しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

横スカ

3
イヤサレたい

最寄駅 
JR市ヶ谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年6月某日

訪問回数
初回

コース
イヤサーレコース

料金
90分18,000円
指名なし(指名料1,000円)
入会金 無料キャンペーン中(通常1,000円)
泡リンパ2,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル複数室

施術室
6畳

施術台
マット
側面に大きめなカガミ有

シャワールーム
後から作ったと思われる浴室
広いですが、サンダル履いて浴びることに

セラピスト
黒ワンピース(ホームページ画像)
施術時ベビードール(イヤサーレコース時着用?)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
まずはコースの違いを聞くと、イヤサーレはオイル多め、施術しやすい服装、密着、
と嬉しい言葉の羅列・・・それではと、希望の時間を伝え予約。

時間、場所、金額の確認がショートメールで届き、予約2分前にビルの前に到着、
念のために電話すると用意ができていると言うので、すぐにエレベーターへ。

部屋は奥まったところ。早足で進み、なんとか時間丁度にチャイムを鳴らすと、
すぐにドアが開き、セラピストさんがニコリ。

型を入れてあったのかと思うほど履きやすくなっている使い捨てスリッパ履くと
セラピストさんが手をひいてくれ、奥の部屋へ。

ソファに腰掛けると、会員登録の用紙に署名を促されます。
その間にお茶とおしぼりがサイドテーブルに置かれ、自己紹介。
コースの確認があり、一応オプションの案内が・・・
定番の泡リンパのようですが、ここはお願いしてみることに。

会計を済ませると着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。
衣類はソファに脱ぎ捨てタオルを巻いて準備完了、
室内を観察すると・・・ありました、部屋の隅にティッシュが。
期待感高まったところにお迎え、ここでも手を繋いでシャワー室へ。

中途半端な改装ですが広くはなってます、サンダルで浴びるのはちょっとひきますが・・・
サッと浴びるとタオルやマウスウォッシュが入ったカゴから紙パンツ取り出し準備完了、
セラピストさんもベビードールに着替えていてお迎え、手を繋いで部屋へ。

タオルをセラピストさんに渡し、マットに寝転ぶと「お部屋は暑くないですか」と気づかいが。

タオルで全身覆うとシャワー室の片づけへ。
すぐに戻ってきて横から軽く圧すと太もも辺りに跨り、腰から背中をグイグイとしっかり。
カガミをチラ見するも位置、明るさともに残念、折角大きなカガミなのに。

足元に移動すると脹脛を軽く揉み解し、オイルに。

施術部位のタオルを捲ると足裏を膝で挟むようにして、
温めてあったオイルを手に、足首から太ももまで撫でるように拡げます。
脹脛、太もも、付け根とポイントポイントをしっかりやると
「足裏にもオイル付けますか」に「ハイ」とお願いして足裏リフレ。

カエル脚になると股間に位置どり、オイル手に太ももニュルニュル。
臀部を撫でまわすと割れ目に指を這わせながら徐々に下に・・・
紙パンツの縁を沿うように指先は鼠蹊部まで。

カエル脚のまま、曲げている足を挟み太ももから臀部スリスリ、
脇腹から手をねじ揉み鼠蹊部までをサワサワ・スリスリ、
挟んでいる足でも小生の太ももをスリスリ。

枕元に移動してくると小生の頭を挟むように座り、背中をグイグイ。
合わせてしっかりと後頭部にオッパイスタンプムニュ。

股間に戻るとグイッと脚を開かされると紙パンツの紐に手が・・・
付け根あたりまで下げられ、もしやと思ったのですがそこでストップ。
露わになった割れ目にオイルをタラーリ・タラーリ、温かさが気持ちイイ。
そのオイルの上を滑るように指先が・・・

ニュルニュル感を楽しんでいると、ここで「四つん這いになりますか」と嬉しい一言。
すぐに「ハイ」と態勢をとると、尾骨あたりにオイルをポタッポタッ。
割れ目に沿って流れ落ちるオイルも心地よく、ブルッ。

