しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

なし

1

仰向け重視

終わってみれば、あぁ・・・

最寄駅 
JR巣鴨駅
徒歩7分

訪問日 
2019年8月

訪問回数
初回

コース
Vip course

料金
100分20,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
スケスケベビードールにスケスケガウン

施術
電話すると男性スタッフが「ハイ」、返事はいいのですがそれからが続かない、こちらから某サイト見たで空き状況確認、すると「少しお待ちください」、この間はいろいろ想像しちゃいます。
すると希望に近い時間が取れるというので即予約、コースはもちろんVIPで、とお願いすると「地図の場所から電話してください」で予約完了、料金案内はナシ。

時間2分前に電話すると・・・出ない・・・
時間丁度でないと出ないのか、と時間1分過ぎに電話すると「はい」、予約名を名乗り指定の場所に着いたこと伝えるとそこからはすぐのマンションに。

オートロック解除してもらい指定階へ、チャイムを鳴らすとやや間があってガチャリ。外からの明かりでもわかるスケスケ具合、インナーもバッチリにテンションあがります。

スリッパ突っ掛け奥の部屋へ。片隅の椅子に腰掛けるとセラピストさんが「お飲み物は」、飲んだばかりだったので断ると座ってる前に跪いて「コースは何分にしますか」、このイントネーションに「あぁ・・・あ」、思わずコースと時間変更しようかと考えましたが・・・予約した手前もありマッサージしっかり受けてスッキリできればと割り切り、そのままコース・時間を伝えて会計。

シャワーの案内があり、脱いだ服は衣類カゴへ。貴重品袋はないようでそのままシャワー室へ、そこで渡されたタオルは湿っているよう・・・

サッと浴びて湿ったタオルで身体を拭き、部屋に戻るとセラピストさんがお出迎え、さすがにこれ以上の衣装チェンジはナシ。

仰向けメインとホームページに記されていたので最初からくるか、と思ったのですがセラピストさんは「俯せに」。

枕抱えて俯せになると背中を覆うようにタオルを掛けられます。
横に位置どると軽く両手に体重のせて圧し揉み、接地面が広いので心地よい痛み、思わず声が「ウゥ」。

足元に移動すると脹脛から太ももを指先でモミモミ、臀部は指先が少し割れ目に入りながらもモミモミ。足裏は指先で軽く圧し揉み。

ここで上半身のタオルを下半身だけに掛け直して臀部に跨るとパウダー。
まずは指先でサワサワ、ひたすらサワサワ・サワサワ。すると覆いかぶさり背中をサワサワ、この感触どこでサワサワしているのかわからない、衣装の布地ではない、指先でもない、カガミが無いので確認もできない、アゴかオッパイか??接触面や息遣いからアゴか???いずれにしてもスゴイ。

足元に移動するとタオルを上半身に、パウダーを脚全体に拡げるとサワサワ・サワサワ、ただのクスグリ・・・脹脛から太もも、付け根手前、割れ目手前と中途半端なストロークを何回も何回も繰り返し。パウダーも上手いセラピストさんが多い印象の出身だが残念ながら例外も・・・あまりにも長いので「そこはもういいから次に」とお断りを。

頭部に移動すると肩をモミモミ、もオッパイスタンプはなくあっさり。

ここで「仰向けでお願いします」、漸く謳い文句の仰向けに。すると続けて「オイル使いますか」
パウダーよりはオイルのほうが好きな小生、当然「はい」と答えながら仰向けに。

この開放感に浸って目を閉じていると・・・

いきなり、オイルを馴染ませた指先が・・・
全体にオイルを拡げるとしっかりと握り上下に・・・

あぁーこれが仰向け重視ってことか・・・とセラピストさんを見ると!!
いつもまにか上半身の布が無くなっている・・・錯覚かと手を伸ばしてみると・・・やはり着ていない。
太ももへと手を伸ばすとこちらは最初と同じ、手を上へと動かしていくと段差が・・・何段か、一気にテンションが下がって手を引っ込めるとセラピストさんから、思わぬひと言、「・・・・・」

