しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2016年05月

2
癒しとほぐし、どこへ向かうのでしょうか

最寄駅 
JR品川駅
徒歩7分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
おすすめプラン

料金
90分17,000円 (某サイト見たで1,000円割引、80分コースのみ10分サービス、通常80分18,000円)
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約 、応対女性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
4.5畳

施術台
マット
頭部に姿見有

シャワールーム
薄暗いバスルーム

セラピスト
パレオ

施術
電話すると女性が「ハイ」と応対のあと無言。
仕方なくこちらから某サイト見たと切り出し、空き状況の確認。
希望の時間が取れるというのでコース内容や料金を尋ねると・・・

おすすめコースはパレオで施術、オイルは多め、オプションはバブル。
オプションは来店時にセラピストさんと相談で決めればよいとのこと。

コース時間は80分コースだけ10分サービスというので
おすすめの80分でお願いすると、5分前に指定の場所から電話してくださいと言われ予約完了。
(後で気づきましたが、ホームページでは初めてのお客様は10分前にと書いてありました)

指定の場所から5分前に電話、こちらから予約名を名乗ると
また目印を言われ、そこから電話してください・・・
目印から電話すると簡単な道のりを難しく説明してくれ、漸くマンションに到着も嫌な予感が・・・

古い低層マンションでエレベーターがない、そこから階段上がり指定階へ。
息切らしチャイムを鳴らすとセラピストさんがお迎え。

スリッパの中に使い捨てスリッパ、履いてすぐ横の部屋へ。
これが自慢の「癒しの空間」か・・・と思いながらソファに腰掛けます。

飲み物を聞かれ、カウンセリングシートへの記入を促されると障子を開けて部屋の外へ。
すぐに戻ってきてお茶とオシボリがサイドテーブルへ。

お茶を一口啜ると、セラピストさんからメニューを見せられコースの確認、
既にメニューは新店バージョンでしたが・・・

オプションセールスはなく会計、自己紹介すらなく着替えを促されます。

勝手にハンガー使い、貴重品袋使って準備完了、暫くしたところでセラピストさんから声が・・・
この時すでに15分経過。
障子だからノックできないな、なんて思いながら一緒にシャワー室へ。
入る直前にこれ穿いてくださいと渡された包みを洗面台に置き、バスルームに入ると・・・

掃除はされているようですが薄暗さがシャワーカーテンもバスルームも汚らしく見せてます。
そんな中、サッと浴びて紙パンツ穿いてみると久々の極小タイプ、これにはワクワク。

ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。
ビニールシートだけになったマットに寝転ぶとシャワー室の片付けなのか部屋の外へ。

すぐに戻ってきて先ほど小生が身体を拭いた湿ったタオルを掛けて揉み解し。
横に位置取り、背中を両手で数回圧しただけでオイルに。

足元に位置取ると多めのオイルを手に取り、足全体に延ばします。
小生のくるぶしを膝で挟むような態勢で脹脛からショートストロークでヌルヌル。
脹脛辺りに移動すると太ももをヌルヌル、指先は付け根から数センチ手前でUターン。

足裏にもたっぷりオイルでヌルヌル。

カエル脚になると股間に位置取り、太ももスリスリ、臀部スリスリ。
付け根にも届かず、オイルで滑っての事故すら・・・

背筋使って頭部のカガミを覗くも角度からセラピストさんの表情が見えそうで見えない・・・

臀部に跨ると背中をヌルヌル、グリグリとかな~り入念に、で仰向け。

頭部横に位置取り、デコルテから腹部をスリスリ。
オッパイは当たりそうで目前を通過するだけ。

立ち上がった姿をふと見上げると胸元で一点結んだパレオの前がはだけて肌が露わに・・・
この先の展開にワクワク。

足元に移動すると、足の甲あたりに跨り、膝下からヌルヌルと付け根手前まで。
ただ足の甲に感じるのはベトついたパレオの布地だけ・・・

横に移動してきて、手のひらマッサージ。
これでクールダウンかと思いきや、今一度足元へ移動して脛辺りに跨り、腿から付け根手前。
へそ廻りを撫で撫でして、「ソロソロお時間です」

