しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2018年02月

1
クールな大人っぽさを実感してみたくて・・・

最寄駅 
JR新宿駅
徒歩10分

訪問日 
2018年2月

訪問回数
初回

コース
Luxuryコース

料金
90分18,000円(オープニングキャンペーン2,000円割引、通常20,000円)
指名なし(通常1,000円)
入会金記載なし
支払総額18,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対女性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
ベット

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
シースルーのパレオ、アンダーは水着

施術
電話をするとやや間があって女性スタッフ?セラピストさん?が店名応対。
希望の時間を伝え、空き状況を確認すると予約可能というので、コース時間を伝えると「コースはどちらに」、即答しようと思いましたが念のため、「何が違うの?」と聞いてみると・・・
「露出が多くなり密着が増えます」との答え、ですが先日電話した時は「Standardは普通のマッサージ、Luxuryは〇〇っぽい〇〇で施術します、そして密着もあります」、言葉は自粛したのかと勝手に解釈してLuxuryで予約。場所の案内はホームページ、時間丁度に電話してほしいとのことで予約完了。

ワクワクしながら駅から歩くも・・・遠い。
指定場所周辺には怪しげな人たちが・・・ひたすらスマホ画面を見て何かしている。
どうやらメンエスの時間調整している人たちではなさそう・・・

指定場所から電話すると、すぐそばのマンション、部屋番号教えてもらいマンションへ。

オートロックを解除してもらい中に入ると、1階ロビーが・・・場所間違えたかと。
エレベーターで指定階へ、ドアの並びはワンルームのそれ。
部屋の前に行くと・・・扉が開いている、が、そんな話は聞いてない、それに開ける勇気も・・・ない。いつもよりドキドキしながらチャイムを鳴らすと・・・すぐにセラピストさんが中からニコリ。

ちょっと小生のイメージとは違いましたが・・・
それよりも目に飛び込んできたのは衣装・・・透けてます、花柄ですがスケスケです。
最初からコレってこの後は・・・なんて期待ワクワクしながら部屋の奥へ。

奥にはお洒落な二人用ダイニングテーブル、そしてベット・・・シンプルでお洒落な部屋です。
セラピストさんがコートを掛けてくれ、差し向かいで椅子に腰掛けると自己紹介、そしてクリアーファイル開きながらコース・時間の確認、最後にドリンクメニュー。温かいお茶を頼んで会計。

するとカルテへの記入を促され、お茶の準備へ。
疲れているところや施術中の会話などと同意書らしき署名欄にサインをしたところにお茶が出されて一口。カルテを見ながら簡単に問診、そしてシャワーの準備へ。

すぐに戻ってくると脱衣カゴと貴重品袋を持って浴室の前へ。
そこでスポンジと紙パンツ、そして着替え終わったら「これで」とコールベルの案内もあり、一人に。
玄関前で全裸になり、シャワー室へ。バストイレ一体ユニット、なぜか便器の蓋が開いています。
バスタブに入り、カーテン閉めてシャワー、ボディソープは『40才からの・・・』があったのでそれを使ってゴシゴシ、洗面台に置いたタオルを取り、サッと身体を拭いてシャワー室の外へ。

ワゴンの紙パンツを見ると包みがいつもより小さい・・・ワクワクしながら開封すると、久々の小タイプ、緩めに穿いて準備完了。コールベルを鳴らすと「はぁい」とセラピストさんがお迎えに。

その姿、最初と変わっていない。そのスケスケのは・・・このあと脱ぐんだろうと勝手に解釈してベットに俯せ。

小さめの円形枕と大きめの枕がベットの上にあったので、小さめの枕を額に、大きめのを胸に当て準備完了、すると丁度いい感じに。

セラピストさんから声が掛かり、「そういえばアロマ何がいいですか」とアロマ選択、いつもは面倒なので「無香」なのですが、とっさに出たのが「ラベンダー」、幸いにも置いてあるようで「はい」。

