しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

スライド

2
今月初めてのメンズエステ・・・
  
最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩20分

訪問日 
2018年10月

訪問回数
初回

コース
120分

料金
120分16,000円(プレオープン+初めてのセラピスト+新人割で6,000円割引、通常22,000円)
ディープリンパ2,000円
ホットオイル&ホットストーン1,000円
指名料1,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
電話応対女性スタッフ

店舗
一軒家

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
黒Tシャツにパレオ

施術
渋谷オープン当初から気にはなっていた店が新たに恵比寿に出店、その上料金も高くして・・・
これはと思い電話すると女性スタッフなのかセラピストさんなのか「はい」、確認したいこともあったのでこちらから気になったセラピストさん名を挙げて空き状況確認、すると希望の時間で予約可能と言うので割引、オプションを確認し予約。駅からは遠いようでタクシー利用も案内されます。

早めに恵比寿に到着して現地へとテクテク、動く歩道では身を任せてゆっくり・・・目印のマンションに着いたのは駅から20分後。現地近くで時間調整できそうなところ、コンビニとかコーヒーショップは見当たらない住宅街、怪しまれないよう周辺を歩き回り時間調整。予約時間2分前に目印前に再度到着し電話すると、わかりにくい案内もなんとか玄関前に辿り着くと同時に玄関が開きセラピストさんがお出迎え。

ホームページから想像していたイメージとはちょっと違いましたが可愛らしいセラピストさん、うつむき加減なのでよくわかりませんが・・・

玄関に入っても「いらっしゃいませ」の言葉はなく「どうぞ」、用意されたスリッパ突っ掛け案内を待っていると「どうぞ」と階段を指し「お部屋は3階になります」。どうやら小生が先に昇るようで急な階段をスタスタ。

薄暗い階段を3階まであがるとい草の香りが・・・嫌いではないですがかなり強い、アロマを楽しみにしていたのでこれはちょっと・・・
後でちょっと調べるとい草は森林浴同様の効果があるらしく、これがアロマ?これはこれでいいのかもしれませんが・・・

座椅子に腰掛けるとカウンセリングシートへの記入を促され、飲み物を温かいのか冷たいのの2択、ハーブティーの選択と思っていたのでがっかり。冷たいのをお願いして薄暗い中署名だけ終えると廻りを観察。

とくに目立ったものはなくオイルウォーマーにタオルウォーマー、マットの横には大きなカガミ、押入れには衣類カゴと金庫。するとセラピストさんがお茶を「どうぞ」に一口、温かい・・・

記入したシートを見たセラピストさん「こちらも記入してください」、暗くて見えないのに・・・技術系のお店と期待していましたがどうやら違うようで・・・

少しだけ明るくしてもらい言われたところだけ埋めるとコースの確認、今日は全部乗せのつもりで訪問しましたがセラピストさんのスキルが伴わないかと思い訊いてみるといくつか対応不可とのこと、それで可能なオプションをお願いして会計。

すぐにタオルを近くに置かれ着替えを促されます。そしてここで紙パンツの選択、Tバックかブリーフ、とのことで当然Tバックをお願いすると金庫や衣類カゴの案内はなくシャワーの準備へ。

押入れに衣類を脱ぎ置き貴重品は袋が見当たらないので案内の無い金庫に入れずそのままカバンに。そしてタオルを巻き終わるとノックがありセラピストさんがお迎えに。シャワー室は1階とのことで急な階段をスタスタ、慣れないスリッパ、薄暗い階段なので慎重に降ります。

脱衣スペースにある洗濯機の上にマウスウォッシュとスポンジ、そして紙パンツが置かれていますが案内はナシ、「お迎えに来ます」と言い残し扉がバタン。

洗濯機の上にタオルを置き浴室へ入ると広くないですが新しいらしくキレイ。ところがシャワーヘッドを手にするとベトベト、オイルが・・・ソープを手にシャワーヘッドのオイルを流してから自らもサッと流して終了。

用意された紙パンツの包みを開けると久しぶりのスライド式、とくに狭めることはせずにそのまま穿いて準備完了、タオルを巻いたところにセラピストさんから声が掛かり、一緒に3階へ。この時はセラピストさんの後ろからなのですがチラッが期待できるような丈ではありません。

