しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

新宿

3
「ここにしかない特別な時間」を
美しく洗練されたプレミアセラピストさんと一緒に・・・

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩3分

訪問日 
2016年4月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARD COURSE

料金
90分11,000円(プレオープン期間5,000円引、通常16,000円)
入会金0円(無料キャンペーン、通常1,000円)
指名なし(無料キャンペーン、通常1,000円)
支払総額11,000円

予約方法
電話予約 、応対男性スタッフ

店舗
マンション
お一人様専用??

施術室
8畳より広め

施術台
キングサイズベットの上にマット
横に大きめなカガミ、頭部にもカガミありますが寝ている状態では見えません

シャワールーム
キレイにしています

セラピスト
お迎え~揉み解しまで、お見送り時はワンピース(ホームページ画像)
オイル~背中流しまで、濃い色のベビードール、インナーは下着っぽかったです
LUXURY VIP COURSEは密着が増し、施術時の服装が変わるそうです

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望時間が取れるというので即予約。   
少し前に指定の場所から電話してくださいと言われ、
総額は伝えられず、予約名を名乗り予約完了。
   
指定の場所から3分前に電話すると男性応対で道案内。
すぐに到着も、階段にはチョイ息切れ。
オートロック解除してもらい、チャイム鳴らすとやや間があってドアが開き
セラピストさんが中からでてきて一言「お名前は?」に「・・・」

名前を名乗り、スリッパ履き、セラピストさんの後を付いて奥の部屋へ。
そこは狭い待合室・・・

「お飲物は」と数種類の中から冷たいお茶を頼むと、その用意へ。
すぐにお茶が運ばれてきてテーブルに置くと勧められることなく、「お会計を」

先に会計を済ませて漸くお茶を一口。
釣銭受け取るとすぐ横の施術ルームへ。

広めの施術ルームには大きなカガミ、気になるのは欄間がガラスのように透けていること。

着替えを促され、タオルを巻いて準備完了、そこへセラピストさんから声が掛かりシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、紙パンツ穿いて扉を叩くと
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

俯せになり、フェイスマットに顔を埋め・・・これでは折角のカガミも。

全身タオルで覆うと揉み解しからスタート。
足裏に感触もおそらく太ももで押さえているようでチト残念。
コース時間から足裏への施術は省略とのことで、脹脛からグリグリと力強く太ももまで。

腰に跨ると背中をグリグリも、臀部に神経集中させると時々アソコの感触が・・・

肩甲骨から肩へと座る位置を変えずに腕を伸ばして施術するので
背中から覆いかぶさるようになりながらグリグリ。
ピタッと重なったところで施術している手が止まり、
耳元で「オイルに移ります」、さらに「それでは着替えてきますね」とワクワクする言葉・・・

すぐに戻ってきた姿を見るとシルクっぽいベビードール、
インナーの肩紐チラリと期待しちゃいます。

タオルを取り払うと太ももで足裏押さるとポンプを何回も押し、
手にしたオイルを脹脛から太もも、さらに付け根までとロングストロークで拡げます。
ショートストロークで脹脛をグリグリ、ハムストリングをグリグリ、力強い圧しはイタ気持ちイイ。

足を拡げ、股間に位置取ると太ももから付け根、
股間から手を差し込み鼠蹊部とスリスリサワサワ。

カエル脚になると股間から曲げた脚を挟み、
浮いた隙間に手を差し込み付け根から鼠蹊部をクリクリ・・・
セラピストさんは足もこまめに動かし、小生の腿をスリスリと手足使っての合わせ技。

手のひらで臀部から鼠蹊部をスリスリ、
時に指の腹で触れるか触れないサワサワにゾクッと・・・

その指先は乳首、そして脇腹と留まることなく動き続けるので
カガミをチラ見するとくすぐったくってビクッとする反応を楽しんでいるように見えます。
が、ここでカガミ越しに目を合わせてくれないのはチョイ残念。

