しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2019年02月

1
GORAKUで極楽に
  
最寄駅 
東京メトロ四谷三丁目駅
徒歩1分

訪問日 
2019年2月

訪問回数
初回

コース
濃厚VIPコース

料金
90分15,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常16,000円)
衣装チェンジ3,000円
指名なし(写真指名無料、本指名1,000円)
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
色々なところが目に付くバスルーム

セラピスト
黒ワンピース(お迎え~シャワー)
白ベビードール(施術時)
バスローブ(シャワー~お見送り)

施術
電話すると「はい」、一時期こういうの減っていたんですが・・・また多くなってます。面倒くさいのでこちらから「某サイト見た」と空き状況を確認。希望の時間で予約可能と言うのでお願いすると場所の案内が、駅出口から予約開始時間に電話してください、とのこと・・・そこから時間スタートするのかと思いながらも、「はい」と返事して予約完了。当然料金の案内もコースの確認もナシ。

時間丁度に電話すると、なかなかでない・・・電話切ろうかと思ったところで「はい」、ここでもこちらから「予約している・・・」で会話スタート。電話している場所を伝えるとそこからスグそばらしく、部屋番号教えてもらいマンションへ。

オートロックを解除してもらい指定階で降りるとドアの並びはワンルームのそれ。その中の一つのチャイムを鳴らすと・・・すぐにドアが開きセラピストさんがお出迎え。

ホームページの衣装が好みなのにお迎えは黒ワンピ、これにはちょっと残念。そして鼻につく匂いが・・・お香なのでしょうがちょっと強すぎ。

スリッパはなく、そのまま奥に進むとマットが敷かれた薄暗い部屋が、そしてお香らしき匂いは部屋中にも。

片隅の椅子に腰掛けるとセラピストさんがスマホで料金案内。その案内に「ん?!」発音がちょっと・・・案内がすすむにつれ、「ああぁ・・・」久々にやってしまった感・・・。

ハシゴ先どうしようと考えながら案内を聞いていると、濃厚VIPのところで「こちらのコースには・・・」これには思わずニンマリ。「ホォーそういうことね」と勝手に一人納得、もちろんこちらも望むところとそのコースで「お願いします」。すると「衣装が」とオプションセールスに、「そうそう」訪問を決めたのはツイッターの画像から・・・カテゴリー違いと判れば尚更必須、料金は「3,000円」とまぁ想定の範囲内、これも即お願いして会計。

釣銭はすぐに持ってきてくれるも飲み物はナシ、タオルを横に置かれ、着替えを促されてセラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐに衣類を椅子に脱ぎ置きタオルを巻いて準備完了、そこにセラピストさんから声が掛かりシャワーへ。

洗面台にタオルを置いて一人浴室に。
明るいのですが壁面カビなのかまだら模様が所々に、そして排水口には毛が、シャワーヘッドも・・・サッと浴びて身体を拭き洗面台を見ると・・・ない。これは勝手にそういうことかと察して・・・タオルを片手にブラブラと爽快に部屋へ。

セラピストさんは最初のまま、着替えていない・・・
「俯せに」と案内されたのでマットに横になるとセラピストさんは着替えに。暫くすると白のベビードール姿のセラピストさんが、暗過ぎでスケ具合はイマイチ。仰向けでのお楽しみと枕抱え態勢整えるとそこにタオルを、全身覆われます。

この時点ではテンション下がりまくり・・・ただ経験則で施術は上手い人が多いのでそこに期待。

腰を跨ぎ膝立ちのまま背中をグイグイを圧し揉み。心地よい圧に思わず声が「ウウッ」。

足元に移動すると脹脛、足裏と軽くモミモミ。足横に移動すると横から遠いほうの足の内ももをグイグイ・・・どのような態勢でやっているのかとカガミを見ると・・・穿くのも見るのも大好き白T、オプション付けて良かったと・・・白い肌のお尻もバッチリ。

頭部に移動するとタオルを下半身にだけ掛け、パウダーらしきもので背中をサワサワ、肩甲骨から背骨沿いに腰まで・・・頭にはベビードールの裾が触れ、横を見るとセラピストさんの太ももが・・・顔を上に向けたら、と想像膨らませウキウキ。

足元に移動すると股間に位置取り、パウダーで脹脛をサワサワ、太ももにもサワサワ、行きは手のひらで皮膚に触れたり体毛に触れたり触れなかったりサァーっと脹脛から臀部まで、戻りは割れ目から付け根を指の腹でサッと掠め、太ももからは手のひらでサァーっと心地よいタッチ、ただのクスグリでないのは〇。

ここで掛けていたタオルを全部取りオイルに。

股間に位置取ると手にしたオイルを脹脛にサァーっと拡げスリスリ。続いてグッと膝を股間に詰め、太ももにオイルを拡げスリスリ、ここでは付け根までは届かず安全運転。

ここで小生の膝をもってカエル脚に。

慎重に股間に指先を差し入れ付け根沿いにスゥーっと進み鼠蹊部をスリスリ、腰から手をねじ込み鼠蹊部をスリスリ、動きはゆっくり、傾いている側では当たりはしますが掠める程度・・・と言っても穿いてないんです。

