさんが。

部屋を出て階下の玄関へと思いきや、なんとこの階にも玄関が。
セラピストさんが外まで出てきてエレベーターがくるまでお話して
エレベーターが閉まるまでお見送り。

紙パンツ
横スカTバック、Tバックが置いてありました

螢前

螢T

所要時間
90分(男性スタッフとのやりとり含む)

独り言
オイルかパウダーの選択は聞かれなかったです。
密着はないですがキワキワ、ただ・・・
この界隈は久々、帰りに寄り道したくなりました。
  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
訪問したくなるような新規店が見当たらないので、
ハロウィンコス、白Tバックに惹かれて久々に訪問


最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2015年10月某日

訪問回数
10回以上

コース
スタンダードコース

料金
70分10,800円(いつもキャンペーン中、通常13,600円)
指名料1,080円
支払総額11,880円
ポイントカード有

予約方法
電話予約
応対女性スタッフ

店舗
雑居ビル店舗型
複数室、待合室有

施術室
3畳ほどの個室

施術台
ベンチ

シャワールーム
脱衣スペースのある簡易シャワー

セラピスト
ハロウィンイベント
超ミニナース服にいまや大学病院や大病院では廃止されたナースキャップ

施術
電話すると希望の時間が取れるというので、すぐに予約、
再度1時間前に確認電話欲しいとのこと。料金案内はなし。
1時間前に電話すると時間通りとのことで出発。

久々の訪問、回転すしは変わらずもラーメン屋に驚きながら、
エレベーター前を通りから覗き込み、誰もいないのを確認してエレベーターへ。

エレベーターを降りるとブログで見るような蜘蛛の巣だらけのフロアに。
受付で会計、そして紙パンツの選択ですが、「・・・ない」
白Tバックはもう無くなったとのこと、
仕方なくマイクロ(ノーマルTバック)を選び、テンション下がったまま待合室へ。

幸いにも先客はなく、問診票のシャワー前後とハートにチェックを入れ、
受け取りに来た店長さんに渡します。

それほど待たずにカーテン開けて、ご対面。
お決まりの手を繋いで部屋まで案内されます。

部屋へ入ると暫し雑談、自己紹介はなく着替えを促され、いそいそと全裸になり
バスタオル巻き、扉をノック。

外で待機していたらしく、すぐに扉が開き、シャワー室へ。
「この時間は入らないんだよな」なんて考えながら、シャワー室を見渡すと・・・
汚い、掃除できないほど忙しいのでしょう。

見てしまうとユックリとなんてできないのでサッと浴びて、
紙パンツ穿き、扉をノックします。

ここでもすぐに迎えに来てくれ、一緒に部屋へ。

セラピストさんに背中を拭いてもらい、ビニールが切れ、穴が空いているベットを隠すように
ボロボロのタオルが敷かれているベットに横たわります。

タオルを掛けて背中を軽く圧した後、脚を挟むように座り、脹脛から太もも、たまに付け根。
足指を動かしたり、足首を動かしても探しているところへの接触はなし。
触れるのはナース服の裾辺りか・・・

以前はアロマオイルを聞いてくれたなぁ、なんて思い出しているとこの店の定番、
セラピストさんたちの会話というBGM、結構な音量です。
イベントで忙しいと思ったのに、入れ替え時なんでしょうか。

腰に跨ると後ろ手にして肩甲骨周辺をスリスリ、
嬉しいのは指先はセラピストさんの太ももあたり、ついつい動いてしまいます。

俯せのまま膝枕、これがナース服の裾に頭突っ込むような態勢。
首から背中をスリスリして仰向けに。

デコルテから腹部、そしていよいよ腹部への馬乗り、69状態・・・
背筋使わなくとも見えます、無理なく、覗くではなく見えてしまうのです。

もちろん、手は自制してセラピストさんの膝あたり、たまに太もも。

セラピストさんの指先は小生の太ももから付け根をスリスリ、サワサワ・・・

最後は添い寝、なかなかガードは上手で届きそうで届かない。
折角の前ボタン、一つくらいは外したかったのですが、叶わずお時間。

サッとシャワーを浴びて部屋へ戻り、用意された水を一口。
着替えて、手を繋ぐことなくエレベーター前まで。

蜘蛛が貼られたボタンをセラピストさんが押すとすぐに到着、
ドアが閉まるまでお見送り。

紙パンツ
Tバック

reveri


所要時間
75分(前シャワータイム除く)

