しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

横紐ブリーフ

2
独自に考案した究極のインテリアって・・・
  
最寄駅 
JR新宿駅
徒歩10分

訪問日 
2018年9月

訪問回数
初回

コース
Swamp Course

料金
80分18,000円(某サイト見たで20時まで1,000円割引、通常19,000円)
ディープリンパ1,000円
指名料1,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
黒Tシャツ黒フレアミニ

施術
強気な料金設定が気になって電話・・・すると「はい」とだけお兄さんの声、しかたなくこちらから「某サイト見て」と切り出し希望の時間、セラピストさん名を伝え空き状況を確認すると希望の時間で予約可能というので即予約。時間の5分前に指定の場所から電話してほしいとのことで予約完了。時間だけでコースの確認はなし、当然料金案内もナシ。

指定の場所から5分前に電話しても「はい・・・」、店名長いと店名応対メンドクサイのですかね、こちらから「予約している・・・」で道案内がスタート、すると「・・・そこに着いたら電話してほしい」とのこと、うどん屋の行列横目に言われた場所に着いて再度電話すると「はい・・・」、こちらか予約名名乗ると場所の案内が、と言っても目の前のマンション、部屋番号と部屋間違えないように念押しされてマンションへ。

オートロック解除してもらい指定階へ、部屋はすぐわかりドキドキしながらチャイムを鳴らすと・・・ホームページから想像したのとはちょっと違うセラピストさん、言われるがままスリッパ突っ掛け奥の部屋へ。

造りはワンルームタイプのそれ、キッチンの横通り抜け部屋に入るとマットがドーン、片隅にイス、そして幅を利かせているのがズボンプレッサー、まぁ雨とかの時はいいかもしれませんが小生には勧められませんでした。

で、独自に考案した究極のインテリアって?もしかしてズボンプレッサー??凡人の小生には究極のインテリアは見つけられませんでした。

椅子に座ると飲み物の用意へ、すぐにテーブルに冷たいお茶が置かれ、かわりに置いてあったメニューを手にコースのセールス。気持ちは高いほうに決まっていたものの違いを訊いてみると・・・ラスト10分開放感が味わえるとのこと、そういうことか・・・と思いながら「じゃ、それで」、するとセラピストさん「オプションはいかがしますか」と更なるセールスが。ここでも「ディープって」と訊いてみると「鼠蹊部周辺への施術時間が長くなります」、開放感は長いほうが、とそれもお願いして会計。他にも定番ホイップやパウダーも1,000円でした。

着替えを促され、セラピストさんはシャワーの準備へ。いそいそと全裸になり案内のあった貴重品袋にスマホと財布入れタオル巻いて声をかけるとすぐにドアが開いてシャワー室へ。洗面台には紙パンツが2種類、普通サイズと大きいの、という案内があり一人シャワーへ。どれがボディソープかわからないのでサッと流して紙パンツ選び、普通のは横スカっぽい、大きいほうはピンクも横スカより包みが大きい、どちらか迷った末ピンクを開けてみると・・・サイドがキレそう、これならハサミなくとも、と思いピンクを穿いて準備完了。

