しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2015年07月

2

濃密な時間・・・

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩5分

訪問日 
2015年7月某日

訪問回数
初回

コース
120分

料金
120分16,000円(オープニングキャンペーン1,000円引き、通常17,000円)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額16,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約
電話応対男性スタッフ、またはセラピストさん

出勤情報
ブログにて1週間分

店舗
ワンルームマンション

施術室
★★☆☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
マット
側面に姿見横にしています

シャワールーム
★☆☆☆☆
ユニットバス、浴室内に紙パンツが置いてあり
どこでシャワーを浴びていいのか…

ユニフォーム 
タンクトップ、フレアミニ

施術
電話をすると転送となりお兄さんが応対、色々と説明あるも料金総額の案内はなし。

指定の場所から電話するとセラピストさんが応対、不慣れな案内ながら
目印のコンビニ目指して進みます。

オートロックをすぐに解除してもらい部屋の前へ。チャイムを鳴らしても応答がない、
もう一度鳴らしても…ドアスコープから見えるように立ち位置を変えたりしていると
漸くドアが開き「いらっしゃいませ」、部屋の奥へ案内されます。

小さな椅子に腰掛けると「お飲物を」とキッチンへ。
あまり冷えてないお茶が出されてコースの確認、オプションのセールス。
オプションはお断りして会計、その間に同意書&問診票への記入。
問診票には疲れている箇所の項目に「そけい部」の選択肢が、
流石に印は付けませんでしたが…

釣銭を持ってきたセラピストさん、問診票を見ながら、
「今日は背中と腰がお疲れなんですね、そちらに時間を掛けてほぐしていきますね」、
そけい部に印を付けておけばよかった…

着替えを促されてシャワーへ、バスタブ横に洗面台がある狭いシャワー室。
このタイプどこでシャワー浴びるのか迷います、浴室内に紙パンツが置いてあり、
ボディソープもバスタブの縁に置いてあったのでバスタブ内で浴びることに。

サッと浴びて横スカタイプのパンツを穿いてドアを開けるとセラピストさんがお迎え。
すぐ奥の部屋へ案内されます。

マットに俯せになるとシャワーの片づけへ。
カガミの位置など確認しながら態勢を整えているとセラピストさんが戻ってきて施術開始。

全身覆うようにタオルを掛けると足元に位置取り、両足軽く解すとオイルスタート。

横に位置取り、多めのオイルを手に取ると脹脛をスリスリ、足裏もスリスリ。
足裏をアソコで押さえるように座ると太ももをスリスリ。

押す時にスリスリ、引くときにサワサワとパターンとしてはいいのですが…
指先は付け根にすら届かず、ストロークに長短、強弱、緩急はなく単調な施術。

背中にタオルを掛け、横に移動すると背中を揉み解し。
軽く背中全体を圧すとタオルを取りオイル、ここでも単調な施術は変わらず。

続いて臀部にタオル掛けて揉み解し。
タオルを取るとカエル脚、カガミにお尻を向けながら腰を浮かせるようにしての施術も
残念ながら暗くて見えません…

内側から腕をねじ込んできますが、そけい部に印を付けなかったからか
摩るのは内腿だけ、たまにお尻の穴周辺をサワサワ。

オイルをホットタオルで拭き取ると仰向けに。

頭部に位置取ると肩、首、たまにデコルテ、腹部。
腹部の時でもオッパイは目の前まで、観賞はできましたが感触は味わえず。

足元に移動すると足の甲を押えるように座り、膝下からスリスリ、ただひたすらスリスリ。
膝上も期待するところまでは届かずスリスリ。

横向きと言われるも残念ながらカガミとは反対向き、密着がないまま、股間に腕をねじ込まれるも
同じリズムで太ももをスリスリ、ひたすら単調にスリスリ。

せめて反対側は、と思ったところでお時間。
ロングリンパ付けなかったからなのか…と思いながらシャワーの準備待ち…

ゆっくりとシャワーを浴びて一人寂しく着替えもキッチンとの仕切り戸は磨りガラス。
セラピストさんはこちらの様子を窺いながら飲み物の準備中。

着替え終わると同時にお茶を持って登場、立ったまま一口飲んで玄関へ。

紙パンツ
横スカTバック 

<前>
prive
<後>
priveura

所要時間
115分
  
独り言

何かが起こりそうで起こらないワンルーム…
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2

ハワイのイメージのなか、優雅なひとときへ。
それにしてもハワイとはいえ時節柄お部屋は暖かくしなくても…

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩6分

訪問日 
2015年7月某日

訪問回数
4回目

コース
アロマトリートメントコース

料金
120分16,000円
指名料1,000円
入会金  無料キャンペーン中(通常1,000円)
支払総額17,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約、WEB予約(当日も可、初回は電話のみ)
電話応対男性スタッフ