部屋に入るとマットに俯せ。セラピストさんは部屋の外へ退出もすぐに戻ってきてタオルで全身を覆ってくれます。

腰横から揉み解し、と手を背中に。すると「温かい」たまに出会う手のひらが温かいセラピストさん。これはまさにセラピストさん向きの手、これからの施術にちょっと期待。

カウンセリングシートには「やや強め」に記したからか体重をかけての圧かけ、「力加減いかがですか」にも「気持ちイイヨ」。

反応を見ようとカガミを見ると眩しい、マット横に照明があるものの暗い中では眩しくカガミを見難くしている。意図的なのか実際にマットに横になって配置を考えていないのか・・・恐らく後者、それはマットと枕にも。久々に俯せで身体が痛くなりました、これはかなり前だとよくあったことなのですが最近はマットがよくなったのか良いマットを使うようになったのか痛くなることは少なかったのですが・・・枕もマットとは合っていないような・・・

仕方なく枕を抱える態勢をマメに変えながら施術を受けることに。

足元へ移動すると足の向きが気に入らないらしく自分の施術しやすいように変えようと・・・小生の骨格の問題なのでなかなか思うようにはいかないかと・・・ねじるように向きを変えると脹脛から太ももへと手のひら全体でスタンプを押すようにグイーっと。

ここで脚に掛かっているタオルを捲ると「オイル」の声が。
残念ながらアロマの選択の問いはなく、淡々とオイルを手に脹脛から。まぁホットオイルの選択したからなのか、それともカウンセリングシートに問いがあったのかもと勝手に解釈、オイルは常温より少し温かいくらい。

オイルの拡げ方も技術系とは・・・新人さんはアカデミー卒業前のセラピストさんなのかも、だから割引と勝手に納得。そしてこのセラピストさん、自身の持ち味手のひらの温かさを自覚していないよう、これは勿体ない。

足首を膝で挟み脹脛をスリスリ、続いて太ももをスリスリ、腰を浮かせているのでお楽しみの感触はなし。太ももへの指先は付け根近くまでは届くもののかなりの安全運転。揉み解しではそれなりの圧があったもののオイルからは撫でる程度に。

「足裏もやりますか」にお願いしてスリスリ。その後足首を掴み横に向かせようとするので、これはカエル脚と察してその態勢に。
曲げた脚の膝頭から付け根へとスリスリ、そしてキワは股間から付け根沿いに指先が入り込む程度、もちろん事故なし。

足を伸ばすと横から再びオイル、するとホットオイルなのか温かい、というか心地よい熱さ。このオイルの温かさ2段階いいかも・・・と思ったものの、もしかしてホットストーン??もちろん「ホ」のひと言もセラピストさんから案内はナシ。

このあともホットストーンを使う場面も案内もなかったのでこれがホットストーンを使った施術だったのでしょう、イメージとしては置石でジンワリだったのですが、そのようなことはせずに温めた石をオイルに浸し手のひらで包み軽く圧し流した、のでしょう。確かにオイルの温かさが長続きしているときがありましたので・・・

ここで両足にタオルを掛け直し背中に。

臀部に乗り背中を背骨沿いにスリスリ、微妙にオマタの感触、さらに覆いかぶさるような感触も・・・思わずカガミをチラ見もやはり眩しすぎて見えず。

横に移動すると手を取りを自らの脚に導くのでちょっと期待しましたが横に拡げるだけ、前腕・二の腕ともかなり入念にスリスリ。

室内はかなり乾燥しているようで喉が・・・態勢の維持がきつくなってきたのと合わせてモゾモゾ・モゾモゾ。

タオルを背中にかけるとオイルを軽く押さえ取り、仰向けに。

ゴロンと仰向けになろうとするとセラピストさんはタオルを大きく拡げ「見ないですよ」のポーズ、これって・・・

仰向けになるとセラピストさんは立ちあがり枕元へ、薄暗い中なのでチラリは見えず。

頭を挟むような態勢になるとタオルを「掛けますね」なのか「掛けますか」なのか聞き取れなかったですが二つ返事で「ハイ」。

その態勢でデコルテスリスリ、徐々に指先はへそ周辺から下腹部、まで。乳首はナシですが、かといって腋窩リンパを流すわけでもなし、もちろんオッパイスタンプなんかとてもとてもって感じ。