足元に移ると膝を曲げ、膝にオッパイ当てながらストレッチ。

腰にタオルを敷くとその上に跨り、背骨添いにグリグリと力技で仰向けに。

フェイスマットを退かすと頭部に位置取り、首を横に向け首筋をグリグリ。
頭を挟むようにするとデコルテ、オッパイスタンプはないものの指先は徐々に下腹部へ。
その時、腰が浮きあがりそうになるので
横を向きカガミで確認も期待する位置関係には程遠いようで・・・

足元に移動すると股間から片足に抱きつくようになり両足で挟み込むと、
俯せ同様、指先でサワサワ、太ももでスリスリの2段攻撃。

太ももは動かしつつも指先は小生の太ももをサッと撫で、付け根から鼠蹊部を微妙なタッチで・・・
さらに股間に手を突っ込むと割れ目を撫で上げ、紙パンツの縁をなぞり鼠蹊部まで。
ここでも指先で太もも、脇腹、乳首と弱そうなところをコチョコチョ、コチョコチョ。

部位、長さ、そして触れかた、くすぐったいから快感に変えるには・・・
くすぐったいのを我慢していてもピクッ、ピクッと反応はします。

セラピストさんの胴を挟むようにして股を拡げると
両手で付け根から鼠蹊部、下腹部までを上下にストローク。
数回ストロークを繰り返していると紙パンツの紐が一所懸命すぎて指に絡まったのか、
紙パンツの紐ごと押さえつけながら上下に・・・

合間には脇腹サワサワ、乳首クリクリ、コチョコチョが入り、
また下ろしては上げ、下ろしては上げ、でお時間。

ホットタオルで優しく身体拭いてもらうと「お背中流しますね」と一緒にシャワー室へ。
紙パンツ穿いたまま、ホントに背中だけスポンジで流してもらうと、
一人で紙パンツ脱ぎ、ソープで入念にオイルを洗い流します。

最初のワンピースに着替えたセラピストさんと部屋に戻り、一人着替え。
差し替えられていたお茶を啜り、セラピストさんが迎えに来たところで玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック

fancy

所要時間
88分

独り言                    
ホームページ見るとプレオープン期間は割引ですね、この値段なら
ソフトな2回目ルールの店多くなるのですかね
オペレーションはこれからのようですがLUXURY VIP COURSEでの再訪迷います
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
周辺相場、高くなりました
何かあるのだろうとついつい期待してしまいます

最寄駅 
東京メトロ新宿御苑前駅
徒歩5分

訪問日 
2016年3月某日

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
90分21,000円(オープン記念1,000円割引、通常22,000円)
指名料0円(某サイト見たで無料、通常1,000円)
入会金0円(オープン記念無料)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル複数室

施術室
4.5畳 ほど

施術台
マット
頭部に小さめの姿見あり

シャワールーム
広いバスルーム

セラピスト
白ワンピース(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
「某サイト見た」と指名したいセラピストさんの名前あげ空き状況確認すると予約可能。
それではと、コースの違いを聞くと施術時のユニフォームが異なるらしく、
スタンダードコースはキャミソール、そしてプレミアムコースは・・・
やや間があって、それ以外の・・・
これはどう解釈するか難しいところですが思い切ってプレミアム選択して予約。
因みに来店後のコース選択も可能とのことでした。

指定場所から電話すると近くのビル。
エレベーターに乗り込もうとすると、帰り客らしき男性とすれ違い。
指定階についてチャイムを鳴らすと暫し時間があり、中から声が・・・

ドアが開いてセラピストさんがニコリ、ですがここでも帰り客らしき男性が・・・
散乱している使い捨てスリッパの一つを突っ掛け、右奥の待合室らしきところへ。

なにか昔懐かしい怪しい衝立での仕切りにソファとテーブルが。
腰掛けると利用規約に署名を。

お茶とオシボリを持ってきたセラピストさんからコースを聞かれ、
最初からプレミアムと決めてはいましたがこのセラピストさんなら迷わず決定。
会計をすると暫しの放置、奥から時間や部屋の確認している話し声が・・・
その間、他のセラピストさんが部屋の片付けなのか行ったり来たり。
そのセラピストさんも思わず名前聞きたくなるカワイさ。

