しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

新宿

2
優雅で贅沢な時間を・・・

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩6分

訪問日 
2017年5月

訪問回数
初回

コース
bloomコース

料金
90分16,000円(OPENキャンペーン1,000円割引、通常17,000円)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
1Kマンション

施術室
10畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
キレイにしてるユニットバス

セラピスト
白Tシャツ黒フレアミニ(ホームページ画像)
黒ベビードール(施術~洗体)

施術
どこもどこかで見覚えあるような気がして・・・
そんな中、時間と予算が合う店をいくつかピックアップ。
その中からWEB予約で空き状況確認できるこちらの店を調べて見ると
希望の時間が空いているので即予約。

予約時間の少し前に再確認メールくるも電話確認は不要のようで楽です。

予約時間の数分前に指定の場所から電話入れると暫くして女性スタッフさんが応対、
すぐ近くのマンションの部屋番号教えてくれ、マンションへ。

部屋の前でチャイムを鳴らすとやや間があって扉が開きます、ドキドキする瞬間。
「どうぞ」と中へ入るよう促されますが・・・

スリッパ突っ掛け、案内されるのを待つとさらに「どうぞ」と奥のほうを指します。
そのままキッチンの横を通り抜け進むと広い部屋が。
片隅にソファがありそこへ腰掛けると、お茶の準備へ。

すぐに冷たいお茶とお菓子が置かれたトレーがサイドテーブルに。
お茶を勧められ一口啜るとコースの確認と会計、オプションはないようでホッ。

釣銭持ってくると着替えを促され、そのまま脱いだ衣類はハンガーに掛けてくれたり、
定番のカゴに畳んで入れてくれたり。
タオルを渡されるのですがこれが小さい、スポーツタオルじゃないかと思うほど。

タオルで前を覆うようにして一緒にシャワー室へ。
狭いですがキレイにしているようです、丁寧に無香と香りありのソープの説明もしてくれます。
無香のソープ使い、サッと流して洗面台に置かれた紙パンツ拡げると・・・横スカ。

緩さにニヤニヤしながらセラピストさんの待つ部屋へ。

すると思わずセラピストさん見てニヤニヤ、薄暗いですが微かにインナーも・・・
残念なのは部屋が暗過ぎるのとカガミがないこと。

マットに俯せになると全身タオルで覆われシャワー室の片付けへ。
久々のバストマット、慣れていないので位置決めに時間が・・・

すぐに戻ってくると「失礼します」と横から肩と腰に手をやり伸ばすように圧し揉み。
心地よい圧加減も思わず「ウッ」と声が出てしまうコリよう。

続いて太もも辺りに跨り、臀部から腰、背中をグイグイ、かなりしっかりと圧し揉んでくれます。
肝心の座りかたは太ももを閉じているのか臀部には期待する感触は得られず・・・

足元に移動すると膝を曲げてのストレッチ、最初はムニュっとした感触が足の甲に。
ところがすぐに肩に乗せられるような感触でちょっとガッカリ。

足裏をしっかりとアソコで押さえてくれ脹脛から太もも、臀部へと圧し揉み。
カガミがないので表情を窺うこともできず、じっとイイ子にして当たり障りのない会話を・・・

タオルを取るとオイルに。
ウォーマーで温めているわけではないので最初はちょっとヒンヤリ。

ここでも足裏をしっかり押さえると脹脛から一気に臀部までオイルを拡げるようにサァーっと。
オイルを脚全体に拡げると圧を強めにしてショートストロークでグリグリと脹脛から。
しっかり膝窩も手のひらで圧し揉みすると太もも、臀部へと・・・

太ももから臀部を数回繰り返すと引き際に付け根周辺にもごあいさつ程度のクリクリが。

太もも辺りに跨ると背中を軽くクリクリ、今度はオマタを感じとることができる座り方、
全神経を尾骨あたりに集中させて感じ取ります。
するとピタッと覆いかぶさりオッパイムニュっと押しつけ肩をモミモミ、
セラピストさんの顔は耳元辺りに、これにはドキドキ。

足元に移動するとカエル脚に。
股間に入り込んだセラピストさん、曲げた脚を挟み太ももに抱きつくような態勢。
まずは臀部をサワサワ、続いて腰から手を廻し鼠蹊部から付け根をしっかりとクリクリ。
同時に膝は終始小生の太ももをスリスリ・スリスリと動き続けています。

臀部を撫でまわすと股間から付け根、鼠蹊部へ、さらに裏拳で袋もしっかり。
指先は乳首へと伸びてクリクリ、脇腹サワサワ、これにはピクッと反応してしまいます。

ここで「四つん這い」の声。
サッと膝をついてお尻突き出すとググッと股間に膝を詰めてきたセラピストさん、
まずはオッパイ当ててお尻を抱きかかえるように腰から手を廻し紙パンツに指を滑り込ませ・・・

