しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2018年07月

2
採用率15%・・・

最寄駅 
東京メトロ銀座一丁目駅
徒歩3分

訪問日 
2018年7月

訪問回数
初回

コース
Ginコース

料金
90分17,000円(オープニングキャンペーン、通常19,000円)
指名料なし(指名料1,000円)
支払総額17,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対男性スタッフ

店舗
ワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
オシャレな猫足バスタブ

セラピスト
グレーワンピース(お迎え~シャワー、ホームページ画像)
ベビードール(施術時)
黒ワンピース(お見送り)

施術
久々に銀座界隈の店のホームページを見ていると採用率15%・圧倒的美女の文字が・・・
早速電話してみると男性スタッフが応対、希望の時間とコース時間を伝えるとほぼ希望に近い時間で取れるというのでお願いすると総額の案内があり、場所に着いてはSMSで、ということで予約完了。

しばらくするとSMSが届いて確認返信して終了、時間丁度に聞き覚えのある指定のマンションへとのこと。

時間丁度にマンション前に着くとやはり来たことのあるマンション、オートロックを解除してもらい指定階へ。以前とは階数も違うようでドキドキしながらチャイムを鳴らし15%美女待ち。

すぐにドアが開き、中からセラピストさんがニコリとキレイ系のお姉さまがお出迎え。
「どうぞ」の言葉に使い捨てのスリッパ突っ掛けキッチンの横を通り抜けて奥の部屋へ。

二人掛けのソファに腰を下ろすとセラピストさんは斜め横に跪き、自己紹介。グレーの部屋着っぽいゆったりとしたミニワンピースから白い太ももが・・・

キッチンから冷たい飲み物がサイドテーブルに、そして手渡しで冷たいオシボリ。ペーパーなのでサッと手を拭いてお茶を一口、ホッと息つけます。

すると「当店は初めてですか」に「はい」と答えると誓約書に署名を求められます。多くの店がそうですが施術前から暗い、この暗さだから本文読んでもらうつもりもないだろうし、読むつもりもない、のだからこれでいいのかも。

サッと署名しセラピストさんに渡すと着替えの案内。ハンガーに衣類を掛け、衣類カゴを見ると貴重品袋がない・・・パンツとバックを衣類カゴに入れ、タオルを腰に巻いたところでセラピストさんが「どうぞ」とお迎え、そのまま財布をもって浴室へ。スポンジや紙パンツの案内があり猫足バスタブへ、見た目はお洒落ですが使い勝手は決して良くはないかと。

サッと浴びて洗面台を見ると紙パンツの横にマウスウォッシュが。もしかするとと思い、口に含んでクチュクチュしながら紙パンツの包みを拡げるとノーマル、それを穿いて準備完了。透明のドアを開け部屋へと進むとセラピストさんはベビードールに衣装チェンジ、ですが暗い。

マットに俯せになり廻りを観察、カガミがないのはいまや珍しい、そして定番のオイルウォーマーが1本、ごくごく普通。そういえばオプションの有無を聞かなかった、とちょっと後悔しているとセラピストさんがきてタオルを掛けてくれます。そして「よろしくお願いします」で施術スタート。

腰横に位置取り、タオルの上から腰をサラッと撫でると「失礼します」と膝で小生のケツを撫でながら跨ぎます。そして腰から背中をグイグイと1回、でピタッと背中に抱きつき耳元で「お部屋の温度大丈夫ですか」、背中にはオッパイの、腰にはオマタの感触が・・・これは期待できそうとワクワク。

その態勢のまま、肩から腕をスリスリ、オッパイでもオマタでもスリスリ。
なかなかの感触、勘違いしそうな雰囲気にカガミあったら・・・

ここでオイルに。

斜めから頭を挟むように座ると心地よい温かさのオイルをボタボタ、ボタボタと結構な量を背中に。

オイルを背中全体に拡げると肩からグリグリ、首筋グイグイ、肩甲骨周辺をグリグリ、適度な圧で心地よい、その指先は背骨に沿って腰へ。

グッと身を乗り出すと紙パンツをズリさげハンケツ状態に。すると割れ目にボトルからオイルをダラダラダラ・・・そのオイルは割れ目を伝い、袋からポタッポタッ。さらに身を乗り出したので小生の後頭部には嬉しい感触が・・・そして伸びた指先は内腿から付け根へとオイルを延ばし、割れ目をツゥーっと。