セラピストさんが横に来ると優しくタオルを掛けてくれ、まずは揉み解し。
「失礼します」と臀部に跨って、腰・背中をグイグイと結構強めに、意外と気持ちイイ。

そして尾骨に・・・微かに触感が、でもスケスケの布らしきものもあたっている。
折角の衣装もカガミがなければ・・・

少し前方、腰辺りに移動して背中から肩をグリグリ、たまに覆いかぶさるような感じがするも密着はナシ。
足元に移動すると・・・いつもの感触がない、足横のベットに腰掛けたらしく、そこから脹脛をモミモミ、太ももモミモミ・・・指先は付け根手前まで。

「それではオイルにしますね」と脚に掛かったタオルを捲り、脹脛からオイルをサァーっと。常温のオイルは最初冷たく感じるも、すぐに慣れて手のひらの温かさを感じるように。ショートストロークで膝窩までクリクリ・クリクリ。

膝窩から付け根へとオイルを拡げるとショートストロークでクリクリ・クリクリ、指先は確認するように付け根もクリクリ。キワドサも爪が当たるので・・・

ここで「ホットタオルでオイル拭き取りますね」

早いな、と思ったものの密着するにはベトベトじゃないほうが、なんて勝手に想像してワクワク。
温かいタオルでサッと拭き取ってくれ、背中に掛かっていたタオルを今度は臀部から脚へ。

タオルを掛けた臀部に跨ると腰から背中をスリスリとアッサリ。
ここもホットタオルで拭き取って仰向けに。

ベットに腰掛け、足横から脛をスリスリ。衣装を見ると・・・布は羽織ったまま、照明はさほど暗くなってはいないのでその下は見えますが・・・微妙。

そして指先は、もっと微妙。

察したわけではないでしょうが「失礼します」ベットに上がり股間に。
内腿から付け根へスリスリ・・・そして前腕で鼠蹊部グリグリ・・・

指先で会陰をグイグイ・グイグイ、ちょっと爪が気になりますが・・・
付け根スリスリ、会陰グリグリ・・・の繰り返し、すると、いつの間にセットしたのかタイマーのベルが。

セラピストさんが「お時間あと5分ほどです、ご希望の箇所ありますか」。
これに「アソコ」とは言えず「今のままで」。

すると引き続き、鼠経部スリスリ・スリスリ、たまに会陰グリグリ、でお時間まで。

ホットタオルでサッとオイルを拭き取ってもらうとセラピストさんはシャワーの準備へ。
すぐに戻ってきて渡されたタオルは・・・そのタオル、湿っている。

サッとシャワーを浴び、玄関前で一人着替え。
その間にセラピストさんがお茶を差し替えてくれたようで「どうぞ」をテーブルに手招き。

折角なのでと、椅子に腰掛けお茶を飲みながら雑談。一所懸命に取り組んではいるようで・・・
お茶を飲み干したところで玄関へ。お迎えの衣装のまま笑顔でお見送り。

紙パンツ
小Tバック
小T

所要時間
97分

独り言
Twitter見てワクワクしながらの訪問も・・・
電話口で密着謳っていましたが、それはこの店のStandardと比較してってことなんでしょうね。
オペレーションも施術も微妙でしたが、これから・・・なぜか気になるお店です。
今回はオプション頼みませんでしたが、メニュー見ると施術時間も延長というメンエスでは珍しいタイプ?、普通に延長よりパウダーで延長のほうが安上がり?これも気になります。
一所懸命だったセラピストさん、気になりついついホームページ覗いてしまいます。

2
池袋が激震していると聞いて

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩7分

訪問日 
2018年2月

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分13,000円(新人割3,000円割引、通常16,000円)
指名料0円(新人割で初回無料、通常2,000円)
入会金無料(通常1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対男性スタッフ

店舗
一軒家

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミ有

シャワールーム
自然光の入る明るく広いバスルーム

セラピスト
Tシャツ、フレアミニ(ホームページ画像)