続いて紙パンツの紐に手を掛けたので、もしや、と思いましたがグッと上にあげて臀部をスリスリ。
ただ紐が邪魔だっただけのようで・・・

股間からは両手を突っ込み、紙パンツの縁をスリスリ、
奥深くに腕を差し入れることはなかったもののしっかりと周辺をトリートメント。

再度腰から手を廻すと下腹部をしっかりとスリスリ、
いつ事故ってくれるのかワクワクも大事故には至らず。

頭部に移動すると頭をオマタで挟み込み肘を使いグリグリと背骨沿いをしっかり、
小生の後頭部には下腹部がしっかり、思わず頭をグリグリと押し付けたい衝動に・・・

ここでオイルを拭き取るとのことでホットタオルを用意。
水溶性では?と思いながら温かさが残るタオルでしっかりと拭き取ってくれます。

そして仰向けに。

俯せ時と同様にグッとオマタに頭を挟み、まずはサッとデコルテ、
続いて腸セラピー風に指を立ててへそ廻りをグリグリ。

今一度デコルテスリスリのあとに両腕を掴むように上腕から手首へと流していきます。
その時、目の前には谷間が・・・
あっという間に谷間に顔面挟まれた小生に、セラピストさん「苦しくないですか」
これには「ウゥッ」
次からは口は上乳が当てられ呼吸できるようにしてくれました。

足元に移動すると股間に入り込み、カエル脚の態勢に。
ここでも脚を挟むと膝で内腿をスリスリ・スリスリ。

指先は内腿サワサワ、付け根から鼠蹊部スリスリ、脇腹からサワサワ、乳首クリクリ。
微妙にサワサワが続きすぎるのは・・・

態勢を変えグッと股間に入り込むと内腿から付け根、鼠蹊部をスリスリ、サワサワ。
横スカならでは動きやすさなのか縦横無尽に動き回り、キワどさは中々のもの・・・

ヘソ下三寸あたりはダイレクトでクリクリ、いろんな付け根もクリクリ、
もちろん微妙なラインには至らず・・・

もうすぐお時間らしく、小生の下半身を覆うようにタオルを掛けると、
タオル越しですが疑似・・・、腹部から乳首をサワサワしながら微妙に腰をクイクイ。
 
すると急に覆いかぶさってきて頬ずり・・・耳元で息遣い感じます。
その態勢のまま、腰をクイクイ。

微妙に位置はズレおり、タオル越しなので間違えは起こりようがないのですが・・・
腰クイクイ、ほっぺスリスリを数回繰り返したのち、
オイタ我慢したご褒美なのか、ほっぺにというより耳元で「チュ」と音を立ててお時間。

仰向けでもホットタオルでオイルを拭き取ってくれるとシャワー室へ。

「お背中流しますか」に喜んで紙パンツ脱ぎ捨て浴室へ。
無香のソープ使い、スポンジ泡立てて背中をスリスリと優しく洗ってくれます。
残念ながら正面はご自分でと、外へ。

水溶性なのに中々落ちないというか流れない・・・
いろいろな水溶性オイルがあるな、と思いながらスポンジでゴシゴシ。
落としきるのは諦めて小さなタオルで身体拭いて部屋へ。

丁度片付けが終わったらしく、ここでも着替えのサポート。
さすがにパンツ穿かせてくれませんでしたが・・・

差し替えたお茶を勧められて一口啜り玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック
yokosukakon

所要時間
88分

独り言
施術は密着、際どさもそれなりに
せっかくの衣装なので明るさとかカガミあるともっと良いのですが
オペレーション、接客、そしてオイルは・・・
それにしてもあの衝立の向こう、気になります

1
大量のホットオイルに浸かってみたい

最寄駅 
東京メトロ新宿三丁目駅
徒歩8分

訪問日 
2017年3月

訪問回数
初回

コース
loose tieコース

料金
100分19,000円(新規割引1,000円割引、通常20,000円)
オプション1,000円(ホームページ、店頭メニュー表示なし)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
応対女性スタッフ

店舗
マンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部、横に大きなカガミあり

シャワールーム
バスルーム

セラピスト
ワイシャツ(送迎時)
ベビードール(施術時)

施術
電話するとやや間があって女性スタッフさんらしき声で「・・・ハイ」
時間掛かりそうなので、こちらからホームページ見たを切り出して会話スタート。
希望の時間の空き状況確認すると予約可能とのことでコースと時間、名前を伝え予約。
すると指定の場所を教えられ、予約時間に電話してほしいとのことで予約完了。
料金も伝えられず、予約時間に電話と言うのは・・・

指定時間?予約時間?に電話すると次の目印教えられ、再度そこから電話するように・・・
次の場所から電話するとそこからはすぐのマンション、
オートロック解除してもらい玄関着は8分後。

チェーンロックはかかっていたもののドアは開いており、
隙間から覗くとセラピストさんと目が合い「どうぞ」とロックが外されます。

ワックス掛けた後なのか、よく滑る廊下をスリッパ履いてセラピストさんの後ろをスタスタ。
ワイシャツの裾からベビードールの裾が見えている・・・なんともテンションが上がらぬ服装。

奥の部屋に通され片隅の椅子へ。
コートはセラピストさんがクローゼットへ閉まってくれ、目の前に跪くと
挨拶も早々にメニュー見せながら「コース・時間、新規割引で19,000円です」
そして「オプションどうしますか?」

