しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

ノーマルTバック

3
理性を欠いた時間を過ごしたい

最寄駅 
東京メトロ六本木一丁目駅
徒歩4分

訪問日 
2018年3月

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分17,000円
ディープリンパ1,000円
ベビードール2,000円
指名料1,000円
入会金記載なし
支払総額21,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きめの姿見あり

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
パジャマ(ホームページ画像)お迎え時~シャワー前
ベビードール(オプション)シャワー後~お見送り時

施術
電話すると即、男性スタッフが店名応対。
ホームページからエロそうなセラピストさんの名前を挙げ、空き状況確認すると希望に近い時間で予約できるというのでコース時間を伝え予約。すると場所はSMSで送るということで予約完了。

暫くするとSMSが届き場所の案内が書かれており予約時間にその場所から電話してほしいとのこと、予約時間と料金などは書かれておらず場所の案内のみ。

予約時間に指定場所から電話すると目の前のマンション。
オートロック解除してもらい部屋の前へ、ドキドキしながらチャイムを鳴らすとやや間があってドアがガチャリ。

ニコリとお迎えしてくれたパジャマ姿のセラピストさん、スリッパ突っ掛け奥へ。
薄暗い中、片隅のソファに腰掛けようとすると「コートお預かりします」

コートを預け、ソファに腰掛けると自己紹介があり、同意書への記入を求められます。薄暗い中、何が書かれているのか分かりませんでしたが名前だけ記入して横に置いてあったメニューらしきカードを見ているとセラピストさんが冷たいお茶をテーブルに。

「メニューがよく見えないんだけど」というと口頭でオプションの案内が。
料金を聞くとディープ1,000円、ベビードール2,000円とのこと、他にもあるのかもしれませんが、そこで両方ともお願いして会計。今日の訪問の決め手はTwitterでのベビードール姿なので・・・

すると着替えを促されてセラピストさんはシャワーの準備へ。
サッと全裸になりタオル巻いて準備完了、キッチンからその姿は丸見えなので、すぐに声が掛かりシャワー室へ。

バスのみのユニット、見渡すと目についたのが排水口に毛、これはちょっと・・・
バスタブに入ってサッとシャワーを浴び、カゴに入った紙パンツ見ると紺と白、包みの形状からいずれもノーマルTかと思われます。もちろん手にとったのは白。開封し穿いてみると小さい、ノーマルTのSサイズ?って感じ、まぁ小さいのは歓迎なのでニヤニヤしながらタオル巻いて扉開けると・・・

そうそう、これが見たかった・・・スケスケ、もちろんインナーは下着、色は・・・やっぱりコレ、視覚を楽しませてくれます。

セラピストさんから「どうぞ」とソファに腰掛けるよう促されます。
その前にはタライが用意されていて両足をその中へ。シャワーの片付けから戻ってくると目の前に跪いて片足ずつ丁寧に濯いでくれます。もちろん小生の視線は・・・

かなり丁寧にモミモミしながら濯いでくれると、これまた丁寧に優しく片足ずつ拭いてくれます。
そのタライを片付けるとソファの背もたれにセラピストさんが入り込み、後ろから肩から肩甲骨辺りをクリクリ、そのまま抱きつくようにオッパイムニュっとさせてデコルテをスリスリ、指先は徐々に下へと進み、紙パンツの紐を潜り・・・早速きたかとドキッとしましたが期待するところには届かずにUターン。

ここで「失礼します」と前に。正対するように小生の腿に跨ると首筋をスリスリ、もちろん目の前にはオッパイ。すると抱きつくように肩甲骨辺りをクリクリするのでオッパイがムニュっと、ペロッとしようか迷いましたが・・・この後の展開に期待してジッと我慢。左・右・谷間がムニュ・ムニュ・ムニューときてマットへ。

マットに俯せになろうとすると「カガミのほうを向いて胡坐をかいてください」
ホゥーそうきたか、とワクワクしながらカガミのほうに向くと・・・「少し上体を前に倒してください」

マットの横に置いてあったステンレスボトルを手にすると背中にドボドボドボ・・・
直接ではなく、手で受けるようにはしていますが打たせ湯ならぬ、打たせオイル、という感じ。
背中を伝って尻へと流れ落ちていくのがわかります。

ボトルを置くと流れ落ちるオイルを背中全体に拡げスリスリ。
そのまま肩越しにデコルテをスリスリ。

今度はタップリのオイルを手に取ると内腿へドバッ。脇から抱きつくようにして内腿から付け根、鼠蹊部へとオイルを拡げていきます。

さらにヌルヌルになった手が腹部を撫でまわします。その様子はカガミ越しにバッチリ、セラピストさんの姿は二人羽織のようにカガミからは見えないのですが・・・手だけがイロイロなところへ、「されている」のを見るのはエロイです。もちろんここでもオッパイムニュ付き。

ここで仰向けに。

足元から脛をスリスリとあっさり、カエル脚になると伸びた脚に跨り内腿から付け根へしっかり。腰あたりに覆い被さるような態勢になると・・・身体の下にニュルっと手を滑り込ませ指を立てると身体を持ち上げるようにグイグイ。

