しゅうじぃのエステ放浪日記

最近紙パンツに興味わいてます

2015年01月

2
ふだんを忘れる贅沢な時間・・・過ごしてみたい

最寄駅 
都営地下鉄大江戸線大門駅
徒歩3分

訪問日 
2015年1月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分11,000円(通常12,000円、某サイト見たで1,000円割引)
入会金0円(通常1,000円、某サイト見たで無料)
指名料1,000円(ネット指名、本指名とも)
支払総額12,000円
ポイントカード有

予約方法
★★★☆☆
電話予約
電話応対男性、駅到着時電話要


出勤情報
ホームページに週間スケジュールあり

店舗
雑居ビル、店舗型

施術室
★☆☆☆☆
3畳くらいのスペース
入口はアコーディオンカーテン、隣室とはパーテーション
上部は通路側、隣室側とも仕切りなし

施術台
マット

シャワールーム
☆☆☆☆☆
狭い、暗い、ボディシャンプーは2本とも空
ここまでの簡易シャワーは初めてです

セラピスト
Vネックシャツにショートパンツ
ホームページの制服期待してましたが・・・

施術
大門に圧倒されながら電話すると準備できているというのでエレベーターで指定階へ。
エレベーター降りると表示のないドアが・・・躊躇っているとドアが開いて「いらっしゃいませ」、
と受付の男性がお出迎え、びっくりしながら予約した名前を名乗るとすぐにサンダルを用意してくれ
受付兼待合室兼事務所みたいな雑然としたところへ通されます。

コースの確認をして会計すると注意事項を読まされます。すぐに部屋へ案内されるかと思いきや
先客がシャワーらしく終わるまで待機、仕方なく雑然とした部屋を見渡すと・・・
なんと小生の名前と電話番号が100円均一にあるようなホワイトボードに小さく、しかしハッキリ読める字で
しかも敬称すらなく 書かれているではないですか。小生の他にも数人の名前と電話番号、
コース金額が書かれていました、ただただ唖然です。

後悔しているところで先客のシャワーが終了したようで部屋へ案内されます。薄暗い中進み
アコーディオンカーテンが開かれてご対面と思いきや「少しお待ちください」と受付氏。

当然のことながら椅子なんてありません、ボッーと立っているとカーテンを叩くような音が聞こえ
セラピストさんがニコリと登場ですが制服が違うガッカリ感が大きいです。

そんな気持ちを知るはずもなく、セラピストさんは元気に「コートお預かりしますね」、着替えサポートを
受けながら次々と脱ぎ捨て下着は自ら定番の籠に入れ、差し出してくれたバスタオルを巻いてシャワー室へ。

脱衣スペースにある籠にバスタオルを入れシャワー室を開けるとお湯が出ていて助かるのですが
電球が切れているのか暗い、扉を閉めると狭い、シャワーヘッドがヌルヌルしていたのでソープで
流そうとポンプを押すと空気しか、もう一本あったのですがこちらも空。仕方なくシャワーでサッと
流し、紙パンツを穿いて扉を開けるとセラピストさんがお迎え。一緒に部屋へ戻ります。

俯せになるとタオルを掛けられ揉みほぐしからスタート、横から脹脛から太もも、臀部、跨って腰から背中、肩
と軽く圧していきます、もちろん感触はしっかりでしたが先客の話し声が大きく落ち着かないままオイルへ。

足元に移り、太ももを挟んで膝下から、足裏はしっかりとアソコで押さえつけられています。太ももへの
施術になるとカカトにアソコ辺りが当たる嬉しい展開、ついついモゾモゾしてしまいます。
指先は序盤戦だからか控えめで付け根辺りでUターンしてしまいます。

横に移動するとカエル脚に、膝あたりをセラピストさんの脚に乗せて施術しやすいようにします。
腕までは入らず指先で付け根辺りをクリクリ、際どさはイマイチ

腰に跨ると腰から背中、オッパイ押し付けての肩、何度も何度も押し付けてきますが
感触は好みの問題なので・・・

俯せでの施術が終了するとホットタオルでオイルを拭き取り、仰向けになると、
足の甲辺りに跨り膝下から太もも、付け根と徐々に期待するエリアに指先が忍び寄ってきました、そして・・・

股間に位置取り、オイルを手に取ると付け根辺りをスリスリサワサワ。
時に片手で時に両手で、しかも人差し指の指先が紙パンツの淵を添うように通過していくので事故は必然、
小生はパンチ人形のように親指に倒されては立ち上がりの繰り返し。

