しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

恵比寿・目黒

2
シロガネ・・・高級なイメージですが

最寄駅 
東京メトロ白金台駅
徒歩3分

訪問日 
2016年6月某日

訪問回数
初回

コース
ヴェネチアンオイルトリートメント

料金
90分18,000円
指名なし(指名料1,000円)
ホィップトリートメント2,000円
入会金0円(オープン記念特別、通常2,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
マット
側面に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
白Tシャツにスカート(ホームページ画像)

施術
誤って消去してしまいました

駅からほど近い建物、シロガネ=高級ということではなさそうで親近感わく物件。

密着感は少なく、施術時制服は同じ、オイルの量も・・・
ホィップはすぐに用意してくれ、紙パンツ脱がされ・・・
ホィップ時は事故事故事故、楽しめました、
が、全体的に物足りなさのほうが満足感より上回ります。

紙パンツ
ストレッチタイプ、他に通常Tバックあり           
predia
       
所要時間
90分        

独り言            
プレオープンならではの施術でしょうか、
これならロングコースでも体力は問題なさそうですが・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
施術レベル・女性の質には徹底的にこだわっている店って・・・

最寄駅 
JR目黒駅
徒歩10分

訪問日 
2016年3月某日

訪問回数
初回

コース
Deep Aroma Course

料金
90分16,000円(某サイト見たで2,000円割引+指名料、通常18,000円)
指名料 込(通常 写真指名1,000円、本指名2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約・メールでの予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション ワンルームタイプ

施術室
6畳ほどの洋間

施術台
マット
側面に大きなカガミ有

シャワールーム
バスタブ  

セラピスト
胸元がジップのミニワンピース(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名で応対、「某サイト見たのですが」と
空き状況確認すると希望の時間が取れるので、まずは内容確認。

「タイ古式って?」・・・「施術できるセラピストが限られています」
「アロマは?」・・・「普通のオイルマッサージです」
「ディープは?」・・・「アロマよりより鼠蹊部を長くやります」

それではと、ディープの90分で予約完了。

指定の場所から電話するとそのまま通話しながら、
花見客の間をかき分け目黒川沿いを進み、左へ曲がりマンション前へ。

オートロックを解除してもらい、
部屋のチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。

スリッパ履いてすぐ横の受付スペースへ。
小さなソファに腰掛けると「飲み物は?」に
いくつかの中から冷たいお茶を頼むとすぐにお茶とオシボリがテーブルに。

コースの確認、会計をすると二段の段差を昇り奥の部屋へ。

白を基調とした室内、ロールスクリーンをあげたら
「もしかしてマジックミラー号??」

明るい部屋にはマットの横に大きなカガミがド~ンと。

すぐに着替えを促され、衣類はクローゼットへ。
定番の衣類カゴに貴重品入れはなく、辺りを見渡してもないので
バスタオルを腰に巻き、財布を手に持ち準備完了。

シャワー室は部屋からはシースルー、もちろんカーテンは下ろしてありますがお洒落。
声を掛け、一緒にシャワー室に行くと洗面台上には紙パンツが2種類、
見慣れない包みがあったのでセラピストさんに聞いてみると、ストレッチタイプのトランクス。

念のため「これ選ぶと何か違うの」と聞くと
「今日はディープコースですからこちらのほうが」と
Tバックタイプを勧められたので、それに従うことに。

洗面台の奥に大きめなバスタブがあり、そこでシャワーを。
お湯が出ていなかったので温度調整に暫し時間が、さらに水圧が弱いのはちょっと・・・

サッと浴びておススメの紙パンツを開封すると小さめなTバック・・・

部屋へ進み、マットに横たわると全身タオルで覆いながらオイルの確認。
無香で、とお願いして施術開始。

膝が小生の足に触れる距離に座ると、上半身から手のひらで軽く圧していきます。
足元に移動すると揉み解し、脹脛から太もも、割れ目から臀部をサッと。

足横に位置取り、タオルを捲るとオイルに。
足裏をアソコで押さえてくれないのにはちょっとガッカリ・・・

少なめのオイルで足首から太もも、付け根までとロング、ショートストローク織り交ぜで数回づつ。
指先はきっちり付け根まで、強い意志が感じられる止まりかたにテンションは下がります。

横に位置取り、カエル脚。
腿から臀部をスリスリと繰り返したのち、片手で付け根を親指と人差し指で掴むようスリスリ。
続いてもう一方の手も使い、両手でスリスリも事故はなし・・・