そのまま頭を飛び越え、腰辺りに着地すると臀部から内腿、膝窩から脹脛へと両手でオイルを拡げ、ロングストローク。すると片足にピタッと抱き付いて足裏をスリスリ。

ここで足元へと移動、足裏をオマタでしっかり押さえて脹脛スリスリ。脹脛に跨って内ももからスリスリ、この指先はそのまま臀部へと伸びるので事故は起こらず。

するとここからフェザータッチが・・・

これは好き嫌いあるのでしょうが・・・延々と続きます、くすぐったいのでピクピクとなります、するとさらに続きます・・・フェザータッチではなくただのクスグリ・・・

ここでカエル脚に。

股間に入り曲げた脚を挟んで太ももから臀部をオイルでしっかり、がここでも、クスグリが・・・結構続きます、それも左右。

ここで四つん這いに。

股間に膝を詰めると割れ目にオイルをドボドボドボ、温かいオイルが割れ目伝って・・・気持ちイイです。サッと臀部を撫でまわすと両手を股間にグイッ、鼠経部をスリスリ。愚息が元気になりはじめると臀部から内ももをクスグリ攻撃が・・・

愚息がすっかり萎えたところを見計らったわけではないでしょうが、両手は今一度股間へ。さらに奥へと入り込み、へそ廻りをグルグルグルと両手で撫で廻し・・・するとセラピストさんの両肘が小生の愚息を挟みながらグルグルグル、偶然か計算してか・・・元気な状態で受けたかった施術・・・

ここで仰向けに。

頭を挟むように座ると胸元にオイルタラタラ、零れ落ちそうなオイルをサッとデコルテからへそ廻りへと拡げスリスリ・スリスリ。その指先はさらに鼠経部から付け根へとヌルヌル。すると目の前にはオッパイが・・・スタンプというより擦る感じ、ムニュっとした感触はなし。

フワッと腰が浮くと遠慮気味に斜め上空を通過、薄暗い中でもバッチリ・・・腹部に着地して紙パンツにオイルドボドボ、周辺ニュルニュル、そして内ももサワサワ、サワサワ、サワサワ・・・

脚に抱きつきニュルニュル、手の届くところにお尻が・・・それを察してなのかセラピストさんの両膝は小生の腕をガッチリガード。

スクっと立ち上がって中を見せつけるようにしてから足元に移動。
膝をたてると足の甲をオマタで抑えて脹脛スリスリ。足指にはいい感触、くすぐられたそのタイミングで指動かそうと構えるもここでのサワサワはなし。

立てた脚をそのまま横に拡げると股間からその脚を挟むような態勢に。
内ももスリスリ、鼠経部スリスリ、乳首クリクリ、そしてそこらじゅうをサワサワ、サワサワ、サワサワ・・・

股間に移動するとグッと膝を詰めて紙パンツにボトルに残っているオイルをドバ・ドバ・ドバァーっと。まだ温かさがあり心地よいニュルニュル感、そのオイルを手のひらで紙パンツ周辺にサァーっと拡げます。内ももから付け根、鼠蹊部、下腹部とスリスリ・ニュルニュル、さらに手を伸ばし乳首まで。

ここでもサワサワが始まり・・・

ここでお時間。セラピストさんはシャワーの準備へ。ボォーっと周囲を見渡すと時計は終了予定10分前。

やや間があって迎えに来て一緒にシャワー室へ。先に脱衣室まで入るので一緒にシャワーか、と思いましたが・・・「ここにタオル置いておきますね」で一人に。滑らないようにバスタブに入りシャワーを浴びるとスゥーっと流れ落ちていきます。結構厚みのあるオイルだったのに水溶性だったようです。

サッと流して部屋に戻るとセラピストさんは黒ワンピースに着替え。部屋の片付けも終わったようで小生の着替え中もずっと部屋にいてお話。「どうでしたか」の問いにもちろん「良かったよ」と一言。