頭部に移動するといきなりのオッパイスタンプ、そして乳首周辺クリクリ、下腹部サワサワ、その手が紙パンツに掛かると「腕を身体につけてください」、これに気を付けの姿勢になるとフワッと腰が浮きあがり・・・上空をゆっくりと通過し腹部へ。

着地すると付け根から鼠蹊部スリスリ、続いて足に抱きつき脹脛をスリスリ、するとこの時セラピストさんの尻が、「見て」と言わんばかりに・・・

ここで俯せに。

脹脛をオマタで抑えて太ももスリスリ、臀部に覆いかぶさりオッパイムニュっとさせて背中スリスリ。
臀部に跨り、腰から背中をスリスリ、ピタッと抱き付き首筋から肩をグリグリ。

四つん這いになるとステンレスボトルから割れ目にドバドバドバっとオイル。
割れ目を伝って温かなオイルが流れ落ちていく、ミョーな感触。
臀部のオイルをサワサワと撫で拡げ、腰に抱きつきオッパイムニュ、指先は鼠経部から紙パンツの縁を・・・

股間に手を差し入れると指先が「絹の靴下」のように・・・
ただリズムに変化がなく態勢維持が辛く・・・

すると察したわけではないでしょうが、今一度仰向けに。

股間に入り込むとステンレスボトルからオイルをボタボタボタっと鼠経部あたりへ。

ボトルを置くと両手で内腿から付け根、鼠蹊部とオイルを撫で拡げるようにスリスリ・スリスリ。
さらにグッと膝を詰めると両手を内腿から一気に付け根、鼠蹊部を通過し、指先は乳首へ。

乳首クリクリ、と同時にアソコへオッパイムニュが・・・まさにパイ〇〇

ここで「横に行っていいですか」、これには「どうぞどうぞ」とシングルサイズのマットの横に移動し、スペースを開けると・・・セラピストさんは横にピタッ。

指先で乳首をクリクリしながら「ココ気持ちイイですか」に「ああぁ」と曖昧に答えると指先は徐々に腹部からさらに下へと。

ここまでオイルまみれになっているとセラピストさんのトリートメントも制御が効かず・・・

今一度、股間に入り込むと付け根から鼠蹊部をスルーっと両手でトリートメント、肘まで使い鼠経部をしっかり。紙パンツが小さいがゆえに起こる事故も・・・

そのまま太ももに跨るのでツイツイ滑って疑似〇〇〇なんて期待しましたが残念ながらそこまでは・・・
それでも見下ろされながら指先は乳首クリクリ、腰はスリスリ・・・

セラピストさんが抱きつくように近づいてきたので「これは」とワクワク・・・
すると顔を近づけてきて「そろそろお時間です、タオル持ってきますね」

手足のオイルをサッと拭き取ってくれシャワーに。

サッとシャワーを浴びると水溶性らしくスゥーっと流れる感じ、不快なオイル残りもなし。
サッと身体拭いてシャワー室のドアを開けるとセラピストさんは次の準備。

小生が部屋へ戻ると入れ替わりにセラピストさんはシャワー室の片付け。
準備に忙しかったようで飲み物の差し替えはナシ。

着替え終わった頃にセラピストさんが入室、このあとシャワーを浴びるのでしょうか、嬉しいことにこの時点でもベビードール姿。折角なので暫し雑談して目に焼き付けてから玄関に。

紙パンツ
ノーマルTバック
白ノーマル

所要時間
91分

独り言
品川から気になっていたのですが、さらに六本木にも、ということはイイからだろうと勝手に推測して訪問。
内容はオプション付ければいまどきのスタイル、密着、オイル多め、薄着、当然それなりの値段になります。今振り返ると施術パターンは某店と同じようなスタイルですが・・・
ステンレスボトルからのオイルドバドバはイイのですが水溶性だとサラッとし過ぎですね。
セラピストさんの準備とか利用客のニーズとか考えると、水溶性なんですかねぇ。

2
2018年、想像を超える世界へTRIPしたい

最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2018年1月

訪問回数
初回

コース
U・G・T Courseコース

料金
90分19,000円(新人割引2,000円引、通常21,000円)
(さらにオープニングキャンペーン10分サービス、通常80分)
指名料1,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
バスローブ(お迎え~会計時、お見送り時)
白Tシャツに黒超タイトミニ

施術
新年メンズエステ初め、外したくないとエステサイトと睨めっこして決めたのがこちら。
早速、電話してみると男性スタッフが「ハイ」、こちらから「ホームページ見た」で会話スタート。

希望の時間とセラピストさんを伝え空き状況を確認すると予約可能というので
まずはコースの違いを訊いてみると・・・「衣装と施術の違い」との答え。
衣装は薄く、施術は濃くが大好きな小生、勝手に解釈して高いほうをお願いして予約。

すると予約1時間前に確認電話してほしいとのこと、
続けざまにそれがないとキャンセル扱い、との案内。
まぁ、ドタキャン対策の一つとして仕方ないのでしょうが、
先に料金とか場所とか10分サービスのこととか、あると思いますが・・・

