しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2018年04月

1
個室ヨガより個室エステ・・・

最寄駅 
東京メトロ人形町駅
徒歩5分

訪問日 
2018年4月

訪問回数
初回

コース
ディープリンパコース

料金
90分20,000円(OPENキャンペーン3,000円割引、通常23,000円)
衣装チェンジ2,000円
指名料1,000円
入会金記載なし
支払総額23,000円

予約方法
電話予約・LINE予約
応対女性スタッフ

店舗
マンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
大きめのカガミあり

シャワールーム
狭いですがキレイなバスルーム

セラピスト
白タンクトップにピンクタイトミニ(お迎え~シャワー、お見送り)
水着(施術時)

施術
スケジュールだしていない店は敬遠していたのですが、気になるセラピストさんがいて電話してみると・・・

コール音が10回近く、もう切ろうかと思ったその時「はい」・・・カワイイ、もちろん声が、ですけど。しかしそのあとが続かない、仕方なくこちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。

声が好みだったので、あなたを指名できますか、と聞こうか迷いましたが・・・指名しようとしているセラピストさんかも・・・と思い、「〇〇さん、空いてますか」と聞くとやや間があって希望に近い時間で予約可能と返事が。

コース時間を伝えると最寄駅から5分前に電話してほしい、とのことで予約完了。

5分前に電話すると、ここでも「ハイ・・・」、こちらから予約している「〇〇ですが」で道案内がスタート、ちょっと長い道案内でしたがわかりやすい場所、問題なく5分ほどでマンションに到着し、オートロック解除してもらい部屋の前へ。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすと、すぐにドアがガチャリ。
ホームページの衣装でのお迎え、視線は胸元に・・・

スリッパ突っ掛け案内されるまま奥へ。途中扉がいくつかあったのでワンルームではなさそう。
「どうぞ」と案内されたところは引き戸、でちょっと個室感は・・・片隅の椅子に腰掛けるとすぐに「お飲物、温かいお茶か、冷たいお茶、どちらが?」に冷たいお茶をお願いして室内観察。

薄暗い室内には少し曇っている大きなカガミ、そしてマットには使われた後のようなビニールシート、その上にはタオルが無造作に・・・、マットの横にはオイルウォーマーが一台、残念ながらハードでは通常90分23,000円とはとても・・・
すると冷たいお茶が運ばれてきてサイドテーブルに。

自己紹介があり、コースの確認、そして「水着での施術」があるとオプションセールス。この料金設定からマイクロビキニかも、なんて鼻の下伸ばして即お願いして会計。

すぐに着替えを促され、「こちらのタオル巻いてください」とセラピストさんは部屋の外へ。
サッと全裸になり脱いだ衣類は椅子に掛けてタオルを巻くとセラピストさんから声が掛かり、シャワー室へ。

浴室暖房が効いて暖か、ソープでサッと流して紙パンツを見ると「これ穿いてください」とポツンと置かれていたのは横スカ、他にも包みからノーマルが、コースの違いではなさそうですが・・・

どんな水着かドキドキしながら扉を開けると「??」、最初のまま・・・
いつ水着になるんだろう、と思いながらタオルを渡すとマットを指し、「ここに座ってください」、そしてシャワーの片付けに。

ボォーっとカガミに映った情けない姿と対峙していると微妙な水着姿のセラピストさんが「お待たせしました」と登場。普通のビキニ、まぁ薄手っぽくピタッとしてはいますが、期待していたものでは・・・

すると「失礼します」と胡坐かいていた膝の上に。カガミを背にして座ったのでお尻はバッチリ、まぁこのアングルなら水着よりミニから見えるお尻のほうが小生は好きですが・・・

抱きつき顔を肩越しに肩から首筋をクリクリ。施術するには仕方ないのでしょうが引き気味の感じがする密着はチト寂しい。

マットに俯せに。

全身覆える大きなタオルを掛けられると臀部に跨り背中をグイグイと圧し揉み。

足元に移動するとタオルを捲り、膝で足首辺りを押さえるとオイルに。
まだオイルが温まっていないのかホットではないですが脹脛から太ももへと手に取ったオイルサァーっと拡げていきます。そのあとも拡げるのと同じ圧でサァー、サァー・・・

ここで片足を少しだけ拡げるように言われ浅いカエル脚のような感じにすると、慎重に人差し指と中指で付け根をスリスリ、決して事故らないようにって感じでゆっくり、そして軽ーく撫でるだけ。

そしてカエル脚になると曲げた脚を挟んで太ももスリスリ、付け根は指先だけでツゥーっと撫でるだけ、当然ですがこれでは事故は起こるはずもなし、横スカを穿いているのに、これでは・・・