出勤情報
ホームページに半月分

店舗
マンション複数室

施術室
★★☆☆☆
4.5畳ほどの洋間、狭いです
6畳ほどの部屋もあり

施術台
マット
側面に大きなカガミ有

シャワールーム
★☆☆☆☆
古いのは致しかたないですが
アメニティーもシャンプーも残念
使い終わったら壁面についている泡は流しておいたほうが…

ユニフォーム 
Tシャツ、フレアミニ

施術
予約の電話をすると愛想の良さそうなお兄さんが応対、
やはり当日ならWEB予約よりスムーズ。
予約時間の3分前くらいにキムカツあたりから電話を入れると
時間丁度にオートロック解除してくれとのこと、ここから時間スタートのようで…

指定階でワクワクしながらチャイムを鳴らすとセラピストさんが迎え、
履きにくい使い捨てスリッパを履かせてお部屋へ。

初対面、まずは自己紹介と思いきやオプションのセールスから。
指名のお礼はともかく、名前も名乗らないのは…

料金を支払い、お茶を頼み部屋の観察。
狭い、2台の時計は両方とも進んでいました(進めてあるとは思いませんが)。

お茶が運ばれてくると「着替えてください」と一言、すぐにシャワーの準備へ。
全裸になるには十二分の時間をいただき、お迎えのノックが。

浴室内は使った後のようで壁面には泡が所々に…
まずは壁面の泡を洗い流してからボディソープで、「もしかしたら」に備え…

扉を開けるとセラピストさんがお迎え、部屋へ戻り、お茶を一口。

俯せになるとタオルを掛けて、シャワーの片づけへ。
しばらくすると戻ってきて施術開始。

足元に位置取り、揉みほぐしから、脹脛から太もも、たまに付け根。
横に移動すると臀部から背中と軽く圧迫していきます。

足元に戻りオイルのスタート。
クルブシあたりを挟むように位置取ると脹脛から太ももを多めのオイルで流していきます。

横に移ると太ももから臀部、ここでも多めのオイルで流すと
付け根あたりを爪を使いサワサワ、スリスリ。
これはなかなかの感触、一瞬チャイエスでのテク並と思ったほどで思わず尻がピクピク。

カエル脚では指先で付け根から鼠蹊部をスリスリとあっさり。
腰の横に移動すると腰から背中、肩をモミモミで俯せ終了。

ホットタオルを取りに行っている時間は短く、すぐに戻ってきて軽くオイルを拭き取ると
いよいよ仰向けへ。

足元に位置取り、膝下から太ももへとロングストロークでスリスリ。
股間に位置取ると太ももから付け根へスリスリ、
さらに紙パンツの縁に沿うように指先が鼠蹊部へ。多めのオイルなので中なのか外なのか
分からない微妙なところをスリスリ。

横に移動すると腹部をスリスリ、下腹部を撫でるときには指先が紙パンツの中へ、
と言ってもわずかにゴムの中に入り込んだだけですが…
雑談しながら、ひたすら腹部へのスリスリが続いたところでお時間。

サッとシャワーを浴びて扉を開けると部屋の片づけ中…
部屋へ戻るとお茶の差し替えはなく、独り寂しく着替え、
着替え終わると今度は計ったようにお迎え、
ハワイを感じることはできず、一緒に玄関へ。


紙パンツ
Tバック 

<前>
rivage
<後>
rivageura

所要時間
123分
  
独り言

セラピストさん任せなのか、スタイルの変更なのか施術パターンが
行くたびに変わってますね、それも残念なほうへ…
ブログを書いているときに姉妹店が閉店、移転と書いてあるので期待しましょう。
こちらの営業は行うようなので…
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