紙パンツの紐を指に挟んでズラしながら、そのオイルを臀部にスリスリ。
内腿を這う指先はナカナカの動き、思わずピクッっと。
その指先は割れ目から付け根、そして鼠蹊部へ。
両手での施術があるも大事故には至らず、仰向けの声。

頭部へ移動すると枕を取り膝枕に。
乳首アッサリのデコルテから両手をへそ辺りまで伸ばしてお決まりのオッパイデコルテ。
続いて左右片手づつ伸ばして片乳でムニュ・ムニュ。

さらに指先が下腹部へ、当然セラピストさんの腰が浮きあがり目の前には・・・
至近距離でのホバリングに集中しすぎてその時どこを施術していたのか記憶には・・・

鑑賞タイムが終了すると足元へ。
膝を立てると脹脛を抱えるようにグリグリ、太ももから付け根へスリスリ。

いよいよ泡リンパへ。
「これに穿き替えてください」とトランクス渡され、泡の準備へ。

トランクス穿いて、待つこと数分でセラピストさんが登場。
股を目一杯開くとそこにセラピストさんが座り、トランクスの裾から泡を詰め込んでいきます。

トランクスが泡で膨らんだところで両手はトランクスの中へ。
ここまではよくある泡と思いながら、この先の展開に期待していると・・・

手のひらで泡を壊さないように包み込むと優しく泡を固め、
その包み込んでいる泡を手のひらでゆっくりと前後、そして上下へと動かしていきます。
泡が消えていくとその都度補充し、トランクスの中は常にアワアワに。

泡のオプションは鼠蹊部から付け根ギリギリを泡の中で施術するので
事故発生頻度が高いだけかと思っていましたが・・・

もちろん鼠蹊部から付け根へは指でしっかりと刺激もあり、
さらに泡を動かすだけなのにナカナカの心地よさを味わうことが・・・

感心しながらトランクスの中の手の動きを満喫しているところでお時間。

時計を見るとホームページに書かれている通り10分前、
準備ができたところで手を繋いでシャワー室へ。

サッとオイルを泡を流して待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

セラピストさんは片付けも、すぐに着替え終わったところへお茶とオシボリもって部屋へ。
お茶を一口飲み、帰ろうとすると「まだお時間ありますから」と引き留めが・・・

折角なのでもう一口お茶を口にして玄関へ。
靴べらは遠慮して突っかけたままエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック               
fancy
               
トランクス(泡リンパ時)
herbal1

所要時間

90分        

独り言            
電話応対も帰り際の一言も好感持てました
が、小生にはちとお高いようで・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
しっとり極上のお姉さまによる極上のアロマトリートメントを・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2016年6月某日

訪問回数
初回

コース
エクストラコース

料金
90分14,000円 (NET割引1,000円引、通常15,000円)
指名料1,000円   
支払総額15,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗    
雑居ビル 受付有
ワンルームタイプ   

施術室
8畳

施術台
マット
側面にカガミあり

シャワールーム
ユニットバス   

セラピスト
タンクトップにパレオ   
ホームページ画像

施術
電話すると男性スタッフが愛想よく店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望の時間が取れるのですぐに予約、も料金案内はなし。 
時間に直接指定の部屋へとのこと。

ビルに到着してエレベーターへ・・・クンクン・・・足元を見ると消臭剤が。
微妙な雰囲気の中、指定された部屋の前チャイムを鳴らすと、
中から男性スタッフが「いらっしゃいませ、ご予約の〇〇さん・・・」
小生「ハイ」と玄関でやりとり、上がろうとすると遮られ、「お部屋は別になります」とここで会計。

