しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

三軒茶屋

2
他では体感できない新感覚って・・・
  
最寄駅 
東急田園都市線 用賀駅
徒歩7分

訪問日 
2019年9月

訪問回数
初回

コース
VIP-SPAコース

料金
80分18,000円(新規オープンキャンペーン3,000円引、通常21,000円)
指名なし(ネット指名1,000円、本指名2,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
殺風景なバスルーム

セラピスト
白Tシャツに黒フレアミニ(ホームページ画像)

施術
思い入れのある文字に惹かれて・・・

セラピストさんのゾーンが広いようなのでちょっと迷いましたが思い切って電話してみると、男性スタッフが「はい・・・」、こちらを窺っているようなので「某サイト見て電話したのですが・・・」と切り出し会話スタート。希望の時間を伝え空き状況確認すると予約可能と言うので予め決めていたVIPコースでお願いすると場所の案内、ホームページに記された場所から5~10分前に電話してほしいとのこと、こちらから予約名名乗り予約完了、すると「他にご質問ありますか」、メンズエステに電話して初めて聞く言葉にちょっと感心、とはいえ料金は知らされず。

指定の時間に電話すると、電話お待ちしていました、という感じで「はい」、すぐ近くのマンションかと回り見ながら話していると、そこから話しながら3分ほどの場所。

階段上がってすぐの一室、チャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがお出迎え。スリッパ突っ掛け扉が開いている部屋へ。

「どうぞ」と勧められるも殺風景な室内、椅子どころか座布団さえない。セラピストさんが勧めてくれたのはゴミ袋かと思うような薄いビニールシートが敷かれたマット・・・オイルが気になったものの他にスペースもないのでそこに腰を下ろすと自己紹介がありコースの確認、そして会計。ホームページにはオプションが書かれていましたがセールスはナシ、VIPコースだからか??

周りを見回してもこれといったものはナシ、というか椅子もテーブルもナシ、そしてカガミもナシ。オイルもウォーマーではなくディスペンサーに入れてある、これはもう既に新感覚・・・

すぐに釣銭と一緒に冷たいお茶が紙コップで・・・いつでも撤収できそうな感じです。

着替えの案内がありセラピストさんは部屋の外へ。
一人全裸になり唯一の置物、ハンガーカートに脱いだ衣類を掛けて大きめのバスタオル腰に巻いて準備完了、声が掛かるのを待っていると・・・なかなかお声が掛からない・・・こちらから扉をノックするとすぐにお迎え、どうやら「声を掛けてください」だったようで・・・

一緒にシャワー室へ。洗い場にも何もない、浴槽の縁にボディソープが置いてあるだけ。サッとソープで洗い洗面台に置かれた紙パンツを手にすると紺のノーマルT、浅めに穿いてタオル巻きドアを開けるとセラピストさんは部屋の扉を開けて待機中、残念ながら衣装はそのまま。

部屋に入りタオルを渡すと「仰向けでお願いします」
ホームページに書かれている通り、「仰向けのみ」のようで・・・

仰向けになるとオイルとジェルの選択、そこでおススメは、と聞くと「オイル」とのこと。
「それで」とお願いして施術スタート。

腰横に位置取ると中途半端な揉み解しはなく上半身にオイルをぺたぺた。ヒヤッとするオイル・・・久々の感覚、ディスペンサー片手にデコルテから腹部へ手のひらでオイルを拡げていきます。

ディスペンサーを置くと両手でさらにオイルを拡げるように撫で廻していきます、が圧はナシ、撫でるだけ。

すると腹部に跨り、騎乗位状態に。最初からか疑似とまではいかないものの感触はちょっと・・・この先の展開に期待。

オイルを手にデコルテあたりスリスリ、スリスリも腰は動かず。

横に移動すると付け根から太ももスリスリ。足先へ指先が伸びると同時に腰が浮いてもう少しのところで見えそう・・・手を伸ばしたくなるのを目を閉じ必死堪えて施術を受けるのに集中。

足元に移動すると太ももで足首を挟むようにして脹脛からスリスリ、こまめにオイルを手にしているようですがヌルヌルになるような量ではありません。指先が脹脛から太もも、付け根へと伸びると感触が・・・動くたびに足の指先や甲に・・・想像を掻き立てられます。

