しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2016年03月

3
施術レベル・女性の質には徹底的にこだわっている店って・・・

最寄駅 
JR目黒駅
徒歩10分

訪問日 
2016年3月某日

訪問回数
初回

コース
Deep Aroma Course

料金
90分16,000円(某サイト見たで2,000円割引+指名料、通常18,000円)
指名料 込(通常 写真指名1,000円、本指名2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約・メールでの予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション ワンルームタイプ

施術室
6畳ほどの洋間

施術台
マット
側面に大きなカガミ有

シャワールーム
バスタブ  

セラピスト
胸元がジップのミニワンピース(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名で応対、「某サイト見たのですが」と
空き状況確認すると希望の時間が取れるので、まずは内容確認。

「タイ古式って?」・・・「施術できるセラピストが限られています」
「アロマは?」・・・「普通のオイルマッサージです」
「ディープは?」・・・「アロマよりより鼠蹊部を長くやります」

それではと、ディープの90分で予約完了。

指定の場所から電話するとそのまま通話しながら、
花見客の間をかき分け目黒川沿いを進み、左へ曲がりマンション前へ。

オートロックを解除してもらい、
部屋のチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。

スリッパ履いてすぐ横の受付スペースへ。
小さなソファに腰掛けると「飲み物は?」に
いくつかの中から冷たいお茶を頼むとすぐにお茶とオシボリがテーブルに。

コースの確認、会計をすると二段の段差を昇り奥の部屋へ。

白を基調とした室内、ロールスクリーンをあげたら
「もしかしてマジックミラー号??」

明るい部屋にはマットの横に大きなカガミがド~ンと。

すぐに着替えを促され、衣類はクローゼットへ。
定番の衣類カゴに貴重品入れはなく、辺りを見渡してもないので
バスタオルを腰に巻き、財布を手に持ち準備完了。

シャワー室は部屋からはシースルー、もちろんカーテンは下ろしてありますがお洒落。
声を掛け、一緒にシャワー室に行くと洗面台上には紙パンツが2種類、
見慣れない包みがあったのでセラピストさんに聞いてみると、ストレッチタイプのトランクス。

念のため「これ選ぶと何か違うの」と聞くと
「今日はディープコースですからこちらのほうが」と
Tバックタイプを勧められたので、それに従うことに。

洗面台の奥に大きめなバスタブがあり、そこでシャワーを。
お湯が出ていなかったので温度調整に暫し時間が、さらに水圧が弱いのはちょっと・・・

サッと浴びておススメの紙パンツを開封すると小さめなTバック・・・

部屋へ進み、マットに横たわると全身タオルで覆いながらオイルの確認。
無香で、とお願いして施術開始。

膝が小生の足に触れる距離に座ると、上半身から手のひらで軽く圧していきます。
足元に移動すると揉み解し、脹脛から太もも、割れ目から臀部をサッと。

足横に位置取り、タオルを捲るとオイルに。
足裏をアソコで押さえてくれないのにはちょっとガッカリ・・・

少なめのオイルで足首から太もも、付け根までとロング、ショートストローク織り交ぜで数回づつ。
指先はきっちり付け根まで、強い意志が感じられる止まりかたにテンションは下がります。

横に位置取り、カエル脚。
腿から臀部をスリスリと繰り返したのち、片手で付け根を親指と人差し指で掴むようスリスリ。
続いてもう一方の手も使い、両手でスリスリも事故はなし・・・

左足の太ももに跨ると臀部から背中。
手のひら、指先と使い分けながらやや強めの圧しに思わず、「ウッ」と声が出る心地よさ。

横に移動すると背中から肩を入念にグリグリ。

頭部に移動すると膝で頭を挟むようにして首から肩と流すようにスリスリ。
ググっと膝を詰め、アソコを後頭部に押し付けるようにして指先は腰あたりまで。

ちょっと楽しみが出てきたところで横向きコール、もちろん大きなカガミに向いて。
セラピストさんは小生の後ろに、カガミ越しに表情がよく見えます。

臀部を時間を掛けて撫でまわしたあと、その手は股間に。
腕をねじ込むまでは行かず手の甲どまり、当然事故も起こらず・・・

カガミ越しセラピストさんをガン見するも、視線を合わせることは皆無。
折角の大きなカガミもちょっと勿体ない気が・・・
もちろん立ち上がった時にはカガミ越しにチラリはありましたが。

仰向けになると小生の横に座ったその時、拡げていた右手の指先に柔らかな感触が・・・
故意かどうか、ここはじっと感触を楽しみます。
膝あたりから太ももをゆったりとしたストロークで、
さらに太ももは指の腹を使ってのタッピング。