1時間前に電話すると「はい」、予約している・・・で会話スタート。
駅出口の案内と「少し前」と電話する時間を案内されて終了。

言われた通り少し前、3分前に電話すると、ここも「ハイ」。
駅に着いた旨、話すと早速案内が・・・
わかりやすい場所で案内訊きながら歩くと3分ほどで到着。

するとよく聞き取れなかったのですが、割引してくれるとのこと、もちろん安くなるのは
大歓迎と「ハイハイ」と生返事。

オートロック解除してもらい部屋の前に。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすと・・・
バスローブ姿のセラピストさんがちょっとハニカミながらニコリとお出迎え。

スタスタと奥の部屋へと進み、椅子に腰掛けると早速飲み物の確認があり
冷たい飲み物をお願いするとすぐにお茶をテーブルに。

そしてコースの確認、と会計、オプションセールスはなし。

まずはシャワー、ということで着替えを促されサッと全裸に、
渡されたタオルを巻いて待機していると声が掛かり、シャワー室へ。

このタイプのユニットバス、どちらでシャワーを浴びるかいつも迷うのですが・・・
今回はシャワーヘッドがバスタブの中に向けられていたのでバスタブに入って浴びることに。

サッと浴びてシャワー室横のワゴンを見ると・・・
新年早々だからなのかお目出度い白とピンク、2種類の包みが並んでいる様子は紅白の蒲鉾??
迷った末、白の包みを拡げると白のノーマルバック。

透け具合にニヤニヤしながら部屋へ戻ると、
バスローブを脱いだセラピストさんを見て「??」
確かにエロいんですが・・・超ミニに白Tシャツ、好きなのですが何か違う気が。
そのセラピストさんはシャワーの片付けに。

すぐに戻ってくると膝でくるぶしを抑える態勢、感触はお預けのようで・・・
オイルウォーマーから手にしたオイルを脚に拡げるとヒヤッと、
残念ながらオイルは温まっていなかったようで・・・この冷たさに何も感じなかったとすれば残念。

ロングストロークで脹脛から一気に付け根、そして臀部まで伸びると
指先は割れ目を伝いながら足首へと、その繰り返しが数回。

腰に跨ると背中を優しく撫でてくれます、ここでも中腰なのか感触は・・・
もちろんカガミ越しには・・・ちょっと薄暗いですけど、ミエマス。

ここでカエル脚に。

曲げた脚をセラピストさん自らの足で挟みこむと太ももを抱え込むように腰から鼠経部へ、グッと。
続いて股間から手を差し込むと、指先を駆使して付け根をなぞるように・・・
それなりに周囲を巻き込んでの手の出し入れ、には、これからの展開にちょっと期待。

続いては四つん這いに。

股間に入り込むと腰を抱え込むようにして下腹部を撫でまわし、その手は徐々に下へ。
紙パンツ廻りを撫でまわすとその手は股間に。

袋脇から付け根伝いに鼠蹊部へ、指先で、手のひらでと撫であげるので・・・

ここで仰向けに。

足の甲を膝で挟んで膝上をスリスリ、太ももから付け根、さらにその先へと、
適度な事故を起こしながらも淡々と。

股間に移動すると紙パンツ廻りを集中的に撫でまわし、グルグル・グイグイ・クリクリ。
透け度がオイルで・・・と言っても自らは見えませんが。

続いては横から腹部ナデナデしながらちょっと添い寝。
セラピストさんを見ると捲れ上がったスカートは既に腹巻状態、ということは・・・モロです。

続いてタオルを股間に乗せその上にヒョコっと跨ると・・・
目の前には腹巻状態の下腹部が、イイ眺めです。
下腹部へのグラインドはないものの指先は乳首クリクリ、でお時間。

起き上がるとすぐにシャワーの準備へ。
もちろんここでもしっかりと目に焼き付けておきます。

すぐに「どうぞ」とシャワー室へ。
サッと洗い流してもオイル残りは気にならないほど。

身体拭いて部屋に戻るとセラピストさんはバスローブ姿に。

セラピストさんは入れ違いにシャワーの片付け、小生は一人着替え。
着替え終わったころにお迎え、一緒に玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック(白)他にピンク横スカ有
白ノーマル

所要時間
85分

独り言
出張併用店が増えてますね。
出張というとビジホのマッサージ、しかイメージがなくあまりいい想い出は。
どこがU・G・Tなのか分からなかったです、
セラピストさんの紹介文に・・・何事も学習です

1
高級エステ店で2017年の締めを

最寄駅 
東京メトロ新宿御苑前駅
徒歩6分

訪問日 
2017年12月

訪問回数
初回

コース
スタンダードコース

料金
90分16,000円(オープン割引90分2,000円引、通常18,000円)
ホイップムース2,000円
衣装チェンジ2,000円
指名なし(指名料2,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
10畳ほど

施術台
マット
横・頭部にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
ワンピースにバスローブ
超ミニナース服(オプション)

施術
電話すると男性スタッフが「はい」、やや間があって店名を名乗ったので会話スタート。
コース時間と希望のスタート時間伝えると、それに近い時間で予約可能というので即予約。

するとオプションをつけるか、とここでオプションセールスが。
一応決めてはいたのですが、セラピストさんとお会いしてから、とういうことで。
続いて「お車ですか」と聞かれたので「いや」と答えると、駅と出口教えてくれます。