メニューをよく見てもオプションらしき文字は書かれておらず「オプションって?」と聞くと・・・

セラピストさん曰く「密着が多くなり、鼠蹊部への施術が長くなります」とのこと、
両方ともお願いしたいので「いくら?」と聞いてみると、
頼みやすい「1,000円です」
これなら丁度だと思い丁度渡して会計。

貴重品袋、クローゼットの案内があり、着替えを促されるとセラピストさんは部屋の外へ。
サッと着替え、タオルを巻いて言われた通りドアをノックすると
セラピストさんが待機していて一緒にシャワー室へ。

案内された洗面台の片隅には2種類の紙パンツ、気分で選べるのはイイですね。
ワクワクしながらシャワー室へ入ると・・・お湯が出ていない。

すぐにお湯が出るのかと気を取り直しカランを廻しても水・・・
さらにシャワーヘッドを手にするとベトベト・・・
さすが大量オイル謳っているお店だけのことはあります、が、なかなか適温にならない。

カランを上に下に右に左に弄りまわしていると漸く温かに、ホッとしてシャワーを浴びます。

紙パンツはピンクを選んでスカスカ具合をカガミにて確認します。
もちろん、この後の展開にワクワクしながら扉開けると・・・

セラピストさんもワイシャツ脱ぎ捨て準備万全の服装に。
後ろから透け具合を見ると・・・肩紐は見えますが透け度はイマイチ。

ちょっとガッカリしながら部屋へ戻ると、セラピストさんから「俯せに」の声。
マットに俯せになるとセラピストさんは腰横に位置取ると「ちょっと熱いかもしれません」

すると片手に持ったディスペンサーから直接背中にピュピュ・ピュピュっと吹き付けると
そのオイルをもう一方の手で全体に延ばし拡げていきます。

背中から肩、肩から腰、腰から尻、太もも、脹脛へと掛けては拡げ掛けては拡げとニュルニュルニュル。
オイルは決して熱くなく小生にとっては丁度いい、ホットオイルならこのくらいの温度でないと・・・

オイルを拡げ終わると軽く背中から脹脛まで撫でると、頭部へ移動。

頭と膝で挟むように座ると肩甲骨からグリグリ・グリグリ。
オイルを垂らして背骨伝いに割れ目までクリクリ。

腰に顔を寄せるように抱きつき、脇腹辺りをスリスリ。
もちろん背中にプニュっとした感触が、そして後頭部にもプニュっ・・・
抱きついたまま、指先は脇腹から臀部までスリスリ・サワサワ。

つま先のほうを向いて腹部に跨ると太ももスリスリ。
脚に抱きつくようになり脹脛をスリスリ、このときも太ももあたりにプニュっとした感触が・・・
チラ見チャンスとカガミ越しに覗いてみるも角度が悪く拝めずじまい。

足元に移動すると膝を曲げてのストレッチ、これには思わず「ウウッ」と声が・・・

足裏を腿で押えてショートストロークで脹脛からスリスリ。
膝窩、ハムストリングとも小気味良いショートストロークでスリスリ・スリスリ。

カエル脚になると股間に位置取り、曲げた脚をセラピストさんの腿で挟みながら
臀部にオイルタラタラするとスリスリ・サワサワ、股間から腕をねじ込むとグリグリ。

運転がうまいのか、望むところには今一歩届かずじまい。

足横に移動すると曲げた脚を外側から挟み、股間に腕をねじ込みグリグリ・グリグリ。
手だけのストロークはちょっと単調に・・・

ここで「四つん這い」の声。

股間にズズッと入り込むとディスペンサーを割れ目に向けてピュピュッ。
ディスペンサーはウォーマーには入っていなかったようで、
すでに最初のような温かさはなくなっています。

ただ割れ目を伝って会陰へと流れるオイルの感触はなんともいえぬ心地よさ・・・

そのオイルをこぼさないように、という手つきはなく臀部を軽く撫で、片手づつ股間に。
単調に鼠経部周辺をスリスリと撫でまわすと「仰向け」の声。

ゴロンと寝返りを打ち仰向けになると黒っぽいベビードール姿のセラピストさんが目の前に・・・

頭を膝で挟むように位置どると温めていたディスペンサーに変えたのか温かいオイルが胸元に。
デコルテから乳首を周回、そして下腹部へ・・・

すると目の前には谷間、も残念ながらプニュっとした感触は得られず・・・
さらに指先は太ももへと伸びます、が当たるのはお腹。

枕元から離れると立ち上がってつま先の方へ向いて腹部に跨ります。
期待しましたが疑似〇〇〇とはいかず。
太ももスリスリ、太ももにピタッと抱きついて膝下スリスリ。
腹筋鍛えておけば良かったと少し後悔もカガミ越しで満足。

足元に移動すると足の甲を腿で押えて膝下から太ももへショートストロークでスリスリ・スリスリ。
脛に跨り、太ももから付け根へとスリスリ・スリスリ、付け根には届くのですが・・・

股間に移動すると期待を持たせるようにゆっくりと内腿を撫でまわしながら付け根へ。
やや間があって、ひと休止かと思いきや紙パンツの上にオイルがタラタラ・タラタラ・・・

