しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

ノーマルTバック

2
以前から気になっていた店の一つ、
Twitterでは早い時間に予約終了になっていることも多いようで・・・

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩7分

訪問日 
2015年5月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARDコース

料金
90分13,000円(新規割引1,000円割引、通常14,000円)
指名料1,000円
支払総額14,000円
ポイントカード有

予約方法
★★☆☆☆
電話予約 、WEB予約

出勤情報
ホームページに1週間

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳くらい

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
明るくキレイです

ユニフォーム 
黒ミニワンピース

施術
WEB予約は便利、メールで予約確定すると1時間前に確認電話、応対はセラピストさん。
渋谷も変わりました、指定のコンビニから電話すると男性スタッフがすぐ近くの奥まったマンションを
案内。迷うことなく到着、オートロックを解除してもらい指定階へ。

チャイムを鳴らす瞬間、いつもドキドキします。

扉が開くとカワイイセラピストさんがニコリ、「当たりかな」なんて考えながら胸を強調した
チョイ透けてるミニワンピに目が釘付けになりながら、スリッパを突っかけ
ウォーターサーバー横目に部屋へ。

普通の椅子に腰掛けると苦手なオプションセールスはなく、コースの確認・会計。

部屋を見回すと会員様オプション3,000円の案内、さらに見回すとマッサージオイルのボトルと
一緒に紙パンツがカゴに、そしてその中にはハサミ!今日はトランクスと意を固めたところで
セラピストさんが釣銭とポイントカード、水が入ったグラスを持って登場。

これがサーバーの水か、なんて思いながらも違いはわからず一口飲むと着替えを促され、
クローゼット使ってくださいと言い残し、セラピストさんは退出。

一人寂しく全裸になり、衣類カゴにあった珍しい貴重品袋(たぶん)に財布を入れ準備完了。
2、3分放置されたのちお迎え。一緒にシャワー室へ行くとTバックタイプの紙パンツが・・・

洗濯機と大きなゴミ箱が多くを占領している脱衣室にバスタオルを置き、お湯が出してある
浴室へ。サッと浴びて普通のTバックを穿いて、タオルを巻き扉を開けるとセラピストさんが
お迎え、一緒に部屋へ。

水を一口含んで俯せに。タオルを掛けられるとシャワーの片づけ、すぐに戻ってきて
脹脛から揉み解し。太ももから付け根へと進む施術に期待は高まります。
腰から背中も軽く揉み解すといよいよオイルへ。

しっかりとオマタで小生の足裏を抑えて脹脛から太もも、そして臀部までのロングトリートメント。
オマタを浮かせては戻す動作は勘違いしてしまいそうになります。

セラピストさんは逆向きになり太もも辺りに跨ると小生の膝を曲げ足裏をオッパイに当てるように
抱え込みます。特に脹脛を揉むわけでもなく、何に効果があるのかわかりませんが
丁寧に左右のオッパイにあてて終了、まさにこれぞ王道ですね、メンズエステでは。

カエル脚になると太ももをサラッと臀部はサワサワ、ドリルのようにねじ込んだ腕は
股間から数回、腰骨のほうから数回、付け根から鼠蹊部を指先で確認するように
度々止まりながらシッカリと

さらにカエル脚にしたほうの足をセラピストさんの脚に乗せ絡ませるようにすると
背後から中に入ろうか迷っているかのように指先は紙パンツの縁を行ったり来たりしています。
手を掴んで中に導こうかと理性を失いそうなところで次に。

太もも辺りに跨ると臀部をあっさり。

頭部に移動して背中を入念に、合わせ技で後頭部をオッパイマッサージ。
ここでも当てることがメインのようで片方づつ当てたり、谷間で挟んだり、楽しませてくれます

ホットタオルを取りに中座もすぐに戻ってきて、サッと拭き取ってくれ仰向けに。

頭部からオッパイデコルテ、これが売りなのかと思うほどかなり入念に。
さらに指先が鼠蹊部あたりまで届くので69状態くるかとしっかり目を開けて見ていましたが
そこまではいかず・・・

