しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

小Tバック

2
業界初のスペシャルテクニックって・・・

最寄駅 
JR市ヶ谷駅
徒歩7分

訪問日 
2017年3月

訪問回数
初回

コース
うまドキ☆トリートメントコース

料金
120分18,000円(初回2,000円割引、通常20,000円)
ホットオイル1,000円
初回指名料無料(通常1,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対セラピストさん

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
改装したバスルーム

セラピスト
黒Tシャツにミニパレオ

施術
業界No.1を目指している店ならとWEB予約利用して空き状況見ると
希望の時間が空いているので即予約。
すぐに返信が着て指定の場所から5分前に電話するようにとのことで予約完了。
1時間前にも確認メール、特に返信のするようには書かれていなかったのでそのまま市ヶ谷へ。

指定の場所から電話するとセラピストさんらしき女性が応対、道案内は不慣れなようで・・・
分からなくなったら電話すればいいと、「ハイハイ」と聞き流し歩きはじめると
見覚えのあるマンション、まぁなんとなくそんな気がしたのですが・・・

エレベーターから降りてきた住人らしき人に挨拶され、引きつった笑顔返してエレベーターへ。
ドアの前でドギマギしながらチャイム鳴らすと中からセラピストさんが笑顔で「いらっしゃいませ」

揃えてくれたスリッパ突っ掛け、セラピストさんの後ろ姿を眺めながらスタスタ、
パレオの丈が短いのにはニヤニヤ。

奥まった部屋の扉を開けると・・・6畳ほどの薄暗い部屋。
コートを預け、片隅にある椅子に腰掛けると同意書への記入を促され、飲み物の準備へ。

薄暗い中なんとか署名し終えると冷たいお茶がサイドテーブルに、そしてセラピストさんが自己紹介。
メニュー見せながらコースの確認、そしてオプションのセールスが、
何に『業界初』が含まれるのかわからないのでホットオイルだけお願いして会計。

すぐに釣銭持ってきてくれ着替え、貴重品は室内の金庫に鍵をかけ保管するスタイル、
これは意味ない気がしますが・・・

サッと全裸になり、貴重品は金庫に入れ鍵をもって準備完了したところで
セラピストさんが迎えに来て一緒にシャワー室へ。

「内装やりました」そのものの浴室、浴槽撤去してシャワーだけにしたので広いです。
お湯は出してあるのですが、真ん中にある排水口には・・・

片隅でサッとシャワーを浴び、洗面台の上に置かれた紙パンツ開けると
久々、ちょっと通常タイプよりちょっと小さいTバック、
面積少ない紙パンツは大好き、テンション上がります。

待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。
お茶を一口啜ってマットに俯せになると「仰向けでお願いします」にワクワク。
仰向けになった小生に優しくタオルを掛けてくれシャワーの片付けへ。

すぐに戻ってきてくれると、なんといきなり馬乗りに・・・
思わずセラピストさんの腰を抱えたくなるもまだまだ序盤戦、
するとピタッと抱き付いてきて耳元で囁くように「よろしくお願いします」にドギマギ。

跨ったのはあの上ではなく太ももなのはちょっと残念ですが、
その態勢のままデコルテから腹部を軽く圧し揉み。
足元へ移動すると膝を曲げてのストレッチ、脛に全体重載せるので思わず「ウゥッ」

俯せになるとタオルを掛け直して臀部に跨り「手を拡げてください」
飛行機のマネのように手を拡げると、ここでもピタッと背中に覆いかぶさり
拡げた手を握り耳元で「力加減いかがですか」

押しつけられているオッパイの圧加減かと思った小生「もう少し強くても・・・」

臀部に座り直すと体重掛けて両手でしっかりと圧し揉み。
セラピストさんの腰が浮くほど力を入れ圧してくれます。
チャンスとばかりに横の大きなカガミをチラ見すると室内暗すぎ・・・シルエットしか分からず。

つま先のほうへ向いて座り直すと太ももから脹脛を圧し揉み、
ここでも手のひらで力強くしっかり。

足元に移動すると小生の足裏を押さえて脹脛をグイグイ。
が、感触が・・・確かめるため足指を微かに動かしてみると
意図的にかズラして太ももで押さえている様子、これにはちょっとガッカリ。

