しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2018年09月

2
独自に考案した究極のインテリアって・・・
  
最寄駅 
JR新宿駅
徒歩10分

訪問日 
2018年9月

訪問回数
初回

コース
Swamp Course

料金
80分18,000円(某サイト見たで20時まで1,000円割引、通常19,000円)
ディープリンパ1,000円
指名料1,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横にカガミあり

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
黒Tシャツ黒フレアミニ

施術
強気な料金設定が気になって電話・・・すると「はい」とだけお兄さんの声、しかたなくこちらから「某サイト見て」と切り出し希望の時間、セラピストさん名を伝え空き状況を確認すると希望の時間で予約可能というので即予約。時間の5分前に指定の場所から電話してほしいとのことで予約完了。時間だけでコースの確認はなし、当然料金案内もナシ。

指定の場所から5分前に電話しても「はい・・・」、店名長いと店名応対メンドクサイのですかね、こちらから「予約している・・・」で道案内がスタート、すると「・・・そこに着いたら電話してほしい」とのこと、うどん屋の行列横目に言われた場所に着いて再度電話すると「はい・・・」、こちらか予約名名乗ると場所の案内が、と言っても目の前のマンション、部屋番号と部屋間違えないように念押しされてマンションへ。

オートロック解除してもらい指定階へ、部屋はすぐわかりドキドキしながらチャイムを鳴らすと・・・ホームページから想像したのとはちょっと違うセラピストさん、言われるがままスリッパ突っ掛け奥の部屋へ。

造りはワンルームタイプのそれ、キッチンの横通り抜け部屋に入るとマットがドーン、片隅にイス、そして幅を利かせているのがズボンプレッサー、まぁ雨とかの時はいいかもしれませんが小生には勧められませんでした。

で、独自に考案した究極のインテリアって?もしかしてズボンプレッサー??凡人の小生には究極のインテリアは見つけられませんでした。

椅子に座ると飲み物の用意へ、すぐにテーブルに冷たいお茶が置かれ、かわりに置いてあったメニューを手にコースのセールス。気持ちは高いほうに決まっていたものの違いを訊いてみると・・・ラスト10分開放感が味わえるとのこと、そういうことか・・・と思いながら「じゃ、それで」、するとセラピストさん「オプションはいかがしますか」と更なるセールスが。ここでも「ディープって」と訊いてみると「鼠蹊部周辺への施術時間が長くなります」、開放感は長いほうが、とそれもお願いして会計。他にも定番ホイップやパウダーも1,000円でした。

着替えを促され、セラピストさんはシャワーの準備へ。いそいそと全裸になり案内のあった貴重品袋にスマホと財布入れタオル巻いて声をかけるとすぐにドアが開いてシャワー室へ。洗面台には紙パンツが2種類、普通サイズと大きいの、という案内があり一人シャワーへ。どれがボディソープかわからないのでサッと流して紙パンツ選び、普通のは横スカっぽい、大きいほうはピンクも横スカより包みが大きい、どちらか迷った末ピンクを開けてみると・・・サイドがキレそう、これならハサミなくとも、と思いピンクを穿いて準備完了。