施術
電話をするとすぐに店名応対、気になるセラピストさんの空き状況を確認すると希望の時間で予約できるというので即予約。するとコース時間、そして目印の場所を言われ「わかりますか」。
さすがに「エステビルの傍ですよね」とは言えずにただ一言「はい」で、予約完了。

指定時間の3分ほど前に電話すると「店名+予約名で電話応対」、そこから電話しながら道案内。
わかりやすい場所ですが家まで電話で丁寧に案内してくれました。

家の前でチャイムを鳴らすと・・・インターフォン越しに何か言われましたが聞き取れなかったので予約名を名乗るとドアがガチャリと開いてセラピストさんがニコリとお出迎え。

揃えられたスリッパ履くと・・・
セラピストさんはサッサと階段へ、これはラッキーと思い期待しましたが普通に後ろから昇っても見えるものではありません、もちろんセラピストさんも見せるものでもないでしょうし・・・とは言え、のっけから覗けないですし、仕方なくフレアスカートから伸びた脚を眺めながら階段へ。

もやもやとした気分で3階まで昇ると・・・ちょっと息切れ。

案内された部屋は6畳ほど、シンプルでマットと横に大きなカガミ。
着ていたコートを預けて椅子に腰掛けると仰け反って後ろに倒れそうに・・・これは要注意です。
すぐに冷たいお茶らしきものがサイドテーブルに。

コース時間の確認をして会計、一応オプションは無いのか聞いてみましたが、「ありません」とのこと、これでこの部屋なら今のところ大満足。

すると「これ着てください」、定番の籐籠に入っていたのはバスローブ。
「他に掛けるものありませんか」に「ない」と答えるとシャワーの準備へ。

サッと脱ぎ、衣類を椅子に置き、バスローブを羽織るとセラピストさんがスゥーっと扉を開けてお迎え、階段降りてシャワー室へ。

さっさと降りていくセラピストさんの後をへっぴり腰で壁に手あてながらなんとか降りるとシャワー室は2階に。

洗面スペースでバスローブ脱ぐと「寒い」、すぐに暖房が入った浴室へ。
そこは暖か、もちろんシャワーも出ていて・・・軽く流し、浴室内で身体を拭き、洗面台横に置かれた紙パンツの包みを開けると・・・「!!」

「横スカ」というより「フンドシ」って感じで大きめ、穿いてみるとスカスカ・ユルユル、形状をよく見ると普通の横スカ、包みも筒状ではなく折ってあるのでおそらくサイズが大きいだけのよう・・・

緩々の紙パンツ、その腰ひもを少し下ろし気味に穿いて準備完了、バスローブ羽織い、扉を開けると待機していたセラピストさんはサッサと階段に。

この角度とスカートの丈、見えそうで見えない絶妙な関係なのかも、でも数段おけば・・・もトライせず。

部屋に戻るとタオルをセラピストさんに渡し、バスローブを脱いでマットへ俯せに。

タオルを掛けられると膝で小生のくるぶしを押さえる感じ、スカートの裾が触れる程度でお楽しみはナシ、室温も力加減も確認はなく淡々と・・・最初は脹脛からグイグイとちょっと強めの圧、しっかりと膝下を揉み解すと膝上へ、ここも強めにグイグイ、圧しどころによってはちょっと痛い・・・

続いて、タオルの位置をずらしてその上、臀部に跨りグイグイ。結構強めも手のひら全体で圧を掛けているので痛いというよりは心地よい感じ。お楽しみの感触はタオルの上でさほど動かないからか、皆無、まだまだ始まったばかり・・・

ここでオイルに。

施術部位に掛かっていたタオルを捲ると手にしたオイルを脹脛に、優しく撫でるように拡げます。心地よい温かなオイルが脹脛に拡がり、なんか「あぁぁぁぁ」って感じ。

入念に脹脛から膝窩までショートストロークでスリスリ。
そのままの態勢で太ももへ、こまめにオイルを手にして優しくオイルを拡げます。脚全体にオイルが拡がると脹脛から一気に太ももへ。このとき、指のたて方によって爪が当たる、痛いほどではないが気になる・・・伸びた指先は臀部まで進み、引くときには割れ目から付け根を通り脹脛へ。