オリジナルオプションなのかタッチ込3K、すでに全くその気が無くなった小生、丁重に断り、普通にマッサージしてとお願い、その後仰向け、俯せと決して上手いとは言えないマッサージを雑談かわしながら時間近くまで。

適当なところでこちらから「ありがとう」で終了。
サッとシャワーを浴びて着替え、靴の向きを自ら変えてエレベーターに。時計を見ると終了予定10分前。

ココカラ・・・ファインとはいかなかったようで・・・
高岩寺にお参りしておけばよかった・・・

紙パンツ
なし
aromaazabu

所要時間
90分

独り言
いくつかの候補の中からココを・・・
いろいろとカテゴリー違いでした。
ですが一つだけ、スケスケの衣装は〇

1
GORAKUで極楽に
  
最寄駅 
東京メトロ四谷三丁目駅
徒歩1分

訪問日 
2019年2月

訪問回数
初回

コース
濃厚VIPコース

料金
90分15,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常16,000円)
衣装チェンジ3,000円
指名なし(写真指名無料、本指名1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
色々なところが目に付くバスルーム

セラピスト
黒ワンピース(お迎え~シャワー)
白ベビードール(施術時)
バスローブ(シャワー~お見送り)

施術
電話すると「はい」、一時期こういうの減っていたんですが・・・また多くなってます。面倒くさいのでこちらから「某サイト見た」と空き状況を確認。希望の時間で予約可能と言うのでお願いすると場所の案内が、駅出口から予約開始時間に電話してください、とのこと・・・そこから時間スタートするのかと思いながらも、「はい」と返事して予約完了。当然料金の案内もコースの確認もナシ。

時間丁度に電話すると、なかなかでない・・・電話切ろうかと思ったところで「はい」、ここでもこちらから「予約している・・・」で会話スタート。電話している場所を伝えるとそこからスグそばらしく、部屋番号教えてもらいマンションへ。

オートロックを解除してもらい指定階で降りるとドアの並びはワンルームのそれ。その中の一つのチャイムを鳴らすと・・・すぐにドアが開きセラピストさんがお出迎え。

ホームページの衣装が好みなのにお迎えは黒ワンピ、これにはちょっと残念。そして鼻につく匂いが・・・お香なのでしょうがちょっと強すぎ。

スリッパはなく、そのまま奥に進むとマットが敷かれた薄暗い部屋が、そしてお香らしき匂いは部屋中にも。

片隅の椅子に腰掛けるとセラピストさんがスマホで料金案内。その案内に「ん?!」発音がちょっと・・・案内がすすむにつれ、「ああぁ・・・」久々にやってしまった感・・・。

ハシゴ先どうしようと考えながら案内を聞いていると、濃厚VIPのところで「こちらのコースには・・・」これには思わずニンマリ。「ホォーそういうことね」と勝手に一人納得、もちろんこちらも望むところとそのコースで「お願いします」。すると「衣装が」とオプションセールスに、「そうそう」訪問を決めたのはツイッターの画像から・・・カテゴリー違いと判れば尚更必須、料金は「3,000円」とまぁ想定の範囲内、これも即お願いして会計。

釣銭はすぐに持ってきてくれるも飲み物はナシ、タオルを横に置かれ、着替えを促されてセラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐに衣類を椅子に脱ぎ置きタオルを巻いて準備完了、そこにセラピストさんから声が掛かりシャワーへ。

洗面台にタオルを置いて一人浴室に。
明るいのですが壁面カビなのかまだら模様が所々に、そして排水口には毛が、シャワーヘッドも・・・サッと浴びて身体を拭き洗面台を見ると・・・ない。これは勝手にそういうことかと察して・・・タオルを片手にブラブラと爽快に部屋へ。