コースの確認して料金を立ったまま玄関で支払います。
男性スタッフは奥でなにやらセラピストさんと電話でやりとりしている模様。

ふと部屋の奥に目をやるとベランダが見え、そこには・・・
オプションでセラピストさんが着るような服が干してあり期待感が高まります。

ニヤニヤしているところへ男性スタッフから部屋番号を案内され、
「これをセラピストさんに渡してください」とメモ紙を渡されます。

エレベーターで指定の部屋の前へ、チャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがニコリ。

メモを渡すとスリッパは無いようでそのまま奥の部屋へ案内されます。
椅子に腰掛けるよう勧められ、腰掛けるとお茶とオシボリが置かれ、
すぐに衣類カゴと貴重品袋を出し、着替えを促されます。

お茶を一口、すぐに全裸になりタオルを巻くとセラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。

狭いユニットですがリフォームされているのかキレイ。
サッと浴び、紙パンツ穿いて奥の部屋へ。

マットへ寝転ぶとセラピストさんがその上にタオルを掛け、シャワー室の片付けへ。
すぐに戻ってきて横に座り、背中を軽く揉み解し。
衣装チェンジしているのかとチラッとカガミを見るも薄暗く角度も悪いため確認できず・・・

足元に移り、足裏を膝で挟むようにして軽くモミモミしたあと膝を曲げてのストレッチ。
太もも辺りに跨り、臀部から腰、背中をグリグリ、グリグリとここでは力強く入念に。

その態勢からピタッと肉布団密着・・・
耳元で「凝ってますね」とセラピストさんの息遣いを感じながら、肩をグリグリ。
さすが本格指圧、受け手次第でしょうが・・・時間配分はしっかりとっているようで。

「グレープフルーツ」か「無香」かオイルの選択があり、「無香で」とお願いしてスタート。

施術部位のタオルを捲り、足裏には時々布地の感触・・・
足首から太ももまで数回オイルを延ばすと、足首から膝裏までを入念にショートストロークで。

脹脛に四つ折りにしたタオルを敷き、その上に跨り太ももをスリスリ。
太ももへの微妙なタッチには思わずゾクッ、も際どさは・・・

足元に移動してカエル脚に。
手首までねじ込むも股間というより太ももの下に差し込んでいる感じであっさり。

太ももにタオルを敷いて、その上に跨り腰から背中をグリグリ。
このタオル厚さ以上に距離感じます。

ここで「四つん這い」の声。
躊躇わず、この態勢がとれるって・・・ちょっと自己嫌悪。
すぐに尻突き出すと股間に入り込んだセラピストさんが両手で付け根をスリスリ。
折角の横スカもギリギリ責めてくれないと・・・

悶々としているところに「仰向け」の一言、がその前にサッとオイルの拭き取り。

仰向けになるとセラピストさんは枕元へ。
チャンスとばかりチラ見するも暗くて中は見えず・・・
ユニフォームは最初のタンクトップにパレオのままでした。

頭部に位置取り、デコルテからスリスリ。
指先は乳首を掠め、へそ辺りまで、同時に左右数回ずつプニップニッと顔面スタンプ。

足元に移動すると脛にタオル敷いて跨り、太ももスリスリ・サワサワ。

腕を横に伸ばすと添い寝の態勢に、が、ここでも小生の脇腹あたりにタオル敷いて密着??
乳首からへそ廻り、脇腹を絶妙な指使いで、同時にセラピストさんの足も腿をスリスリ。

再度、股間に移動したので、「もしや・・・」
両手の指先は紙パンツのゴム紐の下をくぐり脇腹スリスリ。
ゴムをヘソ辺りまで伸ばすと親指は紙パンツの中に・・・
知ってか知らずか、その指は気海を刺激。

内腿・脇腹しっかり、付け根・鼠蹊部あっさりでお時間。
シャワーの準備で時計を見ると15分前。

準備できたところで起き上がり、タオル巻いてシャワー室へ。
しっかりオイルを流して部屋へ戻り、一人着替え。

着替え終わったところに、お茶とオシボリが・・・
とくに勧められることもなかったですが、オシボリ使いお茶を一口。

それでは、と玄関へ。
勧められた靴べらは遠慮して、エレベーターに。
慣れなのか、帰りの臭いはさほど気にならず・・・

紙パンツ
横スカTバック

                            
所要時間
85分         
       
独り言                    
施術パターンは一通りあり、密着もありましたがどこか距離感が・・・
あのベランダのは何だったのか気になります
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
『ドラマチック至近距離セラピー』って?
もしかして白いブリーフ姿で施術??