ドアを開けてみると「!!」セラピストさんの衣装がそのまま・・・

この料金設定でそのままって・・・まぁ、まだまだこの後着替えるタイミングはあるはず、とタオル渡してマットに俯せに。

シャワー室の片付けからすぐに戻ってくると全身タオルで覆い室温の確認から。この後もコマメに室温や力加減など煩くない程度に聞いてくれます。

腰に跨って背中の揉み解し、チラッとカガミを見るも設置角度が悪くセラピストさんの顔が見えるだけ・・・80分だからかテンポよく次から次へと・・・

足元に移動すると後ろ向きで脹脛に跨り足裏を軽くモミモミでオイルに。

マットの傍にはオイルウォーマーとその横に予備のボトルが、これを使い切るなら・・・とワクワク。

タオルを背中に掛け直すと足元から脹脛をスリスリしながら「力加減いかがですか」とここでも確認があり「強めに」とお願いすると力を入れてグイグイ。

脹脛に跨ると太ももをスリスリ、ここで漸くセラピストさんの太ももの感触が・・・ムチムチ。
指先は序盤戦だからか付け根手前でUターン、事故ゼロ。

ここでカエル脚に。

腰横から手を差し込むと鼠蹊部スリスリ、股間からは付け根というか腿をスリスリ、いずれも微妙も傾いているほうでは掠る程度の事故が。

臀部にタオルを敷いて少なめのオイルで背中をグイグイ。覆いかぶさるような密着もなく淡々と背骨沿いをグイグイ。

腰から降りると「四つん這いできますか」

モゾモゾと膝をついて尻を突き出すと股間に入り込み腰を抱え込むようにして下腹部をスリスリ、股間に手を差し込み鼠蹊部をスリスリ、さらに肘くらいまで突っ込むとヘソ下あたりを弄るように・・・当然傾いているほうでは・・・

ここで仰向けに。

ゴロンと仰向けになるも衣装はそのまま・・・着替える様子はなし。

足元に座ると膝下をスリスリ、足指モゾモゾするもスカートの裾の感触だけ、微妙な距離感。太ももへとオイルを延ばすと膝を立てて膝窩から脹脛、足首へとモミモミ、膝から太ももをスリスリ。

足を伸ばすと股間に入り込み、オイル手に鼠蹊部から付け根をスリスリ、このあたりから事故が多発するようになり愚息が・・・

ここで「このままがいいですか、添い寝がいいですか」とセラピストさんの態勢リクエストが。もちろん「添い寝」とお願いするとセラピストさんの手が紙パンツの紐に掛かり・・・

腰を浮かせて協力するとなんともいえぬ開放感に。セラピストさんはリクエストの通り小生の横に添い寝、そのまま脚を絡め膝で愚息をグリグリ、指先は下腹部から鼠経部と周辺をサワサワ・サワサワ、たまに乳首周辺クリクリ。

このゆるーい指先、膝の責めが続き、悶々としたままお時間。

スッと立ち上がるとホットタオルで下半身と手についたオイルを優しく拭き取ってくれ、シャワーへ。
自らお湯を出してサッとシャワー、ボディソープを使いましたがオイル残りは気にならずタオルで拭きながら部屋へ。

部屋の片付けが終わったようで入れ替わりにシャワー室の片付けへ。
一人で着替え、ノックするとセラピストさんがドアを開けて「ありがとうございました」、すでにお茶のグラスも片付けられており帰るのみ、のようで・・・

そのまま玄関へ、自らドアノブ廻し外出るとすぐにガチャンとロックの音。
帰り道は究極のインテリアより行列のうどん屋さんのほうが気になりました。

紙パンツ
ブリーフ(ピンク横紐)  
ピンクブリーフ紐

所要時間
76分

独り言
スケベ心でのSWAMPの解釈間違っていたようで・・・
オイル量も見た目も施術もイマドキとしては物足りなさが・・・
オプションは開放的になっての施術ならホイップのほうがいいかも。
電話応対といい時短といい・・・これからなんですかね。

2
追加料金なしでキワキワな鼠蹊部たっぷり・・・

最寄駅 
JR浜松町駅
徒歩10分

訪問日 
2018年9月

訪問回数
初回

コース
ジュエコース

料金
90分17,000円(オープニング割引2,000円OFF、通常19,000円)
オプション2,000円
指名料なし(指名料2,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横、頭部にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
お迎え~シャワー Tシャツにフレアミニ
施術時~お見送り ベビードール

施術
ホームページの雰囲気いいですね、小生の『お店選び』ってそんなところからです。
早速電話してみると希望の時間が空いているというので即予約。

第一京浜から少し入った分かりやすい場所、オートロック解除してもらいワクワクしながら指定階へ。
エレベーター降りてチャイムを鳴らそうとするとドアがガチャリ、そしてセラピストさんがひょっこり。ちょっとイメージとは異なるも笑顔で出迎えてくれます。なぜか使い捨てのスリッパが二足、そのうちの一足を突っ掛けズカズカと奥の部屋へ。

まず目に入るのはカガミ、頭部と横に、薄暗い中に白のフレームは映えます。そしてマットにはビニールシート、これは期待できそう。
サイドテーブルには既にお茶とカルテが置いてあり、その横の椅子に腰掛けるとセラピストさんが自己紹介、そしてカルテへの記入を促されます。