セラピストさんは最初のまま、着替えていない・・・
「俯せに」と案内されたのでマットに横になるとセラピストさんは着替えに。暫くすると白のベビードール姿のセラピストさんが、暗過ぎでスケ具合はイマイチ。仰向けでのお楽しみと枕抱え態勢整えるとそこにタオルを、全身覆われます。

この時点ではテンション下がりまくり・・・ただ経験則で施術は上手い人が多いのでそこに期待。

腰を跨ぎ膝立ちのまま背中をグイグイを圧し揉み。心地よい圧に思わず声が「ウウッ」。

足元に移動すると脹脛、足裏と軽くモミモミ。足横に移動すると横から遠いほうの足の内ももをグイグイ・・・どのような態勢でやっているのかとカガミを見ると・・・穿くのも見るのも大好き白T、オプション付けて良かったと・・・白い肌のお尻もバッチリ。

頭部に移動するとタオルを下半身にだけ掛け、パウダーらしきもので背中をサワサワ、肩甲骨から背骨沿いに腰まで・・・頭にはベビードールの裾が触れ、横を見るとセラピストさんの太ももが・・・顔を上に向けたら、と想像膨らませウキウキ。

足元に移動すると股間に位置取り、パウダーで脹脛をサワサワ、太ももにもサワサワ、行きは手のひらで皮膚に触れたり体毛に触れたり触れなかったりサァーっと脹脛から臀部まで、戻りは割れ目から付け根を指の腹でサッと掠め、太ももからは手のひらでサァーっと心地よいタッチ、ただのクスグリでないのは〇。

ここで掛けていたタオルを全部取りオイルに。

股間に位置取ると手にしたオイルを脹脛にサァーっと拡げスリスリ。続いてグッと膝を股間に詰め、太ももにオイルを拡げスリスリ、ここでは付け根までは届かず安全運転。

ここで小生の膝をもってカエル脚に。

慎重に股間に指先を差し入れ付け根沿いにスゥーっと進み鼠蹊部をスリスリ、腰から手をねじ込み鼠蹊部をスリスリ、動きはゆっくり、傾いている側では当たりはしますが掠める程度・・・と言っても穿いてないんです。

ここでオイルの拭き取り。

スッと立ち上がったセラピストさん、ホットタオルを用意しにキッチンのほうへ。なかなか戻ってこない・・・昔よくあった休憩時間ですね。

ようやく戻ってくると中途半端な温かさのタオルでオイルを拭き取ってくれます、背中から足をサァーっと・・・拭き終えたあとはそのまま・・・寒い。

ここで仰向けの声。

これでじっくり拝めるとドキドキ・ワクワクしながら仰向けに。この時にタオルでサッと隠すかと思いきやそのままブラン。気にすることもなくセラピストさんは股間に入り込むと、オイルを手に入念に膝下をスリスリ、続いて太ももも入念に。キワには届きますが指先でなぞる程度、事故ることはナシ。

ここでグッと膝を小生の内ももに押しつけるように詰めてくるとオイルを手のひらに取り、小生の・・・

この態勢、昔の回春思い出します。

そして手さばきは・・・

上手い・・・

手のひらを真上から、包み込むように・・・そして優しくいい子いい子するように。触れ方、力加減、小生にはドンピシャの手さばき。

もう一方の手を軽く添え固定させると・・・

天井を見つめ集中するも・・・刺激が足りない。
するとカガミを背に添い寝に。カガミにはT・・・そして目の前にはオッパイ・・・

その間も・・・

・・・

スッと立ち上がりシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てくれ一人シャワーへ。サッと流してタオルを手に取ると・・・湿っている、どうやら最初に使ったタオルを使うらしい・・・

サッと身体を拭いて部屋へ戻ると・・・なんかエロいバスローブ姿、紐をほどきたくなるのを堪え、一人着替え。その間セラピストさんは次の準備中、雑談しながら着替え、着替え終わっても飲み物さえ出てこないのでそのまま玄関へ。