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARDコース

料金
90分17,000円 (オープニングイベント1,000円割引、通常18,000円)
指名料記載なし
支払総額17,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
タイトミニのワンピース(ホームページ画像)で送迎
施術時はセラピストさん曰く、「施術しやすいカッコ」

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望の時間が取れるのですぐに予約。

料金や場所の案内はなく一時間前に確認の電話を入れて欲しいとのこと。
付け加えるように「忘れないようにお願いします」・・・

一時間前に電話すると女性スタッフ?セラピストさん?が店名応対。
確認の電話と名前を伝えると「ハイ、お待ちしてます」で終了。

場所も何分前に電話かもホームページから察するように、ということのようで・・・

数分前に近くのコンビニから電話すると男性スタッフが応対、丁寧に案内してもらいます。
すぐに指定のマンションに到着、オートロックを解除してもらい指定階へ。

初回訪問はチャイムを鳴らす瞬間から『ドキドキ感』が高まります・・・
すぐにセラピストさんがニコリとお迎え。
履きにくい使い捨てスリッパを突っ掛け、セラピストさんに手をひいてもらい奥の部屋へ。

ソファに腰掛けるよう勧められ、腰掛けると「少しお待ちください」と外へ。

室内観察していると目についたのはゴミ箱、
そして音楽プレイヤーの後ろには隠されたようにティッシュが・・・

セラピストさんがおしぼりと一緒に持ってきた水素水を勧められ一口。
自己紹介があり会計、着替えを促されシャワーの準備へ。

色んな所に掛かっていたハンガー使って衣類を掛け、全裸になり、タオルを巻いて準備完了。

セラピストさんが迎えに来ると手を繋いでシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、大きなゴミ箱を開けると・・・さすが繁盛店。

見慣れない色の包みと手にすると、それは包みではなく紙パンツそのもの。
拡げて見ると新色ピンク、まさに春の紙パン祭り。

ドアを開けるとセラピストさんがお迎え、手を繋いで部屋へ。

水素水を飲んでマットに寝ころぶとタオルを掛けられシャワー室の片付けへ。

時間が掛かるようで薄暗い中待っているとドアが開く音が聞こえ、「お待たせしました」
続けて「施術しやすい恰好になりますね」に思わず振り返るも暗くて・・・

横から足、腰と揉み解し、腰に跨ると背中、肩と軽くモミモミ。
片手を背中に置くと動かないようにアソコで押さえて肩甲骨周辺をグリグリ。

指先には確かにセラピストさんの『温もり』が・・・

腕を横に拡げると、その腕を揉みながらピタッと背中に覆いかぶさり、
背中にはムニュっとした感触にどこか懐かしい安心感。

横に移動すると脹脛から太もも、そして付け根を確認するようにモミモミでオイルに。

後ろ向きで太ももに跨り、脹脛からモミモミ。
シート、オイルポット、そして衣装から多めのオイルでの施術と期待したものの至って普通・・・
膝を曲げ、足裏にオッパイムニュムニュッとして足元へ移動。

