しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2019年03月

2
『はじめて』ちょっと期待しちゃいます
  
最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩6分

訪問日 
2019年3月

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分16,000円
クローゼット2,000円
ファーストタイム1,000円
指名料只今無料(通常1,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対女性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
ダブルサイズベッド
横壁面にカガミ貼り付けあり

シャワールーム
ヒンヤリとしたバスルーム

セラピスト
モフモフワンピース(お迎え~シャワー、シャワー~お見送り)
ロングTシャツ(施術時)

施術
はじめてのメンズエステ・・・
いろいろな『初めて』を思い浮かべますが、小生が思い浮かべたのは初めて行ったメンズエステ、当時のワクワク・ドキドキを思い出させてくれたら・・・

予約方法はいまどき、WEB予約を使って簡単予約。WEB予約でないと出勤状況がわかりにくいのは不便です。諸項目記入して送信するとすぐに返信メールが来て予約完了。

ホームページに書かれている場所に指定の3分前に到着、電話すると女性の声で「はい・・・」、微妙な応対にちょっと後悔・・・場所のやりとりも微妙ながらマンションの場所はわかりやすく1分ほどで到着、オートロック解除してもらい指定階へ。

部屋番号を確認してチャイムを鳴らすと・・・出てこない、もう一度鳴らそうかと思ったところで中からガサガサと音が、それからさらに時間が過ぎ、漸くガチャリと扉が開き玄関へと導かれます。

ホームページの衣装とは違い、胸元が大きく開いたエロだらしないモフモフワンピース。「どうぞ」と勧められスリッパ突っ掛け奥の部屋へ。

薄暗い室内は奥にベッド、手前にはソファ、壁に何やら投影されています。

コートを預けソファに腰掛けるとテーブルには既にお茶が、これは勧められることはなくカルテの記入を・・・薄暗くてよく見えないので適当に印をつけ日付と名前を書き終えるとオシボリが手渡されコースの確認。

そしてスマホで予約内容確認しながらオプションセールス。一応予約時にオプションは申し込んでいたのでその内容を聞いてみると、クローゼットは壁のクローゼット開きこの中からと衣装を選べるとのこと、ファーストタイムは小生の股間あたりを指しながらそのあたりのリンパを入念に流しますとのこと、「それから・・・」ときたので身構えましたが積極的なセカンドオプションのセールスはなくそのまま会計。

釣銭を受け取るとまずは衣装選び。
クローゼットを大きく開け「どれがいいですか」、薄暗くてよくわからないので「おススメは」と聞くと丈の短いワンピを手に「コレ」、他にも上下セパレートやベビードールというコスプレではなく部屋着ぽい衣装が掛かっています。その中からおススメをお願いして一人着替えに。

脱いだ衣類をハンガーにかけ下着は衣類カゴへ、全裸になり渡されたタオルを巻こうとすると小さい、スポーツタオルサイズ・・・巻くのは諦め、一応前を隠すようにタオルを持つとセラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。

舟形バスタブでお洒落、隣のトイレとはシースルーの壁が。お湯は出してあったのですが床のせいか全体的にヒンヤリ。

サッと浴びて洗面台上に置いてある紙パンツ拡げるとノーマルTバック、ちょっと浅く穿いてタオル手にシャワー室をでると既に着替えたセラピストさんがお迎え、薄暗い室内ではよく見えないものの透け度はゼロ、ですが丈はワカメちゃん、イイ感じに前も後ろも見えてます、下着は残念ですが。

タオルを渡し、ベッドに俯せになろうとすると「仰向けで」

足元に位置どると付け根を両手でグーっと、片足に跨いで鼠蹊部あたりをスリスリ。跨ぐ時に小生の脚をセラピストさんの脚でスゥーっと撫でるように移動させるのは心地よいです。

下腹部に跨るとデコルテサワサワのあと抱きついてきて肩をモミモミ、頬が触れあう距離の密着、肩越しに手を差し込んで肩甲骨あたりもグリグリ。

ここで俯せに。

足首を膝で挟んで脹脛からナデナデ・サワサワ、太ももから付け根、割れ目へと撫でるようにサワサワ。

向きを変えて、太ももに座り「腰を浮かせてください」、そこへセラピストさんの足指を滑り込ませると小生の足首を取り、膝を曲げて足裏を自らのオッパイにムニュ・ムニュ、足指のモゾモゾはナシ。

