しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2017年07月

2
マジックミラー号は大好きなんですが・・・

最寄駅
小田急線下北沢駅
徒歩6分

訪問日 
2017年7月

訪問回数
初回

コース
Ondemand コース

料金
105分17,000円(某サイト見たで15分延長、通常90分)
Deep2,000円
ホットオイル2,000円
ネット指名無料(本指名2,000円)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
明るいバスルームも排水は・・・

セラピスト
白Tシャツにタイトミニ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと切り出し、空き状況確認すると希望に近い時間可能とのこと、
延長サービス確認したうえ、コース時間を伝えて予約。
すると指定の場所からは1,2分なので、2分前に電話してほしい、とのことで予約完了。

2分前に電話すると「はい、〇〇様・・・」と応対、指定の場所に着いた旨伝えるとすぐのマンション。
オートロックを解除してもらい、中へ入ると扉が開く音が・・・
セラピストさんがニコリとお迎え、視線はスラリと超ミニから伸びた脚に。

最近多いのか、玄関あがるとそこは施術室、なんか落ち着きませんが・・・
片隅のソファに腰掛けると飲み物の用意に、すると階段を降りていきます。

色々なお店を利用させていただいていると当然でしょうが色々な間取りがあるものですね。
もちろん階段があるのでこの後の展開にワクワク。

すぐにお茶が運ばれてきたので一口。
するとコースの確認、15分延長サービスも伝わっているようで「ホッ」、そして会計。
オプション楽しみにしていた小生、すかさず「えっ、オプションは?」
すると意外そうにセラピストさんはサイドテーブルに置いてあったオプションメニューを見せてくれます。

そのオプションの種類、覚えていませんが10種類はあったかも・・・
そのなかで気になったものを聞いてみると

アイマスク
セラピストさんを目隠しするの?⇒お客様に着用していただきます

手錠
セラピストさんをかけていいの?⇒お客様にかけます・・・これでどうするのか聞きそびれましたが。

タイツ
これは破らせてくれるの?⇒セラピストさんが穿くようですが破らせてはくれないようです。

いずれも1,000円だったと思います。
どれも非日常の空間、ココロの隙間埋めるには充分???かと・・・

もちろん定番のホイップ、ホットオイル、Deep等々2,000円と書いてありました。

その中から無難なDeepとホットオイルをお願いして会計。

着替えを促され、セラピストさんはシャワー室の準備へ。

全裸になり、バスタオル巻いて準備完了。
すぐにセラピストさんが迎えにきて階下のシャワー室へ。

シャワーのお湯が出ていなかったもののすぐに湯温も水圧も調整でき、サッと流します。
すると・・・お湯を出していなかったのは排水が悪いから??

サッと浴びて洗面台の上を見ると見慣れない色のものが・・・
2種類あり一つは定番らしき包み、そしてもう一つは初めて見る色。
ワクワクしながら包みから取りだすと、横スカ。
生地は厚いものの幅は狭い、穿いてみると、事故率増しそう・・・

タオル巻いて扉開けるとセラピストさんが待機していて階上の部屋へ。
タイトすぎて普通に後ろから階段昇っているだけでは期待するものは見えません。

タオルを渡し、お茶をひと口飲んでマットに俯せに・・・
が、この抱き枕みたいなもの、苦手です。
態勢が固まらないうちにセラピストさんが戻ってきて施術開始。

全身覆うようにタオルを掛けられると腰に跨り揉み解し。
態勢がまだ固まらず横を向くと・・・

カガミに映っているのはスカートがずり上がって下半身露わなセラピストさん、
もちろんこれで態勢が決まり。目の保養に適度な明るさもあります。

腰に跨った感触はタオル越しのせいかイマイチ、施術は結構強揉みでイタ気持ちいい。
肩から背中、腰と時間を掛けた揉み解しが終わると足元へ。

脹脛あたりに跨ると太ももをグイグイと圧し揉み、指先はごあいさつ程度に付け根へ。

続いて頭のほうに背を向け太ももに跨ると脹脛をグイグイ、
手のひらでの圧し揉みもちょっとズレてるからか痛いだけ。
「痛い」と言おうか、迷ってカガミを見るとそこには捲れ上がって丸出しの・・・
首が痛くなりました。

