しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2016年02月

2
他にはない「最上級の癒し」を求めて・・・

最寄駅 
都営大江戸線麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
ロイヤルコース

料金
90分19,000円(早割3,000円割引、通常22,000円)
指名料1,000円
入会金0円(キャンペーン価格、通常1,000円)
支払総額20,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
頭部に小さめの姿見あり

シャワールーム
キレイにしていますが、浴槽上は物置、そして狭いです

セラピスト
お迎えは白ブラウス、黒タイトミニ

施術
電話すると男性スタッフが店名応対、「ホームページ見た」でまずは問合せ。
早割での、指名したいセラピストさんの名前あげると予約可能というのですぐに予約。
場所、時間は案内されるも料金案内はなし、コースは来店時なのかも。

以前、確か某店があったマンション、迷うことなくマンション前に到着し電話。
今度はセラピストさん?が応対して部屋番号案内されエレベーターへ。
東京タワーを目の前に部屋の前まで進みチャイムを鳴らすと・・・
扉が開き、セラピストさんがニコリとお迎え。

スリッパを突っ掛け、セラピストさんの手をしっかり握り、
ホームページで言うところのリラックススペースへ通され、ソファに腰掛けます。

自己紹介があり、カルテへの記入、注意事項への同意、署名。
メニューから飲み物を注文と淡々と進みます。

目の前には立派なマッサージソファが・・・
貴重なコース時間にマッサージソファ使ったり、スポーツ観戦したりするのだろうか、
なんて思いながら待っていると、飲み物とオシボリが。

セラピストさんからコースの選択を聞かれ、決めてはいたものの違いを尋ねると
「密着度の違いです・・・」
それではと、当初の予定通りロイヤルコースでお願いすると
オプションが一つ無料でつけられるというので、迷ったすえホットジェルを選択して会計。

すぐに部屋へ案内されます、ここでも手を繋いで・・・

部屋に入るとコートはハンガーへ掛けてくれ、着替えを促されます。
貴重品袋とか衣類カゴのなどのフォローはなく、シャワーの準備へ。

サッと全裸になり、タオルがないので勝手にバスロープ羽織り準備完了。
すぐに迎えに来て、手を繋いでシャワー室へ。

狭い脱衣スペースに狭い浴室ですが、天井から温風、足元はバスマット。
もちろんシャワーからは適温のお湯、これにはホッとします。

サッと浴び、蓋で閉められた浴槽の上に置いてあるブリーフとTバックの中から
Tバックを穿いてドアを開けるとセラピストさんが跪いて待機。

拡げたタオルに足を載せると足指一本一本優しく拭いてくれます。
バスローブを羽織わせてもらうと手を繋いで部屋へ。

マットに俯せになり、そういえば岩盤浴は・・・
いろいろありそうなところなので、岩盤浴で使うような石は敷いてありました。
が、その上にはラグ、さらにマットと石はほとんど隠れており温かくもありません。

全身をタオルで覆うとセラピストさんが、「ロイヤルコースですから上を脱ぎますね」
背筋使い頭部のカガミを見るもよく見えない、仕方なく仰向けでのお楽しみに・・・

施術は足裏をアソコでしっかりと押さえて脹脛から太ももへと揉み解し。
太ももに跨り、腰から背中をグイグイと力強く圧していきます。

施術部位のタオルを捲り、またまた足裏をしっかり押さえると
足首から太ももまでロングストロークでオイルを延ばします。

ショートストロークで足首から膝裏までスリスリ。
続いて、指先から肘まで使って膝から付け根までをゆっくりと流します。
上体はピタッと足に密着するので脹脛をオッパイがプニュっと当たります。