横に移動すると正座したセラピストさんの太ももに手を導いてくれたので勘違いして
指先を目一杯伸ばしてみるも届かず、かわしかたは上手なようで・・・

股間に移動すると膝下には目もくれず、太ももから付け根をスリスリ。
時に片手で時に両手で、穿いていた紙パンツはフロントTかと思うほどギリギリまでしっかり。

これはと思ったところでお時間、シャワーの準備へ。

お湯の出ているシャワー室で新しいタオルを受け取り、サッとシャワーを浴び扉を開けると
セラピストさんは部屋の片づけのよう・・・が扉が開いたことにすぐ気づいたようでお迎えに。

着替え終わって部屋の時計を見ると5分前、スマホを見ると7分前、ここでも放置。
漸くセラピストさんがお迎えにきてアメを勧められるも辞退して玄関に。

紙パンツ
Tバック
brilliantspa

brilliantura

所要時間
84分

独り言
ハサミとオプション迷います、時短でなければ・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 Magical Charming! (ダウンロード版)

2
美人情報につられて・・・

最寄駅 
東京メトロ六本木駅
徒歩6分

訪問日 
2015年4月某日

訪問回数
初回

コース
アロマコース

料金
90分13,000円
指名なし (通常1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
男性スタッフ

出勤情報
記載なし

店舗
マンション2室

施術室
★★★☆☆
10畳くらいの洋間
ルームAでした

施術台
キングダブルサイズベット

シャワールーム
★★★☆☆
リフォーム済、きれいです

ユニフォーム 
ピチピチの白ミニワンピース

施術
電話すると男性スタッフさんが応対、すぐの時間が取れるとのことで予約して六本木へ。
予定より少し早めに着いたので公園の周りをウロウロ、近くにあった店が残念なことに・・・
出店ラッシュの裏側ですかね。

到着の電話を入れると近くのマンション。すぐに見つかりドアロックを解除してもらい指定階へ、
薄暗い中、部屋番号を見つけチャイムを鳴らすと・・・

趣味趣向好みは人それぞれなのでホームページの謳い文句にはなんとも・・・
セラピストさんの制服が白のピチピチなので下着の線がクッキリ、この先が少し楽しみになってきました。

部屋に入ると・・・広い、当たりですが雑然としていて小生としては落ち着かないです。
ロングコースで入れば色々と楽しめそうな大きさのソファに腰掛け、コースの確認、会計、合わせて
飲み物を聞かれたので温かいお茶を頼むとすぐに釣銭と一緒に頼んだお茶が運ばれてきました。

一口飲んだところで着替えを促されセラピストさんは部屋の外へ。
裸にバスタオルを巻いて財布を貴重品袋に入れようを探すもカゴの中にも机の上にもなし
仕方なく手でもって扉を開けるとシャワー室へ案内されます。

綺麗な浴室、もちろんお湯が出してあります。サッと浴びて紙パンツを穿いて扉を開けると
セラピストさんがニコリ、すぐ横の部屋へ。

ベットに俯せになると全身をタオルで覆うと施術部位だけ捲りスタート。
多めにオイルを取ると手のひらになじませてから脹脛へ、足首から脹脛を入念に繰り返しストローク。

続いて膝下から太もも、マッサージ経験者を思わせるような施術で痛気持ちいいのですが、
指先は付け根すら届かない単調なストローク、次のストロークで来るか次かと思っているうちに終了。

上半身に掛けられているタオルを外し脚を覆うと、紙パンツに手が!
期待したのも束の間、少しズラしてタオルを紙パンツに挟み込むだけ。

太もも辺りに跨るも膝立ちしているようでお楽しみの感触も無し。オイルはすり込むというよりゴリゴリ
しやすくするための潤滑油、力強く腰から背中、肩とグイグイ。

当然ですが何事もなく前半戦終了、いよいよ仰向けへ。

足先に跨ることもなく、ここでも膝下を入念に、膝上は健全に単調で力強いストローク。
折角の制服も室内は薄暗い上、足元にいるため全く見えず、カガミもないので
視覚で楽しむことすらできません。