足裏をアソコで押さえるように座ると膝上を指先から肘まで使いスリスリ。
指先で臀部を、肘で股間を、そしてオッパイで脹脛を同時に刺激してくれます。

カエル脚になると曲げた足を挟むようにして太ももから臀部をサワサワサワサワ。
腰から手を差し込み鼠蹊部辺りをスリスリ、そしてまた太ももサワサワ。

クスグリ攻撃は苦手なんですが・・・この後の展開に期待してここはひたすら我慢。
とは言え、こそばゆくってピクッピクッと反応してしまいます。

その反応のお蔭かわかりませんが、腰から差し込む手の際どさが増したような・・・

ここで四つん這いの声・・・
情けない姿なんだろうな、と思いながらお尻を突き出すと
片足の脹脛あたりに跨り、太ももから臀部をサワサワとクスグリ。
ここでもか、と思っていると片足の付け根に腕を廻してスリスリ、際どさが・・・

股間に位置取り、両手で内腿サワサワ、付け根スリスリ。

枕元に移動してきたセラピストさんをチラリと見ると下着?水着?・・・
ワクワクですがせっかくの衣装、カガミがないのは勿体ない。
その露わな腿にと思ったらタオルを敷いた上に顔を載せて肩から背中をグリグリしながら
後頭部に何回も何回もオッパイでプニプニ、で俯せ終了。

ホットタオルを取りいくと、すぐに戻ってきて軽くオイルを拭き取り仰向けに、
そしてセラピストさんの姿が・・・

頭を挟むように座るとデコルテから腹部、というかオッパイムニュムニュ。
指先がどこに届いているかはムニュムニュが強烈すぎて記憶に残っていない・・・

この流れからドラマチックな展開を期待とワクワク・・・
その期待に答えるかのように目の前を通過も着地せずに絶妙な距離でホバリング、
まさに『至近距離セラピー』、少年のような冒険やチャレンジ精神がみなぎりましたが、
小生の手は両膝でガッチリガードされていました・・・

腹部に着地すると足にピタッと抱きつき、腿にオッパイ当て膝下スリスリ、
上体起こして太ももサワサワ。

股間に移動して内腿サワサワ、付け根から鼠蹊部スリスリ。
横スカならではの事故多発もアッサリで「添い寝しますね」

腕枕で片手をガード、足を曲げ膝あたりで太ももスリスリ、
指先は下腹部から乳首までスリスリサワサワ。

太もも辺りに跨ると腹部からデコルテスリスリ、そのままビタッと抱きついて肩をモミモミ。
もぞもぞと足を動かしているとセラピストさんの腰がずれてきて疑似・・・
まさにみなぎる活力・・・

「この流れなら」と思ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとなんともエロいバスタオル1枚巻き(もちろん下着は着けてますが)。
手を繋いでシャワー室へ、この恰好で背中流し、とワクワクしていると
セラピストさん「では外でお待ちしてますね・・・」に「・・・」。

オイルは少なめだったせいかサッと洗い流し、タオル巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

シャワー室の片づけらしく一人で着替えも、すぐに冷たい水素水とおしぼり持ってきてくれ
ソファへ腰掛けるよう勧めてくれます。

折角の水素水とグビリと飲み干し、手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
白いブリーフではなかったですが・・・横スカTバック(ピンク)               
tokyosyounen
       
所要時間
93分        

独り言            
看板掲げていないからこその営業スタイル、店名がコースみたいなものですかね
オペレーションも施術も微妙ですが、ちょっと気になるお店です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
「ここにしかない特別な時間」を
美しく洗練されたプレミアセラピストさんと一緒に・・・

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩3分

訪問日 
2016年4月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARD COURSE

料金
90分11,000円(プレオープン期間5,000円引、通常16,000円)
入会金0円(無料キャンペーン、通常1,000円)
指名なし(無料キャンペーン、通常1,000円)
支払総額11,000円

予約方法
電話予約 、応対男性スタッフ

店舗
マンション
お一人様専用??