頭部に移動するとデコルテからスリスリ、その手が腹部へ伸びると同時に谷間がムニュっと顔面に押し付けられます。さらに指先が下腹部へと伸びると小生の頭にセラピストさんの下半身が押し付けられます、もう少しでスカートの中に・・・というところで横に移動。

小生の手を取るとその手を自らの股間に・・・もちろんただの腕の揉み解し。指を伸ばしてみたものの太ももに微かに触れるくらい。

股間に入り込むと付け根から鼠経部をクリクリ。親指で付け根ギリギリをなぞると同時に手の甲が紙パンツの上からスリスリ・スリスリとなかなかの掠め加減で・・・

ここで「ホイップ作ってきますね」と部屋の外へ。

ホイップがついているんだと思いながら待っているとすぐにホイップの準備ができたようで「お待たせしました」と横に。

胸から腹部へと上半身全体にホイップを乗せながらスリスリ、スリスリ。手を取るとこちらを見つめながら腕にもスリスリ。身体の向きを変えるとこちらに見せつけるようにお尻を突き出し下腹部にもホイップをスリスリ、スリスリ。紙パンツ廻り、そして紙パンツの上にもホイップ乗せてスリスリ、サワサワ、たまに指先が紙パンツの中へ。

スッと立ち上がるとパンツを見せつけるようにして足元へ。
股間に入り込むと紙パンツの上にホイップ乗せて両手でスリスリ、サワサワ・・・脚の付け根沿いを親指でグゥーっと、そのまま紙パンツの中に滑り込み愚息の付け根も・・・

手の動きが止まり、ここでお時間ということで一緒にシャワーへ。

先にセラピストさんが浴室に入りお湯を出すと・・・
「どうぞごゆっくり・・・」
あれ、フルボディシャンプーは??聞くとホイップがそれで洗体ではない、とのこと。洗体と思ってたので残念、ひとりでサッとオイル流しタオル巻いて部屋へ。

もう次への準備は済んだようで雑談かわしながら着替え、お茶を一口飲むと差し替えてはいないようで紙コップはフニャフニャ・・・

着替え終わったところで時計を見るとちょうど時間のようなので自ら玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
79分

独り言
どこも目新しいことはなく他店では体感できない新感覚とは???こんなものなんでしょうか。
全て仰向けはいいのですが施術や態勢に工夫がないと80分でも長く感じてしまいます、あと衣装にも。備品も施術も衣装もこれからに期待です。

3
話題の三軒茶屋
原点回帰、メンズエステの神髄とは・・・気になります

最寄駅 
東急田園都市線三軒茶屋駅
徒歩5分

訪問日 
2016年8月

訪問回数
初回

コース
Executive Treatment コース

料金
90分15,000円(某サイト見たで20時まで1,000円割引、通常16,000円)
オプション3,000円
指名 なし(指名料1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳和室

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
古いがキレイにしている浴室、洗面台

セラピスト
黒Tシャツ、スカート(ホームページ画像)

施術
電話するとやや間があって男性スタッフが店名応対。
希望時間を伝えると予約可能と言うのでお願いすると
コースを聞かれたので内容は訊かず「エグゼクティブで」で予約。

駅から電話すると少し歩くものの分かりやすい道順。

時間丁度にオートロック解除してもらい指定階へ、するとドアの横には盛り塩。
チャイムを鳴らすとすぐに可愛いセラピストさんがニコリとお迎え。

スリッパは部屋の前で脱ぎ、微かにイグサの匂いがする畳の部屋へ。
小さな椅子に腰掛け、冷たい飲み物を頼みワクワクしながら
サイドテーブルのメニューを見るとありました「オプション」の文字が・・・

セラピストさんがお茶を持ってサイドテーブルへ。
ここで自己紹介が入り、コースの確認、すぐに会計へ移ろうとしたので
「このオプションって」と聞くと通常より開放的に施術が受けられるとのこと。