股間に入り込むと態勢そのままに鼠蹊部へと手をねじ込みクリクリ。寝そべったままなので傾いているほうに手を差し込むと・・・そりゃこの紙パンツですから・・・。

臀部に跨ると腰から背中をスリスリ。ここでも爪が・・・。
こまめに手に取るオイルは温かくて気持ちイイです、後で見るとボトルはきちんとウォーマーに入れたまま、普通に使用していれば温かなんですね。電源コードが面倒なのかボトルを出したままにしちゃうと・・・意味ないですね。

スリスリが飽きてきたのでカガミを見ると薄暗い、カガミの位置もちょっと下で小生にとっては見えにくいですね。

すると仰向けの声。

グルっと転がり、仰向けに。その姿をタオルで目隠しするように見ているセラピストさん・・・なんだかなぁ・・・

股間に位置どると内腿からオイルをスリスリ、付け根をクリクリ、鼠経部をサワサワ。
一通り撫でまわすと、横に移動してカエル脚に。

セラピストさんの脚に小生の曲げたほうの膝を乗せると内腿から付け根へスリスリ、そして付け根をひたすらスリスリ、キワはあるのですがストロークが単調過ぎ。同じスピード、同じ幅、同じ圧・・・少しは変化が欲しいところ。

変化という点では一番大事なキワどさがここにきて増してきた、指先が付け根をクリクリ・クリクリ、袋の脇から鼠経部あたりまで指が動きます、が、爪が・・・

反対側に移動すると、そっちは傾いている方・・・付け根をクリクリ・クリクリと指先でなぞると必然的に・・・手の甲が活躍してくれます、もうキワと言うより・・・

股間に移動すると両手で両足の内腿から付け根とスリスリ、そのまま鼠経部、下腹部、そして乳首へと伸びていきます。同じようなストロークを数回繰り返すと片手は内腿スリスリ、そしてもう一方の手は鼠経部というかギリギリをスリスリ、ユルユル横スカ恐るべし。

そして傾いている方のギリギリを責めるので当然愚息も元気に、すると・・・
はみ出る⇒ジコる⇒もう一方の手で紙パン被せる⇒責める⇒‥‥‥の繰り返し、結構長く構ってくれました。

また鼠蹊部から下腹部、乳首をスリスリ・サワサワしながらクールダウン。
その手を動きを止めると股間からニュゥっと上体が、そして「お時間です」

片隅にあるタオルウォーマーからホットタオルを取りだして前面のオイルを優しく拭き取ってくれるとシャワーの準備へ。

すぐに迎えに来てくれ、バスローブ羽織って階下のシャワー室へ。
サッと紙パンツ脱ぎ捨て浴室に。シャワーで流すとオイル残りは感じらないもののソープで流そうとポンプを押すと繁盛しているようでスカッ・スカッと・・・繁盛しているようで。
手で擦りながらシャワーで流すだけに、洗面台に置かれたタオル取り、浴室でサッと拭いてバスローブ羽織りドアを開けるとワンテンポ遅れてセラピストさんが。

これがラストチャンスも見上げることなく部屋へ。
一人着替え、着替え終わるころにセラピストさんが部屋に。扉は開けたままで飲み物を勧められることもなかったので自ら掛けてあったコートを羽織り、「ありがとう」と一言。

転げ落ちそうな階段を壁に手を付きながら慎重に降り、玄関へ。
そこには靴が2足、キレイに揃えて・・・もちろんどちらが小生の靴か、わからなかったということではないのでしょうが・・・

自らの靴を突っ掛け、自らドアを開けて店を後に・・・

紙パンツ
横スカ
yoko

所要時間
90分

独り言
しっかりした研修、とか、香りのこだわり、とか満足頂ける接客、とか・・・今回はあまり感じられなかったですが・・・セラピストさんの在籍も多いようなのでこれからに期待です。