暫くしてホームページを見ると、
セラピストさんの予約可能時間が記されていたのですがその時間が小生の終了予定時間から、
ちょっとイヤーな予感が・・・

指定の場所から予約時間の5分前に電話すると、それなりの距離があるものの分かりやすい場所、
オートロック解除してもらい部屋の前へ。

すぐにドアが開き、笑顔で出迎えてくれたのはバスローブ姿のセラピストさん、
もちろんその中は着ていましたが・・・
スリッパ突っ掛けると小生の手を両手で握ってくれ、奥の部屋へ。

部屋はキッチンも一緒ですが10畳ほど、高級店というのも納得のスペース。
その片隅にあるソファへ案内されます。
飲み物は冷たいのか温かいの、ということで冷たいのをお願いしてソファへ。

紙パックのアイスコーヒーをグラスに注ぐとサイドテーブルへ。
横に跪いて自己紹介、そして卓上のメニュー示しながらコースの確認、オプションセールス。

まずはバブルを願いして、「衣装はどういうの」と聞くとメイド服とナース服。
ファスナーで前開き、期待できそうなナース服選択して会計。

タオルを渡され、着替え、全裸になりタオル巻いたところでノックがありシャワー室へ。
洗面台にはマウスウォッシュや歯ブラシなどのアメニティーとノーマルの紙パンツ。
ですが、バブルを頼んだからかセラピストさんから渡されたのはトランクス。

明るくキレイなバスルーム、サッと浴びてトランクス穿くと・・・
サイドカットが5cmほど、これにはちょっと期待外れ。

部屋へ戻るとナース服に着替えたセラピストさんが、ワカメちゃんよりは丈は長め。
胸元のファスナーもしっかり上まで・・・もナース服はやっぱイイです。

セラピストさんから「仰向けに」そして「準備があるので」とキッチンに。
こちらに背を向けキッチンでシャカシャカしているセラピストさん、
裾からスラッと伸びた脚、見えそうで見えないのは残念。
このシーンならメイド服のほうが、とちょっと後悔。

何しているのだろうとワクワクしていると
「お待たせしました」、「先にオプションのバブルやりますね」
これにはビックリ、思わず「最初に?!」と聞いてしまったほど。

股間に位置どるとトランクスのゴム紐持ち上げて泡を下腹部へ、続いて裾から鼠経部へ。
バブルは冷たくないもののモッチリ感はなし、普通にバブルでした。

容器から掬ってはトランクスの中へ、を繰り返し。
裾からは泡を入れた後は付け根をクリクリするだけ。
上からは鼠蹊部辺りまで泡を押し込もうとするので先っぽに・・・事故ります。
泡が無くなったのか「バブルはこれで」、「シャワーを浴びてください」

殆ど泡は消えていたのでそのままスリッパ突っ掛けシャワー室へ。
トランクスを脱ぎ捨て、自らお湯を出して下半身だけサッと流すと
今度はノーマルのTバック穿いて部屋へ。

すると今度は俯せで、タオルを掛けてもらいシャワーの片付けへ。

すぐに戻ってくると足元に位置取り、しっかりとタオルの上から圧し揉み。
足裏はオマタで抑えて脹脛は腕を使ってグリグリ、
腰を浮かせて太ももグイグイ、結構強めの圧で気持ちイイです。

膝曲げてのストレッチ、足の甲を谷間で抑えてグィッ、思わず「ウッ」と声が、
これには「もう少し軽めで」とお願いしてアッサリ。

太ももに跨ると背中をグイグイとココも強めでオイルに。

ここはオイル指定できるんだな、と思っていると・・・
足裏をオマタで抑え、「失礼します」とオイルを手にする音が。

棚にはオイルのボトルが10本以上置かれていたので期待したのですが・・・
ウォーマーは1台だけ、でしたが。

脹脛から太もも、付け根へとロングストロークで一気に。
指先が臀部までくるとスッと割れ目をなぞって手前に引いていきます。
ポイントは押さえながらもオイルを拡げると続いてショートストロークで脹脛をグリグリ。
ここも圧はしっかり、ただ指先が荒れているのかザラついているのが気になります。
太ももから付け根へもショートストロークでクリクリ、キワドサは微妙。

カエル脚になると股間から付け根沿いにクリクリ、
腰からの抱きつくように差し込んだ手は紙パンツの紐をくぐり抜けての鼠経部クリクリ。

外側からのカニばさみ、するとセラピストさんの顔が小生の耳元に。
息が吹きかかるなんて距離ではない・・・近すぎる、勘違いしそうな距離。
指先は肩から背中をスリスリ、たまに太もももキワドサは・・・

ここで四つん這いに。

股間からは浅く指先で付け根なぞる程度、
腰から腕を差し込むと尻を抱え、オッパイ押し付け鼠経部クリクリ。

俯せに戻ると太ももの上に。
股間の隙間に手を差し込みご挨拶、そして腰から背中から肩甲骨へとオイルを拡げると
ロミロミなのかアルナプレス、背中が張っていた小生には心地よい痛さ。