もちろん、開放的なのは好きなのでお願いして会計。
すぐに釣銭持ってきてハンガーや衣類カゴ、貴重品入れの案内があって着替え。

すぐに全裸になってタオル巻き、ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に浴室へ。

レトロな浴室、でもキレイになってます、残念ながら水量は少ないですが・・・
サッと浴びてタオル巻いて部屋へ。

お茶を一口含んでマットへゴロン。
すると「アロマはどうしますか」に「無香で」
タオルを掛けようとして「どうしますか」と聞いてきたので、もちろん「いらない」でスタート。

オイルを手に馴染ませ、脹脛から太ももまでサァーを拡げると
ショートストロークでスリスリ、スリスリと太ももを通り過ぎ、付け根から割れ目まで。
とくに付け根から臀部は入念に。

足裏は両膝で押さえるようにしているので感触は得られず。

股間に移動するとカエル脚になり、付け根へ腕をグリグリと・・・
引き抜こうとするときには当然のように事故発生。

腰から手を廻し込み、鼠蹊部をグリグリ、さらに付け根まで伸びる指先は・・・
やはり事故、何事もなかったように引き抜くと割れ目をツゥーっと。

小生の腕を取り、手を押さえるように腰に跨ると背中から肩甲骨、肩をグリグリ。
アソコを当てるわけではないものの太ももの感触はバッチリ。

ここで足元に移動して「四つん這いに」の声。
その態勢になり、ふと横を見ると大きなカガミに情けない姿が・・・

セラピストさんは股間に入ると片手で付け根から鼠蹊部、そして下腹部からへそまで。
引き抜くとき、腕は袋の横を通過していくものの手は計算したかのように事故。

さらに両手で股間に差し込むので・・・
臀部を撫でまわし、割れ目をなぞると抱きつくようにして腰から腕を廻し、
鼠蹊部から付け根までスリスリ・クリクリで仰向けに。

頭をセラピストさんの膝に乗せると、まずはデコルテから。
徐々にセラピストさんの顔が近くなり、目の前にはオッパイ。

顔を挟むように谷間を押し付け、指先は下腹部へ。
ムニュムニュとオッパイスタンプを数回繰り返したのち上腕をグリグリ。

横に移動すると小生の手を取り、太ももあたりに導くのでドキッ。
も、そこまでで押さえつけるように腕をグイグイと圧し揉み。

足元に移動して膝を曲げ、手で押して拡げてのストレッチ。

つま先を腿で押さえると膝下から太ももをロングトリートメント、指先は付け根までしっかり。

股間に位置取り、鼠蹊部グリグリ、下腹部サワサワ、乳首クリクリ。
乳首へ指を伸ばしている姿をカガミ越しに見るとエロい女豹のポーズ。

「添い寝」といって横に来ると「腕枕」と言いながら頭を乗せてきます。
もちろん、手が動かせないようにしっかりガードしているわけですが・・・

カエル脚に拡げるとその脚にセラピストさんの脚がのり、
密着というか至近距離でセラピストさんを見ながらのサワサワは興奮度増します。

セラピストさんも小生の反応を窺いながら乳首から下腹部へサワサワ、
さらに下へ進み、鼠蹊部グリグリ、付け根サワサワ。

ここでソロソロと声が掛かり股間に。
膝立ちになり、両手で鼠蹊部をグィグィーっと圧します。
手のひらでジワッーと体重を乗せ、小生を見ながら・・・

何か起こるか、と思ったところでお時間。
すると「肩に手を廻してください」に喜んで抱きつくと上体を起こすだけ・・・

シャワーの準備からすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
一人でサッと浴びて部屋へ戻ると、飲み物の差し替えに。

着替えを取ろうとすると・・・「畳まれている、パンツもシャツも靴下も・・・」
昔は当たり前のようなことも今では珍しいこと・・・

着替え終わって声を掛けると、すぐに部屋へ入り、差し替えのお茶を勧められます。
椅子に座り、二言三言言葉を交わしたのち立ち上がるとセラピストさんからお礼のハグ。
なかなか掴みは上手なようで・・・

紙パンツ
通常時Tバック
reveri

所要時間
95分

独り言
メンズエステの神髄、人によって色々なんでしょうが、感じられたような気も・・・
原点回帰、戻せるものは戻して欲しいです

↑このページのトップヘ