しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2017年01月

3
じっくりと手から伝わる鼓動を感じてみたい

最寄駅 
東急東横線自由が丘駅
徒歩3分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
ドミノコース

料金
120分22,000円(某サイト見たで2,000円割引、通常24,000円)
ディープ1,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額23,000円

予約方法
電話予約
応対女性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
8畳弱

施術台
マット
側面クローゼット一部鏡張り

シャワールーム
バストイレ一体ユニット

セラピスト
ベビードール

施術
コース時間設定から気になっていた店、ちょっと期待して電話すると、
女性スタッフが店名応対、もちょっとお疲れの様子。
クドクドと聞くのもどうかと思いコースと時間伝えて空き状況を確認すると
希望の時間が取れるというので予約、料金は教えてくれないものの
予約時間の1分前に指定の場所から電話してください、とのことで予約完了。

指定の場所から電話するとすぐそばのマンション、オートロック解除してもらい指定階へ。
電話で言われた通りに部屋番号のドアノブを回すと、中からセラピストさんがニコリ。
これはこれである種のプレイのような・・・

使い捨てスリッパ突っ掛け、透け度ゼロのベビードール眺めながら奥の部屋へ。

椅子に腰掛けると飲み物の選択、と言ってもホットかアイスだけのようですが・・・
アイスをお願いすると部屋にある冷蔵庫からすぐにお茶用意。

お茶を勧められて一口啜るとコースの確認、
そしてサイドテーブルのメニュー表見せながらオプションセールスに。
ディープは鼠経部をいつもより長くやりますとのこと、で、「いつも」ってと思いながらお願いします。
バブルはトランクス着用でアワアワ、と変わりなさそうなのでパスして会計。

着替えを促されて自らカゴにパンツ入れ貴重品袋もって準備完了。
珍しいのは身体拭くためのバスタオルに「白」を使っていること。

シャワー室へ入るとトイレも一体のユニット、バスタブはそれほど狭くないので不便は感じず。
シャワーも水圧はそれなりに、シャワーカーテンもキレイ。
サッと浴びて白のバスタオルで身体拭いて洗面台には色々なアメニティが雑然と・・・
紙パンツはTバックとトランクス、Tバック穿いて扉開けるとセラピストさんが部屋でお迎え。

お茶を一口飲んでビニールシートが敷かれたマットに俯せになろうとすると
「仰向けでお願いします」にワクワク。

シャワーの片付けが終わっても部屋の片隅でもぞもぞやっているのでもしかしてお着替え、
なんて期待しましたがお迎え時と同じベビードールで「お待たせしました」

大きめのタオルを掛けると小生の足を取り、足裏をセラピストさんのオッパイへ。
足裏にオッパイ押し付けるようにしながら膝を曲げてのストレッチ、
もちろん足裏にはムニュムニュっとした感触。

その場で立ち上がるとそのまま胸元まで歩を進め、小生を跨いで見下ろすように仁王立ち、
その姿を見上げるとベビードールの中がぼんやり・・・・・
そこで手を取り、腕を引っ張ってのストレッチ、痛みを忘れさせるストレッチなら歓迎です。

ここで俯せに。タオルを掛け直すと臀部に跨り、腰から背中をグリグリと、
足元に移動して脹脛から太ももへグイグイと圧し揉み。

腰にタオルを敷いて、その上に跨りオイルに。
ホットオイル、確かに温かいのですが・・・

シートに期待しましたがオイルの量は普通、 
オイルを手にしてはスリスリと数回背中全体に拡げていきます。
つづいて片手でグリグリと流していきます、心地よい圧にウトウト。

足元に移動するとカカト辺りを膝で押さえるようにして脹脛をグリグリ、
膝下に跨ると太ももをスリスリ、そのまま指先は臀部、割れ目を伝って太ももへ。
数回繰り返すと紙パンツの紐を少しだけですがズリ下げたのでワクワク。

腰から臀部を入念にトリートメントするために紐が邪魔なだけだったようでガックリ。

股間に位置取るとカエル脚に。
股間から手を差し込み、引き抜くときは中指で付け根をなぞりながら、
数回繰り返すと引き抜くときにスナップが効いて・・・
さらに数回繰り返すと引き抜く手がドリルのようにグリグリと・・・
なかなかの手技を堪能できます。

