しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2015年09月

1

小生にとっては「パラリラパラリラ」のイメージしかないのですが・・・

最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩3分

訪問日 
2015年9月某日

訪問回数
初回

コース
アロマトリートメントコース

料金
90分12,000円(オープニングキャンペーンにて1,000円割引、通常13,000円)
指名なし(通常1,000円)
入会金  無料キャンペーン中(通常1,000円)
支払総額12,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約、WEB予約(当日も可、初回は電話のみ)
電話応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページに半月分

店舗
雑居ビル 複数室

施術室
★★☆☆☆
6畳ほどの洋間
(VIPルームには室内にシャワー室あり)

施術台
マット
頭部に大きなカガミ有(VIPルーム)

シャワールーム
★★☆☆☆
シャワーのみ。
新しいのでキレイですが、アメニティーもシャンプーも掃除も残念

ユニフォーム 
Tシャツ、フレアミニ

施術
WEBで予約状況調べると、希望の時間がとれるのでそのまま予約。
指定場所に予約時間3分前に着き、電話するとすぐ近くのビル。

ハアハアしながら階段を昇って指定階に。
ドキドキしながらチャイムを鳴らすと、すぐにセラピストさんが「いらっしゃいませ」

使い捨てのスリッパ履いて奥の暗い部屋へ。

小さな椅子に腰掛けるとコースの確認、
「90分でいいですか」に120分にしようか迷いながらも「ハイ」。
続いて、オプションの確認、飲み物を聞かれて会計。

室内を見渡すと雑居ビルに内装入れた感じ・・・
備品は頭部だけにカガミと今までとは違うので施術が楽しみです。

冷たいお茶が運ばれてきて一口、すぐに着替えを促されます。
着替え始めますがセラピストさんはそのまま、脱いだ衣類(上着とズボンだけですが)
受け取りハンガーに・・・(これは何か違う、120分にしとけばよかったか)

全裸になるとタオルを渡され、シャワーへと(VIPルームらしく室内にシャワー室あり)
案内されます。

案内されたところは簡易シャワーみたいなもの、脱衣スペースも・・・
雑居ビルだとこんなものですか。
シャワーのお湯は出してないのに壁面一面に水滴だらけ・・・狭いのは仕方ないですが。

サッと浴びて紙パンツを穿き、ビニール袋を捨てようとゴミ箱開けると前の客のものが・・・
 
扉を開け、タオルをセラピストさんに渡し、マットへ。

俯せになると、タオルを掛けられ施術開始。
今までだと、ここで長いシャワー室の片づけがあったのですが、
望ましいことですが、結果シャワー室があれでは、微妙です。

「背中に乗っていいですか」の一言に喜んで「ハイ」
いつものように尾てい骨辺りに全神経を集中させ、感触を楽しみます。
施術は、確か背中を圧していたような・・・

足元に移動するとタオル越しにモミモミ。

ここで「オイルは」と問いに、「無香で」とお願いしてオイル開始。

脚に掛けられていたタオルを太もも辺りまで捲り、
踵から膝窩まで掴むように流すのですが、
掴んでいるとき、痛いというほどではないですが爪があたるのが気になります。

そして同じリズム、同じ力加減、しかも長い、
さらに、セラピストさんの施術している「手」以外接触しているところはなし・・・

まだまだ始まったばかりと思っていると、次は足裏へ。
ここもひたすら、指先でナデナデ、それもマットへ圧しつけるように。

横に移動して、タオルを臀部まで捲り上げると太ももをスリスリ。
単調な施術は相変わらず、たまに付け根近くまで届くもそこまで。

タオルを掛け直すと背中、跨るのかと思いきや横からの施術にガッカリ。

この状況下で思うことは、「120分にしなくて良かった」、「次の店いくかどうするか」、
そして「己の引きの弱さ」ですね。

隣室からか、楽しそうな笑い声が聞こえる中、淡々とした施術が続き、俯せは終了。

タオルウォーマーは室内に無いようで部屋の外へ。
思ったより早く戻ってきて、サッとオイルを拭き取ります。

仰向けになると腕を取り、手のひらからモミモミ。
手を膝に置いたりとか太ももに挟んだりではなく、
持ち上げて揉んだり、マットに押し付けながら摩ったり。

足元に移るとき、タオルが掛かっていた脚を付け根付近から太ももをモミモミ。
これはくるのかと期待したものの、タオルは膝までしか捲らず、気配を消して
手だけが膝までをスリスリ、ひたすらスリスリ、そしてここでも足裏をスリスリ。