薄暗く、読めないので署名だけするとすぐにセラピストさんが受け取りに、そしてコースの確認、続いてオプションセールス・・・ホームページには追加料金なしで云々と唄っていたのに「!」もセラピストさんから「オイルドバドバで2,000円になります」と口頭だけでの料金案内。

もちろん、即「それもお願いします」、するとセラピストさんもニッコリ、で会計。
すぐに釣銭を持ってくると着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。

サッと全裸になり腰にタオルを巻くとそれを見計らっていたように、ノックがありシャワー室へ案内。
洗面台には紙パンツ、そして今や定番マウスウォッシュも。

簡単に流して紙パンツの包みを開けると横スカ。やっぱりこの開放感いいですね。

扉を開けて部屋に戻るとセラピストさんが透けてる・・・薄暗い中でもわかるベビードールのスケスケ。聞かなかったのですがこれはオプションに含まれているのかも・・・

バスタオルを渡すと俯せに。

マットの横にはオイルウォーマー、そしてボトルが2本、ドバドバ楽しみです。
シャワー室の片付けから戻ってくると頭部に位置取り、「失礼します」と膝で小生の頭を挟むほどに。

数回に分けてオイルを背中に置き、それを両手で一気に背中全体へと拡げていきます。オイルは薄い感じで伸びはさほど感じられず、温かさもなし。

ストロークはゆっくりも適度の圧があり心地よい。セラピストさんの指先が紙パンツの紐に掛かったとき、フワッと腰を浮かせて頭越しに腰に着地。

足首を掴むと足裏をグッとオッパイに押し付け膝を曲げてのストレッチを軽く。足を戻すと太ももから脹脛へとオイルを拡げると片足に抱きついて手から肘を使ってスリスリ・スリスリ。起き上がる時に指先も膝窩から太もも、そして付け根へ。さらにオイルを手に割れ目へとタラタラ、そして流れるオイルを指先で留めグリグリ・・・

足元へ移動するとオマタで足指抑えて脹脛から太ももへとスリスリ、さらに付け根までしっかり。
グッと股間に入り込むとビニールシートならでは、カエル脚にならずそのまま腰横からスルっと滑り込ませた手は鼠経部から付け根をスリスリ・スリスリ・・・このほうがカエル脚よりグイグイきます。

片足の太ももに跨ると背中をグリグリ、と同時に膝で小生の股間を蹴り上げるようにグイグイ・グイグイ。そして覆いかぶさりピタッと密着、耳元には息遣いがハァハァ。

ここで四つん這い。

尻を突き出し、態勢になるといきなり両手が股間に。鼠径部からヘソ下へと進んだ手は片手づつ交互に円を描くようにスリスリ、すると両腕で挟むような形になり・・・

尻を両手で抱えるとグッとオッパイ押し付け指先を乳首に、ゆっくりと反応を確かめながらコリコリ、周辺サワサワ。徐々に指先はヘソから下腹部、そして・・・

セラピストさんが股間に膝をグッと入れると小生は下半身を乗せるような感じに、割れ目にオイルをポタポタと垂らして周辺をサワサワ・クリクリ。さらに愚息が腿に挟まれて・・・

ここで仰向けに。

頭を両膝で挟むように座るとデコルテからスリスリ、指先は乳首で止まりクリクリ、さらに手を伸ばし下腹部へと・・・当然小生に覆いかぶさるようになるのでムニュ・ムニュっと・・・

手が止まるとフワッと腰が浮いて一瞬視界が遮られ・・・
腹部に着地すると太ももから付け根、そして紙パンツ周辺をベトベトに。さらに片足に抱きつきスリスリ、尻を突き出すような態勢、目の前には薄暗い中でもハッキリ。ちょっと突っついてみたい衝動に駆られましたが両手はセラピストさんの足でガッチリ押さえつけられていました。

それを察したわけではないでしょうが、横に移動すると後ろ向きになり小生の手を自らのオマタへと導きます。一応手のひらをモミモミですが少し腰を振るので・・・エアですがまさにタワシ洗い・・・

足元に移動すると足の甲をオマタで押さえて太ももから鼠経部、そして紙パンツ周辺をスリスリ、さらに手を伸ばして両手は乳首に、顔はへそ辺りに、そして決して意図したわけではないでしょうがオッパイが愚息を挟むように・・・この前後の動きに紙パンツが・・・