オッパイを圧しつけたまま、指先は臀部から紙パンツの腰ひもまで撫でまわします。
強弱に工夫が欲しいところですが・・・オッパイの感触はボチボチ。

「足を横に・・・」でサッとカエル脚の態勢に。
まぁ、これで通じてしまうのもなんですが・・・

伸ばしている足に跨り、くの字に曲げた脚のももから臀部をスリスリ、
股間から腕をねじ込み付け根から鼠蹊部周辺をグリグリも慎重な運転で事故はなし。 

臀部にタオルを敷いてその上に跨り、腰から背中をグリグリ。
あの感触はしっかり感じとれますが、密着らしい密着はなし。

ホットタオルでオイルを拭き取り、いよいよ仰向けに。
そして「上」はどこまで脱いだのか・・・

マットの上で一転がり、目にしたのは黒のタンクトップ姿のセラピストさん。
確かにブラウス一枚脱いでくれたのでしょうが・・・

股間に位置取ると膝下から太ももをスリスリ、鼠蹊部までスリスリ。

愚息に正対すると、ここでホットジェル。
太ももから付け根、鼠蹊部から下腹部とジェルを拡げ、ほんわか温か。
指先はここでも安全運転、正対していれば思うがままなのに・・・

指先が下腹部から這うようににして乳首まで届くと、そこに一時停止して突起物をクリクリ。

横に移動すると添い寝状態、確かに至近距離だが密着というには・・・
指先は乳首、乳首、たまに太ももと際どいところを弄るも事故はなし。

腕枕の態勢もしっかりと小生の利き手をガード、反撃できずにお時間。

シャワーの準備から戻るとバスロープ羽織り、手を繋いでシャワー室へ。
すると「お背中流しますね・・・」

残念ながら紙パンツは着用のまま、
スポンジを断ると素手でソープを背中からお尻へ拡げ、優しく泡立ててくれます。

シャワーで洗い流すと、「前はご自分で」と一人残されます。
寂しくサッと流すと、セラピストさんが待機していて足を拭いてくれます。

パウダールームは必要ないと思われたのでしょう・・・
手を繋いで部屋へ戻り、一人着替え。

着替え終わるころに入ってきて、暫しお話して手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
通常タイプ、他にブリーフタイプ(LLもありました)

螢T

所要時間
95分

独り言        
この料金(昼割でも)で期待するもの・・・
店が思う高級感、コースの違いは密着度、ギャップがありすぎました
施術内容はセラピストさんによって異なるとのことですが・・・

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
ワンランク上の極上のリラクゼーション&トリートメント受けながら、
セラピストさんの画像でも施術動画でもの「チラッ」、メンズエステならではの楽しみ・・・
   
最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩5分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
アクアコース

料金
100分12,000円(某サイト時間限定3,000円割引+10分サービス、通常90分15,000円)
指名料1,000円
支払総額13,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
頭部と横の二カ所に姿見有

シャワールーム
狭いです、換気扇がソロソロ・・・

セラピスト
白Tシャツに黒タイトミニ

施術
電話すると男性スタッフが応対、やや間があって店名応対。
某サイトの割引、時間プラスサービス確認して予約。

時間近くに指定場所から電話するとこれまた間があって・・・
こちらから名乗ると「はいはいはい」

頭をぶつけそうな階段を昇り、チャイムを鳴らすとセラピストさんがお迎え。
外観とは異なり、内装は至って普通、安心してセラピストさんのあとを付いていきます。

まずは部屋に案内されてビックリ、仕切られている・・・
ホームページ画像では上部は空いていたのですが、名古屋のですかね。

椅子に腰掛け、自己紹介はありましたが、指名のお礼は・・・
コースの確認、会計、そして着替えと淡々と進みます。

タオルを巻いて準備完了したところで釣銭と時計を持ってきます。
室内には時計置いてあるのに、タイマー替わりとして時間確認するのかと
安心して一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースにストーブがあり暖か。
浴室は出店時にリフォームしたのか小奇麗、も上を見ると換気扇が・・・