紙パンツ

aromaazabu

所要時間
83分

独り言
小生にとってはカテゴリー違いの店。オープン直後にしてはセラピストさん揃っているなとは思ったので・・・でも看板掛け替えくらいかと。
そういう店に来たと思い直すとそれなりには楽しめました・・・が複雑です。
ベビードールのスケ度高いのでもう少し明るければいいんでしょうね。
手技は上手いというより小生に合っただけかも・・・

4
神楽坂から移転して・・・
  
最寄駅
東京メトロ東新宿駅
徒歩5分

訪問日 
2018年12月

訪問回数
2回

コース
premium Body 120min

料金
120分15,000円
支払総額15,000円

予約方法
電話予約・WEB予約

店舗
ワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
施術ベッド

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
白ブラウス黒タイトミニ

施術
再訪しようと何回か予約日にトライ・・・ついに予約に成功、場所も変わったというので楽しみ・・・

予約前日に、当日は5分前に指定の場所から電話してほしいとのメールが・・・

当日5分前に電話するとセラピストさんが応対、予約名を名乗り指定の場所に着いた旨を伝えると、すぐそばのマンション、オートロック解除してもらい指定階へ。ドアの並びはワンルームのそれ、その一つにそれらしい飾り付けが、部屋番号確認してチャイムを鳴らすと笑顔でセラピストさんがニコリとお出迎え。

心の中で「あれっ・・・」、期間空けて再訪するとなんか違う、ってたまにあります。

「??」が頭を廻りながらも用意されたスリッパ突っ掛け、奥の部屋へ。
中央に施術ベッドが鎮座、片隅にあるソファに腰掛けると飲み物を聞かれ温かいお茶をお願いして周囲を観察、以前よりスペースもあり整然としていて施術ルームとしてそれっぽい感じに。ベッドだからなのかカガミがないのはちょっと残念。

すぐにお茶が運ばれてきて一言二言かわしながらお茶を一口、そしてコース時間の確認、会計。続いて乱数表みたいなバスタオルを衣類カゴをベッドに、着替えの案内がありシャワーの準備へ。ひとりイソイソと全裸になりタオルを巻き、声をかけるとセラピストさんがカーテンを開けお迎え、一緒にシャワー室へ。洗面台には紙パンツがポツンと一つ置かれています・・・すると〇〇さんは2回目ですから穿いても穿かなくとも・・・と嬉しい一言。予約が取り難い理由の一つのかも・・・

ウキウキしながら流行り心を押さえてしっかりシャワーを浴びて、もちろんそのままバスタオル巻いて部屋へ。タオルをセラピストさんに渡し、お茶を一口。心の中で「やっぱりパンツ穿いてないな」なんて思われてるんだろうな、なんて思いながらベッドへ。

突き出した枕に顔を埋め、手はベッドの縁辺りに置いて態勢完了。すると少し間があって全身タオルで覆われると室温やら触れてほしくない箇所、力加減などお決まりの質問しながら背中をグイグイ。心地よい圧に思わず「ウウッ」もイタ気持ちイイ・・・ベッドならでは、移動もスムースで横から太もも、足元から脹脛とグイグイ。

上半身のタオルを捲るとオイルに。

アロマは控えめも厚みのあるオイル、オイルウォーマーを使うようになったのか温かオイル。手に取ると馴染ませることなくそのまま腰から肩甲骨あたりにサァーっと。手のひら全体で心地よいエフルラージュ、オイルの温かさ、ベッドに敷かれたヒートマット、そしてセラピストさんの手の温もりと相まってはやウトウトと・・・

あまりにも張ってる背中に指先に圧を加えてフリクションに、程度な圧がイタ気持ちイイ、さらに前腕を使ってグ・グ・グっと、さらに強めの圧が背中全体に・・・思わず「ウ・ウッ」
圧の変化は体重移動で・・・強めの圧は距離を縮めてくれます、耳元に息遣いが。