ここでオイルに。
太ももで足裏押さえると今や定番のオイルウォーマーからボトルを取りだしてスカスカ。
両手で脹脛から太もも、付け根と一気にオイルを延ばしますが
ウォーマーの温度設定が低いのか、手が冷たいのか「ホット」と言うには・・・

最初のストロークから付け根までしっかりにワクワク。
ハムストリングから臀部へと撫でるようにスリスリ、割れ目へは指先でなぞるように。

つま先のほうを向いて太ももに跨るとセ
ラピストさんの足指が股間にグイッと差し込まれるも期待するところへは届かず。

足元へ移動すると膝を曲げて足の甲を肩に抱えるようにして脹脛をスリスリ。

足横に移動するとカエル脚に。
横から曲げた脚の太ももを両手で抱えるようにしてグリグリ、グリグリ。
股間に移動しても同様に曲げた脚の太ももを抱えグリグリ。

背中をタオルを脚へズラすと太もも辺りに跨り、臀部から腰、背中をグイグイ。
柔らかなトリートメントというよりグイグイを指圧っぽい施術、これはこれで気持ちイイのですが・・・

このあたりで寝心地が悪いのか態勢が悪いのかちょっと身体が痛い。
小生、俯せでは枕を抱えるような態勢を取るのですが枕らしきものが薄い、
触ってみるとタオル折り重ねたようなもの、態勢がうまくとれないのは・・・

ここで「四つん這い」と嬉しい声が掛かり、態勢が変わることにホッ。
セラピストさんは股間にググッと入り込むと片手を差し込み、
脚の付け根をグリグリ、臀部は優しくサワサワ。

すると・・・

ここであまり記憶にない態勢に、小生は四つん這いのままですが、
セラピストさんは腰横に移動して外側から脚の付け根を抱え込みグリグリ、
この態勢ならグリグリしやすいです、それに応用は色々ありそう・・・
が、如何せんグリグリが浅く、やり方次第ってことですか。

業界初はこんなものじゃないはずと思いながら悶々としていると「仰向けに」の声。

仰向けになると枕?が低すぎ・・・

セラピストさんが立ち上がったので、これはチャンスと薄目開けているとチラッ。
見せることはコース料金に入っていないようですぐに枕元に座り、デコルテから。

デコルテから乳首をサワサワすると首筋から肩をしっかり。
そしてその指は腹部へと、当然セラピストさんも前掛かりになり目の前にはオッパイ。

さらに指先が下腹部へ近づくと同時にオッパイも顔面に、
が、指先もオッパイも触れそうで触れない絶妙な距離でストップ。 

その態勢のまま腕をスリスリするも片乳は目の前止まり、おあずけされているよう・・・

「おあずけ」と言い残すように、サッと立ち上がるとパレオからチラッと白い太ももを覗かせ足元へ。

足元から膝下をスリスリ、太ももスリスリとあっさり。

股間に入り込むと内腿サワサワ、付け根スリスリ、ズィっと手が伸び乳首クリクリ。
ここからサワサワが多用され、オプションにパウダーある店らしい施術に。

サワサワ指使いは脇腹から乳首へと入念に続き、時折鼠蹊部周辺へ。

スペシャルテクニックはいつ・・・
と思っているとお時間の声がかかりシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てシャワー室へ。
排水口を避けるようにしてシャワーを浴びて部屋に戻り一人着替え。

サッと着替え、差し替えてあったお茶を啜っているとセラピストさんが部屋へ。
次回の割引券渡され、一緒に玄関へ。

紙パンツ
小Tバック
gokusyokon

所要時間
118分

独り言
業界初のスペシャルテクニックって聞いとけばよかったです。
「幸せホルモン」分泌されたのでしょうか・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
流行語では大賞逃しましたがメンズエステでは・・・

