しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

ブリーフ

2
やっぱりメンズエステと言えばナース服・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
100分コース

料金
100分税込16,200円
ネット指名料0円(某サイト見たでサービス、通常2,160円)
入会金0円(某サイト見たでサービス、通常2,160円)
支払総額16,200円
ポイントカード有

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル店舗型、複数室

施術室
6畳ほどの個室

施術台
マット

シャワールーム
やや広めの簡易シャワー

セラピスト
前ボタンのナース服(ホームページ画像)、他のナース服姿のセラピストさんも見かけました

施術
電話すると希望の時間が取れるというので、すぐに予約。
こちらから金額確認、時間丁度に店に来店してくださいとのこと、で予約完了。

時間丁度に2階に上がる階段途中で来店知らせるチャイムが作動。
2階踊り場にソファ、入口に受付カウンターと一昔前の・・・

受付の店員さんが「ご予約は?」。
予約名を答え、コースの確認、会計、会員証の取り扱いと進み、
カルテらしきものを渡されソファで記入するよう案内されます。
記入し終えた用紙を店員さんに渡すと暫くしてセラピストさんがニコリと登場。
胸元が開いたナース服には思わずニヤリ。

手を取られ一緒に店内へ、途中スリッパに履き替え、奥の部屋までエスコートしてくれます。
すぐにシャワーを浴び紙パンツに着替えるように案内され、セラピストさんは部屋の外へ。

全裸になり、室内にある広めの簡易シャワーに入り自らお湯を出しサッと浴びて
ブリーフタイプの紙パンツ穿き替え準備完了、もセラピストさんはなかなか現れず。

5分くらいしたところで冷たいお茶を持ってきたので一口啜ってマットにゴロリ。

すると「100分ですよね」と確認・・・
「マットに座ってください」にマットの上で胡坐をかくとセラピストさんがその上に跨り、
なんと対面座位状態、ピタッと抱き付き肩をモミモミ。

これは、とこの後の展開に期待・・・

マットに俯せになるとタオルで覆い、足元に位置取り脹脛から付け根から臀部と軽く圧迫。
太ももに跨り腰から背中、ピタッと覆いかぶさりオッパイムニュっと押しつけ、肩をモミモミ。

足元に移動して膝を曲げ、足の甲を谷間に当ててストレッチ。

足に掛かったタオルを捲り、足裏を腿で押さえるように座るとポンプを何回も押し、
多めのオイルで足首から太もも、付け根へとロングストローク。

脹脛をショートストロークでグリグリ。
脹脛に跨ると太ももをスリスリも指先は付け根数センチ手前でUターン。

カエル脚になると股間に入り、曲げてある脚を挟み膝から太ももをスリスリも
手は期待しているところへは伸びず、太ももを足と一緒にスリスリ。

覆っているタオルで軽くオイルを拭き取り、
そのタオルを太もも辺りに敷いてその上に跨り、臀部から腰、背中。
オイルを拭き取り、タオルを背中に掛けるとその上に覆いかぶさるようにして肩。

ここで「四つん這いに・・・」とワクワクする一言。
サッと四つん這いになり尻を突き出すと内腿スリスリ、臀部スリスリ、
腰から腕を廻すと指先で慎重に鼠蹊部サラッと・・・

頭部に移動して首筋、肩とグリグリ。
掛けていたタオルでオイルを拭き取り仰向けに。

頭を挟むように座ると多めのオイルで首廻りをグリグリ、襟足にオイルが・・・
首筋からデコルテ、この時は目が合うと何か気まずいので閉じているのですが、
なかなかオッパイスタンプがこないので薄目を開けて見るとはだけた胸元が目の前に・・・

指先が下腹部へ伸びるもスタンプはなし、乳首もサラッと。

足元に移動すると太ももで挟み、足首から太もも、付け根手前まで
オイルを全体に延ばすと両手で脹脛を持ち上げるようにグリグリ。

カエル脚になると股間に入り、曲げた脚を挟み太ももでスリスリ。
俯せ時同様、手も腿と一緒にスリスリ。

股間に位置取り、両手で付け根数センチ手前、ブリーフには触れず周辺をスリスリ。

横に移動してくると小生の腕にタオルをしっかり巻かれて枕がわり、
まぁ腕枕と言えば腕枕なんですが微妙・・・

添い寝での施術は片方の手を取り、グリグリと手の平マッサージ。
片手は頭で押さえつけられ、もう一方も手を掴まれてるのでオイタ対策は万全。

受付からのワンコールがあり、タオルウォーマーからホットタオルを取りだすと
顔から腕、デコルデ、起き上がって背中と最後は冷たくなった一枚のタオルでオイルを拭き取り。