頭部に移動するとここでも膝を詰めアソコを押し付けるように座りデコルテ。
オッパイデコルテを数回入れると指先は乳首から下腹部まで。
その時セラピストさんの下腹部は・・・

さすがに顔騎にはならなかったものの、
肩越しから下腹部をスリスリしているので横を向くと中々の眺めに・・・

ここで四つん這いの声・・・
「嫌ですか」の問いに、「いや」と肯定とも否定とも聞こえる
曖昧な返答しながらも自ら態勢はすでに四つん這い。

まずはご挨拶代わりなのか、紙パンツの上から会陰をジワーっと。

続いて片手で代わる代わるタマの左右から鼠蹊部へ。
その指先は徐々に紙パンツの縁をなぞるようになり、さらに両手で・・・

今一度仰向けになると股間に位置取り、両手で鼠蹊部から鼠蹊部まで。
その手は徐々に中央で合わさるようになり・・・

ここで終わりかと思いきや、再度横に。
小生の指先にお尻が触れるように座ると乳首から下腹部、そしてまた下腹部サワサワ。

さすがに小生も触り心地いいですね、とサワサワ返しでお時間。

シャワーの準備に行ったはずなのにお湯はでていなかったですがサッと浴び、
部屋へ戻ると飲み物を聞かれ、お茶をお願いして一人着替え。

着替え終わると入り口横のソファへ。
そこへ頼んだお茶とオシボリが・・・
ここで二言三言言葉を交わしながらお茶を啜り、
ほんのりいい香りのするオシボリで手を拭いて玄関へ。

紙パンツ
Tバック(極小と通常の中間)
risel

riselura

所要時間
96分

独り言
遠いですが部屋は白基調だからか明るくキレイ
密着店ではないですが色んな態勢でそれなりに
オペレーションはオープン間もないので・・・
今週末、目黒新橋からのサクラが見頃でしょうね
>

2
隠れ家で至極の癒しと寛ぎを
   
最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩10分

訪問日 
2016年3月某日

訪問回数
初回

コース
90min

料金
90分15,000円(オープニング記念90分以上2,000円割引、通常17,000円)
入会金無料
指名料1,000円
支払総額16,000円

予約方法
電話予約 対応男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳弱
3部屋あるとのことです

施術台
マット
側面に姿見あり

シャワールーム
広いです、リフォームですが

セラピスト
Tシャツにパレオ

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
ホームページ見たと空き状況を確認、希望のセラピストさんで予約可能とのことで即予約。
最寄駅から電話を、と言われ予約完了も何分前に電話すればよいのか・・・
ホームページを見ても最寄駅からおおよその時間記載はなし。  

地図で予め近くまで行き電話、時間丁度くらいにエレベーターで指定階へ。
籠花の香りのフロアにドアは一つ、チャイムを鳴らすとセラピストさんがニコリ。

スリッパ履いて奥の部屋へ案内されます。
部屋はシンプルで広く、リフォームしたようで外観と異なりキレイです。

ソファに腰掛けるとセラピストさんから自己紹介、指名のお礼はないものの
予約名で呼ばれるのは心地よいものです。

コースの確認、ホームページには載っていないオプションのセールス、
バブルらしき名称だったので丁重にお断りして会計。

飲み物と釣銭をすぐに持ってくると着替えを促され、セラピストさんはシャワーの準備へ。

着替え終わった頃にお迎え、一緒にシャワー室へ。

ここも一部リフォームしたようで広く明るい浴室、浴槽は残念です。
サッと浴びると足元には珪藻土のバスマット、あまり好きではないですが・・・

小さく丸められた紙パンツの包みをワクワクしながら開けると
普通の横スカにちょっとガッカリ。

扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

お茶を一口含んで、俯せになると全身覆うようにタオルを掛けられ
セラピストさんはシャワー室の片づけに。

すぐに戻ってくると横に位置取り、適度な力加減で背中からグリグリと圧していきます。
腰から臀部まで一通り圧し終えると足のほうへ移動して脹脛から太ももをモミモミ。
タオル越しとはいえ指先はしっかりと付け根の確認していきます。

横に位置取り、上半身のタオルを取るとオイルでの施術開始。
腰、背中を数回トリートメントすると、臀部をサワサワ、割れ目をスリスリ、これを繰り返します。
割れ目スリスリの時は勢い余ったのか、横スカに滑り込み、指先は・・・

太ももに跨ると腰から臀部をスリスリ、股間から手をねじ込み付け根をしっかり。

横に移動すると脹脛から太ももをロングトリートメント。
スピードの変化はないものの強弱のメリハリはしっかりで
太ももから臀部にかけてはサワサワにはゾクッ。
残念なのは密着度合いが低いこと、この時もセラピストさんの膝あたりが
小生の足に当たっているだけ。