最寄駅 
JR高田馬場駅
徒歩8分

訪問日 
2016年12月

訪問回数
初回

コース
アモーレコース

料金
90分18,000円(OPEN割引、通常20,000円)
たっぷりホットオイル アモーレコースは無料(通常1,000円)
アモーレディープリンパ アモーレコースは無料(通常2,000円)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約、WEB予約、LINE予約

店舗
1Kマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いバスルーム

セラピスト
白Tシャツに黒タイトミニ(ホームページ画像)
ベビードール(施術時)

施術
今年も出店ラッシュは止まらず、新年迎える前にさらに加速している模様・・・
そんな中ホームページから気になった店へ。

電話すると男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると希望の時間が取れるというので希望のコースを告げて即予約。
料金の案内、アクセスの案内とスムーズに、これは安心できます。

2分前に指定の場所から電話するとすぐ近くのマンション、
オートロック解除してもらい部屋の前へ。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすと、すぐにセラピストさんがニコリ、小生はニヤリ。
こりゃアタリ・・・とほくそ笑みながら使い捨てスリッパ突っ掛け、奥の部屋へ。

コートを預け片隅の椅子に腰掛けると飲み物の注文、選択肢は温かいか冷たいの二択のようで・・・
サイドテーブルに飲み物を置くと目の前に跪いて谷間のアピール、ではなくコースの確認。

会計を済ませ同意書への記入を終えると着替えを促されてシャワーの準備へ。

サッと全裸になりタオル巻いて準備完了、すると暫しの間があってセラピストさんがお迎え。
一緒にバスルームへ、すると洗面台には紙パンツの包みとマウスウォッシュが。

ここでセラピストさん、
「シャワー終えたらこの紙ショーツ穿いてください」(これはいつものこと)
そして「このマウスウォッシュ使ってください」

アメニティーとしてマウスウォッシュ置いてあるところは見かけますが、
「使ってください」と直接言われたのは初めて。
これはもしかして・・・と勝手に妄想膨らませシャワー浴びながらニヤニヤ、
もちろんお口クチュクチュも長めにしっかりと。

紙パンツ穿いてみると小さい、久々に通常よりも小さめにワクワク。

期待値上昇したところで部屋に戻るとベビードール姿でのお迎え、これにはさらに期待値上昇。
横目でチラチラ見ながらタオルが敷いてあるマットへ俯せ。

タオルで全身覆うとシャワーの片づけ、すぐに戻ってきてまずは揉み解しから。

カガミを背に横から腰から背中をグイグイ。
力を入れる時に腰を浮かすのでもしかしたらとカガミをチラ見するもガッカリ。

足元に移動してオイルに・・・
太ももで押さえる態勢にはちょっとガッカリも脹脛から太ももへロングストロークでスリスリ。
オイルはたっぷりというよりはやや多め程度でニュルニュルとはなりません、
温度はホットというより体温程度、ウォーマーの関係かこのあともう少し温かくなりました。

膝を曲げ、足の甲を肩で抱えるようにすると脹脛をスリスリ。
さらに膝を深く曲げると脛にオッパイがプニュ、指先はハムストリングから臀部へとスリスリ。

カエル脚になると横に移り、曲げた膝を挟むように座ると太ももスリスリ、臀部スリスリ。
カガミを背にしたのでチラ見するも思うようには・・・

指先は股間から付け根沿いをスリスリ・スリスリ、慎重な動きに事故は少なめ。

股間に移動すると開いた脚を挟むようにして太ももから臀部をスリスリ・サワサワ。

臀部に跨り、腰から背中をアッサリ。

横から添い寝のような態勢になるとセラピストさんの片足が小生の腿をスリスリ、
指先は腰から背中、肩をクリクリ、耳元ではセラピストさんの息遣いがハァハァ、
これに反応してチラッとカガミを見るとセラピストさんと目が合いドギマギ。