これは延長コールなのか、ラストスパートに入るのか悩みましたが・・・

このあとも淡々と付け根手前から鼠蹊部手前あたりスリスリしてお時間。

シャワーの準備からはすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
しっかりオイル流して部屋に戻るとセラピストさんが「お茶差し替えますか?」

当然、お断りして着替え・・・

着替え終わり、やや間があってセラピストさんが入ってきて一緒に玄関へ。

紙パンツ
極小タイプ

prima表
<前>
prima裏
   <後>       
     
所要時間
97分        

独り言            
このスタイルのままなんでしょうか、流行りなのか同じような形態で出店見受けられますが・・・
この料金なら選択肢多そうですが、新店として頑張って欲しいですね
店名のホームページのみ閲覧しての訪問です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

3
『ドラマチック至近距離セラピー』って?
もしかして白いブリーフ姿で施術??

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARDコース

料金
90分17,000円 (オープニングイベント1,000円割引、通常18,000円)
指名料記載なし
支払総額17,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
タイトミニのワンピース(ホームページ画像)で送迎
施術時はセラピストさん曰く、「施術しやすいカッコ」

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望の時間が取れるのですぐに予約。

料金や場所の案内はなく一時間前に確認の電話を入れて欲しいとのこと。
付け加えるように「忘れないようにお願いします」・・・

一時間前に電話すると女性スタッフ?セラピストさん?が店名応対。
確認の電話と名前を伝えると「ハイ、お待ちしてます」で終了。

場所も何分前に電話かもホームページから察するように、ということのようで・・・

数分前に近くのコンビニから電話すると男性スタッフが応対、丁寧に案内してもらいます。
すぐに指定のマンションに到着、オートロックを解除してもらい指定階へ。

初回訪問はチャイムを鳴らす瞬間から『ドキドキ感』が高まります・・・
すぐにセラピストさんがニコリとお迎え。
履きにくい使い捨てスリッパを突っ掛け、セラピストさんに手をひいてもらい奥の部屋へ。

ソファに腰掛けるよう勧められ、腰掛けると「少しお待ちください」と外へ。

室内観察していると目についたのはゴミ箱、
そして音楽プレイヤーの後ろには隠されたようにティッシュが・・・

セラピストさんがおしぼりと一緒に持ってきた水素水を勧められ一口。
自己紹介があり会計、着替えを促されシャワーの準備へ。

色んな所に掛かっていたハンガー使って衣類を掛け、全裸になり、タオルを巻いて準備完了。

セラピストさんが迎えに来ると手を繋いでシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、大きなゴミ箱を開けると・・・さすが繁盛店。

見慣れない色の包みと手にすると、それは包みではなく紙パンツそのもの。
拡げて見ると新色ピンク、まさに春の紙パン祭り。

ドアを開けるとセラピストさんがお迎え、手を繋いで部屋へ。

水素水を飲んでマットに寝ころぶとタオルを掛けられシャワー室の片付けへ。

時間が掛かるようで薄暗い中待っているとドアが開く音が聞こえ、「お待たせしました」
続けて「施術しやすい恰好になりますね」に思わず振り返るも暗くて・・・

横から足、腰と揉み解し、腰に跨ると背中、肩と軽くモミモミ。
片手を背中に置くと動かないようにアソコで押さえて肩甲骨周辺をグリグリ。

指先には確かにセラピストさんの『温もり』が・・・

腕を横に拡げると、その腕を揉みながらピタッと背中に覆いかぶさり、
背中にはムニュっとした感触にどこか懐かしい安心感。

横に移動すると脹脛から太もも、そして付け根を確認するようにモミモミでオイルに。

後ろ向きで太ももに跨り、脹脛からモミモミ。
シート、オイルポット、そして衣装から多めのオイルでの施術と期待したものの至って普通・・・
膝を曲げ、足裏にオッパイムニュムニュッとして足元へ移動。