3
仕事運や金運を高めてくれる虎目石
パワーストーンならぬパワーエステとなるのでしょうか・・・

最寄駅 
東京メトロ赤坂駅
徒歩6分

訪問日 
2018年2月

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分15,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常16,000円)
指名料1,000円
Deep massage1,000円
Foamy massage1,000円
入会金記載なし
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
応対セラピストさん

店舗
マンションワンルーム

施術室
8畳ほど

施術台
ベッド

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
ワンピース(ホームページ画像)

施術
オープン当初から気にはなっていた店、最近セラピストさんも続々入店しているようなので電話してみると・・・

可愛らしい女性の声で店名応対、希望の時間を伝え空き状況を確認すると予約可能というので即予約。
ホームページ指定の場所から少し前に電話してくださいとのことで予約完了。

指定の場所から3分前に電話するとセラピストさんが道案内。
着いたマンションは場所柄かお洒落です。

オートロック解除してもらい、指定階に上がると・・・ワンルームタイプのマンションのようです。
チャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんが笑顔でいらっしゃいませ、とお出迎え。

胸元に視線が・・・「奥へどうぞ」に仕方なく自ら部屋のほうへ。

片隅の椅子に腰掛けると「コートお預かりしますね」とコートをハンガーに掛けてくれます。
そしてテーブルに置かれていた同意書に署名を促されます。一応目を通すも薄暗く何が書かれているかわからないものの氏名を記入。

そして室内を見渡すと低いベットタイプ・・・これにはちょっと嫌な感じが。
ベットの足元にはオイルウォーマーが一台、ということはタップリオイルというわけではなさそう。
そして横には大きなカガミが・・・なんて勝手に想像膨らませていると・・・
セラピストさんが「どうぞ」とグラスを手渡し、丁度飲み頃の温度でゴクリ。

目の前でコースの確認、そしてオプションセールス。
内容を聞いてみるとDeepは背面中心、FoamyとJelleは表面中心でアノあたりを施術してくれる、とのこと、3つとも考えましたがここはDeepとFoamyの二つをお願いして会計。
着替えを促され、合わせて衣類をハンガーに吊るすのはないか聞かれ「ない」と答えるとシャワーの準備へ。

サッと全裸になり椅子に衣類を脱ぎ捨てタオル巻いて準備完了。ここでセラピストさんが迎えにきてシャワー室へ。

明るくキレイな脱衣スペースですが寒い、ヒーターなどの暖房器具はナシ。タオルを洗面台に置いて浴室へ入ると暖か浴室暖房中。

サッと浴びて脱衣スペースは寒いので浴室内で身体拭いて、お楽しみの包みを拡げると・・・横スカ。
ちょっと浅めに穿いて準備完了、そして扉を開けると・・・笑顔で「お帰りなさい」

このタイミングでこの言葉は初めてですがイイですね。
続いてパウダーでの施術をどうするか確認が、これは遠慮するとセラピストさんは「お待ちください」とシャワー室の片付けへ。

この言葉にベットに寝転ぶわけにもいかず、椅子の上には脱いだ衣類が・・・仕方なくボケっと突っ立っていると暫くして戻ってきて「俯せでお願いします」

ベットに俯せになると・・・硬めのマットなのはよいのですが枕を胸元にずらそうとすると・・・動かない。下に手を入れ、どうなっているのか確認すると枕はビニールシートの下に・・・動かせません。

態勢が決まらないままモゾモゾしているとセラピストさんが「お待たせしました」と背中にタオルを掛けて揉み解しから。

腰に跨ると体重掛けてグイグイ、するといつものことながら「硬いですねぇ、鉄板のよう・・・」
横に移動すると大きなカガミを背にしてグイグイ、カガミを見ると力が入って腰が浮いてきたのか、もう少しで見えそう・・・