両手でオイルを拡げるように内腿から付け根、そして鼠蹊部から下腹部とスリスリ。
くるかくるか、と待ち構えるも・・・
このあと両手で安全運転続いてお時間。

シャワーの準備に、と部屋の外へ。

虚脱感だけが残る時間・・・

すぐにセラピストさんが戻ってきて一緒にシャワー室へ。

すると・・・
「お背中流しますね」と一緒に入ってきます。
紙パンツ脱ぐタイミング逸してしまい、そのまま中へ入ると
セラピストさんがボディソープ泡立てスポンジで背中のオイルを洗い流してくれます。

背中を流し終わるとスポンジ渡され「どうぞ」とセラピストさんは退出。
一人となり前面を自ら流すと・・・流してもなかなか落ちない、「水溶性」って書かれていたような・・・

これではソープも泡立たないし、シャワーヘッドもベタベタするはず、と妙に納得。
身体拭いて扉開けるとワイシャツ羽織ったセラピストさんが「どうぞ」
部屋に入るのは小生一人、サッと着替えて勧められていないお茶を勝手に啜り、
着替え終わった合図にと、扉を少し開けると・・・

「どうもありがとうございました」と扉を大きく開けられ、玄関のほうへ導かれます。

そのまま玄関で見送られ、外へ出ると無情なロックの音が・・・
時計を見ると予約時間からもうすぐ100分。

紙パンツ
横スカTバック(色違い2種類あり)
tokyosyounen
       
所要時間
88分(最初の指定場所からは98分)

独り言
時間スタート開始時は書かれていないのでこんなものですか・・・
このあとオイル流すのに時間掛かるんでしょうね、セラピストさんも。
ホットオイルはもう少し温かくてもいいくらい、でも使いはじめはホットオイル。
料金設定が某店と似ていたのでちょっと期待したのですが・・・

2
厳選された美女に癒されたい

最寄駅 
都営大江戸線東新宿駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
スペシャルコース

料金
90分17,000円
(オープン記念3,000円引、某サイト見た1,000円引、メルマガ登録1,000円引、通常22,000円)
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
頭部、横にカガミ有

シャワールーム
浴室、洗面台あり

セラピスト
黒ミニワンピ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
ベビードール(施術~お見送り時、色違い、他あり)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対、ホームページのスケジュールから
ワクワクさせてくれそうなセラピストさんの空き状況確認すると
「〇〇さまなら〇〇時からお取りできます」
とセラピストさん、いやセラピストさまの空き状況を教えてくれます。

コース、時間をを伝えて予約お願いすると割引での料金教えてくれます。
指定時間に最寄りの場所から電話してほしいとのことで予約完了。

指定時間に電話すると近くのマンション、マンション名確認しながら歩いて3分くらい。
オートロックを解除してもらい部屋の前へ。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすとやや間があって、
扉が開くと小さな声で「いらっしゃいませ」とお出迎え、
ちょっとイメージと違いましたが、すぐに視線は黒ワンピースの透け具合へ。

用意されたサンダル突っ掛け、セラピストさまの尻追っかけ奥の部屋へ。
同じようなドアが3つ並んでいる一つを開け、椅子へと案内してくれます。

椅子に腰掛けると「お飲物は」、ホットかアイスの二択のようですが・・・
すぐに飲み物が運ばれてきてコースの確認、会計。

カルテへの記入を促され部屋の外へ。
カルテは力加減や触れて欲しくない施術部位などお決まりのものなどと
変わったところではオイル量の選択も、ここは普通で記入。

セラピストさまが戻ってきてカルテの確認。
合わせて次回使える割引券を渡され、着替えに。

脱いだ衣類はすべて椅子に置いてタオルを巻いて準備完了、
暫くするとセラピストさまから声が掛かり一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースのバスマットに乗った瞬間ヒヤッと・・・
シャワーのお湯は出ており浴室にも蒸気が立ち込めていて繁盛しているようです。
水量水圧とも申し分ないシャワーヘッド、残り少なくなっているボディソープを手に泡立てようとすると
泡立ちが悪い、ソープも幾分水っぽい感じ。
サッと流して紙パンツを選択、洗面台横にはブリーフタイプらしき包みとTバック。
ブリーフタイプでの新技が、とも考えましたが無難にTバック選択してドアをノックすると・・・

「ウワッ・・・」、直視していいのかどうか気持ちでは迷いましたが視線は舐め廻すように。
どこかのサイトで見たような衣装のセラピストさま、インナーは微妙でしたが・・・
「どうぞこちらへ」と一緒に部屋へ。

部屋へ戻るとマットへ俯せに、すぐに全身タオルで覆うとシャワー室の片付けへ。
戻ってくると足元横に位置取り揉み解し、脹脛を手のひら全体で体重掛けグゥーっと、
続いてハムストリングもグゥーっと、これはチト痛かったですが今後の展開考え我慢することに。

太もも辺りに跨り臀部から腰、腰横に移動して背中から肩をモミモミ。
カガミをチラ見するも頭部、横とも位置が見にくいうえ、暗いので折角の衣装も堪能できず。

いよいよオイル、と思っていると足に掛かっているタオルを掛け直してもう一度揉み始めます。
同じように脹脛から太もも、今度は臀部に跨って腰から背中、
二度三度ピタッと覆いかぶさるような態勢になってタオルの捲れを直します。
これは最初と少しばかり違う展開。