小生の左横の時、右手は割れ目をなぞり、左手は乳首をサワサワ、
さらにカガミ越しに視線を合わせてくるのでドMではない小生でもドキッと。

股間に移動するとカエル脚に。
太ももから臀部をサワサワすると股間から手を差し込むと
中指で付け根をなぞるように鼠蹊部まで、当然親指や小指はアッチコッチ当たりまくり・・・

ホットタオルで軽くオイルを拭き取り、仰向けに。

横に座ると、手を膝の上に置いて腕をスリスリ、
微妙な距離感に指先を目一杯伸ばすもパレオの生地に触れるのが精一杯。

手を膝から下ろすと乳首周辺をサワサワ、ダイレクトにクリクリ。

仰向けでカエル脚になると曲げた膝あたりに位置取り、内腿をスリスリ、サワサワ。
その指先は徐々に付け根に近づき、さらに鼠蹊部まで手のひらを拡げて撫でまわします。

指先が外なのか中なのか、どちらを通過しているかわからないのは横スカならでは・・・

横に移動してくると周辺への集中攻撃に加え、乳首サワサワが加わり
こちらを見つめながら「気持ちイイ?」、に思わず「あ、あぁ」。

ここで「そろそろお時間ですよ」
これをどう受け取るかイロイロですが、「あぁ」と頷くと
一瞬動きが激しくなったところでお時間、シャワーの準備へ。

アフターの飲み物を聞かれ、お茶、コーヒー、アクエリアスからアクエリアスを頼みシャワー室へ。
サッと浴びて部屋へ戻るとアクエリアスを一口、
着替えのサポートはなく一人着替えを完了するとセラピストさんがお迎え。

一言二言言葉を交わし、玄関へ。
籠花からの匂いにはちょっと・・・と思いながらエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバックタイプ

chaos表

chaos裏

所要時間
86分       

独り言                    
それなりに楽しめたのに時計を見てガッカリです
いまやこの価格では密着はないのですかね、それに次回から割引なしでは・・・
中目黒桜まつりは4月3日、この頃までは桜見ながら歩けばさほど気にならない距離かも

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
周辺相場、高くなりました
何かあるのだろうとついつい期待してしまいます

最寄駅 
東京メトロ新宿御苑前駅
徒歩5分

訪問日 
2016年3月某日

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
90分21,000円(オープン記念1,000円割引、通常22,000円)
指名料0円(某サイト見たで無料、通常1,000円)
入会金0円(オープン記念無料)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル複数室

施術室
4.5畳 ほど

施術台
マット
頭部に小さめの姿見あり

シャワールーム
広いバスルーム

セラピスト
白ワンピース(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
「某サイト見た」と指名したいセラピストさんの名前あげ空き状況確認すると予約可能。
それではと、コースの違いを聞くと施術時のユニフォームが異なるらしく、
スタンダードコースはキャミソール、そしてプレミアムコースは・・・
やや間があって、それ以外の・・・
これはどう解釈するか難しいところですが思い切ってプレミアム選択して予約。
因みに来店後のコース選択も可能とのことでした。

指定場所から電話すると近くのビル。
エレベーターに乗り込もうとすると、帰り客らしき男性とすれ違い。
指定階についてチャイムを鳴らすと暫し時間があり、中から声が・・・

ドアが開いてセラピストさんがニコリ、ですがここでも帰り客らしき男性が・・・
散乱している使い捨てスリッパの一つを突っ掛け、右奥の待合室らしきところへ。

なにか昔懐かしい怪しい衝立での仕切りにソファとテーブルが。
腰掛けると利用規約に署名を。

お茶とオシボリを持ってきたセラピストさんからコースを聞かれ、
最初からプレミアムと決めてはいましたがこのセラピストさんなら迷わず決定。
会計をすると暫しの放置、奥から時間や部屋の確認している話し声が・・・
その間、他のセラピストさんが部屋の片付けなのか行ったり来たり。
そのセラピストさんも思わず名前聞きたくなるカワイさ。

漸くセラピストさんが現れ、一緒に部屋へ。
オフィスビルに内装が入ったような感じ、新しくキレイではあります。

部屋は完全な個室タイプ、スライドドアですが施錠も可能。
コートを掛けるとことがないのでセラピストさんに渡すとクローゼットへ。

全裸になり、服は定番の衣類カゴに入れタオルを巻いて準備完了。
勝手に貴重品袋に財布を入れ、
ドアを開けるとセラピストさんが待機していて一緒にシャワー室へ。
すると「お部屋でお待ちしてますね」