そんなことを考えていると仰向けカエル脚コール。今度こその期待も空しく指先は付け根手前で
Uターン

ホームページの「ご利用の手引き」を思い出し、下半身のストレス解消には向かないことを
確認できたところでお時間。

「シャワー使いますか」の声に「はい」と答えるとセラピストさんはシャワーの準備へ、この時の時間が
終了予定10分前。

セラピストさんが迎えにくると温かいお茶を頼んでシャワーへ。

サッと浴びて部屋へ戻ると、着替え中もセラピストさんは部屋に、残念ながらアシストはハンガーに
掛けてあった上着だけ。用意されたお茶を一口すすり玄関へ。

靴ベラはなく、ご近所に気を遣うかのようにひっそりと送り出されました。

紙パンツ
Tバック
loversrockf

loverslockb

所要時間
90分
 
独り言
改めてホームページ見ると驚くのはロングコースの料金設定、メンズエステ相場としては安いです。
内容が伴っているかは人それぞれでしょうが・・・
この店の楽しみ方はオキニ見つけてロングでテレビでも見ながらマッタリなんでしょうね。
90分ではテレビ見ますかとも聞かれなかったですが・・・

ところで東京メトロで六本木に向かう途中の車内で思わず目を疑った広告、つい買ってしまいました。
なんとなく想像してしまいます、検索するとやはり男性に売れているようで・・・
ojyosama

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 だいしゅきホールド

2
リフレの延長ですかね

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩3分

訪問日 
2015年3月某日

訪問回数
初回

コース
エグゼクティブパウダーストレッチコース

料金
90分13,000円(オープン記念2,000円割引、早割1,000円割引、通常16,000円)
指名なし (通常1,000円)
入会金0円(ホームページ見たで無料、通常2,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
電話応対男性


出勤情報
ホームページに1週間分掲載

店舗
雑居ビル、複数室

施術室
★★☆☆☆
2畳くらい

施術台
マット
頭部、横にカガミ有

シャワールーム
☆☆☆☆☆
かび臭いユニットバス

セラピスト
Tシャツにプリーツスカート

施術
電話するとお兄さんが出て希望の時間に案内できるとのことで予約、丁寧に場所を教えてくれスムーズに
雑居ビルの1階へ・・・エステの看板が一杯。

部屋の前に着きチャイムを鳴らすと男性店員ではなく女の子が「いらっしゃいませ」、一緒に薄暗い通路を
進みカーテンを開けて部屋の中へ。

セラピストさんにコートを渡すと「どうぞ」と座るよう促されますが椅子も座布団もなくマットの上へ。
セラピストさんは膝立ちのままコースの確認、会計。一人全裸になりタオルを巻いてスタンバイ完了。
部屋を見回すと壁面上部には空間があり落ち着かなさそうです。そこに壁をノックする音、セラピストさんから
釣銭を受け取るとすぐにシャワーへ案内されます。

ユニットバス、狭いのは古いビルなので致し方ないとしてもう少しなんとかならないでしょうか・・・
ゆっくりできる匂いではないのでサッと浴びて紙パンツを穿きドアを開けるとセラピストさんがニコリ

部屋へ戻るとマットに俯せなりタオルを掛けられます。するとセラピストさんはシャワーの片づけへ。
すぐに戻ってきて施術開始。

まずは足元に位置取り揉みほぐし、脹脛から軽く圧して太もも。太ももに跨ると臀部から腰、背中、肩。

足元に移動してパウダー、足裏をしっかりとアソコで押さえて脹脛から太もも、付け根までサワサワ。
意外と上手なサワサワに不覚にもピクッと反応してしまいます。こちらも負けじとピクッとしたふりで足指を
動かして感触を楽しみます。