3
ゆらぎの中でディープな時間を

最寄駅 
JR恵比寿駅
徒歩2分

訪問日 
2015年7月某日

訪問回数
初回

コース
アロマトリートメントコース

料金
90分13,000円
指名料1,000円
研修デビュー割引1,000円引
支払総額13,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対は女性セラピストさん

出勤情報
ブログにて1週間

店舗
ワンルームマンション

施術室
★★★☆☆
6畳

施術台
マット
姿見有

シャワールーム
★★☆☆☆
キレイにしていますが

ユニフォーム 
胸元の開いたTシャツ、フレアミニ

施術
予約時間の1時間前に確認の電話したのち現地へ。
周辺をフラフラして3分前に指定の場所から電話を入れマンションへ。

ロックを解除してもらい指定階へ。
チャイムを鳴らしてドアが開く瞬間、ドキドキします。

元気な声で「いらっしゃいませ」と笑顔でお迎え、スリッパを足元へ。
奥の部屋へ案内されます。

椅子に腰掛けたところでコースの確認、会計。
誓約書らしきものへ記入、暗すぎたため明かりをつけてもらいました。

冷たいお茶を頼んで着替え、セラピストさんがお茶を運んできてくれ
一口飲んでシャワーへ。

サッと浴びて紙パンツが置かれているところを見るとトランクスらしき大きめなものと
小さめなものの2種類、もちろん小さいほうを…
開けて見ると初めての形、前後が分からずアタフタもなんとか穿いて部屋へ。

マットに俯せに寝転ぶとタオルを掛けられ施術開始。
足元から脚、横から臀部から腰と揉みほぐし。
名前を呼ばれながらのコミュニケーションはなかなかです。
肝心のオイルの選択は忘れたようですが…

タオルを取ると足の指先をアソコに導いて固定させて無香オイルを延ばしていきます。
アソコにあると指はジッとしていられず…も「くすぐったい…」と言われ一時中断。

一方セラピストさんの指先は付け根まで届かず…太ももまでを行ったり来たり。
脹脛辺りに移動すると太ももから臀部をスリスリ。

カエル脚になると肘あたりまでねじ込みグリグリ、
頭のほうにある姿見を見るとポジションが絶妙、お尻が丸見え。
偶然なのかテクなのかわかりませんが首が痛くなりました。

横に移動すると腕を横にしてモミモミ、頭部に移動して肩、そして使いすぎた首をモミモミ。

仰向けになるとオッパイデコルテ。
デコルテから脇、乳首はあっさり通過して腹部、このあたりでオッパイで顔面プニプニ。

腰辺りに移動すると手を取りアソコに導くのでビックリ…
もしや…なんてはずもなく腕をモミモミ、小生の指を動かしても太ももナデナデまで…

足元に移ると、ここでも足指をアソコで押さえるように座ると、膝を立て脹脛をスリスリ。
カエル脚にして内腿から付け根あたりをスリスリ。

股間に移動すると両手で紙パンツの縁なのか中なのか分からないところをいったりきたり。
最後も「〇〇さん、お時間です」と言われシャワーの準備へ。

サッとシャワーを浴び、着替え終わるのを見計らってセラピストさんが部屋へ
(と言ってもカーテン越しに丸見えですが…)。

お茶を啜りながら二言三言。

お別れも名前で…お見送り。

紙パンツ
Tバック (ふんどし型、紙パンツと言うよりサポーター??)
ftone
<前>

ftoneura
<後>

所要時間
90分
独り言
股上が浅い新しいタイプの紙パンツ、前後は関係なさそうです。
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