ドアを開けてみると「!!」セラピストさんの衣装がそのまま・・・

この料金設定でそのままって・・・まぁ、まだまだこの後着替えるタイミングはあるはず、とタオル渡してマットに俯せに。

シャワー室の片付けからすぐに戻ってくると全身タオルで覆い室温の確認から。この後もコマメに室温や力加減など煩くない程度に聞いてくれます。

腰に跨って背中の揉み解し、チラッとカガミを見るも設置角度が悪くセラピストさんの顔が見えるだけ・・・80分だからかテンポよく次から次へと・・・

足元に移動すると後ろ向きで脹脛に跨り足裏を軽くモミモミでオイルに。

マットの傍にはオイルウォーマーとその横に予備のボトルが、これを使い切るなら・・・とワクワク。

タオルを背中に掛け直すと足元から脹脛をスリスリしながら「力加減いかがですか」とここでも確認があり「強めに」とお願いすると力を入れてグイグイ。

脹脛に跨ると太ももをスリスリ、ここで漸くセラピストさんの太ももの感触が・・・ムチムチ。
指先は序盤戦だからか付け根手前でUターン、事故ゼロ。

ここでカエル脚に。

腰横から手を差し込むと鼠蹊部スリスリ、股間からは付け根というか腿をスリスリ、いずれも微妙も傾いているほうでは掠る程度の事故が。

臀部にタオルを敷いて少なめのオイルで背中をグイグイ。覆いかぶさるような密着もなく淡々と背骨沿いをグイグイ。

腰から降りると「四つん這いできますか」

モゾモゾと膝をついて尻を突き出すと股間に入り込み腰を抱え込むようにして下腹部をスリスリ、股間に手を差し込み鼠蹊部をスリスリ、さらに肘くらいまで突っ込むとヘソ下あたりを弄るように・・・当然傾いているほうでは・・・

ここで仰向けに。

ゴロンと仰向けになるも衣装はそのまま・・・着替える様子はなし。

足元に座ると膝下をスリスリ、足指モゾモゾするもスカートの裾の感触だけ、微妙な距離感。太ももへとオイルを延ばすと膝を立てて膝窩から脹脛、足首へとモミモミ、膝から太ももをスリスリ。

足を伸ばすと股間に入り込み、オイル手に鼠蹊部から付け根をスリスリ、このあたりから事故が多発するようになり愚息が・・・

ここで「このままがいいですか、添い寝がいいですか」とセラピストさんの態勢リクエストが。もちろん「添い寝」とお願いするとセラピストさんの手が紙パンツの紐に掛かり・・・

腰を浮かせて協力するとなんともいえぬ開放感に。セラピストさんはリクエストの通り小生の横に添い寝、そのまま脚を絡め膝で愚息をグリグリ、指先は下腹部から鼠経部と周辺をサワサワ・サワサワ、たまに乳首周辺クリクリ。

このゆるーい指先、膝の責めが続き、悶々としたままお時間。

スッと立ち上がるとホットタオルで下半身と手についたオイルを優しく拭き取ってくれ、シャワーへ。
自らお湯を出してサッとシャワー、ボディソープを使いましたがオイル残りは気にならずタオルで拭きながら部屋へ。

部屋の片付けが終わったようで入れ替わりにシャワー室の片付けへ。
一人で着替え、ノックするとセラピストさんがドアを開けて「ありがとうございました」、すでにお茶のグラスも片付けられており帰るのみ、のようで・・・

そのまま玄関へ、自らドアノブ廻し外出るとすぐにガチャンとロックの音。
帰り道は究極のインテリアより行列のうどん屋さんのほうが気になりました。

紙パンツ
ブリーフ(ピンク横紐)  
ピンクブリーフ紐

所要時間
76分

独り言
スケベ心でのSWAMPの解釈間違っていたようで・・・
オイル量も見た目も施術もイマドキとしては物足りなさが・・・
オプションは開放的になっての施術ならホイップのほうがいいかも。
電話応対といい時短といい・・・これからなんですかね。

2
究極のサービスとは、
辿り着いたコースとは・・・


最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩10分

訪問日 
2018年5月

訪問回数
初回

コース
ショート90min

料金
90分18,000円
指名料1,000円
入会金無料(オープニングキャンペーン、通常2,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対女性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
白タンクトップにポタニカル柄ミニ(お迎え~シャワー、お見送り時)
黒ベビードールにインナー(施術時)

施術
電話すると「はい」、こちらから「某サイト見たのですが」で会話スタート。
気になったセラピストさん名を伝え、空き状況を確認すると希望に近い時間が取れるというので即予約。指定の場所から10分前に電話してほしいとのことで予約完了。

指定時間の10分前に電話するとさらにそこから歩くようで、次の目印を言われ、そこからもう一度電話をとのことでガチャリ。その目印から電話するとそこから2分ほどのマンション、オートロック解除してもらい指定階へ。

チャイムを鳴らすとニコリとセラピストさんがお出迎え、用意されたスリッパ突っ掛け奥の部屋へ。
椅子に腰掛けるとセラピストさんはお茶の用意へ。すぐにお茶はサイドテーブルに運ばれコースの確認、お茶を啜ろうとすると「それでは会計お願いします」、にグラスをテーブルに戻し、先に会計を。

タオルをマットの上に置くとセラピストさんはシャワーの準備へ。
脱いだ衣類は椅子の上に置き、タオル巻いて準備完了。

声を掛けるとセラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。
そして紙パンツ着用の案内が・・・包みからブリーフタイプか??

