しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2015年08月

2
「おつかれさまです」と心豊かなセラピストさんに迎えられてみたい

最寄駅 
東京メトロ新宿御苑前駅
徒歩2分

訪問日 
2015年8月某日

訪問回数
初回

コース
レギュラー

料金
120分16,000円(オープニングキャンペーン2,000円割引、通常18,000円)
指名料(初回無料、通常本指名、写真指名とも1,000円)
(オプションのパウダートリートメントは施術時間30分延長で5,000円)
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページ1週間分

店舗
マンション複数室

施術室
★☆☆☆☆
4.5畳くらいの洋間

施術台
マット
小さなカガミがマット横にあり

シャワールーム
★★★☆☆
明るく、キレイにしています

ユニフォーム 
白タンクトップにタイトミニ

施術
電話すると男性スタッフが応対、低姿勢な応対は好印象も料金やコースの違い
についても曖昧な答え。肝心な料金の案内もなし。

前日予約だと当日1時間前に確認電話要とのことで、当日1時間前に電話、
アクセスを案内してもらい、予約時間の5~10分前に指定の場所から電話してほしいとのこと。

指定場所から電話するとすぐそばのマンション、エレベーターで指定階へ向かい部屋の前へ。
ここで「おつかれさまでした」と迎えられるのかと思いながらチャイムを鳴らすと、
暫くして扉が開きセラピストさんが「いらっしゃいませ」
「・・・」

履きにくい使い捨てのスリッパを突っかけ奥の部屋へ。
リビング・ダイニングを衝立で仕切り事務所代わりに使用しているらしく、人影がちらほら。

引き戸を開けると4.5畳くらいの部屋。部屋の奥にある椅子に座るよう勧められ、
腰を下ろすと注意事項を読まされ、コースの確認、会計。

着替えを促され、セラピストさんはシャワーの準備へ。

タオルを巻いて待機しているとセラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。
サッと浴びて脱衣室の引き戸を少し開けるとセラピストさんがお迎え、一緒に部屋へ。

俯せになるとタオルを掛けられ、シャワーの片付け。
すぐに戻ってきて揉み解しからスタート。

足元に位置取り、圧迫しながら足首から太ももへ。

カガミ側の横に移動すると臀部から腰、背中を体重を掛けながら圧していきます。
この時、セラピストさんは腰を浮かしながら施術、
部屋は暗過ぎずカガミを見るにもお尻を見るにも十分。

タオルを腰辺りまで捲るとオイルのスタート。
しっかりとオマタで足裏を押さえると
ピチャピチャと音を立てながらオイルを手のひらに馴染ませます。
しっとりとした手のひらは脹脛から太ももへおさえるように拡げると
足首から太ももへロングストローク、指先が下へ滑り込むことはないですが
割れ目から臀部を撫でるようにオイルを拡げていきます。

横に移動すると腰から背中をスリスリ、腰を浮かせながらの施術に視線はカガミにクギづけ。

仰向けになると腕をとり、太ももへ。届きそうで届かないもどかしさを感じつつも
小生の指先は悪あがき続けますが、結果は太ももを撫でるだけ。
セラピストさんは淡々と腕から手、指をモミモミ。

足元に移ると足の甲辺りに跨り、膝下から太ももへロングストローク。
さらに太ももから付け根へもしっかり。

残念なのは電話コール音、もちろん話し声も、新規オープンでお忙しいのは結構なのですが、
利用している客にとっては落ち着きません。
なぜかセラピストさんとの会話もヒソヒソ話に…

股間に移動すると内腿スリスリから始まり、指先は徐々に付け根へ。
そこで一時停止したかと思うと、さらに紙パンツの淵を彷徨いながら鼠蹊部まで。
この辺りは事故多発地帯とのことで徐行運転でゆっくり。

ゆっくりしすぎのようでここでお時間。
「あれ、ストレッチは?」との言葉は飲み込むと察したのか、
背後に回ると背中を押しながら、「硬いですね」

これがメニューでのストレッチとは思わないですが、シャワーの準備へ。

すると来店客とのシャワーが重なり暫し待機。

お茶を頼み、シャワー室へ。
サッと浴びて部屋へ戻り、お茶を一口飲んで玄関へ。
「ありがとうございました、またお待ちしてます」の声に
心の中で「おつかれさまでした」