タオルそのままに足元へ移動。

足横から太ももをスリスリ・スリスリ、残念ながらオイルでのストロークはリズムも圧も全部同じ、単調・・・

足元から膝下、脛に跨り太ももスリスリ・スリスリ。
カエル脚になると横から内ももをスリスリ、付け根に指先は届きますが軽い接触事故さえ起こらず。

すると「お時間です」とスッと立ち上がりシャワー室の準備へ。

まだここではホットストーンがまだかも、と思っていたので次か次かと期待はしていましたが・・・もちろんディープもどこからなのか説明はいまだになし、だったのでがっかり、半分やっぱり半分・・・

ここでホットストーンが気になってタオルウォーマーを開けてみると・・・そこには納得の石が。
その上にあった時計を見ると既に終了時刻、これにはちょっとびっくり。

そこにセラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。タオルを腰に足裏にオイルついたままスリッパ突っ掛け降りるのはちょっと怖い、恐る恐る腰が引けたまま階段をゆっくり。

なんとか階段を降り、一人シャワー室へ。

さっとシャワーを浴びてもオイルは流れない、どうやら水溶性ではないようでソープで入念にゴシゴシもオイル残りに不快感はなし。

タオルを巻いて準備完了、そこにセラピストさんから声が掛かり、一緒に3階へ。差し替えられた冷たいお茶を一口飲み、一人着替え。

着替え終わり暫くするとセラピストさんがお迎え、次回割引券やらポイントカード、名刺を渡され玄関へ。

帰り道で見かけたガーデンプレイスのイルミネーションまだ明かりは灯っていませんでした、11月3日からだそうです・・・ロブションでランチ1回か、はぁ・・・

紙パンツ
スライド、他にブリーフタイプ 
secret2

所要時間
128分

独り言
久々というか、少なくともブログ書き始めて5年近く1か月もメンズエステに行かなかったのは初めて・・・嬉しいというか悲しいというか、「行きたい店」がホームページからですら見つからない・・・
そんな中での訪問店、所謂メンズエステではないのは承知で訪問も結果メンズエステでもないような・・・セラピストさんの在籍は多いようですし一応プレオープン中、コンセプトに書かれてあるようなお店には・・・これからなのでしょう。
初回カウンセリングシート記入があったから時間が長かったのでしょうか・・・時短でなかったのはいいのですが・・・

3
低料金に誘われて・・・

最寄駅 
都営大江戸線牛込神楽坂駅
徒歩7分

訪問日 
2018年6月

訪問回数
初回

コース
premium Body 90min

料金
90分10,000円(オープン記念5月31日までに予約、通常12,000円)
入会金記載なし
支払総額10,000円

予約方法
電話予約・WEB予約・LINE予約
電話応対セラピストさん

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
施術ベッド

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
白ブラウスに黒フレアミニ

施術
ホームページを見ると5月中の予約なら壱萬円、この値段ならと空き状況確認すると訪問可能な日時が空いている、これはとオンラインシステムで予約、するとビックリ、ほとんど同時に予約完了のメールが端末に。これは便利、凄いの一言。ちょっと不安なのが割引料金で表示されないことくらい、もちろんその旨は記載されていますが。あとは前日に確認メールが届き、これだけ。

当日5分前に指定の場所から電話すると近くのマンション。オートロック解除してもらい指定階へ。チャイムを鳴らすとすぐに扉がガチャリ。中から素敵なお姉さまがニコリとお出迎え。

スリッパ突っ掛け奥へ。導線には衝立とか備品がゴチャゴチャッとした感じ、部屋には施術ベッドがドーンと。片隅の椅子に腰掛けると自己紹介、そして利用規約とカルテの確認、署名を求められます。飲み物はドリンクメニューからお茶を頼むとセラピストさんはその準備へ。

