しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

渋谷

3
虜にさせてくれるような施術??

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩10分

訪問日 
2017年6月

訪問回数
初回

コース
100分コース

料金
100分13,000円 (メルマガ登録での割引2,000円割引、通常15,000円)
オプション3,000円
指名料某サイト見たで初回サービス(通常、指名料1,000円、本指名2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
頭部に小さめな、横に大きなカガミあり

シャワールーム
キレイにしている浴室

セラピスト
白ワンピ(お迎え~会計時、お見送り時ホームページ画像)
黒ベビードール(施術時)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるとのこと、
それではと、某サイト見てメルマガ登録した旨伝え予約。
するとホームページに記載されている場所を案内され、そこから電話を、ということで予約完了。

時間少し前に指定の場所から電話するとすぐそばのマンション。
まぁ、覚えのあるところとは想像していたのですが・・・

指定階に上がりチャイムを鳴らすとセラピストさんがニコリとホームページの制服でお迎え。
心の中で「これこれ」と思っているとセラピストさんが手を取って部屋まで案内してくれます。

確か引き戸だったと思っているとこの日案内された部屋はドア、やはりこちらの方が個室感は増します。

片隅のソファに腰掛けると飲み物の準備へ。
その間に部屋を見渡すと頭部と横にカガミ、そしてオイルウォーマー、
とくに目新しいものや期待持たせるようなものは無し。

すぐに飲みものを持って登場、サイドテーブルに置くとコース時間の確認、
そしてオプションセールス、店舗でのメニューにもオプションと書かれているだけ・・・

その「オプションって?」と聞いてみると
施術時の服が変わり、密着が増すとのこと、もちろんお願いして会計。

釣銭持ってくると着替えを促されシャワーの準備へ。
全裸になりタオル巻いて準備完了、
ドアをノックするとセラピストさんが待機していて、手を繋いで一緒にシャワー室へ。

洗面台にタオル置いて浴室へ。
室内は明るくキレイ、サッと浴びて洗面台に置かれている紙パンツはトランクスと横スカタイプ、
もちろん横スカ穿いてタオル巻き扉をノックすると・・・

セラピストさんはちょっと色っぽい黒のベビードール姿になってお迎え。
手を握るとその手を自らの腰に導いて、そのまま部屋へ。

マットへ俯せになるとタオルを掛けてくれシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると腰に跨り、強めに背中をグリグリ、なかなか気持ちいい力加減。
チラッと横のカガミを見るとベビードールは捲れ上がり期待していたものもバッチリ。

するとセラピストさん、カガミ越しに目を合わせて「力加減いかがですか?」
これには目をそらして「ハイ」

足元へ移動すると足裏をしっかりとアソコで抑えて軽く圧し揉み、
小生の足指も軽くモゾモゾ、太ももに跨ると臀部スリスリ。

ここでオイルの準備。
今一度太ももに跨るとオイルウォーマーで温めていたオイルを手に背中へ拡げます。
延ばしてはオイルを手に再び延ばし、そしてまたオイルを、とかなり多めのオイルが・・・

マット横には250mlのボトルが3本置かれていました。

水溶性のようで厚みはなくサラッとした感じ。
セラピストさんの撫でるようなストロークからはピチャピチャと音が・・・
そのオイルは肩から腋からと肌を伝ってマットへ流れ落ちていくのが分かります。

そしてストロークが肩へ伸びると軽くオッパイ当てるように密着してそのまま肩をモミモミ。
勘違いしそうな態勢はそう長く続かず足元へ。

足裏を抑えやすい位置にするとその上にサッと座り、脹脛へオイルたっぷり。
小生の足指にはしっかりとあの感触が、ついついイタズラしたくなるもここはジッと我慢。
するとセラピストさんの身体がストロークに合わせて前後に・・・

ヌルヌルになった脹脛に跨ると太ももスリスリ、付け根へのアプローチは控えめ。
続いて膝頭を股間に押し当て太ももに跨るとオイルを臀部全体に撫でつけていきます。
そのオイルは割れ目を伝って股間に・・・

臀部を撫でまわすとその手は割れ目から股間へ。
ここでは付け根しっかりも膝頭との合わせ技は無し。

ここで四つん這いの声。
サッと膝をついてその態勢になるとグッと股間に入り込み、尻にオイル、拡げてはまたオイル。
ニュルニュルになった尻を両手でヌルヌル・サワサワ。