いまかいまかとモゾモゾしていると股間から立ち上がり、小生の横へ。
手を取ると太ももへ導くので「、手のひらを太ももで挟むようにして腕のトリートメント。
小生はセラピストさんの太ももをトリートメントも届きそうで届かない絶妙な距離感。

必死に指で手繰り寄せようとモゾモゾしているとセラピストさんが急に顔を近づけてきたので「もしや」と
ドキドキしたのですが・・・一言「お時間です」とシャワーの準備へ。

あまり使いたくないシャワーで空のポンプを数回押しては僅かな泡でオイルを洗い落とします。

部屋へ戻り、冷たいお茶を頼んで着替え、お茶と一緒にポイントカードと割引券をもらい一緒に玄関へ。
帰りは受付のお兄さんはなく、セラピストさんがエレベーターが来るまでドアを開けてお見送り。
 
紙パンツ
Tバック
jubilee

所要時間
88分
 
独り言
簡易シャワーもイイものあるんですけどねぇ・・・
大門越しの東京タワーいいです。
ウィッチズガーデン ダウンロード販売 クリミナルガールズブーセ オンラインゲーム

2
5つのエレメントはみたされているのでしょうか

最寄駅
 
JR池袋駅
徒歩7分

訪問日 
2015年1月某日

訪問回数
初回

コース
下半身集中リンパドレナージュコース 

料金
90分12,000円(通常14,000円、新規さま限定90分コース以上2,000円割引)
ディープリンパデトックス10分2,000円
指名なし(指名料2,000円)
支払総額14,000円

予約方法
★★★☆☆
電話予約
電話応対女性、周辺到着時電話要


出勤情報
ホームページ
当日分のみが多いようですね

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
ヒーターあり

セラピスト
フリル襟の白ブラウス、黒タイトミニ

施術
電話すると対応の良い女性が料金やアクセスを案内、自ら名乗った上で名前を聞くなど、
当然と言えば当然ですが、メンズエステ店では珍しく新鮮 です。

カレーは飲み物の行列を横目に電話すると見覚えのあるマンションへ。
エレベーターを下りるとこれまた覚えのあるドア、来たことあるかなと思いながらチャイムを鳴らすと
女の子がお出迎え、部屋へ案内されます。

定番の小さな椅子に腰掛けるとテーブルの上にあるカルテらしきものに個人情報を記入、その横には
病院で見かけたような小さな小さな紙コップ 、一口で飲み干した中味は水でした。

記入し終えるとコースの確認、そしてオプションの営業が始まりました。
下心満々、ディープ大好きの小生は間髪入れず「ディープリンパお願いします」
支払いを終えると衣類をハンガーに掛けるサポート 、全裸までお付き合いしてくれシャワーへ。

脱衣室にはヒーターがあり 、シャワーのお湯もでていて 寒い中歩いてきた小生にとっては天国のような
暖かさにホッとします。ずっとシャワーのお湯にあたっていたい心地よさをふり切りボディソープでサッと
洗い流し紙パンツを穿いて扉を開けるとセラピストさんがお迎え 、一緒に部屋へ。

マットへ俯せになるとタオルを掛けられ揉みほぐしからスタート。脚から腰、背中と軽く圧していきます。
続いて足元に移り、脚を両膝で挟むように座り脹脛から太ももへ。
小生の大好きな態勢での施術にワクワク、ところが期待していた感触がないので足指を必死に動かし
探してみるも「・・・」
絶妙な距離感に完敗です、これも技術なら満点です。トリートメントはショートストロークだけで強弱もなく
ひたすらスリスリ、これが技術なら・・・。さらに指先は太ももから付け根手前で一時停止してすぐにUターン

カエル脚になると太ももから付け根、臀部をナデナデと単調なストロークは変わらず
微妙なところを通過しますが事故は起きません。

安全運転のまま左右の足を終えると「横向いてください」、おっ来たかとトドが寝返りうつように横を向くと
後ろから股間に腕をねじ込み、ドリルのように回しながら付け根をグイグイときますが残念ながら指はグー、
それも片側のみで、期待するようなことは起こりません