横に位置取り臀部を撫でまわし、で俯せ終了。
軽くオイルを拭き取り仰向けに。

足元に位置取り、足指を抑えるように座ると脛から太ももへとロングストローク、
足指を動かさないようにと、すればするほど指が・・・

膝を立てると、今度は足の甲へピタッと。
脹脛へはグイグイと、太ももへはスリスリと。

仰向けでのカエル脚。
太ももから付け根へとクリクリもキワは浅め。

横からカニばさみに。

ここは太ももを膝でスリスリするのかと思っていると、ほぼ添い寝。
一応脚を挟むものの顏は腕枕というより肩枕、それほど近い。
ここまで近づかれるとジッとするしか・・・まぁ当然ですが。
そして指先は乳首から腹部をスリスリも、脚は動かず・・・

すると下腹部にタオルを掛けて・・・太もも辺りに跨ると腹部からデコルテまでスリスリ。
徐々に跨る位置が前へ、微妙な位置で乳首クリクリ。
この時ストロークに合わせてセラピストさんの腰もクイクイも視線はクール。

股間に入り込むと「掴まってください」と抱き起し。
ギュッと抱きつくと引き起こしてくれ暫しの対面座位・・・
セラピストさんが立ち上がりバッチリと拝ませてくれた後、シャワーの準備へ。

オイルはサラッとしていたのですが水溶性ではないようでソープつけてしっかり。
バスタオルは薄っぺらくて・・・消耗品も高級店なら。

部屋に戻るとセラピストさんはナース服のまま洗い物中、
着替え始めるとシャワーの片付けに。

着替え終わってソファに腰掛け、暫し雑談もセラピストさんは立ったままなので
差し替えられた飲み物一口啜り玄関へも、ここでは手繋ぎなし。

脱いだ靴の向きはそのまま、靴の向きのまま履くと・・・もしかして作戦?
この向きで靴を履くと、お見送りのセラピストさんと正対、なんて、まぁ違うでしょうが・・・

自らドアロック解除してエレベーターへ。
これを今年のメンエス納めとするか微妙・・・と思いながら時計を見ると・・・
思わず、もう一度見直しても終了予定10分前、次のお客さんが時間通りに入ったのでしょうか・・・

暫くするとSMSでお礼メッセージはきましたが・・・

紙パンツ
トランクス(バブル施術時、5㎝ほどサイドカット有)
herbal1
ノーマルTバック(通常施術時)
konnomal

所要時間
80分

独り言
部屋は良かったです。
密着は勘違いさせてくれるほども指先は・・・
10時間以上の施術研修と記されているのでこれからに期待です。

3
シンプルで優しい料金設定ですが・・・

最寄駅 
東京メトロ人形町駅
徒歩2分

訪問日 
2017年12月

訪問回数
初回

コース
90minコース

料金
90分13,000円
写真指名無料(本指名料1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
明るくキレイなバスルーム

セラピスト
ミニワンピース(ホームページ画像)

施術
電話するとやや間があって男性スタッフが店名応対。
気になったセラピストさん名と伝え、空き状況確認すると
希望に近い時間で取れるというので即予約。

5分ほど前に駅出口から電話するとすぐ近くのマンション。
エレベーター降りるとちょっと違和感もチャイムを鳴らすと・・・
中からゴソゴソと音が聞こえ、やや間があってドアが開きセラピストさんがニコリとお出迎え。

揃えてあるスリッパ突っ掛け、セラピストさんが案内してくれる部屋へ。
セラピストさんの後ろ姿、背中が大胆にパックリ割れていて妙にエロい。

片隅のソファに腰掛けるとセラピストさんから温かいお茶か冷たいお茶を聞かれ、
温かいお茶をお願いして室内物色。

定番のオイルウォーマー、その横にアロマオイルウォーマー、棚にはアロマオイルが数種類。
どういうふうに使うのかワクワクしているとセラピストさんが熱いお茶をサイドテーブルに。

お茶を一口啜ると自己紹介があり、コース時間の確認、そして会計。
裏メニューなど出てこないのでホッとするもどこか残念な気持ちも。

着替えの案内があり、セラピストさんはシャワーの準備へ。
サッと全裸になりタオル巻いて準備完了、するとノックがあり一緒にシャワー室へ。

洗面台にはお洒落なケースに紙パンツが3種(ノーマル、横スカ、ストレッチ)、
横スカは従来より幅が狭いような・・・
オイルヒーターが片隅に置かれていたもののスイッチは入っておらず、
寒くはなかったもののちょっと残念。

シャワー室内は明るくキレイ、サッと浴びて紙パンツは・・・迷いましたがノーマル穿いて準備完了。
ノックすると待機していたセラピストさんがすぐにドアを開けてくれ一緒に部屋へ。

マットに俯せになるとタオル掛けてくれ優しく擦るとシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると横から軽く揉み解し。
太ももあたりに跨がると腰から背中へと心地よい圧で時間掛けてグイグイ。
グイグイに合わせて尾骨あたりには嬉しい感触。