この様子を見てではないでしょうが、ここで「四つん這いに」の声。

恥ずかし気にスッと尻を突き出すと両足の間に入り込み、両手を股間に・・・
袋周辺から鼠蹊部へ、スリスリ・サワサワ、ガンガンではなくサワサワ。

くすぐったくピクピク反応していると・・・地獄のサワサワ攻撃が。
指の腹で尻をサワサワ、円を描くようにツゥー、
続いて割れ目伝いにサワサワしながら会陰まで・・・

さらに腰から手を廻すと鼠蹊部から脇腹とサワサワ攻撃、
くすぐったいのをプルプルしながら必死に堪え漸く終了。

ホットタオルで背中・両脚とも覆ってくれ、しばらくするとそのタオルでオイルを拭き取ってくれます、
が、拭き取った後、そのままだと寒い・・・

「それでは仰向けに」と声が掛かり、仰向けになると足元から立ち上がり枕元へ。
一瞬ですが真上には嬉しい光景が通過・・・

頭頂部を股に当てるように座るとリンパドレナージュですから鎖骨下あたりから優しくナデナデ。
そしてデコルテ、ここで薄目開けるとまた目が合い、なぜかアタフタ。

指先は腹部へ進むと目の前にはオッパイ、下腹部へと到達したときにはムニュー。
最初は谷間でムニュ、次に片方でプニュ、プニュ、と柔らかさ感じるブラ着用には感謝です。

ムニュ・プニュを数回繰り返したのち、立ち上がると目の保養をさせてくれながら足元へ。

股間に座り込むと両手でスリスリ・サワサワ。
内腿から付け根、そして鼠蹊部とスリスリ、気のせいか事故も多めのような・・・

もうひと工夫あるのかと思ったところでお時間、「シャワーの準備してきますね」
すぐに戻ってくると手を差し出すので・・・もしかしてここでマウスウォッシュ効果??
としっかり差し出した手を握り締めるとマットに横たわっていた小生を引き起こしてくれ・・・

「シャワーへどうぞ」

そうだよなと思い直して立ち上がりシャワー室へ。
体感とは反してオイルは多めだったようでなかなか落ちないので
数回ソープで洗い流してから部屋へ。

マットを片付けていたセラピストさんはシャワー室の片付けへ。

一人着替え終わって時計を見ると終了予定8分前・・・
すぐには来ないと察して椅子に腰掛け、差し替えられたお茶を一口。
数分するとセラピストさんが迎えにきて、すぐにコート羽織わせてくれ玄関へ。

エレベーターで時計見ると・・・

紙パンツ
小タイプ(極小より1cmほど幅広)
<表>
gokusyokon
<裏>                               
P1000652

所要時間
86分

独り言
そういえばパウダーの選択も施術もなし、もしかするとクスグリがパウダーの代わりかも・・・
いまどきの要素含んでいるので出勤安定してセラピストさん充実すれば・・・期待してます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
オッパイこぼれそうな衣装にそそられて・・・

最寄駅 
東京メトロ六本木駅
徒歩8分

訪問日 
2016年9月

訪問回数
初回

コース
DEEP AROMA COURSE

料金
90分16,000円(初回来店時、LINE@登録で2,000円割引、通常18,000円)
指名 なし(ネット指名1,000円、本指名2,000円)
コスチューム2,000円
オイルプラス2,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション ワンルームタイプ

施術室
8畳ほど

施術台
低めのダブルサイズベット

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
ノースリーブ花柄ワンピ(お迎え時)
ノースリーブ紺(施術時オプション無し)
ベビードール(コスチュームオプション有)

施術
電話すると男性スタッフが「はい」と応対、
仕方なくこちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。

希望の時間を伝えて空き状況確認すると予約可能と言うので即予約。
5分前に指定の場所から再度電話とのとこで予約完了。

指定場所から電話するとすぐそばのマンション、
入るとちょっと戸惑いますが、エレベーターで指定階へ。

通路も薄暗く、ドアに近づいて部屋番号確認しながら指定の部屋へ。
チャイムを押すと、なかなか出てこない・・・
間違えていないかもう一度部屋番号見直しているところでガチャガチャとドアを開ける音。

