しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2019年07月

2
日常を忘れた至福の時を・・・
  
最寄駅 
JR五反田駅
徒歩5分

訪問日 
2019年7月

訪問回数
初回

コース
ANNA V.I.Pコース

料金
100分18,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常19,000円)
指名料 指名なし(通常1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
電話応対女性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部に大きなカガミ有

シャワールーム
廊下からすぐのバスルーム

セラピスト
ワンピースに透けてる巻きスカート(お迎えからシャワー)
ベビードール(施術からお見送り)

施術
電話すると女性スタッフさん?セラピストさん?が店名応対。
某サイト見たと希望の時間伝え空き状況確認すると希望に近い時間で予約可能と言うので即予約、予約名確認され、料金案内がありホームページのランドマークから予約時間に電話してほしいとのことで予約完了。

案内された時間に電話すると「はい、〇〇さま」と応対、すぐにマンションの案内へ。電話しながら歩くと2分ほど、オートロック解除してもらい指定された部屋へ。

チャイムを鳴らすと少し間があってガチャリ、笑顔でセラピストさんがお出迎え、なんていうのかスカートの上にスケスケの巻きスカート。

サンダル突っ掛け勧められるままに奥へ。
キッチン横を抜けて部屋に入り、片隅の椅子に腰掛けるとセラピストさんは跪いて来店御礼、そして同意書を渡され、それに署名を求められます。その間にセラピストさんはお茶の準備に。

内容確認しようにも暗くて読めず、ってことは本気で署名してもらうつもりもないんでしょうねぇ。日付と名前、そして電話番号を書き終え、廻りを観察すると卓上に料金表が、オプションあるのかと手に取って見るとコース時間とともに料金が、でもホームページで見た料金、コース時間と違う・・・看板の掛け替えなのか、とちょっと後悔・・・

目の前のマットはタップリオイル対応のビニールシートもその上にタオルが敷かれているので微妙。その横にはオイルウォーマー、残念なのは大きなカガミが頭部にあるだけ、もちろん置かれた場所に意味があればいいのですが・・・

冷たいお茶が運ばれてきてサイドテーブルへ、勧められるままに一口飲むとコース時間の確認、そして会計。ホームページに記されているように追加料金はナシ、明朗会計です。

着替えの案内があり、セラピストさんはシャワーの準備へ。
脱いだ衣類はハンガーラックとカゴに、そして貴重品袋持ってキッチンのほうにいるセラピストさんにノックで合図。

シャワー室は通路から洗い場に入るタイプ。バスタブに入ってシャワーで軽く流し、洗面台横に置いてある紙パンツ、拡げてみると横スカ、スッと穿いてタオル巻いて部屋に。

するとセラピストさんは黒っぽい部分的にチョイ透けベビードールに着替えてお出迎え。エロイことはエロイのですが視覚的に当たり前になってワクワクしなくなってしまいました。

タオルを渡してマットに俯せ。
覆うようにタオルは掛けずに室温確認、そのまま施術開始に。

足元に位置どりオマタで足裏を押さえるとオイルウォーマーをスコスコ、多めのオイルを手に取り脹脛にサァー。こまめにオイルを取り脹脛から太ももへと拡げていきます。

全体に拡がったところでロングストロークで脹脛から太ももへと一気にトリートメント。さらにオイルを手に太ももから付け根、臀部、そして割れ目を指の腹でなぞりながら袋の横まで、最初からしっかり付け根に届くこの指先はどことなく懐かしさも、ひとつ残念なのは袋辺りに指がきたとき爪が当たること・・・順手でだけでなく逆手も使えば・・・

そのあとは圧しだすように脹脛をグイグイ、太ももグイグイ、これはちょっと痛い。

脹脛に跨るとより入念に臀部から付け根を、さらに股間に手を差し込むと手の甲で袋を押し退け愚息掠め鼠蹊部をクリクリ。
続いてカエル脚になることなく腰からマットに手を滑り込ませ指先に少し力を入れて持ち上げる感じでクリクリ。愚息の向き次第で当たっちゃいます、コツンコツンと。