腰から股間から拡げたオイルが流れ落ちます。
この肌を伝って流れ落ちる感触もナカナカ・・・

腰から抱きつくとその指先は乳首へ、そして「ここキモチイイですか?」
これに「あぁ」と答えると指先でクリクリ、しっかり刺激してくれその指は下腹部へ。
軽く鼠蹊部を刺激すると今度は両手とも股間に。

オイルまみれになったとはいえ狭い股間に両手とも同時侵入、
袋で左右に分かれるとそれぞれ付け根から鼠経部へ。

滑りの良さは事故率の高さにも、あちこちで・・・
これからの展開にワクワクしていると仰向けの声が。

ゴロンと寝返りを打つように仰向けになるといきなり馬乗りに。
そのまま抱きついてくるので受けとめようかと迷っていると巧みに肘を使い片手を抑え込み、
もう一方の手は肩を揉みながらもしっかりと小生の動きを封じています。

とはいえ目の前にはセラピストさんの笑顔、これにはドギマギ。
起き上がるとデコルテから乳首クリクリ、へそ廻りをグリグリ。

足元に移動すると足の甲に跨り、脛をスリスリ、足指にはしっかりと柔らかな感触が。
ここには長く留まらず、脛に跨り太ももスリスリ、付け根しっかり。

横に移動すると腹部をへそ中心にグリグリ撫でまわし、たまに乳首クリクリ。
手を取ると正座している股間に導いて腕をグリグリ、
念のため、指を目一杯伸ばしてみるも付け根まで届かず、距離感はバッチリのようで・・・

するとセラピストさんが寝転び、添い寝。
子供を寝付かせるように半身の態勢になると目を見ながら乳首クリクリ。

その手は徐々に下のほうへ。

へそ廻りから下腹部へと指先は這うように動き、鼠経部周辺を入念に。
もちろん足もコマメに動いて太ももをスリスリ。

横スカならでは開放感に加え、オイルたっぷり滑りのよさも手伝ってか
添い寝での施術は事故率が高いようで・・・

その指先が再び乳首にきたところで「そろそろお時間です」と立ち上がり、シャワーの準備へ。

すぐに迎えに来て手を繋いでシャワー室へ。
「どうぞごゆっくり」とセラピストさんは部屋の片付けへ。
水溶性のようでシャワーで流すとヌルヌルはすぐに落ちサッパリ。

扉をノックするとセラピストさんがワンピースで待機していて一緒に部屋へ。
着替えを促されセラピストさんは部屋の外へ。

一人着替ていると終わるころにノックがあり部屋の中へ。
着替えサポはなかったものの暫し雑談、
差し替えられたお茶を勧められた一口啜り、手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
横スカタイプ(他にトランクスあり)
yoko

所要時間
103分

独り言
オプションならではなのか、オイルの使用量は250ml2本は使い切っていたようです。
今多いスタイル、オイル、露出、密着とも多め、施術は・・・
ホームページ見る限り在籍セラピストさんは多く、
新人さんも入店しているようなので楽しみな店ではあるのですが、虜となるには・・・
小生にとっては遠いです。

3
公園通りのメンズエステ・・・

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩5分

訪問日 
2017年2月

訪問回数
初回

コース
Frandoreコース

料金
120分20,000円
Flandoreコースへのグレードアップ3,000円
指名料1,000円
入会金0円(某サイト見たでサービス、通常2,000円)
支払総額24,000円

予約方法
電話予約、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
小さめのバスルーム

セラピスト
白Tシャツ、黒フレアミニ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
黒ベビードールなど(施術~お見送り時)

施術
WEB予約で空き状況見ていると気になるセラピストさんが空いていたので即予約。

まもなく返信が着て予約完了、1時間前までに確認が欲しいというので電話。
するとお兄さんが応対、時間に直接部屋へ来店してほしいとのこと、で確認も完了。

時間丁度にエレベーターに乗ろうとマンションに入ると中々エレベーターが下りてこない。
結果少し遅れて部屋の前へ、そしてチャイムを鳴らすと・・・
少しの間があって扉が開きセラピストさんがニコリとお出迎え。

