しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2016年10月

2
リンパドレナージュを存分に楽しみたいので・・・

最寄駅 
JR高田馬場駅
徒歩7分

訪問日 
2016年10月

訪問回数
初回

コース
120分コース

料金
120分18,000円(ご新規様特別価格オープン割引、通常23,000円)
指名料 某サイト見たで初回無料(通常1,000円)
入会金 記載なし
リンパドレナージュ2,000円
タップリオイル1,000円
支払総額21,000円

予約方法
電話予約、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル 複数室

施術室
4畳ほどの仕切り部屋

施術台
マット

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
黒ワンピ(ホームページ画像)

施術
電話すると「はぁい」と男性スタッフ。
こちらを窺っているようなので「某サイト見たのですが」で会話スタート。
早速空き状況を確認すると希望の時間が取れるというのでコース時間を伝えて予約。
予約の3分くらい前にホームページのマーカーのところから電話してください、で予約完了。

指定の場所から3分前に電話すると「はぁい」
予約名伝えてマーカーの場所に着いたこと伝えるとすぐそばのビル。
エレベーターで指定階へ、フロアは雑居ビルそのもの、部屋番号は見にくく・・・
部屋の前でチャイムを鳴らすと、インターフォンで名前の確認があり暫くすると、
中からセラピストさんがニコリとお迎え。

サンダル突っ掛けセラピストさんのお尻追いかけ、入り組んだ廊下を進み部屋へ。
奥の椅子に腰掛け、注意事項が記された書面を渡され署名を求められます。
その間にセラピストさんはお茶の準備へ。

薄暗いので内容は読まずにサッと署名、そして廻りを見渡すと・・・
内装で仕切った部屋、空調や照明のため壁は所々に隙間があり落ち着かない。

オイルウォーマーがあり、マットにはオイルたっぷり対応シートが敷かれていて期待できるも、
カガミは何に使うのか小さな姿見が片隅に立てかけてあるだけ、でちょっと残念。

セラピストさんがお茶とお菓子、紙オシボリを持ってきてくれコースの確認、
そしてオプションのセールスへ。
「タップリオイルは1,000円、リンパドレナージュは2,000円で鼠蹊部周辺を時間掛けて施術します」
とのこと、もちろん両方をお願いして会計。

着替えを促されて全裸になり、タオル巻いて準備完了。
セラピストさんが迎えにきて一緒にシャワー室へ。

何部屋あるのかわかりませんが、いくつかの部屋の前には客用サンダルが・・・
繁盛しているようです。

脱衣スペースに案内されると、浴びたらこれ穿いてくださいとトランクスらしき包みが用意されます。

浴室のドアを開けるとシャワーのお湯は適温でだしてあり、この時季には助かります。
浴室は小さいですがキレイにしてありました。
サッと浴びてトランクスを穿き、脱衣スペースを仕切ったカーテン開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

部屋に戻るとタオルを渡してマットへゴロンと俯せに。

全身タオルで覆われ、まずは揉み解しから。
足元横に位置取り、脹脛から体重掛けて圧し揉み、太ももから付け根まで指が入りワクワク。
太もも辺りに跨ると腰から背中をグイグイ。

そして「パンツに切れ込み入れますね」とハサミでジョキジョキ・・・
ホームページに意味ありげに写っていたのはこのためか、と納得。

オイルウォーマーから温めたオイルを手に脹脛から太ももへ、
そして切込みで露わになった臀部までサァーっと拡げます。

再度オイルを手に、脹脛からショートストロークでスリスリ。
太ももへ移り、その指が付け根まで届くと位置を確認しながら中指でクリクリ。

太ももに跨ると膝を曲げて脛をグリグリ、足裏にオッパイ期待したものの・・・感触なし。
指先の動きに期待は持てるも、微妙な距離感が・・・

股間に入り、カエル脚の態勢になると切り込みの入ったトランクスの裾を捲り上げ、
股間から付け根沿いをグリグリ、さらにねじ込んで鼠蹊部までしっかり。
腰から手を回すと鼠蹊部へグリグリ、さらに付け根までグリグリ。
中指がギリギリを通過するので当然ながら手がアチコチに・・・