左足の太ももに跨ると臀部から背中。
手のひら、指先と使い分けながらやや強めの圧しに思わず、「ウッ」と声が出る心地よさ。

横に移動すると背中から肩を入念にグリグリ。

頭部に移動すると膝で頭を挟むようにして首から肩と流すようにスリスリ。
ググっと膝を詰め、アソコを後頭部に押し付けるようにして指先は腰あたりまで。

ちょっと楽しみが出てきたところで横向きコール、もちろん大きなカガミに向いて。
セラピストさんは小生の後ろに、カガミ越しに表情がよく見えます。

臀部を時間を掛けて撫でまわしたあと、その手は股間に。
腕をねじ込むまでは行かず手の甲どまり、当然事故も起こらず・・・

カガミ越しセラピストさんをガン見するも、視線を合わせることは皆無。
折角の大きなカガミもちょっと勿体ない気が・・・
もちろん立ち上がった時にはカガミ越しにチラリはありましたが。

仰向けになると小生の横に座ったその時、拡げていた右手の指先に柔らかな感触が・・・
故意かどうか、ここはじっと感触を楽しみます。
膝あたりから太ももをゆったりとしたストロークで、
さらに太ももは指の腹を使ってのタッピング。

頭部に移動するとここでも膝を詰めアソコを押し付けるように座りデコルテ。
オッパイデコルテを数回入れると指先は乳首から下腹部まで。
その時セラピストさんの下腹部は・・・

さすがに顔騎にはならなかったものの、
肩越しから下腹部をスリスリしているので横を向くと中々の眺めに・・・

ここで四つん這いの声・・・
「嫌ですか」の問いに、「いや」と肯定とも否定とも聞こえる
曖昧な返答しながらも自ら態勢はすでに四つん這い。

まずはご挨拶代わりなのか、紙パンツの上から会陰をジワーっと。

続いて片手で代わる代わるタマの左右から鼠蹊部へ。
その指先は徐々に紙パンツの縁をなぞるようになり、さらに両手で・・・

今一度仰向けになると股間に位置取り、両手で鼠蹊部から鼠蹊部まで。
その手は徐々に中央で合わさるようになり・・・

ここで終わりかと思いきや、再度横に。
小生の指先にお尻が触れるように座ると乳首から下腹部、そしてまた下腹部サワサワ。

さすがに小生も触り心地いいですね、とサワサワ返しでお時間。

シャワーの準備に行ったはずなのにお湯はでていなかったですがサッと浴び、
部屋へ戻ると飲み物を聞かれ、お茶をお願いして一人着替え。

着替え終わると入り口横のソファへ。
そこへ頼んだお茶とオシボリが・・・
ここで二言三言言葉を交わしながらお茶を啜り、
ほんのりいい香りのするオシボリで手を拭いて玄関へ。

紙パンツ
Tバック(極小と通常の中間)
risel

riselura

所要時間
96分

独り言
遠いですが部屋は白基調だからか明るくキレイ
密着店ではないですが色んな態勢でそれなりに
オペレーションはオープン間もないので・・・
今週末、目黒新橋からのサクラが見頃でしょうね
>
このエントリーをはてなブックマークに追加

1
懲りずにこちらにも・・・

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩3分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
パウダーストレッチコース

料金
120分18,000円(オープン記念2,000円割引、通常20,000円)
オプション3,000円
指名料1,000円
支払総額22,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
ワンルーム
雑居ビル

施術室
10畳ほどのワンルーム

施術台
マット
頭部、横片面に大き目の姿見有

シャワールーム
簡易シャワー
狭くてお湯の出が悪い

セラピスト
黒ワンピース(ホームページとは違いました)
施術時はベビードール(オプション)

施術
なかなか予約埋まるのが早い時も多いようなので今回は早めにWEB予約。
煩わしさはないので料金が分かっているときは便利です。

場所は以前と同じ、果たして内装は・・・と怖いもの見たさの心境で
予約時間に部屋のチャイムを鳴らすと、中からセラピストさんがニコリ。

スリッパなんていうものはなくそのまま奥へ。
以前は仕切りで3室だったスペースが一つに、無駄に広いです。
目に留まるのは中央に鎮座する簡易シャワー、見た目はお洒落です。

奥の片隅に置かれた椅子に案内され、
自己紹介はなく、コースの確認、オプションセールスはなかったものの
「今回は」と決めていたのでオプションもお願いして会計。

すぐに釣銭持ってきて着替え。
ハンガーはアソコに、カゴはアソコにと口で示され、
シャワー終わったら声掛けてくださいとのこと。

全裸になり、簡易シャワーへ・・・
中へ入ると狭い、もちろん掃除もしてない、さらにお湯の出が悪い、
さらにさらに適温への調整ができない・・・
仕方なくヌルめでサッと浴び、横に置かれた紙パンツを穿いて
「終わりました・・・」