独り言
白T期待してたんですが・・・
セラピストさんによってでしょうか、ナース服ヨレヨレでした。
いろいろ気になる豊島区アロマニア病棟は10月31日までらしいです。
シャワー室の天井、角、カビだらけでした。

  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2

濃密な時間・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2015年7月某日

訪問回数
初回

コース
120分

料金
120分16,000円(オープニングキャンペーン1,000円引き、通常17,000円)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
電話応対男性スタッフ、またはセラピストさん

出勤情報
ブログにて1週間分

店舗
ワンルームマンション

施術室
★★☆☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
マット
側面に姿見横にしています

シャワールーム
★☆☆☆☆
ユニットバス、浴室内に紙パンツが置いてあり
どこでシャワーを浴びていいのか…

ユニフォーム 
タンクトップ、フレアミニ

施術
電話をすると転送となりお兄さんが応対、色々と説明あるも料金総額の案内はなし。

指定の場所から電話するとセラピストさんが応対、不慣れな案内ながら
目印のコンビニ目指して進みます。

オートロックをすぐに解除してもらい部屋の前へ。チャイムを鳴らしても応答がない、
もう一度鳴らしても…ドアスコープから見えるように立ち位置を変えたりしていると
漸くドアが開き「いらっしゃいませ」、部屋の奥へ案内されます。

小さな椅子に腰掛けると「お飲物を」とキッチンへ。
あまり冷えてないお茶が出されてコースの確認、オプションのセールス。
オプションはお断りして会計、その間に同意書&問診票への記入。
問診票には疲れている箇所の項目に「そけい部」の選択肢が、
流石に印は付けませんでしたが…

釣銭を持ってきたセラピストさん、問診票を見ながら、
「今日は背中と腰がお疲れなんですね、そちらに時間を掛けてほぐしていきますね」、
そけい部に印を付けておけばよかった…

着替えを促されてシャワーへ、バスタブ横に洗面台がある狭いシャワー室。
このタイプどこでシャワー浴びるのか迷います、浴室内に紙パンツが置いてあり、
ボディソープもバスタブの縁に置いてあったのでバスタブ内で浴びることに。

サッと浴びて横スカタイプのパンツを穿いてドアを開けるとセラピストさんがお迎え。
すぐ奥の部屋へ案内されます。

マットに俯せになるとシャワーの片づけへ。
カガミの位置など確認しながら態勢を整えているとセラピストさんが戻ってきて施術開始。

全身覆うようにタオルを掛けると足元に位置取り、両足軽く解すとオイルスタート。

横に位置取り、多めのオイルを手に取ると脹脛をスリスリ、足裏もスリスリ。
足裏をアソコで押さえるように座ると太ももをスリスリ。

押す時にスリスリ、引くときにサワサワとパターンとしてはいいのですが…
指先は付け根にすら届かず、ストロークに長短、強弱、緩急はなく単調な施術。

背中にタオルを掛け、横に移動すると背中を揉み解し。
軽く背中全体を圧すとタオルを取りオイル、ここでも単調な施術は変わらず。

続いて臀部にタオル掛けて揉み解し。
タオルを取るとカエル脚、カガミにお尻を向けながら腰を浮かせるようにしての施術も
残念ながら暗くて見えません…

内側から腕をねじ込んできますが、そけい部に印を付けなかったからか
摩るのは内腿だけ、たまにお尻の穴周辺をサワサワ。

オイルをホットタオルで拭き取ると仰向けに。

頭部に位置取ると肩、首、たまにデコルテ、腹部。
腹部の時でもオッパイは目の前まで、観賞はできましたが感触は味わえず。

足元に移動すると足の甲を押えるように座り、膝下からスリスリ、ただひたすらスリスリ。
膝上も期待するところまでは届かずスリスリ。

横向きと言われるも残念ながらカガミとは反対向き、密着がないまま、股間に腕をねじ込まれるも
同じリズムで太ももをスリスリ、ひたすら単調にスリスリ。

せめて反対側は、と思ったところでお時間。
ロングリンパ付けなかったからなのか…と思いながらシャワーの準備待ち…

ゆっくりとシャワーを浴びて一人寂しく着替えもキッチンとの仕切り戸は磨りガラス。
セラピストさんはこちらの様子を窺いながら飲み物の準備中。

着替え終わると同時にお茶を持って登場、立ったまま一口飲んで玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック 