足元に移動していよいよオイルかと思ったところ、今一度タオル直し始める嫌な展開・・・
見事的中してタオル越しに脹脛スリスリ、ハムストリングモミモミ、背中をグリグリ、
僅かながら手法が違うといえば違うのですが・・・枕元にある時計を見ると施術開始から30分経過、
もしかしてホットオイルにしたから、オイルが温まるまでの時間揉み解ししてたのか、なんて・・・

足横に移動して施術部位だけタオルを捲ると脹脛からスリスリ、
あまり温かさを感じないオイルを脹脛に擦りつけるように延ばします。
ショートストロークで太もも、臀部へゆっくりと移っていきます。
指先は付け根数センチ手前でUターン、淡々とオイルを塗っていく感じ。

腰横に移動すると腰から背中を手のひら全体で、まるでサンオイル塗られているような・・・
オイルは背中に塗られるくらいから温かさを感じるように。

カエル脚になると曲げた膝の横に位置取り太ももスリスリ、
さらに付け根ではなく、太ももを両手で持ち上げるようにしてグリグリ。

セラピストさまは移動することなく、
施術し終えた脚を伸ばすとその上にタオルを敷いてもう一方をカエル脚にしてスリスリ、
タオル越しですが伸ばした脚にはセラピストさまの腹部の感触がムニュ。
ワクワク感が乏しいのはその指先、太ももスリスリに心地よさも際どさも・・・

臀部にタオルを敷くとその上に跨って腰をスリスリ、
すぐに腰横に移動して脇腹を揉みだすようにモミモミ、
タオルを敷いてその上に寄りかかり反対側もモミモミ。

ここで漸く仰向けの声が・・・
時計を見ると施術開始から1時間経過、頭の中にはハシゴの候補が数店巡ってます。
反面濃密なラスト、なんてことも期待したり・・・

仰向けになるとセラピストさまは頭部に移動してくると枕を取り小生の頭を膝に。
キタキタと膝枕期待したところ膝頭の間に小生の頭がスッポリ。
これではオッパイスタンプが、と思っていたら案の定・・・

デコルテ中心にスリスリ、スリスリ、スリスリも・・・オッパイがこない。
薄目を開けてチラ見するもセラピストさまのアゴしか見えない、まぁ一所懸命なんでしょうが。

デコルテが終了すると横に移動すると小生の手を取るので一瞬勝手に妄想しましたが・・・
肘を曲げ、自分の胸に手を当てる格好に。オイタ対策なのかも。

安心したわけではないでしょうが両手で腹部を入念にスリスリ、
下腹部あたりまで指先は届くもののキワというには・・・

足元へ移動すると膝下をショートストロークでスリスリ、太ももも同様にスリスリ。
股間に入り込むと内腿から付け根手前をスリスリ、たまに下腹部。

ここで「そろそろお時間ですが延長どうされますか」
久々の延長お誘いに「何かいいことある」って訊こうか迷いましたが
「いや」と答えると「どうぞ」と湿ったタオルを渡されシャワーの準備へ。

時計を見ると既に終了予定時刻を過ぎています。

すぐに用意ができたようで一緒にシャワー室へ。
脱衣スペースからは一人、紙パンツ捨てようとゴミ箱を見ると繁昌しているようです。

多めにソープを手に洗い流すとオイルも水溶性なのかサラッと簡単に流せました。
洗濯機の上に置いてあった新しいタオルで身体を拭いて待機していたセラピストさまと部屋へ。

部屋へ案内されるとセラピストさまは外へ。
一人着替え終わり最初のお茶を一口、ノックがありお迎え。

そのまま一緒に玄関まで。

紙パンツ
Tバック
organic spa

所要時間
105分

独り言
ベビードールはいいですね、ベビードールは。
流れをこなすのに一所懸命なのはわかるのですが・・・

2
私の家・・・そんな気持ちにさせてくれるのでしょうか

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩1分

訪問日 
2016年12月

訪問回数
初回

コース
LUXUEUX VIP MOUSSE COURSコース

料金
120分22,000円(某サイト見た+新設記念で2,000円割引、通常24,000円)
指名なし(指名料記載なし)
支払総額22,000円

予約方法
電話予約、WEB予約、LINE予約

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
キングダブルサイズベットにマット
横に大きなカガミ、頭部にも大きなカガミ

シャワールーム
バスルーム、洗面台あり

セラピスト
送迎時サンタコス
施術時セパレート水着

施術
WEB予約で簡単予約、まもなく折り返し確認メールで予約完了。

指定の場所から2分前くらいに電話するとすぐに店名応対、
予約している旨を告げて道案内してもらいます。
なんとなくわかっていたものの、間違えないようしっかり聞きながら案内の通りに。

すぐに指定の場所について階段をハアハアしながら。
手袋をバックに仕舞おうをすると階段の横に隙間が・・・
落とすと面倒くさそうなのでそのまま手にもって指定階まで。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすとやや間があってガチャリ。
心の中でメリークリスマス!、目線は胸元・・・