今一度横に移動すると腕枕で添い寝。

小生の表情窺いながらの乳首責め、まずは周辺からサワサワ、そして乳首を弄ぶように指先でクリクリも反応が少ないと見たのかすぐに指先は下腹部へと進みサワサワ、同時に膝では太ももをスリスリ。

腹部に後ろ向きに跨ると股間にオイルをダラダラと垂らして紙パンツ周辺はニュルニュルに。そこを両手でクリクリ・スリスリ・・・紙パンツと一緒にスリスリしていたので横スカというか上スカ状態に。スリスリがスピードアップすると腹に跨っていたセラピストさんが滑ってきて顔前に尻が・・・まさに69状態。さらに指先の動きが激しくなったところでお時間。

セラピストさんはシャワーの準備へ、小生は上体を起こして室内に置かれた時計を見ると終了15分前。

すぐに声が掛かりシャワー室へ。シャワーで流してもヌルヌル感は落ちないのでオイルは水溶性ではないよう、ソープを手に時間を掛けて洗い流しタオル巻いて部屋へ。

セラピストさんは部屋の片付けが終わったようで入れ違いにシャワーの片付けへ。
小生は一人着替え、着替え終わったところでノックがありセラピストさんが入室。テーブルのお茶が差し替えられた様子はないので自ら玄関へ。

エレベーターでスマホ見ると終了5分前。

紙パンツ
横スカ
yokosukakon

所要時間
86分

独り言
 久々に厚手のビニールシートでオイルは使っていたようですがドバドバまでは・・・水溶性でもなく厚みもないので物足りないのかも。施術前後のオペレーションは多くの店がおろそか、これだけ店が多いのですからもう少し・・・ねぇ。

2
ホームページ見ると
タイプっぽいセラピストさんが・・・

最寄駅 
JR線渋谷駅新南口
徒歩5分

訪問日 
2018年9月

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分20,000円
ディープリンパ1,000円
ホイップ1,000円
指名料「某サイト見た」サービス(通常1,000円)
支払総額22,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミ、頭部にもカガミあり

シャワールーム
入りにくいバスルーム

セラピスト
Tシャツ・フレアミニ(お迎え~シャワー)
ベビードール(シャワー~お見送り)

施術
いくつかの候補があったなか、画像から気になったセラピストさんがいるこの店に。

電話すると・・・出ない・・・時間を空けて掛けようと思ったところで店から電話が。某サイト見た旨伝え、希望のセラピストさん名を挙げて空き状況確認すると希望に近い時間が取れるというのでコース時間を伝えて予約。指定の場所を教えられ開始時間の2・3分電話してほしいとのことで予約完了、料金案内はなし。

指定の場所から3分前に電話しても・・・出ない、あと2・3分待って出なければ他の店へ、と思ったところで電話が掛かってきて道案内、電話しながら3分くらいでマンションに到着。オートロック解除してもらい部屋の前へ。

ここにくるまでにテンション下がっているので・・・

ドアが開いて・・・「カワイイ」、おそらくゲレンデマジックならぬメンエスマジック。用意されたスリッパ突っ掛け、キッチンの横を通り抜けて片隅のソファへ。

腰掛けると自己紹介があり、カルテみたいなものへ署名を求められます。そして飲み物の用意へ。
画像から想像する容姿とはちょっと違うものの可愛いセラピストさん、残念なのはホームページの衣装とは異なるごく普通のTシャツにフレアミニ。

すぐに飲み物が運ばれてきてコースの確認、そしてオプションセールス。メニューを見せてもらい驚いたのがホームページには書かれていないノーマルコースの料金設定が・・・これは、ねぇ・・・

そしてオプションはどれも1千円、変わったようなものは無かったような・・・その中からホイップとディープの二つをお願いするとセラピストさんはニコリ、この笑顔見ると頼んでよかったと思えちゃうのも・・・

着替えの案内があり、セラピストさんはキッチンのほうへ。

一人全裸になり、勝手にハンガー使い、他の衣類はソファへ。貴重品袋に財布とスマホを入れたところでセラピストさんから声が掛かり、シャワー室へ。ドアの横には紙パンツとマウスウォッシュ、スポンジがワゴンに置かれています。

ワンルームのシャワー室、小さめのバスルームで押しドア、入るのはいいがドアを閉めるのにバスタブに入ろうかと思うくらい・・・だからなのかわかりませんがお湯は出ておらずドアを閉めて自ら温度調整しながらシャワー。