紙パンツ
Tバック 
alekusia
 
所要時間
118分

独り言
衝立の隙間からカップ麺持った待機中のセラピストさんがチラリ・・・
お忙しそうで何よりです。

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

3
大阪から店名変えずに激戦区中目黒へ、それも東京価格

最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩5分

訪問日 
2015年8月某日

訪問回数
初回

コース
アチチSPAお試しキャンペーンコース

料金
90分12,000円
指名なし(通常1,000円)
支払総額12,000円

予約方法
★★★★☆
電話予約、応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページ1週間分

店舗
ワンルームマンション

施術室
★★★☆☆
6畳

施術台
マット
大きなカガミがマット横にあり

シャワールーム
★★☆☆☆
容器は考えたほうが・・・

ユニフォーム 
黒ワンピース(ホームページ画像)
オプションのアチチフィールサマーは水着だそうです

施術
電話すると店舗名を名乗っての応対、希望の時間で予約すると料金、受付者名も名乗って
受付完了、当たり前のことなのに何故か新鮮です。
指定の場所から5分前に電話すると、そこから2、3分のワンルームマンション。

オートロックを解除してもらい指定階へ行こうとエレベーター探すもない・・・
仕方なく階段上がり、息切らしながら部屋の前へ。
チャイムを鳴らすとすぐにドアが開き、笑顔で「いらっしゃいませ」
納得の制服を眺めながらキッチンを通り奥の部屋のソファへ。

照明がついていて部屋が明るい、自己紹介するセラピストさんもよく見えます。
お茶を用意すると、ピタっと横に座り同意書への記入案内。
記入といっても同意欄にレ点でいいとのこと、楽です。

コースの確認、会計を済ますと全裸に。
まずはお茶を一口飲もうとサイドテーブルを見るとメッセージカードが・・・

最初に小生の名前入りカード用意しておくのは珍しいなと思いながら全裸に。
タオルを巻き終わるとセラピストさんが迎えにきます。

脱衣スペース横の洗濯機置き場には小さいゴミ箱が鎮座してます。
部屋ごとにタオル類の洗濯はしていないようで。

シャワーは出してあるのですがお湯にはなっておらず、パネルをイロイロ押してなんとかお湯に。
ボディソープの容器もオシャレなようで使い勝手は悪い、洗面台のアメニティーも含めて残念。

サッと浴びて用意された紙パンツを穿いて少し暗くなった部屋へ。

マットへ俯せになるとタオルを腰辺りに掛けられて馬乗りになるとご挨拶の密着。
ピタッと背後から抱き着いて顔は耳のすぐ上に、腕を摩り指を絡ませる仕草は勘違いしそうに・・・

セラピストさん、上体を起こすと背中を圧しながら腰を前後にフリフリ。

後ろ向きになり、太もも辺りに跨ると足指が股間に入るもその先の展開はなし、
脹脛、足裏を軽く圧すと前向きになり、脹脛辺りに跨ると太ももから付け根をサワサワ。

オイルでも同様の手順で臀部に跨ると密着して肩、腕をスリスリ。
上体を起こしたところをカガミ越しに見るとスカートは捲れ上がってアレレ、
適度な明るさがあるのでハッキリ拝めます。

セラピストさんは裾を直そうとしますが生地の問題、諦めたようで露わなまま腰を振りつつ
腰、背中をスリスリ。

横に移動して脇腹あたりの揉み出し、この時も腰を浮かすのでカガミ側からの施術ではバッチリ。

足元に移動すると膝で足裏を押さえるように座り、脹脛から付け根、
さらに紙パンツをなぞるようにしてゴム紐まで指先が延びていきます。

股を拡げたまま片足を浮かすと間にセラピストさんの脚が入り、
股間から隙間に手を差し込むと付け根、臀部、鼠蹊部をしっかり。

太ももを挟むように膝立ちになると、膝を使い太ももをスリスリ、指先は臀部ナデナデ。

仰向けになると頭部に位置取り、定番のオッパイデコルテ。
丁寧に両手を腹部まで伸ばして谷間で一回、右手伸ばして右のオッパイでムニュ、
左手伸ばして左のオッパイでムニュ、まさにオッパイスタンプ…

デコルテ、乳首はあっさり。

足元に移動すると足の甲を押えるようにして膝下から膝上をロングストロークで流します。
脛の上に移動すると太ももから、付け根、鼠蹊部を押すときはスリスリ、引くときはサワサワ。

片足挟むようにすると内腿を膝でスリスリ、上体は小生に抱き付くような態勢・・・
されどセラピストさんの手は自らを支えながらも小生の手を押さえつけ見事オイタ防止。

股間に位置取ると両手使い鼠蹊部、親指は鼠蹊部を通過するも
手のひらは紙パンツを撫でるように数回。
さらに会陰をジワーッと圧しては離し、圧しては離し・・・

横に位置取ると手を取り、セラピストさんの膝の上へ。
腕、手、指をモミモミ、腕の施術中、膝への攻撃はできるもその奥には届かず・・・

お時間となり起こされると肩をモミモミ。

シャワー室で新しいバスタオルを受け取り、サッと浴び部屋へ戻ると
軽く背中を拭いてくれます。

いつのまにかキレイに畳んでくれた服を着ているとお茶を差し替え部屋に…
冷たいお茶を啜りながら暫し話し、そろそろお時間と思い自ら玄関へ。

玄関の外まで乗り出してのお見送りに小生のほうがヒヤヒヤ。

紙パンツ
Tバック 
alekusia
 
所要時間
98分
 
独り言
密着ですが、どちらかというと当てている感じ…
とはいえオペレーションは良いですね。
これで大阪価格ならいいですね、ここまで目の保養できるならサマーでなくとも…
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2