「施術ルームにご案内します」と奥の部屋へ。

ソファに腰掛けると飲み物の注文、すぐに飲み物が運ばれてきて自己紹介。
コートを掛けてくれると会計、が無料オプションについては訊かれず・・・

着替えを促され沢山のハンガーを使い一人で着替え。
勝手に使い捨ての貴重品袋使い、棚からタオル取って準備完了、
声を掛けるとセラピストさんが顔を出し、シャワー室へ。

親切にソープの案内もありましたが使いたいほうのソープは空。
サッと浴びて紙パンツが入れてある小物入れを見ると・・・おそらく全て横スカ、
ピンクもありましたが小さそうなタイプを選んで穿いてみると幅は狭そうに感じ、思わずニヤニヤ。
(複数の横スカと比較しましたが実際には前幅は同じ、後ろ幅は広かったです)

包みのビニールを捨てようとゴミ箱を見ると・・・繁盛しているようで泡のついた紙パンツが。
私の家に見ず知らずの人の使用済みパンツとは ・・・

タオル巻いて一人部屋へ戻るとセラピストさんが・・・サンタさんからの贈り物に変身。
マットに俯せにゴロンとなるとちょっと湿ったタオル掛けられ、シャワーの片付けへ。

すぐに戻ってきて、「〇〇さんお部屋の温度いかがですか」と名前で声を掛けてくれます。
さらに「触れて欲しくないところは」、「力加減は」と確認しつつ、
コミュニケーションとりながら脚全体を軽く圧し揉み、続いて膝を曲げてのストレッチ。
臀部に跨って背中を圧し揉み、ここでは尾骨に・・・全神経集中させて感触を楽しみます。

足元に移動するとしっかりとアソコで足裏を押さえると
ポンプを押す音が数回聞こえ、オイルを脹脛から太ももへ拡げられます。
が、温かくない、棚にはオイルウォーマーが2台はあったのに・・・
チラッとカガミ越しに見ると容器だけがマットの上に。

足指で感触を感じながらの脹脛スリスリはついつい力が入ってしまい、
セラピストさんから「痛いですか」

脹脛から太ももへと指先は伸びるも計ったように付け根手前でUターン。
それでも腰を少し浮かせてはまた足裏に座り直す、その感触は指先の動きを補うものが。

足先を向いて太もも辺りに座ると膝を曲げて脹脛をスリスリ、軽く足裏も。

カエル脚の態勢になると股間に入り込み、曲げた脚を挟み臀部をサワサワ。
手のひらで内腿スリスリも付け根ギリギリまで、もまだまだ余裕の序盤戦。

横に移動して、横から曲げた脚を挟み下腹部を浮かせるとその隙間に手を差し込みスリスリ。
臀部をサワサワすると人差し指で割れ目をスゥーっと・・・ホジるまではいきませんが。

股間から鼠蹊部へ手をねじ込む、動きは慎重で引き抜き時も無事故。
絡めた脚は思いだしたように動かしスリスリするも手が動き始めると停止。

太ももに跨ると臀部をサワサワ・スリスリ。
紙パンツの腰紐を上や下を通過したり伸ばしてみたりと入念に。

その臀部に跨ると腰、そして背骨沿いをグリグリ、
肩をスリスリするとピタッと背中に覆いかぶさるような態勢になり腕をスリスリ。
もちろん背中イッパイにオッパイムニュの感触、そして耳元では息遣いがハァハァ。

身体が離れると「四つん這い」の声が・・・
さっと尻を突き出すと、セラピストさんは両足をこじ開けるように膝をつき進めてきます。
ちらっとカガミを見ると、ベットライトに照らし出された哀れな姿が・・・

セラピストさんの両手の指先が臀部を撫でまくると両手とも股間へ。
袋裏から付け根を辿って鼠蹊部へ、愚息は時折挟まれ息苦しさも・・・

すると解放するかのように片手は臀部へ、もう一方はそのまま股間をサワサワ。
両手は休まず動き続けるも・・・ちょっと単調。

ここで仰向け、ムフフなボディラインが拝めます。
セラピストさんが「顔にオイルついても大丈夫ですか」と嬉しい気づかいに
小生「大丈夫です」とつまらない切り返しに・・・
バストマットを外すとセラピストさんは頭部に、膝頭で頭を挟むような態勢に。

視線の先にはオッパイ・・・
指先はデコルテからスリスリ、乳首に移るとクリクリ、腹部はサワサワと徐々に下腹部へ、
同時に両手が伸びたときは谷間が、片手が伸びたときはオッパイがムニュ、
もちろん柔らかさ感じられる衣装、これならオイルまみれになっても満足。