期待できそうな展開にワクワクしながら仰向けに。

足首を挟むような態勢で膝下をスリスリ、膝下に跨ると太ももから付け根、鼠蹊部へとスリスリ。

股間に移動すると両手で内腿から鼠蹊部をスリスリ・サワサワ。
グッと膝を詰めると同じように両手で鼠蹊部から下腹部へ・・・
さらに鼠蹊部から乳首までのロングストローク、もちろん指先で乳首クリクリはしっかりと。
さらにさらに引く際には指先だけではなく肘もしっかりと・・・

ここで座り直したセラピストさん、紙パンツにオイルをポタポタ。
そのオイルを両手の指で延ばしながら鼠蹊部周辺を入念にトリートメント。
付け根から鼠蹊部、下腹部へと指先は縦横無尽に動き回ります。

何気なくセラピストさんに目をやると、目が合いニコッ、するとさらに動きが増したような・・・
手から伝わる鼓動を感じたような気がしたところでお時間。
セラピストさんはシャワーの準備へ。

すぐに準備ができたようでシャワー室へ。
バスマット代わりのタオルは最初のままなのか湿っていて・・・
サッと浴び、こちらは新たな白いバスタオルで身体拭いて部屋へ。

片付け中のセラピストさんはシャワーの片付けに、小生は一人着替え。
着替え終わった頃に声が掛かりセラピストさんがお迎えに、
差し替えてあったお茶を一口啜り玄関へ。

紙パンツ
Tバック
firstclass

所要時間
125分

独り言
密着店でもたっぷりオイル店でもないですが、
確かにセラピストさんと近い距離、そして少しは手から伝わる鼓動は感じたような・・・
ここまで価格差あるコース設定に同じオプションって・・・
いつのまにか激戦区ですね自由が丘

2
厳選された美女に癒されたい

最寄駅 
都営大江戸線東新宿駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
スペシャルコース

料金
90分17,000円
(オープン記念3,000円引、某サイト見た1,000円引、メルマガ登録1,000円引、通常22,000円)
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
頭部、横にカガミ有

シャワールーム
浴室、洗面台あり

セラピスト
黒ミニワンピ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
ベビードール(施術~お見送り時、色違い、他あり)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対、ホームページのスケジュールから
ワクワクさせてくれそうなセラピストさんの空き状況確認すると
「〇〇さまなら〇〇時からお取りできます」
とセラピストさん、いやセラピストさまの空き状況を教えてくれます。

コース、時間をを伝えて予約お願いすると割引での料金教えてくれます。
指定時間に最寄りの場所から電話してほしいとのことで予約完了。

指定時間に電話すると近くのマンション、マンション名確認しながら歩いて3分くらい。
オートロックを解除してもらい部屋の前へ。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすとやや間があって、
扉が開くと小さな声で「いらっしゃいませ」とお出迎え、
ちょっとイメージと違いましたが、すぐに視線は黒ワンピースの透け具合へ。

用意されたサンダル突っ掛け、セラピストさまの尻追っかけ奥の部屋へ。
同じようなドアが3つ並んでいる一つを開け、椅子へと案内してくれます。

椅子に腰掛けると「お飲物は」、ホットかアイスの二択のようですが・・・
すぐに飲み物が運ばれてきてコースの確認、会計。

カルテへの記入を促され部屋の外へ。
カルテは力加減や触れて欲しくない施術部位などお決まりのものなどと
変わったところではオイル量の選択も、ここは普通で記入。

セラピストさまが戻ってきてカルテの確認。
合わせて次回使える割引券を渡され、着替えに。

脱いだ衣類はすべて椅子に置いてタオルを巻いて準備完了、
暫くするとセラピストさまから声が掛かり一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースのバスマットに乗った瞬間ヒヤッと・・・
シャワーのお湯は出ており浴室にも蒸気が立ち込めていて繁盛しているようです。
水量水圧とも申し分ないシャワーヘッド、残り少なくなっているボディソープを手に泡立てようとすると
泡立ちが悪い、ソープも幾分水っぽい感じ。
サッと流して紙パンツを選択、洗面台横にはブリーフタイプらしき包みとTバック。
ブリーフタイプでの新技が、とも考えましたが無難にTバック選択してドアをノックすると・・・