ここでオイルに。
オプションのホットオイルは、メンズエステのヒット商品オイルウォマーを使っているようです。

タオルを取り、腰に跨るとポンプから温まっているはずのオイルを手にしたセラピストさん、
「あれ、温まっていない・・・」
手に取ったオイルを手の中で揉むように温めて、「どうですか」と背中へ。

背中に拡げられたオイル、残念ながら温かさを感じるには・・・
それでも施術を続行するセラピストさん、
ホットオイルは温まってもセラピストさんの体温まで、ということのようで・・・

背中をグイグイ、スリスリと全体に拡げていきます。
ホットオイルと言うことだけでたっぷりオイルではないようです、
というか、いまどきからすると少なめかも・・・

手を後ろに取られるとその手の上にセラピストさんの太ももが。
その態勢で肩甲骨周辺をグイグイと圧すと、小生の指にはハリのある太ももの感触が・・・

足元に移動して脹脛に跨ると太ももから臀部をスリスリ、たまに付け根へ。

後ろ向きで太ももに跨り、脹脛。
ここも目の保養タイム・・・

横に位置取りカエル脚に。
かなりスカスカしているはずですが事故は起きず、
ひたすらサワサワ攻撃、くすぐったくピクピク動くのを勘違いしたようで終始サワサワ。

するとセラピストさん「次4TBできますか?」

4TB??・・・

一瞬考える間があって、四つん這いに。
股間に入り込むとここでも臀部をサワサワ、サワサワ。
後ろから覆いかぶさるようになり乳首をクリクリ。

そして股間に手を差し込む鼠経部グリグリもDeepというほどには・・・

ここで仰向けに。
横に位置取ると小生の手を取り、その手をセラピストさんのお股に・・・
絶妙な距離、届きそうで届かない距離。

腕を揉みながら、「乳首感じますか」に小生「あまり」・・・
するとデコルテから腹部をスリスリ、サワサワ、さらに下腹部へ。

太ももに跨りデコルテ、両手でスリスリしていると同時に腰も動き、勘違いしそうな感触。

横に移動すると小生の腕を頭で抑えて添い寝。
下腹部から内腿、この紙パンツならもう少し欲しいところ。

ここでいつの間にかセットされていた無情の音が・・・
サッと起き上がりタイマーを止め「お時間です」、とシャワー室の準備へ。

すぐに戻ってきて階下のシャワー室へ。
自らシャワーを出してサッと浴び、待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

着替えている間もサポートはないものの部屋で片付けしながら雑談。
着替え終わるととくにお茶を勧められることもないので玄関に。

時間が過ぎているのかとイソイソと外へ。

紙パンツ
横スカ(従来タイプより前面幅は狭く、後面は広い、前後幅ほぼ同じ)
aoyoko

所要時間
97分

独り言
久々に新しい紙パンツとの出会い、ワクワクします。
どこからが、何がDeepだったのか、いつも思います
ホットオイルは・・・
時間は、まぁ10分近くサービスしてくれたと思えば・・・
カガミは大きく、位置・角度とも見やすく設置されています、
室内の明るさ含め、超ミニスカ鑑賞するには良いですね。

現役のグラビアアイドルさんに・・・

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩6分

訪問日 
2017年7月

訪問回数
初回

コース
GRAVEOオリジナルアロマリンパマッサージコース

料金
90分15,000円(オープニングキャンペーン4,000円割引、通常19,000円)
指名料1,000円(レギュラーセラピスト)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
一軒家複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
広めのバスルーム
意図的になのか照明が一つ点いていませんでした

セラピスト
黒Tシャツ、黒ジーンズ

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
ホームページから気になったコース時間とセラピストさんの名前をあげ、
空き状況を確認すると希望に近い時間で取れるというのでお願いすると
場所は恵比寿店とのこと、
あれ、確か電話番号は高田馬場に掛けたはず
場所が決まっているならホームページに記載すれば、と思いながらも予約。