指先は下腹部まで、腰も浮き上がることなく足元へ。

膝を曲げて足の甲を押えるように座ると脹脛を手前に引くようにモミモミ、
膝から太もも、付け根へとスリスリ、微妙に腰が動くので想像膨らませながら感触楽しめます。

立てた脚はそのまま、もう一方の脚もカエル脚になり股を拡げた態勢になると
内腿から付け根へ、股間を通過して付け根から内腿へと撫でつけるように。

事故率が高まってきたところで「上に乗っていいですか」

両手を広げて迎え入れるようとするとその手は横に押さえつけられて下腹部に着地、

この感覚は疑似・・・

微かに腰が動きながらも指先は腹部からデコルテ、しっかり乳首もクリクリ。

その指先は肩から二の腕へ。
そして次の瞬間、ビタッと抱きついてきて・・・顔はすぐ横、頬が触れあう距離。
勘違いしそうな態勢のまま、肘から手に掛けてスリスリ・スリスリと仕事はしっかり。

息遣いを感じるではなくペロッとできそうな距離にはかえって戸惑いも。

立ち上がると足先のほうを向いて腹部へ跨ると片足ずつ抱きつくようにスリスリ。
上体が前のめりになると可愛いお尻が目の前に・・・

両脚は小生の腕をガードしていなかったので迷いましたが、この先を考えジッと我慢。
それでもお尻を眺めながら、セラピストさんの火照った脚が時折腕に触れるだけでドキマギ。

ここでタイマーらしき音が・・・
セラピストさんは立ち上がり「ムースの準備してきます」と部屋の外へ。
あらかじめ仕込んであったのかすぐに戻ってきて足元に。

多くの店ではここでトランクスに穿き替えるのですがそのままのようで・・・

開いていた脚をさらにグッと開かされる横から上からとムースを紙パンツの中に。

濃密ムース、包容感、ひたすら泡を詰め込んでるようなのですが・・・「ウ~ン、微妙」
ヒンヤリもあり、このままでは詰め込むのが施術なのかと・・・

するとここで「四つん這いに」、これには「えっ」と思いながらもすぐに四つん這いに。
ここでも造ったムースを全て使い切るかのように紙パンツの中に詰め込んできます。
そして横スカならでは、ムースで紙パンツがモッコリと持ち上がりそこに・・・

割れ目に沿って指先が・・・
トランクスと違って指がパンツの中に入っている感覚がないのは良し悪しも、
四つん這いでの施術は技術系ですね。

身体も気持ちもクールダウンしたところでタイマー音。

すぐにシャワーの準備から戻ってくると一緒にシャワー室へ。
紙パンツをゴミ箱に入れてサッと浴びても股にローションが残ります、
2回3回とソープを泡立てシャワーで流すもヌルッとした感触がなかなかとれない・・・
しかたなくそのままタオルで拭き取り、部屋へ。

片付けをしていたセラピストさん、「お茶を差し替えておきました」とシャワーの片付けに。
一人着替えてお茶を一口、コートも羽織ったところでサンタさんが部屋の中へ。

ソファには腰掛けず言葉を交わして玄関へ。
靴べらはお断りして階段を降りると一つ下の階では女性店員さんがお見送り中・・・

紙パンツ
横スカタイプ(色違い数種あり。前面の幅は変わらず、後ろ幅は広くなっていました)
<前>
<後>
所要時間
118分

独り言
ムースというか泡、人気あるのですかねぇ、多くの店で導入してますが・・・
この衣装、この密着、いまどきの要素バッチリですから忙しそうですね
なぜか距離感感じましたが・・・
DMM.make DISPLAY

3
なんとなく制服に誘われて・・・

最寄駅 
東京メトロ新宿三丁目駅
徒歩5分

訪問日 
2016年10月

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
90分14,000円(オープニングキャンペーン新規客限定割引、通常16,000円)
指名なし (指名料 1,000円)
入会金 記載なし
ディープリンパ 2,000円(店頭メニュー)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部、左右の三面にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム、洗面台なし

セラピスト
白ベビードール(プレミアムコース選択時、送迎・施術とも)

施術
電話するとなかなか出ない・・・電話切ろうかと思ったところで出るも無言、
仕方なくこちらから「ホームページ見たんですが」と切り出し会話スタート。

希望の時間を伝え、空き状況確認。
希望に近い時間で予約可能というのでお願いするとコース・時間の確認があり、
内容聞かずに「プレミアム、90分で」と伝えると総額を教えてくれ、場所案内で予約完了。

指定の場所から3分前くらいに電話すると、すぐ近くのマンション。
部屋番号を教えてもらい、エレベーターで指定階へ。

毎度のことながら、ドキドキしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。
色っぽいベビードール姿でのお迎えにドギマギ。
揃えてくれた使い捨てスリッパ突っ掛け、セラピストさんのお尻眺めながら奥の部屋へ。

カーテンで外光を遮った薄暗い部屋、頭部と左右にカガミ、
たっぷりオイル対応シートが敷かれたマットと期待が膨らみます。

片隅にある椅子に腰掛けると自己紹介があり、お茶の準備に。
すぐにお茶とオシボリがサイドテーブルに置かれて
コース・時間の確認があり、メニューを見せられてのオプションセールス。
鼠蹊部中心の施術を長くしますとのこと、チラッと料金を確認して「お願いします」

セラピストさんもよりニコやかになり会計。
着替えを促され、準備が整い次第、部屋の外へ出てきてくれというスタイル。
他にお客さんがいないからできるのでしょうが・・・