足元に移動すると足裏をアソコでしっかり押さえて脹脛から太ももを軽くモミモミ、でオイルに。

タオルを取り払うと脹脛からオイルを拡げていきます。手のひらで優しくサァーっと、するとオイルの温かさがじんわりと拡がりホッとさせてくれます。
その手は太ももから臀部へと伸びていき、付け根を少しだけ経由して脹脛へ。

脚全体にオイルが行き渡ると両手でロングストローク、そしてロミロミっぽくアルナプレスで心地よい圧がジワーっと。そのままセラピストさんの上半身が伸び小生に脚にピタッ、残念ながら感触は微妙。

臀部に跨ると腰から背中をエルフラージュでスリスリ、さらにここでも肘を使ってアルナプレスでグゥーっと。そして覆いかぶさるようにして肩から肩甲骨をグリグリ、ここでも微かにムニュっとした感触が。

横に移動すると優しくスリスリ、ときにグリグリ。ここでカガミをチラ見するも・・・見えそうで見えない。

足元へ移動すると膝を曲げてのストレッチ、足の甲に期待するものは感じず。

続いてカエル脚に。

足先をオマタで抑えて腰から鼠経部へクリクリ・クリクリ、股間から付け根へクリクリとここまでは比較的大人しめでしたが・・・曲げた脚を挟むとニーディングで内腿モミモミ、そしてその手は付け根から紙パンツ周辺を、クルクル、もちろん横スカならではのハプニングも。

股間から深く腕を差し入れると指先は遠目を通過するも肘はガッツン・ガッツン、もちろん偶然だと思いますが・・・

ここで仰向けに。

足先を太ももで抑えて膝下からスリスリ、そして膝上、付け根へとスリスリ・スリスリ。
股間に入り込むと内腿からスリスリ、そして付け根クリクリ、鼠径部サワサワ・・・
これはと思ったところで手が止まり・・・

ここでバブルに、すぐに準備ができ足元へ。

両手で掬いあげた泡を下腹部に置くと・・・ちょっとヒヤっ、これは最初だけ。さらに乗せていくと温かさも感じるように。乗せた泡で紙パンツを覆い隠すように両手で拡げるとその泡を動かすように軽くサワサワ。
周辺をサワサワしていると横スカならではのあんなことやこんなことが。

さらに泡を手にしたセラピストさん、その泡を乳首へ。
泡で隠すように乗せると指先でクリクリ・クリクリ、そして手のひらで触れるか触れないか、先っちょをスリスリすると、同時に肘あたりが挟むように・・・

腰横に移動、小生の手に当たるように座ると泡を足しながら内腿から付け根へとスリスリ。
紙パンツ廻りを片手でサワサワしているともう一方の手で乳首をクリクリ。

今一度股間に移動すると、両手の指先は付け根からへその横を通過し、乳首へ。
両腕はダブルエルボーで鼠経部、そして挟むようにスリスリ・スリスリと絶妙な位置を・・・結構キマス。

これは、と目を閉じ集中しようとすると・・・
「ありがとうございました」

手をひいて上体を起こしてくれるとシャワーの準備へ。

何とか起き上がりスリッパ突っ掛けシャワー室へ。
脱衣スペースは相変わらず寒い・・・、すぐに紙パンツ脱いで浴室に入りシャワーを。ノイルなのかオイル残りはナシ、そして泡のピリピリ感もなし、サッと洗い流すと浴室内で身体を拭いて扉を開けると・・・
「お帰りなさい」

一人着替え、着替え終わるころに新たに淹れた温かいお茶を手渡し、一口啜って暫し雑談。
時計をチラ見すると予定時間を回っているようなので自ら玄関へ。

靴をつっかけたまま自らドアを開けてエレベーターへ。

紙パンツ
横スカ
yoko

所要時間
94分

独り言
接触度合いは高いですが密着度は・・・
オペレーションにも不安が。
オープン当初からセラピストさんが続々と増えたので、部屋数も増えれば・・・
マットでの施術、バストマットとかフェイスマットとか工夫しているところもあるのに、固定しているのは・・・

↑このページのトップヘ