股間に入り込むと腰にホットタオルを、ジンワリと温かさが気持ちいいです。冷める前にタオルを取り腰に跨り背中をグイグイ。そして覆いかぶさりオッパイムニュ。

ここでオイルに。

足を太ももで抑えて脹脛にオイルを・・・ホットオイルに慣れているせいか常温でもヒヤッとします。あとで見るとオイルウォーマーは棚にありましたが・・・でもオイルはサラッとしたのが主流の中、厚みがあってヨカッタです。

脹脛にオイルを拡げるとロングストロークで太ももへ、そのまま付け根から割れ目へ。圧もスピードも単調ですが指の触れ方が気持ちイイ、指紋を感じるようなタッチ。

そのストローク、行きは太ももから、臀部へは前腕を使い、割れ目へは肘がめり込んでいく感じ、引く時は肘から前腕、そして指先が割れ目を撫で上げ太ももへ、割れ目への責めはなかなかです。

ここでカエル脚に。

曲げた脚に跨り、股間から手をスルリ、付け根を撫で鼠蹊部へ、そして手首を返しながら引き抜く、傾いている方ではそれなりの事故発生。

続いて伸ばしている脚に跨り、背中に覆いかぶさりながら股間に手を差し込み付け根から鼠経部をスリスリ、腰から手を差し込むと紙パンツの紐を潜りぬけ鼠蹊部から付け根をスリスリ。

伸ばした脚に跨ったまま横向きに。
背後から抱きつくようにして腰から紙パンツの紐を潜り鼠蹊部をあっさりも脇腹から乳首を入念に、耳元には息遣いも・・・

ここで俯せに戻ると腰に跨り背中をグイグイ、臀部には心地よい感触が・・・擦りつけるような腰の動きに小生の腰もついピコピコ。さらにピタッと覆いかぶさりオッパイ押し付けて肩をスリスリ。

ここで四つん這いをやるか、やらずに仰向けになるかの選択が。
小生は仰向けを選択。

仰向けになるとセラピストさんは頭部に。

こちらを見つめながら徐々にオッパイを近づけ、片乳をムニュっと顔面に、指先は付け根に。続いてもう一方の乳をムニュ・ムニュ・ムニュー、最後は谷間でムギュー。

腹部に後ろ向きで跨ると付け根から脛へとスリスリ、脚に抱きつくような態勢になるのでケツが・・・

こちらを向いて腹部に跨りデコルテから肩、そして手を差し入れ肩甲骨に。手が動くと同時にセラピストさんの腰も動き愚息を突っつくように・・・

このあたりでタイマー音が・・・

そろそろか思っていると引き起こされて胡坐に。
すると「顔にオイルついて大丈夫ですか」、もちろん「大丈夫だ」と答えると膝に跨ったセラピストさん、谷間をムニューっと押しつけながら肩をグリグリ。

片膝に跨り直すとオッパイ押し付けながらデコルテから下腹部をスリスリでお時間。

ホットタオル取り出し足裏を拭いてもらうとシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来て一緒にシャワー室へ。
一人シャワー室に入り紙パンツを小さなゴミ箱に入れるとすでに使用済みの紙パンツが・・・繁盛しているようで・・・

サッとお湯で流すとスゥーっと流れる、厚みはあるものの水溶性のよう、開けておいてくれたスポンジ使いソープで軽く流すとオイル残りの不快感はナシ、小さいタオルで身体拭きながら部屋に。

セラピストさんは最初のワンピースに、小生を入れ替わりにシャワー室の片付け。

着替え終わった頃にセラピストさんがお迎え、座るようにもお茶も勧められなかったのでそのまま玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
90分

独り言
はじめて、のコンセプトに惹かれて訪問したものの・・・「初」を思い出させることも、体験することもなく終了、ちょっと期待外れ。当ては積極的、責めはイマイチ、回数重ねればって感じかも・・・

初投稿から丸5年・・・
このコンセプト見て、小生の「はじめて」思い返してみました・・・
そういえばメンズエステっていつから?どこから?ってことに。

まずはこのブログ、初投稿みたら2014年3月、丸5年となりました。よく書いたもんだと思います、とはいえお読みいただいている皆さんがいるからこそここまで続いたのかと・・・ありがとうございます。