バスタブに入り自らお湯を出してシャワーを浴び、紙パンツの包みを開けると・・・オムツって感じ、横紐で結ぶタイプですが・・・これは店オリジナルの加工品か??そのくらい残念な出来栄え。

横結びタイプ、どうやって穿くのか・・・解いたことはあるものの穿かせたことも穿いたこともないので・・・とりあえず片側を結んでから穿き、もう一方を結びましたがちょっと手間取ります。楽しみはこの紙パンツにした理由・・・

シャワーを出て部屋へ、するとセラピストさんが色っぽい姿に。薄暗く、ガン見できないものの黒の透けたベビードール、そしてインナーも黒っぽい・・・お楽しみは仰向けになってからと、タオルを渡し、マットに俯せ。

全身覆うようにタオルを掛けると太ももに後ろ向きで跨り脹脛を軽く揉み解し。
足元に移動すると足首を膝で挟み脹脛から太ももをモミモミ。太ももに跨ると背中をモミモミ。

ここでオイルにします、とホットか常温か確認が。

ホットをお願いするとオイルウォーマーを枕横に置き、セラピストさんはカガミを背に小生の頭を挟むようにして蹲踞の姿勢。これは、と上体を反らし見上げようか迷いましたが・・・あまりにも露骨なので自重することに、幾度となく上目遣いで覗こうと試みたのですが・・・見えず。

温かなオイルを手に背中に拡げると・・・ひたすら撫でるだけ。ちょっと腰を上げたのでチラッとみようとしたもののセラピストさんのカカトしか見えない。折角頭部にカガミあるのだからもう少し工夫してささやかな楽しみ増やしてほしいものです。

後ろ向きで脹脛に跨り、足裏を入念にスリスリ。足元へ移動すると太ももに足先を挟み、脹脛から太ももにサァーっとオイルを撫で拡げ、スリスリ。

すると紙パンツの結びに手が・・・ハラリ・・・とはいかずに結び方が悪くオイル付いた指先で解くのに手間取っている模様。両方の結びを解いたあと、紙パンツを取るのかと思っていたのですがそのままオムツを替えるように拡げカエル脚に。

股間に入り込み曲げた脚を挟み、太ももをひたすら撫でるので、このままか、と思ったところで股間に手が・・・付け根から鼠経部をかなーり慎重にスリスリ。ノーガードの割に事故少なめ、ノーガードが返って慎重にさせているのかも・・・

横に移動して外側から曲げた脚を挟み腰から手を差し込みスリスリ、臀部をサワサワして、股間に手を差し入れ付け根から鼠経部をクリクリ。ここも責めは微妙・・・

紙パンツの横紐をしっかりと結び直すと四つん這いに。

股間に入るとギュッと腰に抱きつき、鼠経部へと手が・・・せめてここまで紐が解けていれば・・・と思うほど、かなりキマス。続いて股間に両手を突っ込むとへそ廻りをスリスリ・サワサワ。肘を絞めて両手を前後にスリスリ・スリスリ。とはいえ穿いてしまえばブリーフ、割れ目への責めは皆無。

仰向けになると頭部に。

アッサリとデコルテ、軽ーく乳首クリクリ、徐々に手が下腹部、鼠経部周辺へ、合わせて上空にオッパイもスタンプはなし。

ガッカリしていると腰がフワリと浮き上がり、見せつけるようにゆっくりと上空を通過して下腹部へ着地。緩ーくですが両膝で小生の両手をブロック、その態勢で脛から太ももをスリスリと撫でて足元へ。

膝を立てると脹脛はグイグイと手前に引くように、太ももは膝から付け根へと流すように。

膝を曲げたまま横に倒しカエル脚にすると股間に入り小生の曲げた脚をグッと自らの股に押し付けるように挟み、内腿から付け根、鼠蹊部へと撫で上げ周辺スリスリ、この時偶然でいいから紐が解けたら・・・なんて思っていると紙パンツ廻りをサワサワも、横紐結んでしまえばただのブリーフ。