黒のベビードールで登場したセラピストさん、制服と変わりない感じ・・・

まずは俯せからスタート。
タオルを掛けられ、揉むのではなく体重を掛けながら圧していきます。
手の平でひたすら脚をグイグイ、横に移動して背中をグイグイ。

下手に指でツボ外されるよりはいいかも・・・
と思いながら「気持ちイイよ」

入念な揉み解しが終わると、足元に移動して足首を膝で挟みパウダー開始。

足裏を入念にグリグリしたのち、掛けられていたタオルを捲り、
パウダーを手に足首から臀部までロングストローク。
手のひらを使い軽いタッチでパウダーを拡げている感じ、数回繰り返します。

続いては指先を使いショートストローク。
指先は触れるか触れないか、とくに臀溝を通過するときはゾクッとします。
気まぐれで付け根あたりにも指先は下りてきますが事故には至らず。

太ももに跨ると腰から背中、肩をスリスリ。
抱きつくような施術はなく淡々とスリスリ、サワサワ。
横のカガミを見ても角度が悪く、見えるのはセラピストさんの頭くらい。

足元に移ると膝を曲げてのストレッチ、
そのままオッパイで挟むようにして脹脛をスリスリ。

仰向けになると足元に位置取り、膝下から太もも、付け根をスリスリ。
ここでもパウダーを伸ばすようにしたのち、指先でサワサワ。

太ももに跨り、腹部から乳首あたりをサワサワ。

疑似スマタには成らずも新たな発見、ベビードールの肩紐しか見えない・・・
セラピストさんに聞くとその通りとのこと。

それを聞いて俄然元気が出てきた小生、
セラピストさんの胸をガン見も何かが起こるわけでもなし・・・

股間に移動するとセラピストさんが胡坐かくように座るとその上に脚を乗せ、
小生の腰を浮かせるようにして付け根から鼠蹊部、
というより紙パンツ周辺をひたすらサワサワサワサワ、ときにスリスリ。

前屈みになれ、との願いも叶わずお時間。

サッとシャワーを浴びて、着替えていると
「ここにいていいですか」
もちろんと答えると掃除の開始・・・

最初のお茶を啜り、玄関へ。
隣の駅の候補店に電話するも当然ながら埋まっているとのことでトボトボ帰路に・・・

紙パンツ
Tバック
reveri

所要時間
120分

独り言
パウダーは難しいですね。
メンズエステでは技術ないならオイルのほうがいいのかも、リフレなら別ですが。
オプションつけるからには長いほうが、なんてセコイ考えでした。
予約状況からするとセラピストさんによってかなり幅があるのでは・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
女神が施術する魅惑のオイルマッサージって・・・
   
最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩5分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
キュベレーコース

料金
90分15,000円(某サイト限定キャンペーン割引、通常16,000円)
指名なし(通常1,000円)
支払総額15,000円


予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
ベット

シャワールーム
浴室、シャワー出してあっても床が冷たいです

セラピスト
お迎えはホームページ画像でした
スタンダードコースでの制服は確認していません

施術
電話すると男性スタッフが応対、こちらから某サイト見たと切り出し会話がスタート、
希望の時間が取れるとのことですぐに予約。
時間近くに指定場所から電話すると今度はしっかりと店名応対。

オートロックを解除してもらい指定階へ。
ドキドキしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。

使い捨てスリッパ突っかけ、部屋へ案内されます。
椅子に腰掛けると、コートを受け取りハンガーへ。
続いて、自己紹介がありコースの確認と会計。

すぐ釣銭とお茶を持ってくると着替えの案内。
全裸になりバスタオル巻いて準備完了するも中々お迎えに来ない・・・
仕方なく、室内を見渡すとまず目に留まるのはベットですが
その上に敷かれているのはたっぷりオイルOKのビニールシート、
これには期待大もティッシュやカガミがないことは残念。

偵察終了も声が掛からないので仕方なく、
こちらからドアを開けてみるとセラピストさんは待機中・・・

浴室はキレイですが、お湯が出ているのに床が冷たい、
折角天井から温風がでているのに・・・
サッとシャワーを浴びて用意された紙パンツを穿き、部屋へ戻ります。

まずは俯せ、タオルで覆うと軽く揉み解し。
足元に位置取り、温かいオイルで足首から膝下をヌルヌル。
温めていた容器を取りだして使うので徐々に冷めてくるのが残念ですが・・・