で、はじめてのメンズエステ、昔すぎて記憶は定かでないのですが夕刊ゲンダイの記事広告に掲載されていた骨董通り沿いの店、もちろん健全店、でも施術は全裸で、回数券購入して数回通いました。マッサージベッドから手が出てただけでも触ろうとしてると思われガードがメチャクチャ厳しくなったのを覚えています。

もうひとつは銀座の女性客メインのエステ、そこではブリーフタイプの紙パンツ穿いてタオル巻いて女性客の横を通り個室へ。当時の韓国エステのように蒸しタオル数枚重ねてさらに断熱シートで覆い簡易サウナ、施術は詰まらなかったのでしょう、全く覚えていません。

その前となると韓国エステ60分1万円、そこそこ嵌りました。さらにその前ってなるとビジホのマッサージ、終了時間少し前に際どい所に手が伸び延長おねだりのハンドサービス、もっとハードもありましたが・・・まぁこのあたりはメンズエステというより風俗エステかも。

はじめてのメンズエステで、最初に思い浮かべるのはやはり「茉莉花」

いつぐらいの訪問だったかイロイロ検索してみたら興味ある記事が。
ジョーライブ ブログさんの『メンズエステの歴史』、第一章、第二章と書かれています、読み進めると、なんと小生の名が・・・ありがとうございます。小生の名を載せていただいているから紹介しているわけではありませんが興味のある方はご一読を。ただ人それぞれメンズエステの歩みがありますので全てが網羅されているわけではありません・・・リンクは張りませんので悪しからず。

その茉莉花は2004年、オープン当初は小姐店だったらしいですが、その後小姐、撫子混在店、そして撫子店に。当時はいわゆる回春店、とはいえ、もちろん風俗店ではないのでヌキなし、それでも・・・というのは今も同じですが・・・小生は2004年混在店のころにはじめての茉莉花。

そのはじめてのエステは着替えサポ、背中流し、身体拭き、もちろん紙パンなし、そして四つん這いでのアナル責め、アリの門渡りからの尿道責め、握らずシコらず・・・これらは現在ほとんどがアウトでしょうから求めるのは無理ですね。

正直初回はハズレ、誰とは言いませんが・・・フ~ン、で終わりました。それで終わればこんなことにならなかったのですが・・・

良くも悪くも受け手の経験が違うので一概には言えませんが当時のほうがエステスキルも接客スキルも上のように感じます。極論ですがそのスキルを必要としなくなったのは密着ありきなのかもしれません、もちろん密着にもスキルはありますが・・・

長くなりました、ここまでお読みいただきありがとうございます。
これからの更新頻度はさらに低くなると思いますがブログは続けていこうと思います、思い出したら覗いてみてください。

結局メンズエステ、いつからかどこからかはわかりませんでしたが・・・
これから、より良いメンエスライフが送れますように。

2
非日常的、魅惑、至福の癒し・・・
  
最寄駅 
JR五反田駅
徒歩7分

訪問日 
2019年3月

訪問回数
初回

コース
おもてなしコース

料金
100分21,000円
(オープニングキャンペーン、朝昼割、初めて割それぞれ1,000円割引、通常24,000円)
指名料なし
支払総額21,000円

予約方法
電話予約、LINE予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横、頭部に大きなカガミあり

シャワールーム
キレイにしてあるバスルーム

セラピスト
ストライプ柄上下(ホームページ画像)お迎え~シャワー
ベビードール(黒っぽいサテン地ベビードール、サイドスリット入り、透け度ゼロ)施術時
パジャマ(それっぽい上下)シャワー後~お見送り

施術
電話すると男性の声で「はい」、女性が応対と思っていたので間違えたかと思いましたが「某サイト見た」で話してみると、通じたので一安心、希望の時間伝え空き状況確認すると予約可能というのでお願いするとコースの確認が、もちろんエロいコースと言いたいところを察してくれると思い「おもてなしコースで」とお願いすると場所はSMSで送るということで予約完了。暫くすると指定の場所から5分前に電話してほしいとSMSが、続いてLINEショップカードの案内が届きます。

指定時間の5分前にコンビニから電話するとセラピストさんが応対、場所は近くの川沿いのマンション。マンション名と部屋番号教えてもらうと合わせて部屋にはチャイムでなくノックしてください、とのこと、色々大変なようです。

オートロック解除してもらい指定階へ、入り組んでますが案内してもらった通り進み部屋の前へ。自身に「ノック、ノック」と言い聞かせドアを数回叩くとドアが開きセラピストさんがニコリとお出迎え。