シャツを羽織わせてくれ着替え終わり、自ら玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
88分

独り言
最初は良かったし、クスグリがなければ流れも良かったのに・・・
15%は好みもありますがキレイなお姉さんでした。
系列があるのかどうかわかりませんが一部屋でのオペレーションですから頑張って欲しいです。

1
ワンランク上のおもてなし、
料金だけでなければいいのですが・・・

最寄駅 
東京メトロ新宿三丁目駅
徒歩7分

訪問日 
2018年7月

訪問回数
初回

コース
リアンコース

料金
90分19,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常20,000円)
ディープリンパ3,000円
指名なし(通常 指名料1,000円、本指名2,000円)
入会金1,000円
支払総額23,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マットレス
横に大きめのカガミ有

シャワールーム
キレイなバスルーム

セラピスト
グレーのノースリーブミニワンピース

施術
気になっていた店に電話するとけんもほろろに「一杯です」・・・
料金は高いものの気になっていたココに電話、男性スタッフが店名応対、「某サイト見た」とコース時間、訪問可能な時間を伝えると希望に近い時間で予約可能と言うので即予約。
予約時間に指定の場所から電話してほしいとのことで予約完了、料金案内は一切なし。

指定の場所から電話すると近くのマンション、入ったことあるようなないような・・・オートロック解除してもらい指定階へ。ドアの並びはいつもの、ワンルーム。部屋の前でドキドキしながらチャイムを鳴らすと応答がない・・・もう一度鳴らすと、ガチャリを扉が開き、セラピストさんが「どうぞ」、スリッパ突っ掛けると「〇〇さんですか」に「はい」と返事して奥の部屋へ。

ソファに腰掛けるとセラピストさんは飲み物の用意へ。すぐに冷たいお茶が運ばれてきたところでコースの確認、そして「90分だとほとんど俯せですがいいですか?」「仰向けが10分くらいですが・・・」、これには「???」も一応「120分っていくら」と聞くと「2万5千円」、とりあえずホームページからオプション5千円覚悟してたので「オプションは」と聞くと「ディープリンパが3千円」でバブルはまだ未対応とのこと。ちょっと迷いましたが90分でオプションつけてと頼むと「皆さん120分以上、90分は初めてなので料金わからないから聞いてみます」と???あらゆるサービスでワンランク上だと客層も違うのか・・・

確認できたようで、料金はオプション込で2万3千円。優しいセラピストさんで支払うときに「大丈夫ですか」と気遣っていただきました。

タオルを片隅に置き、服は衣類カゴかハンガーに、と指差しで案内、でキッチンのほうへ。

脱いだ衣類はソファに置いちゃイケなさそうなので衣類カゴに入れ、全裸になるとセラピストさんが覗いていたようにお迎え。「貴重品袋は」と聞くとないようで浴室のカギを掛けるように言われます。

鍵をかけて浴室へ。明るくキレイ、置いてあるソープは庶民的なものばかり、サッと浴びて拡げた紙パンツは横スカ、それも緩々。

タオル巻いてノックすると扉が開きセラピストさんがお迎えも衣装はそのまま・・・
タオルを渡しマットの上に俯せ。中途半端にマットにバスタオルが敷いてあるのはちょっと・・・

枕を抱えて態勢整えるとセラピストさんは敷いてあるバスタオルを直すことから・・・
腰を浮かせたり協力し包まったタオルを直し終えると新たなタオルを身体に掛けて施術開始。

「失礼します」と腰に跨り背中からグイグイ。まずは手のひら、さらに前腕で、と加減を変えながらもちょっと痛い。肩から腕へとモミモミすると覆いかぶさりピタッと密着、背中にオッパイムニュっとタオル越しのご挨拶。

ここでオイルに。

頭を挟むように座ると背中にオイルポタポタ、オイルウォマーには入っていたので常温よりは少し温か。すぐに背中全体にサァーっと拡げたあとは圧もなくスリスリと撫でるだけ。