中からセラピストさんがニコリと「いらっしゃいませ」

スリッパ突っ掛け、中に入るとシンプルなワンルームでキレイにしています。
大きめのライティングデスクにベンチイス、そしてベット、カガミがないのはチョイ残念。

机を背にしてイスに腰掛けると、冷蔵庫開けて「何にします」とセラピストさん。
数種類の中から「おーいお茶」をお願いして、オシボリと一緒に机の上に。

手渡してくれた冷たいオシボリで手を拭いてお茶を啜ると、コースの確認、
そしてオプションセールスに。

オイルプラスは冷蔵庫の上に置かれたオイルウォーマー指して
「あれで温めたオイル使って鼠蹊部中心に通常より長くやります」。
コスチュームはロゴ入りワンピとベビードールをベットに置いて
「オプションだとベビードールで・・・」。

もちろん両方お願いして、某サイトで見たLINE割引お願いするとやりとりして確認・・・
確認取れたようで割引してもらい会計、同時に着替えを促されます。

全裸になりタオル巻いて準備完了、声を掛けると扉が開いてシャワー室へ。
狭いですがキレイなバスルーム、脱衣スペースもトイレ一体ですがキレイです。

ソープ類は床に置いてあり、バスタブスペースは勿体ないような・・・
サッと浴びて紙パンツ穿いてみると通常タイプより幅狭タイプ、
これにはいつもよりテンション上がります。

タオル巻いて部屋へ戻ると、セラピストさんも着替え完了。
ベビードール姿見てニヤニヤも、ロゴ入りのワンピ姿も見たかったなぁとチョイ複雑。

俯せになり、枕を抱えてポジション決めていると、「仰向けになってください」
コスチューム見れると喜んで仰向けに。
膝を曲げ、プニュっとオッパイを足裏に圧しつけ、グィーグィーっとストレッチ。

立ったままベットに上がるとそのまま顔面を跨ぎ仁王立ち。
そのまま小生の両腕を握り、グィーっと引っ張り上げ、ストレッチ。
見上げると目の前にはバッチリと・・・
折角だからとガン見していると見降ろしているセラピストさんと目が合い、
思わず目をそらしてしまいます。

俯せになると全身タオルで覆い、太ももに跨ると腰から背中をしっかりとグリグリ。
逆向きになり、臀部に跨ると片足を曲げエビぞりにすると足裏をオッパイに当ててプニュプニュ。

紙パンツを少しズリ下ろし、その紐にタオルを止めるようにして脚に掛けると太ももに跨り、
オイルを背中全体に延ばすようにスリスリ、力強さはなく撫でている感じ。
腰から肩甲骨あたりまで指先で背骨を挟むようにして、今度は力強くグイグイと。

オイルはウォーマーに入っているものの温かさはなし、使用量は少なめ、これでオイルプラス・・・

ベットから降り、横から腰、背中と左右両側から強めにグゥーっと延ばしていきます。
カガミはないのですが、ふと横を見ると目の前にベビードールから伸びる脚が・・・
その上は見えそうで見えないのですが、なかなかの眺めです。

足元に移ると足裏をオイルでクリクリ。
膝あたりで足首を挟むと脹脛から太ももをスリスリ。
太ももから付け根、とくに付け根はしっかりと・・・臀部はナデナデ。

カエル脚になると伸ばしている足に跨り、股間から・・・
中指の腹で付け根をなぞり、そのまま鼠蹊部へ。

手のひらが隠れるくらいまで股間に差し込むとそこで留まり、中指をクリクリ。
手を引き抜くとき意図的ではないのでしょうが、手の甲がアチコチ当たりまくり・・・

期待が高まったところで仰向けに・・・
ベビードール姿が見やすいようにか、横から腹部をスリスリ、サワサワ、たまに乳首クリクリ。

股間に位置取ると両手で内腿を擦り、そのまま紙パンツの縁をスリスリ。
内腿サワサワ、鼠蹊部グリグリ、紙パンツ縁をスリスリと数回繰り返し、ここでも乳首へ。

オイルを少し手にすると、鼠蹊部というか紙パンツ廻りへの集中攻撃が・・・
オイルの使用量を増やすのではなく、もう一手が追加されるのがオイルプラスなのか、
なんて勝手に解釈、納得。その間も攻撃の手は休まることはなく・・・