漸くセラピストさんが現れ、一緒に部屋へ。
オフィスビルに内装が入ったような感じ、新しくキレイではあります。

部屋は完全な個室タイプ、スライドドアですが施錠も可能。
コートを掛けるとことがないのでセラピストさんに渡すとクローゼットへ。

全裸になり、服は定番の衣類カゴに入れタオルを巻いて準備完了。
勝手に貴重品袋に財布を入れ、
ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒にシャワー室へ。
すると「お部屋でお待ちしてますね」

広い脱衣スペースですがアメニティはなしも、
浴室は広い、洗体もできるくらいの広さにここでのサービスもあるのか期待します。

サッと浴びてオーソドックスな紙パンツ穿いて一人部屋へ、
部屋の前で待っていたのは水着姿になったセラピストさん、
あとから聞いた話ですが自前とのことです。

俯せになると、まずはシャワーの片付け・・・
部屋はちょっと暗めですが、カガミは頭部にあるのでどんな施術になるのかワクワク。

セラピストさんが戻ってきて全身タオルで覆うと揉み解し。
脹脛から太ももを軽く圧していきます、背筋使いカガミ見るも薄暗く見えないので断念。

太ももあたりに跨るとタオル越しにグリグリ、もちろんアソコの感触楽しめます。

タオルを取り、まずは足裏を多めのオイルでスリスリ。
そのヌルヌルの足裏をアソコでしっかりと押さえて足首から脹脛。

脹脛跨り、膝裏から付け根手前、たまに付け根。感触はいいもののキワどさはイマイチ。
太ももに跨ると臀部から腰、背中をスリスリ。

カエル脚になると股間に位置取り、太もも、臀部をスリスリ、
付け根は腕をねじ込むわけでなし、指先で慎重にサッとなぞるだけ。

ホットタオルを取りに行き、すぐに戻ってくると軽くオイルを拭き取り、仰向けに。

足の甲をアソコでしっかり押さえると膝下から太ももへロングストロークでスリスリ。
指先の際どさは全くなので、楽しみは足の感触だけ・・・

横に移動するとカニ挟みのように小生の脚を挟み、太ももから付け根をスリスリ。

頭部に移動してデコルテ、たまにあるのはオッパイの感触ではなく水着の感触。
指先は腹部まででサワサワナデナデ。

横に移動してきて、添い寝。
乳首や下腹部、内腿をスリスリサワサワ。
添い寝はマッサージより上手で・・・すぐにお時間。

シャワー室へ一緒に行くと、シャワーを出して温度確認してくれます。
広々の浴室で軽くオイル洗い流し、タオル巻いて一人部屋まで戻ります。

セラピストさんは部屋の片付け中も、
着替え始めると「着替え終わったら声掛けてください」と部屋の外へ。

着替え終わり声を掛けると、飲み物もなく部屋に入ってくる様子もないので
そのまま玄関に。

エレベーターが閉まるまでお見送りも1階ビル入り口には
次のお客さんらしき男性が・・・

紙パンツ
通常Tバックタイプ

reveri

所要時間
95分

独り言                    
カワイかっただけにオペレーションが残念すぎ
施術動画みたら四つん這いあるの・・・
求人力がありそうなので、これからに期待です   
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
ユニフォーム、目に留まりましたので・・・

最寄駅 
京王新線初台駅
徒歩5分

訪問日 
2016年1月某日

訪問回数
初回

コース
オイルコース

料金
90分14,000円(オープン記念2,000円割引、通常16,000円)
指名料1,000円
支払総額15,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほどの個室