タオル越しに腰に跨ると背中から肩をあっさり。

仰向けになると足を腿に挟むように座り、膝下、太ももとショートストロークでスリスリ。
ここでも絶妙な距離感、敵ながらアッパレですな。指先にワクワクすることもなく時間は過ぎていきます。

股間に移動してくると平泳ぎのストロークのように両手が紙パンツの淵を通過していきます、
そのまま指先が腹部まで届くと脇腹を通り、付け根から太ももを撫でて紙パンツへと
ストロークは繰り返されます。ただ何かが足りない・・・
おそらくこの施術がディープリンパなのでしょうが・・・オプションなのですから一言あってもいいのでは

ハシゴが頭を掠めたその時、忘れていたかのように突如股間から立ち上がり、
小生の横に添い寝してくるではないですか。自分勝手の小生は当然勘違いして抱き寄せるようにした瞬間
「時間です」。一瞬延長コールかと思いましたがセラピストさんはすぐに立ち上がり「シャワーの準備」
と部屋の外へ。

呆然としつつも起き上がり時計を見ると終了予定20分前、暫くするとセラピストさんが迎えに来て
シャワーへ。サッと浴びて待機しているセラピストさんと部屋へ戻ります。用意されている冷たいお茶を
勧められ一口、すると「ポイントカードお作りしますか」と聞かれ断るわけにもいかず「ハイ」。

小生の名前が書かれたカードを受け取り玄関へ。カレーは飲み物の行列は無くなっていました。

紙パンツ
Tバック(このタイプはゴム部分は通常Tバックと同じ幅ですが股部分は極小タイプより狭いです)
element

所要時間
85分
 
独り言
ホームページのコンセプト読むと5つの要素を兼ね備えているわけではなく、
兼ね備えたいという願望なんですね。
コース名はちょっと・・・
技術系有料オプションを行う場合は一言欲しいですね。
ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai’s beat) ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売

3
中洲式パウダーリラクゼーションって

最寄駅 
JR目黒駅
徒歩7分

訪問日 
2015年1月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分15,000円(通常18,000円、オープン記念キャンペーン3,000円割引)
入会金2,000円(ビエンベニードのブログ見たで無料)
指名なし(指名料無料)
支払総額15,000円

※1月19日~料金改定してます
90分 16,000円
120分20,000円(オープニング割引)

予約方法
★★★☆☆
電話予約
電話応対男性、駅到着時電話要


出勤情報
ホームページ
ブログにて翌日分

店舗
マンション複数室

施術室
★★★☆☆
6畳ほどの洋間

施術台
マット

シャワールーム
★★★☆☆
綺麗にしていますがカビキラーは見えないところに置いたほうが・・・

セラピスト
白Tシャツにパレオ(ホームページ画像)
インナーは水着ではありませんでした

施術
中洲式ってググってみましたがわからないので、とりあえず訪問することに・・・
料金設定が高いので訪問は迷っていましたがオープン直近に割引 がでて突入決定。
電話すると落ち着いた男性が出て応対 、早速予約します。

北風のなか目黒駅から少し歩くと指定のマンションに到着、立派なエントランス、高級そうです

指定の部屋の前でチャイムを鳴らすとカワイイ女の子 がいらっしゃいませ。
マットが敷かれたこじんまりとした部屋へ入ると「寒いですね」とコートとマフラーを受け取りクローゼットへ
続いて自己紹介があり小さなソファへ腰掛けるよう促されコースの確認と会計。

この時期、シャワーからお湯が出ているのは助かります 。シンプルながら綺麗なバスルーム
サッと浴び扉を開けるとセラピストさんは待機 、一緒に部屋へ戻ります。

いつの間にか運ばれてきた冷たいお茶を一口飲んでマットへ俯せに。

大きめのタオルを掛けられ、背中から腰、脚と軽く揉みほぐし。カガミはない ので目を閉じてジッとしてます。
すると、すぐにタオルを取られてパウダーマッサージの開始。

軽く脚にパウダーを振りかけると足裏をビタッとアソコで押さえつけて スリスリスリスリ、たまにサワサワ。 慣れていないようで触れるか触れないかの微妙なタッチとはいかず 残念。

楽しむのは施術から感触に切り替え、反応をうかがいながら足先を動かしたりズラしたりしてもお構いなしと
スリスリサワサワを続けているようなので、それならばと足首を動かしてみたら「動いてますよ」と優しくファールの告知。