「ウワッ・・・」、直視していいのかどうか気持ちでは迷いましたが視線は舐め廻すように。
どこかのサイトで見たような衣装のセラピストさま、インナーは微妙でしたが・・・
「どうぞこちらへ」と一緒に部屋へ。

部屋へ戻るとマットへ俯せに、すぐに全身タオルで覆うとシャワー室の片付けへ。
戻ってくると足元横に位置取り揉み解し、脹脛を手のひら全体で体重掛けグゥーっと、
続いてハムストリングもグゥーっと、これはチト痛かったですが今後の展開考え我慢することに。

太もも辺りに跨り臀部から腰、腰横に移動して背中から肩をモミモミ。
カガミをチラ見するも頭部、横とも位置が見にくいうえ、暗いので折角の衣装も堪能できず。

いよいよオイル、と思っていると足に掛かっているタオルを掛け直してもう一度揉み始めます。
同じように脹脛から太もも、今度は臀部に跨って腰から背中、
二度三度ピタッと覆いかぶさるような態勢になってタオルの捲れを直します。
これは最初と少しばかり違う展開。

足元に移動していよいよオイルかと思ったところ、今一度タオル直し始める嫌な展開・・・
見事的中してタオル越しに脹脛スリスリ、ハムストリングモミモミ、背中をグリグリ、
僅かながら手法が違うといえば違うのですが・・・枕元にある時計を見ると施術開始から30分経過、
もしかしてホットオイルにしたから、オイルが温まるまでの時間揉み解ししてたのか、なんて・・・

足横に移動して施術部位だけタオルを捲ると脹脛からスリスリ、
あまり温かさを感じないオイルを脹脛に擦りつけるように延ばします。
ショートストロークで太もも、臀部へゆっくりと移っていきます。
指先は付け根数センチ手前でUターン、淡々とオイルを塗っていく感じ。

腰横に移動すると腰から背中を手のひら全体で、まるでサンオイル塗られているような・・・
オイルは背中に塗られるくらいから温かさを感じるように。

カエル脚になると曲げた膝の横に位置取り太ももスリスリ、
さらに付け根ではなく、太ももを両手で持ち上げるようにしてグリグリ。

セラピストさまは移動することなく、
施術し終えた脚を伸ばすとその上にタオルを敷いてもう一方をカエル脚にしてスリスリ、
タオル越しですが伸ばした脚にはセラピストさまの腹部の感触がムニュ。
ワクワク感が乏しいのはその指先、太ももスリスリに心地よさも際どさも・・・

臀部にタオルを敷くとその上に跨って腰をスリスリ、
すぐに腰横に移動して脇腹を揉みだすようにモミモミ、
タオルを敷いてその上に寄りかかり反対側もモミモミ。

ここで漸く仰向けの声が・・・
時計を見ると施術開始から1時間経過、頭の中にはハシゴの候補が数店巡ってます。
反面濃密なラスト、なんてことも期待したり・・・

仰向けになるとセラピストさまは頭部に移動してくると枕を取り小生の頭を膝に。
キタキタと膝枕期待したところ膝頭の間に小生の頭がスッポリ。
これではオッパイスタンプが、と思っていたら案の定・・・

デコルテ中心にスリスリ、スリスリ、スリスリも・・・オッパイがこない。
薄目を開けてチラ見するもセラピストさまのアゴしか見えない、まぁ一所懸命なんでしょうが。

デコルテが終了すると横に移動すると小生の手を取るので一瞬勝手に妄想しましたが・・・
肘を曲げ、自分の胸に手を当てる格好に。オイタ対策なのかも。

安心したわけではないでしょうが両手で腹部を入念にスリスリ、
下腹部あたりまで指先は届くもののキワというには・・・

足元へ移動すると膝下をショートストロークでスリスリ、太ももも同様にスリスリ。
股間に入り込むと内腿から付け根手前をスリスリ、たまに下腹部。

ここで「そろそろお時間ですが延長どうされますか」
久々の延長お誘いに「何かいいことある」って訊こうか迷いましたが
「いや」と答えると「どうぞ」と湿ったタオルを渡されシャワーの準備へ。

時計を見ると既に終了予定時刻を過ぎています。

すぐに用意ができたようで一緒にシャワー室へ。
脱衣スペースからは一人、紙パンツ捨てようとゴミ箱を見ると繁昌しているようです。

多めにソープを手に洗い流すとオイルも水溶性なのかサラッと簡単に流せました。
洗濯機の上に置いてあった新しいタオルで身体を拭いて待機していたセラピストさまと部屋へ。

部屋へ案内されるとセラピストさまは外へ。
一人着替え終わり最初のお茶を一口、ノックがありお迎え。

そのまま一緒に玄関まで。

紙パンツ
Tバック
organic spa

所要時間
105分

独り言
ベビードールはいいですね、ベビードールは。
流れをこなすのに一所懸命なのはわかるのですが・・・

3
『トキメキ×まごころ×温もり』=???