小さな癒しのオアシス・・・

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩5分

訪問日 
2015年8月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分16,000円(某サイトでは通常18,000円、オープン記念2,000円割引となってます)
指名料なし
入会金ホームページ見たで無料(通常2,000円)
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、WEB予約
電話応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページにて1週間分

店舗
ワンルームマンション

施術室
★★★☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
マット
大き目なカガミあり

シャワールーム
★★☆☆☆
キレイなバスルーム

ユニフォーム 
Tシャツ、フレアミニ(ホームページ画像)

施術
WEB予約、どうもこの予約システムとは相性悪いようで何回か繰り返して漸く予約完了。
指定場所から3分前に電話するとお兄さんが応対、
電話繋がるも無言なので小生から名乗って場所を確認。

マンション名を見つけ、オートロックを解除してもらい部屋の前へ。
チャイムを鳴らすとすぐに扉が開き、「いらっしゃいませ」

勧められることもないサンダルを勝手に突っかけ、奥の部屋へ。

ソファに腰掛けるとサイドテーブルにあるタブレットのメニュー見ながらコースの確認、会計。
さらに画面が切り替わるようになっていて注意事項も…
なんとそこには昔風俗店で良く張り紙してあった「罰金」の文字、まぁ金額は10万円でしたが…

全裸になりタオルを巻いて待機してくれと言うので
ソファに脱いだ衣類を重ね、貴重品袋らしき大きなビニール袋に財布を入れ準備完了。

セラピストさんが迎えに来てシャワー室へ。
まだ新しいらしくキレイなバスルーム、シャワーヘッドの使い勝手は悪いですが…

サッと浴び紙パンツを穿いて、ドアを開けると洗濯機が…、間違ったようでもう一方のドアを
開けるとセラピストさんが待機していて部屋へ。

いつの間にか用意されたお茶を一口啜り、マットに俯せに。

シャワーの片づけが終わると全身バスタオルで覆い施術開始。
足元から脚を揉み解し、タオルを伸ばすように摩りながら指先はしっかり付け根へ。
タオル越しとはいえ、スタートからこの展開にワクワク。

セラピストさん、カガミを背に位置取り、臀部から腰、背中を軽く圧します。
お尻を浮かしての施術に小生はカガミをガン見、ところが暗くて見えず。

首が痛くなったところでパウダーに。

脚に掛けてあるタオルを腰まで捲り、パウダーを手に取るとサワサワ。
膝下から太ももまで撫でまわしますが付け根には届かず。

カエル脚になると臀部をひたすらサワサワ、たまに腕を股間にねじ込むも際どさは…
サワサワしながら小生の表情をチラ見、反応を窺っているようですが…

両脚終えるとタオルを臀部に掛けてその上に跨り、腰、背中をサワサワ。
尾てい骨辺りにあの感触を感じながらのサワサワはよいものです。

片足を挟むように座ると太ももを擦りつけるようにスリスリ、
上半身はピタッと密着しているわけではないので感触はイマイチも
セラピストさんの顔が耳元にあるのはドキリ。
もちろん指は遊んでいるわけではなく乳首をサワサワ。

仰向けになると足の甲を腿で挟むように座り、脚をサワサワも微妙な部位に指先は届かず…

股間に位置取ると内腿から付け根をアッサリ。

片足を挟むようにして、俯せ同様太もも辺りをスリスリ。
上半身の密着はないものの目の前にセラピストさんの顔が…
ここでも指先は乳首をクリクリ…

横向きになるとジェルを使い、閉じた内腿に腕をねじ込んでグリグリ。
パウダーの上からジェルって…滑らかさもシットリ感もなく微妙、加えて施術部位も微妙。

何事もなく時間となり終了。

最初に使った湿ったバスタオルを渡されシャワー室へ。

サッと浴びて一人着替え、差し替えられていないお茶を啜って玄関へ。

紙パンツ
Tバック 

<前>
novia
<後>
noviaura

所要時間
89分
  
独り言

パウダーとジェルはどちらかのほうが・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

1

他では味わえない究極の癒しとは…

最寄駅 
JR飯田橋駅
徒歩8分

訪問日 
2015年8月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分13,000円(オープニングキャンペーン中、通常16,000円)
指名なし(指名料表記なし)
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、WEB予約
電話応対女性スタッフ