施術室
8畳より広め

施術台
キングサイズベットの上にマット
横に大きめなカガミ、頭部にもカガミありますが寝ている状態では見えません

シャワールーム
キレイにしています

セラピスト
お迎え~揉み解しまで、お見送り時はワンピース(ホームページ画像)
オイル~背中流しまで、濃い色のベビードール、インナーは下着っぽかったです
LUXURY VIP COURSEは密着が増し、施術時の服装が変わるそうです

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望時間が取れるというので即予約。   
少し前に指定の場所から電話してくださいと言われ、
総額は伝えられず、予約名を名乗り予約完了。
   
指定の場所から3分前に電話すると男性応対で道案内。
すぐに到着も、階段にはチョイ息切れ。
オートロック解除してもらい、チャイム鳴らすとやや間があってドアが開き
セラピストさんが中からでてきて一言「お名前は?」に「・・・」

名前を名乗り、スリッパ履き、セラピストさんの後を付いて奥の部屋へ。
そこは狭い待合室・・・

「お飲物は」と数種類の中から冷たいお茶を頼むと、その用意へ。
すぐにお茶が運ばれてきてテーブルに置くと勧められることなく、「お会計を」

先に会計を済ませて漸くお茶を一口。
釣銭受け取るとすぐ横の施術ルームへ。

広めの施術ルームには大きなカガミ、気になるのは欄間がガラスのように透けていること。

着替えを促され、タオルを巻いて準備完了、そこへセラピストさんから声が掛かりシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、紙パンツ穿いて扉を叩くと
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

俯せになり、フェイスマットに顔を埋め・・・これでは折角のカガミも。

全身タオルで覆うと揉み解しからスタート。
足裏に感触もおそらく太ももで押さえているようでチト残念。
コース時間から足裏への施術は省略とのことで、脹脛からグリグリと力強く太ももまで。

腰に跨ると背中をグリグリも、臀部に神経集中させると時々アソコの感触が・・・

肩甲骨から肩へと座る位置を変えずに腕を伸ばして施術するので
背中から覆いかぶさるようになりながらグリグリ。
ピタッと重なったところで施術している手が止まり、
耳元で「オイルに移ります」、さらに「それでは着替えてきますね」とワクワクする言葉・・・

すぐに戻ってきた姿を見るとシルクっぽいベビードール、
インナーの肩紐チラリと期待しちゃいます。

タオルを取り払うと太ももで足裏押さるとポンプを何回も押し、
手にしたオイルを脹脛から太もも、さらに付け根までとロングストロークで拡げます。
ショートストロークで脹脛をグリグリ、ハムストリングをグリグリ、力強い圧しはイタ気持ちイイ。

足を拡げ、股間に位置取ると太ももから付け根、
股間から手を差し込み鼠蹊部とスリスリサワサワ。

カエル脚になると股間から曲げた脚を挟み、
浮いた隙間に手を差し込み付け根から鼠蹊部をクリクリ・・・
セラピストさんは足もこまめに動かし、小生の腿をスリスリと手足使っての合わせ技。

手のひらで臀部から鼠蹊部をスリスリ、
時に指の腹で触れるか触れないサワサワにゾクッと・・・

その指先は乳首、そして脇腹と留まることなく動き続けるので
カガミをチラ見するとくすぐったくってビクッとする反応を楽しんでいるように見えます。
が、ここでカガミ越しに目を合わせてくれないのはチョイ残念。

足元に移ると膝を曲げ、膝にオッパイ当てながらストレッチ。

腰にタオルを敷くとその上に跨り、背骨添いにグリグリと力技で仰向けに。

フェイスマットを退かすと頭部に位置取り、首を横に向け首筋をグリグリ。
頭を挟むようにするとデコルテ、オッパイスタンプはないものの指先は徐々に下腹部へ。
その時、腰が浮きあがりそうになるので
横を向きカガミで確認も期待する位置関係には程遠いようで・・・

足元に移動すると股間から片足に抱きつくようになり両足で挟み込むと、
俯せ同様、指先でサワサワ、太ももでスリスリの2段攻撃。

太ももは動かしつつも指先は小生の太ももをサッと撫で、付け根から鼠蹊部を微妙なタッチで・・・
さらに股間に手を突っ込むと割れ目を撫で上げ、紙パンツの縁をなぞり鼠蹊部まで。
ここでも指先で太もも、脇腹、乳首と弱そうなところをコチョコチョ、コチョコチョ。