撫でる範囲が徐々に背中から腰へ、そして紙パンツの紐をズリ下ろすとケツの割れ目にオイルタラタラ、すぐにオイルが流れ落ちないよう割れ目から臀部や内腿へとスリスリ。

オイルが拡がるとピタッと密着、背中に腰にオッパイムニュ・ムニュ・・・そして後頭部にもアソコが当たってるような・・・指先は割れ目から付け根をなぞるように。

枕元から横に移動し、後ろ向きで太ももに跨ると「腰を浮かせてください」、その言葉に腰を少し浮かせるとその隙間にセラピストさんのつま先がググっと侵入、足指が愚息を捉える位置までしっかり。その態勢で膝を曲げてのストレッチ、小生の足裏はセラピストさんのオッパイにムニュ・ムニュ。その間セラピストさんの足指はモゾモゾと・・・

足元に移動すると足裏にタオルを掛けて太ももで挟む感じ、アソコには当たっているものの感触はイマイチ、というか・・・

オイルをポタポタと脹脛に掛けるとサァーと太ももまで一気に伸ばしてスリスリ。そこから太もも周辺サワサワ。さらに太ももに抱きつくようにしてオッパイムニュ、付け根スリスリ。

ここでカエル脚に。

伸ばした脚に跨ると手のひらで内腿を撫であげ、付け根から股間に、さらに鼠経部を弄り紙パンツを撫で上げるように、の繰り返し。繰り返しているうちに緩々の紙パンツもオイルまみれ、指先は上か中かは分からなく・・・

腰に跨ると背中にオイルポタポタ、マメにオイルを手にしてるもののタップリではないので衣装代えなくとも問題ないのか・・・

背中全体に拡げると肩から首、そしてピタッと覆いかぶさりセラピストさんの息遣い感じる距離で肩から腕をスリスリ、と同時に肩甲骨辺りにムニュ・ムニュっと感触が・・・その感触が何度も何度も背中に。

ここで四つん這い。

肘をついてケツを付き出すと片手で内腿から付け根へと撫で上げ、そのまま鼠蹊部へ、そして下腹部を弄りそのまま紙パンツに沿って撫で上げ、割れ目をツゥーっと。手のひらが縦で入り横で引く、ので事故必須、片手づつなので挟まるような事故はなし。

腰に抱きつき臀部にオッパイムニュ、手は腰から紙パンツの紐をスルッとくぐり抜け鼠経部へとしっかりサワサワ・サワサワ。

ここで俯せになるとホットタオルで軽くオイルの拭き取り、そして仰向けに。

頭を挟むように座ると顔にタオルを掛けて、デコルテにオイルポタポタ。
手のひらでデコルテスリスリ、乳首は指先でクリクリ。その指先は腹部から下腹部へ、と同時に右のオッパイがムニュ、続いて左がムニュ・・・指先は鼠経部、そして紙パンツ廻りをスリスリ・スリスリ、手を動かすごとにオッパイがムニュ・・・事務的ですがオッパイフル活動。

指先が鼠蹊部から付け根から内腿までサワサワし始めたとき、タオル越しですがセラピストさんの尻あたりが小生の鼻をツンツン、顔面騎乗とまではいきませんが、それなりのところが当たっているかと・・・

徐々に上体を戻しオッパイムニュで横に。
タオルそのままに腹部へ跨ると太ももから脹脛をスリスリとあっさり。

横に移動すると添い寝に。

すると小生の手を自らの腰に導いてくれます。これはイイコにしていたから??
セラピストさんの膝は小生の太ももをスリスリ、指先は乳首クリクリから徐々に下へ。

セラピストさんの動きで小生の手が腰から離れるとすぐに離れた手を腰に・・・
どうやら導いたのではなくオイタ防止のため腰から動かさないようにしているよう。
この後も数回腰から手を離すとすぐにセラピストさんの手が・・・さり気ないガード、なのか露骨なガードなのか、は受け止め方ですが・・・

すると上半身をグッと上に、薄目を開けてチラッとみると目の前にオッパイ、片乳をしゃぶらせるような態勢で膝は股間クイクイ、指先は乳首クリクリ。

ここでも腰から手を離すとすぐに手が・・・まぁ手を伸ばせばアソコに届く距離ですが・・・
その距離だからこそ、オッパイだけでなくセラピストさんの顏の目の前に、これはドギマギします。