カエル脚も足指は太ももの奥へ導いてくれての太ももサワサワ、付け根もしっかり

太ももに跨り臀部から腰、背中、肩とスリスリサワサワ、この時も尾骨に・・・想像力が働きます。

オッパイ押し付けながら膝を曲げてのストレッチ。

横向きになると背後から足を絡ませスリスリ、膝は太ももからその先へとグイグイ、電気あんま思い出します。
両側からの攻撃を終えると仰向けに。

頭部から肩、デコルテですがオッパイは・・・。

足元に移ると股間に入り太ももから付け根、鼠蹊部を軽く圧すと膝を曲げて太ももをスリスリ、続いてそのまま
ストレッチ。カエル脚になると太ももから付け根、鼠蹊部をパウダーでサワサワ。両足ともカエル脚になると
さらにパウダーを手に付け根から鼠蹊部をスリスリサワサワ、そして・・・たまに事故

そうそう事故は起こらずお時間、手を引いて上体を起こしてくれ肩もみ。

サッとシャワーを浴びて部屋へ戻ると5分前、一人で着替え時間まで放置。 

時間になるとセラピストさんがお迎えに来て一緒に玄関へ。 

紙パンツ
Tバック
alekusia

alekusia2

所要時間
90分
 
独り言
昔からの激戦区ですが、セラピストさんが増えてシャワー設備が改善されれば・・・
駅むこうの新店は有名人からの籠花もあり華やかですがチョット入りずらそうですね
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 イノセントガール ダウンロード販売

2
ホームページの画像、期待しちゃいます

最寄駅 
JR上野駅
徒歩6分

訪問日 
2015年3月某日

訪問回数
初回

コース
120分

料金
120分14,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常15,000円)
入会金0円(某サイト見たでサービス、通常1,000円)
指名なし (指名料2,000円)
支払総額14,000円
ポイントカード有
予約方法
★☆☆☆☆

電話予約
電話応対女性、1時間前、指定場所到着時電話要

出勤情報
ホームページに2週間分掲載

店舗
雑居ビル複数室

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
施術ベッド
姿見有

シャワールーム
★★☆☆☆
バスルームは明るくキレイですが脱衣スペースは狭く雑然としています
脱衣スペースの屑籠はその都度捨てておいた方が・・・

セラピスト
ホームページ画像の超ミニワンピ
ニーハイではありませんでした、オッパイは強調されてます

施術
予約の電話を入れたときはカワイイ声でしたが、1時間前の電話でスタート時間が遅れるとか
訪問時の目印案内の不慣れさはカワイイ声ではなく頼りない声にしか聞こえません。

入谷口から遠回りして漸く辿り着いた目印から電話するとマタマタたどたどしい道案内
なんとか店に到着して、インターフォンを鳴らし階段を上がりきるとすぐに扉が開き「いらっしゃいませ」
同時にお香の香りが「プ~ン」。肝心のユニフォームはホームページと同じで思わずニヤニヤ。
靴を脱いでスリッパを履くとすぐにバック持ち立っている小生にオシボリ、「いまかよ」と思いながらも
仕方なくバックを肩に掛け、手を拭いてオシボリを返すと漸く部屋へ。ここで待望の階段、眺めはというと・・・
見えそうで見えないもんです。これは帰りに気が付いたのですが上を見て見えなければ下を見ると
いいことがあるかもしれません。

部屋に入るとコートを預け、小さめのソファに腰掛けます。あのユニフォームで膝まづかれ
コースの確認、キャリアオイル(ホホバorグレープシード、ホームページ見ると掲示板オイルが増えてました)
の選択、続いてエッセンシャルオイル(数種類書かれていましたが暗くて見えませんでした)の選択の中から
ホホバのみでお願いして会計。

問診票に記入し終えたら、パンツの上からタオルを巻いてくださいと言われ「?」。言われた通りタオルを巻いて
待機しているとお迎えが着て階下にあるバスルームへ。飲み物らしきものが置かれていましたが
勧められなかったので口をつけなかったら下げられてしまいました。

雑然とした脱衣スペースに一輪の花ならぬ琴奨菊がお迎え。そこでアンケート記入のお勧められ、書くと割引券くれるとのことですが記入は帰りのシャワー後にということでパンツを置いてシャワーへ。