するとキャンペーンの案内があり、只今4,000円割引とのこと。
割引は嬉しいのですが、あまり安くなるのも不安・・・
予約時間の少し前に指定の場所から電話を、ということで予約完了。

3分ほど前に指定の場所から電話すると、
店名応対、こちらから予約している旨伝え、会話スタート。

場所は2,3分のところ、ですが最初は入り組んだところに思えます。
電話しながらなんとか店の前へ、すると男性スタッフが「ではセラピストがお迎えします」

ワクワクしながらチャイムを鳴らすと・・・
ドアが少しだけ開いて、「どうそ」と声だけ聞こえます。
自らドアを引いて開けてみると・・・受付スタッフさん?と思われる女性が一人。

女性の案内のまま、階段上がり3階まで、女性の服装は黒Tシャツに黒パンツ、
まぁセラピストさんっぽいといえば、確かにそれっぽいのですが・・・
これでは折角の階段も上るのが苦痛なだけ。

廊下には立派そうなウォーターサーバーあります。
部屋に入るとサイドテーブルには既に紙コップが置かれていましたが
帰りまで勧められることはありませんでした。

案内された部屋は6畳ほどの落ち着いた部屋。
奥のソファに腰掛けると同意書への署名を求められます・・・
ってことは目の前の女性がセラピストさん??

好みの問題とはいえ・・・
まぁ目一杯ハードルあげられたセラピストさんも可哀想なのですが・・・

すぐに署名を終え、同意書を渡すとコース時間の確認。
念のため、オプションはないのか聞いてみると「ない」とのことで会計。

すぐに釣銭を持ってきて着替えの案内、渡されたのはタオルと紙パンツ・・・
タオルは超大判、マットカバー??紙パンツは久々スライド式。

ここで穿くの?と思いながら紙パンツ穿き、バスタオル腰に巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて1階まで。
お洒落な滑り止めついてますが、急な階段での使い捨てスリッパはちょっと怖いです。

脱衣スペースにも紙パンツが置いてありましたがどれも同じタイプ。
タオルが積まれたワゴンに大きなバスタオルとパンツを置いて浴室へ。

お湯が出ていないので、温度調整から・・・
ちょっと暗いのは電球が一つ切れているのか、切ってあるからか、
浴室は掃除する間もないほど忙しいようで・・・

すぐに適温になりサッと洗ってワゴンにあるフェイスタオルで身体拭いて
紙パンツを・・・もちろん前は目一杯狭めて準備完了。
大きなタオル巻いてドアを開けるとセラピストさんが「どうぞ」。

もしかして、ここで着替えているかも、と思ったのもジーンズのまま。
大きなお尻眺めながら3階まで。

大きなバスタオルをソファに置き、マットへ寝転ぼうとするも枕がない・・・
どちらを頭にすればよいのか迷っているとセラピストさんが「どうぞ、こちらへ」

言われたほうを頭に俯せに、そして手を顔の前に組んで枕替わり、で準備完了。
すると先ほど身体を拭いた湿ったタオルを優しく掛けてくれ、揉み解しから。

頭部に位置取り、タオル越しに背中スリスリ。

腰横に移動して背中から腰をスリスリ、そして脚もスリスリとじっくり時間を掛けて擦ってくれます。

足元に移動すると膝のストレッチですが、足首を持って手で押し曲げるだけ。

膝横に移動すると「オイルにします」と片足だけタオルを捲ります。
両手で膝窩から太ももへ、足首へとそれぞれにオイルを拡げます。

脚全体にオイルを馴染ませるとロングストロークで足首から太ももまで一気に。
両手親指を使ってショートストロークでスリスリと脹脛から太ももまで。
残念ながら、指先は付け根手前5cmでUターンもまだまだ序盤戦と思いこれからこれから。