施術台
マット
頭部にカガミ有

シャワールーム
新しくキレイ、換気暖房で暖か

セラピスト
黒ワンピース(ホームページとは違いました)

施術
ホームページのユニフォームでの施術、勝手に想像してWEB予約。
この予約システムはいいですね、楽です。

希望の時間で予約、折り返し確認メールがきて予約完了。
チョイと不安でしたが、メッセージで場所の案内、1時間前にも確認メールがきました。

電話を一度もせずマンションに到着、メッセージに書いてあった部屋番号を押すと
すぐにドアロックが解除され、エレベーターで指定階へ。

チャイム鳴らさずにドアを開けるように書いてあったので、恐る恐るドアノブを回すと
中からセラピストさんがニコリとお迎え。

スリッパはなく戸惑うも、中へと勧められるのでそのまま中へ。
部屋への扉も自ら開けてソファに腰掛けます。

セラピストさんの自己紹介があり、コート、マフラー受け取りハンガーへ。
ここで冷たいお茶とオシボリが用意されます。お洒落なグラスですが持ちにくい・・・

ここでコースの確認ののち、オプションセールス・・・
ホームページにオプションなんてなかったと思いながらも
内容を聞くと
「ランジェリー風の衣装になり鼠蹊部を長くやります」
料金は
「3,000円」
だそうでイロイロ考えてパス。

するとセラピストさん気分を害したようで・・・
釣銭を持ってくると着替えを促すと長めの放置の後、シャワーへ。

狭いながらキレイな浴室、上から温風はこの季節助かります。
サッと浴びて紙パンツを穿き、袋をゴミ箱へ。

ゴミ箱は・・・ここも繁盛しているようです。

部屋へ戻ると、そのまま放置されシャワーの片付けへ。

漸く戻ってくると、オイルかパウダーを確認して施術開始。
俯せになるとタオルで全身を覆い、後ろ向きで太ももに跨り、足裏からグリグリ。

頭部にカガミがあるのはこのためか、と背筋使いカガミを覗くも角度で見えるのは天井・・・

脹脛までしっかりと揉み解すと正面を向いて太ももをしっかり、意外の力強さにビックリ。
臀部は軽く揉み解して、腰から背中は軽くモミモミ。

アソコで足裏を押さえるようにすると施術部位だけタオルを捲り、
ウォーマーで温めていたオイルを容器からポタポタと・・・
垂らしたオイルを両手で脹脛から太ももまで伸ばしていきます。

上半身を目一杯伸ばすと指先は腰から臀部をスリスリ、オッパイは脹脛をムニュ。
しっかりと密着を意識した施術です。

膝を曲げ、足の甲をオッパイに当てると脹脛をグリグリ、
続いてエビぞりのようなストレッチが入りカエル脚。
横から太もも、臀部をスリスリ、サワサワ。
腕を鼠蹊部にねじ込むような施術はなくパウダーでの施術のよう・・・