タオルを取り、腰に跨り背中をスリスリ。アソコが当たっているようないないような・・・
すると覆いかぶさるような態勢になり首から肩をモミモミ、布地が当たっている感触はあるもののムニュはナシ。

ここで四つん這いに。

股間に入り込むと腰から抱え込むように手を廻し入れ付け根を指先でスリスリ・スリスリ、ひたすらスリスリ。オッパイが臀部にムニュっとなっているもののセラピストさんが身体を預けているような感じで重い・・・股間から手を差し入れることはなく腰から付け根をスリスリ。

グッと身を乗り出すと指先は付け根から乳首へ、ここでも単調なクリクリが・・・
そして股間から一度も手を差し入れることなく四つん這いが終了。

「タオルでオイル拭き取りますね」、すぐに戻ってきて背中のオイルをサッと拭き取ってくれます。
そのあとを乾いたタオルで拭き取ることなく仰向けに。

足元に位置取り足首を膝で挟むと膝下から太ももへスリスリ・スリスリ。圧もスピードも一緒、そして付け根をスリスリも一緒。

膝を立てると脹脛を手前に引くように軽くモミモミ。

股間に入り込み立てた脚を挟むと膝を使って小生の太ももをスリスリ。指先は付け根をスリスリしたあとひたすら乳首、もちろん乳首へはダイレクトでクリクリ。一応密着ですが「ウ~ン」と言う感じ。

じっくり乳首が終わり、そろそろかと思っていると下腹部に跨ってデコルテをスリスリ、空いていた両手は折角なので、とセラピストさんの脚に置かせていただくと・・・

「手を拡げていただけますか」、手を動かしてもいないのに・・・と思っているとセラピストさんも徐々に両手を拡げ、最後は抱きつくように覆いかぶさりピタッと密着、その態勢から片手で首筋モミモミ。

起き上がり再度乳首をクリクリ。下腹部に腰を下ろしているセラピストさん、疑似〇〇〇になりそうでならない・・・当たりそうで当たらない、さり気なく腰を動かしてみるも・・・

すると「掴まってください」と上体を近づけてきたので、もしや、と背中に手を廻すと・・・

抱きかかえ起こしてくれるとそのまま座位もどき、が、ここでもポジションが悪く、腰をクイクイと動かすには・・・セラピストさんは首に手を廻し抱きつきながら肩、首をスリスリ・クリクリ、でお時間。

何事もなかったようにサッと離れ、立ち上がりシャワーの準備へ。
横に合ったオイルウォーマーを持ち上げてみると、使用量は半分以下100㎖使っていないかと。

すると声が掛かりシャワーへ。

サッと流そうとするも落ちはイマイチ、どうやら水溶性ではないのか、それにしてはオイルに粘りがなかったような・・・なんて思いながらソープで二度洗い。

タオル巻いてドアを開けるとまだ水着姿のセラピストさん、ちょっと得した気分も部屋に入ると入れ替わりにシャワーの片付けへ。

一人着替え、テーブルの上のお茶を見ると差し替えられた様子はナシ。着替え終わった頃に声が掛かると扉が開いたのでお茶でも進めるかと思いきや部屋へ一歩入っただけ・・・

まぁ長居は無用と、バックを持つとセラピストさんは玄関へ。
そのあとをスタスタと付いていき開けてもらった玄関を後に、振り返る間もなく玄関の閉まる音が・・・

紙パンツ
横スカ
kuroyoko

所要時間
86分

独り言
個室ヨガの入会金払えたなぁ。

2
お宝が眠っていそうで・・・

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩6分

訪問日 
2018年4月

訪問回数
初回

コース
アロマディープトリートメントコース

料金
100分21,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常22,000円)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
ベットマットレス

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
黒ワンピース施術着

施術
情報がほとんどないホームページ、オープン当初から気になっていました、いつ情報が増えるんだろうと・・・いつになっても増えない、増えそうにないので訪問を決意、それなりの料金ですから何かあると勝手に思い込んで電話してみると・・・

数回コールしても中々出ない・・・切ろうかと思ったその時「はい・・・」おそらく店名も言ったと思われますが聞き取れず、こちらから「某サイト見たのですが」で会話スタート。
希望の時間を伝え、空き状況確認するとそれに近い時間で予約可能と言うのでコースと時間を伝え、予約。すると目印のコンビニを案内してくれ、予約時間の数分前に電話してほしい、とのとこで予約完了。