指先は休みなく乳首から下腹部、紙パンツ廻りをスリスリ・サワサワ・・・でお時間。

「少しお待ちください」とホットタオルを取りに。

すぐに戻ってきて抱え起こしてくれるとホットタオルで胸元フキフキ、抱きしめるような態勢から背中をフキフキ、で終了。

タオルを脱衣スペースに置いて「鍵かけてください」

自らお湯を出してサッと流そうとすると水溶性ではなく落ちない・・・使い捨てのタオルを開封して時間を掛けてゴシゴシ。オイル残りも不快感はなくバスタオルで拭きサッパリ。

ドアをノックするとやや間があってセラピストさんがお迎え、どうやら次の準備もできたようで・・・
入れ違いに小生は部屋で一人着替え。

着替え終わった頃にセラピストさんがお迎え、お茶を勧められるわけでも椅子に座るように言われるわけでもないので玄関へ。

玄関口で「次回は衣装が変わります、内容も・・・」とリピートセールス・・・これには「???」、リピーターさんが多い2回目ルールってちょっと興味ありますが・・・
スマホでホームページ見ると次とのインターバルは10分、そして、あらゆるサービスにおいてワンランク上のおもてなし、の文字が・・・

紙パンツ
横スカTバック
横スカフンドシ

所要時間
83分

独り言
いいお客さんお持ちなんでしょうね。でも「ワンランク上のおもてなし」で新規取るなら・・・ねぇ・・・
オッパイ押し付け回数は他店よりもワンランク上です、押し付ければイイんでしょって感じですが・・・他は・・・
それにしても暑いです、この帰りはさらに暑かった。

2
新しいメンズエステ、BKコースって??

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2018年7月

訪問回数
初回

コース
BKコース

料金
90分15,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常16,000円)
オプション4,000円
指名料 オープニングキャンペーン無料(通常1,000円)
入会金 オープニングキャンペーン無料(通常2,000円)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に姿見有

シャワールーム
小さなユニットバス

セラピスト
白Tシャツに赤タイトミニ(お迎え~シャワー、お見送り)
白ミニワンピ(施術時)

施術
最近ココって店が見つからず、第一候補に電話しても繋がらない・・・
そんな中、電話してみると店名応対の男性スタッフ、空き状況確認すると「しばらくお待ちください」
、しばらくすると希望に近い時間で予約可能と言うのでコース時間伝え予約。すると予約時間の30分~1時間前の間に確認の電話を、と言うことで予約完了。料金案内はなし。

1時間前に電話すると「〇〇様」と電話応対。予約時間丁度に指定の場所から再度電話してほしいとのことで確認完了。

丁度に電話すると、すぐそばの一度きたことあるマンション、果たして店は・・・

オートロック解除してもらい指定階へ。ドアの並びはワンルームタイプのそれ。部屋番号はすぐに見つかりドキドキしながらチャイムを鳴らすと・・・やや間があって中からセラピストさんがニコリ、ちょっと「アレ」もすぐに手を握られそのまま奥の部屋へ。

椅子に腰掛けると飲み物を、いくつかの中からお茶をお願いするとすぐにペットボトルが、もちろん未開封、自ら開けてゴクリとひと口。

そこでコースの確認があり・・・やはりのオプションセールスが。
まぁ、いまどきこの金額だけっていうのも・・・

「どういうの」と聞いてみると「衣装の裾がこの辺に」と今のタイトミニよりさらに短く、ギリギリくらいを手で示して、これが3千円、そして見た目ではちょっとわかりにくいオプションがプラス1千円で4千円、とのこと、もちろん4千円でお願いして会計。

釣銭受け取るとカバンはお預かりしますとクローゼットに。「貴重品袋は」と思ったもののセラピストさんはタオルを持ってシャワー室へとスタスタ。

シャワー室の前、ワンルームですからそこはキッチンの前でも。タオルと紙パンツを床に直置きして「ここで脱いでください」

衣類を脱いでキッチンのコンロ傍に置くわけにもいかず床に脱ぎ捨てシャワーへ。
狭いバスルーム、バスタブではなく洗面台があるところで自らお湯を出してサッと浴び、床からバスタオル拾い身体拭いて、ノーマルTバック穿いてスタスタと部屋へ。