位置を変えて外側から小生の曲げた膝を自らの股間に導き内腿から鼠経部をナデナデ、さらに紙パンツまわりというかそのものをスリスリ、気持ち良さを膝で表すと・・・さらに押し付けるような気が・・・しただけですが。

添い寝の態勢で乳首クリクリを織り交ぜながらしっかり紙パンツをサワサワ・ナデナデ・・・指先は絶妙なところを通過するも横紐が解かれることはナシ。

股間に移動し、オイルタラタラ、ニュルニュルになったところでスリスリ・スリスリ・スリスリ・・・一瞬、指の動きが激しく、速くなったのですが・・・すぐにスローダウンしてお時間。

シャワーの準備、なのかシャワー室のほうへ。
すぐに戻ってくると横たわっていた小生に手を伸べ、優しく引き起こしてくれます。

起き上がり一緒にシャワー室へ。

一人シャワー室に入ると・・・お湯は出ていない・・・
自らお湯を出してシャワーをサッと浴び、扉を開けると次の準備か部屋の片付け中。

すぐに入れ替わりシャワーの片付けへ。

脱ぎ捨てたままの衣類を着込み、テーブルを見るとお茶は差し替えられた様子はなし。
そこにセラピストさんが入ってきて暫し雑談、一緒に玄関へ。

近隣への気遣いか、お見送りはあっさり。

紙パンツ
横紐ブリーフ
横紐

所要時間
94分

独り言
紙パンツは手作り?既製品にしては・・・昔のトランクススリットのように、手間はかなり掛かりそうですが、どうなんでしょ。
横紐での施術・演出はもうひと工夫欲しいですね、横からのカガミと合わせて。
駅から遠いですが、ちょっと気になるお店でした。

2
会員制ラウンジにも通ずるところあるかも・・・

最寄駅 
東京メトロ虎ノ門駅
徒歩4分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
アロマコース

料金
90分12,000円(某サイト見たで90分以上3,000円引、通常15,000円)
入会金記載なし
指名なし(通常1,000円)
支払総額12,000円

予約方法
電話予約 、応対男性スタッフ

店舗
一棟店舗型

施術室
6畳より広め

施術台
マット
頭部、足元、天井に大きめのカガミ

シャワールーム
簡易シャワー

セラピスト
白タンクトップに黒タイトミニ

施術
電話すると男性スタッフがすぐに応対も店名名乗らず、こちらの出方を窺っているようなので
「某サイト見ました」と切り出すと「ありがとうございます」で会話スタート。

コースの違いを聞くと初回はアロマかストレッチとのこと、
で、エグゼクティブは?にいろいろあって言えないんですと意味深な返事が・・・
その言葉に隠されていることに期待して予約。
残念なのは料金や迎車サービスのことには一切触れられず。

ホームページからはやたらプロデュースチームが、と書かれているので
さぞかしお洒落な造りかと店の前を見ると・・・なんとノボリが風に揺れている。
一応チャイムがあったのでそれを押すと中から店員さんが「どうぞ」。

入口すぐにソファが置いてあり、テーブルにはメニューが。
コースの確認があり、エグゼクティブコースは一応2回目から・・・
セラピストさんが水着で施術するとのこと、当然初回なので90分で会計。

その間にと、カルテらしきものに記入、署名。
すぐに釣銭を持ってきて、「それでは」とセラピストさんとご対面。
店員さんはセラピストさんに「〇〇分から」と一言、開始時間の確認のようで・・・

スリッパに履き替えると、セラピストさんからの「3階になります」に心の中でヤッターと
思ったのも束の間、「どうぞ、お先に・・・」。

先に階段を昇り2階へ、さらに3階への階段は手をついて昇るような急階段。
息切らしながら昇りきると頭下げるゲートをくぐり部屋へ。

南国の気分はさておき新しくキレイ、奥にある赤のソファに何かを期待してしまいます。

そのソファに案内されることなく自己紹介があり、着替えを促されセラピストさんはシャワーの準備へ。
サッと着替え、間があったので室内を観察、すると目につくのはゴミ箱、
すかさずティッシュを探すも、見当たりません。