使い捨てスリッパを突っ掛け、セラピストさんと手を繋いで奥の部屋へ。
内装が入っているようで後から聞くと施術室が4つだそうで、その一つから楽しそうな声が・・・

部屋に入ってみると完全な個室、音は結構洩れるそうですが。
コートを渡し、片隅にあるソファに腰掛けると飲み物の準備へ。
すぐに戻ってくると冷たいお茶とオシボリをサイドテーブルに置き自己紹介、
小生の横に座るとセラピストさんの片手は小生の膝に、
もう一方の手はメニューを持ちオプションというかコースのグレードアップセールス。

これでは、中味も聞かずに即決「お願いします」で会計。

室内には今や定番のオイルウォーマー、何に使うのかティッシュ、
そしてマットの横には大きめなカガミとこの後の展開にワクワク。
すぐに釣銭持ってきて着替え、その間にセラピストさんはシャワーの準備へ。

ソファに脱ぎ捨て準備完了、タオル巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて手を繋いでシャワー室へ。

洗面台にタオルを置き、シャワーのお湯が出してある浴室へ。
数種類のボディーソープがあり、その一つのポンプを押すといい香り。

サッと浴びて開けた紙パンツは横スカ、このスカスカ感、ついニヤニヤしてしまいます。
タオル巻いて扉開けると・・・セラピストさんも負けじと露出度up、一緒に部屋へ。

マットに俯せになると全身覆うようにタオルを掛けるとシャワー室の片付けに、
すぐに戻ってきて施術開始。

「失礼します」と臀部に跨り軽く背中を圧すと・・・
セラピストさんから「両手を前に」とリクエストが。

俯せの態勢でバンザイするようなカッコになるとセラピストさんが
いきなりピタッと覆いかぶさり、両腕を擦り、手を握り締め、オッパイムニュっと圧しつけてきます。

足元に移動すると逆向きになり片足の太ももに跨り、
自らのつま先を小生の股間にグイグイ、手は脹脛を軽く圧し揉み。

腰を浮かせてそうなのでこれはチャンスとカガミで様子を窺おうとしましたが
立てかけた角度が悪く見えるのは天井・・・

ガッカリしていると脚に掛かったタオルを外してオイルに。

足裏をオマタで抑えるようにして脹脛スリスリ、踵にアソコを乗せて太ももスリスリへと
脚全体に心地よい温かさのオイルが拡がります。

もちろん指先も付け根を確認してクリクリ、さらに割れ目もなぞるように通過。

カエル脚になると股間に入り込み曲げた脚にセラピストさんの脚を絡ませ、
鼠蹊部への施術がしやすいように。
手を股間に差し込むとスリスリ・スリスリ・クリクリ、付け根を中指がなぞるようなコース取りに。

太ももに跨ると臀部から腰、背中、そしてピタと密着しながら肩。
耳元で「気持ちイイですか」と囁かれゾクゾクっ。

ここで離れ際に「四つん這いになれますか」と耳元で。
ハイッとすぐに腰を浮かせると股間に入り込んで温かいオイルを臀部に拡げるように。

多めのオイルが割れ目を伝って股間へ。
そのオイルをさらに拡げるようにセラピストさんの指先は鼠経部へ拡げます。

横スカならではの開放感、施術の妨げにならずスリスリ・スリスリ。
後ろから抱きつくように腰から鼠蹊部をスリスリ・スリスリ。
再度股間から片手での施術でサワサワ、
さらに両手指先でサワサワ、と同時に腕で挟むようにしてスリスリの2段攻撃。

続いて仰向けに。

頭を両膝で挟むように位置取ると見上げていた小生と目が合いニコッ。
まずはデコルテから5本の指でスリスリ・スリスリ、途中から中指1本で乳首コリコリ。

その指先はへそ周辺から下腹部へ、そして目の前にはオッパイ・・・
徐々に近づきムニュ・ムニューっとオッパイスタンプ。

いつもとちょっと違う感触に・・・
十分に満喫させてくれたところで「失礼します」と腰を浮かせ上空を。

演出なのか、絶妙なところでのホバリング。

あとから訊くとこれもコスチュームの一部とのことですが・・・

視覚を楽しませてくれたところで下腹部へ着地。
太ももをスリスリしながら腰が徐々に動いて、まるで疑似・・・

ピタッと密着して足先までスリスリ、ここぞとばかりに背筋使って目の保養。
施術を堪能するためにノーガードの両手はいい子に。

股間に位置取ると両手で内腿から鼠蹊部周辺、円を描くようにスリスリ・サワサワ。

すると両手で内腿から鼠蹊部、そしてへそへとロングストロークでニュルニュル・スリスリ。
谷間が目の前に迫ってくるスライダー施術はなかなかの迫力、
伸びた指先は乳首への攻撃も忘れずに、さらに合わせ技の肘使いもなかなかで・・・