サッと浴びて紙パンツ穿いてドアを開けるとセラピストさんがお迎え、
一緒に部屋へ戻り、俯せに。

タイマースタートの確認はなく、全身タオルで覆うとオイルの確認。
「無香を」とお願いするとオイル準備のため退出。

すぐに戻ってくると、クルブシを足で挟むようにして
脹脛から太ももを手のひらでひたすら圧します、ただ体重掛けて圧すだけ。

横に移動して太ももから臀部をグイグイ、太ももに跨り腰から背中をグイグイ。

足元に戻り、施術部位だけタオルを捲りオイルスタート。
ここでもクルブシを挟むようにして足首から脹脛、膝窩までスリスリ。
横に移動して太ももをスリスリ。

ストロークの長短、強弱、リズムともワンパターンで飽きてきたところ、
「カエル脚に」と嬉しい一声。

その一言で、すぐにその態勢を取れるのも複雑・・・

股間に位置取り、股に腕をねじ込み付け根に沿ってグリグリも、
慎重な施術で傾いている方で腕が掠る程度。

太ももにタオルを敷きその上に跨り腰から背中をスリスリ。
カガミをチラ見するもチラリすらなくガッカリ。

ここでホットタオルで軽く身体拭き、仰向けへ、
すると天井がプラネタリウムのように・・・

頭部に位置取りデコルテ。
デコルテから指先は乳首、腹部と移動していき上空に見えるものもは
鼻の穴からアゴ、シャツの膨らみへと変わっていきます。
低空飛行になるものの接触はなく、指先も紙パンツの横紐まで。

横に移ると小生の体型を気遣ってか脇腹を痩身マッサージ。

足元に移り、膝下をスリスリ。
カエル脚になると横から膝から付け根へゆっくりと流します。
指先は付け根1cm手前でUターン、事故が起きる気配はナシ。
単調にゆっくりと動く指先が止まると「はい、お疲れさまでした」

ホットタオルで拭いてもらいシャワーへ。
サッと浴びて部屋へ戻り、一人で着替え。

着替え終わった頃に冷たいお茶をもって登場、
折角なので一口飲んで玄関へ。

スマホの時計見て、思わず時間計算。
お蔭で階段下りるときも頭ぶつけそうに・・・

紙パンツ
Tバックタイプ

reveri

所要時間
85分(シャワーの時間含む)

独り言
シャワーの時間は含まれないと書いてあるので前後で10分、
某サイト時間サービスで10分、コース合わせて110分のはずが・・・
なかなかのビジネスモデルです

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
礼儀作法や技術、サービスはもちろん高いお金を頂くとは?
をしっかり考えているお店ということで

最寄駅 
JR飯田橋駅
徒歩8分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
オイルコース

料金
90分15,000円(ご新規様割1,000円割引、通常16,000円)
指名料無料
入会金0円(オープン記念にて無料、通常2,000円)
支払総額15,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
大き目のカガミがマット横に有

シャワールーム
お洒落な浴槽です、入りませんが・・・
カガミは水垢だらけです

セラピスト
白ワンピース(ホームページ画像)

施術
電話すると数秒無言が・・・
話しだすまで待とうか、とも思いましたが
「ホームページ見たのですが」と切り出し、会話スタート。

それでも店名名乗ることもなく、こちら主導で空き状況確認。
すると希望のセラピストさん・時間で予約可能とのことですぐに予約。
場所案内も言葉足らずでしたが、予約5分前に指定場所から電話してほしいとのこと。