薄暗い中、カルテはなんとか読めるところだけ記入し、日付と名前を書き終えたところにお茶がサイドテーブルに。一口啜りコース時間の確認、そして会計。バスタオルを渡され着替えの案内がありセラピストさんは衝立の向こうに。

サッと脱ぎ衣類カゴへ。バスタオル巻いたところでセラピストさんから声がかかり精油の選択が、一覧を見せられるもわからないのでおまかせしてシャワー室へ。

明るいシャワー室、浴槽蓋にはソープがありそれを手に取るといい香り。いつも無香ばかりなのでたまにはアリかも・・・ホームページを見るとこだわり抜いたソープのようです。ちょっと残念なのは吸気口、お忙しいようで。

サッと流して洗面台に置かれた紙パンツの包みを開けると・・・久々のスライド式。迷いましたが幅を狭めることなくブリーフのまま着用しタオルを巻いて部屋へ。

タオルを渡しベッドに俯せになるとタオルを掛けてくれ、シャワーの片付けに。

すぐに戻ってくると背中への揉み解し。手のひら全体を使ったしっかりとした圧、時に前腕を使ってグリグリ、思わず「ウッ」っと声が洩れてしまうものの気持ちイイ。施術用ベッドならの力加減。

そしてこのベッド、女性用と思うくらい小さい、縦横とも。これはベッドでの弱点、接触を増やすため意図的なものかも、と思えてしまうくらい。

左・右・そして頭部と三方からグリグリ・グリグリ、痛いというより効いてるという感じ。そして肩、首筋としっかり流してくれます。

そしてオイルに。

精油は何か、聞いたのですが忘れてしまいましたが数種類のブレンドだそう、俯せではそれほど感じませんでしたが仰向けでは仄かにいい香りが。

ベッド横でオイルを手に馴染ませるピチャピチャという音、聞きようによってはエロイです、もちろんオイルを温めるためなのですが・・・

背中からしっかりとフリクションで、立ち位置を替え体重移動で圧の調整をしているのかジワァーっと、思わず「うっ」と声がでてしまいますが決して痛いだけではなく気持ち良さが。

腰、そして肩から首と手のひら、指だけでなく前腕、そして肘も使いながらの心地よいストローク、ホッとできます。

足元での施術では小さなベッドにピタッと添いながら施術するのでセラピストさんのあんなところやこんなところが当たりまくり、もちろん見えていないので想像ですが・・・メンズエステならでは、小生の楽しみの一つです。

ストレッチを挟み、脚へのトリートメント、手のひらで、はもちろん前腕でもしっかりも期待するところには・・・届かず。

ここでカエル脚に。

すると臀部からふとももはあっさりも曲げた脚を持ち上げるように両手を差し入れると左へ右へと出し入れ、母指球が付け根にピタッ、なので袋を押し退け・押し退け、グリン・グリンと。当然傾いている方ならガチン・ゴチンとセラピストさんの手が優しく弾いてくれます。

ここで「少しお待ちください」とホットタオルで軽くオイルの拭き取り。
背中を優しく温かなタオルで拭き取ってくれるとすぐにバスタオルを掛けてくれ軽く押さえてくれます。最近はホットタオルで拭きっぱなし、ばかりだったのでちょっと感心。

そこで仰向けに。

確かに仄かにアロマの香りが・・・いつも無香ばかりだったのでイイです。
すると上空にセラピストさんが・・・といっても上半身がですが。白いブラウスが近づいてきて顔に触れながらデコルテから腹部へ。デコルテから腋へはしっかりとリンパを流し、腹部はてのひら全体で優しくメリハリあるストロークもスタンプまではなし。

頭部から立ち位置を替え腹部周辺を入念に、もちろんベッドからはみ出た手にセラピストさんの身体の一部が・・・

足元から太ももから付け根へとしっかり、続いて腰横に移動すると脇腹から手を差し入れ、紙パンツの紐の下をくぐり抜け鼠経部から付け根へ。手のひら全体を使って圧を掛けながら流していきます、人差し指から中指が付け根を通過していくので親指は・・・