足の甲を持ち上げ足裏にもオイルをスリスリ。

そしてカエル脚に。

曲げた脚のほうに位置取り、膝から太ももスリスリ、脹脛スリスリ。
腰からも股間からも腕を差し込むことは無し、そしてここでも付け根まで届くことは無し。

足を伸ばすと今一度横からスリスリ。
このあたりで腕に痺れが・・・

捲り上げていたタオルを脚に掛け、上から軽く圧してオイルを拭き取ります。
そして上半身に掛かっているタオルを捲り、セラピストさんは腰横に。

背中全体にオイルを拡げるとひたすら撫でるだけ。
ウトウトしているとタオルを持ちあげられたので横を見ると、
セラピストさんがタオルでナニを見ないようにするポーズ、もちろん穿いてますが・・・

痺れた腕でなんとか寝返りを打つと、今度はタオルは掛けずに足横へ。
膝中心にオイルを拡げると両手でスリスリとじっくり撫でてくれます。

ぐぃっと膝を曲げさせられ仰向けでのカエル脚に。

膝から太ももへスリスリ、足首へスリスリとここでもじっくり擦っていると・・・
「もうそろそろお時間ですが延長どうされますか?」
久々に聞いた延長の一言・・・
延長すると何かイイ事あるのか聞いてみようかとも思ったのですが、
ここはあっさり「いや」

すると暫くして擦っていた手が止まり、「お時間です、シャワーの準備してきます」と部屋の外へ。
すぐに戻ってくると1階のシャワー室まで。

紙パンツを屑籠に入れようとすると先客のも・・・
その上に全くオイルのついていない紙パンツ放り込み浴室へ。

自らお湯を出して浴びるとオイル残りはあまり感じられない、これはいいですね。
サッと浴びて置いてある小さめのタオル数枚使い身体を拭き、
大きなバスタオル巻いてドアを開けるとセラピストさんが待機していてまたまた階段で3階へ。

部屋に入るとセラピストさんは外へ。

一人着替えてドアを開けるとセラピストさんは部屋に入ることなく、
「どうぞ」と階段を降り始めます。

小生はそのあとをスタスタとついていき玄関へ。
自らドアを開けて、振り返ることなく帰路に・・・

紙パンツ
スライド式
secret2

secret1

所要時間
84分

独り言
カテゴリーが違うようで・・・

2
どんなふうに甘えさせてくれるのか・・・

最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩10分

訪問日 
2017年7月

訪問回数
初回

コース
マミマミコース

料金
90分16,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション

施術室
10畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
明るいバスルーム
水圧弱いシャワー

セラピスト
ホームドレスのようなワンピース

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので予約。

交通手段を確認され、アクセスの案内。
予約時間に電話してほしいとのことで予約完了。

指定の場所から電話するとそこからさらに数分の距離とのこと。
テクテク歩いていくと道路沿いのマンションで分かりやすい場所。
指定階まで昇りチャイムを鳴らすと・・・なかなか出てこない、
もう一度鳴らそうか迷ったところでドアがガチャリ。

どんなふうに甘えさせてくれるのかワクワクしていると・・・
ここは普通にセラピストさんが部屋着でお迎え。

ただ玄関、即部屋の造りのようで目の前にマットがドーン。
用意されたスリッパ突っ掛けると「どうぞ」と奥にあるソファを勧められます。

奥のソファに腰掛けるとお茶の用意へ。
ソファの横、ハンガーに掛かっているタオル地のもの、何かと触ってみるとバスタオル、
が・・・湿っている、色々なことが頭をよぎります、そこへ冷たいお茶が。

サイドテーブルへお茶が置かれると自己紹介、そしてメニューを見せながらコースの確認。
オイルコースとマミマミコースの違いを訊いてみると、オイルとパウダーの違いとのこと、
加えてマミマミでは密着も増えるというのでパウダー好きではないですが密着は大好きなので
マミマミコースを選択して会計。

すると横の扉を開けて奥の部屋へ、そして奥から何やら話し声がヒソヒソと聞こえます。
廊下はなく扉の向こうも部屋のようで落ち着きません。

すぐにお茶を持って部屋へ。
お茶を一口啜ると着替えの案内、何の案内もないので脱いだ衣類はソファに、
定番のカゴに置いてあったビニール袋に財布を入れ準備完了。
声を掛けると、横の部屋から出てきて部屋の片隅にある扉へ。