指定場所から電話すると名乗りもせず、いきなり「〇〇様、どちらからですか」に
思わず「・・・」

それから道案内もわかりやすいとは・・・
寒空の中、なんとかマンションまでたどり着き、オートロックを解除してもらい指定階へ。

部屋の前でチャイムを鳴らしドキドキしながら扉が開くのを待ちます。
扉が開いて、セラピストさんがニコリ、この瞬間ホッとします。

奥の部屋へ案内してもらうと、まずはコートとマフラーをクローゼットへ。

椅子に腰掛けるとびっくり深々と合手礼、ついつい「頭をあげて」と言いたくなるくらい・・・
そして自己紹介。
男性スタッフさんも慣れてくれば、ですかね。

コースの確認と会計。すぐに戻ってきて着替えを促されシャワーの準備へ。

他の衣類は椅子に置いて勝手に貴重品袋使い準備完了。
そこへセラピストさんから声が掛かり、一緒にシャワー室へ。

ここでセラピストさんから洗面台横に張り紙を指して「これを読んでください」、
見るとホームページの禁止事項らしきものが書かれているようです・・・

ハイハイとチラ見して浴室へ。
浴槽は二人でも??って感じ、広めで明るいです、が、カガミは水垢・・・

サッとシャワーを浴び、紙パンツ穿いてドアをノックすると待機していて
一緒に部屋へ。

用意されていたお茶を一口啜り、俯せに。
全身覆うようにタオルを掛けられると、
足裏をアソコで押さえ、体重掛けて脹脛から太ももをグイグイ。

横から腰、背中と揉み解しではなくグイグイと圧すだけ。

室内はそれほど暗くないのでカガミ越しに一所懸命な表情が・・・
これにはつい「気持ちイイよ・・・」

コミュニケーションがとれたところでオイルへ。
施術部位のタオルを捲り、再び足裏をアソコで押さえるように座ると、
足指にはセラピストさんの熱さが心地よく伝わってきます。

ストロークは単調に足首から太ももへ。

先ほど目にしたのは普通のディスペンサーに入ったオイルでしたが
そういえばメニューではホットオイルのはず・・・

セラピストさんの体温が感じられるその自称ホットオイルは手のひらで足全体に拡げられます。
オイルの上を滑るように指先が脹脛から太ももを往復します。

脹脛に跨ると太ももから臀溝、臀部、時に臀裂をなぞるように・・・
ただストロークの強弱、遅速の変化がなく単調なのは残念。

カエル脚の態勢になると股間に位置取り、まずは臀部をナデナデ。
股間に腕をドリルのようにグリグリしながら差し込み、
意図的になのか付け根に沿って引き抜きますので接触事故はそれなりに。

太ももに跨ると臀部から腰、背中とスリスリも残念ながら密着はなし。
カガミを覗いてもスカートの丈が長くワクワク感はゼロ。

「横向きになってください」でワクワク感100%に。
背後から「く」の字に曲げた上の足の隙間に腕をねじ込みグリグリ、
臀部から腿を手のひらでナデナデ。

この態勢、必然的に小生の内腿とセラピストさんの腕とで
愚息を挟み込むことになるので・・・

仰向けになると足先に触れるか触れないかの位置に・・・
膝下から太ももまでスリスリ。
脛辺りに移動して膝から太もも、付け根までスリスリ。

股間に移り、付け根から鼠蹊部をサワサワスリスリ、
時に微妙な部位に指先が届くも留まることはなくお時間。

ホットタオルを持ってくると上体を起こしてくれ背中を優しく拭いてくれ、一緒にシャワーへ。

サッと浴びて待機しているセラピストさんと部屋へ戻り、一人で着替え。
差し替えられたお茶を一口も、
なかなかセラピストさんが現れないのでドアを叩くとすぐにセラピストさんが・・・

クローゼットのコートを羽織わせてもらい、玄関へ。

エレベーターに乗り込み「1」を押すと・・・
再度エレベーターに乗り込みボタンを見ると玄関は2階でした。

紙パンツ
通常タイプ

reveri

所要時間
92分

独り言        
施術態勢はそれなりも、キワや密着はイマイチ。
最初の電話応対、最後のお見送りに工夫ナシでは・・・

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
懲りずにこちらにも・・・

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩3分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
パウダーストレッチコース

料金
120分18,000円(オープン記念2,000円割引、通常20,000円)
オプション3,000円
指名料1,000円
支払総額22,000円

予約方法
電話予約、WEB予約

店舗
ワンルーム
雑居ビル

施術室
10畳ほどのワンルーム

施術台
マット
頭部、横片面に大き目の姿見有

シャワールーム
簡易シャワー
狭くてお湯の出が悪い

セラピスト
黒ワンピース(ホームページとは違いました)
施術時はベビードール(オプション)

施術
なかなか予約埋まるのが早い時も多いようなので今回は早めにWEB予約。
煩わしさはないので料金が分かっているときは便利です。

場所は以前と同じ、果たして内装は・・・と怖いもの見たさの心境で
予約時間に部屋のチャイムを鳴らすと、中からセラピストさんがニコリ。

スリッパなんていうものはなくそのまま奥へ。
以前は仕切りで3室だったスペースが一つに、無駄に広いです。
目に留まるのは中央に鎮座する簡易シャワー、見た目はお洒落です。