顏の横辺りに移動すると背中から肩、そして首をしっかりとモミモミ。
小生の肘がセラピストさんの膝に微かに触れる、このドキドキいいですね。

腰の上につま先向いて跨ると太ももから脹脛をモミモミ。
カガミ越しにチラ見しようと上体反らしを試みるも身体が固く断念。

指先は太ももから付け根へとグイグイ、タオルの上からとはいえ結構きます。
足元に移動して太ももから臀部を軽く圧してオイルへ。

脚に掛かっているタオルを捲り上げ紙パンツのゴムに差し込むと、
足裏をしっかりとオマタでピタッ・・・この温かな感触楽しむために足指の運動は暫く中止。

ウォーマーのオイルを手にしたセラピストさん、
ピチャピチャと音を立てながら馴染ませるとその手を脹脛から太ももへサァーっと。
このピチャピチャもイヤらしく聞こえます。

オイルが拡がると脹脛を入念にグリグリ・スリスリ、太ももから臀部も同様に。
このときストロークに合わせて腰が上下に・・・そのたびに足裏にもトントンと。

膝を曲げ、足の甲を谷間に納めると脹脛グイグイと、太ももはスリスリも勢い余って・・・
そのまま足裏も優しくクリクリ。

カエル脚になるとくるぶしをセラピストさんの腿の上に。
できた隙間に股間から、差し込む手の親指を拡げているのでタマを弾くようにして鼠蹊部へ。

股間に入ると曲げた脚をカニばさみ、太ももから臀部を手のひらで撫でまわし。
股間に手をねじ込み鼠蹊部グリグリも安全運転。

太ももに跨ると付け根から臀部、背中としっかり。
撫でる、ではなく流す、適度な圧はエフルラージュ。

横に位置取り、腰から肩甲骨へとグリグリ強めに。

頭の横に座ると肩から首筋をスリスリ、
肩甲骨もスリスリしたあとその手は腰から紙パンツの紐を引っ張りながら太ももまで。
そこまで手が伸びると・・・当然オッパイが後頭部にプニュ。

仰向けになる前にホットタオル。
時間が掛かるかと思っていたらすぐにノックがあり、「お待たせしました」
優しくオイル拭き取ってもらい仰向けに。

両膝で頭を挟む態勢、頭部からデコルテ、首筋、下腹部へ、
谷間はじっくりと拝めましたがスタンプはなし。

鼠経部へと指先が伸びると目の前にはセラピストさんの下腹部が、
さらに付け根から太ももへ伸びるとワンピースの裾が・・・
くるか、とワクワクするもそこで停止して太ももスリスリ。

顔を動かしてなんとか裾の中に、と試みるも腰が浮いていて思うようにいかず断念。

続いて、その位置から腕、手をしっかりと圧し流し、合わせてオッパイスタンプがムニュ。
そして指は絡めながらギュっと・・・これには勘違いしそう。

足元へ移動すると足指をオマタで抑えて太ももスリスリ。
膝を立てると足の甲にピタッと座り脹脛は引っ張るように膝から足首へ、
太ももは膝から付け根へと圧し流し。

そのまま脚を横に開いてカエル脚の態勢に。
足首から膝へ、膝から太もも、付け根へと適度な圧で流すと、
その先の付け根から鼠経部へ、はより入念に。
もちろん付け根あたりでは適度なお楽しみも。

すると小生の足をとり足裏をセラピストさんの下腹部に当てると・・・
セラピストさんは膝立ちに、小生の膝をグッと曲げてのストレッチ。
足指にはウキウキの感触、動かしたくなるのをジッと我慢。

股間に移動すると片手で内腿から付け根、鼠蹊部をスリスリ、
するともう一方の手が小生の手に伸びてきて・・・なんと指を絡めての恋人繋ぎ。

もしや・・・
も、残念ながらすぐに解かれ、両手で内腿から付け根をスリスリ・スリスリ。
カチン・コチン、ソフトな事故は連発も大事故には至らず、お時間。

ここでホットタオルを取りに。
後ろ姿を追うように見るとワカメちゃんとまではいかないもののバッチリ。

すぐに戻ってくると抱きつくように覆いかぶさてくるので、もしや・・・
期待するようなことにはならず「肩に掴まってください」

遠慮しながら首に抱きつくと、セラピストさんが力入れて上体を起こしてくれると、
抱きしめたい衝動に駆られましたがジッと我慢。
危険を察したわけではないでしょうが背後に回って背中のオイルをホットタオルで。

両手とも肩越しにおぶさるような態勢で背中にピタッ、オッパイムニュ。
押しつけたままデコルテから腹部のオイルを丁寧に拭き取ってくれるとシャワーの準備へ。

すぐに戻ってきてシャワー室へ。

残念ながら、オイルヒーターはまだ点いておらずお湯の出ているシャワー室へ。
サッと浴びるもオイル残りが・・・今一度ソープ泡立てシャワーで。
水溶性でないにしてはオイルに厚みがなかったような・・・

ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

飲み物の差し替えは断り、一人着替えに。
着替え中にノックがありセラピストさんが入室、雑談しながら着替え終了。

一緒に玄関まで、自らドア開けるとドアを押さえてお見送りもすぐにガチャリとロックが。
次の予約があるのでしょうがワンフロア1室、
エレベーターが来る前にドアが閉まるのはちょっと寂しい。

紙パンツ
Tバック(他に横スカ、ストレッチあり)