サッと着替えて定番のカゴに衣類を入れ、定番の貴重品袋に財布入れ、扉を開けると、
すぐにセラピストさんがどこからか出てきて、一緒にシャワー室へ。

明るいバスルーム、セラピストさんからソープ容器の案内もあり助かります。
もちろんお湯も出してあり〇。

サッと浴び、床に置いてあるカゴから紙パンツ取りだすと横スカタイプ。
タオル巻いてドアを開けるとセラピストさんがサッと現れ、一緒に部屋へ。

お茶を一口含んで、マットへゴロリ。
ビニールシートの下には電気シーツが敷いてありホンワカ暖か。
タオルで全身覆われるとセラピストさんから室温確認、細かな気配りを感じます。

まずは揉み解し、と臀部に跨って背中をグリグリ。
ピタッと座ったのであの感触、体温をタオル越しにじんわりと感じます。

太ももに跨ると臀部をグリグリと手のひらで体重掛け、しっかりと圧し揉み。

向きを変え、太ももに跨ると脹脛をグリグリ。
膝を曲げて足裏、足の甲をグリグリも引き寄せてオッパイへの押しつけはなし。

「それではオイルに」と声が掛かり「タオルは掛けておきますか」に
「いや」と一言、より密着が楽しめるように。

オマタで足裏を押さえるように座ると、ポットに入れ温めていた容器を取りだし直接足へダラダラ。
温かいというより少し熱いくらいのオイルはサァーっと心地よく拡がっていきます。

脚全体にオイルを延ばすとショートストロークで脹脛を適度な圧でグイグイと。
続いて脚に抱きつくような態勢になり膝上から太もも、臀部へと手のひらで撫でるように。
引くときには指先が臀部から付け根をしっかり確認して膝上まで・・・

カエル脚になると腰横に座り、膝上から太もも、付け根へオイルをタラーリ。
膝上から手前に引く手は勢い余ってガツン・ガツンと・・・

腰から鼠蹊部へと手を差し込みグリグリ。
さらに股間からも差し入れ、両手で抱えるようにグリグリには事故連発。

股間に移動すると両手を腰から鼠蹊部へねじ込むと周辺をグリグリ。
尻に抱き付くような態勢となりプニュっとした感触も・・・

そして「四つん這いに」の声、そして、
ヌルヌルになったシーツに「態勢辛くないですか?」とセラピストさん。

確かに滑りやすいも「大丈夫です」と小生。

お尻を突き出し四つん這いになると、
腰に抱きつき両手を鼠蹊部へ、伸ばした指先は付け根をクリクリ。

続いて股間から腕を差し込み、付け根から鼠蹊部サワサワ。
たまに臀部から割れ目をなぞるように・・・

ふと横を見ると・・・哀れな姿にガックシも、セラピストさんとカガミ越しに目が合いドキッ。

太ももに跨ると背中にオイルをダラダラ。
腰から肩までオイルを延ばすと臀部にはしっかりとあの感触が・・・

背骨に沿って力強くグリグリするとビタッと背中に覆いかぶさり肩をモミモミ。
密着、そして耳元で息遣いを感じながらの施術はメンズエステならでは・・・

オイルまみれを気にしない密着は久々だなぁ、と思っているところで仰向けの声。

頭部に位置取り、デコルテから腹部、そして腕、目の前にオッパイもプニュはなし・・・

すると立ち上がって跨ぎながら腹部へ移動、もちろんサービスショットはバッチリ。
頭を跨がれても怒りを覚えないのはこの時くらいでしょうか・・・

お尻をこちらに向けて膝上から付け根をスリスリ・スリスリ。
座った後はお尻を浮かさず施術しているので目の保養にはならず・・・

足元に移動すると膝下をスリスリ。
膝を立てて、足の甲をアソコで押さえると膝上から太もも、付け根へスリスリも
スベリがいいので上手く止まらずガツン・ガツン。

思わず足の指がピーンと・・・

立てた膝を横に倒しカエル脚になると横に座り、オイルタラタラ。
ニュルニュルになった内腿から付け根、鼠蹊部を入念にスリスリ・サワサワ。

太ももに跨ると腹部グリグリも疑似騎乗位にはならず。

添い寝の態勢となり脚を絡ませると指先は乳首から腹部、鼠蹊部から付け根周辺へと
スリスリ・サワサワ・クリクリ、そして「あと5分くらいです」

これを延長コールと取るか微妙でしたが・・・
「あぁ」と答えるとそのまま暫しスリスリ・サワサワが。

立ち上がると太ももに跨り、抱き起してもらい座位態勢・・・もお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとニュルニュルのシーツから立ち上がり、一緒にシャワー室へ。
かなりのオイルに時間を掛け、洗い流して部屋へ。

さっと一人着替えて差し替えてあるお茶を啜り、部屋の外へ。
施術後、セラピストさんとのティータイムがないのは・・・と思いながら玄関へ。

セラピストさんに見送られながらも、自ら鍵を開けてエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック
plumblanche

所要時間
96分

独り言
電話かけたとき、部屋の前についたとき、次のハシゴ先考えましたが・・・
この初回料金なら密着・オイルたっぷりも満足、でもキワドサは・・・

↑このページのトップヘ