もう一方の手も休むことなくデコルテ周辺を、ほかにも意図してかはわかりませんが小生の手にセラピストさんの身体が・・・

そんなワクワク・ドキドキも長くは続かずお時間。身体を起こしてくれシャワーの準備へ。
チラッと部屋の時計を見ると終了予定10分前。

すぐに戻ってくると背後に回り肩から背中をグイグイと。
アフタードリンクの注文し、揃えてくれたスリッパ突っ掛けシャワーへ。

水溶性ではないですが、サッと浴びて身体拭くとオイル残りの不快感はなし。
部屋に戻るとセラピストさんはシャワーの片付けに、小生は一人着替え。

着替え終わると声が掛かりセラピストさんは部屋の中へ。
すると最近はほとんど見かけなくなったポイントカードを手渡してくれます。
アフタードリンクを飲みながら暫し雑談もこちらからソロソロと玄関へ。

紙パンツ
スライドブリーフ
secret1

所要時間
94分

独り言
オープン間もないからか部屋のレイアウトは雑然としていますが・・・いまどきの薄着・密着スタイルからするとおとなしめ、施術もメンズエステとしては・・・ですが料金踏まえると満足度は高いです。
WEB予約システムいいですね、予約コントロールは難しいのかもしれませんが。
6月後半の予約、しそこないました、というかほとんどがすぐ埋まったようで予約状況見たときには完売でした。
この人気、ひとつには料金、この金額なら、ってメンズエステマニアの人は多いのかも。オーナーセラピストさんならでは可能な料金設定なのでしょうが・・・高騰しているなか是非是非頑張って欲しいです。

現役のグラビアアイドルさんに・・・

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩6分

訪問日 
2017年7月

訪問回数
初回

コース
GRAVEOオリジナルアロマリンパマッサージコース

料金
90分15,000円(オープニングキャンペーン4,000円割引、通常19,000円)
指名料1,000円(レギュラーセラピスト)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
一軒家複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
広めのバスルーム
意図的になのか照明が一つ点いていませんでした

セラピスト
黒Tシャツ、黒ジーンズ

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
ホームページから気になったコース時間とセラピストさんの名前をあげ、
空き状況を確認すると希望に近い時間で取れるというのでお願いすると
場所は恵比寿店とのこと、
あれ、確か電話番号は高田馬場に掛けたはず
場所が決まっているならホームページに記載すれば、と思いながらも予約。

するとキャンペーンの案内があり、只今4,000円割引とのこと。
割引は嬉しいのですが、あまり安くなるのも不安・・・
予約時間の少し前に指定の場所から電話を、ということで予約完了。

3分ほど前に指定の場所から電話すると、
店名応対、こちらから予約している旨伝え、会話スタート。

場所は2,3分のところ、ですが最初は入り組んだところに思えます。
電話しながらなんとか店の前へ、すると男性スタッフが「ではセラピストがお迎えします」

ワクワクしながらチャイムを鳴らすと・・・
ドアが少しだけ開いて、「どうそ」と声だけ聞こえます。
自らドアを引いて開けてみると・・・受付スタッフさん?と思われる女性が一人。

女性の案内のまま、階段上がり3階まで、女性の服装は黒Tシャツに黒パンツ、
まぁセラピストさんっぽいといえば、確かにそれっぽいのですが・・・
これでは折角の階段も上るのが苦痛なだけ。

廊下には立派そうなウォーターサーバーあります。
部屋に入るとサイドテーブルには既に紙コップが置かれていましたが
帰りまで勧められることはありませんでした。

案内された部屋は6畳ほどの落ち着いた部屋。
奥のソファに腰掛けると同意書への署名を求められます・・・
ってことは目の前の女性がセラピストさん??

好みの問題とはいえ・・・
まぁ目一杯ハードルあげられたセラピストさんも可哀想なのですが・・・

すぐに署名を終え、同意書を渡すとコース時間の確認。
念のため、オプションはないのか聞いてみると「ない」とのことで会計。

すぐに釣銭を持ってきて着替えの案内、渡されたのはタオルと紙パンツ・・・
タオルは超大判、マットカバー??紙パンツは久々スライド式。

ここで穿くの?と思いながら紙パンツ穿き、バスタオル腰に巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて1階まで。
お洒落な滑り止めついてますが、急な階段での使い捨てスリッパはちょっと怖いです。