ここでオイルの拭き取り。

スッと立ち上がったセラピストさん、ホットタオルを用意しにキッチンのほうへ。なかなか戻ってこない・・・昔よくあった休憩時間ですね。

ようやく戻ってくると中途半端な温かさのタオルでオイルを拭き取ってくれます、背中から足をサァーっと・・・拭き終えたあとはそのまま・・・寒い。

ここで仰向けの声。

これでじっくり拝めるとドキドキ・ワクワクしながら仰向けに。この時にタオルでサッと隠すかと思いきやそのままブラン。気にすることもなくセラピストさんは股間に入り込むと、オイルを手に入念に膝下をスリスリ、続いて太ももも入念に。キワには届きますが指先でなぞる程度、事故ることはナシ。

ここでグッと膝を小生の内ももに押しつけるように詰めてくるとオイルを手のひらに取り、小生の・・・

この態勢、昔の回春思い出します。

そして手さばきは・・・

上手い・・・

手のひらを真上から、包み込むように・・・そして優しくいい子いい子するように。触れ方、力加減、小生にはドンピシャの手さばき。

もう一方の手を軽く添え固定させると・・・

天井を見つめ集中するも・・・刺激が足りない。
するとカガミを背に添い寝に。カガミにはT・・・そして目の前にはオッパイ・・・

その間も・・・

・・・

スッと立ち上がりシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てくれ一人シャワーへ。サッと流してタオルを手に取ると・・・湿っている、どうやら最初に使ったタオルを使うらしい・・・

サッと身体を拭いて部屋へ戻ると・・・なんかエロいバスローブ姿、紐をほどきたくなるのを堪え、一人着替え。その間セラピストさんは次の準備中、雑談しながら着替え、着替え終わっても飲み物さえ出てこないのでそのまま玄関へ。

紙パンツ

aromaazabu

所要時間
83分

独り言
小生にとってはカテゴリー違いの店。オープン直後にしてはセラピストさん揃っているなとは思ったので・・・でも看板掛け替えくらいかと。
そういう店に来たと思い直すとそれなりには楽しめました・・・が複雑です。
ベビードールのスケ度高いのでもう少し明るければいいんでしょうね。
手技は上手いというより小生に合っただけかも・・・

2
癒しとドキドキを
絶妙なバランスで融合
  
最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩7分

訪問日 
2019年2月

訪問回数
初回

コース
プレミアムトリートメント

料金
90分13,000円(プレオープン割引3,000円割引、通常16,000円)
衣装チェンジ2,000円
指名料記載なし
支払総額15,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ、セラピストさん

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
ちょっと薄暗く感じるバスルーム

セラピスト
黒ワンピース(施術時以外)
ベビードール(ちょい透け色違い2タイプ、超ミニニットワンピ1タイプ)

施術
電話すると女性セラピストさんなのか、スタッフさんなのか店名応対。ホームページ見たと希望の時間を伝え空き状況確認すると予約可能と言うので即予約。指定の場所に5分前に、という案内、そして料金としっかり案内してくれ予約完了。

指定の場所から少し歩き、恐らくこのマンションだろうと思われるところから電話すると、女性スタッフが応対、丁寧な場所案内、も予想通り何回か訪問したことのある・・・マンション名を見て「あぁ」。部屋番号確認し時間調整してオートロックへ。すぐに解除され部屋の前へ。

チャイムを鳴らすとすぐに扉が開き笑顔でセラピストさんがお出迎え、靴を揃えると奥の部屋へ案内してくれます。

コートを預け、ソファに腰掛けると自己紹介、そして初回ということでカルテに記入を促されます。この時点では記入するには問題ない明るさ、これが当たり前なのでしょうが・・・、飲み物とおしぼりが運ばれてきてコースの確認。

ホームページにはオプションが記されていたので「オプションはないの?」と聞くと衣装チェンジが2千円とのこと、「見ますか」というので是非と見せてもらうことに。透けてるベビードールが色違いで2点、超ミニのピタッとしたワンピが1点、の3点を見せてもらい中からエロそうなスケスケベビードールをお願い、さらにもう一つの「ストレッチは」と聞くと対応不可、というのでこれで会計。

着替えの案内がありタオルを渡され一人着替えに。

着替え終わった頃にドアが開き一緒にシャワー室へ。
小奇麗な洗面スペース、その奥にお湯の出ている浴室。キレイにしてあります。

サッと浴びて洗面台横にはスポンジやマウスウォッシュに綿棒、そして紙パンツ。包みを開けるとノーマル、でも最近はどれも小さく見えます。

だらしなく紙パンツ穿いてバスタオルもってドアを開けると・・・部屋にはスケスケに着替えたセラピストさんが・・・でも薄暗くてシルエットクイズのよう。

タオルを渡しマットに寝転ぶと「横を向いてください」
これはこれは趣向を凝らして・・・と思いながら横を向くと、セラピストさんが「ここを枕にしてください」と目の前に露わな・・・言われた通り太ももを枕に横向きになると・・・なかなか正面をここまで間近に見る機会は・・・