最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
100分コース

料金
100分15,000円(某サイト見たで新規1,000円割引、通常16,000円)
プレミアムオイル 某サイト見たで無料(通常1,000円)
衣装チェンジ1,000円(店頭メニュー)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
黒ミニワンピ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
ベビードール(施術~お見送り時、色違い、他あり)

施術
電話すると男性スタッフが店名、担当者名を名乗り応対。
空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので予約。
コースの確認、担当セラピストさん、料金、さらに場所・電話する時間と丁寧に案内してくれます。
気になったのは施術時間の案内で100分コースだとシャワーで前後15分、
実質60~70分くらいの施術になるとのことですが、さて・・・

案内の通り、予約時間の5分前に指定の場所から電話するとすぐ近く、見覚えのあるマンション。
オートロック解除してもらい指定階へ、
ワクワクしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリとお出迎え。
ピチッとしたワンピース姿、視線はざっくり空いた胸元へ・・・

清潔感ある白のスリッパ突っ掛けると
セラピストさんは小生の手を取り指先がオッパイに触れる位置へ。
ビックリもそのまま手をひかれ奥の部屋へ。

コートとマフラーと預け、チェアマッサージでもあるのかと思わせるようなソファに腰掛けます。
自己紹介があり、メニューを見せられコーヒーを注文すると
どこからかエスプレッソマシンらしき音が聞こえ、すぐにコーヒーとオシボリが。

冷えた身体を温めるようにコーヒーを口にしながらコースの確認、
そしてメニューを見ながらプレミアムオイル(ホホバかスクワラン)の選択、
その横には衣装の写真が数種類・・・
ここですかさず衣装チェンジのオプションセールスが、
ベビードールとホルダーネックのワンピ、それぞれ2色の中から赤のベビードール選択、
料金を聞くと「1,000円になります」に少しホッとして会計。

着替えを促され、脱ぎ始めるもセラピストさんは跪いたまま・・・
サポートありらしく、脱いだ衣類を全て丁寧に畳んでくれ衣類カゴに収めてくれます。

バスタオルを腰に巻き付けてくれると手をひいてくれ一緒にシャワー室へ。
キレイにしてますが狭いユニットバス、タオルをセラピストさんに渡してドアを閉めようとすると、
「バスタブに入ってください」と一緒にシャワー室へ・・・

バスタブの縁に腰掛けるとこだわりの一つ、マルセイユ石鹸を泡立て背中全体に拡げアワアワ、
背後から抱きつくように前面もアワアワ、にもしやと思いましたが「あとはご自分で」と外へ。
これならシャワー15分というのも納得と思いながら下半身は自分でゴシゴシ。

サッパリして浴室の扉を開けるとセラピストさんがベビードール姿でお迎え、
露わな谷間に視線は釘づけも・・・それを遮るかのように顔から優しく拭いてくれます。
後ろ向きになると背中から臀部、脚まで、古き良きオペレーション思いだしニヤニヤ。
ただ脱衣スペースはなく、廊下なのでちょっと寒い・・・そしてマットは珪藻土。

それを補うかのようにしっかりと手を握り、暖かい部屋まで。
舐め廻すように全身見ましたが残念ながら透け具合は・・・

バスタオル巻いたままマットまできたのでもしやノーパン?と期待したのですが、
ここでセラピストさんから「紙パンツは・・・」とトランクスかビキニタイプの選択、
訊くとトランクスはサイドカットしたものとのことでそちらを着用することに。

マットに俯せになると全身タオルで覆われるとシャワー室の片付けへ、
カガミの位置を確認すると位置も角度も悪く、さらに胸当てマクラ+顔マクラで見にくくしてます。
衣装オプションあるならそのあたりは工夫が・・・