視覚触覚楽しんでいると時間が経つのも早いようで、「そろそろお時間です」と
ホットタオルで軽く拭いてもらい、セラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てシャワー室へ。

オイルは水溶性だったのかシャワーで軽く流れ落ちる感じ、ソープで軽く流して終了。
待機していたセラピストさんと部屋へ。

飲み物を頼むとセラピストさんはいったん退出もすぐに差し替えのお茶を持って部屋に。
着替えのアシストはないもののイロイロお話してお時間。

玄関横、下駄箱から靴を出そうとカーテン開けるとそこには・・・紙パンツの山。
捌けるのか・・・なんて考えながら靴を突っ掛けエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック
yoko

所要時間
121分                  
                                                                                                                           
独り言
密着、露出多めと施術パターンも流行りのパターン、
セラピストさんも揃ってきたようなのでこれから、ですか。
場所はちょっと気になりますが・・・

2
見たような・・・ホームページ

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩10分

訪問日 
2016年7月

訪問回数
初回

コース
ラグジュアリーコース

料金
90分16,000円(オープン特別割引、通常18,000円)
写真指名 無料(本指名1,000円)
入会金 無料(通常2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル 複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
明るいバスルーム、洗面台あり

セラピスト
黒ミニワンピ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると予約可能というのでまずはコースの確認。
「アロマトリートメントは普通のオイルマッサージ」
「ラグジュアリーコースはリンパを流す時間が長い」とのこと。
もちろんラグジュアリーでお願いすると総額を教えてくれ、場所の案内。
指定の場所から2分前に電話してください(某サイトでは3分前)、で予約完了。

渋谷駅から歩くこと10分弱、交差点に漸く到着。
時計を見て2分前丁度に電話するとすぐ前のビル。

指定階に扉は一つ、分かりやすいにも関わらず扉にはお洒落な店名プレート。
チャイムを鳴らすと、やや間があって扉が開き「いらっしゃいませ」

ガラス戸の部屋に案内され椅子へ腰掛けると、
跪いて「〇〇さん、いらっしゃいませ」と挨拶があり、コースの確認、会計。
着替えを促されシャワーの準備へ。

脱いだ服を椅子に置いて準備完了。
するとガラス越しに待機しているセラピストさんの姿が・・・
暫し待つも入ってこないのでこちらから開けてシャワー室へ。

雑居ビルっぽい造りにしては小奇麗な浴室、明るく洗面スペースもそれなりに。
サッと浴びて、洗面台を見るとありました注意事項、しっかり読んで
2種類から小さい包みを開けると、横スカタイプ。

扉開け、待機していたセラピストさんと部屋へ戻ると
用意されていたお茶を飲み干し、マットへ。

俯せになるとタオルを掛けられ、セラピストさんはシャワー室の片づけへ。

すぐに戻ってくると足裏をアソコで押さえて脹脛から太ももを揉み解し。
脹脛に跨り、太ももから付け根をグリグリ。
付け根は指先で突くように位置確認、際どさも期待できそうな展開にワクワク。

太ももに跨ると臀部から背中をグリグリ。
チラリとカガミを覗き見ると裾が捲れ上がっているのは判るのですが、
如何せん暗過ぎ、折角の制服も、カガミもこれでは・・・

足元に移動するとオイルに。
ここでもしっかりとアソコで足裏押さえて温めてある多めのオイルを
脹脛から太ももへと拡げていきます。

最近よく見かけるようになったオイルウォーマー、
残念なのはボトルをその都度ウォーマーへ戻さないので後半には常温に・・・

最初は温かさが足全体に拡がって心地よいです。
そして指先も付け根までしっかり。

脹脛に跨ると太ももから付け根をしっかり、
ここが付け根としっかり確認する指先の動きはワクワク。

カエル脚になると伸ばしている足に跨り、股間からグリグリと肘までねじ込みます。
太ももから臀部をサワサワすると、腰からグリグリと脚を抱きかかえるように腕をねじ込みます。