脱衣スペースにある洗濯機にタオルを置いて浴室へ。
明るくキレイ、カガミは一面うろこ汚れなのが残念ですが・・・
シャワーは水圧が弱く、ボディソープを流すのに時間がかかります。

いつもより時間掛けて洗い流し、厚手のバスタオルで拭き取り、紙パンツ選び。
洗面台の横には横スカとブリーフの2種類、もちろん横スカ選んで準備完了、
扉を開けるとセラピストさんが「どうぞ」とマットのほうへ。
ホームページからここで衣装チェンジしているのかと思っていたのですが、
残念ながらお迎え時と変わらず、露出度も透け度も低い部屋着のまま。

セラピストさんが扉を閉めようとすると小生が穿いていたスリッパが邪魔で扉が閉まらない、
つぎの瞬間、見事な足さばきでスリッパを蹴飛ばし無事扉は閉まりましたが・・・

マットに寝転ぶとタオル掛けられシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると横に位置取り、タオル越しに背中の揉み解し。
力強くグイグイと圧し揉むと臀部に跨り、さらに体重掛けて背中をグイグイ。

タオル越しながらオマタの感触はバッチリ、カガミはないので態勢は分かりませんが
この態勢なら視覚より触覚が大事、期待持たせてくれる感触です。

足元へ移動すると掛けてあったタオルを外し、足裏をしっかりとオマタではなく太もも裏で抑えると
パウダーを手に足首から太ももへとロングストロークで一気に。

脚全体にパウダーを馴染ませると軽くスリスリ、付け根まで指先は届くも変化はなし。
ロングストロークは手のひらでスリスリ、ショートストロークは指先でサワサワ。
時間を掛けての施術でしたが指使いはどちらも微妙。

臀部への施術の時は脚に抱きつくようにしてサワサワ、すると太もも辺りにプニュっとした感触。

膝を曲げ、足の甲をオッパイの谷間に挟むとそのまま体重掛けてギューっと、
この痛さでムニュっとした感触はあまり味わえず。

続いては脚をグッと曲げられカエル脚の態勢に。

脚を絡ませるようにして臀部サワサワ、腰から手を差し込み付け根をスリスリ、
股間からも指先で付け根サワサワ、どの箇所も同じように擦るだけ・・・
もちろん擦られる心地よさはあるのですが。

タオルを太ももに敷くとその上に跨り、容器から直接パウダーを振りかけ
両手で背中全体に拡げ馴染ませていきます。

力を入れてグイグイ・グイグイ、そのリズムに合わせて尾骨に嬉しい感触が・・・
手が肩のほうへと伸びると覆いかぶさり、オッパイ押し付け肩甲骨から肩をスリスリ。

さらに両手で枕を抱えるようにバンザイすると腕をスリスリ、
そしてその指は小生の指に絡めてきて・・・耳元では息遣いもそれだけで・・・

ここで仰向けに。

足元に移動すると股間に位置取り、太ももサワサワ、付け根スリスリとパウダーを拡げると
指先だけでのフィンガータッチでサワサワ・クリクリ。
しかし、横スカならではの事故は皆無。

横に移動して脚を絡ませ、膝を使って太ももスリスリ、指は紙パンツ沿いではなく付け根をスリスリ。

股間に移動すると覆いかぶさってくるのでビックリ・・・
セラピストさんの顔がへそ辺りに、その態勢で腹部サワサワの後、乳首を指先で弾くようにクリクリ。
乳首責めはお好きなようでかなり入念にやってくれます。

再度、横に来て添い寝。横からですが覆いかぶさるようなにちょっと勘違いしそうに・・・
しかし指先は太ももから付け根、そして乳首を淡々と。
ここでも時間を掛けてクリクリ・スリスリ・サワサワ。

頭の中ではソロソロかな、と考え始めたときにサッとセラピストさんは立ち上がり、
「シャワーの準備してきます」

すぐに戻ってきて「どうぞ」

マットから立ち上がり浴室へ。
するとシャワーから出ているのは水・・・
なかなかお湯にならず、手をあて温かくなるのを待ってシャワーを。
水圧が強くなるわけではないのでソープは少なめでサッと流して部屋へ。