足裏をアソコで押さえるように座ると膝上を指先から肘まで使いスリスリ。
指先で臀部を、肘で股間を、そしてオッパイで脹脛を同時に刺激してくれます。

カエル脚になると曲げた足を挟むようにして太ももから臀部をサワサワサワサワ。
腰から手を差し込み鼠蹊部辺りをスリスリ、そしてまた太ももサワサワ。

クスグリ攻撃は苦手なんですが・・・この後の展開に期待してここはひたすら我慢。
とは言え、こそばゆくってピクッピクッと反応してしまいます。

その反応のお蔭かわかりませんが、腰から差し込む手の際どさが増したような・・・

ここで四つん這いの声・・・
情けない姿なんだろうな、と思いながらお尻を突き出すと
片足の脹脛あたりに跨り、太ももから臀部をサワサワとクスグリ。
ここでもか、と思っていると片足の付け根に腕を廻してスリスリ、際どさが・・・

股間に位置取り、両手で内腿サワサワ、付け根スリスリ。

枕元に移動してきたセラピストさんをチラリと見ると下着?水着?・・・
ワクワクですがせっかくの衣装、カガミがないのは勿体ない。
その露わな腿にと思ったらタオルを敷いた上に顔を載せて肩から背中をグリグリしながら
後頭部に何回も何回もオッパイでプニプニ、で俯せ終了。

ホットタオルを取りいくと、すぐに戻ってきて軽くオイルを拭き取り仰向けに、
そしてセラピストさんの姿が・・・

頭を挟むように座るとデコルテから腹部、というかオッパイムニュムニュ。
指先がどこに届いているかはムニュムニュが強烈すぎて記憶に残っていない・・・

この流れからドラマチックな展開を期待とワクワク・・・
その期待に答えるかのように目の前を通過も着地せずに絶妙な距離でホバリング、
まさに『至近距離セラピー』、少年のような冒険やチャレンジ精神がみなぎりましたが、
小生の手は両膝でガッチリガードされていました・・・

腹部に着地すると足にピタッと抱きつき、腿にオッパイ当て膝下スリスリ、
上体起こして太ももサワサワ。

股間に移動して内腿サワサワ、付け根から鼠蹊部スリスリ。
横スカならではの事故多発もアッサリで「添い寝しますね」

腕枕で片手をガード、足を曲げ膝あたりで太ももスリスリ、
指先は下腹部から乳首までスリスリサワサワ。

太もも辺りに跨ると腹部からデコルテスリスリ、そのままビタッと抱きついて肩をモミモミ。
もぞもぞと足を動かしているとセラピストさんの腰がずれてきて疑似・・・
まさにみなぎる活力・・・

「この流れなら」と思ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとなんともエロいバスタオル1枚巻き(もちろん下着は着けてますが)。
手を繋いでシャワー室へ、この恰好で背中流し、とワクワクしていると
セラピストさん「では外でお待ちしてますね・・・」に「・・・」。

オイルは少なめだったせいかサッと洗い流し、タオル巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

シャワー室の片づけらしく一人で着替えも、すぐに冷たい水素水とおしぼり持ってきてくれ
ソファへ腰掛けるよう勧めてくれます。

折角の水素水とグビリと飲み干し、手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
白いブリーフではなかったですが・・・横スカTバック(ピンク)               
tokyosyounen
       
所要時間
93分        

独り言            
看板掲げていないからこその営業スタイル、店名がコースみたいなものですかね
オペレーションも施術も微妙ですが、ちょっと気になるお店です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
やっぱりメンズエステと言えばナース服・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
100分コース

料金
100分税込16,200円
ネット指名料0円(某サイト見たでサービス、通常2,160円)
入会金0円(某サイト見たでサービス、通常2,160円)
支払総額16,200円
ポイントカード有

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル店舗型、複数室

施術室
6畳ほどの個室

施術台
マット

シャワールーム
やや広めの簡易シャワー

セラピスト
前ボタンのナース服(ホームページ画像)、他のナース服姿のセラピストさんも見かけました

施術
電話すると希望の時間が取れるというので、すぐに予約。
こちらから金額確認、時間丁度に店に来店してくださいとのこと、で予約完了。

時間丁度に2階に上がる階段途中で来店知らせるチャイムが作動。
2階踊り場にソファ、入口に受付カウンターと一昔前の・・・

受付の店員さんが「ご予約は?」。
予約名を答え、コースの確認、会計、会員証の取り扱いと進み、
カルテらしきものを渡されソファで記入するよう案内されます。
記入し終えた用紙を店員さんに渡すと暫くしてセラピストさんがニコリと登場。
胸元が開いたナース服には思わずニヤリ。