ここで「熱くないですか」と気遣いながらホットストーンを用いてのエフルラージュ、手のひらとは異なる熱さに「ふぅー」っとほんわか気分。

足元に移動するとオイルを手に脹脛から太ももへと一気に。指先が付け根に近づくといつもと違ったドキドキ感、も、ここでは無難にUターン。

前腕を使ってしっかり、それなりの圧があるのに痛さはナシ、脹脛潰されるような施術だと痛いだけなのに心地イイ。足首あたりをもって軽くストレッチ、可動域が狭い小生、これには「う、うっ」

ここでカエル脚に。

膝から太ももを付け根へと撫で上げ、そのまま股間にグィーン、やっぱいいですね、この感触。ゆくりと手首までしっかり滑り込ませるとスピードを速めて引き抜く、ドリルのようにしながらの出し入れではないですが、それでも・・・

脚を伸ばすと、今度はそのまま腰から手を差し込み鼠蹊部から付け根、股間へ。施術だけ楽しむならカエル脚よりこちらの方が事故率も高く小生は好き・・・もちろん傾いている方なんて凄いことに。

ここであまりにもカタイ股関節のストレッチ・・・

続いて横向きに。

確かメニューには135分から横向き入るんじゃ・・・と思いながらも何されるのかワクワク。ベッドから落ちないように横を向くと下になった足を伸ばし上の足をくの字に、よくある横向き、ですが穿いていないんです・・・残念ながら正対ではなく背後に回ったセラピストさん、腰から太もも、膝へと軽く流すと腰を捻るようにしてストレッチ。股間に腕をグィーン・グリグリはなし、やはりそれは135分からなのか・・・

そして仰向けに。

ベッドなので落ちないように慎重に仰向けに。目隠しのようにバスタオルを持っていたセラピストさんがすかさず下半身にサッと・・・

少し間があって頭部にくると顔にタオルが掛けられ「炭酸シャンプーしますか」、にお願いするとシュワシュワっと頭皮にかけられ軽くモミモミも一瞬で終了。

続いて頭部から首筋をグリグリしたにあとデコルテを強弱つけて・・・、ここでは立ち位置そのままに腹部からヘソ下あたりまで手が伸びていき、ソフトなオッパイスタンプ。タオル越しとはいえムニュっとした感触も・・・

横に移動するとへそ廻りをクリクリ、ソフトな圧で優しく撫でまわしてくれます。その施術中セラピストさんの生足が小生の手に・・・当たる。ミニの丈が計算されているかのようにベッドの縁に手を置いているとグッと近づいたセラピストさんの太ももとスカートの裾が・・・動きながらの施術なのですが当てては離れ、離れては当てる・・・勘違いしそうになる瞬間ですがベッドのヘリを掴んでグッと耐えます。

この感覚イイですね、ベッドならではの愉しみ・・・勝手に距離を測って想像膨らませます。ちょっと昔思い出させてくれます。

片足のタオルを捲り、鼠蹊部から付け根、太もも、そして膝へとエフルラージュ。手のひらがピタッと吸い付いたまま滑り流れていくのは当たる当たらない以前に施術として気持ちイイ、さらに時折スピードある掠りが加わるので気持ち良さは倍増・・・さらにさらにここでもセラピストさんの生足が当たる。

まぁいまどきの密着に比べたらなんてことないのですけど・・・

足元へ移動すると小生の足首を手に取り膝を曲げて股関節廻し、グルグル・グルグル何とか廻ったところでお時間、シャワーの準備へ。

声が掛かり、冷たい飲み物を頼んで一人シャワー室へ。

オイル残りも不快感もなくサッとシャワーで流してタオル巻いて部屋へ。用意されていたお茶を啜って一人着替え。着替え終わったころにセラピストさんが部屋に。雑談を少し、次回の予約について案内がありましたが予定立てられず、また争奪戦に挑むことにして玄関へ。