久々に使い捨てスリッパ、セラピストさんが足入しやすいように拡げてくれます。

先っちょ突っ掛け、セラピストさんに手を引かれながら奥の部屋へ。画像で見た通りの部屋、コートを預けてソファにドカッと。するとセラピストさんが「横に座っていいですか」、すぐに端に移動すると横にセラピストさんがスッと座りカルテ記入の説明、そして飲み物の用意へ。

すぐに飲み物が運ばれてきてサイドテーブルに置くと再び横に腰掛け、記入したカルテ見ながらお疲れのところとかを確認、続いてコース・時間の確認して会計。あとLINEショップカードのポイントも一つ貰い3つに。

会計が終わると着替えサポ、といっても自ら脱いだ服を畳んでハンガーや衣類カゴに、というだけです、もちろんパンツも畳んで衣類カゴへ。

渡されたタオルを自身で腰に巻いて一緒にシャワー室へ。洗面台上のアメニティーやスポンジ、紙パンツの案内があり一人シャワー室へ。

ちょっと古めのシャワー室、珍しいのはソープのボトルの横に時計が置かれています、そして時刻を見ると現在時刻のよう・・・壊れないか心配ですが時短抑止にはいいかもしれませんね。その時計を気にしながらサッと浴びると身体を拭くのは腰に巻いたタオルではなく洗面台に置かれた白っぽい別のタオル、ちょっと小さいですが敷かれてるタオルと明らかに違うのでイイのかも・・・

洗面台上にはピンクの包み・・・横スカかなと思って拡げるとなんと久々のスライド。もちろん前後とも絞れるだけ絞り前後ともTにしてタオル2枚手に部屋へ。

するとセラピストさんは黒っぽいベビードールに、正面からみるには透け具合はゼロ、テンション上がりません。

タオルを渡してマットに横になろうとするとセラピストさんが「アレ」と紙パンツの前後の向きを確認しに、どうやらスライド、狭められるとは知らなかったようで・・・折角狭めた後ろは少し戻されてしまいました。

マットに俯せになるとタオルで全身覆われ、足元から強めの圧で脹脛をグイグイ、続いて足裏をグリグリ、いつものことながら「硬いですね」と力がグッグッと入っているのを感じます、ですからちょっと痛い。さらに膝を曲げてのストレッチ、これも痛い・・・

腰に跨ると背中をグイグイ、こちらはそれほどの力強さはナシ。逆に時折ふんわりと覆いかぶさり当たっているかな程度の密着。

そしてジェルに。

片足に掛かっているタオルを捲りジェルを脹脛から、伸びない、滑らない・・・一時期流行った温感ジェルとかとも違うよう、リキッド??

それよりも関心は押さえられた足の感触、足の両脇を太ももで押さえられ、そして指先には布地・・・この感触堪りません。

圧を加えて手のひらで脹脛から太ももへ。ベタつく感じでモワっとしたストローク、指先は付け根手前でアッサリUターン。

腰に跨ると背中をグイグイ、チラッと横のカガミを見るとセラピストさんの衣装には横に深くスリットが・・・そこから白い太ももがチラリ。

体重を掛けながらのトリートメント、手と同時に腰も動いて小生の尾骨に土手らしき感触がクイクイと・・・その動きをカガミ越しにチラ見しながら妄想で元気に。

ここでホットジェル。

部屋の外から持ってきた容器を足元に置くと、お湯で溶いているのか、お風呂で姫が準備しているような感じ。

しっかりと足裏をアソコで抑えるとそのジェルを脹脛にサァーっと、サラッと拡がったジェルは温かく気持ちイイ。その伸ばす手は圧を全くかけず撫でるだけ・・・

脹脛から太ももへ、キワらしいキワはなく手のひらを前後にひたすら動かしていました。

ここでカエル脚に。

股間に入り込み、曲げた脚を挟むとまずは臀部をナデナデ、股間から手を差し込み付け根から鼠経部沿いをニュルニュル、差し込むときも引き抜くときも安全運転で期待していたような事故はナシ。
腰から手を差し込むと鼠蹊部をグッと進み、指先で鼠経部をなぞりながら引き抜き、ここもゆっくりと慎重な動きに・・・