注目はカガミ、頭部、足元、そして天井の三面(ホームページでは左右と天井の三面)にあり、
これを活かしてどんな施術するのか、ワクワクしているとノックがありシャワーへ。

シャワーは2階(1階にもありました)、急階段を一段一段慎重に下りてシャワーへ。
普通の簡易シャワーも脱衣スペースは広く、明るくキレイにしてます。

サッと浴び、紙パンツ穿いて扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

部屋には水が用意されていて一口。
マットに俯せになるとタオルで全身覆われ、照明落として揉み解しから。

横に位置取り、背中から肩を指先でグリグリ、さらに腕を使い背中をグリグリ。
足元に移動すると脹脛から太もも、臀部まで手のひら使い圧迫。

タオルを捲ると両膝で脚を挟み、オイルを手に足首から臀部まで一気に拡げます。
数回のストロークでオイルを拡げると最初は指先で膝裏までショートストローク。
続いて腕を使い、脹脛にローラー掛けるようにグリグリ。

脹脛に跨ると両腕使い、肘で挟むようにして膝上から付け根までグリグリ。
付け根までくると一時停止、肘で股間を微妙に刺激してきます。

カエル脚になると曲げたほうの脚に跨り、片手で股間から腰からと腕をねじ込み、
付け根から鼠蹊部周辺をグリグリ。さらに両手で付け根を抱きかかえるようにしてグリグリ。

薄暗い中、しっかり位置は確認しているようで事故は少なめ・・・

脚と閉じ、太もも辺りに跨ると臀部を手で、肘でグリグリ。
臀部に跨り、腰から背中を肘でグゥーっと圧迫、これにはイタ気持ちイイ。

腰を浮かせているようでアソコの感触を感じとることはできないものの、
密着するようにして肩甲骨から肩をグリグリするので
かすかにオッパイが当たっている気が・・・

ウォーマーからホットタオル取りだし、軽くオイルを拭き取り仰向けに。

頭部に位置取り、首廻りから、アゴ、耳をツボ圧しのようなことを・・・
デコルテから腋、手を伸ばして腹部もオッパイが当たることはなし。

ここでアロマの香りがしたホットタオルで目の周りを軽くマッサージ、
そのまま顔廻りのオイル拭き取り。

腕を横に伸ばすと肩から二の腕までを手のひらでしっかり。

足元に移動すると、膝の上に小生の足を載せ足の甲をグリグリ、
すると意図してなのか、つま先にプニュっとした感触。
天井のカガミ越しに見るとお腹ではなく、確かにオッパイが・・・

膝下から太もも、付け根へオイルを拡げると両手で脹脛辺りをモミモミ。
膝を曲げて足は挟むようにして膝から太もも、付け根をスリスリ。
慎重な運転に天井のカガミを見てもワクワク感はイマイチ。

股間に位置取り、内腿スリスリ、付け根から鼠蹊部サワサワ。

さらにひざを詰め股間に近づき、鼠蹊部から下腹部からへそ周りと腸セラピー。
腰を浮かせての施術に期待して天井のカガミ凝視も見えそうで見えない、
施術も視覚も焦らされたまま・・・

横に移るとお時間近いようで天井のカガミには時計をチラチラ見てる姿が・・・
気にしながらも手を取りと手のひらをグリグリしたところで丁度お時間。

シャワーの準備へからすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
サッと浴びて階段昇り、一人で着替えていると終わった頃にお迎え、
入れっぱなしの水も勧められることなく、急な階段で落ちることなくなんとか1階へ。

店員さんにも見送られて帰路に。

紙パンツ
横紐ブリーフ

オリエンタルスパ

所要時間
98分(受付で要した5分含む)               

独り言                                    
折角の階段も天井のカガミもメンズエステとしては勿体ないような・・・
ラウンジプロデュースという言葉に期待するところは多かったのですが、
オープン間もないのでこれからに期待ですね。
オナホール2

↑このページのトップヘ