2
お宝が眠っていそうで・・・

最寄駅 
東京メトロ西新宿駅
徒歩6分

訪問日 
2018年4月

訪問回数
初回

コース
アロマディープトリートメントコース

料金
100分21,000円(某サイト見たで1,000円割引、通常22,000円)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
電話応対男性スタッフ

店舗
マンションワンルーム

施術室
6畳ほど

施術台
ベットマットレス

シャワールーム
ユニットバス

セラピスト
黒ワンピース施術着

施術
情報がほとんどないホームページ、オープン当初から気になっていました、いつ情報が増えるんだろうと・・・いつになっても増えない、増えそうにないので訪問を決意、それなりの料金ですから何かあると勝手に思い込んで電話してみると・・・

数回コールしても中々出ない・・・切ろうかと思ったその時「はい・・・」おそらく店名も言ったと思われますが聞き取れず、こちらから「某サイト見たのですが」で会話スタート。
希望の時間を伝え、空き状況確認するとそれに近い時間で予約可能と言うのでコースと時間を伝え、予約。すると目印のコンビニを案内してくれ、予約時間の数分前に電話してほしい、とのとこで予約完了。

案内の通り、指定のコンビニから電話すると近くのマンション、ですが案内はかなり詳しくしてくれました。オートロックを解除してもらい指定階へ。

ドアの並びはワンルームのそれ、その一つのチャイムを鳴らすとやや間があってドアがガチャリ。
エスティシャン、って感じの制服でお出迎え。玄関のスリッパ突っ掛け奥へと進むと・・・シングルソファが同じ方向に向けて2脚。その一つに腰掛けるとセラピストさんはお茶の準備へ。

すぐにグラスがサイドテーブルに。それを一口啜るとコースの確認があり、すぐに会計、流れからオプションは無さそうで一安心。すぐに着替えを促され、ソファの前にバスタオルを置かれ、セラピストさんはシャワーの準備へ。

定番の衣類カゴはあるもののハンガーはナシ、仕方なくズボンも衣類カゴに入れてそこにあった貴重品袋を持って、声を掛けると扉が開きシャワー室へ。

サッと浴びて洗面台横に置かれた紙パンツの包みを拡げるとノーマル。
ちょっと浅めに穿いて準備完了、バスタオル巻いてドアを開けると・・・あれ、セラピストさんがいない、そして部屋への扉も閉まっている、もしかして・・・

ワクワクしながら「いいですかぁ」とドアを開けると・・・ごく普通の施術着のまま・・・
バスタオルはセラピストさんに渡してマットへゴロンと俯せに。

ベットマットレスにしては寝心地は良い感じ、枕抱えて態勢整えるもカガミはナシ、衣装チェンジもなくこの料金・・・ってことは施術の中に他では味わえないものが、と期待。

全身タオルで覆われるとスッと腰に跨り、揉み解しから。
強めにグイグイと背中を手のひらで圧し揉み。
足元に移動して脹脛から太ももを軽くグィグィっと。

ここで「オイル」の声。

施術部位のタオルを捲り、足首を膝で抑えるようにすると手にしたオイルをポタポタ・・・、これが冷たい、冷蔵庫に入れておいたのかと・・・でも話から意図的に冷やしていたようではないようで・・・

手のひらでオイルを馴染ませる、ってことさえできてないようでは・・・

脹脛から太ももまで、その冷たいオイルがポタッ・ポタッ、そのたびにピクッ・ピクッ・・・
そのオイルをセラピストさんがサァーっと拡げるとフワァーっと温かに、体温が高いのか、すぐにホットオイルを延ばしているような感覚。これなら最初から馴染ませておけば・・・ちょっと勿体ないです、そのくらいの『手』です。

脹脛から一気に臀部へと温かな手のひらがロングストロークでオイルを拡げていきます。
続いてショートストロークで脹脛をしっかり、さらに太ももから臀部を撫でまわすと指先が割れ目へ・・・ちょっと昔を思い出しましたがそこまでは入らず太ももへ。

ここでカエル脚に。

曲げた膝あたりに位置取り、腿から臀部へ冷たいオイルをタラタラ、ヒヤッとするもすぐに手のひらでサァーっと・・・するとあら不思議・・・太ももから臀部をスリスリ。

太ももに跨ると臀部を撫でまわした後、グイッと股間から付け根へ、もちろんガツーンと、さらに腰から鼠経部へ、こちらもガツーンと、結構きます。

腰に跨ると背中をグイグイ、この辺りのストロークは単調・・・密着はなし。

ここで四つん這いに。

膝をつき、尻を突き出し少し脚を拡げ態勢をとると、「疲れたら言ってくださいネ」・・・どんだけ長くやるんだろうとワクワク。その隙間にセラピストさんが入り込みオイルが付かないようにするためか腰にタオルを掛けます。

両手が股間にグィっと入り込み鼠蹊部をクリクリ、愚息は両手前腕に挟まれるように・・・ズンズン・ズンズンと元気にしてくれます。続いて股間に手を差し入れ、下から持ち上げるようにフワフワっと・・・優しく温かな手のひらがジワーっと、なぜか落ち着きます。

その手のひらがスリスリと前後に出し入れ、触れるか触れないか、絶妙なタッチ。

イイ感じで仰向けに。

漸く見えた、と思ったとたんに足元へ。
足首を両膝で押さえるような態勢で膝下から膝上をスリスリ、施術の中にサラッと「おっ」とか「ドキッ」とかがあるといいのですが・・・良くも悪くもメリハリのある施術。

膝を立てると膝から太ももへ、スリ下ろし。ここも勢い余ってガッツンなんてことは無し。

ここで仰向けカエル脚に。

曲げたほうの脚の腰横あたり、小生の手がセラピストさんの腰に手が届く位置に・・・
手をどうしようか葛藤が・・・すると内腿に冷たいオイルがポタポタ、これでジッと我慢することに。

冷たいオイルを温かい手で内腿から付け根、鼠蹊部へサァーと延ばすと、小刻みにカチン・コチン、ストロークを重ねるごとにガチーン・ゴチーン、かなりキマス。

曲げた脚を伸ばすと、鼠経部というか紙パンツ廻りへの集中砲火・・・
ノーマルTでは残念ながらダイレクトでの事故率は・・・

股間に移動するとポタポタと紙パンツ周辺に、それを優しく手のひらで延ばすと、今度は両手で一気に撫でまわし・・・ニュルニュル・サワサワ・・・スリスリ、ガンガン・ガンガン・・・
続いて片手で付け根、もう一方で下腹部・・・勢い余って紙パンツの上を手のひらが滑っていったり・・・

手の動きが止まり、膝立ちになったので・・・くるか、と思ったら「お時間です」とシャワーの準備へ。

すぐに戻ってくるとシャワー室へ案内。
サッと浴びてドアを開けると・・・そんな気はしましたが、いない。部屋への扉を開けると次の準備中。

準備ができたのか、入れ替わりにセラピストさんはシャワーの片付けに。
小生は一人着替え、テーブルを見ると差し替えられた形跡の無いお茶が・・・
シャワーの片付けも終わったセラピストさんが部屋に。

一言二言言葉を交わし玄関へ。

紙パンツ
ノーマルTバック
konnomal

所要時間
97分

独り言
うーん・・・10分あたり2000円超の店、ならもう少し露出とか密着とか欲しいところ、施術的エロ度も微妙。手は使い方によってお宝級も、まだ他にもとっておきのお宝が蔵のなかに??