すると白の超ミニワンピに着替えたセラピストさんが「俯せで」とマットを指します、が小生はセラピストさんのワンピに釘づけ・・・もジッと見ていると怪しまれるのでマットへゴロン。

部屋は薄暗いのでカガミ越しでは思うようには・・・仰向けまで我慢することに。
タオルを掛けられ、「失礼します」と臀部に馬乗りに。タオル越しに腰から背中を軽く圧し揉み。肩甲骨まで圧し揉むとそのまま腕へ。

両手を拡げながら小生の腕をスリスリ・・・背中に覆いかぶさるような態勢、ちょっと期待しましたが感触は皆無、けれども尾骨にはアソコかも・・・と思わせる感触が。

太ももに跨ると臀部をサワサワ、ですがタオル越しです。

後ろ向きになり太ももに跨り、つま先を股間にグイグイとねじ込むと膝を曲げてのオッパイストレッチ、全神経を足裏に集中させましたが・・・感触は・・・

ここでオイルに。

掛けてあったタオルを取り払い、足先を太ももで挟むとオイルを手にサァーっと太ももまで拡げていきます。オイルウォーマーに入っていましたが常温のよう・・・サラッとした感触は水溶性?それとも薄いだけ??

再度オイルを手にすると太ももから付け根へサァーっと。指先は付け根まで、も事故なし。ですが、上体が前のめりになるからかつま先にアソコの感触が・・・足の指が攣りそうに・・・

ここで四つん這いに。

いきなりって気がしないでもないですが・・・膝を付いて尻を突き出すとセラピストさんの手が股間に・・・内腿から付け根を指先でなぞりながら鼠蹊部へ。これを健全というかはともかく事故はナシ。

今一度俯せに。

太ももに跨ると両手で腰から背中、そして両手に沿って腕をスリスリ、そのまま覆いかぶさりピタッと密着しながら指を絡めてニギニギ。

盛り上がってきたところで仰向けに。

横に座ると小生の手を取り、腕をモミモミ・・・手を導いて確認させてくれるのかとワクワクも何もなく単調にモミモミ。

頭部に移動すると頭を挟むように座ると指先はデコルテから腹部、そして下腹部へ。上空にはセラピストさんの顏から徐々にスクロールしてオッパイ付近からおへそ、そして白ワンピが途切れ・・・

そこからはエアなんとか状態、薄暗い中でもバッチリと、拝むだけですがさすがBKコース(セラピストさん曰く、ということらしいです)。

元に戻ると横に移動してから、後ろ向きでBKの上に跨り疑似〇〇〇。手は膝下から太ももをスリスリ・スリスリ、目の前には丸出しの尻。

横に移動して添い寝。

横からピタッと寄り添い、脚を絡めると指先は乳首、絡めた脚は小生の太ももをスリスリ・スリスリ、ときに勢い余って膝蹴りが股間に。

横のセラピストさんを見ると確かに・・・これが千円・・・高いか安いかは???

セラピストさんの指先は乳首から下腹部、そして鼠蹊部へと進み、そのあたりでサワサワ。

股間に移動して紙パンツ廻りを集中攻撃でBKのままお時間。

抱き起してくれシャワー室へ。
すると「ここにタオル置いておきますね」と直置き、ここで小生のBKも終了。

自らお湯を出して軽くシャワー、オイルが少なかったせいかサッと流すだけでオイル残りが気にならないほどに。

扉を開けるとセラピストさんは片付け中、自ら床のタオルを拾いあげ身体を拭いていると片付けも終了した模様。

雑談しながら着替え、ペットボトル手に玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
87分

独り言
どこぞのインスパイア??新しさは・・・
最近巡りあうことがないんですよね、「次どうなるんだろう」とか「この施術受け続けたい」とかワクワクできるような施術って、これだけメンズエステ乱立しているのに・・・

↑このページのトップヘ