所要時間
95分

独り言
電話応対もセラピストさんの接客も良かったです、もちろん肝心の施術も。
そして3種類の紙パンツも丁寧に洒落たケースに。
オイルヒーターはもっと寒くなったら稼働するのでしょうか、
ホームページのギャラリーにアロマオイル、ウォーマーがあったので
久々に無香ではないものをと思っていただけに残念。
部屋によってなのでしょうが折角の衣装ですからカガミは横にも欲しかったですね。
とは言え、この料金でこの設備・内容、是非このままで頑張って欲しいです。

2
以前から気になっていた店、ですが・・・

最寄駅 
JR五反田駅
徒歩5分

訪問日 
2017年10月

訪問回数
初回

コース
レインズコース

料金
100分18,000円(某サイト見たで初回1,000円割引、通常19,000円)
ヒーリングジェルオプション2,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いバストイレ一体

セラピスト
白っぽいワンピ(お迎え~会計時)
ベビードール(施術~お見送り時)

施術
WEB予約可能というので、予約画面から希望日時入力して送信。
メールのやりとりがあり、予約完了、1時間前に確認の電話してほしい旨が記載されています。

1時間前に電話、しばらくすると「はぁい」とお疲れ気味の声で男性スタッフが応対。
「予約している〇〇です、確認の電話です」と小生、
すると男性スタッフ、「少しお待ちください、えー〇〇・・・〇〇・・・」と予約台帳かなにかで確認中、
確認するのはいいのですが聞こえるように呼び捨てで探すのはどうかと・・・
どうやら見つかったようで指定の場所から3分前に電話してほしいとのことで確認完了。

3分前に指定の場所から電話すると近くのマンション、
大人の事情があるらしく直接ドアを開けて欲しいとのこと、
たまにこういうリクエストありますが、これって何かドキドキします。

部屋の前で一呼吸おいてドアノブ廻すと・・・
薄暗い部屋の奥でセラピストさんが笑顔で「〇〇さんですか?」
小生、「はい」と返事をすると玄関まできて迎え入れてくれます。
使い捨てスリッパ突っ掛け、奥の薄暗い部屋へ。

片隅の椅子に腰掛けると「お茶かお水、どちらにしますか」に
お茶をお願いすると紙コップにお茶を入れてサイドテーブルへ。
一口飲むと早速コース・オプションの確認、そして会計。

タオルを置いて着替えの案内があり、「ごゆっくり」とお茶を勧められ部屋の外へ。
すぐにでも着替えたいのを堪え、お茶を啜ってからゆっくりと全裸に。
椅子の上に衣類は脱ぎ捨てタオル巻いて準備完了。

室内を見渡すと目を引くのはオイルウォーマーが3台、そして予備のボトルが10本以上・・・
もちろんマットはビニールシート、オイルたっぷり施術が期待できそうでワクワク。

すると部屋の外から声が掛かり、ドアが開いてシャワー室へ。
セラピストさんから「狭いですから・・・」ドアを開けると・・・
確かに狭い、バストイレ一緒、バスタブ内で浴びるタイプ。
バスタブに入り、シャワーカーテン閉めてサッと浴びます。

洗面台横を見ると屑籠と使い捨てスポンジと紙パンツ。
ワクワクしながら拡げて見ると形状はノーマルですがなんと『白』、
穿いてみてさらにワクワクも包みを捨てるため屑籠の蓋開けると満タン・・・
繁昌しているのが良く分かります。

タオル巻き、ドアを開け部屋のほうを見ると・・・
セラピストさんはベビードール姿に色直ししてお出迎えも薄暗く、透け度ゼロ。

タオルを渡してマットへゴロリと俯せに、
ヒンヤリするのかと思いきやビニールシートの下には電気敷布が敷かれておりポカポカ温か。

タオルを片づけたのか、部屋の外へ出たもののすぐに戻ってくると
「失礼します」と臀部に跨り、背中を圧し揉み。

背骨沿いをしっかりと母指球でグイグイ、素手の感触も然る事ながら
跨った太ももの感触がサラサラで気持ちイイ。

チラッとカガミを見るも少し離れたところにあり、且つ照明が暗過ぎてシルエットしか分からず。
室内には姿見が数枚立てかけてあり、買い替えたのかな、なんて勝手な想像しているとオイルに。

足元に移動すると足裏を太ももで抑えると手にしたオイルを脹脛から太ももへ、サァーッと拡げます。
肌に拡がるオイルは一瞬熱いと感じるほど、拡げるとともに心地よい温度に。

そして太ももあたりに直接ボトルからドボドボと・・・
臀部から内腿を伝いビニールシートに落ちていくのがわかります。

セラピストさんは両手で臀部から太もも、脹脛へと延ばしていきます。
ロングストロークで脹脛から太ももへと数回、そしてショートストロークで太ももを数回。
指先は確かに付け根に届くのですが小指球が触れる程度、安全運転です。
さらに指の使い方なのか爪の横で引っ掻かれるような感じが気になり、心地よさは感じられず。

カエル脚になると股間に入り曲げた脚を挟んでの施術、ここでもオイルをドバドバ。
それを撫で拡げると腰から内腿へニュルニュル、股間から内腿をニュルニュル、
残念ながら鼠径部ではなく付け根を通過するのみの安全運転。