次に臀部に跨り背中をサワサワ、 徐々に肩へ移るとそのままビタッとオッパイを押し付け抱きついてきました。
もしやと思い聞いてみるとただの勘違い、マニュアルとのことでした。そのままの態勢で脚を絡ませるように
太もも辺りをスリスリ。

続いては横向きになると背後から股間に腕を差し込まれグリグリ、指はグーのままなので微妙なところへ
きません後から聞いたところコレが中洲式とのことです。

微妙な展開のまま仰向けになると、俯せ同様つま先をアソコで押さえサワサワ。
たまらず小生もイエロー覚悟でつま先を動かすと巧みにかわされるも足首辺りに移動しただけなので
感触は十分楽しめました

股間に座ると腹部からデコルテを撫でまわし、それも顔を近づけてくるので勘違いしそうです。

最後は添い寝状態となり抱きつくように背中をサワサワされながらお話、残念ながら腕を返していて
オイタは見事に防がれお時間。

シャワーの準備中に窓の外を眺めてみると東京タワーとスカイツリーが並び立つように、いい景色です。

お湯が出ているシャワーでサッと浴び待機しているセラピストさんと一緒に部屋へ戻ると
「外で待ってます」と一人で着替え、差し替えのお茶もなく最初のお茶を飲みほし
クローゼットを自分で開けコート着て部屋を出るとセラピストさんがニコリ、そのまま一緒に玄関へ。

靴べらもなく突っかけながら玄関を出てエレベーターへ。マンションを出ると北風が駅へ駅へと
寄り道させないよう背中を押しているようでした。

紙パンツ
Tバック(サイズは同じですがゴムが異なり、紙部分も薄い気がします)
bienvenido

所要時間
92分
 
独り言
中洲式ってパウダーでの横向き施術のようですね、パウダーはスキルが求められるので新人だと
満足度は低くなりそうですがどうでしょうか、さらに研修2日間入れて強気な料金設定に戻す、
何かあるのでしょうか、いずれにしても今後が楽しみです。
ウィッチズガーデン ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売

1
明けましておめでとうございます

新年最初の訪問は「今までにないメンズエステ」のこのお店から

最寄駅 
都営大江戸線西新宿5丁目駅
徒歩5分

訪問日 
2015年1月某日

訪問回数
初回

コース
ディープリンパコース
ウルトラディープはディープと比べて大腿部から鼠蹊部への施術時間が1.5~2倍に、
+パウダーとのことです

料金
ディープリンパコース90分13,000円(通常15,000円、オープン記念キャンペーン2,000円割引)
指名なし(指名料1,000円)
支払総額13,000円

予約方法
★★★★☆
電話予約
電話応対男性
到着時電話要、初回迎え有


出勤情報
ホームページにてスケジュール表1週間有

店舗
メゾネットタイプマンション

施術室
★☆☆☆☆
4.5畳ほどのキッチン
入口カーテン仕切り
隅に姿見有

施術台
マット

シャワールーム
★★☆☆☆
明るくキレイですが脱衣スペース寒いです

セラピスト
黒のミニワンピース
ホームページ画像

施術
ホームページからはやる気が感じられるので期待してオープン早々に訪問。
予約の電話ではお兄さんが対応良く、期待して店へ向かいます。

指定の場所から電話すると迎えに来るというので寒いさなかボーっと待つこと7,8分
電話のお兄さんらしき人が迎えに来て一緒にマンションへ。ちなみに2回目以降は直接マンションの前から
電話で構わないとのことでした。

マンションへ到着するとお兄さんが拡げてくれた使い捨てスリッパを履き、後を着いていくとソファが置いてある
受付らしき場所へ。事務所へ連れ込まれた雰囲気はチョット・・・

コースの確認があり誓約書らしき書面を早口で読み上げ署名を求められたので姓名と電話番号を
記入して会計します。するとセラピストさんに連絡するらしく部屋の外へ、すぐに戻ってきて雑談していると
ノックの音がしてお兄さんがドアを開けコース、名前を伝えてからご対面。「あらかわいい」なんて思っていると
すぐにシャワー室へ。

コートを預けると脱衣スペースに置いてあるカゴに脱いだ衣類を入れシャワーへ。自然光が入るし、新しくて
キレイ、さらにシャワーのお湯も出してあるのも

シャワーから出ると洗面台にホームページに書いてある通りアメニティが一杯、とりあえずマウスウォッシュが
あったので、もしかしてに備えクチュクチュ。準備万全と紙パンツを穿いて扉を開けるとセラピストさんが待機
しています。セラピストさんは衣類が入ったカゴを持つと「お部屋へ」と階段へ。

