3
スリットが悩ましいので
  
最寄駅 
JR高田馬場駅
徒歩5分

訪問日 
2019年1月

訪問回数
初回

コース
Aroma Treatment

料金
90分13,000円(オープニングキャンペーン1,000円割引、通常14,000円)
セラピスト初回指名無料(本指名2,000円)
支払総額13,000円

予約方法
電話予約・WEB予約
電話応対男性スタッフ・女性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横壁面にカガミ貼り付けあり

シャワールーム
薄暗くひんやりとしたバスルーム
マットはバスタオルの使い回し??

セラピスト
白タンクトップ
黒っぽい深いスリット入りミニスカート(ホームページ画像)

施術
ホームページ上ではいまや安いと思える料金、これならとウキウキして電話、すると男性スタッフが店名応対。こちらから気になるセラピストさん名とコース時間を伝え空き状況を確認すると希望に近い時間が取れるというので即予約、場所の案内をしてもらい、そこから1分のところです、と言われて予約完了。

指定の場所に到着、指定の場所から1分と言われたので1分前に電話すると・・・女性スタッフが応対、そこから1分では・・・場所はわかりやすく3分ほどで到着、UkiUkiしながらチャイムを鳴らすと・・・なかなかドアが開かない、応答すらない・・・もう一度チャイムを鳴らそうか迷っているときにガチャ・・・ドアが開いてセラピストさんがお出迎え・・・う~ん。

様々な思いが頭をよぎるも「どうぞ」にスリッパ突っ掛け、セラピストさんの後をスタスタ。ズズっと奥の部屋に案内され片隅のソファに腰掛け、コートを預けると飲み物の注文。

冷たい麦茶をお願いして周囲を観察。室内は薄暗くモンステラの鉢のせいかなんとなく昔のメンズエステ店という感じ。

セラピストさんがお茶をもって部屋へ。跪いてサイドテーブルにお茶を置くとコース時間の確認、会計。念のため「何かオプションはないの?」と聞くと「ない」とのことでそのまま会計。

着替えの案内があり、セラピストさんは部屋の外で待機。全裸になり用意されたタオル巻いて準備完了、用具箱みたいなものに貴重品入れ声をかけるとシャワー室へ。

紙パンツの案内があり浴室に入ると・・・寒い。そしてお湯が出ていない。
自らお湯を出してサッと浴び、マットに立つと冷たい、足拭きにはタオルが敷かれており、これがそのままなのか、バスタオルと同じようなので使い回しなのか・・・

すぐにスリッパ履いて手に取った紙パンツは横スカ、穿いてみるといつもより気持ち小さい感じ、なのでちょっとウレシイ。

タオル巻いて扉を開けるとセラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。
もちろんですが衣装チェンジはナシ。

タオルを渡してマットに俯せになろうとすると「こちらを向いて胡坐をかいてください」。ウキウキしながらカガミを横に胡坐をかくと「失礼します」と左ひざに跨り、ダッコちゃんスタイル。膝には温かなアソコの感触、目の前にはオッパイ。その態勢で首筋から肩を優しくモミモミ。

このスタイルに「あっ」と思ったら多分そうです。

背後に回ると軽くオッパイ押し付けながら首のストレッチ。

仰向けに態勢を変えると足裏グリグリ。

ここで俯せに。

全身タオルで覆うと「少し腰を浮かせてください」、すると足先のほうを向いて片足の太ももに跨り、つま先をムニュムニュっと動かしながら股間へと差し込み、太ももから脹脛をスリスリ、手の動きに合わせて足指もチョコッとモゾモゾ。

臀部に前向きに跨ると腰から背中をグイグイと。片手を後ろに、手のひらをセラピストさんの太ももで抑えるとグッと浮き出た肩甲骨廻りをグリグリ。小生の指先には太もも柔らかさとセラピストさんの熱い体温が・・・

ここでオイルに。

すると「オイル用意してきます」と部屋の外へ。シャワーの時に用意して、と思います。以前はよくありましたが最近はアロマ調合もしないしウォーマー用のボトルに用意するだけなので、少なくなりました。いいような悪いようなですが・・・