臀部から内腿にかけては指先でサワサワ攻撃、サワサワだけを続けるのは・・・
くすぐったくモゾモゾするのを勘違いするのか執拗なクスグリが。

ここで四つん這いの声。

恥ずかしげもなくサッと四つん這いになると股間にグッと膝を詰めたセラピストさん、
割れ目にオイルをドバドバ、股間から袋を伝ってマットにポタポタ。

ニュルニュルのケツを両手で撫でまわすと片手づつ股間に。
ここでも内腿から付け根を撫でる程度、ニュルニュルすぎて慎重なのか事故ゼロ。

俯せの態勢に戻ると「失礼します」と太ももに跨り、臀部にオイルドボドボドボ。
そのオイルを背中全体に拡げるとピタッと覆いかぶさること数秒、
また起き上がり背中を撫でまわし、もう一度ピタッ、これを繰り返すこと数回、
そして仰向け、の声。

ここからジェルに変わるのか、と思いながら仰向けになると
足元に移動したセラピストさん、ここでもつま先を太ももで抑えてオイルをポタポタ、
先ほどと変わらない感触、普通に温めたオイルがサァーッと脛から太ももへ、そんな気が・・・

セラピストさんからもジェルに変わるとかオプションに入るとかの案内はなし、
もしかして最初からジェルだったのかもと勝手に解釈することに。

膝下から伸びる指先は付け根手前で線を引くようにしてUターン。

膝を立てるとつま先を腿で抑えて脹脛を抱えるようにグリグリ、
膝から両手で掴むように付け根へとしっかり流してくれます。

股間に入るとカエル脚に。
俯せ同様に曲げた脚を挟むと内腿にオイルポタポタ、拡げるようにサッと撫でると
ここではクスグリがサワサワ・サワサワ。
ただ期待するところへ指が伸びてこないので・・・

すると「足を揃えてください」

何をするのかとワクワクしていると・・・太ももに跨り下腹部へオイルドボドボドボ。
下腹部からデコルテへオイルを拡げてニュルニュル・ニュルニュル、たまに乳首。

しかし、ニュルニュルと施術しながらも少しずつ座っている位置が股間に近づいている・・・
乳首周辺もニュルニュルしながらも近づいている・・・
このままスマタになるのかとワクワク・ドキドキしながら目を閉じていると
サッと立ち上がり、今度は逆向きに。

腹部にピタッと跨ると腿にオイルをドバっと・・・
両手で膝から内腿を撫でながら付け根へとニュルニュル・ニュルニュル。
さすがに手前に引くように撫でるので勢い余ってカチン・コチンも・・・

さらに脚に抱きつくような態勢となり突き出されたお尻は目の前に・・・
ただ色や形状もそうですが薄暗くてテンション上がらず。

立ち上がると股間にグッと入り込み、小生の脚でセラピストさんの胴を挟むような態勢に。
すると腹部にオイルドバドバ、下腹部から鼠径部、付け根から内腿へとオイルを拡げ撫でまくり。

下腹部から鼠径部はスリスリと、付け根から内腿はサワサワとされたところでお時間。

その態勢のまま手を取り起き上がらせてくれます。
そして横に足を出すと乾いたタオルで丁寧にオイルを拭き取ってくれます。

そしてセラピストさんはシャワーの準備へ。
あたりを見渡すとオイルウォーマーに入っていたボトル3本が空になっていたのにビックリ。
これはこの後が大変だなぁと思いながら片隅の時計を見ると終了予定20分前、
少し時間があるので背中でも流してくれるのか、とワクワクしているとセラピストさんが迎えに。

滑って転ばぬよう慎重に立ち上がるとスリッパ突っ掛けシャワー室へ。
「どうぞ」と言われ中に入るとドアが閉められ一人に。

バスタブに入り、シャワーを浴びるも中々ヌルヌル感が取れず、数回ソープを手にゴシゴシ。
狭いので背中を流すのもシャワーカーテンが気になって・・・
いつもより時間掛けてオイルを流し、タオル巻いて部屋へ。

セラピストさんはベビードールのまま、片付け中も「どうぞお着替えください」とドアを閉めて退出。

一人でサッと着替え、紙コップ見ると最初のままのよう・・・
着替え終わりボォーッとしてると暫くしてセラピストさんがドアを開け「ありがとうございました」

そのセラピストさんを見ると使ったオイル量が・・・
ベビードールが透けてインナーがはっきり、も部屋へ入る素振りもなく、
お茶を勧めるようでもないのでそのまま玄関へ。

そのままの姿では玄関までくるこもとなく、一人鍵を開けて外へ。
セラピストさんは部屋のほうでお見送り。

紙パンツ
ノーマルTバック(白)
白ノーマル

所要時間
95分

独り言
ホットオイルの温度いいです。ただオイルに厚みがないのか長続きしませんでしたが。
ヒーリングジェルオプションは・・・肌に置かれた感触、途中変わることはなかったです、
もちろんオプション施術に入るという案内もなし。
紙パンツ、オイルの使用量などは満足度高いので・・・

↑このページのトップヘ