手を取られ一緒に店内へ、途中スリッパに履き替え、奥の部屋までエスコートしてくれます。
すぐにシャワーを浴び紙パンツに着替えるように案内され、セラピストさんは部屋の外へ。

全裸になり、室内にある広めの簡易シャワーに入り自らお湯を出しサッと浴びて
ブリーフタイプの紙パンツ穿き替え準備完了、もセラピストさんはなかなか現れず。

5分くらいしたところで冷たいお茶を持ってきたので一口啜ってマットにゴロリ。

すると「100分ですよね」と確認・・・
「マットに座ってください」にマットの上で胡坐をかくとセラピストさんがその上に跨り、
なんと対面座位状態、ピタッと抱き付き肩をモミモミ。

これは、とこの後の展開に期待・・・

マットに俯せになるとタオルで覆い、足元に位置取り脹脛から付け根から臀部と軽く圧迫。
太ももに跨り腰から背中、ピタッと覆いかぶさりオッパイムニュっと押しつけ、肩をモミモミ。

足元に移動して膝を曲げ、足の甲を谷間に当ててストレッチ。

足に掛かったタオルを捲り、足裏を腿で押さえるように座るとポンプを何回も押し、
多めのオイルで足首から太もも、付け根へとロングストローク。

脹脛をショートストロークでグリグリ。
脹脛に跨ると太ももをスリスリも指先は付け根数センチ手前でUターン。

カエル脚になると股間に入り、曲げてある脚を挟み膝から太ももをスリスリも
手は期待しているところへは伸びず、太ももを足と一緒にスリスリ。

覆っているタオルで軽くオイルを拭き取り、
そのタオルを太もも辺りに敷いてその上に跨り、臀部から腰、背中。
オイルを拭き取り、タオルを背中に掛けるとその上に覆いかぶさるようにして肩。

ここで「四つん這いに・・・」とワクワクする一言。
サッと四つん這いになり尻を突き出すと内腿スリスリ、臀部スリスリ、
腰から腕を廻すと指先で慎重に鼠蹊部サラッと・・・

頭部に移動して首筋、肩とグリグリ。
掛けていたタオルでオイルを拭き取り仰向けに。

頭を挟むように座ると多めのオイルで首廻りをグリグリ、襟足にオイルが・・・
首筋からデコルテ、この時は目が合うと何か気まずいので閉じているのですが、
なかなかオッパイスタンプがこないので薄目を開けて見るとはだけた胸元が目の前に・・・

指先が下腹部へ伸びるもスタンプはなし、乳首もサラッと。

足元に移動すると太ももで挟み、足首から太もも、付け根手前まで
オイルを全体に延ばすと両手で脹脛を持ち上げるようにグリグリ。

カエル脚になると股間に入り、曲げた脚を挟み太ももでスリスリ。
俯せ時同様、手も腿と一緒にスリスリ。

股間に位置取り、両手で付け根数センチ手前、ブリーフには触れず周辺をスリスリ。

横に移動してくると小生の腕にタオルをしっかり巻かれて枕がわり、
まぁ腕枕と言えば腕枕なんですが微妙・・・

添い寝での施術は片方の手を取り、グリグリと手の平マッサージ。
片手は頭で押さえつけられ、もう一方も手を掴まれてるのでオイタ対策は万全。

受付からのワンコールがあり、タオルウォーマーからホットタオルを取りだすと
顔から腕、デコルデ、起き上がって背中と最後は冷たくなった一枚のタオルでオイルを拭き取り。

最後は今一度対面座位オッパイ押し付け、肩をモミモミでお時間。
もちろん立ち上がる時は目の前にはバッチリと・・・

それではシャワー浴びて着替えてくださいと一人に。
自分でお湯を出して入念に洗い流し、着替えて待つこと5分。

持ってきたお茶を一口飲むと次回延長サービス券代わりの名刺を受け取ると
思わず勘違いしたくなるようなセラピストさんからのハグ。
ボタン外しているのかと思うほどはだけた胸元を目に焼き付け、部屋の外へ。

手を繋ぐと踊り場までエスコートしてくれ、お見送り。

紙パンツ
ブリーフ

ナースコール
   

所要時間
108分(受付時間含む)