すぐに戻ってくると首、両脚アキレス腱にカイロのようなものが置かれ、ほんわか温かで気持ちいい。
そして施術、まずは太ももに跨ると腰から背中を入念にグリグリ、
気持ちイイですがタオル越しの感触を楽しもうと全神経は臀部に。

横に位置取り太ももから臀部をグリグリ、太ももに逆向きに跨ると膝を曲げ足裏をオッパイでモミモミ。
プニュプニュした感触を堪能したところでオイルに。

枕を取り、顔をセラピストさんの膝に埋めようとすると、違う、感触が違う、ストッキング穿いてる・・・
テンション下がるも仕方なく微妙なザワザワした感触に顔を埋めると
手に取った1回のオイルで背中全体に延ばしていきます。
延びの割にサラッとした感触、イイですね。

指先は肩甲骨から背骨伝いに腰、そして紙パンツをずらすように臀部までスリスリ。
腕を横に伸ばすと背中に頬ずりするようにしながら肩から上腕をスリスリ、
後頭部から肩にはムニュっとした感触が・・・

横に位置取り脇腹を揉みだすように。
じっくりと揉みだしてもらったのでウエストが2,3㎝は減ったような・・・

足元に移動すると足裏にオマタで抑えて脹脛からスリスリも足指の感触はイマイチ。
指先は脹脛から太もも、そして紙パンツを捲り臀部へと圧し流し、割れ目を伝って太もも、脹脛へ。

カエル脚になると曲げた脚を挟み、腕が入りやすいように隙間を作るとそこに手を差し込み
付け根を指先でなぞるように、引き抜くときも事故ることがないように、慎重にゆっくりと。

ここで仰向けの声。

枕を外して膝枕に。
胸にオイルを延ばすとデコルテから乳首クリクリ。
腹部から引き際に乳首、下腹部へと延ばすときも乳首をさり気なく刺激し通過していきます。

両手が下腹部へ伸びるとその指先はトランクスの・・・、
と同時顔面にはオッパイスタンプ、片乳で数回、谷間で数回とリズミカルにプニュプニュ、プニュー・・・

オッパイが離れたときに目を開けると目が合いドキッ、セラピストさんはニコッ。
そしてさらに押しつけるようにしたので・・・シャブリつきたくなる衝動を堪えるのに必死。

横に移動すると手を取り、腕をトリートメント、たまに指先は乳首へ。

足元に移動すると膝下を軽く流すと膝を立て、足の甲に跨り脹脛をグリグリ。
膝頭から太もも、付け根へスリスリも勢い余って事故多発。

膝を伸ばし、その上に跨るとトランクスのカットした裾を捲り、内腿から一気に鼠蹊部まで。
鼠蹊部に留まると多めのオイルを手に横スカよりスカスカになった紙パンツを弄ぶように・・・

意図したわけではないでしょうがトランクスの裾で見えにくくなった鼠蹊部への施術は・・・
裏拳での攻撃や袋へのサワサワを織り交ぜた施術は時間が経つのが早いようで、
もう少しと思ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくると一緒にシャワー室へ。
バスタブの縁に腰掛けると泡立てた石鹸で背中のオイルを手のひらで優しく流してくれます。
その手は抱きつくように乳首周辺を撫でるように、また石鹸を泡立て腹部から付け根あたりまで。
思わず振り返り、「前も」と言いたかったのですが・・・
セラピストさんは「あとはご自分で」とシャワー室の外へ。

垢すりタオルは浴室にあるものの使い捨てスポンジはないので、
石鹸を手に擦りつけながら泡立てようとしましたがオイルが付いているせいか泡立ちはイマイチ、
仕方なく直接身体に石鹸を擦りつけ洗うことに・・・
オイルは落ちきらなかったものの不快感はなく、そのままドアを開けると
すぐにセラピストさんがタオルを持ってお迎え。

ちょっと寒いマットの上で丁寧に拭いてもらい、一緒に部屋へ。
ソファの前に跪くと衣類カゴからパンツから靴下まで手渡してくれ着替え。
着替え終わりソファに腰掛けるとメニューを見せられミネラルウォーター選び。
硬度の異なる数種類のミネラルウォーターを用意しているようでその中の一つを選ぶと
すぐに常温のペットボトルが・・・飲みやすく一安心、