足裏をアソコでしっかり押さえると太ももから付け根をしっかりと。
序盤からの責めに期待は膨らみます。

カエル脚になると付け根に抱きつくように腕を股間に潜らせグィングィン。
頻繁にオイルを手にしながら臀部から腰をスリスリ。

腰に跨り、ビタッと背中に張り付くように密着すると肩甲骨から肩周辺をグリグリ。
オッパイとともに感じる息遣い、耳でも楽しめます。

横向きになると下になった脚に跨り、付け根から鼠蹊部、臀部から腰をスリスリ、ヌルヌルと
左右両方での横向きをしっかり。

オイルたっぷりとはいかないもののそれなりにヌルヌル感を楽しみながら仰向けに。

頭部に位置取るセラピストさんを見ると、「あれ、お迎えの衣装と違う・・・」
(ベビードールではないですがワカメちゃん状態でした)
カガミがないのは残念、ですが部屋は暗くしていなかったので良く見えます。

オイルが付くので、とタオルを頭部に掛けるも、きちんと見えるように掛けてくれます。
まずはデコルテから、目の前にはセラピストさんの鼻の穴・・・

指先が乳首から腹部へ移ると目の前にはオッパイ(もちろん服は着てますが)。
オイルまみれの服を当てないように鼻先を掠める低空飛行。

さらに指先が下腹部へ進むと、いまや流行りの馬跳び・・・
あっという間に腹部に着地もすぐに腰を浮かせて太ももから足首をスリスリ、
もちろん目の前には・・・


股間に移動すると、片足を挟むようにして太ももで太ももをスリスリ、
手のひらは付け根から鼠蹊部、下腹部とヌルヌル、ナデナデと事故発生も
残念ながら重大事故には至らず。

すると下腹部に跨り、騎乗位の態勢で腹部から乳首をサワサワ、スリスリ。
この態勢には思わず勘違いしそうに・・・

最後は「横に」と、さらに勘違いしそうな添い寝。
脚を絡ませ太ももでスリスリしながらも、指先は付け根から鼠蹊部をスリスリ。
残念なのは腕枕で利き腕の動きをガードされていること・・・
もがきながらセラピストさんの背中を揉んだところでお時間。

シャワーへと一緒に浴室までくると
「お背中流していいですか・・・」に思わず「喜んで!」
浴室に風呂椅子があったのはそのためか、とウキウキしながら浴室に入るも
天井から温風は出ておらず、相変わらず床は冷たい・・・

するとスポンジにソープを付け背中から臀部をアワアワ。
シャワーで丁寧に流してもらうと、残念ながら前は「ご自分で」と
スポンジを手渡されセラピストさんは外へ。

ヌルヌル感がなかなか取れなかったですが、あまりの寒さに
シャワーを出て部屋へ戻ります。

セラピストさんの「部屋にいていいですか」に着替えサポートもと期待しましたが、
オイルまみれのシートをきれいに拭き取って次の準備・・・

お茶とアメを勧められ口にして玄関へ。
靴べらは丁重にお断りして店を後にしました。

紙パンツ
通常タイプよりやや小さめ

alekusia

所要時間
95分

独り言
オイル多め風の密着店、四つん這いはないものの一通りの密着施術をこの料金でなら。
セラピストさんの充実と風呂床対策できれば・・・のこれからに期待です。
この料金が割安に感じてしまうのは・・・

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
あそこかな、なんて思いながら期待しての訪問。
それにしてもこの界隈乱立しずぎでは・・・

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩5分

訪問日 
2015年10月某日

訪問回数
初回

コース
Meltyコース

料金
80分15,000円(オープニングキャンペーン1,000円割引、通常16,000円)
指名なし(通常1,000円)
支払総額15,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対女性

出勤情報
Twitterにて翌日まで

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット
姿見より小さいカガミがマット横にあり

シャワールーム
★★☆☆☆
古いです

ユニフォーム 
お迎えはワンピース
施術はベビードール

施術
電話すると女性が店名で応対、希望の時間が取れるというので予約。
指定の場所に到着したら電話してほしいとのこと、残念ながら料金案内はなし。

この付近で電話してる男性はみんなメンズエステ客?なんて考えながら
電話するとすぐ近くのマンション。

指定階へ着き、部屋のチャイムを鳴らすとやや間があってセラピストさんが「いらっしゃいませ」。
使い捨てのスリッパ履いて奥の部屋へ。

薄暗い部屋には、立派そうに見えるシングルソファ、
サイドテーブルにはいつ入れたかわからないお茶らしきものが入っているグラスが。

ソファに腰掛け、コースを確認して会計。
その間、廻りを見渡すと暗くしている理由が分かるような気がします。
施術は期待できそうな、オイルタップリ対応シーツがマットに敷かれています。