広い脱衣スペースですがアメニティはなしも、
浴室は広い、洗体もできるくらいの広さにここでのサービスもあるのか期待します。

サッと浴びてオーソドックスな紙パンツ穿いて一人部屋へ、
部屋の前で待っていたのは水着姿になったセラピストさん、
あとから聞いた話ですが自前とのことです。

俯せになると、まずはシャワーの片付け・・・
部屋はちょっと暗めですが、カガミは頭部にあるのでどんな施術になるのかワクワク。

セラピストさんが戻ってきて全身タオルで覆うと揉み解し。
脹脛から太ももを軽く圧していきます、背筋使いカガミ見るも薄暗く見えないので断念。

太ももあたりに跨るとタオル越しにグリグリ、もちろんアソコの感触楽しめます。

タオルを取り、まずは足裏を多めのオイルでスリスリ。
そのヌルヌルの足裏をアソコでしっかりと押さえて足首から脹脛。

脹脛跨り、膝裏から付け根手前、たまに付け根。感触はいいもののキワどさはイマイチ。
太ももに跨ると臀部から腰、背中をスリスリ。

カエル脚になると股間に位置取り、太もも、臀部をスリスリ、
付け根は腕をねじ込むわけでなし、指先で慎重にサッとなぞるだけ。

ホットタオルを取りに行き、すぐに戻ってくると軽くオイルを拭き取り、仰向けに。

足の甲をアソコでしっかり押さえると膝下から太ももへロングストロークでスリスリ。
指先の際どさは全くなので、楽しみは足の感触だけ・・・

横に移動するとカニ挟みのように小生の脚を挟み、太ももから付け根をスリスリ。

頭部に移動してデコルテ、たまにあるのはオッパイの感触ではなく水着の感触。
指先は腹部まででサワサワナデナデ。

横に移動してきて、添い寝。
乳首や下腹部、内腿をスリスリサワサワ。
添い寝はマッサージより上手で・・・すぐにお時間。

シャワー室へ一緒に行くと、シャワーを出して温度確認してくれます。
広々の浴室で軽くオイル洗い流し、タオル巻いて一人部屋まで戻ります。

セラピストさんは部屋の片付け中も、
着替え始めると「着替え終わったら声掛けてください」と部屋の外へ。

着替え終わり声を掛けると、飲み物もなく部屋に入ってくる様子もないので
そのまま玄関に。

エレベーターが閉まるまでお見送りも1階ビル入り口には
次のお客さんらしき男性が・・・

紙パンツ
通常Tバックタイプ

reveri

所要時間
95分

独り言                    
カワイかっただけにオペレーションが残念すぎ
施術動画みたら四つん這いあるの・・・
求人力がありそうなので、これからに期待です   
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
「非日常的な至福の時間」にオッパイは必要?
   
最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
ラグジュアリーコース

料金
90分17,000円(新規割引1,000円割引、通常18,000円)
ディープ1,000円(店内メニュー、鼠蹊部をより長く施術するとのこと)
指名料1,000円(ホームページ記載無、WEB予約画面・店内メニューには有)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約、WEB予約
応対女性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
側面に大きな姿見あり

シャワールーム
未使用ならキレイです

セラピスト
タンクトップにフレアミニ

施術
電話すると女性スタッフが店名応対。
ホームページ見たと空き状況を確認、希望のオッパイさんが予約可能とのことで
フルネームで即予約。料金を確認すると割引とシステムには書かれていない指名料
(WEB予約での入力ページには記載アリ)の合計を言われます。
こちらから場所を聞くと一所懸命説明してくれますが・・・

電話口で案内された場所から電話するとすぐ近くのマンション。
部屋番号を聞くと、合わせて住人への配慮をお願いされたので
快く了承して指定階へ。

指定階に到着し、部屋の前へ行くとドアがガチャリと開き、中からセラピストさんがニコリ。
履きにくい使い捨てスリッパを足で引きずりながら案内された部屋へ。

ソファに腰掛けると、早々にメニューを見せられコースの確認と
合わせてオプションのセールス、自己紹介も指名のお礼もなし。

金額の案内も内容の説明もないので、メニューを覗いて金額を確認して
「どういうの?」と聞くと
「鼠蹊部をやります・・・あっ、鼠蹊部を長くやります」とのこと、
もちろんながーくやって欲しい小生、「じゃ、つけて」で会計。

すぐに釣銭とお茶、オシボリを持ってきてシャワーの準備へ。
サッと全裸になり、お決まりのカゴに衣類を入れて準備完了、扉をノックっすると
セラピストさんが待機していて一緒にシャワー室へ。