奥の片隅に置かれた椅子に案内され、
自己紹介はなく、コースの確認、オプションセールスはなかったものの
「今回は」と決めていたのでオプションもお願いして会計。

すぐに釣銭持ってきて着替え。
ハンガーはアソコに、カゴはアソコにと口で示され、
シャワー終わったら声掛けてくださいとのこと。

全裸になり、簡易シャワーへ・・・
中へ入ると狭い、もちろん掃除もしてない、さらにお湯の出が悪い、
さらにさらに適温への調整ができない・・・
仕方なくヌルめでサッと浴び、横に置かれた紙パンツを穿いて
「終わりました・・・」

黒のベビードールで登場したセラピストさん、制服と変わりない感じ・・・

まずは俯せからスタート。
タオルを掛けられ、揉むのではなく体重を掛けながら圧していきます。
手の平でひたすら脚をグイグイ、横に移動して背中をグイグイ。

下手に指でツボ外されるよりはいいかも・・・
と思いながら「気持ちイイよ」

入念な揉み解しが終わると、足元に移動して足首を膝で挟みパウダー開始。

足裏を入念にグリグリしたのち、掛けられていたタオルを捲り、
パウダーを手に足首から臀部までロングストローク。
手のひらを使い軽いタッチでパウダーを拡げている感じ、数回繰り返します。

続いては指先を使いショートストローク。
指先は触れるか触れないか、とくに臀溝を通過するときはゾクッとします。
気まぐれで付け根あたりにも指先は下りてきますが事故には至らず。

太ももに跨ると腰から背中、肩をスリスリ。
抱きつくような施術はなく淡々とスリスリ、サワサワ。
横のカガミを見ても角度が悪く、見えるのはセラピストさんの頭くらい。

足元に移ると膝を曲げてのストレッチ、
そのままオッパイで挟むようにして脹脛をスリスリ。

仰向けになると足元に位置取り、膝下から太もも、付け根をスリスリ。
ここでもパウダーを伸ばすようにしたのち、指先でサワサワ。

太ももに跨り、腹部から乳首あたりをサワサワ。

疑似スマタには成らずも新たな発見、ベビードールの肩紐しか見えない・・・
セラピストさんに聞くとその通りとのこと。

それを聞いて俄然元気が出てきた小生、
セラピストさんの胸をガン見も何かが起こるわけでもなし・・・

股間に移動するとセラピストさんが胡坐かくように座るとその上に脚を乗せ、
小生の腰を浮かせるようにして付け根から鼠蹊部、
というより紙パンツ周辺をひたすらサワサワサワサワ、ときにスリスリ。

前屈みになれ、との願いも叶わずお時間。

サッとシャワーを浴びて、着替えていると
「ここにいていいですか」
もちろんと答えると掃除の開始・・・

最初のお茶を啜り、玄関へ。
隣の駅の候補店に電話するも当然ながら埋まっているとのことでトボトボ帰路に・・・

紙パンツ
Tバック
reveri

所要時間
120分

独り言
パウダーは難しいですね。
メンズエステでは技術ないならオイルのほうがいいのかも、リフレなら別ですが。
オプションつけるからには長いほうが、なんてセコイ考えでした。
予約状況からするとセラピストさんによってかなり幅があるのでは・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

3
女神が施術する魅惑のオイルマッサージって・・・
   
最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩5分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
キュベレーコース

料金
90分15,000円(某サイト限定キャンペーン割引、通常16,000円)
指名なし(通常1,000円)
支払総額15,000円


予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
ベット

シャワールーム
浴室、シャワー出してあっても床が冷たいです

セラピスト
お迎えはホームページ画像でした
スタンダードコースでの制服は確認していません

施術
電話すると男性スタッフが応対、こちらから某サイト見たと切り出し会話がスタート、
希望の時間が取れるとのことですぐに予約。
時間近くに指定場所から電話すると今度はしっかりと店名応対。

オートロックを解除してもらい指定階へ。
ドキドキしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。

使い捨てスリッパ突っかけ、部屋へ案内されます。
椅子に腰掛けると、コートを受け取りハンガーへ。
続いて、自己紹介がありコースの確認と会計。

すぐ釣銭とお茶を持ってくると着替えの案内。
全裸になりバスタオル巻いて準備完了するも中々お迎えに来ない・・・
仕方なく、室内を見渡すとまず目に留まるのはベットですが
その上に敷かれているのはたっぷりオイルOKのビニールシート、
これには期待大もティッシュやカガミがないことは残念。