さらに、ここでも股間で一時停止して中指クリクリ。

すると「腰浮かせますか」、
にサッと腰を浮かすと隙間に両膝を入れ、四つん這いのような態勢に。

片手で股間に手を差し込み、スリスリ・サワサワ、鼠蹊部まで手を入れると弄るように・・・
腰から手を廻すと鼠蹊部グリグリ、片手は臀部から袋近くまで遠慮気味にサワサワ。

太ももに跨ると臀部から腰、背中を力強くグリグに思わず「ウッ」

向きを変えて臀部に跨ると膝上から太もも、付け根へと手前に引くようにトリートメント。
さらに割れ目周りもしっかりと・・・

ここで「横向いてください」
横を向いて上になる方の脚をクの字に曲げると背後から股間に腕をねじ込みグリグリ。
自らの腿で可動域が限られた愚息はそのエジキ・・・まさにサンドバック状態。

「それでは仰向けに」の声。

仰向けになるとセラピストさんは頭部に位置取り、普通にデコルテ。まぁ、当然でしょうが・・・
あわよくばオッパイ当たったり、あんなことやこんなこと期待していただけに残念。

足元に移動すると、膝下をグリグリとしっかり。脛に跨ると太ももから付け根をスリスリもあっさり。

微妙な距離の腰横に移動すると腹部をスリスリ・サワサワ、たまに乳首。
さらに下腹部スリスリ、すると手のひらは下腹部、肘は・・・計算された施術のようで。

このあとの展開に期待していると・・・腕を取りモミモミとお話タイム。
セラピストさんの指先は微妙なところへくることはなく、タイマー音が・・・

腕を取り起こしてもらうと、室内にあるウォーマーからホットタオル取りだして
背中のオイルを軽く拭きとってくれます。そしてシャワーの準備へ。

時計を見ると終了予定20分前・・・道理で早く感じたはずだと思いながら天井眺めていると
あんな所にも隙間があり、隣室からは話し声も・・・
そのせいではないでしょうが室内のBGMに、店内のBGM、両方聴こえます。

セラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。
ソープを身体に付け、お湯を掛けるとスゥーっとオイルが流れていきます。
さすがホームページで謳っているとおり、「洗い流しはとても楽」です。

サッと浴びてセラピストさんと一緒に部屋へ戻るとお茶の差し替えを確認して部屋の外へ。
着替え終わった頃に、声が掛かりお迎え。

ここでいろいろとお話・・・
そして時間合わせをして玄関に。

紙パンツ
トランクス
portia

所要時間
122分

独り言
90と120コースが2,000円差という料金設定、ならと120にしてしまいますが・・・
オイルは300mlくらいの容器が空になることはなくタップリ感はそれほどでも
水溶性オイルは実感します

3
なんとなく制服に誘われて・・・

最寄駅 
東京メトロ新宿三丁目駅
徒歩5分

訪問日 
2016年10月

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
90分14,000円(オープニングキャンペーン新規客限定割引、通常16,000円)
指名なし (指名料 1,000円)
入会金 記載なし
ディープリンパ 2,000円(店頭メニュー)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部、左右の三面にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム、洗面台なし

セラピスト
白ベビードール(プレミアムコース選択時、送迎・施術とも)

施術
電話するとなかなか出ない・・・電話切ろうかと思ったところで出るも無言、
仕方なくこちらから「ホームページ見たんですが」と切り出し会話スタート。

希望の時間を伝え、空き状況確認。
希望に近い時間で予約可能というのでお願いするとコース・時間の確認があり、
内容聞かずに「プレミアム、90分で」と伝えると総額を教えてくれ、場所案内で予約完了。

指定の場所から3分前くらいに電話すると、すぐ近くのマンション。
部屋番号を教えてもらい、エレベーターで指定階へ。

毎度のことながら、ドキドキしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。
色っぽいベビードール姿でのお迎えにドギマギ。
揃えてくれた使い捨てスリッパ突っ掛け、セラピストさんのお尻眺めながら奥の部屋へ。