指先は接触することなく股間を通過するものの腕が通る時はアチコチに・・・
横スカならでは事故も頻発。

ここで四つん這いの声、すぐにその態勢になりチラとカガミを見ると・・・情けない。
臀部を撫でまわし、付け根を指でなぞられるとついピクピクと反応してしまいます。

割れ目に沿って指先をツゥーっと股間まで、そのまま付け根から鼠蹊部へ。
肘まで股間に入れ指先はへそ辺りまで。
腕を大きく出し入れするのでアチコチ当たり擦られ・・・

横向きになると脚を絡ませ太ももスリスリ、同時に指先は乳首から下腹部、鼠蹊部へ。
セラピストさんの息遣い感じる密着感は刺激ありますが、カガミが活かされていないのは・・・

仰向けになると踵を膝の上に乗せ、足裏、脹脛をモミモミもつま先がオッパイに当たることはなし。

股間に移動すると太ももスリスリ、サワサワと焦らされた後、両手で鼠蹊部をスリスリ。
紙パンツの紐の下に指先が滑り込み下腹部サワサワ。

引き抜くときは指目一杯拡げるので・・・
横スカを活かした指使いでスリスリしてお時間。

ホットタオルで背中を拭いてもらいセラピストさんはシャワーの準備へ。
時計を見ると終了13分前、オイルの容器には1/3くらい残っていました。

セラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。
サッとオイル流して部屋へ戻り、一人着替えながら扉を見るとガラス越しにセラピストさんの姿が。

着替え終わり、お茶を飲み干しても扉開ける様子がないので、こちらから扉開け玄関へ。
エレベーターに乗るまでお見送りも、時計見ると終了予定5分前。

紙パンツ
横スカTバック
fancy

所要時間
85分

独り言
ちょっとガラス戸は・・・
渋谷から何分と書いていない理由、わかりました

3
『ドラマチック至近距離セラピー』って?
もしかして白いブリーフ姿で施術??

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARDコース

料金
90分17,000円 (オープニングイベント1,000円割引、通常18,000円)
指名料記載なし
支払総額17,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
タイトミニのワンピース(ホームページ画像)で送迎
施術時はセラピストさん曰く、「施術しやすいカッコ」

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望の時間が取れるのですぐに予約。

料金や場所の案内はなく一時間前に確認の電話を入れて欲しいとのこと。
付け加えるように「忘れないようにお願いします」・・・

一時間前に電話すると女性スタッフ?セラピストさん?が店名応対。
確認の電話と名前を伝えると「ハイ、お待ちしてます」で終了。

場所も何分前に電話かもホームページから察するように、ということのようで・・・

数分前に近くのコンビニから電話すると男性スタッフが応対、丁寧に案内してもらいます。
すぐに指定のマンションに到着、オートロックを解除してもらい指定階へ。

初回訪問はチャイムを鳴らす瞬間から『ドキドキ感』が高まります・・・
すぐにセラピストさんがニコリとお迎え。
履きにくい使い捨てスリッパを突っ掛け、セラピストさんに手をひいてもらい奥の部屋へ。

ソファに腰掛けるよう勧められ、腰掛けると「少しお待ちください」と外へ。

室内観察していると目についたのはゴミ箱、
そして音楽プレイヤーの後ろには隠されたようにティッシュが・・・

セラピストさんがおしぼりと一緒に持ってきた水素水を勧められ一口。
自己紹介があり会計、着替えを促されシャワーの準備へ。

色んな所に掛かっていたハンガー使って衣類を掛け、全裸になり、タオルを巻いて準備完了。

セラピストさんが迎えに来ると手を繋いでシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、大きなゴミ箱を開けると・・・さすが繁盛店。

見慣れない色の包みと手にすると、それは包みではなく紙パンツそのもの。
拡げて見ると新色ピンク、まさに春の紙パン祭り。

ドアを開けるとセラピストさんがお迎え、手を繋いで部屋へ。

水素水を飲んでマットに寝ころぶとタオルを掛けられシャワー室の片付けへ。

時間が掛かるようで薄暗い中待っているとドアが開く音が聞こえ、「お待たせしました」
続けて「施術しやすい恰好になりますね」に思わず振り返るも暗くて・・・

横から足、腰と揉み解し、腰に跨ると背中、肩と軽くモミモミ。
片手を背中に置くと動かないようにアソコで押さえて肩甲骨周辺をグリグリ。

指先には確かにセラピストさんの『温もり』が・・・

腕を横に拡げると、その腕を揉みながらピタッと背中に覆いかぶさり、
背中にはムニュっとした感触にどこか懐かしい安心感。

横に移動すると脹脛から太もも、そして付け根を確認するようにモミモミでオイルに。

後ろ向きで太ももに跨り、脹脛からモミモミ。
シート、オイルポット、そして衣装から多めのオイルでの施術と期待したものの至って普通・・・
膝を曲げ、足裏にオッパイムニュムニュッとして足元へ移動。