最後は今一度対面座位オッパイ押し付け、肩をモミモミでお時間。
もちろん立ち上がる時は目の前にはバッチリと・・・

それではシャワー浴びて着替えてくださいと一人に。
自分でお湯を出して入念に洗い流し、着替えて待つこと5分。

持ってきたお茶を一口飲むと次回延長サービス券代わりの名刺を受け取ると
思わず勘違いしたくなるようなセラピストさんからのハグ。
ボタン外しているのかと思うほどはだけた胸元を目に焼き付け、部屋の外へ。

手を繋ぐと踊り場までエスコートしてくれ、お見送り。

紙パンツ
ブリーフ

ナースコール
   

所要時間
108分(受付時間含む)

独り言
室内にシャワーがあるのは楽ですね
密着より距離感じますが・・・
この日は東口某店からのハシゴ、もう1件考えましたがお金も体力も無くなってました
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版

1

他では味わえない究極の癒しとは…

最寄駅 
JR飯田橋駅
徒歩8分

訪問日 
2015年8月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分13,000円(オープニングキャンペーン中、通常16,000円)
指名なし(指名料表記なし)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、WEB予約
電話応対女性スタッフ

出勤情報
ホームページスケジュール欄にひと月

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
施術ベット

シャワールーム
★☆☆☆☆
薄暗いバスルーム

ユニフォーム 
ワンピース(ホームページ画像)、黒ストッキング

施術
電話すると女性スタッフが応対、ホームページの予約の取り方の通り話し予約完了。
初回は問診票記入のため10分前に来てほしいとのこと。

目印のコインパーキングから電話するとすぐ近くのマンション、
オートロックを解除してもらい指定階へ。
門扉がある離れのような一軒の玄関口を覗き込むと言われた部屋番号を発見、
チャイムを鳴らすとドアが開きセラピストさんが「念のためお名前を」、
念のためですかと思いながら名乗ると、「お待ちしておりました」とようやく中へ、
履きやすい使い捨てスリッパを履いて受付へ。

オープン祝いの籠花があるリビングスペースのソファに腰掛けると
入れ替わって受付スタッフのおネェさんが登場、冷たいお茶とオシボリをテーブルの上に。

冷たいお茶に手を伸ばす間もなく問診票を渡され、記入の案内…
薄暗い中、仕方なく記入し終えて漸くお茶を一口。
希望のオイルと施術の要望も聞かれたので、
「オイルは無香、施術は店のスタイルで」と頼みます。

まずはシャワー、とバックを入れたカゴを持っておネェさんが案内してくれます。
脱衣室ではズボンもカゴへ。

薄暗いシャワー室、お湯は出してなかったのでシャワーを出すとお湯にならない…
出したまま暫くしても水、暗くて給湯パネルも見えにいので仕方なく冷水シャワー。

サッ浴びて大き目のブリーフ穿きバスローブを羽織り、扉を開けるとおネェさんが待機。
「部屋へ案内します」とバックと衣類が入ったカゴ二つ担いでくれ部屋へ。

ガウンを脱いでベットに横たわるとおネェさんが全身覆うようにタオルを掛けてくれ、
「しばらくお待ちください」と部屋の外へ。

しばらくするとノックがあり、セラピストさんが入室して問診票を確認。
脚に掛かったタオルを捲るとやたら誇張していたオーガニックオイルで施術スタート。

オイルを馴染ませた手が脚に触れるとしっとりした感触、
少量のオイルでも伸びはよさそうです。

しかし、施術は強弱も緩急も長短も変化なく、膝下をひたすらスリスリ。
膝上への施術も同じようにスリスリ、指先は付け根にほど遠く…

続いて、頭部から背中への施術、顔を入れる隙間から覗くとセラピストさんの脚が…
生足ではなくお迎え時の黒ストッキング、小生は黒ストマニアではないのでガッカリ。

後頭部にオッパイが当たるわけでもなく、ここでも背中をひたすらスリスリ。

仰向けになると「お顔にタオル掛けますか?」と聞かれたので丁重にお断り。

セラピストさんの顔がじっくり見れると周囲を見回すも足元からで全く見えず、
さらに天井の照明も眩しく、目を閉じていることに。

ロングストロークはしないスタイルなのか、足首から膝までをスリスリ。
膝上も同様、ここでも付け根には届かずスリスリ。

横に移動して腹部からデコルテ、もちろん下腹部になんて届かずスリスリ。
しかしベットに身体を寄せて施術しているセラピストさん、小生の手には感触が…
それではと僅かに手を動かすも腰を引くような感じに退散。

退散した手を取って上腕部からモミモミ、続いて前腕部、そして手とモミモミ。
ここでセラピストプロフに下着の色が書いてあったのを思い出し、
いつ確認させてくれるのか聞いたところ、そういうオプションはないとのことでお時間。