部位、長さ、そして触れかた、くすぐったいから快感に変えるには・・・
くすぐったいのを我慢していてもピクッ、ピクッと反応はします。

セラピストさんの胴を挟むようにして股を拡げると
両手で付け根から鼠蹊部、下腹部までを上下にストローク。
数回ストロークを繰り返していると紙パンツの紐が一所懸命すぎて指に絡まったのか、
紙パンツの紐ごと押さえつけながら上下に・・・

合間には脇腹サワサワ、乳首クリクリ、コチョコチョが入り、
また下ろしては上げ、下ろしては上げ、でお時間。

ホットタオルで優しく身体拭いてもらうと「お背中流しますね」と一緒にシャワー室へ。
紙パンツ穿いたまま、ホントに背中だけスポンジで流してもらうと、
一人で紙パンツ脱ぎ、ソープで入念にオイルを洗い流します。

最初のワンピースに着替えたセラピストさんと部屋に戻り、一人着替え。
差し替えられていたお茶を啜り、セラピストさんが迎えに来たところで玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック

fancy

所要時間
88分

独り言                    
ホームページ見るとプレオープン期間は割引ですね、この値段なら
ソフトな2回目ルールの店多くなるのですかね
オペレーションはこれからのようですがLUXURY VIP COURSEでの再訪迷います
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3
店名から怖いもの見たさで・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩7分

訪問日 
2016年4月某日

訪問回数
初回

コース
90分コース

料金
90分14,000円 (オープニングキャンペーン1,000円割引、通常15,000円)
指名料サービス(通常1,000円)
衣装チェンジサービス(通常1,000円)
支払総額14,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
あのエステビル
雑居ビル店舗型

施術室
6畳

施術台
マット
側面にカガミ貼り付け

シャワールーム
広めの簡易シャワー

セラピスト
パレオにやや透けてる白Tシャツ(オプションの衣装チェンジ)
通常黒Tシャツ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望の時間が取れるのですぐに予約。
「場所は分かりますか」にさすがに「よく行きます」とは言えないものの「はい」 。

オープン間もないからか、セラピストさんの指名料サービスしてくれるとのこと。
これはラッキーと衣装チェンジはどういうのか聞くと「タンクトップがスケスケ」、
さらに今だけサービスしてくれるというのでワクワク。
そしてしっかり総額も教えてくれます。

マクドナルドがセブンイレブンに、時の移り変わりを感じながらあのビルへ。
やはりエレベーターは一人でと、一台スルーして時間丁度に指定階へ。

チャイムを鳴らすと暫しの間があり、扉が開いて中からセラピストさんがニコリ。
「〇〇さんですね」に頷き、スリッパを履こうとすると♪インディー・ジョーンズのテーマ♪が。
なんとなくワクワクするBGMに気分はハリソン・フォード。

案内された部屋は床・壁と板張りと雰囲気はアドベンチャー?
多少コンセプトは理解できます。

部屋のベンチ椅子に腰掛けると、まずは指名のお礼。
飲み物を取りに行ったので室内を見渡すと何に使うのか麻袋がいくつもあり、
貴重品袋も小さな麻袋。

横に置かれた棚にティッシュはないもののパウダーと一緒に刷毛が・・・
なんとなく想像してニヤニヤしていると
セラピストさんがお茶とオシボリ、お菓子を持って登場。

冷たいお茶を一口飲んだところで会計。
着替えを促され、木箱に衣類を入れ、勝手にミニ麻袋に財布を入れタオルを巻いて準備完了。

セラピストさんがお迎えに来てシャワー室へ。
案内されたのは簡易シャワー、それもお湯は出ておらず、ソープの容器は床に・・・
オペレーション、備品はまだまだこれからのようで・・・