カーテンで外光を遮った薄暗い部屋、頭部と左右にカガミ、
たっぷりオイル対応シートが敷かれたマットと期待が膨らみます。

片隅にある椅子に腰掛けると自己紹介があり、お茶の準備に。
すぐにお茶とオシボリがサイドテーブルに置かれて
コース・時間の確認があり、メニューを見せられてのオプションセールス。
鼠蹊部中心の施術を長くしますとのこと、チラッと料金を確認して「お願いします」

セラピストさんもよりニコやかになり会計。
着替えを促され、準備が整い次第、部屋の外へ出てきてくれというスタイル。
他にお客さんがいないからできるのでしょうが・・・

サッと着替えて定番のカゴに衣類を入れ、定番の貴重品袋に財布入れ、扉を開けると、
すぐにセラピストさんがどこからか出てきて、一緒にシャワー室へ。

明るいバスルーム、セラピストさんからソープ容器の案内もあり助かります。
もちろんお湯も出してあり〇。

サッと浴び、床に置いてあるカゴから紙パンツ取りだすと横スカタイプ。
タオル巻いてドアを開けるとセラピストさんがサッと現れ、一緒に部屋へ。

お茶を一口含んで、マットへゴロリ。
ビニールシートの下には電気シーツが敷いてありホンワカ暖か。
タオルで全身覆われるとセラピストさんから室温確認、細かな気配りを感じます。

まずは揉み解し、と臀部に跨って背中をグリグリ。
ピタッと座ったのであの感触、体温をタオル越しにじんわりと感じます。

太ももに跨ると臀部をグリグリと手のひらで体重掛け、しっかりと圧し揉み。

向きを変え、太ももに跨ると脹脛をグリグリ。
膝を曲げて足裏、足の甲をグリグリも引き寄せてオッパイへの押しつけはなし。

「それではオイルに」と声が掛かり「タオルは掛けておきますか」に
「いや」と一言、より密着が楽しめるように。

オマタで足裏を押さえるように座ると、ポットに入れ温めていた容器を取りだし直接足へダラダラ。
温かいというより少し熱いくらいのオイルはサァーっと心地よく拡がっていきます。

脚全体にオイルを延ばすとショートストロークで脹脛を適度な圧でグイグイと。
続いて脚に抱きつくような態勢になり膝上から太もも、臀部へと手のひらで撫でるように。
引くときには指先が臀部から付け根をしっかり確認して膝上まで・・・