するとセラピストさんから会員登録の案内が・・・
来店ごとに1ポイント、何ポイントからか割引があるとのこと、
早速登録をお願いするとサイドテーブルのタブレット端末でセラピストさんが入力してくれます。
その間にミネラルウォーターグビグビ、入力終了し終えたところで手を繋いで玄関まで。

靴べらは遠慮してドアノブを押そうとしたところで「あっ」と呼び止められ、
振り向くとハグが・・・なかなかやりますな、と思いながらもついニヤニヤ。
ドアが閉まるまでお見送り、時計を見てさらにビックリ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
herbal1

所要時間
110分

独り言
密着、オイルたっぷり、露出度高めではないですが・・・
電話応対も含め好感持てる接客でした
施術はノーマルですが施術以外はヨカッタですね
シャワー室廻りはチョット・・・

2016年振り返って・・・

※訪問時、最初に着用した紙パンツを基に分類しています。
数種類用意されている店舗、変更した店舗もありますのでご了承ください。
※2016年12月末現在、
黒字は現在も同地区・同店名で営業中(一時休業含む)、
青字は閉店・同地区からの移転・店名変更、HP更新されていないなど休止中など。
※オプションなどで施術途中に変更することもありました。

ノーマルTバック(14/43)   
eternal3
浅草
アロマケリー
  
麻布・六本木
    
チャーム
リラックスクラブ麻布

スパアヌー

飯田橋
ブランドブラン

池袋 
リンクス

恵比寿
キュベレー
アマリア恵比寿


五反田
ゴールドラウンジ69

三軒茶屋
アロマココ
 
新宿
シークレットヴィラ
アマリア初台

中野
エルビス

中目黒 
アクア

極小Tバック(0/43)
luxess1(1)  
出会いなし

小Tバック(4/43)
gokusyokon
麻布・六本木
デジャブー東京

恵比寿
ル・ジャルダン

品川
プリマスィートスパ

高田馬場
アモーレ


横スカTバック(17/43)
moana
麻布・六本木
マ・ルーム

飯田橋
イヤサーレ市ヶ谷

池袋
アドベンチャースパ ズー
サンセット


恵比寿
フェアリー


神田・浅草橋

サプール

銀座

ザ・ギン
プリュムブランシュ


渋谷
キャンティ
東京少年

新宿
アロマッティ
ヴィヴォーグ
サロンアロハ
シェモア

ファンシーガーデン

八丁堀・茅場町
サロンブランカ

中目黒 
カオス

ブリーフ(1/43) 
jdesign
池袋
癒しのナースコール


横紐ブリーフ(1/43)
オリエンタルスパ
銀座
オリエンタルスパ

ストレッチ(4/43)
ftone
赤坂
プレディア
 

麻布・六本木

フローレス


恵比寿

エヴィータ

中目黒
ハニースパ

スライド式ショーツ(0/43)
secret2
出会いなし

トランクス(2/43)
herbal1
恵比寿
ポーシャ
  
高田馬場

ルポゼーション
  
なし(0/43) 
aromaazabu
出会いなし

独り言
新規出店への訪問が多いからかもしれませんが
ノーマルタイプより横スカタイプ取扱店が増えました(新色ピンクの影響も・・・)。
横スカファンとしては嬉しいです、が、極小タイプに出会えなかったことはチト寂しいですね。
紙パンツも年々変化しているので2017年はどうなるのでしょう楽しみです、
ルールギリギリのまさに神パンツ出現に期待します。
エステ用品メーカーさん、お願いします。            

2016年勝手にヒット商品
*横スカピンク
*オイルウォーマー
*ノイル

記憶に残った店は
*総合ではブランカ
*横スカピンクで東京少年
*施術でサプール

DMM.make DISPLAY

2
2017年最初の訪問は・・・
現実世界を忘れられる場所に

最寄駅 
東京メトロ八丁堀駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
Mon Amieコース

料金
100分16,000円
指名料 無料(初回利用時指名料無料、通常1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
シャワールーム、洗面台あり

セラピスト
黒Tシャツ、黒フレアミニ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが応対、やや間を空けるも店名名乗らず、
こちらから「ホームページ見たのですが」で会話スタート。
空き状況確認すると希望の時間が予約可能というので即予約。