足裏をアソコで押さえるように座ると膝上を指先から肘まで使いスリスリ。
指先で臀部を、肘で股間を、そしてオッパイで脹脛を同時に刺激してくれます。

カエル脚になると曲げた足を挟むようにして太ももから臀部をサワサワサワサワ。
腰から手を差し込み鼠蹊部辺りをスリスリ、そしてまた太ももサワサワ。

クスグリ攻撃は苦手なんですが・・・この後の展開に期待してここはひたすら我慢。
とは言え、こそばゆくってピクッピクッと反応してしまいます。

その反応のお蔭かわかりませんが、腰から差し込む手の際どさが増したような・・・

ここで四つん這いの声・・・
情けない姿なんだろうな、と思いながらお尻を突き出すと
片足の脹脛あたりに跨り、太ももから臀部をサワサワとクスグリ。
ここでもか、と思っていると片足の付け根に腕を廻してスリスリ、際どさが・・・

股間に位置取り、両手で内腿サワサワ、付け根スリスリ。

枕元に移動してきたセラピストさんをチラリと見ると下着?水着?・・・
ワクワクですがせっかくの衣装、カガミがないのは勿体ない。
その露わな腿にと思ったらタオルを敷いた上に顔を載せて肩から背中をグリグリしながら
後頭部に何回も何回もオッパイでプニプニ、で俯せ終了。

ホットタオルを取りいくと、すぐに戻ってきて軽くオイルを拭き取り仰向けに、
そしてセラピストさんの姿が・・・

頭を挟むように座るとデコルテから腹部、というかオッパイムニュムニュ。
指先がどこに届いているかはムニュムニュが強烈すぎて記憶に残っていない・・・

この流れからドラマチックな展開を期待とワクワク・・・
その期待に答えるかのように目の前を通過も着地せずに絶妙な距離でホバリング、
まさに『至近距離セラピー』、少年のような冒険やチャレンジ精神がみなぎりましたが、
小生の手は両膝でガッチリガードされていました・・・

腹部に着地すると足にピタッと抱きつき、腿にオッパイ当て膝下スリスリ、
上体起こして太ももサワサワ。

股間に移動して内腿サワサワ、付け根から鼠蹊部スリスリ。
横スカならではの事故多発もアッサリで「添い寝しますね」

腕枕で片手をガード、足を曲げ膝あたりで太ももスリスリ、
指先は下腹部から乳首までスリスリサワサワ。

太もも辺りに跨ると腹部からデコルテスリスリ、そのままビタッと抱きついて肩をモミモミ。
もぞもぞと足を動かしているとセラピストさんの腰がずれてきて疑似・・・
まさにみなぎる活力・・・

「この流れなら」と思ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとなんともエロいバスタオル1枚巻き(もちろん下着は着けてますが)。
手を繋いでシャワー室へ、この恰好で背中流し、とワクワクしていると
セラピストさん「では外でお待ちしてますね・・・」に「・・・」。

オイルは少なめだったせいかサッと洗い流し、タオル巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

シャワー室の片づけらしく一人で着替えも、すぐに冷たい水素水とおしぼり持ってきてくれ
ソファへ腰掛けるよう勧めてくれます。

折角の水素水とグビリと飲み干し、手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
白いブリーフではなかったですが・・・横スカTバック(ピンク)               
tokyosyounen
       
所要時間
93分        

独り言            
看板掲げていないからこその営業スタイル、店名がコースみたいなものですかね
オペレーションも施術も微妙ですが、ちょっと気になるお店です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