シャワー室へ行ってもお湯は出ておらず、出しても冷たいまま。
オイルを流したいので給湯パネルをイジリまくっていると水からお湯に、
サッと洗い流してシャワー室を出るとカゴが置かれていて、ここで着替えるよう…

着替えてドアを開けるとおネェさんがお迎え、ソファに腰掛け冷たい水を一口。
今日の感想を聞かれて、もちろん「良かった」と。

会員登録しておきますかと聞くので「はい」と答えると来店のたびに割引があるとのこと。
キャンペーン料金からなのか通常料金からの割引なのか説明なかったので分からないですが…

それではと立ち上がるとセラピストさんが玄関までお見送り。

紙パンツ

ブリーフ
worker2

所要時間
98分(予約時から退出時)
  
独り言

1回では求めていたものを見つけることはできないようで…
立地はともかく、料金、オペレーション…新店なので頑張ってほしいですね。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
浴衣でお出迎え、さて施術時は・・・

最寄駅 
JR上野駅
徒歩5分

訪問日 
2015年4月某日

訪問回数
初回

コース
アロマコース

料金
90分13,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常14,000円)
指名なし (通常1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
電話応対セラピストさん

出勤情報
ホームページに1週間

店舗
雑居ビルのワンルーム

施術室
★☆☆☆☆
3畳くらい

施術台
マット

シャワールーム
★☆☆☆☆
古いなりにキレイにしていますが、狭いです
バストイレ一体ユニット

ユニフォーム 
浴衣

施術
電話すると応対はセラピストさん、希望の時間が取れるというので予約。
早めに着いたので地図を頼りに近くまで行ってから電話すると目印が一致しない・・・
それもそのはず、地図の位置マークが違うのですから。

なんとか目印が一致するところから確認するとそれらしき建物へ、それでも不安なので再度確認の
電話を入れると間違えないということで一安心、エレベーターはないようなので階段を昇り目的階へ
ここも薄暗く部屋番号が見えない・・・怪しげな雰囲気です。ドア横に書かれた番号を覗き込み、
部屋番号を見つけるとチャイム鳴らさず、ノックもせずに入ってくださいと言われたのを思い出し
恐る恐るドアノブを回すと・・・なんと浴衣のセラピストさん。

糊のきいたピシッとした浴衣でお出迎えかと妄想していたのですが・・・
「どうぞ」の一言だけで部屋の奥へ案内されます、元は何に使っていたのか想像できない頭がぶつかりそうな
天井高、怪しげさは最高潮です。

そんな部屋の中で上着を脱ぐとコースの確認、会計。釣銭とお茶を持ってくると雑談開始、
腰が重いようでなかなかシャワーへ案内してくれません

漸く着替えを促されるとセラピストさんはシャワーの準備へ。

一人で脱いでハンガーに掛けカーテン越しに声を掛けるとシャワー室へ。
狭いユニットですがキレイにしてあります。長居するようなところではないのでサッと浴びて置いてある
トランクスとブリーフからブリーフを穿き部屋へ戻ります。

俯せになると下半身にタオルを掛けられると太ももあたりに跨り「重くないですか?」、それなりに
重さを感じましたが今後の展開を考え「大丈夫だよ」。そんなことより浴衣からどうなるのか興味津々ですが
カガミがないので仰向けまでのお楽しみです。

施術はこまめにオイルを手にして背中から肩をトリートメント。指先の動きから経験は感じますが・・・
ここで紙パンツのゴムをズラし始めたので脱がされるのかと期待したのですがホンの少しだけズラして
臀部をスリスリ。

長めの背中が終わると足元へ。横から脹脛から太ももへロングトリートメントも付け根には届かず
ここまで施術において怪しげなことは一切なし

待望の仰向けコールにトドのように寝返りを打って仰向けになると浴衣姿のセラピストさん、
お出迎えだけでなく施術も浴衣なんですね、裾だけ見ればロングパレオみたいなものですが・・・

その姿で足を跨り膝下から膝上、ここでも付け根には届かず短調な施術が続きます。

横に移動すると手を取り、腕をマッサージ。

頭部に移動してオッパイデコルテ、といっても浴衣の生地の感触ですが・・・
いよいよかと思ったところでお時間。

セラピストさんがシャワーの準備へ行ったところで時計を見ると終了予定15分前、サッとシャワーを浴びて
着替えると持ってきてもらったお茶を一口啜り玄関へ。

階段を降りながら時計を見ると正味80分くらい、ハシゴ候補の店に電話するも希望の時間取れず
妄想のひと時は終了となりました。

紙パンツ
ブリーフ(トランクスもありました)
itowokasi

所要時間
85分
 
独り言
「裾からムフフ」とか「アレー」とか妄想膨らませ過ぎました・・・
プレオープンなのでこれからに期待です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 Magical Charming! (ダウンロード版)

↑このページのトップヘ