独り言
室内にシャワーがあるのは楽ですね
密着より距離感じますが・・・
この日は東口某店からのハシゴ、もう1件考えましたがお金も体力も無くなってました
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版

2
会員制ラウンジにも通ずるところあるかも・・・

最寄駅 
東京メトロ虎ノ門駅
徒歩4分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
アロマコース

料金
90分12,000円(某サイト見たで90分以上3,000円引、通常15,000円)
入会金記載なし
指名なし(通常1,000円)
支払総額12,000円

予約方法
電話予約 、応対男性スタッフ

店舗
一棟店舗型

施術室
6畳より広め

施術台
マット
頭部、足元、天井に大きめのカガミ

シャワールーム
簡易シャワー

セラピスト
白タンクトップに黒タイトミニ

施術
電話すると男性スタッフがすぐに応対も店名名乗らず、こちらの出方を窺っているようなので
「某サイト見ました」と切り出すと「ありがとうございます」で会話スタート。

コースの違いを聞くと初回はアロマかストレッチとのこと、
で、エグゼクティブは?にいろいろあって言えないんですと意味深な返事が・・・
その言葉に隠されていることに期待して予約。
残念なのは料金や迎車サービスのことには一切触れられず。

ホームページからはやたらプロデュースチームが、と書かれているので
さぞかしお洒落な造りかと店の前を見ると・・・なんとノボリが風に揺れている。
一応チャイムがあったのでそれを押すと中から店員さんが「どうぞ」。

入口すぐにソファが置いてあり、テーブルにはメニューが。
コースの確認があり、エグゼクティブコースは一応2回目から・・・
セラピストさんが水着で施術するとのこと、当然初回なので90分で会計。

その間にと、カルテらしきものに記入、署名。
すぐに釣銭を持ってきて、「それでは」とセラピストさんとご対面。
店員さんはセラピストさんに「〇〇分から」と一言、開始時間の確認のようで・・・

スリッパに履き替えると、セラピストさんからの「3階になります」に心の中でヤッターと
思ったのも束の間、「どうぞ、お先に・・・」。

先に階段を昇り2階へ、さらに3階への階段は手をついて昇るような急階段。
息切らしながら昇りきると頭下げるゲートをくぐり部屋へ。

南国の気分はさておき新しくキレイ、奥にある赤のソファに何かを期待してしまいます。

そのソファに案内されることなく自己紹介があり、着替えを促されセラピストさんはシャワーの準備へ。
サッと着替え、間があったので室内を観察、すると目につくのはゴミ箱、
すかさずティッシュを探すも、見当たりません。

注目はカガミ、頭部、足元、そして天井の三面(ホームページでは左右と天井の三面)にあり、
これを活かしてどんな施術するのか、ワクワクしているとノックがありシャワーへ。

シャワーは2階(1階にもありました)、急階段を一段一段慎重に下りてシャワーへ。
普通の簡易シャワーも脱衣スペースは広く、明るくキレイにしてます。

サッと浴び、紙パンツ穿いて扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

部屋には水が用意されていて一口。
マットに俯せになるとタオルで全身覆われ、照明落として揉み解しから。

横に位置取り、背中から肩を指先でグリグリ、さらに腕を使い背中をグリグリ。
足元に移動すると脹脛から太もも、臀部まで手のひら使い圧迫。

タオルを捲ると両膝で脚を挟み、オイルを手に足首から臀部まで一気に拡げます。
数回のストロークでオイルを拡げると最初は指先で膝裏までショートストローク。
続いて腕を使い、脹脛にローラー掛けるようにグリグリ。