3
至福のひと時となりますか・・・

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩4分

訪問日 
2015年11月某日

訪問回数
初回

コース
アロマトリートメントコース

料金
90分11,000円(オープンキャンペーン2,000円引、通常13,000円)
指名料1,000円
支払総額12,000円

予約方法
電話予約
応対女性スタッフ

店舗
雑居ビル
複数室、受付有

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
簡易シャワー

セラピスト
Tシャツにパレオ(ホームページ画像)

施術
シンプルなホームページに好感、さっそく電話すると女性スタッフがしっかりと
店名で応対、希望の時間が取れるというので早速予約。
料金、場所の案内も普通にできてこれもまた好感。

予約時間の5分前に指定の場所から電話すると同じ女性スタッフが応対、
丁寧に道順案内してくれます。

建物へはすぐに到着するも、どの部屋か分からないでオタオタしていると
ドアが開き、中へ。

この受付スペース勿体ないだろ、と思うような広さです。
目の前で開けられた使い捨てスリッパを履き、
殺風景なカウンターの前に置かれたソファに腰掛けると、コース時間の確認、会計。

すぐに部屋へ案内されると、そこにはセラピストさんがニコリ。
椅子に腰掛けると自己紹介とコース時間の確認、
残念ながら指名のお礼はありませんが、飲み物の確認、
諸々の備品の案内と丁寧です。
「アロマオイルはどうしますか」に決めていたオイルの名称を忘れ、
仕方なく「無香で・・・」

飲み物が運ばれてくると着替えを促されますがサポートはなし、
セラピストさんはシャワーの準備へ。

サッと着替えて部屋の中を見回すと壁面には姿見が、しかし用途は本来の目的?
のようでガッカリも棚にはティッシュがありワクワク・・・
そこへノックがあり、シャワーへ。

奥まったところにお洒落な洗面スペースに新しいも狭い簡易シャワー、
その横には小さなゴミ箱にスポンジや紙パンツが・・・繁盛は何よりです。

何が起きるか分からないのでしっかりとお尻も洗い、
紙パンツを穿き、待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

マットに俯せになり枕を抱え込むとカバーがゴワゴワしていて小生にはちょっと。

タオルを全身覆うように掛けられるとシッカリと圧してくれます。
付け根を確認しながらも揉む指先には期待が持てます。

施術部位だけタオルを捲り、脚を膝あたりで挟むと
手に取ったオイルをスタンプのように拡げてトリートメント開始。

脹脛はあっさりと、太ももはしっかり、指先で付け根の確認もバッチリ。

太ももにタオルを置くとその上に跨り、臀部から腰、背中。
跨っての感触が得られないのは残念です。

頭の横に座ると背中、とくに肩甲骨辺りをしっかり。
この位置は新鮮、膝は顔のすぐ横、舐めれそうな距離、
そして目の前にはパレオの結び目、これにはドキドキ。

足元へ移動するとカエル脚に。
肘まで使い股間をグリグリ、腕を差し込むときはグーで、引き抜くときはパー。
さらに腕を上下に動かすので色んな箇所に当たります。
グリグリを数回繰り返すと、今度は腰から腕をねじ込んで鼠蹊部から付け根へ。

続いては四つん這いに。
両手で股間に腕を差し込み、付け根を通り腹部をスリスリ。
引き抜くときは手のひらや甲がアッチコッチに当たります。
数回繰り返すと臀部をサワサワ。

正直もう少し工夫が欲しいところですが・・・

今度は横向き・・・
背後から股間に腕をねじ込みグリグリ、左右両足の付け根を施術するので
どちらに向いていても事故起きます。

仰向けになると横に位置取ると力強く腹部をグリグリ。
残念ながら下腹部ではないので事故ることはありません。

手を取り手のひらをモミモミ。

股間に移動して、太ももアッサリ、鼠蹊部しっかり。
ここも力強く鼠蹊部から下腹部をグリグリ。

会陰を圧して刺激を加えては鼠蹊部と繰り返します。
事故は起きるのですが・・・

ホットタオルでオイルを軽く拭きとり、シャワーの準備へ。

サッと浴びて部屋へ戻ると頼んでいた冷たいお茶と一緒にお菓子が。
一人着替え、終わった頃にノックがありセラピストさんが部屋に。

お別れの握手、セラピストさんのお見送りは廊下まで、とのことで
玄関では女性スタッフさんがお見送り。

紙パンツ
Tバック

reveri

所要時間
90分

独り言
カエル・四つん這い・横向きと体位は色々も・・・
エターナル姉妹店なんですね
  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