次はもうあそこしかないと思って少し脚を開くも、タオルが捲られたのは膝上20cm。
足元から手を伸ばして膝上をスリスリ、スリスリ。

時間も経過しているので諦めていると、タオル越しながら手が伸びてきたのでビックリ。
もしやのはずもなく、付け根付近を軽く圧して「お時間です」

部屋の時計を見ると終了予定8分前、
こんな時間経っているのかと思いながら立ち上がり、一人シャワー室へ。

もちろん、掃除してあるわけもなく、紙パンツはゴミ箱へ入れ、サッと浴びて着替え。
差し替えのお茶はお断りして着替えているとサポートが・・・

着替え終わり、バックを持っても引き留められることはなく玄関へ。
「どれですか」と数足ある下駄箱から小生の靴を選び、
靴べらはないので突っかけたまま店を後にしました。

賑やかな階下を通り過ぎ、ふと時計を見ると終了予定10分前でした。

紙パンツ
Tバック 

<前>
rivage
<後>
rivageura

所要時間
80分
  
独り言

一度当たりを引くとそのことが忘れられず、
ついつい今度こそあの時のようなと訪問してしまうんですよね、それにしても・・・
長く営業できそうな店舗型に変わったのですから頑張って欲しいですね。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1
激戦区恵比寿で洗練された施術を堪能したい…
そして「日常のストレスから解き放たれたい」

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩7分

訪問日 
2015年9月某日

訪問回数
初回

コース
オリジナルVIPコース

料金
90分14,000円(期間限定割引2,000円引、前日予約割引1,000円、通常17,000円)
指名料0円(早割特典、通常1,000円)
入会金1,000円
支払総額15,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、WEB予約

出勤情報
ホームページにて1週間分表示できるようになっています

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット
カガミがマット横にあり

シャワールーム
★★☆☆☆
古いですがキレイに、ボディソープの容器は・・・

ユニフォーム 
Tシャツにフレアミニ

施術
WEB予約、暫くするとメールが着て返信、すると折り返しメールが届いて予約完了。
メールには料金や当日5分前に指定場所から電話ください、と書いてありました。

予約時間の5分前に指定の場所から電話、そこから少し歩いたところにあるマンション。
ワクワクしながらチャイムを鳴らして、扉が開くのを待ちます。

すぐに扉が開いて「いらっしゃいませ」

何も言われないので勝手に使い捨て突っかけます。
するとセラピストさんが扉閉め、一緒に奥の部屋へ。

四角い小さな箱みたいな椅子に腰掛け、薄暗い中コースの確認、会計。
冷たいお茶を頼み、待ってる間に同意書らしきものにサイン、
薄暗くて何が書かれているか分からないですが・・・

お茶が運ばれてくると着替えを促され、セラピストさんは外へ。
お茶を飲みながら辺りを見回すとマットにはオイルたっぷり対応シーツが・・・
これは期待できそうとワクワク。

しかし、ハンガーやカゴがない。おそらくクローゼットにと思うも勝手に開けるわけにはいかず、
仕方なく小さな椅子の上に洋服を脱ぎ、全裸に。
タオルを巻き待機しているとお迎えに、一緒にシャワー室へ。