太ももに跨ると腰から背中をグリグリ。

仰向けになると、足の甲を押さえるように座り、温かいオイルとタラ~リ。
膝下から太ももへロングストロークでオイルを伸ばします。

オイルが脚全体に行きわたったところで、膝を立て太ももから付け根をしっかり。
さらにカエル脚の態勢を横から、太もも、付け根、鼠蹊部と流します。

股間に位置取ると付け根から紙パンツの淵に沿ってスリスリも
際どいラインの一歩手前、このあたりがオプションの有無なのか・・・

セラピストさんの両足が小生の足の下に入り込み
鼠蹊部サワサワでさすがに事故発生。

指先から滑るように肘まで使う施術で紙パンツの淵を通るようコントロールするのは
難しいらしく脱線事故が・・・

愚息を避けるよう下腹部に跨ると微妙な距離感でデコルテ、肩、乳首とサワサワ・・・
クールダウンはなくお時間。

シャワーの準備ができたと施術で掛けていたタオルを渡されシャワー室へ。
一杯のゴミ箱に紙パンツを入れ、自らシャワーのお湯を出してオイルを流します。

サッと着替えて声を掛けると差し替えられていないお茶を勧められたのでひと口。
次は10分後だしな、なんて予約状況察しながら玄関へ。

紙パンツ
Tバック
reveri

所要時間
90分

独り言
裏メニュー的にオプションセールスするのは微妙ですね、
想像する施術なり衣装と実際がかけ離れているようで・・・
以前の部屋とかシャワーに比べれば・・・そこもキレイになるらしいですが・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
「おつかれさまです」と心豊かなセラピストさんに迎えられてみたい

最寄駅 
東京メトロ新宿御苑前駅
徒歩2分

訪問日 
2015年8月某日

訪問回数
初回

コース
レギュラー

料金
120分16,000円(オープニングキャンペーン2,000円割引、通常18,000円)
指名料(初回無料、通常本指名、写真指名とも1,000円)
(オプションのパウダートリートメントは施術時間30分延長で5,000円)
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページ1週間分

店舗
マンション複数室

施術室
★☆☆☆☆
4.5畳くらいの洋間

施術台
マット
小さなカガミがマット横にあり

シャワールーム
★★★☆☆
明るく、キレイにしています

ユニフォーム 
白タンクトップにタイトミニ

施術
電話すると男性スタッフが応対、低姿勢な応対は好印象も料金やコースの違い
についても曖昧な答え。肝心な料金の案内もなし。

前日予約だと当日1時間前に確認電話要とのことで、当日1時間前に電話、
アクセスを案内してもらい、予約時間の5~10分前に指定の場所から電話してほしいとのこと。

指定場所から電話するとすぐそばのマンション、エレベーターで指定階へ向かい部屋の前へ。
ここで「おつかれさまでした」と迎えられるのかと思いながらチャイムを鳴らすと、
暫くして扉が開きセラピストさんが「いらっしゃいませ」
「・・・」

履きにくい使い捨てのスリッパを突っかけ奥の部屋へ。
リビング・ダイニングを衝立で仕切り事務所代わりに使用しているらしく、人影がちらほら。

引き戸を開けると4.5畳くらいの部屋。部屋の奥にある椅子に座るよう勧められ、
腰を下ろすと注意事項を読まされ、コースの確認、会計。

着替えを促され、セラピストさんはシャワーの準備へ。

タオルを巻いて待機しているとセラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。
サッと浴びて脱衣室の引き戸を少し開けるとセラピストさんがお迎え、一緒に部屋へ。

俯せになるとタオルを掛けられ、シャワーの片付け。
すぐに戻ってきて揉み解しからスタート。

足元に位置取り、圧迫しながら足首から太ももへ。

カガミ側の横に移動すると臀部から腰、背中を体重を掛けながら圧していきます。
この時、セラピストさんは腰を浮かしながら施術、
部屋は暗過ぎずカガミを見るにもお尻を見るにも十分。

タオルを腰辺りまで捲るとオイルのスタート。
しっかりとオマタで足裏を押さえると
ピチャピチャと音を立てながらオイルを手のひらに馴染ませます。
しっとりとした手のひらは脹脛から太ももへおさえるように拡げると
足首から太ももへロングストローク、指先が下へ滑り込むことはないですが
割れ目から臀部を撫でるようにオイルを拡げていきます。

横に移動すると腰から背中をスリスリ、腰を浮かせながらの施術に視線はカガミにクギづけ。

仰向けになると腕をとり、太ももへ。届きそうで届かないもどかしさを感じつつも
小生の指先は悪あがき続けますが、結果は太ももを撫でるだけ。
セラピストさんは淡々と腕から手、指をモミモミ。

足元に移ると足の甲辺りに跨り、膝下から太ももへロングストローク。
さらに太ももから付け根へもしっかり。

残念なのは電話コール音、もちろん話し声も、新規オープンでお忙しいのは結構なのですが、
利用している客にとっては落ち着きません。
なぜかセラピストさんとの会話もヒソヒソ話に…