カエル脚になると腰横に座り、膝上から太もも、付け根へオイルをタラーリ。
膝上から手前に引く手は勢い余ってガツン・ガツンと・・・

腰から鼠蹊部へと手を差し込みグリグリ。
さらに股間からも差し入れ、両手で抱えるようにグリグリには事故連発。

股間に移動すると両手を腰から鼠蹊部へねじ込むと周辺をグリグリ。
尻に抱き付くような態勢となりプニュっとした感触も・・・

そして「四つん這いに」の声、そして、
ヌルヌルになったシーツに「態勢辛くないですか?」とセラピストさん。

確かに滑りやすいも「大丈夫です」と小生。

お尻を突き出し四つん這いになると、
腰に抱きつき両手を鼠蹊部へ、伸ばした指先は付け根をクリクリ。

続いて股間から腕を差し込み、付け根から鼠蹊部サワサワ。
たまに臀部から割れ目をなぞるように・・・

ふと横を見ると・・・哀れな姿にガックシも、セラピストさんとカガミ越しに目が合いドキッ。

太ももに跨ると背中にオイルをダラダラ。
腰から肩までオイルを延ばすと臀部にはしっかりとあの感触が・・・

背骨に沿って力強くグリグリするとビタッと背中に覆いかぶさり肩をモミモミ。
密着、そして耳元で息遣いを感じながらの施術はメンズエステならでは・・・

オイルまみれを気にしない密着は久々だなぁ、と思っているところで仰向けの声。

頭部に位置取り、デコルテから腹部、そして腕、目の前にオッパイもプニュはなし・・・

すると立ち上がって跨ぎながら腹部へ移動、もちろんサービスショットはバッチリ。
頭を跨がれても怒りを覚えないのはこの時くらいでしょうか・・・

お尻をこちらに向けて膝上から付け根をスリスリ・スリスリ。
座った後はお尻を浮かさず施術しているので目の保養にはならず・・・

足元に移動すると膝下をスリスリ。
膝を立てて、足の甲をアソコで押さえると膝上から太もも、付け根へスリスリも
スベリがいいので上手く止まらずガツン・ガツン。

思わず足の指がピーンと・・・

立てた膝を横に倒しカエル脚になると横に座り、オイルタラタラ。
ニュルニュルになった内腿から付け根、鼠蹊部を入念にスリスリ・サワサワ。

太ももに跨ると腹部グリグリも疑似騎乗位にはならず。

添い寝の態勢となり脚を絡ませると指先は乳首から腹部、鼠蹊部から付け根周辺へと
スリスリ・サワサワ・クリクリ、そして「あと5分くらいです」

これを延長コールと取るか微妙でしたが・・・
「あぁ」と答えるとそのまま暫しスリスリ・サワサワが。

立ち上がると太ももに跨り、抱き起してもらい座位態勢・・・もお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとニュルニュルのシーツから立ち上がり、一緒にシャワー室へ。
かなりのオイルに時間を掛け、洗い流して部屋へ。

さっと一人着替えて差し替えてあるお茶を啜り、部屋の外へ。
施術後、セラピストさんとのティータイムがないのは・・・と思いながら玄関へ。

セラピストさんに見送られながらも、自ら鍵を開けてエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック
plumblanche

所要時間
96分

独り言
電話かけたとき、部屋の前についたとき、次のハシゴ先考えましたが・・・
この初回料金なら密着・オイルたっぷりも満足、でもキワドサは・・・

2
「Fairy Touch Therapy」とは・・・

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩7分

訪問日 
2016年10月

訪問回数
初回

コース
アロマ・フェアリー・コース

料金
80分16,000円
ディープリンパ2,000円
指名なし(指名料金記載なし)
ご新規様限定「某サイト見た」で会計より1,000円割引
支払総額17,000円
ポイントカード有

予約方法
電話予約、WEB予約
応対女性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
頭部にカガミあり

シャワールーム
新しいそうなバスルーム

セラピスト
黒ミニワンピ(お迎え時、ホームページ画像)
ベビードール(上記コース選択時)

施術
電話すると女性スタッフが明るい声で店名応対。
「某サイト見た」と空き状況確認すると希望に近い時間が空いていたので即予約。

「80分で」とお願いすると、コースは聞かれずに場所の案内。
2カ所ある施術ルームから一カ所の目印を教えてもらい予約完了。

指定の場所から5分前に電話するとすぐ近くのマンション、
時間丁度にインターフォンをと、マンション入り口から時間スタートのお店のようで・・・

時間丁度にオートロック解除してもらい、エレベーターで指定階へ。
ワクワクしながらチャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんが中からニコリ。

スリッパ履いて、案内されるまま奥の部屋へ、これが彼女の部屋だったらちょっと・・・ですが。
ラブチェアに一人腰を下ろすと、カウンセリングシート兼同意書への記入・・・
細かなところは暗くて読めないので署名だけしたところに冷たいお茶が。

正面に座ったまま自己紹介、折角のラブチェアなのに・・・と思いながらメニューの説明。
アロマコースはベビードール着用でオイル多めで密着もある、
ディープリンパは鼠蹊部を長くやるとのこと、
で決めていた通り、アロマコースでオプションつけることにして会計。

手作り感満載の来店カード渡されると着替えを促され、シャワーの準備へ。
一人でサッと全裸になり、定番のカゴに入れて準備完了。

セラピストさんから声が掛かりシャワー室へ。
新しくキレイなバスルームなのですが・・・忙しいのでしょう。
サッと浴び、洗面台を見るとアメニティーに髭剃りが・・・珍しいです。

紙パンツ穿いて扉を開けるとベビードール姿のセラピストさんがお迎え。
この姿ドキドキ感が薄らいできました、慣れですか・・・

ただオイルたっぷりにはワクワク、対応のシーツの上へゴロンと俯せに。
が、シーツは冷たく、自らの体温で温めるまで暫し時間が・・・

セラピストさんは小生を全身タオルで覆うとシャワーの片付けへ。
すぐに戻ってきて、まずは揉み解しから。

横に座ると、圧しては揉んで、圧しては揉んでと脹脛から太ももまで、
適度な力加減で心地よさもあり。
さらにタオル越しとはいえ、付け根までしっかり指が入るのでこの先の展開にワクワク。