紙パンツ
初回訪問時(現在の形状はわかりません)
2回目以降は本文に
secret1

所要時間
123分

独り言
これもメンズエステ?これがメンズエステ??
その時の気分でチョイスしたい店ですが、思うように予約取れない、もう少し取りやすいと有難いのですが・・・こういう施術だとたまにはベッドもいいな、って思います。

2
隠れ家的サロン・・・

最寄駅 
JR山手線浜松町駅
徒歩1分

訪問日 
2015年2月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分15,000円
指名なし(ネット指名、本指名とも1,000円)
支払総額15,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約 、オンライン予約
電話応対セラピストさん、駅到着時電話要


出勤情報
ホームページあり

店舗
マンションワンルーム

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいのスペース

施術台
低めのベットマット
ソファ

シャワールーム
★★☆☆☆

セラピスト
パイル地のシャツにショートパンツ
部屋着?

施術
駅から出て電話するとすぐに分かるマンション。ワクワクしながらオートロックを解除してもらい指定階へ。
チャイムを鳴らすと中からちょっとテンション低めなお姉さんが「いらっしゃいませ」
スリッパをつっかけ奥の部屋へ進むとテディベアが置かれていたり色つかいも可愛らしい雰囲気
彼女の部屋らしさを演出しているのかも・・・

そして期待の椅子は小さなソファしかありません、このスタイルどこかであったような・・・
そのソファに腰掛け、コースの確認、オプションの説明と続きます。テンション低いのが伝染したのか
オプションを断ると更にテンションは下がったようでしたがソコはプロ、着替えを促すとシャワーの準備に
向かいました。

一人で籠に脱ぎ捨てタオルを巻いて声を掛けると扉が開いてシャワーへ案内されます。
ライトに造花を掛けたり工夫は、お湯が出してあるのも。サッとシャワーを浴び
脱衣スペースで身体を拭きながら周りをキョロキョロ。「」タオルを巻いてドアを開けるとセラピストさんが
お迎え、と言ってもすぐ部屋ですが。

部屋へ入り、どうしていいか分からず立っているとソファに腰掛けるよう促されセラピストさんはシャワーの
片づけへ。タオルを取るか迷いましたが何も言われないので巻いたままソファへ腰掛けます。
次に両手をどうしようか考えているところへ戻ってくると両手を掴み横に拡げ正対して膝上に座ります。
この微妙な距離で始まるソファエステ2分間・・・密着感はまったくなく指先でひたすらデコルテで終了。

ベットへ移ると俯せ、全身をタオルで覆い足から背中まで軽く圧していきます。
股間に位置取るとタオルを捲り脚から揉みほぐし、両足とも入念に揉みほぐしたところで
更にオイルで脚をトリートメント、太ももから付け根へ伸びてくる指先に阻むものはないのですが残念ながら
慎重な施術で軽い接触のみ

小生の尾てい骨辺りにアソコを当てるように跨り背中をスリスリ。手を動かさずに腰を動かすので感触が
たまらず、つい小生も腰を動かしてしまいます。

仰向けになると股間に位置取り、脛から太もも辺りまでスリスリ。両足ともスリスリを終えると股を拡げるように
膝をつき進め、両手で太ももから付け根、鼠蹊部とナデナデ。こちらは俯せ時より更に慎重で無事故で終了。

シャワーの準備は店の時計で10分前、サッと浴びて一人で着替えてお茶を一口。
玄関までお見送り、スマホの時計を見ると終了予定5分前。

こんな気分で彼女の家から帰るのはチョット・・・

紙パンツ
・・・
aromaazabu



所要時間
85分
 
独り言
ソファエステとオリジナルリンパ(密着が増すとのこと)のオプション付ければ変化あるかもしれないですね。
聞いたことあるコンセプトに受けたことある施術、どちらが良かったかは・・・
グランドハーレム オンラインゲーム クリミナルガールズブーセ オンラインゲーム

↑このページのトップヘ