サッと浴びてトランクス、ブリーフ、Tバックの3種類からTバックを穿いて扉を開けるとセラピストさんが
お迎え、ここ2回目の階段なのですがセラピストさん歩くペースが早く、チャンスを逃すまいと小走りで
後をついていきます。ここでも付け根辺りまで見えているはずなんですが・・・

部屋へ入ると俯せでベッドに、全身にタオルを掛けるとシャワーの片づけ、壁の時計を見ると20分経過。

すぐにノックがあり施術のスタート。まずはタオル越しに揉みほぐし、腰から背中とこれがかなりの強揉み。
小生の張りはかなりのものらしく、その筋の人が施術し始めるとだとつい力が入ってしまうらしいです。
腕もしっかりと圧迫してもらい足元へ。

脚もタオル越しに強揉み、ふくらはぎはチト痛かったですが太ももから付け根手前はイタくすぐったく期待するも
手前まで

オイルも背中から、タオルをTバックのゴムに巻き付けるようにしてハンケツ状態でスタート。
横にいるのは分るのでベッドの穴から覗きますがつま先すら見えません

サラッとしたオイルをセラピストさんの手のひらで馴染ませスタンプを押すように背中に拡げていきます。

施術は強さの強弱もスピード変化もストロークの長短もなく短調ですが、強くゆっくりとそして長いストロークは
圧迫される心地よさがあり、ついウトウト。

腰から背中、腕と進んでいく展開に期待するようなことは全く起こりません

足元へ移動して脹脛から太ももへの施術もタオルを圧迫でタオルを掛けたときと同じ、オイルの必要は?

いよいよ仰向けコール、するとすぐに目隠し兼ねてタオルで頭を覆われます
デコルテ(オッパイ当たるなんてことはありません)あっさり終えると腕、そしてオマケなのか
腹部(ほんとにヘソまわりだけ)。

脚は膝下から太ももへ強めに流すも付け根手前でUターン

股を少し拡げられると両手で太ももから鼠蹊部へこれまたグリグリ。周辺通過するも事故は起きずひたすら
グリグリでお時間。

上体を起こしてもらうと「お客さん固いですね」とシャワーの準備へ、時計を見ると15分前。

早足のセラピストさんを追いかけるように階段下りてバスルームへ。一人シャワーを出してサッと浴び、
脱衣室でアンケート記入、ドアを開けるとセラピストさんはスタスタ階段へ。
覗く気も起らず、部屋へ戻り一人着替えるとセラピストさんが商品券(次回1,000円割引)を渡してくれました。
さらにトレイの上にお香と飲み物らしきグラスがありましたがセラピストさんからは「お香要りますか?」の一言。

手を振り断ると飲み物は勧められず早足で階下へ、転げ落ちないように下を見ると階段端の床面に
ミラー代わりになるようなものが貼ってあることに気づくも時すでに遅し。

玄関では流行りと逆行する短い靴べらが出されましたが、お断りして靴を突っかけながら階段を降り
寒風の中上野駅へ向かいました。

紙パンツ
Tバック、他にブリーフ、トランクスタイプ有
プルメリア

所要時間
117分
初回は10分~15分余裕をお持ちくださいって書かれてますが・・・道に迷うからですかね 
 
独り言
施術の圧迫といいお香の強さといい好みが分かれそうです、トランクス選ぶとお楽しみあったのでしょうか・・・
オペレートはこれからでしょうね
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版

3
さらに激戦区になりましたね

最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩1分

訪問日 
2015年2月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分11,000円(オープニングキャンペーン2,000円割引、通常13,000円)
指名なし (指名料1,000円)
支払総額11,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約
電話応対男性、指定場所到着時電話要


出勤情報
ホームページに半月分掲載

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
4.5畳くらいの洋間

施術台
マット
カガミ有

シャワールーム
★★★☆☆
シックですが寒さを感じる色ですね

セラピスト
Tシャツにフレアーミニ
ホームページスタッフ写真のユニフォームは撮影用とのこと

施術
指定場所から電話するとすぐ近く、寒い中歩かなくて助かります。
オートロックを解除してもらい指定階へ上がり異様な光景の中ひたすら進み言われた部屋番号の前へ。
ドキドキしながらチャイムを鳴らすと暫くして扉が開きセラピストさんがニコリと「いらっしゃいませ」。