ここでマッサージリキッド、「ノイル」の登場。
マットの横には流行りのオイルウォーマーと予備ボトルがあったので
たっぷりオイル期待したのですが、小生の感覚ではそれほどでも・・・
あとで調べて見ると結構な値段するのですね、「ノイル」って。

掛けてあるタオルを施術する片足のところだけまくり、
脹脛から太ももへノイルをサァーっと拡げます。
オイルとは違いサラッとした感覚で気持ちイイ。

小生の足を足元へ移動したセラピストさんの膝の上に。
片足がエビぞるようになり、股間に手が入りやすく・・・

するとボトルから直接なのか、タラタラと脚にノイルが・・・
シーツに垂れないようにすぐサッと脹脛から太ももに拡げると、
両手でゆっくりとロングストローク、脹脛まで数回繰り返されるとその手は・・・

太ももから割れ目、腰までを指先で撫で上げると
続いて脚を持ち上げるように太ももに手を回すと、そのまま付け根へ。
付け根を指先で確かめるように摩るとさらに鼠蹊部へ。

もちろん、左右両足とも同様に施術するので傾いているほうでは・・・

カエル脚の態勢になると、横に位置取り、股間から付け根、鼠蹊部へ、
腰から鼠蹊部、付け根へと両手がデリケートゾーンへ、
たまに臀部とサワサワ、クリクリ動き回ります。

股間に入るとセラピストさんの脚で小生の片脚をカニ挟み。
ボトルからタラっとノイルを垂らし、手のひらで脇腹からから臀部へ拡げると
指先で脇腹サワサワ、鼠蹊部グリグリ、、時に乳首をクリクリ。
これには思わず、ピクッ、ピクッと反応してしまいます。

その間もセラピストさんの脚は小生の太ももあたりをスリスリ、スリスリ、ただ、密着感は微妙・・・

仰向けになると後ろ向きで腹部に跨り、太ももから付け根をスリスリ、サワサワ。
太ももから付け根へと手前に引くように流していくので、ついつい勢い余って・・・
ただ小生の腹にピッタリと座っており、腰が浮くこともなかったのでチラリはなし。

とは言え、事故で期待が高まったところで股間へ移動。
小生の太ももの下に自らの膝を差し込み、セラピストさんは手を入れやすい、
というか施術しやすい態勢に。

そして・・・

周辺を施術するとき、障害がないのは横スカならでは・・・
紙パンツの周り、指先が上か中か分からない状態で集中攻撃は続きます。
重大事故まで至らず心の中で「もう少し・・・、もう少し・・・」

たまに乳首への攻撃を織り交ぜながら周辺をサワサワ、サワサワ。
この勢いに小生も集中してみますが残念ながら・・・
ふと冷静になって「もうそろそろ時間かな」
なんて考え始めたところでお時間、セラピストさんはシャワーの準備へ。

マットから起き上がり周囲を見渡すと目に入ったのがノイルが入ったボトル。
2本とも半分以上残っており、さらに深鉢にも・・・

シャワーを当てたところは落ちが早いのですが、ソープでも流しきれず、気になるところも。
ただシャワー後痒くなるようなこともなく、部屋で着替えに。

セラピストさんは既にお迎え時のワンピに着替えており、差し替えたお茶とお菓子がテーブルに。
お茶を勧めて、シャワーの片付けへ。

着替え終わった頃に部屋へ戻ってきたセラピストさん、
お茶とお菓子を再度勧めてくれ、折角だからとひと口。

施術へのお礼を一言述べて玄関へ。
エレベーター降りて時計見ると・・・

紙パンツ
横スカTバック
prive

所要時間
75分

独り言
電話応対は好感持てました
密着、オイル多めとはどこにも書かれていないので勝手に思い込んでしまったのかも
セラピストさんによって施術内容は変わるようなので合うセラピストさんが見つかれば・・・

↑このページのトップヘ