暫くするとオイルを用意して足元に。

小生の両足をグッと拡げ足裏をピタッとアソコで抑えて脹脛から、足指には熱いくらいの感触を感じることが、これには足指が我慢しきれず・・・

そんなことはお構いなしにセラピストさんの手は脹脛から太ももへ、も指先は健全にUターン。こんなものか、と思っていると股間に入り込み、片足を持ち上げるとセラピストさんの両足を潜らせその上に乗せるという態勢に。

股間から差し込んだ腕は付け根からグリグリ、そして紙パンツの縁を責めあがり、引き抜く、という感じ。当たっていようがいまいがガンガンきます。

続いて定番カエル脚、股間に位置取り曲げた脚をカニ挟み、臀部ナデナデのあとは股間をグリグリ、手を深く差し込みグリグリ。

そして四つん這いへ。

割れ目にオイルをタラタラっと、お菓子の缶のようなものに入れてあるオイルは常温、ですがどこに置いてあったのか冷たく、垂らされたときはヒヤッと・・・、がセラピストさんの手のひらが温かいというより熱い、まさにセラピストさん向きの手。残念なのはそれを気付いていない、そして教えられてもいないと思われること。オイルウォーマーの普及のせいか手に取ったオイルを馴染ませることすらしない、ほんと勿体ないです。

臀部にオイルを延ばしているうちに温かくなり、その手は股間へ。
グッと差し込んだ手はヘソあたりまで届き、そこから左右の脇腹へと、まるで腕がワイパーのように大きく振られます。すでに数回なぎ倒され露わになった愚息はパンチングドールのように左右に・・・倒されては起き上がり倒されては起き上がりを繰り返し・・・

ここでオイルの拭き取り、ということでどこかにホットタオルを取りに。
すぐに戻ってきて上半身、下半身と2枚のホットタオルでオイルを軽く拭き取ってくれます。

そして仰向けに。

頭部に座ると股間に頭を挟みググッと、頭頂部にアソコが当たるまでシッカリ奥に押し込むと・・・

オイルを手にデコルテスリスリから徐々にへそ、そして下腹部へ、もオッパイスタンプはナシ。するとスッと膝立ちに・・・跨ぎ、がくるのか、と目を見開いて待ち構えていると・・・そのまま下腹部から鼠経部あたりをスリスリ。おでこにはセラピストさんにスカートの裾が・・・もう少しで拝める、と必死に顔面動かしズラそうとするもスカートの中には入れず。

足元に移動すると足の甲をアソコで抑え膝下、膝上をスリスリ。この熱い感触はたまりません。

続いて股間に入り仰向けでのカエル脚、曲げた脚を挟むとき、小生の踵にオマタの感触がしっかり。手のひらで内ももから付け根をスリスリ、膝で内ももスリスリ、この時もセラピストさんの熱い感触が・・・当てるような腰の動きに勘違いしそう・・・

「腰を浮かせてください」の声に浮かせると隙間にググッと膝が入り、持ちあがった露わな愚息がセラピストさんの目の前に。

オイルをダラダラっと紙パンツに垂らすと剥き出ていたものに紙パンツを被せてスリスリ、また剥き出たものに被せてはスリスリ、数回繰り返したのち被せるのをあきらめたのかそのままスリスリ・スリスリ・・・スリスリ・スリにしばらくは『ア行』の連呼・・・

遠慮のない責めにタジタジ・・・

「そろそろ」と手の動きが止まり、お時間。スッと立ち上がるとシャワーの準備へ。スグに戻ってきて一緒にシャワー室へ。

ここでもマットは湿っていて冷たい、脱衣スペースにあるストーブも意味がないほど・・・今度はお湯が出ていてソープで流すとスゥーっとオイルは流れ落ち浴室でしっかり拭いてマット使わずそのままスリッパへ。

待機していたセラピストさんと一緒へ部屋へ戻り一人着替え。着替え中に差し替えのお茶をお菓子をサイドテーブルに置き部屋の外へ。

着替え終わり声をかけると部屋の中へ。
時計を見ると終了時間を廻っていたのですぐにバックを持ち玄関へ。

ドアを開けてくれお見送り。

紙パンツ
横スカTバック
黒ヨコスカ

所要時間
93分

独り言
小生にとっては古き良きときのメンズエステって感じの店。
密着施術やスケスケ衣装ではないですがキワはしっかり、あてることもそれなりに、そしてこの料金なら納得です。
あとは出勤情報が??池袋からも近いですし、是非この料金のまま頑張って欲しいですね。