一階から二階への階段はさほど急でないので少し屈みながらゆっくり歩いてみましたがチラリは
ありませんでした。セラピストさんの身長によっては、また二階から三階への階段は期待できそうです。

二階へ上がると左右ともカーテンが・・・「えっ、もしかして」と思っていると、セラピストさんがカーテンを
開け「どうぞお入りください」

薄暗い部屋にマットが敷かれて暖房器具やら空気清浄器やら所狭しと並んでいます。そんな中で俯せになると
全身にタオルが掛けられ、タイマーらしきものを見せられ「これからスタートです」とスイッチを入れます。
暗くて見えないので何分でセットしたのか判りません

まずは足元に位置取り膝下から太もも、臀部と軽く圧していきます。
腰の横辺りに移動して臀部から腰、ここまでは密着どころか温もりすら感じることはありませんでした
察したのか、臀部あたりに跨るとビタッっと温もりがわかるほど押し付け背中から肩
しかしお楽しみは一瞬で横に移動すると肩から首でオイルに。

横から背中全体にオイルを拡げてスリスリと擦ります、ひたすら擦ります。擦り終わると足元へ移動して
膝下から太もも、臀部と擦ります、時に付け根周辺は通過しますがそこまで。

カエル脚になると臀部をスリスリ、手首くらいまで股間に差し込むと付け根あたりをスリスリ。
すると「四つん這いに」の声が・・・おっ、きたかと思い、すぐに四つん這いになりケツを突き出します。
セラピストさんは股間に位置取り、まずは臀部からスリスリ、続いて両手で付け根をスリスリ、
これを数回繰り返し終了。ホットタオルを取りにカーテンの外へ。

最初は丁度いいかな思っていた室温ですが、やたらヒーターは熱い、が、ヒートマットは敷く位置が悪いのか足元は寒い。ふと廻りを見渡すとカーテンの隙間からキッチンが「!」、部屋の壁面にエアコンはなく
床を触ってみるとフローリングは冷え切っています。寒いはずだと納得しているとセラピストさんが戻ってきて
サッとホットタオルでオイルを拭き取ってもらい仰向けに。

頭を挟むように座るとデコルテから、膝立ちになり施術し始めたので、もしかしてと思いましたが
力を入れるためらしく、すぐに座りながらの施術に戻りました。

移動するのに立ち上がるため、下からの眺めは、薄暗いのでバッチリとはいきませんが。
横へ移動すると腹部をスリスリ、足元へ移動して膝下から太ももをスリスリ。

股間に移ると太ももから付け根を繰り返し繰り返してタイマーが鳴りお時間。
腕全体を使った、丁寧でより深いリンパドレナージュっていつやったのと考えているとシャワーの準備が
できたようで1階へ。

トリートメントで温まらなかったのでお湯がでているのは助かります。サッとシャワーでオイルを流すと
脱衣スペースへ、で、ここが最初とは違いとても寒く感じます。ここにヒーターでも置いたらいいのに
と思いながら一人身体を拭きドアを開けるとセラピストさんが待機してます

残念ながらチラリもなく部屋へ戻るとアシストなく着替えを促されセラピストさんはカーテンの外へ
一人、衣類カゴを取り着替えていると再びタイマーが鳴り始めます。急かされてるのかと思い
急いで着替え終わったところで鳴りやみ、カーテンを開けるとセラピストさんが待機していて階下へ。

今一度、受付に案内されるとお兄さんがお迎え、おしぼりを出されて缶コーヒーを貰い一口二口。
「どうでしたか?」と聞かれ「大変ですね」と一言。

玄関までお兄さんがお見送り、お勧めのロング靴べらはご辞退して店を後にしました。

紙パンツ
定番Tバック
homearoma

所要時間
103分(店での所要時間)
15分(受付、最初のシャワー、帰りの受付)
88分(部屋にいる時間がおおよそコース時間)

独り言
新年早々風邪ひきました。キッチンで施術、確かに今までにないですね
同時間予約では路上待ち合わせで客同士顔を合わせることはありますね、マニアはマニア同志判るものです
オープン当初ですから・・・日々いい店になっていくことに期待します
ウィッチズガーデン ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売

↑このページのトップヘ