お湯の出ていないシャワー室でサッと浴び、ボディソープを取ろうとすると
やたらポンプが固い、おそらく口が細すぎるかと・・・

紙パンツ穿いてドアを開けるとセラピストさんが待機、一緒に部屋へ。

お茶を一口飲み、マットに俯せになるとすぐにタオルを掛けられ、「オイルは・・・」
何があるかも聞かずに、「無香で」と一言。

するとシャワー室の片づけにも行かず、すぐに施術開始。

脚に掛かっていたタオルを捲り、足首から太ももへのロングストローク。
力強く、心地いいかも・・・と思っていると両手親指の爪が引っ掛かる、
痛いというほどではないけど気になります。
爪の処理というより指の使い方だと思いますが・・・

続いてショートストロークで膝下から太ももへ。
これで速さと強さに変化つけられれば良いのですが・・・

ロング、ショートとも指先は付け根10cm手前でUターン、
まだ始まったばかりと、この先の展開に期待。

ここまで肌のぬくもりをあまり感じないのでカガミを見るも薄暗くて分からず。
おそらく、跨いでいるものの膝立ちで施術しているらしい。

膝立ちのまま、太ももから臀部を力強くグイグイ。

足裏をグリグリし終えると、「上に乗っていいですか」
もちろん、「喜んで」の言葉は呑み込み、「ハイッ」

タオルを太もも辺りに置き直し、その上に乗るというより跨ぐ感じ。
当然、腰を浮かしているので感触はイマイチ。

跨いでいるのも疲れるらしく、すぐに横に移動して臀部をグリグリ、
さらに背中から肩をグリグリ。

カガミを背に腰を浮かしての施術が始まったのでカガミのほうに顔を向けると、
なんとオイルの容器が見事視線の妨げに、上半身は見えるものの、肝心のところは全く・・・

ガッカリしているところを見て、というわけではないでしょうが、「それでは仰向けに」

足元に移ると膝下から太ももへロングストローク、横に移動して太ももをあっさり。

股間に移動すると、まずは内転筋、鼠蹊部、下腹部と両手で軽く圧していきます。
そろそろクルか、と期待していると摩るように鼠蹊部をグリグリ・・・
と言っても付け根近くに指先は届かず。

そういえばパウダーでの施術はまだだな、なんて考えながら、これからこれから・・・
すると腕を横に拡げられ、ついに来たかとワクワク。

腹部をナデナデ、へそを中心に円を描くように。
下腹部へ手のひらが届くこともありますがそこまで、キワどさはなし。

横からデコルテを撫でまわし、腋窩リンパをグリグリ。

腕を取ると太ももに導くわけでもなく、マットに押し付けるようにグリグリ、
オイルやパウダーを手にしているわけではないので、滑らずチョイ痛い・・・

手の動きが止まって「もうお時間です」、この後、妙な間があったので
延長のお誘いかとも思いましたが振り切り、「ハイ」と起き上がります。

すると「お身体拭くので温かいタオルお持ちします」、起き上がってしまったので
座ったまま暫く待ち、背中、足を拭いてもらいシャワーへ。

お湯は出ておらず、シャワー室は最初に浴びた後のまま・・・
出しにくい容器からソープを手に取り、直に身体に。
スポンジ(洗面台にありました)で泡立てれば違うのかな、なんて考えながら
シャワーで洗い流します。

なんとか洗い流し、ドアを開けるとセラピストさんは部屋の片付け中。
すぐに迎えに来て、「お飲物冷たいのでいいですか?」に丁重にお断り。

部屋のドアは開けたまま着替え始めてもセラピストさんは退出せず、ドアも閉めず、
ひたすら次の準備、もちろん着替えのサポートなんてなし。

時計を見ると入室からすでに90分を過ぎていたので急いで着替え、玄関へ。

靴べらもなく、勝手にドアロックを解除。
「ありがとうございました」にも振り返らず、店を後にしました。

紙パンツ
Tバック 
アンリーシュ
 
所要時間
97分

独り言
小生はホームページに記載していること、エステのサイトに記載していることを読んで、
比較検討して訪問するのですが・・・オプション頼まないとダメなんですかね。
それにしてもパウダーはいつだったのか・・・ストレスが溜まる90分でした。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
彼女の部屋ってよくあるコンセプトですが・・・