浴室で身体拭いて扉を開けてワゴンから紙パンツを取るとノーマル・・・最近新しい出会いがない・・・

タオル巻いて部屋に入ると予想通りの衣装チェンジ、やはりこの値段なら・・・ですが暗い中での黒っぽいベビードール、透けてるようには見えず、丈も微妙・・・

タオルを渡しマットに俯せになるとセラピストさんはシャワーの片付けへ。
すぐに戻ってきてタオルで全身覆ってくれます。そして腰に跨って背中の揉み解し、グイグイと手のひらで圧し揉み。毎度のことながら「固いですね」続けて「力加減いかがですか」、これには「丁度いいよ」と返してチラッとカガミ見ると一所懸命のセラピストさん、いいですね。

ここではオマタでのご挨拶も密着でのご挨拶もなく足元へ。

脹脛は軽くモミモミしてオイルに。

掛けていたタオルを取り払い、オイルウォーマーのポンプをスカスカ、も温かさはなし・・・ホットオイルもオプションだったかな、なんて思いながら・・・

膝で足首辺りを挟むと手にしたオイルを脹脛へと拡げスリスリ、脹脛に跨るとセラピストさんの内ももの感触・・・ちょっと冷たい、でもイロイロ想像できます。その想像を楽しみつつ太ももへのスリスリも堪能、ですが指先は付け根手前でUターンはちょっと残念。

すると「カエル脚に」の声。

最近は股関節も固くなりサッとできなくなってきたようでモソッ・・・
股間に位置取り内腿から付け根経由で鼠経部へ、慎重にも慎重すぎる指先は掠ることもなく行ったり来たり・・・

ここで「四つん這いできますか」。

もそっと尻を突き出すと股間に入り込んだセラピストさん、少量のオイルを手にいきなり股間へ。右、左と交互にすぼめた手が侵入、鼠径部からへそ下を優しく撫でまわしてくれます。当然ここでは事故も、ただ優しく「当たっちゃった」って感じ。カガミ越しにセラピストさん見ると薄暗い中一所懸命小生のキクモン辺り見ながらスリスリ・スリスリ・・・

ここで仰向けに。

脛あたりに跨り太ももをスリスリとアッサリ、そしてホイップの準備へ。
準備に時間が掛かるのは仕方ないのですが・・・このあとシャワーに行った時キッチンにホイップが入った桶、そしてその横に中性洗剤が・・・洗うためのものなのかホイップを作るためのものなのか??ちなみにその後愚息にも周辺にも違和感は在りませんが・・・

最近モッチリ感あるホイップが少なくなってきたのですが、ここでも経費削減なのでしょうか・・・

「お待たせしました」とセラピストさんが桶を足元に置き股間に。グッと膝を詰めると鼠蹊部へと泡を手にスリスリ。泡を乗せるという感じはなし、泡を手に周辺擦るように・・・もちろんソコソコの事故はありましたが紙パンツの中に間違って入り込むような事故はなし。

それでも周辺を一所懸命に小生は気持ち良さ&もっともっとを足でアピール・・・も笑顔でかわされお時間。

タオルでホイップを優しく拭き取ってくれシャワーの準備へ、と言ってもお湯が出ているわけではなく自らお湯を出してサッと浴びて身体拭いてドアを開けると・・・例の中性洗剤が、中味も中性洗剤なのかは分かりませんが。

部屋ではセラピストさんが準備中も衣装はベビードールのまま。着替え始めるとシャワー室の片付けに。着替えている途中に戻ってきて「お茶差し替えますね」とすぐにグラスをもってキッチンへ。これは久々、やはり施術後って大事です。

運ばれてきたお茶を一口啜りながらお話し、そして自ら玄関へ。
セラピストさんはベビードール、と言っても透け度ナシですが、のままお見送り。

時間たつのが早かったのでスマホ見ると入店時から5分ほどオーバーしているのにビックリ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
94分

独り言
どんな店にもいい女性、はいますね、あとはいいセラピストさんになるかどうか。もちろんご本人次第でしょうが、いいお店、いいお客に巡り会ってより素敵なセラピストさんになって欲しいです。
でも、これでこの金額は高いなぁ・・・

↑このページのトップヘ