脹脛に跨ると両腕使い、肘で挟むようにして膝上から付け根までグリグリ。
付け根までくると一時停止、肘で股間を微妙に刺激してきます。

カエル脚になると曲げたほうの脚に跨り、片手で股間から腰からと腕をねじ込み、
付け根から鼠蹊部周辺をグリグリ。さらに両手で付け根を抱きかかえるようにしてグリグリ。

薄暗い中、しっかり位置は確認しているようで事故は少なめ・・・

脚と閉じ、太もも辺りに跨ると臀部を手で、肘でグリグリ。
臀部に跨り、腰から背中を肘でグゥーっと圧迫、これにはイタ気持ちイイ。

腰を浮かせているようでアソコの感触を感じとることはできないものの、
密着するようにして肩甲骨から肩をグリグリするので
かすかにオッパイが当たっている気が・・・

ウォーマーからホットタオル取りだし、軽くオイルを拭き取り仰向けに。

頭部に位置取り、首廻りから、アゴ、耳をツボ圧しのようなことを・・・
デコルテから腋、手を伸ばして腹部もオッパイが当たることはなし。

ここでアロマの香りがしたホットタオルで目の周りを軽くマッサージ、
そのまま顔廻りのオイル拭き取り。

腕を横に伸ばすと肩から二の腕までを手のひらでしっかり。

足元に移動すると、膝の上に小生の足を載せ足の甲をグリグリ、
すると意図してなのか、つま先にプニュっとした感触。
天井のカガミ越しに見るとお腹ではなく、確かにオッパイが・・・

膝下から太もも、付け根へオイルを拡げると両手で脹脛辺りをモミモミ。
膝を曲げて足は挟むようにして膝から太もも、付け根をスリスリ。
慎重な運転に天井のカガミを見てもワクワク感はイマイチ。

股間に位置取り、内腿スリスリ、付け根から鼠蹊部サワサワ。

さらにひざを詰め股間に近づき、鼠蹊部から下腹部からへそ周りと腸セラピー。
腰を浮かせての施術に期待して天井のカガミ凝視も見えそうで見えない、
施術も視覚も焦らされたまま・・・

横に移るとお時間近いようで天井のカガミには時計をチラチラ見てる姿が・・・
気にしながらも手を取りと手のひらをグリグリしたところで丁度お時間。

シャワーの準備へからすぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。
サッと浴びて階段昇り、一人で着替えていると終わった頃にお迎え、
入れっぱなしの水も勧められることなく、急な階段で落ちることなくなんとか1階へ。

店員さんにも見送られて帰路に。

紙パンツ
横紐ブリーフ

オリエンタルスパ

所要時間
98分(受付で要した5分含む)               

独り言                                    
折角の階段も天井のカガミもメンズエステとしては勿体ないような・・・
ラウンジプロデュースという言葉に期待するところは多かったのですが、
オープン間もないのでこれからに期待ですね。
オナホール2

3
「ここにしかない特別な時間」を
美しく洗練されたプレミアセラピストさんと一緒に・・・

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩3分

訪問日 
2016年4月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARD COURSE

料金
90分11,000円(プレオープン期間5,000円引、通常16,000円)
入会金0円(無料キャンペーン、通常1,000円)
指名なし(無料キャンペーン、通常1,000円)
支払総額11,000円

予約方法
電話予約 、応対男性スタッフ

店舗
マンション
お一人様専用??

施術室
8畳より広め

施術台
キングサイズベットの上にマット
横に大きめなカガミ、頭部にもカガミありますが寝ている状態では見えません

シャワールーム
キレイにしています

セラピスト
お迎え~揉み解しまで、お見送り時はワンピース(ホームページ画像)
オイル~背中流しまで、濃い色のベビードール、インナーは下着っぽかったです
LUXURY VIP COURSEは密着が増し、施術時の服装が変わるそうです

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望時間が取れるというので即予約。   
少し前に指定の場所から電話してくださいと言われ、
総額は伝えられず、予約名を名乗り予約完了。
   
指定の場所から3分前に電話すると男性応対で道案内。
すぐに到着も、階段にはチョイ息切れ。
オートロック解除してもらい、チャイム鳴らすとやや間があってドアが開き
セラピストさんが中からでてきて一言「お名前は?」に「・・・」

名前を名乗り、スリッパ履き、セラピストさんの後を付いて奥の部屋へ。
そこは狭い待合室・・・

「お飲物は」と数種類の中から冷たいお茶を頼むと、その用意へ。
すぐにお茶が運ばれてきてテーブルに置くと勧められることなく、「お会計を」

先に会計を済ませて漸くお茶を一口。
釣銭受け取るとすぐ横の施術ルームへ。

広めの施術ルームには大きなカガミ、気になるのは欄間がガラスのように透けていること。

着替えを促され、タオルを巻いて準備完了、そこへセラピストさんから声が掛かりシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、紙パンツ穿いて扉を叩くと
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