出勤情報
ホームページスケジュール欄にひと月

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
施術ベット

シャワールーム
★☆☆☆☆
薄暗いバスルーム

ユニフォーム 
ワンピース(ホームページ画像)、黒ストッキング

施術
電話すると女性スタッフが応対、ホームページの予約の取り方の通り話し予約完了。
初回は問診票記入のため10分前に来てほしいとのこと。

目印のコインパーキングから電話するとすぐ近くのマンション、
オートロックを解除してもらい指定階へ。
門扉がある離れのような一軒の玄関口を覗き込むと言われた部屋番号を発見、
チャイムを鳴らすとドアが開きセラピストさんが「念のためお名前を」、
念のためですかと思いながら名乗ると、「お待ちしておりました」とようやく中へ、
履きやすい使い捨てスリッパを履いて受付へ。

オープン祝いの籠花があるリビングスペースのソファに腰掛けると
入れ替わって受付スタッフのおネェさんが登場、冷たいお茶とオシボリをテーブルの上に。

冷たいお茶に手を伸ばす間もなく問診票を渡され、記入の案内…
薄暗い中、仕方なく記入し終えて漸くお茶を一口。
希望のオイルと施術の要望も聞かれたので、
「オイルは無香、施術は店のスタイルで」と頼みます。

まずはシャワー、とバックを入れたカゴを持っておネェさんが案内してくれます。
脱衣室ではズボンもカゴへ。

薄暗いシャワー室、お湯は出してなかったのでシャワーを出すとお湯にならない…
出したまま暫くしても水、暗くて給湯パネルも見えにいので仕方なく冷水シャワー。

サッ浴びて大き目のブリーフ穿きバスローブを羽織り、扉を開けるとおネェさんが待機。
「部屋へ案内します」とバックと衣類が入ったカゴ二つ担いでくれ部屋へ。

ガウンを脱いでベットに横たわるとおネェさんが全身覆うようにタオルを掛けてくれ、
「しばらくお待ちください」と部屋の外へ。

しばらくするとノックがあり、セラピストさんが入室して問診票を確認。
脚に掛かったタオルを捲るとやたら誇張していたオーガニックオイルで施術スタート。

オイルを馴染ませた手が脚に触れるとしっとりした感触、
少量のオイルでも伸びはよさそうです。

しかし、施術は強弱も緩急も長短も変化なく、膝下をひたすらスリスリ。
膝上への施術も同じようにスリスリ、指先は付け根にほど遠く…

続いて、頭部から背中への施術、顔を入れる隙間から覗くとセラピストさんの脚が…
生足ではなくお迎え時の黒ストッキング、小生は黒ストマニアではないのでガッカリ。

後頭部にオッパイが当たるわけでもなく、ここでも背中をひたすらスリスリ。

仰向けになると「お顔にタオル掛けますか?」と聞かれたので丁重にお断り。

セラピストさんの顔がじっくり見れると周囲を見回すも足元からで全く見えず、
さらに天井の照明も眩しく、目を閉じていることに。

ロングストロークはしないスタイルなのか、足首から膝までをスリスリ。
膝上も同様、ここでも付け根には届かずスリスリ。

横に移動して腹部からデコルテ、もちろん下腹部になんて届かずスリスリ。
しかしベットに身体を寄せて施術しているセラピストさん、小生の手には感触が…
それではと僅かに手を動かすも腰を引くような感じに退散。

退散した手を取って上腕部からモミモミ、続いて前腕部、そして手とモミモミ。
ここでセラピストプロフに下着の色が書いてあったのを思い出し、
いつ確認させてくれるのか聞いたところ、そういうオプションはないとのことでお時間。

シャワー室へ行ってもお湯は出ておらず、出しても冷たいまま。
オイルを流したいので給湯パネルをイジリまくっていると水からお湯に、
サッと洗い流してシャワー室を出るとカゴが置かれていて、ここで着替えるよう…

着替えてドアを開けるとおネェさんがお迎え、ソファに腰掛け冷たい水を一口。
今日の感想を聞かれて、もちろん「良かった」と。

会員登録しておきますかと聞くので「はい」と答えると来店のたびに割引があるとのこと。
キャンペーン料金からなのか通常料金からの割引なのか説明なかったので分からないですが…

それではと立ち上がるとセラピストさんが玄関までお見送り。

紙パンツ

ブリーフ
worker2

所要時間
98分(予約時から退出時)
  
独り言

1回では求めていたものを見つけることはできないようで…
立地はともかく、料金、オペレーション…新店なので頑張ってほしいですね。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