最寄駅 
東京メトロ 溜池山王駅
徒歩10分

訪問日 
2015年9月某日

訪問回数
初回

コース
エシアデトックスコース

料金
90分14,000円(某サイト見たでの割引はなかったです)
指名なし(通常1,000円)
支払総額14,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対女性

出勤情報
ブログにて翌日分

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット
カガミがマット横にあり

シャワールーム
★★★☆☆
キレイですが水圧がイマイチ

ユニフォーム 
タンクトップにミニのフリルパニエ

施術
電話すると店名名乗り応対、電波の悪い中、途切れ途切れ確認すると
希望の時間に予約取れるというので某サイト見たと予約。
するとコースは一方的にデトックスと言われ料金の案内もなく、
最寄駅に着いたら再度電話してほしいとのこと。

10分前に最寄駅に出口から電話すると目印の案内が分かりにくく、
何度も聞き直し、マンション近くに来たら再度電話してほしいと案内。

うっすら汗かきながら坂を上り、なんとか指定のマンションの前に、
再再度電話すると、コンシェルジュのいるマンションなので呼び止められることもあるらしく、
その対応も含め、案内。

オートロック解除を行い、コンシェルジュに「こんにちわ」と声を掛けられ「ドキッ」
さらに奥のオートロックを解除するときもドキドキ、何故か罪悪感が・・・
無事に呼び止められることもなく指定階へ、セキュリティーは万全のようです。

ホテルの一室のようなドアは高級感がありますが、ドアとドアとの間隔、通路の狭さは…
そんなことを思いながらチャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがニコリ。

待望のエプロン姿でのお迎えに小生もニコリ、用意されたスリッパ突っかけ奥の部屋へ。

中に入ってしまえばごく普通の一室、椅子に腰掛けると額の汗を察したのか、
「先にお飲物お持ちしますね、何が」と飲み物メニュー見せながら、
コースの確認して、「当店は先払いですのでお会計お願いします」、
さらに「これは承諾書ですからよくお読みいただきお名前記入お願いします」と
漸く部屋の外へ・・・飲み物が運ばれてくるのは先ではなかったです。
残念ながら自己紹介はなし。

さらに残念なのはエプロンの後ろ姿見るとユニフォームきてました・・・

冷たいオシボリとお茶、アメ(たぶん)が運ばれてきて、お茶を一口飲んでいると
着替え、ハンガーや貴重品袋の案内、これが妙に丁寧。

全裸になりタオルを巻いて待機していると部屋をノックする音、一緒にシャワー室へ。

広さはないがキレイな洗面台、バスルーム、もちろんお湯はだしてあります、が、
勢いがない、ハンドルを回しても変わらない・・・
まぁ、それなりの湯量なのでソープはなんとか流せますが、時間が掛かります。

いつもより時間掛けて流した後、紙パンツ穿いてドアをノックすると
セラピストさんがお迎え、一緒に部屋へ。 

俯せにとオイルの準備&シャワーの片づけへ。
マットにゴロンと俯せになり待っていると「お待たせいたしました」と施術スタート。

足裏を太ももに挟むように座ると揉み解しはなく、最初からオイルでスタート。
こまめにオイルを手に取り、ストロークは僅かながら強弱あり。
もう少し、メリハリがあってストロークの長短、スピードの変化が欲しいところ。

腰を浮かすとカカトにアソコをあてるよう座り、指先は太ももから臀部へ、
引くときは割れ目をなぞるように滑らせていきます。

ここで、新技??
片足の施術が終わったかと思っていると挟んでいた太ももでスリスリし始め、
膝下から徐々に太ももへ、付け根付近までしっかりスリスリを終えると臀部も跨ぐようにスリスリ。
さらに反対側の脚を挟み、太ももから膝下へスリスリと続き、アソコで足裏を押さえてスリスリ終了。