心地よさはいつまでも続かず、「そろそろシャワーの時間です」。

シャワーの準備ができるとシャワー室へ。
一人でサッとシャワー浴び、タオル巻いて部屋へ。
セラピストさんは部屋で片付け、ベビードール姿を眺めながら一人で着替えてお茶を一口。

暫し雑談して、玄関へ。

紙パンツ
Tバック(通常より幅狭)
dejavu

所要時間
93分

独り言
彼の部屋でってコンセプトはちょっと・・・
オイル多めでもなければ密着でもないようです、どこまでが店のスタイルかわかりません
ネット指名料有るので、もう少しセラピストさん情報あればありがたいのですが
裏返したい気も、他のセラピストさんに入ってみたい気もしますが、小生にはちょっと高いかなぁ・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
癒しとほぐし、どこへ向かうのでしょうか

最寄駅 
JR品川駅
徒歩7分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
おすすめプラン

料金
90分17,000円 (某サイト見たで1,000円割引、80分コースのみ10分サービス、通常80分18,000円)
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約 、応対女性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
4.5畳

施術台
マット
頭部に姿見有

シャワールーム
薄暗いバスルーム

セラピスト
パレオ

施術
電話すると女性が「ハイ」と応対のあと無言。
仕方なくこちらから某サイト見たと切り出し、空き状況の確認。
希望の時間が取れるというのでコース内容や料金を尋ねると・・・

おすすめコースはパレオで施術、オイルは多め、オプションはバブル。
オプションは来店時にセラピストさんと相談で決めればよいとのこと。

コース時間は80分コースだけ10分サービスというので
おすすめの80分でお願いすると、5分前に指定の場所から電話してくださいと言われ予約完了。
(後で気づきましたが、ホームページでは初めてのお客様は10分前にと書いてありました)

指定の場所から5分前に電話、こちらから予約名を名乗ると
また目印を言われ、そこから電話してください・・・
目印から電話すると簡単な道のりを難しく説明してくれ、漸くマンションに到着も嫌な予感が・・・

古い低層マンションでエレベーターがない、そこから階段上がり指定階へ。
息切らしチャイムを鳴らすとセラピストさんがお迎え。

スリッパの中に使い捨てスリッパ、履いてすぐ横の部屋へ。
これが自慢の「癒しの空間」か・・・と思いながらソファに腰掛けます。

飲み物を聞かれ、カウンセリングシートへの記入を促されると障子を開けて部屋の外へ。
すぐに戻ってきてお茶とオシボリがサイドテーブルへ。

お茶を一口啜ると、セラピストさんからメニューを見せられコースの確認、
既にメニューは新店バージョンでしたが・・・

オプションセールスはなく会計、自己紹介すらなく着替えを促されます。

勝手にハンガー使い、貴重品袋使って準備完了、暫くしたところでセラピストさんから声が・・・
この時すでに15分経過。
障子だからノックできないな、なんて思いながら一緒にシャワー室へ。
入る直前にこれ穿いてくださいと渡された包みを洗面台に置き、バスルームに入ると・・・

掃除はされているようですが薄暗さがシャワーカーテンもバスルームも汚らしく見せてます。
そんな中、サッと浴びて紙パンツ穿いてみると久々の極小タイプ、これにはワクワク。

ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。
ビニールシートだけになったマットに寝転ぶとシャワー室の片付けなのか部屋の外へ。

すぐに戻ってきて先ほど小生が身体を拭いた湿ったタオルを掛けて揉み解し。
横に位置取り、背中を両手で数回圧しただけでオイルに。

足元に位置取ると多めのオイルを手に取り、足全体に延ばします。
小生のくるぶしを膝で挟むような態勢で脹脛からショートストロークでヌルヌル。
脹脛辺りに移動すると太ももをヌルヌル、指先は付け根から数センチ手前でUターン。