部屋を片付けていたセラピストさんはシャワー室の片付け、
すぐに終わったようで何も言わず奥の部屋へ。

サッと着替えて暫し待つも出てくる様子はないので「すいませーん」と声を掛けると、
すぐに出てきてお見送り、エレベーターのボタン押す前にドアは「ガチャリ」

紙パンツ
横スカ(他にブリーフあり)
横スカ茶

所要時間
85分

独り言
マザコンではないのですが、どんな演出があるのか、コンセプトとして面白そう、
とワクワクしながら訪問したのですが・・・
パウダーでの施術は難しいですね。
色々なタイプのマミーがいるのでしょう、今回は自ら甘えないといけなかったようで・・・

3
虜にさせてくれるような施術??

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩10分

訪問日 
2017年6月

訪問回数
初回

コース
100分コース

料金
100分13,000円 (メルマガ登録での割引2,000円割引、通常15,000円)
オプション3,000円
指名料某サイト見たで初回サービス(通常、指名料1,000円、本指名2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
頭部に小さめな、横に大きなカガミあり

シャワールーム
キレイにしている浴室

セラピスト
白ワンピ(お迎え~会計時、お見送り時ホームページ画像)
黒ベビードール(施術時)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるとのこと、
それではと、某サイト見てメルマガ登録した旨伝え予約。
するとホームページに記載されている場所を案内され、そこから電話を、ということで予約完了。

時間少し前に指定の場所から電話するとすぐそばのマンション。
まぁ、覚えのあるところとは想像していたのですが・・・

指定階に上がりチャイムを鳴らすとセラピストさんがニコリとホームページの制服でお迎え。
心の中で「これこれ」と思っているとセラピストさんが手を取って部屋まで案内してくれます。

確か引き戸だったと思っているとこの日案内された部屋はドア、やはりこちらの方が個室感は増します。

片隅のソファに腰掛けると飲み物の準備へ。
その間に部屋を見渡すと頭部と横にカガミ、そしてオイルウォーマー、
とくに目新しいものや期待持たせるようなものは無し。

すぐに飲みものを持って登場、サイドテーブルに置くとコース時間の確認、
そしてオプションセールス、店舗でのメニューにもオプションと書かれているだけ・・・

その「オプションって?」と聞いてみると
施術時の服が変わり、密着が増すとのこと、もちろんお願いして会計。

釣銭持ってくると着替えを促されシャワーの準備へ。
全裸になりタオル巻いて準備完了、
ドアをノックするとセラピストさんが待機していて、手を繋いで一緒にシャワー室へ。

洗面台にタオル置いて浴室へ。
室内は明るくキレイ、サッと浴びて洗面台に置かれている紙パンツはトランクスと横スカタイプ、
もちろん横スカ穿いてタオル巻き扉をノックすると・・・

セラピストさんはちょっと色っぽい黒のベビードール姿になってお迎え。
手を握るとその手を自らの腰に導いて、そのまま部屋へ。

マットへ俯せになるとタオルを掛けてくれシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると腰に跨り、強めに背中をグリグリ、なかなか気持ちいい力加減。
チラッと横のカガミを見るとベビードールは捲れ上がり期待していたものもバッチリ。

するとセラピストさん、カガミ越しに目を合わせて「力加減いかがですか?」
これには目をそらして「ハイ」

足元へ移動すると足裏をしっかりとアソコで抑えて軽く圧し揉み、
小生の足指も軽くモゾモゾ、太ももに跨ると臀部スリスリ。

ここでオイルの準備。
今一度太ももに跨るとオイルウォーマーで温めていたオイルを手に背中へ拡げます。
延ばしてはオイルを手に再び延ばし、そしてまたオイルを、とかなり多めのオイルが・・・

マット横には250mlのボトルが3本置かれていました。

水溶性のようで厚みはなくサラッとした感じ。
セラピストさんの撫でるようなストロークからはピチャピチャと音が・・・
そのオイルは肩から腋からと肌を伝ってマットへ流れ落ちていくのが分かります。