案内の通り、指定のコンビニから電話すると近くのマンション、ですが案内はかなり詳しくしてくれました。オートロックを解除してもらい指定階へ。

ドアの並びはワンルームのそれ、その一つのチャイムを鳴らすとやや間があってドアがガチャリ。
エスティシャン、って感じの制服でお出迎え。玄関のスリッパ突っ掛け奥へと進むと・・・シングルソファが同じ方向に向けて2脚。その一つに腰掛けるとセラピストさんはお茶の準備へ。

すぐにグラスがサイドテーブルに。それを一口啜るとコースの確認があり、すぐに会計、流れからオプションは無さそうで一安心。すぐに着替えを促され、ソファの前にバスタオルを置かれ、セラピストさんはシャワーの準備へ。

定番の衣類カゴはあるもののハンガーはナシ、仕方なくズボンも衣類カゴに入れてそこにあった貴重品袋を持って、声を掛けると扉が開きシャワー室へ。

サッと浴びて洗面台横に置かれた紙パンツの包みを拡げるとノーマル。
ちょっと浅めに穿いて準備完了、バスタオル巻いてドアを開けると・・・あれ、セラピストさんがいない、そして部屋への扉も閉まっている、もしかして・・・

ワクワクしながら「いいですかぁ」とドアを開けると・・・ごく普通の施術着のまま・・・
バスタオルはセラピストさんに渡してマットへゴロンと俯せに。

ベットマットレスにしては寝心地は良い感じ、枕抱えて態勢整えるもカガミはナシ、衣装チェンジもなくこの料金・・・ってことは施術の中に他では味わえないものが、と期待。

全身タオルで覆われるとスッと腰に跨り、揉み解しから。
強めにグイグイと背中を手のひらで圧し揉み。
足元に移動して脹脛から太ももを軽くグィグィっと。

ここで「オイル」の声。

施術部位のタオルを捲り、足首を膝で抑えるようにすると手にしたオイルをポタポタ・・・、これが冷たい、冷蔵庫に入れておいたのかと・・・でも話から意図的に冷やしていたようではないようで・・・

手のひらでオイルを馴染ませる、ってことさえできてないようでは・・・

脹脛から太ももまで、その冷たいオイルがポタッ・ポタッ、そのたびにピクッ・ピクッ・・・
そのオイルをセラピストさんがサァーっと拡げるとフワァーっと温かに、体温が高いのか、すぐにホットオイルを延ばしているような感覚。これなら最初から馴染ませておけば・・・ちょっと勿体ないです、そのくらいの『手』です。

脹脛から一気に臀部へと温かな手のひらがロングストロークでオイルを拡げていきます。
続いてショートストロークで脹脛をしっかり、さらに太ももから臀部を撫でまわすと指先が割れ目へ・・・ちょっと昔を思い出しましたがそこまでは入らず太ももへ。

ここでカエル脚に。

曲げた膝あたりに位置取り、腿から臀部へ冷たいオイルをタラタラ、ヒヤッとするもすぐに手のひらでサァーっと・・・するとあら不思議・・・太ももから臀部をスリスリ。

太ももに跨ると臀部を撫でまわした後、グイッと股間から付け根へ、もちろんガツーンと、さらに腰から鼠経部へ、こちらもガツーンと、結構きます。

腰に跨ると背中をグイグイ、この辺りのストロークは単調・・・密着はなし。

ここで四つん這いに。

膝をつき、尻を突き出し少し脚を拡げ態勢をとると、「疲れたら言ってくださいネ」・・・どんだけ長くやるんだろうとワクワク。その隙間にセラピストさんが入り込みオイルが付かないようにするためか腰にタオルを掛けます。

両手が股間にグィっと入り込み鼠蹊部をクリクリ、愚息は両手前腕に挟まれるように・・・ズンズン・ズンズンと元気にしてくれます。続いて股間に手を差し入れ、下から持ち上げるようにフワフワっと・・・優しく温かな手のひらがジワーっと、なぜか落ち着きます。

その手のひらがスリスリと前後に出し入れ、触れるか触れないか、絶妙なタッチ。

イイ感じで仰向けに。

漸く見えた、と思ったとたんに足元へ。
足首を両膝で押さえるような態勢で膝下から膝上をスリスリ、施術の中にサラッと「おっ」とか「ドキッ」とかがあるといいのですが・・・良くも悪くもメリハリのある施術。

膝を立てると膝から太ももへ、スリ下ろし。ここも勢い余ってガッツンなんてことは無し。

ここで仰向けカエル脚に。

曲げたほうの脚の腰横あたり、小生の手がセラピストさんの腰に手が届く位置に・・・
手をどうしようか葛藤が・・・すると内腿に冷たいオイルがポタポタ、これでジッと我慢することに。