ホォーと感心していると先ほどより足指にアソコがしっかり・・・
「じっとしているから当ててくれたのか、それとも・・・」
まぁ、後者であることはまずナイので、引き続きじっとしていることに。

足裏でアソコを感じることはできるも、肝心の指先はイマイチ。

向きを変えて足裏施術もポジション悪く、カガミに映らず。

横に移動すると膝がしらを腰あたりにピタッとくっつけ、臀部から腰。
頭部に移動して背中から肩。

そして、ついに・・・・

「仰向けお願いします」

と久々に聞く天使の声。

ワクワクしながら仰向けに・・・

そのまま頭部から、しっかりとデコルテ。
続いて、顔のすぐ横にお尻を置いて腕へのトリートメント、これがナカナカ。
指先まで流そうと腰を浮かすので、目の前に・・・目の保養というより目のやり場に困ります。

オイタ心が騒ぎますが、セラピストさんの足はさりげなく小生の腕を押さえていました。

足元に移動すると膝を立てて、脹脛から太もも。
足の甲をアソコで押さえるので当たる当たる・・・これもじっとしているからこそ。
しかし、セラピストさんの指先は相変わらず。

股間には入らず、横に移動してくると鼠蹊部をしっかり、微妙なところをナデナデではなく、
ホント鼠蹊部のリンパを流してます、ちょっと痛い。

続いて腹部をナデナデも際どさはナシ。

お顔見せながら、手のひらを太ももに挟んで腕をスリスリ。

すると手を挟んだまま、急に顔を寄せてきたので、指先にはあの感触が・・・
「こ、これは・・・」と思ったら、すぐに腰は浮いて

耳元で、「お時間です・・・」
とシャワーの準備へ。

ふと起き上がってみるとマットの横には脱ぎ捨てられたエプロンが・・・なんかエロイ。
脱ぐ時を見たかったなんて考えながら、戻ってきたセラピストさんと一緒にシャワー室へ。

「お背中流しますね」にワクワクも
紙パンツは穿いたままでチョット残念。
が、スポンジを泡立てている姿を浴室のカガミ越しに見ると思わぬサービスショット。

ラストの洗身サービスっていつの間にか無くなる店多いな、なんて思いながら、
ホントに背中だけ流してもらい、泡だったスポンジ受け取り一人アワアワ。
水圧が低いからかなかなかオイルが落とせずチョい長めのシャワー。

ドアをノックするとセラピストさんが待機していて、一緒に部屋へ。

独りで着替えて、暫くするとお迎え。

靴べらは渡されなかったですが、
玄関先、扉が閉まるまで笑顔で手を振られるのはチョい恥ずかしいですが、
いいもんですね。

帰り際もコンシェルジュからの「こんにちわ」に
誰にでもなく会釈してマンションを後にしました。

紙パンツ
Tバック 
rivage
 
所要時間
93分

独り言
赤坂でも溜池山王でも行きは登りですからより遠く感じます。
密着店、施術展開は面白いもその先は・・・新店なのでこれからこれから。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

錦糸町ってだけで期待してしまいます

最寄駅 
JR錦糸町駅
徒歩3分

訪問日 
2015年9月某日

訪問回数
初回

コース
120分

料金
120分15,000円(オープニング記念3,000円割引、通常18,000円)
指名なし(通常1,000円)
入会金 今だけ無料だそうです(通常2,000円)
支払総額15,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページ1週間分

店舗
マンション

施術室
★★☆☆☆
6畳くらいの洋間

施術台
マット
大きなカガミがマット横にあり

シャワールーム
★★☆☆☆
古いです

ユニフォーム 
白タンクトップにタイトミニ

施術
電話に出るのは遅かったものの男性スタッフが店名名乗り応対。
希望の時間が取れたので予約するも料金の案内はなし。
1時間前に確認電話要。

1時間前に電話すると、今度はすぐに電話に出て予定通りとのこと、
再度指定の場所に到着したら電話してほしいと言われ現地へ。

2,3分前に指定場所到着、さっそく電話するとすぐそばのマンション、
ここで料金も案内されて部屋へ。

エレベーターで指定階へ進み、部屋のチャイムを鳴らします。
いつものことながらドキドキしながらドアが開くのを待ちます。
もう一度チャイム鳴らそうかと思うほどの間があり、漸く扉が・・・