偵察終了も声が掛からないので仕方なく、
こちらからドアを開けてみるとセラピストさんは待機中・・・

浴室はキレイですが、お湯が出ているのに床が冷たい、
折角天井から温風がでているのに・・・
サッとシャワーを浴びて用意された紙パンツを穿き、部屋へ戻ります。

まずは俯せ、タオルで覆うと軽く揉み解し。
足元に位置取り、温かいオイルで足首から膝下をヌルヌル。
温めていた容器を取りだして使うので徐々に冷めてくるのが残念ですが・・・

足裏をアソコでしっかり押さえると太ももから付け根をしっかりと。
序盤からの責めに期待は膨らみます。

カエル脚になると付け根に抱きつくように腕を股間に潜らせグィングィン。
頻繁にオイルを手にしながら臀部から腰をスリスリ。

腰に跨り、ビタッと背中に張り付くように密着すると肩甲骨から肩周辺をグリグリ。
オッパイとともに感じる息遣い、耳でも楽しめます。

横向きになると下になった脚に跨り、付け根から鼠蹊部、臀部から腰をスリスリ、ヌルヌルと
左右両方での横向きをしっかり。

オイルたっぷりとはいかないもののそれなりにヌルヌル感を楽しみながら仰向けに。

頭部に位置取るセラピストさんを見ると、「あれ、お迎えの衣装と違う・・・」
(ベビードールではないですがワカメちゃん状態でした)
カガミがないのは残念、ですが部屋は暗くしていなかったので良く見えます。

オイルが付くので、とタオルを頭部に掛けるも、きちんと見えるように掛けてくれます。
まずはデコルテから、目の前にはセラピストさんの鼻の穴・・・

指先が乳首から腹部へ移ると目の前にはオッパイ(もちろん服は着てますが)。
オイルまみれの服を当てないように鼻先を掠める低空飛行。

さらに指先が下腹部へ進むと、いまや流行りの馬跳び・・・
あっという間に腹部に着地もすぐに腰を浮かせて太ももから足首をスリスリ、
もちろん目の前には・・・


股間に移動すると、片足を挟むようにして太ももで太ももをスリスリ、
手のひらは付け根から鼠蹊部、下腹部とヌルヌル、ナデナデと事故発生も
残念ながら重大事故には至らず。

すると下腹部に跨り、騎乗位の態勢で腹部から乳首をサワサワ、スリスリ。
この態勢には思わず勘違いしそうに・・・

最後は「横に」と、さらに勘違いしそうな添い寝。
脚を絡ませ太ももでスリスリしながらも、指先は付け根から鼠蹊部をスリスリ。
残念なのは腕枕で利き腕の動きをガードされていること・・・
もがきながらセラピストさんの背中を揉んだところでお時間。

シャワーへと一緒に浴室までくると
「お背中流していいですか・・・」に思わず「喜んで!」
浴室に風呂椅子があったのはそのためか、とウキウキしながら浴室に入るも
天井から温風は出ておらず、相変わらず床は冷たい・・・

するとスポンジにソープを付け背中から臀部をアワアワ。
シャワーで丁寧に流してもらうと、残念ながら前は「ご自分で」と
スポンジを手渡されセラピストさんは外へ。

ヌルヌル感がなかなか取れなかったですが、あまりの寒さに
シャワーを出て部屋へ戻ります。

セラピストさんの「部屋にいていいですか」に着替えサポートもと期待しましたが、
オイルまみれのシートをきれいに拭き取って次の準備・・・

お茶とアメを勧められ口にして玄関へ。
靴べらは丁重にお断りして店を後にしました。

紙パンツ
通常タイプよりやや小さめ

alekusia

所要時間
95分

独り言
オイル多め風の密着店、四つん這いはないものの一通りの密着施術をこの料金でなら。
セラピストさんの充実と風呂床対策できれば・・・のこれからに期待です。
この料金が割安に感じてしまうのは・・・

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