脱衣スペースにも紙パンツが置いてありましたがどれも同じタイプ。
タオルが積まれたワゴンに大きなバスタオルとパンツを置いて浴室へ。

お湯が出ていないので、温度調整から・・・
ちょっと暗いのは電球が一つ切れているのか、切ってあるからか、
浴室は掃除する間もないほど忙しいようで・・・

すぐに適温になりサッと洗ってワゴンにあるフェイスタオルで身体拭いて
紙パンツを・・・もちろん前は目一杯狭めて準備完了。
大きなタオル巻いてドアを開けるとセラピストさんが「どうぞ」。

もしかして、ここで着替えているかも、と思ったのもジーンズのまま。
大きなお尻眺めながら3階まで。

大きなバスタオルをソファに置き、マットへ寝転ぼうとするも枕がない・・・
どちらを頭にすればよいのか迷っているとセラピストさんが「どうぞ、こちらへ」

言われたほうを頭に俯せに、そして手を顔の前に組んで枕替わり、で準備完了。
すると先ほど身体を拭いた湿ったタオルを優しく掛けてくれ、揉み解しから。

頭部に位置取り、タオル越しに背中スリスリ。

腰横に移動して背中から腰をスリスリ、そして脚もスリスリとじっくり時間を掛けて擦ってくれます。

足元に移動すると膝のストレッチですが、足首を持って手で押し曲げるだけ。

膝横に移動すると「オイルにします」と片足だけタオルを捲ります。
両手で膝窩から太ももへ、足首へとそれぞれにオイルを拡げます。

脚全体にオイルを馴染ませるとロングストロークで足首から太ももまで一気に。
両手親指を使ってショートストロークでスリスリと脹脛から太ももまで。
残念ながら、指先は付け根手前5cmでUターンもまだまだ序盤戦と思いこれからこれから。

足の甲を持ち上げ足裏にもオイルをスリスリ。

そしてカエル脚に。

曲げた脚のほうに位置取り、膝から太ももスリスリ、脹脛スリスリ。
腰からも股間からも腕を差し込むことは無し、そしてここでも付け根まで届くことは無し。

足を伸ばすと今一度横からスリスリ。
このあたりで腕に痺れが・・・

捲り上げていたタオルを脚に掛け、上から軽く圧してオイルを拭き取ります。
そして上半身に掛かっているタオルを捲り、セラピストさんは腰横に。

背中全体にオイルを拡げるとひたすら撫でるだけ。
ウトウトしているとタオルを持ちあげられたので横を見ると、
セラピストさんがタオルでナニを見ないようにするポーズ、もちろん穿いてますが・・・

痺れた腕でなんとか寝返りを打つと、今度はタオルは掛けずに足横へ。
膝中心にオイルを拡げると両手でスリスリとじっくり撫でてくれます。

ぐぃっと膝を曲げさせられ仰向けでのカエル脚に。

膝から太ももへスリスリ、足首へスリスリとここでもじっくり擦っていると・・・
「もうそろそろお時間ですが延長どうされますか?」
久々に聞いた延長の一言・・・
延長すると何かイイ事あるのか聞いてみようかとも思ったのですが、
ここはあっさり「いや」

すると暫くして擦っていた手が止まり、「お時間です、シャワーの準備してきます」と部屋の外へ。
すぐに戻ってくると1階のシャワー室まで。

紙パンツを屑籠に入れようとすると先客のも・・・
その上に全くオイルのついていない紙パンツ放り込み浴室へ。

自らお湯を出して浴びるとオイル残りはあまり感じられない、これはいいですね。
サッと浴びて置いてある小さめのタオル数枚使い身体を拭き、
大きなバスタオル巻いてドアを開けるとセラピストさんが待機していてまたまた階段で3階へ。

部屋に入るとセラピストさんは外へ。

一人着替えてドアを開けるとセラピストさんは部屋に入ることなく、
「どうぞ」と階段を降り始めます。

小生はそのあとをスタスタとついていき玄関へ。
自らドアを開けて、振り返ることなく帰路に・・・

紙パンツ
スライド式
secret2

secret1

所要時間
84分

独り言
カテゴリーが違うようで・・・

↑このページのトップヘ