太ももに頭を乗せると舌でペロッとできそう・・・

首から肩、背中をタオルの上から軽ーくクイクイ。左右両方ムチムチ太ももを堪能したあと俯せに。

全身タオルで覆うと軽く脹脛からモミモミ、手は太もも、そして臀部へ。
足首を持つと膝を曲げてのストレッチ、足の甲にはムニュっとした感触。

ここでオイルに。

片足のタオルを捲り、膝下からオイルをサッと拡げると・・・一応ウォーマーには入っているようですがヒヤッと。

撫でるようにオイルを脹脛に拡げるともう一度オイルを手に太ももへと一気に。セラピストさんの手は脹脛からスゥーっと撫であがり太ももから臀部へ。引く時は割れ目を指先でなぞり内腿から付け根経由で脹脛へ。

ストロークは単調ですが期待できそうな指先にワクワク。

ここでカエル脚に。
股間に入り込むと曲げた脚をカニばさみ、いまやカエル脚定番のスタイルです。

ですが、手のひらは太ももをスリスリ、臀部をスリスリとなかなか期待するところへ入ってこない・・・数回、太ももから臀部を繰り返したのち、指先は股間に・・・付け根沿いを慎重に数往復、事故はナシ。
続いて背中を撫でてカエル脚は終了。

「四つん這いやりますか」

声が掛かるのとほぼ同時に態勢は四つん這いに。確かにつまらない四つん這いは態勢維持すら苦痛ですが・・・

両手を股間に差し込み、両手同時に付け根から鼠蹊部をスリスリ。続いて左右交互に差し込みスリスリ。軽い接触事故が数回程度・・・

そして仰向けに。

スッと立ち上がったセラピストさん、パンチラを気にすることもなくスタスタと頭部に、頭を挟むように座るとデコルテ。

デコルテというか乳首廻りをスリスリ・スリスリ、その輪は徐々に小さくなり指先は乳首へ、クリクリ。

指先はへそ廻りから下腹部、紙パンツ廻りへと進み、サワサワ・スリスリ、合わせてムニュっとオッパイスタンプ、左右でムニュムニュ、谷間でムニューッ。

スタンプの嵐が止むとフワッと浮き上がり・・・上空で見せつけるようにホバリング・・・そしてゆっくりと腹部へ着地、と同時に小生の両手はセラピストさんの膝でしっかりホールド、さすがです。

太ももから付け根をスリスリ・ヌルヌル、ここでも付け根まではしっかりなのですが・・・

股間に入り込むと「腰を浮かせてください」、セラピストさんをグッと股深く太ももで挟むような態勢に。

多めのオイルを手に紙パンツにタラタラタラ・・・

そのオイルを紙パンツ周辺に延ばすようにスリスリ・スリスリ、、指先がスッと紙パンツの縁をくぐり・・・愚息の付け根近くまで届いたような・・・

くるのか、とドキドキしていると「横行きますね」と添い寝に。

横にくると肩が小生の脇に入り、さりげなく片手の自由が制限されピタッと密着。片足は小生の太ももに絡めてスリスリ、たまに股間をグイグイ。

斜め上から見下ろすような視線と同時に乳首廻りをクリクリ、その指先は腹部から鼠経部、そして内腿から付け根へと滑るように、徐々に紙パンツ周辺へと動きの範囲が狭まり・・・

セラピストさんに嘆願のまなざしを送るも・・・「そろそろ・・・」

セラピストさんはスッと立ち上がりシャワーの準備へ。
準備を終え戻ってくると、「掴まってください」と身体を寄せてきます。
どこに掴まってよいか迷いながら、腰に手を廻すと「ヨイショ」と引き起こしてくれ一緒にシャワー室へ。

一人でサッと流すとスゥーっと流れ落ちる水溶性、軽くソープで流してタオル巻いて部屋へ。

セラピストさんは既に最初の黒ワンピース着替えて部屋の片付け中も丁度片付け終わったようで今度はシャワーの片付けに。

一人着替え、着替え終わった頃に声が掛かりセラピストさんは部屋の中へ。お茶の差し替えはないものの、暫し雑談。時計を見ると予定時間が廻っているようなので自ら玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
茶ノーマル

所要時間
92分

独り言
最近のニュース、派遣ですがメンズエステって意外と認知されていないんですね・・・ってことはまだまだ伸びる可能性ありますね、もちろんその逆も大いにあるのでしょうが・・・
まだまだセラピストさんの在籍も少なくプレオープンという形のようです。未経験らしく、すべてが微妙ですが一所懸命にみえるところは〇。
衣装はどこも過激になっているので中途半端なもので2,000円は高く感じるだけかも・・・ただ総額が割引料金のままなら、手ごろなので育っていくセラピストさんを見ていくのにはいいかも・・・頑張って欲しいものです。

↑このページのトップヘ