足裏にもたっぷりオイルでヌルヌル。

カエル脚になると股間に位置取り、太ももスリスリ、臀部スリスリ。
付け根にも届かず、オイルで滑っての事故すら・・・

背筋使って頭部のカガミを覗くも角度からセラピストさんの表情が見えそうで見えない・・・

臀部に跨ると背中をヌルヌル、グリグリとかな~り入念に、で仰向け。

頭部横に位置取り、デコルテから腹部をスリスリ。
オッパイは当たりそうで目前を通過するだけ。

立ち上がった姿をふと見上げると胸元で一点結んだパレオの前がはだけて肌が露わに・・・
この先の展開にワクワク。

足元に移動すると、足の甲あたりに跨り、膝下からヌルヌルと付け根手前まで。
ただ足の甲に感じるのはベトついたパレオの布地だけ・・・

横に移動してきて、手のひらマッサージ。
これでクールダウンかと思いきや、今一度足元へ移動して脛辺りに跨り、腿から付け根手前。
へそ廻りを撫で撫でして、「ソロソロお時間です」

これは延長コールなのか、ラストスパートに入るのか悩みましたが・・・

このあとも淡々と付け根手前から鼠蹊部手前あたりスリスリしてお時間。

シャワーの準備からはすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
しっかりオイル流して部屋に戻るとセラピストさんが「お茶差し替えますか?」

当然、お断りして着替え・・・

着替え終わり、やや間があってセラピストさんが入ってきて一緒に玄関へ。

紙パンツ
極小タイプ

prima表
<前>
prima裏
   <後>       
     
所要時間
97分        

独り言            
このスタイルのままなんでしょうか、流行りなのか同じような形態で出店見受けられますが・・・
この料金なら選択肢多そうですが、新店として頑張って欲しいですね
店名のホームページのみ閲覧しての訪問です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
施術レベル・女性の質には徹底的にこだわっている店って・・・

最寄駅 
JR目黒駅
徒歩10分

訪問日 
2016年3月某日

訪問回数
初回

コース
Deep Aroma Course

料金
90分16,000円(某サイト見たで2,000円割引+指名料、通常18,000円)
指名料 込(通常 写真指名1,000円、本指名2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約・メールでの予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション ワンルームタイプ

施術室
6畳ほどの洋間

施術台
マット
側面に大きなカガミ有

シャワールーム
バスタブ  

セラピスト
胸元がジップのミニワンピース(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名で応対、「某サイト見たのですが」と
空き状況確認すると希望の時間が取れるので、まずは内容確認。

「タイ古式って?」・・・「施術できるセラピストが限られています」
「アロマは?」・・・「普通のオイルマッサージです」
「ディープは?」・・・「アロマよりより鼠蹊部を長くやります」

それではと、ディープの90分で予約完了。

指定の場所から電話するとそのまま通話しながら、
花見客の間をかき分け目黒川沿いを進み、左へ曲がりマンション前へ。

オートロックを解除してもらい、
部屋のチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。

スリッパ履いてすぐ横の受付スペースへ。
小さなソファに腰掛けると「飲み物は?」に
いくつかの中から冷たいお茶を頼むとすぐにお茶とオシボリがテーブルに。

コースの確認、会計をすると二段の段差を昇り奥の部屋へ。

白を基調とした室内、ロールスクリーンをあげたら
「もしかしてマジックミラー号??」

明るい部屋にはマットの横に大きなカガミがド~ンと。

すぐに着替えを促され、衣類はクローゼットへ。
定番の衣類カゴに貴重品入れはなく、辺りを見渡してもないので
バスタオルを腰に巻き、財布を手に持ち準備完了。

シャワー室は部屋からはシースルー、もちろんカーテンは下ろしてありますがお洒落。
声を掛け、一緒にシャワー室に行くと洗面台上には紙パンツが2種類、
見慣れない包みがあったのでセラピストさんに聞いてみると、ストレッチタイプのトランクス。