冷たいオイルを温かい手で内腿から付け根、鼠蹊部へサァーと延ばすと、小刻みにカチン・コチン、ストロークを重ねるごとにガチーン・ゴチーン、かなりキマス。

曲げた脚を伸ばすと、鼠経部というか紙パンツ廻りへの集中砲火・・・
ノーマルTでは残念ながらダイレクトでの事故率は・・・

股間に移動するとポタポタと紙パンツ周辺に、それを優しく手のひらで延ばすと、今度は両手で一気に撫でまわし・・・ニュルニュル・サワサワ・・・スリスリ、ガンガン・ガンガン・・・
続いて片手で付け根、もう一方で下腹部・・・勢い余って紙パンツの上を手のひらが滑っていったり・・・

手の動きが止まり、膝立ちになったので・・・くるか、と思ったら「お時間です」とシャワーの準備へ。

すぐに戻ってくるとシャワー室へ案内。
サッと浴びてドアを開けると・・・そんな気はしましたが、いない。部屋への扉を開けると次の準備中。

準備ができたのか、入れ替わりにセラピストさんはシャワーの片付けに。
小生は一人着替え、テーブルを見ると差し替えられた形跡の無いお茶が・・・
シャワーの片付けも終わったセラピストさんが部屋に。

一言二言言葉を交わし玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
97分

独り言
うーん・・・10分あたり2000円超の店、ならもう少し露出とか密着とか欲しいところ、施術的エロ度も微妙。手は使い方によってお宝級も、まだ他にもとっておきのお宝が蔵のなかに??

2
アロマオイルと戯れたい・・・
いまや都内有数の激戦区、自由が丘

最寄駅 
東急東横線自由が丘駅
徒歩5分

訪問日 
2018年4月

訪問回数
初回

コース
90min

料金
90分15,000円(ネット割引2,000円+LINE友達登録割引1,000円、通常18,000円)
リンパプラス10min1,000円
指名なし(指名料1,000円)
入会金記載なし
支払総額16,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対女性スタッフ

店舗
雑居ビル、ワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
レトロなバストイレ一体ユニット

セラピスト
胸元のカットが深いノースリーブに紺のタイトミニ(色違いホームページ画像)

施術
某サイトへの掲載店だけでも10軒となった自由が丘周辺、この激戦区へ参入するとなれば当然期待できるものと早速電話・・・
女性スタッフが淡々と店名応対、聞きようによっては無愛想なだけですが・・・こちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。

希望の時間を伝え、空き状況を確認すると希望の時間で予約可能と言うのでコース時間と予約名を伝え即予約。ホームページでの案内を確認し、そこから2分前に電話してください、とのことで予約完了。

2分前に電話すると、同じ口調で店名応対。予約名伝えるとやや間があって現在地の確認、そしてマンションへの案内。

すぐ近くのマンション、看板には他のエステ店も入っている??雑居ビル。そして見上げると・・・イヤーな予感、外階段しかない。

息を切らしながら指定階に到達すると、ドアには階数も店名表示も何もない・・・恐る恐るチャイムを鳴らすと・・・暫くして扉が開きホームページで見たような衣装のセラピストさんがニコリとお出迎え、これにはホッと一安心。

靴を脱ぎ、揃えてあったスリッパ突っ掛け奥へ。
片隅のソファに腰掛けるとセラピストさんが「上着を」とハンガーに掛けてくれます。そして同意書らしきものに署名を、促され飲み物の用意へ。

薄暗い中、よく読まずに署名だけすると冷たいお茶がサイドテーブルに。
続いてコース時間の確認、そしてオプションセールス。予め、ホームページでチェックしていたオプションはリンパプラスとリンパバブルプラス、そこからリンパプラスを10分お願いして会計。

マットに置かれたタオルを指し、着替えたらと、と玄関のほうへ。
廻りを観察しているとロフトっぽい造り、せっかくの窓も段ボールで目隠したうえで布張り、完全個室のためには仕方ないのかも・・・サッと全裸になりタオルを巻いて声を掛けると衝立の向こうで待機していたセラピストさんが「狭いですが・・・」とタイル張りのシャワールームへ。