戻ってくるとお茶を勧められることもなく、タオル巻いて待機してくださいと
サッサと部屋の外へ。

勝手にハンガー使い、ちょっと変わった貴重品袋に財布を入れて準備完了。
タオル巻いて待機しているとセラピストさんから声が掛かり、襖が開きます。

シャワー室へ案内され、「アヒルいないな」なんて思いながら、
サッと浴び、紙パンツ穿いて扉を開けるとなんと露わな姿のセラピストさんが・・・
これって、店違うんじゃないと思うほど。
この後の展開にワクワクしながら一緒に部屋へ。

お茶を飲むのは躊躇ったので、そのままマットへ俯せに。
セラピストさんはシャワーの片づけへ。

すぐに戻ってくると、膝をピタッと小生の脇腹あたりにくっつけ
耳元で「〇〇です、よろしくお願いします」と自己紹介、施術開始です。

容器から直接温めたオイルをたっぷり垂らし、背中全体に伸ばしていきます。
人肌よりチョイ温かいオイルの心地よさはこれからの季節にもいいですね。
残念なのはボトル容器に入れてあるので時間がたつと冷めてしまうこと、
「人肌に温めた」と唄っているからにはオイルポット使うほうがいいのでは・・・

紙パンツの紐をずらすと臀部にオイルを垂らして周辺をニュルニュルと
撫でまわしながら指先は割れ目へ、そして、さらに深く・・・

そして、セラピストさんが「気持ちいいですか?」と確認しながらオイルをタラ~リ。

小生の壺ではないので気持ちよくはないのですが、
執拗な攻撃に「もっと丁寧に洗っておけばよかった」とそちらのほうが気になります。

割れ目に沿って伸びる指先は、時間を掛けて皺を伸ばした後、
さらに進むとオイルで滑りやすくなっているのか周辺への施術のつもりがガンガンと・・・

続いて脚を絡めて、マットとの間に隙間を作ると臀部、割れ目、そして鼠蹊部、
というより付け根をニュルニュル責め、腕まで使う大胆さはないものの、
指先だけで行う繊細な施術は反応次第でいかようにも・・・

腰辺りに跨ると、背中から肩を密着しながらニュルニュル。
カガミを見るも暗く、角度も悪いため見えず、
折角ならカガミ越しでも視覚を楽しませて欲しいです。

ここで早くも仰向け、そして180㎖くらいのオイル容器が空になったとのことで差し替えに。

すぐに戻ってきて、腕を横に拡げられるとその間に座り、デコルテから腹部、
セラピストさんの膝の上に手を置いて腕。

股間に位置どり、紙パンツの上からオイルをタラーリ、
ニュルニュル状態で太ももから付け根、付け根、付け根・・・
脚を絡めると抱き付くような態勢で乳首から腹部、付け根へとニュルニュル。

さらに馬乗りになり、アソコを擦りつけるように疑似〇〇。
腰をフリフリ、勘違いするような抱きつかれかたに手を伸ばそうとするも
サラリと身をかわされ、我に返ります。

股間に位置取り、上体を抱き起されると座位の態勢に。
ここでも中々ガードは上手く、小生の指は活躍の場を失い
セラピストさんの肩を揉むのが精いっぱい・・・

「凝ってるね」と話しながらモミモミしてお時間。

シャワーの準備後、「お背中流しますか」をお断りして浴室へ。
「背中流すの断ると、自分でって思われるのかな」なんて考えながら
一人たっぷりのオイルを洗い流します。

部屋へ戻ると飲み物が差し替えられるわけでも、勧められるわけでもなく、
すぐに着替えを促されます。

いそいそと一人着替え、暫くして襖が開くとセラピストさんは部屋へ入らず、
玄関へお進みください、的なポーズ。

余韻も何もなく店を後に。

時計を見ると終了5分前、HP見ると次の予約は入っているようで
セラピストさんも早くオイル洗い流したかったんでしょうか。

紙パンツ
Tバック 
 
所要時間
75分

独り言
キワどさはしっかりのためか、施術の手順が省かれたようでなんとも。
さらに時短とか、アフタードリンクとかピーコックのそばではこんなことなかったんですが…
繁盛しているのは何よりですが・・・
トロけるような感覚、味わいたかったです。
 カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