ひと通り挨拶が終わったところで尻の撫でまわし、ここでもオイルをこまめに手にしながらナデナデ。

臀部に跨ると背中を撫で廻し、軽くオッパイ当てるように覆い被さり肩をモミモミ。

ここで四つん這いに。

モソっと膝をついて四つん這いになると手のひらを内ももに這わせながら股間に、すると手の甲が袋を押し退け、そのまま手首が返り鼠蹊部から愚息を掠めヘソ手前まで、を繰り返し。
尻を抱え込むようにして腰から鼠経部をクリクリ。
両手同時に股間へ差し込むと腕で愚息を挟み込むようにして前後にスリスリ、指先は下腹部をクリクリ。

ここで今一度足元から太もも、そして付け根、割れ目から鼠径部を淡々と。

ここで仰向けに。

頭部に位置取り、デコルテから腹部をナデナデ、さらに手が下腹部へ伸びると紙パンツの紐をくぐり一直線に・・・付け根まで。同時に頭にはセラピストさんの下腹部がイイ感じに押し付けられます、が、オッパイスタンプはナシ。

するとそのまま膝突きながら前へ。
もちろんセラピストさんのオマタもバッチリ、そして腹部に着地。

オイルをスコスコと手に取りYゾーンをニュルニュルと出し入れ、そのスピード速くなったりゆっくりになったり、ガツンと当たったり、掠めたり・・・

股間に入り込み、片足を挟み内ももから付け根、鼠径部をスリスリ、手を伸ばして腹部から乳首もスリスリ。

小生の両膝の間あたりに座り直すと両手で内腿から付け根、鼠径部へ軽く流すと紙パンツの中に両手を滑り込ませ愚息に当たりそうで当たらない絶妙な所をスリスリ・スリスリ。オイルまみれの周辺ならでは、嬉しいことについつい滑ってしまうこともあるようで。

さらに両手ともグゥーっと伸ばして乳首をクリクリ、その時セラピストさんの上体が覆いかぶさるように、するとオッパイが愚息を押さえるようになり、まるでパイズリのよう・・・擦ることはなかったですがなかなかの技です。

ここで動きがあったので時間か、と思ったら今一度股間に膝を詰め紙パンツ廻りをスリスリ、ナデナデ、ガツンガツン。手を伸ばして下腹部サワサワ、乳首クリクリ、そして紙パンツの中をクリクリ・・・

手の動きがスローダウンして「お時間です」
余韻もなくスッと立ち上がりシャワーの準備へ。

スグに戻ってきてマット横にスリッパ揃えられ「どうぞ」
もそっと立ち上がりシャワー室へ。

バスタブに入りシャワーを浴びると水溶性のオイルだったのかスゥーっと流れ落ちる感じ、ソープ手にサッと洗い流しタオル巻いて部屋へ。

セラピストさんは次の準備を終えお茶も差し替えたようで入れ替わりにシャワー室の片付けに。
一人着替え終わり、こちらから扉をノックし着替え終えたことを知らせると扉を開けたまま・・・お茶を勧められるわけでも座るように勧められるわけでもないのでバックを持って自ら玄関に。

紙パンツ
横スカTバック
yokosukakon

所要時間
100分

独り言
どこがなにに変わったのか店の系譜がほしいですね。店名変えても店の中身変えなければ・・・
施術はソコソコの責めありで楽しめました、けれども施術がループしたり手の動きが単調になったりと時間配分が上手くできていないようでこれなら80分で充分かも・・・
オイルを手にする回数は多いですが量は決して多くなく、密着は当てるだけ、たたパイズリもどきはアリですね。

2
素人感覚を味わいたい
  
最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩3分

訪問日 
2019年7月

訪問回数
初回

コース
90

料金
90分15,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常16,000円)
デイープリンパ・トリートメント10分2,000円
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横、頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
バスルーム

セラピスト
ベビードール

施術
電話すると店名応対、こちらから某サイト見たと切り出し、気になったセラピストさんの空き状況を確認すると希望に近い時間で予約可能と言うので即お願いすると場所はSMSを送るので時間丁度にマンションへ、とのことで予約完了。数分後に住所が書かれたものと料金二通のSMS到着。

場所は駅からすぐのマンション、時間丁度にオートロックを解除してもらい指定階へ。扉横の部屋番号見ながら言われた番号の前へ、チャイムを鳴らすとすぐにドアが開きセラピストさんがベビードールでお出迎え。

用意されていたスリッパ突っ掛け、キッチンスペースを通り抜け奥の部屋へ。片隅の椅子に腰掛けると飲み物の用意へ。

すぐに冷たいお茶をサイドテーブルに、そして指名のお礼が一言あり、コース時間の確認、そして「オプションどうしますか」、事前にホームページでしっかり確認していたので料金確認せずにお願いして会計。