そしてストロークが肩へ伸びると軽くオッパイ当てるように密着してそのまま肩をモミモミ。
勘違いしそうな態勢はそう長く続かず足元へ。

足裏を抑えやすい位置にするとその上にサッと座り、脹脛へオイルたっぷり。
小生の足指にはしっかりとあの感触が、ついついイタズラしたくなるもここはジッと我慢。
するとセラピストさんの身体がストロークに合わせて前後に・・・

ヌルヌルになった脹脛に跨ると太ももスリスリ、付け根へのアプローチは控えめ。
続いて膝頭を股間に押し当て太ももに跨るとオイルを臀部全体に撫でつけていきます。
そのオイルは割れ目を伝って股間に・・・

臀部を撫でまわすとその手は割れ目から股間へ。
ここでは付け根しっかりも膝頭との合わせ技は無し。

ここで四つん這いの声。
サッと膝をついてその態勢になるとグッと股間に入り込み、尻にオイル、拡げてはまたオイル。
ニュルニュルになった尻を両手でヌルヌル・サワサワ。

腰から股間から拡げたオイルが流れ落ちます。
この肌を伝って流れ落ちる感触もナカナカ・・・

腰から抱きつくとその指先は乳首へ、そして「ここキモチイイですか?」
これに「あぁ」と答えると指先でクリクリ、しっかり刺激してくれその指は下腹部へ。
軽く鼠蹊部を刺激すると今度は両手とも股間に。

オイルまみれになったとはいえ狭い股間に両手とも同時侵入、
袋で左右に分かれるとそれぞれ付け根から鼠経部へ。

滑りの良さは事故率の高さにも、あちこちで・・・
これからの展開にワクワクしていると仰向けの声が。

ゴロンと寝返りを打つように仰向けになるといきなり馬乗りに。
そのまま抱きついてくるので受けとめようかと迷っていると巧みに肘を使い片手を抑え込み、
もう一方の手は肩を揉みながらもしっかりと小生の動きを封じています。

とはいえ目の前にはセラピストさんの笑顔、これにはドギマギ。
起き上がるとデコルテから乳首クリクリ、へそ廻りをグリグリ。

足元に移動すると足の甲に跨り、脛をスリスリ、足指にはしっかりと柔らかな感触が。
ここには長く留まらず、脛に跨り太ももスリスリ、付け根しっかり。

横に移動すると腹部をへそ中心にグリグリ撫でまわし、たまに乳首クリクリ。
手を取ると正座している股間に導いて腕をグリグリ、
念のため、指を目一杯伸ばしてみるも付け根まで届かず、距離感はバッチリのようで・・・

するとセラピストさんが寝転び、添い寝。
子供を寝付かせるように半身の態勢になると目を見ながら乳首クリクリ。

その手は徐々に下のほうへ。

へそ廻りから下腹部へと指先は這うように動き、鼠経部周辺を入念に。
もちろん足もコマメに動いて太ももをスリスリ。

横スカならでは開放感に加え、オイルたっぷり滑りのよさも手伝ってか
添い寝での施術は事故率が高いようで・・・

その指先が再び乳首にきたところで「そろそろお時間です」と立ち上がり、シャワーの準備へ。

すぐに迎えに来て手を繋いでシャワー室へ。
「どうぞごゆっくり」とセラピストさんは部屋の片付けへ。
水溶性のようでシャワーで流すとヌルヌルはすぐに落ちサッパリ。

扉をノックするとセラピストさんがワンピースで待機していて一緒に部屋へ。
着替えを促されセラピストさんは部屋の外へ。

一人着替ていると終わるころにノックがあり部屋の中へ。
着替えサポはなかったものの暫し雑談、
差し替えられたお茶を勧められた一口啜り、手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
横スカタイプ(他にトランクスあり)
yoko

所要時間
103分

独り言
オプションならではなのか、オイルの使用量は250ml2本は使い切っていたようです。
今多いスタイル、オイル、露出、密着とも多め、施術は・・・
ホームページ見る限り在籍セラピストさんは多く、
新人さんも入店しているようなので楽しみな店ではあるのですが、虜となるには・・・
小生にとっては遠いです。

↑このページのトップヘ