股間に移動すると内腿スリスリから始まり、指先は徐々に付け根へ。
そこで一時停止したかと思うと、さらに紙パンツの淵を彷徨いながら鼠蹊部まで。
この辺りは事故多発地帯とのことで徐行運転でゆっくり。

ゆっくりしすぎのようでここでお時間。
「あれ、ストレッチは?」との言葉は飲み込むと察したのか、
背後に回ると背中を押しながら、「硬いですね」

これがメニューでのストレッチとは思わないですが、シャワーの準備へ。

すると来店客とのシャワーが重なり暫し待機。

お茶を頼み、シャワー室へ。
サッと浴びて部屋へ戻り、お茶を一口飲んで玄関へ。
「ありがとうございました、またお待ちしてます」の声に
心の中で「おつかれさまでした」

紙パンツ
Tバック 
alekusia
 
所要時間
118分

独り言
衝立の隙間からカップ麺持った待機中のセラピストさんがチラリ・・・
お忙しそうで何よりです。

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
明けましておめでとうございます

新年最初の訪問は「今までにないメンズエステ」のこのお店から

最寄駅 
都営大江戸線西新宿5丁目駅
徒歩5分

訪問日 
2015年1月某日

訪問回数
初回

コース
ディープリンパコース
ウルトラディープはディープと比べて大腿部から鼠蹊部への施術時間が1.5~2倍に、
+パウダーとのことです

料金
ディープリンパコース90分13,000円(通常15,000円、オープン記念キャンペーン2,000円割引)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★★★☆
電話予約
電話応対男性
到着時電話要、初回迎え有


出勤情報
ホームページにてスケジュール表1週間有

店舗
メゾネットタイプマンション

施術室
★☆☆☆☆
4.5畳ほどのキッチン
入口カーテン仕切り
隅に姿見有

施術台
マット

シャワールーム
★★☆☆☆
明るくキレイですが脱衣スペース寒いです

セラピスト
黒のミニワンピース
ホームページ画像

施術
ホームページからはやる気が感じられるので期待してオープン早々に訪問。
予約の電話ではお兄さんが対応良く、期待して店へ向かいます。

指定の場所から電話すると迎えに来るというので寒いさなかボーっと待つこと7,8分
電話のお兄さんらしき人が迎えに来て一緒にマンションへ。ちなみに2回目以降は直接マンションの前から
電話で構わないとのことでした。

マンションへ到着するとお兄さんが拡げてくれた使い捨てスリッパを履き、後を着いていくとソファが置いてある
受付らしき場所へ。事務所へ連れ込まれた雰囲気はチョット・・・

コースの確認があり誓約書らしき書面を早口で読み上げ署名を求められたので姓名と電話番号を
記入して会計します。するとセラピストさんに連絡するらしく部屋の外へ、すぐに戻ってきて雑談していると
ノックの音がしてお兄さんがドアを開けコース、名前を伝えてからご対面。「あらかわいい」なんて思っていると
すぐにシャワー室へ。

コートを預けると脱衣スペースに置いてあるカゴに脱いだ衣類を入れシャワーへ。自然光が入るし、新しくて
キレイ、さらにシャワーのお湯も出してあるのも

シャワーから出ると洗面台にホームページに書いてある通りアメニティが一杯、とりあえずマウスウォッシュが
あったので、もしかしてに備えクチュクチュ。準備万全と紙パンツを穿いて扉を開けるとセラピストさんが待機
しています。セラピストさんは衣類が入ったカゴを持つと「お部屋へ」と階段へ。

一階から二階への階段はさほど急でないので少し屈みながらゆっくり歩いてみましたがチラリは
ありませんでした。セラピストさんの身長によっては、また二階から三階への階段は期待できそうです。