タオルを臀部に敷いてその上に跨り背中をナデナデ。タオル越しなので感触はイマイチ、背中ナデナデしながら時折覆いかぶさり、小生の耳に息が吹きかかる距離まで密着。

ここで四つん這いに。

スッと腰を浮かせて四つん這いに、カガミは・・・見ないことに・・・
股間に入り込んだセラピストさん、両手を股間に差し込み鼠経部沿いをスリスリ、ここでも引き抜くときは慎重で事故はナシ。臀部を撫でた後、尻に覆いかぶさり片手は乳首周辺にサワサワ、もう一方の手は腰から鼠経部へナデナデ。ストロークのスピード、圧、範囲が同じで長い・・・こういう時の四つん這いはハッキリ言って疲れるだけ。キワに来い、より、いつ四つん這いが終わるか、それだけ。

手の動きが止まり、股間から立ち上がったところでマットにペシャン。

ここで仰向けに。

頭部に座るとデコルテから手のひらでスリスリ・スリスリ、乳首廻りは指先でクリクリ、腹部から下腹部へは手のひらでスリスリ・・・乳首廻りの時には目の前にセラピストさんの鼻先が、腹部に手が届くとオッパイ、下腹部に届いたとき谷間がムニュっとスタンプ。

さらに鼠蹊部へと手が伸びた瞬間にセラピストさんの腰がフワッと・・・浮き上がったと同時に前方へと進みスッと腹部に着地、目の前に白いものが通り過ぎたような・・・

後ろ向きのまま太ももから脛へ、さらに足に抱きつくようにして足首までスリスリ・スリスリ、見えそうで見えないセラピストさんの尻・・・手探りで、と思いましたが両手はセラピストさんの膝がしっかりとブロックしてました。

股間に移動すると鼠蹊部から腹部、たまに乳首周辺とスリスリ・・・たまに紙パンツ廻り・・・

ここで添い寝。

わきの下に肩を入れるような態勢、ガードは上手のようです。
デコルテから腹部、鼠径部から内ももへと撫でまわすもキワドサはなし。膝は小生の太ももを思い出したようにスリスリ・・・

ここで正対して腹部に跨り疑似・・・とはいかず、デコルテスリスリ。すると抱きついてきてセラピストさんの顔が小生の耳元に。チラッと横を見ると目が合いドキッ、セラピストさんは抱きつきながらも淡々と肩をモミモミ。

ここでホイップに。

そこそこ時間をかけて作ったホイップを持って股間に。

両手で掬ったホイップを紙パンツの上に・・・スカスカ、だからすぐに冷めてのせた傍から寒くなる。

そんなホイップを紙パンツの上、そして紙パンツの周りにのせてはサワサワ、のせてはサワサワ・・・またのせては・・・

その手が止まったところでお時間。
取りに行ったホットタオルで手と足を優しく拭いてくれシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来て一緒にシャワー室へ。
一人サッとシャワーを浴びてタオル巻いて部屋に戻るとセラピストさんは次の準備中。

すぐに「お飲物を」、メニューの中から冷たいお茶をお願いして一人着替え、ここでのサポはナシ。

お茶とお菓子が運ばれてきたときに着替え終わったので帰ろうとすると「まだお時間が」と引き止められお茶を一口、暫し雑談をして時計を見ると丁度時間に、スッと立ち上がるとすぐにセラピストさんが小生の手を引いて玄関まで、靴べら渡されお見送り。

紙パンツ
スライド(ピンク)Tバックを後ろから撮っているわけではありません
P1010324

所要時間
90分

独り言
いろいろと盛り沢山のお店。
こんなお店にというコンセプトは、セラピストさんを通じてもわかるくらい、ただ料金と中味が・・・まぁオープン間もないので、こなれてくれば料金に追いつくのかも、頑張って欲しいですね。

トランクスに穿き替えそのなかに泡を詰め込み、その中に手がスルッと入り込んできてモゾモゾと弄る、そこであんなことやこんなことが・・・っていうのが小生の中でのホイップ。紙パンツの上にのせてその上サワサワというのは・・・
多くの場合準備に時間が掛かる、寒くなる、施術が単調になるし・・・導入する店はセラピストさんへの配慮もあるでしょうが中味を充実させてほしいですね。
ちなみにこちらの店のホイップはコースに含まれていますが「やらない」選択肢もあると予約時に案内がありました、セラピストさんからはなかったですが。

長くなりますが・・・
『女性従業員に男性客の太ももの付け根付近をマッサージさせた』ということが性的なマッサージという解釈、どうなるのか気になります。

↑このページのトップヘ