俯せになり、フェイスマットに顔を埋め・・・これでは折角のカガミも。

全身タオルで覆うと揉み解しからスタート。
足裏に感触もおそらく太ももで押さえているようでチト残念。
コース時間から足裏への施術は省略とのことで、脹脛からグリグリと力強く太ももまで。

腰に跨ると背中をグリグリも、臀部に神経集中させると時々アソコの感触が・・・

肩甲骨から肩へと座る位置を変えずに腕を伸ばして施術するので
背中から覆いかぶさるようになりながらグリグリ。
ピタッと重なったところで施術している手が止まり、
耳元で「オイルに移ります」、さらに「それでは着替えてきますね」とワクワクする言葉・・・

すぐに戻ってきた姿を見るとシルクっぽいベビードール、
インナーの肩紐チラリと期待しちゃいます。

タオルを取り払うと太ももで足裏押さるとポンプを何回も押し、
手にしたオイルを脹脛から太もも、さらに付け根までとロングストロークで拡げます。
ショートストロークで脹脛をグリグリ、ハムストリングをグリグリ、力強い圧しはイタ気持ちイイ。

足を拡げ、股間に位置取ると太ももから付け根、
股間から手を差し込み鼠蹊部とスリスリサワサワ。

カエル脚になると股間から曲げた脚を挟み、
浮いた隙間に手を差し込み付け根から鼠蹊部をクリクリ・・・
セラピストさんは足もこまめに動かし、小生の腿をスリスリと手足使っての合わせ技。

手のひらで臀部から鼠蹊部をスリスリ、
時に指の腹で触れるか触れないサワサワにゾクッと・・・

その指先は乳首、そして脇腹と留まることなく動き続けるので
カガミをチラ見するとくすぐったくってビクッとする反応を楽しんでいるように見えます。
が、ここでカガミ越しに目を合わせてくれないのはチョイ残念。

足元に移ると膝を曲げ、膝にオッパイ当てながらストレッチ。

腰にタオルを敷くとその上に跨り、背骨添いにグリグリと力技で仰向けに。

フェイスマットを退かすと頭部に位置取り、首を横に向け首筋をグリグリ。
頭を挟むようにするとデコルテ、オッパイスタンプはないものの指先は徐々に下腹部へ。
その時、腰が浮きあがりそうになるので
横を向きカガミで確認も期待する位置関係には程遠いようで・・・

足元に移動すると股間から片足に抱きつくようになり両足で挟み込むと、
俯せ同様、指先でサワサワ、太ももでスリスリの2段攻撃。

太ももは動かしつつも指先は小生の太ももをサッと撫で、付け根から鼠蹊部を微妙なタッチで・・・
さらに股間に手を突っ込むと割れ目を撫で上げ、紙パンツの縁をなぞり鼠蹊部まで。
ここでも指先で太もも、脇腹、乳首と弱そうなところをコチョコチョ、コチョコチョ。

部位、長さ、そして触れかた、くすぐったいから快感に変えるには・・・
くすぐったいのを我慢していてもピクッ、ピクッと反応はします。

セラピストさんの胴を挟むようにして股を拡げると
両手で付け根から鼠蹊部、下腹部までを上下にストローク。
数回ストロークを繰り返していると紙パンツの紐が一所懸命すぎて指に絡まったのか、
紙パンツの紐ごと押さえつけながら上下に・・・

合間には脇腹サワサワ、乳首クリクリ、コチョコチョが入り、
また下ろしては上げ、下ろしては上げ、でお時間。

ホットタオルで優しく身体拭いてもらうと「お背中流しますね」と一緒にシャワー室へ。
紙パンツ穿いたまま、ホントに背中だけスポンジで流してもらうと、
一人で紙パンツ脱ぎ、ソープで入念にオイルを洗い流します。

最初のワンピースに着替えたセラピストさんと部屋に戻り、一人着替え。
差し替えられていたお茶を啜り、セラピストさんが迎えに来たところで玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック

fancy

所要時間
88分

独り言                    
ホームページ見るとプレオープン期間は割引ですね、この値段なら
ソフトな2回目ルールの店多くなるのですかね
オペレーションはこれからのようですがLUXURY VIP COURSEでの再訪迷います
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