2
厳選されたセラピストさんに極上のおもてなしを受けてみたい

最寄駅 
東急東横線中目黒駅
徒歩5分

訪問日 
2015年7月某日

訪問回数
初回

コース
VIPコース

料金
VIPコース90分16,000円(OPENキャンペーン料金2,000円割引、通常18,000円)
指名料1,000円
支払総額17,000円

予約方法
★★☆☆☆
電話予約、応対はセラピストさん

出勤情報
ホームページ プロフィールページに2週間分

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳

施術台
マット
大きなカガミがマット横にあり

シャワールーム
★★☆☆☆
キレイにしていますが

ユニフォーム 
白ナース服
VIPコースはオイル施術時に水着

施術
電話するとセラピストさんらしき女性が応対、すぐの時間が取れるというので予約。
指定の場所から5分前に電話すると、見覚えのあるマンションへ。

オートロックを解除してもらい指定階へ。
部屋の前に着いたところで扉が開き、無言で使い捨てスリッパ履かされ中へ。

部屋に案内されても自己紹介はなし、誓約書への記入を促され、お茶の準備へ。

すぐに冷たいお茶が運ばれてきて、コースの確認、オプションはお断りして会計。

お茶を一口含んでから全裸にバスタオルを巻いて準備完了、セラピストさんとバスルームへ。

お洒落なボトルに移し替えてあるボディソープでサッと流して、
タオルを取ろうとバスルームから出るとバスマットではなくスノコが・・・
仕方なくタオルを取り、バスルームで身体を拭いてから濡れたスノコを拭きます。

洗面台横にはトランクスとTバックタイプの紙パンツが置かれています。
もちろんTバックを開けると久々に小さいタイプ・・・

扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

マットに寝ころぼうとすると、「仰向けで」の声に(ホームページには記載されていました)
何から始めるのかワクワクしながらシャワーの片付け待ち。

セラピストさんが戻ってきてタオルを掛けられ、「寒くないですか」
出来れば直のほうがと思いつつ施術開始。

最初は膝や股関節のストレッチ。

セラピストさんの下腹部で足裏を支えながら全体重で圧すので、思わず「ウッ」と声が・・・
すると目を合わせてきて「痛いですか」

ドキマギしながら「い、いや」と答え、それ以降なんとか声を出すのを堪えてストレッチ終了。

「オイルになりますので、俯せでお願いします」とタオルを掛けられます。

間が空いたのでどうしたのかと横を見るとナース服を脱いでいる姿がカガミに・・・
下は水着とはいえ、薄暗い室内での脱衣シーンはイイですね。

足裏をアソコで押さえるように座ると多めのオイルを手に取り、足首から太ももへ伸ばしていきます。
オイルはポットに入れてあり、保温できるようになっていて常に心地よい温かさです。

カカトの上に乗ると太ももから臀部へ、カカトで感触は楽しめますが
セラピストさんの指先は付け根すらカスらずに臀部へ。

カエル脚になるとくの字に曲げた膝を挟むように位置取り、
指先で付け根から鼠蹊部をスリスリ、腕をねじ込んではグリグリ。

横目でカガミを見ると腰を浮かしたセラピストさんのお尻がバッチリ、
水着でなかったら最高なんですが・・・

足を伸ばすとセラピストさんの脚を絡ますようにして太ももでスリスリ。
カガミ越しにチラ見するとセラピストさんと目が合いドキリ。

臀部に跨るとオッパイを背中に当ててスリスリ。
耳元で息遣いが聞こえるほどの密着も感触は・・・

ここで「仰向けお願いします」

頭部にきて膝枕で施術開始。
オッパイデコルテから乳首クリクリ、サラッと腹部、そして乳首。
乳首攻めはみんな喜ぶと思っているようで、ひたすらクリクリ。
オッパイデコルテはオイルが付いて・・・

足元に移ると膝下をアッサリ、膝下に跨り太ももから付け根をスリスリ。

股間に位置取ると両手で付け根から鼠蹊部、そしてここでも乳首へ。

さらに指先は紙パンツの縁を沿うように進み、ゴム紐の下を通過、
感覚は紙パンツの中に手が入り込んでいるよう・・・

その感覚の中、親指が会陰をクリクリと刺激。
その態勢で他の指はというと包み込むように・・・
とはいえダイレクトでの攻撃はなくお時間。

ホットタオルで足裏のオイルを拭ってもらいスリッパを履かせてもらいシャワーへ。

落ちにくいオイルのようで2、3回ソープをつけては流し、タオルで拭き取り、
さらにスノコも拭き取りドアを開けるとセラピストさんは次の準備中。

部屋へ戻るとイソイソとシャワーの片付けへ。

一人着替え終わり、最初のお茶を一口含んで玄関へ。

紙パンツ
Tバック (極小と通常の中間)
risel

riselura
 
所要時間
93分
独り言
イイところあり、残念なところあり・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版 

↑このページのトップヘ