温度調整に戸惑いながらもサッと浴びて、紙パンツ穿いて準備完了。
仕切りのカーテンを開けるとセラピストさんが待機しています。

繁盛しているようで、いくつかの部屋の前には客用スリッパと
セラピストさん用のZOOらしいサンダルが並んで置いてあります。

部屋に入るとマットに俯せに。
下半身にタオルを掛けると施術部位だけタオルを捲られ、
まずはパウダーを足首から太ももまで拡げます。

脚を挟むように位置取りますが、膝が触れる程度。
両手で軽く圧しながら脹脛から太ももへ。
指先の腹を使って太ももから脹脛へサワサワ、これの繰り返し・・・

単調でもう一工夫欲しいですが、指の触れ方はナカナカ。
やはり、パウダーは難しい・・・

セラピストさんが逆向きになり太ももに跨ると膝を曲げ、えび固め。
足裏を数回オッパイに当てて、曲げたまま脹脛をサワサワ。

カエル脚になると股間から指先でサワサワ、グリグリと控えめに。
その態勢から脚を蟹ばさみにして太ももに抱き付き、オッパイを臀部に押し付け、
腰から手を廻しサワサワ、腰骨から付け根沿いに指先は伸び・・・事故事故。

脇腹から臀部をサワサワ撫でまわし、その指先は股間から割れ目伝いにサワサワ、
さらにユルユルの紙パンツ上からなのか中からなのか、玉袋を通過し付け根へ。

臀部に跨ると腰から背中、肩をサワサワ。
横から抱きつくように覆いかぶさり、肩、背中、首筋をサワサワ。
触り方は単調も微妙な触れ具合に「ゾクッ」

腰に跨り、背中から肩、腕を後ろにとると浮き出た肩甲骨周辺をスリスリサワサワ。

ここで仰向けコール。
ゴロンと廻り、仰向けになるとそれを待っていたかのように立ち上がり、頭部へ。
もちろん、視界にはパレオの中がバッチリ。

枕を取り膝枕に。
首筋からデコルテとサワサワ、定番のオッパイデコルテも指先は腹部まで。
ガッカリしているとチョット期待していた低空飛行が目の前を通過、
残念ながらホバリングすることなく腹部に着地。

慣れた態勢らしく両足で小生の腕をしっかりブロック、オイタ防止対策はバッチリのようで。
そのまま脛から太もも、付け根をサワサワサワサワ。

足元に移動すると膝を曲げ、その上にセラピストさんが乗るようにしてストレッチ。
膝を曲げたまま、横にしてカエル脚の態勢で股関節のストレッチ。

股間から脚を挟むように絡ませ、太ももから付け根をサワサワ。
紙パンツの上からか、玉の筋を指先がスゥーっと・・・
鼠蹊部に留まってサワサワ、たまにくる脇腹サワサワにピクッ。

そして周辺でサワサワサワサワ、事故事故でお時間。

股間に正座して抱き起してもらうとそのままオッパイスタンプ。
「シャワーの準備してきますね、横になっててください」に「・・・」

マットの横にある大きな時計は終了予定10分前。

すぐに迎えに来てシャワー室へ。
薄暗い脱衣スペースの棚に置いてあるスポンジを手にシャワー室へ。
温度調整しながらお湯を出して、サッと浴びて待機していたセラピストさんと部屋へ。

着替え終わるころにお茶とお菓子とオシボリ持ってセラピストさんが。
手を拭き、お茶を一口飲んで玄関へ。

するとセラピストさん、外まで出てきてエレベーターが閉まり降りるまで手を振りお見送り。
これには事務的なところあるも好感度アップ、もエレベーターで時計見ると丁度90分。
てことは、お見送りも時間内??

紙パンツ
横スカTバック

               

ブランカ
       
所要時間
90分        

独り言            
指名料もオプションも無料だったのですが、
あの照度ではスケスケには程遠いような衣装チェンジですね。
パウダー施術専門店、これからのスキルアップに期待です。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