指定時間に電話するとすぐそばのマンション。
オートロックを解除してもらい指定階へ上がると扉がガチャリ、
セラピストさんが手招きしてくれ中へ。

使い捨てスリッ突っ掛け、セラピストさんのお尻眺めながら奥の部屋へ。
「どうぞ」と言われたものの椅子も座布団もないのでそのまま突っ立ってると、
コートを掛けてくれ、自己紹介、コースの確認、会計と立ったまま。

すぐに釣銭持ってきてくれ着替えの案内。
サッと全裸になりタオル巻き終わるとセラピストさんから声が掛かり一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースにはストーブがありホットします。
バスマットは珪藻土、で、ちょっとひんやり、さらに浴室内の床が冷たい・・・
出してあるシャワーを足元に掛け、床を温めてからサッと洗い流し、
洗面台に置かれた紙パンツを穿きます。
サイドカット済のトランクスタイプ、このあとの展開にワクワクです。

暖簾越しに待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。
ここでオイルのチョイス、「無香、ラベンダー、それにパウダーありますが」に
無香をお願いしてマットに俯せになるとホンワカ暖か、寛げます。
すぐにタオルを掛けてくれシャワー室の片付けへ、
その間にカガミの見え具合を確認するも・・・利用価値なしにガックリ。

すぐに戻ってくると「室温は?力加減は?触れて欲しくない箇所は?」と確認が、
まとめて「大丈夫」と答えて施術開始。

足元に位置取り、脚に掛かったタオルを捲るとサイドカットしたトランクスの裾も捲り、
オイルを手にサァーっと延ばしていきます。
時折触れるスカートの裾にワクワクしたのは遠い昔、今ではこの距離感物足りないだけですが。

脚全体にオイルを拡げると脹脛をショートストロークでグリグリ、
適度な圧で入念なストロークは心持ち軽くなったような・・・

続いて膝上、太ももから臀部をスリスリも付け根はあっさり、
そのまま指先は割れ目にくると浅めにサワサワと数回往復。

足の甲をセラピストさんの膝に乗せて足裏をグリグリ。

カエル脚になると曲げた脚に跨り、最初は付け根沿いに手を差し込みグリグリも無事故、
が、引き抜くときに手の甲がガンガン、差し込むときの手も中によってきて・・・
腰から手を差し込むと鼠蹊部周辺をクリクリと優しくリンパ流してくれます。

背中のタオルを臀部に敷くとその上に跨り、腰から背中をしっかりとグリグリ。

ここで仰向けの声。
横に移動すると小生の手を取りビックリ膝の上、これには思わず勘違いしそう。
そのまま手はお腹まで引かれて指先は暴れてもお腹を撫でまわすくらいに、
これではいい子にしていたほうがとジッとしていることに。

セラピストさんの指先はデコルテをしっかりとリンパ流すもタマに乳首クリクリ。
下腹部はグリグリもあっさり、肩から腕も軽く揉み解して足元へ。

脚をグッと拡げられると股間に入り込み、トランクスの裾を捲り上げると
手のひらのオイルを撫でつけるように付け根周辺をスリスリ、
その手は徐々に鼠蹊部へ移動し、拡げた手のひらが優しく周辺を撫でまわします。
「の」の字を描くように手のひらで大きくスリスリと・・・

片手はトランクスの裾からスリスリ、もう一方は上から下腹部をスリスリ。
「元気ですねぇ」という言葉を投げ掛けられ、さらに元気になったような・・・
入念なスリスリを堪能するも時間が経つのは早く「ソロソロ」の声が。

クールダウンはフェイシャルらしく手を洗いホットタオルを用意に。
枕元に位置取り目を覆うようにタオルを置くとジンワリ目元が温かに、
暫くするとそのタオルでサッと顔を拭いてくれシャワーの準備へ。

すぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
足元冷たい中、サッと浴びて待機していたセラピストさんと部屋へ戻ります。

床に置かれたお茶を勧められましたが、まずは着替え。
片付けは済んでるようでセラピストさんはそのまま部屋に居てくれます。
どうせいてくれるなら着替え手伝ってくれればと思っていると、察したのか、
「手にオイルが付いてるからと手伝えなくてすいません・・・」
なんとなく納得したような気分になり一人着替え。

着替え終わるも再度お茶を勧められることはなく、手を付けずに玄関へ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
herbal1

所要時間
94分

独り言
新年最初の訪問は・・・
密着主流の中、距離感じますが昔はこんな感じだったような気も、期待してます。

↑このページのトップヘ