冷たさを感じるタイル張り、バストイレ一体ですがどことなくレトロな雰囲気。
バスタブ内でシャワーを浴びて洗面台に置かれた紙パンツ穿きドアを開けると・・・

残念ながら衣装チェンジはナシ、タオルを渡すと「俯せに」と。
俯せになり枕を抱え態勢をとるとタオルを全身に掛けてくれ、揉み解しから。

腰横から背中から腰をグイグイと結構力強くしっかりと。
足元に移動すると脹脛から太ももへと、ここも力強く、思わずウッと声が出てしまうくらい。
タオルを捲り臀部も揉み解しますが、期待するところに指先は届かず。
こういう時は時間も長く感じるもの、カガミでもあれば暇つぶしになるのですが・・・

するとオイルの声が。

訪問の決め手、「2~3倍」のアロマオイルにワクワク。
タオルを捲られると膝でくるぶしを挟む態勢、これではお楽しみの感触はナシ。

脹脛から太ももにポタポタ・ポタポタっとオイルが・・・
今流行り?のステンレスボトルから手のひらに、そこから垂れ落ちる温かなオイル。
でもサラサラ、なのはちょっと残念。

垂れ落ちるオイルを片手で撫で拡げるとボトルを置いて両手で一気に脹脛から臀部へ。
サラッとした温かなオイルが脚全体に心地よさとともに拡がっていきます。
そして、肝心の指先も・・・しっかり付け根を押さえて臀部へと、ワクワクさせてくれます。

膝を曲げ、足の甲を谷間で押さえてグイッとストレッチ。

カエル脚になるとセラピストさんから「これから鼠経部に・・・」、これがオプションなのか、と思いながらもワクワクドキドキ。

股間に入り込むとまずは臀部にオイルタラタラ、イヤラシク臀部を撫でまわしオイルを拡げるとニュルニュルになった股間へ腕を差し込み、紙パンツ周辺を弄り、あちこちぶつかりながら手を引き抜くと、今度は腰から腕を廻して下腹部からニュルニュルの紙パンツ周辺をクリクリ。
意図してかはわかりませんが、ときにスナップを利かせ程よく刺激を与えてくれます。

太ももに跨ると腰から背中をグイグイ、ここでは正統派?背骨に沿うようにグイグイとそこそこの圧、これは気持ちイイです。すると覆いかぶさるようになり耳元で「お疲れさまでした」

まさかの俯せのみ??・・・すると「オイル拭き取りますね」と続いての一言が。

ホットタオルで押さえる程度に拭き取ってもらい仰向けに。

漸くセラピストさんが見れる、と思うもすぐに足元に座り込み膝下からスリスリ。
ショートストロークで太ももを流すとその手は付け根から鼠経部へ。

グッと股間に膝を詰めるとオイルを手に内腿からじんわりと付け根へ。付け根を親指でなぞり上げると人差し指・中指で紙パンツの縁を・・・ヌルヌル、水溶性とはいえ施術する指の走りはよく、勢い余ってあっちにいったりこっちにいったり、思うように制御ができないようで思わぬハプニングも。

さらに膝立ちになると指先は鼠経部から下腹部へ。体重が掛かり適度な圧となりトリートメントとしての心地よさも。もちろんセラピストさんの表情も見えるようになり、指先がキワドイところを責め始めると小生の脚もモゾモゾと・・・

太ももに跨ると見下ろされながら乳首クリクリ。視線そのままに指先は徐々に下へ進みながら、こちらの表情の変化を楽しんでるかのように・・・

指先はさらに下へと進み紙パンツまわりを集中攻撃、そしてその指先の動きが止まり抱きついてくるので、これは、と期待し、手をどうしようか迷っていると・・・

耳元で・・・「お時間です」

サッと立ち上がり、すぐに戻ってくるとホットタオルで足裏を拭き取りシャワーの準備へ。
起き上がり周囲を見渡すとステンレスボトルが2本、持ち上げてみると1本は空、もう1本はフル、ボトルの容量から300mlくらいは使用しているのかと・・・ということでホームページの謳い文句に偽りはなさそう。けれども水溶性、たっぷりというには・・・

セラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。チラッとキッチンを見ると5Lノイル容器2つ・・・
ボディソープでサッと流して扉を開けるとセラピストさんは次の準備中。

着替え始めるとセラピストさんは見えないところへ。サッと着替えサイドテーブルを見ると・・・お茶は差し替えられておらず、そのままに玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
organic spa

所要時間
94分

独り言
色々と残念なところがあり、密着度も露出度も高くないですがこの料金でこの施術なら。
流行り?のステンレスボトルもいいのですが、セラピストさん自らの体温でピチャピチャとイヤラシイ音を立てながら温めるのも捨てがたいです・・・
水溶性でタップリを演出するにはドボドボと垂らすしかないのでしょうね、それでもサラッと流れてしまいますが・・・
これからが楽しみ、目が離せないエリアです。

↑このページのトップヘ