<前>
prive
<後>
priveura

所要時間
115分
  
独り言

何かが起こりそうで起こらないワンルーム…
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
値ごろな料金設定、果たして施術は・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2015年6月某日

訪問回数
初回

コース
アロマトリートメントコース

料金
90分11,000円(オープンキャンペーン料金、通常12,000円)
指名なし(通常1,000円)
支払総額11,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対はセラピストさん

出勤情報
ホームページ当日分

店舗
マンションワンルーム

施術室
★★★☆☆
6畳

施術台
マッサージ台
大き目の姿見が立ててあります

シャワールーム
★★★☆☆
キレイにしています

ユニフォーム 
黒Tシャツ、黒ミニスカート
ホームページ画像

施術
電話すると女性が応対、希望時間が取れるので予約。
指定の場所から電話して目印を確認しながら進むと見覚えのあるマンションへ。

部屋の前でドキドキしながらチャイムを鳴らすと
セラピストさんがすぐにドアを開けて中へ案内されます。

奥に進むと部屋には久々のマッサージ台。
コーナーソファに腰掛けると自己紹介。
続いてコースの確認、オプションはサラリと断り、飲み物は冷たいお茶を頼みます。

しばらくすると冷たいお茶が用意され一口、着替えを促されタオルを巻いてシャワーへ。

お湯は出してあり浴室内はそれなりにキレイ、サッと浴びてTバックを穿きドアを開け
待機していたセラピストさんと部屋へ。

マッサージ台、気になるのが顔の位置と手の位置。
鼻、口が穴に入るように俯せになり敷いてあるタオルの位置が悪いのか
顔を置く位置が決まらない・・・

そんなことをしているからなのか、セラピストさんは無言でシャワーの片づけへ。
2、3分で戻ってくると温めていたオイルを用意して施術開始。

上半身にタオルをかけ脚から、ショートストロークで脹脛、太ももへと流していきます。
オイルは温めてあり心地よいのですが、施術は付け根すら届かずあっさり。

続いて、くるぶしから踵をグリグリ、さらに足指を1本づつグリグリと力込めて解します。
これがかなり痛い、何か悪いことしたのかと考えてしまうくらい・・・

片足が終わるころに「痛くないですか」と聞いてはくれたのですが、
その時もついつい見栄を張って「大丈夫」と・・・

ようやく我慢の足裏が終わると蒸しタオルでオイルを拭き取ってくれます。

拭き取ったところにタオルを掛けて臀部から腰、背中をあっさり。
ここまで小生の身体に触れているのはセラピストさんの手のひらだけ、
施術の単調さも加わって居眠りしてしまいました。

ここでも施術部位のオイルを蒸しタオルで拭き取ってくれます。
ここで気になったのが使ったタオルのその後。
タオルを持って流しへ行くと、そこから聞こえてくるのは濯ぐ音。
そしてタオルを持って戻ってくると施術室内にあるタオルウォーマーへ。

「・・・」

そんなことを考えていると仰向けの声が。

流石に足裏はなく膝下から膝上へと軽く流していきます。
指先は付け根近くまでくるも安全運転。

施術台横に移ると両手で太ももから付け根とスリスリも期待することは起こらずお時間。

シャワーの準備から戻ってくると飲み物を確認。

ベトベト感が落ちず、いつもより時間を掛けてシャワーを浴び
ドアを開けるとセラピストさんのお迎えはなし。
独り部屋へ戻ると次への準備に余念がないようで・・・

戻ってきたことに気づくと、そのままシャワーの片づけへ。
着替え終わった頃に戻ってくるとソファに腰掛けるよう促されます。

差し替えたお茶とアイスを勧められ、口にして暫し雑談。

もう一つ口にして玄関へ。

紙パンツ
Tバック
reveri

reveriura

所要時間
85分

独り言
メンズエステなら値ごろ、足裏マッサージなら高すぎ。
場所に思い入れがあるだけに・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