念のため「これ選ぶと何か違うの」と聞くと
「今日はディープコースですからこちらのほうが」と
Tバックタイプを勧められたので、それに従うことに。

洗面台の奥に大きめなバスタブがあり、そこでシャワーを。
お湯が出ていなかったので温度調整に暫し時間が、さらに水圧が弱いのはちょっと・・・

サッと浴びておススメの紙パンツを開封すると小さめなTバック・・・

部屋へ進み、マットに横たわると全身タオルで覆いながらオイルの確認。
無香で、とお願いして施術開始。

膝が小生の足に触れる距離に座ると、上半身から手のひらで軽く圧していきます。
足元に移動すると揉み解し、脹脛から太もも、割れ目から臀部をサッと。

足横に位置取り、タオルを捲るとオイルに。
足裏をアソコで押さえてくれないのにはちょっとガッカリ・・・

少なめのオイルで足首から太もも、付け根までとロング、ショートストローク織り交ぜで数回づつ。
指先はきっちり付け根まで、強い意志が感じられる止まりかたにテンションは下がります。

横に位置取り、カエル脚。
腿から臀部をスリスリと繰り返したのち、片手で付け根を親指と人差し指で掴むようスリスリ。
続いてもう一方の手も使い、両手でスリスリも事故はなし・・・

左足の太ももに跨ると臀部から背中。
手のひら、指先と使い分けながらやや強めの圧しに思わず、「ウッ」と声が出る心地よさ。

横に移動すると背中から肩を入念にグリグリ。

頭部に移動すると膝で頭を挟むようにして首から肩と流すようにスリスリ。
ググっと膝を詰め、アソコを後頭部に押し付けるようにして指先は腰あたりまで。

ちょっと楽しみが出てきたところで横向きコール、もちろん大きなカガミに向いて。
セラピストさんは小生の後ろに、カガミ越しに表情がよく見えます。

臀部を時間を掛けて撫でまわしたあと、その手は股間に。
腕をねじ込むまでは行かず手の甲どまり、当然事故も起こらず・・・

カガミ越しセラピストさんをガン見するも、視線を合わせることは皆無。
折角の大きなカガミもちょっと勿体ない気が・・・
もちろん立ち上がった時にはカガミ越しにチラリはありましたが。

仰向けになると小生の横に座ったその時、拡げていた右手の指先に柔らかな感触が・・・
故意かどうか、ここはじっと感触を楽しみます。
膝あたりから太ももをゆったりとしたストロークで、
さらに太ももは指の腹を使ってのタッピング。

頭部に移動するとここでも膝を詰めアソコを押し付けるように座りデコルテ。
オッパイデコルテを数回入れると指先は乳首から下腹部まで。
その時セラピストさんの下腹部は・・・

さすがに顔騎にはならなかったものの、
肩越しから下腹部をスリスリしているので横を向くと中々の眺めに・・・

ここで四つん這いの声・・・
「嫌ですか」の問いに、「いや」と肯定とも否定とも聞こえる
曖昧な返答しながらも自ら態勢はすでに四つん這い。

まずはご挨拶代わりなのか、紙パンツの上から会陰をジワーっと。

続いて片手で代わる代わるタマの左右から鼠蹊部へ。
その指先は徐々に紙パンツの縁をなぞるようになり、さらに両手で・・・

今一度仰向けになると股間に位置取り、両手で鼠蹊部から鼠蹊部まで。
その手は徐々に中央で合わさるようになり・・・

ここで終わりかと思いきや、再度横に。
小生の指先にお尻が触れるように座ると乳首から下腹部、そしてまた下腹部サワサワ。

さすがに小生も触り心地いいですね、とサワサワ返しでお時間。

シャワーの準備に行ったはずなのにお湯はでていなかったですがサッと浴び、
部屋へ戻ると飲み物を聞かれ、お茶をお願いして一人着替え。

着替え終わると入り口横のソファへ。
そこへ頼んだお茶とオシボリが・・・
ここで二言三言言葉を交わしながらお茶を啜り、
ほんのりいい香りのするオシボリで手を拭いて玄関へ。

紙パンツ
Tバック(極小と通常の中間)
risel

riselura

所要時間
96分

独り言
遠いですが部屋は白基調だからか明るくキレイ
密着店ではないですが色んな態勢でそれなりに
オペレーションはオープン間もないので・・・
今週末、目黒新橋からのサクラが見頃でしょうね
>
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