そのまま部屋へ案内されると定番の小さな椅子に腰掛けます。コートを渡しクローゼットへ掛けてもらうと
自己紹介があり、コースの確認、会計、ホットかアイスだけ選択肢の飲み物を聞かれ「アイス」を選ぶと
カルテの記入を促され部屋の外へ。

お茶が運ばれてきて一口啜ると注意事項らしきものを読まされカルテ下の署名欄にサインを求められます。
サッと目を通したふりをしてサインをすると着替えを促され、バスタオルを渡されます。シャワーの準備へ。
クローゼットのハンガーが掛かりが悪く定番の籠の中へ。タオルを巻いて暫く待つもセラピストさんが
迎えに来ないので扉を開けて覗いてみますがセラピストさんが見当たらずそのまま部屋でボーっとしている
とノックがしてシャワーへ。

お湯は出してあって雰囲気のある浴室なのですがお湯を出したばかりのようでタイルが冷たい
タイルの色も寒さを倍増させます。サッと浴びると脱衣スペースで紙パンツを穿きますがここも寒い
この時期脱衣スペースにはヒーターとかの暖房器具用意した方がいいと思いますが・・・

扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。
すると「まず仰向けになってください」と言われタオルを全身に掛けられるも、シャワーの片づけへ。
仕方なく周りを見回してると時計がありここまでで10分経過。

戻ってくると「ストレッチから」と股間に位置取ると太ももから付け根へ強押し、続いて脚をセラピストさんの
お腹辺りに抱えて膝を曲げてのストレッチ、下乳にわずかに触れている感触がたまりません
さらに横を見るとカガミ越しにチラチラと・・・

俯せになると足からオイルトリートメント、脚の横に位置取るもしっかりと足を密着させ
感触を楽しませてくれます。指先は脹脛から太もも、付け根までしっかり、トリートメントというより揉みほぐし
ですが力強く心地よい施術

腰の横へ移ると臀部から背中、頭部へ移ると肩甲骨から肩、首。膝を立てて施術しているのでカガミを見ると
チラチラと横を見るとセラピストさんの太ももが目の前でドキドキ、カガミの置き方も照明の明るさも
いいですね。

タオルでオイルを拭き取ると仰向けに。頭部からたまにオッパイ当てながらのデコルテ、脇から肩、首と強揉み。
足元へ移動すると横に位置取り 脚を密着させながら足裏から膝下。膝を立てると太ももから付け根へ
滑らすようにトリートメント、勢い余って事故も・・・ 

股間に移動すると両手で付け根から鼠蹊部、下腹をスリスリ、ナデナデ。一所懸命の施術らしく事故も
お構いなし、この先はと思ったところでお時間。クールダウンで座った態勢でのストレッチ、オッパイの感触を
堪能して終了、シャワーの準備へ。時計を見ると終了予定7分前、最近にはない時間なので今一度時計を
見るも同じ時間。

準備ができたようでお湯の出ているシャワーへ。直近で使用したのかタイルは冷たくなくゆっくり浴びて部屋へ。
「ホット」の飲み物を頼むセラピストさんは部屋の外へ。一人寂しく着替えてボーっとしているとセラピストさんが
「ホット」とお菓子を持って登場。

お菓子を一ついただきホットを一口二口飲んで玄関へ。靴ベラは渡されなかったので突っかけたまま
後にしました。

紙パンツ
Tバック
jubilee

所要時間
93分
 
独り言
ユニフォームで訪問決めることもあるんですよね、理由はわかりませんがホームページ画像のユニフォームは
撮影用って・・・この時期脱衣スペースにヒーターくらい用意したほうがいいですよね。
堕ちていく新妻 ダウンロード販売 DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)

↑このページのトップヘ