着替えの案内がありセラピストさんはシャワー室のほうへ。
脱いだ衣類は椅子の上に、全裸になりタオルを巻いたところでセラピストさんがお迎えに。

キッチンの前がシャワー室、そのキッチンにスポンジや紙パンツが置かれています。「どうぞ、ごゆっくり」と案内されたシャワーのお湯は出ておらず自ら湯温調整。サッとソープで洗い流しキッチンに置かれた紙パンツ穿いて準備完了、タオル片手に部屋に戻ると、珍しいことにパンツまで丁寧に畳んでくれていました。

これを見てちょっと期待しながらタオルを渡して寝転ぼうとすると「座ってこちらを向いてください」と頭部のカガミとは反対側を向くように案内されます。

言われた通りの向きに胡坐をかくとセラピストさんは背後に回り、下腹部辺りを背中に押し付け肩をモミモミ、さらに手がデコルテ辺りまで伸びるとセラピストさんの顔がスグ横に、息遣いを耳で感じドキドキしながらのモミモミ・スリスリ、かえって硬くなっちゃいます。これがカガミを見ながら、なら尚良かったのですが・・・

仰向けになると足首に跨り、パウダーを手に脛から腿にかけてスリスリ・サワサワ、もちろん足首はヌクヌク、ヌクヌク。

膝を立て、足先を腿で挟むと脹脛を軽くモミモミ。
股間に入り込み曲げた脚を挟むと指先は腹部をサワサワ、膝で太ももスリスリからの股間をグィッ。

ここで俯せに、

足首を太ももで挟むように抑え脹脛からオイルでスリスリ、タップリでも温かでもなく、サァーっと太もも、付け根まで拡げてスリスリ・スリスリ、撫でるだけですが付け根は確認しながらゆっくり。

太ももに跨ると少し開いている股間に手をねじ込み付け根から鼠経部へとグリグリ、俯せ、脚を開かないまま四つん這いカエル脚をやっているような感じ、これやりにくいのでしょうが事故率はかなり高め、ほぉーって感じ。

ここで頭部に移動して首筋から肩をクリクリ、背骨に沿って指先がスゥーっと伸び、紙パンツの紐をくぐり臀部ナデナデ。後頭部にはムニュっとしたようなしないような・・・

ここで仰向けに。

そのまま頭部から首筋から肩、そしてデコルテへとスリスリ、圧の強弱や速さに変化はなく淡々とスリスリ・スリスリ。指先はさらに下腹部へと進み紙パンツの紐をくぐり鼠蹊部まで、顔には服の生地が触れる程度。

足元に移動すると脛に跨り太ももをスリスリも付け根へのアタックが多く深くなってきた感じ、これはもしかして・・・

太ももに跨ると乳首をクリクリ・クリクリ、反応を窺いながらその指先は徐々に下のほうへ。紙パンツの周りを擦ると縁から滑り込ませた中指はギリギリをクリクリ。もちろん傾いている方では指の上が当たり擦られるような感じに。

股間に座り直して内ももから付け根を撫で廻してそのまま紙パンツの中へ、当たる当たる・・・

これにセラピストさんを見上げるとこちらを見ながら淡々とスリスリ・スリスリ。そして愚息の上に跨ると指先は下腹部サワサワ、腰も合わせて動き宛ら疑似ス〇タ・・・も心地よい時はそう続かず動きが止まり「そろそろお時間です・・・」

言葉と同時に覆いかぶさりながら「けど・・・」とセラピストさんの顔がすぐ横に。

久々の延長おねだり・・・

いろいろなお誘いに悩みましたが今回は・・・と丁重にご辞退してシャワーへ。

自らお湯を出してサッと浴びて部屋へ。
次への準備も終わったようで着替え中も雑談。

ここで気になったのはベッド横に置いてあったスプレー缶、聞くとオプションのホイップで使うらしい、これは新しい、けど原価高そうと思いながら玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
95分
  
独り言
予約した店でドタキャンあったり候補店に予約受付開始時間どころか営業時間になっても電話に出なかったり・・・店は増えども・・・
窓口が増えてるので期待しましたが・・・まぁコンセプト通り素人感覚味わうにはイイのかもしれません。ただ電話しないとどこに行けばいいのかわからないのが、ねぇ・・・

↑このページのトップヘ