二階へ上がると左右ともカーテンが・・・「えっ、もしかして」と思っていると、セラピストさんがカーテンを
開け「どうぞお入りください」

薄暗い部屋にマットが敷かれて暖房器具やら空気清浄器やら所狭しと並んでいます。そんな中で俯せになると
全身にタオルが掛けられ、タイマーらしきものを見せられ「これからスタートです」とスイッチを入れます。
暗くて見えないので何分でセットしたのか判りません

まずは足元に位置取り膝下から太もも、臀部と軽く圧していきます。
腰の横辺りに移動して臀部から腰、ここまでは密着どころか温もりすら感じることはありませんでした
察したのか、臀部あたりに跨るとビタッっと温もりがわかるほど押し付け背中から肩
しかしお楽しみは一瞬で横に移動すると肩から首でオイルに。

横から背中全体にオイルを拡げてスリスリと擦ります、ひたすら擦ります。擦り終わると足元へ移動して
膝下から太もも、臀部と擦ります、時に付け根周辺は通過しますがそこまで。

カエル脚になると臀部をスリスリ、手首くらいまで股間に差し込むと付け根あたりをスリスリ。
すると「四つん這いに」の声が・・・おっ、きたかと思い、すぐに四つん這いになりケツを突き出します。
セラピストさんは股間に位置取り、まずは臀部からスリスリ、続いて両手で付け根をスリスリ、
これを数回繰り返し終了。ホットタオルを取りにカーテンの外へ。

最初は丁度いいかな思っていた室温ですが、やたらヒーターは熱い、が、ヒートマットは敷く位置が悪いのか足元は寒い。ふと廻りを見渡すとカーテンの隙間からキッチンが「!」、部屋の壁面にエアコンはなく
床を触ってみるとフローリングは冷え切っています。寒いはずだと納得しているとセラピストさんが戻ってきて
サッとホットタオルでオイルを拭き取ってもらい仰向けに。

頭を挟むように座るとデコルテから、膝立ちになり施術し始めたので、もしかしてと思いましたが
力を入れるためらしく、すぐに座りながらの施術に戻りました。

移動するのに立ち上がるため、下からの眺めは、薄暗いのでバッチリとはいきませんが。
横へ移動すると腹部をスリスリ、足元へ移動して膝下から太ももをスリスリ。

股間に移ると太ももから付け根を繰り返し繰り返してタイマーが鳴りお時間。
腕全体を使った、丁寧でより深いリンパドレナージュっていつやったのと考えているとシャワーの準備が
できたようで1階へ。

トリートメントで温まらなかったのでお湯がでているのは助かります。サッとシャワーでオイルを流すと
脱衣スペースへ、で、ここが最初とは違いとても寒く感じます。ここにヒーターでも置いたらいいのに
と思いながら一人身体を拭きドアを開けるとセラピストさんが待機してます

残念ながらチラリもなく部屋へ戻るとアシストなく着替えを促されセラピストさんはカーテンの外へ
一人、衣類カゴを取り着替えていると再びタイマーが鳴り始めます。急かされてるのかと思い
急いで着替え終わったところで鳴りやみ、カーテンを開けるとセラピストさんが待機していて階下へ。

今一度、受付に案内されるとお兄さんがお迎え、おしぼりを出されて缶コーヒーを貰い一口二口。
「どうでしたか?」と聞かれ「大変ですね」と一言。

玄関までお兄さんがお見送り、お勧めのロング靴べらはご辞退して店を後にしました。

紙パンツ
定番Tバック
homearoma

所要時間
103分(店での所要時間)
15分(受付、最初のシャワー、帰りの受付)
88分(部屋にいる時間がおおよそコース時間)

独り言
新年早々風邪ひきました。キッチンで施術、確かに今までにないですね
同時間予約では路上待ち合わせで客同士顔を合わせることはありますね、マニアはマニア同志判るものです
オープン当初ですから・・・日々いい店になっていくことに期待します
ウィッチズガーデン ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売

↑このページのトップヘ