シャワーからチョロチョロとお湯が出ていると思い、手を出すとなんと水。
温度調整するも適温になるまで暫し時間が。
サッと浴び紙パンツ穿いてセラピストさんと一緒に部屋へ。

お茶を一口飲んでマットに俯せ。
もちろんカガミの見え具合を確認すると適度な暗さ、
と満足し、セラピストさんを探すと・・・

なんと膝立ちでタンクトップをまくり上げバンザイ中、その下は・・・
セラピストさんが大きいのか水着が小さいのか、マイクロビキニかと見間違うほど。
さらに横紐とくれば施術前から興奮度up・・・
セラピストさんに聞いたところ、他もみな同じようなタイプの水着、とのことでした。
(真偽のほどは確認していませんが)

その水着でいきなり枕元に・・・
膝で頭を挟むようにして肩から背中をグイグイ、後頭部をオッパイがプニュプニュ。

オイルはポットで温めているもののホットというにはイマイチ。

臀部に指先が届くよう腰を浮かせての施術姿はまさに女豹のポーズ、
これにはたまらずカガミを凝視しているとセラピストさんと目が合いドキッ。

それでもカガミを見続けていると頭越しに腰へ片足あげながら見せつけるようにゆっくりと移動。
腰に着地してから太ももをスリスリ、オッパイは臀部辺りをプニュプニュ。

股間に移動すると膝を曲げ、外側に拡げるようにストレッチ。

足裏をアソコで押さえると温かオイルを足首から太ももまで延ばします。
足に抱きつくようにして指先を付け根まで伸ばすので脹脛にオッパイがプニュと当たります。

股間から脚を挟んで太ももから臀部をナデナデ、
浮いた隙間から腕を差し込み鼠蹊部スリスリ。
小生もチラッとカガミを見るとここでもセラピストさんと目が合いドキッ。
(講習で意識づけされているらしいです、事故頻発の件は確認していませんが)

外側から脚を挟んで内腿からお尻の割れ目をサワサワ、腰から背中をグリグリ。
もちろんオッパイスタンプ付。

四つん這いになると小生の尻に抱きつくように密着して腰から腕を廻し下腹部をスリスリ。

俯せに戻ると横から抱きつくように密着、
ここでもオッパイムニュムニュさせながら太もも、臀部、背中とスリスリサワサワ。

仰向けになると頭部へ。

頭を膝で挟むようにするとデコルテから腋をスリスリ。
乳首をスッと通過して腹部へ。

小生の頭部にはセラピストさんのお腹の感触、そして目の前にはオッパイ。
指先は下腹部まで届くと必然的にオッパイは顔面プニュ。

すると一瞬目の前が暗くなりフワッと何かが通り過ぎ・・・
腹部に跨り、腿から足首まで。
腰を浮かさずに指先を伸ばすのでここでもオッパイ。

足元に移るとつま先をアソコで押さえてクルブシから付け根へ。
膝を立てるとオッパイで脛を挟むようにして脹脛をスリスリ。

股間から脚を挟むようにして付け根から鼠蹊部、下腹部をナデナデ。
鼠蹊部ではグリグリと力を入れるので、たまに指がオイルで滑って・・・

太ももあたりに跨って腹部から乳首をサワサワクリクリ、
目の前にはオッパイ、そしてちょっとズレると疑似・・・

横に来てお話タイムでお時間。

ホットタオルを持ってくると、股間に座り上体を抱き起こし、
抱きついたまま背中を優しく拭いてくれます。
背中に回ると背後から抱きついて胸から腹部を拭いてくれるとシャワーの準備へ。

一緒にシャワー室へ行くと「お背中流しますね」
紙パンツを脱ごうとしても止められないのでスルッと脱ぎ捨て浴室へ。

さすがに前面は断られましたがスポンジで背中から臀部まで洗ってくれます。
スポンジ渡され、仕方なく一人で前面を洗い流し、
待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

「着替え終わったらドアをノックしてください」と声を掛けられセラピストさんは部屋の外へ。
着替えが終わり、ドアをノックするとセラピストさんは待機していましたが
部屋の中へ入ろうとはしないのでそのまま玄関へ。

いそいそと地下鉄のホームまで歩いたところで時計を見ると入室から90分でした。

紙パンツ
Tバックタイプ

螢T

所要時間
85分       

独り言        
カガミを意識した施術はよいですね。
でも、帰り時間まで気遣ってもらわなくても。
小生が予約後のインターバルが10分、いやな予感がしたのですが・・・
流行りのスタイルなので、流れにのれるといいですね。

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