淡々としたお迎えにスリッパ突っかけ奥の部屋へ。

薄暗い部屋の片隅にある小さな椅子に腰掛けるとコースの確認と会計。
指名しなかったからか自己紹介はなし。

釣銭と冷たいお茶を持ってくるとすぐに着替えを促され、何の案内もなく部屋の外へ。
勝手にハンガーを使い、パンツは定番の籠へ。貴重品袋に財布を入れ扉をノックすると
セラピストさんがお迎え、シャワー室へ。

節水らしく、お湯は出していないので湯加減見ながらハンドル廻して調整、
さらに先客が使用したスポンジは置かれたまま。

サッと浴びて紙パンツ着用、ビニール袋捨てようとゴミ箱開けると紙パンツが一つ。
洗面台には可哀想なくらい変形した歯磨きチューブがポツンと置かれています。

カーテンを開けるとセラピストさんがお迎え、奥の部屋へ案内されます。
タオルで身体を拭きながらマットに上がると少し湿っているよう…

まずは俯せからということで、我慢して俯せになるとタオルを掛けられシャワーの片づけへ。

戻ってくるとアロマの確認、「無香で」とお願いすると施術スタート。
横に位置取り、脚から揉み解し、と言うよりムニュムニュっと掴む感じ。
腰から背中は軽く圧して無難な立ち上がり。

股間に位置取りオイル開始。
足首から脹脛、足首から太もも、足裏とストロークの長さは違うが力加減もスピードも一緒。
単調に撫でるだけ、その指先に際どさゼロ。

セラピストさんはカガミに正対しているので楽しみはなし、正面も暗くてシルエットしか判らず。

太もも辺りに跨るも膝立ちのためか感触ゼロ。腰から背中をナデナデ、ただただナデナデ。

横に移動しても背中から肩をナデナデ。ふと横を見るとマットの横に時計が…はや1時間経過。
確かメニューには背面・横・前面・股関節付近のリンパ節中心と書いてあったはず、
「これからこれから…」

背中をトリートメントしている手から力が抜けると「よし、仰向けだ」と思うもすぐに
同じようなストロークが…

施術している手が止まり、離れ、漸く仰向けかとワクワク、いや横が先かなんて
考えているのも束の間、臀部の施術が・・・

太ももから臀部を撫でるも割れ目、そして内腿にすら指先は届きません、
これも撫でるだけ…

時計を見ると既に1時間20分経過、ここから豹変するのか…

臀部は反対側からも施術、ひたすらナデナデ。ここまで撫でられればヒップアップ効果も…

1時間30分経過すると、さすがにどうでもよくなって寝たふり。

すると、今一度脚の施術し始め、練習台状態…
薄目を開けて時計を見ると終了20分前。

施術している手が止まると、「そろそろお時間ですよ」、さらに「よく寝てましたね」

そろそろと言う言葉に起き上がっていいのか迷っていると
何かする様子はないので一人起き上がると、シャワーの準備へ。

最初に使った湿ったタオルを渡され、シャワー室へ。

使うときだけハンドル廻して、お湯を出しサッと浴びて、湿ったタオルで身体を拭いて部屋へ。

入れなおしたというお茶には口を付けず、サッと着替え玄関へ。
自ら玄関のドアを開け、振り向くことなく店を後にしました。

紙パンツ
Tバック 
rivage
 
所要時間
118分

独り言
メンズエステで初めて2時間俯せのみって経験しました、
2時間近く俯せでも、さほど疲れなかったこの店のマットだけは☆☆☆☆☆です。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