2
健全なエステ店初のリンパスティックセラピーって

最寄駅 
東京メトロ北参道駅
徒歩5分

訪問日 
2017年9月

訪問回数
初回

コース
90分エグゼクティブコース

料金
90分20,000円
指名料1,000円
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
アパートメント複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
白ミニワンピ(ホームページ画像)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
コース時間と希望の時間伝えるとほぼ近い時間で予約可能というので即予約。
名前を伝えるとアクセスを案内してくれ、
予約時間2、3分前に指定の場所から電話してほしいとのこと、で予約完了。
指定の時間に電話すると少し歩いた場所を案内され、再度電話するよう案内があり、その場所へ。

その場所から電話すると見覚えのある建物へ、予想していた通りですが。
階段上がりチャイムを鳴らすと物音はするもののなかなか出てこない、
ドアスコープの前に立ってみたり、スマホ見たりしていると・・・ガチャリ。

セラピストさんがお出迎え、あっこの店ではセラピストさんではなく先生でした。
スリッパもないのでそのまま上がろうかと思いましたが
「靴は」と聞いてみるとマットの上で脱ぐらしい・・・

靴を脱いでそのまま先生の後ろをスタスタ。
先生の衣装はホームページ通り、というかそれよりも短いかも、はやチラリが。

ここは確か真っ直ぐか階段かで楽しみが違うはず・・・
残念ながら、先生は真っ直ぐ進み扉をガチャリ。

部屋に案内されるも椅子には先生の荷物、テーブルにもスマホ・・・
仕方なくボォーッと突っ立ているとマットを指して「どうぞ」。

言われた通りマットの片隅に腰を下ろすと中腰で目の前に、そしてコース時間の確認、会計。
すぐにタオルを渡され、着替えの案内があり先生はシャワーの準備へ。

暫くして戻ってきて一緒にシャワー室へ。

明るい脱衣スペース、そしてシャワー室、決して広くはないですがパッと見キレイです。
サッと浴びて洗面台の横には紙パンツが2種類。
横スカとブリーフ、もちろん横スカを穿いて準備完了、ワクワクしながら扉を開けると・・・
いない、先生がいない、施術ルームの扉も開いていない、
仕方ないので一人スタスタと施術室へ、すると・・・
先生はイロイロと教材の準備に忙しかったようです。

タオルを手に立っていると「横になってください」、
先生はタオルを受け取りシャワーの片付けへ。

すぐに戻ってきて施術開始。

タオルを足に掛けて揉み解し、手のひら拡げ体重掛けて軽く圧すだけ。
すぐに施術部位のタオル捲りオイルに。

足横に位置取り、手に取ったオイルをサァーっとくるぶし辺りから太ももへ一気に拡げます。
拡げた後もサァー・サァーっと・・・まぁ撫でるだけで施術の工夫は見られず。
確かホームページには、温かいオイル、なんて書いてあったなぁと思いだしながら
常温のオイルが脚全体に拡がっていきます。

肝心の指先は、太ももから付け根へと伸びてはきます、が・・・
まだまだ序盤戦、お疲れの下半身強化はこれからこれから。

すると「腰上げてください」
腰を浮かせるとその隙間にグッと膝頭を突っ込み四つん這いの態勢に。
さすが下半身特化、展開が早い。
先生の膝に腰を乗せてしまうので楽な態勢の四つん這いです。

軽く臀部を撫でると片手づつ交互に股間に、こまめにオイルを手にしていた先生、
スベリが良すぎて・・・

アナルを掠めるように割れ目沿いを進むと袋横から鼠径部へ。
事故頻発ですがルートもスピードも同じ、これには愚息も食傷気味・・・

すると腰から手を差し込み鼠径部へ、
ここでも鼠径部とういか付け根沿いをひたすらスリスリ・スリスリ。

ここで「仰向け」の声。
さすが下半身ケア専門店、指から皮膚、皮膚から脳へ伝達する心地よい波動感じたい・・・

足横に座り、足首から太ももへとオイル拡げスリスリ・スリスリと撫でるだけ。
これではなかなか指から皮膚に伝わらない・・・

それを察したのか、その態勢のまま片足をカエル脚にすると
内腿から付け根、鼠径部へとスリスリ・スリスリ、
さらにこれならどうか、といわんばかりに障害物に当たるまでスリスリ・スリスリ。

続いては横向き。

さっとカガミのほうを向くと、先生から「両方やりますよ」
上になった脚を曲げて股に手を差し込みやすいよう隙間を作ると、
そこからグイッと片手をねじ込みグリグリグリ、
曲げた脚の付け根に沿うように進むその手はドリルのように動かしながら下腹部を弄ると
同じコースをグリグリグリとアチコチぶつかりながら引き抜いての繰り返し。

今一度俯せになると股間に位置取り、内腿サワサワ、付け根から鼠径部スリスリ。

下半身ケア専門にしてはレパートリーが、と思っているとまた仰向けに。

すると横に位置どり、お尻をこちらに向けて四つん這いの態勢。
横を見ると目の前にはドーンと先生のお尻・・・圧巻の光景です。
指先は内腿から付け根へとスリスリ・スリスリ、手前に引くように流すのでぶつかるぶつかる。

股間に入り込むと、これが集中リンパ、というほどではないですが・・・
紙パンツ中心に上へ下へと指先が縦横無尽に動き回ります。

すると後ろ向きになり、「失礼します」
腹部に後ろ向きで跨り、今度は目の前に先生のお尻がドーン。
横にスリットが入ったワンピース、もはやシャツの役目しか果たしていない・・・

両手で内腿ナデナデ、そのまま付け根から鼠径部、そしてその周辺。
下腹部から鼠径部、付け根から内腿へと手のひらで優しくスリスリ・スリスリ。
ここでは足先のほうへの施術がなく腰が浮きあがらないのは残念ですが・・・

再度股間に移動して両手で鼠径部サワサワ、そのまま紐をくぐりへそ廻りをスリスリ。
指を拡げ、手のひら全体を使い内腿から鼠径部へ、
前後へのストロークはゆっくりもしっかりと弾いてくれます。

するとヒョイと股間に跨ってきたので、至福の時間がついに・・・
と思ったのですが先生から「そろそろ時間です」

騎乗位の態勢からピタッと覆いかぶさると・・・
「掴まってください」
どこを掴もうか迷ったのですが無難に脇の下から背中に手を廻して抱きつくと、
先生自ら上体を起こします、同時に小生も起き上がると、「シャワーの準備してきますね」

すぐに戻ってきて一緒にシャワー室へ。

当然ですが、一人寂しくシャワー。
オイルをたっぷり使っていたわけではないのでソープの泡立ちも良く、サッと流れます。

タオル巻いて扉を開けると・・・
予想していた通り、いない。
一人で部屋に戻ると、次の準備なのか片付け中。

片隅で着替え始めると、部屋の片付けは終わったようで今度はシャワーの片付けへ。
着替え終わる直前に、ノックがあり室内へ。
飲み物はないのでボォーッとしていると何やらカードに書いている模様。
書き終えると傍に来て、そのカードを小生に。
見るとお礼のメッセージカード、これは有難く頂戴して玄関へ。

靴を突っ掛けドアに手を掛けると・・・先生から「またお待ちしてます」
自らドアを開けると目に入る正面の家、気になります。

紙パンツ
横スカ(他にブリーフあり)
yokosukakon

所要時間
85分

独り言
衣装はいいですね、ですがオペレーションは・・・
際どさはそれなりですが密着度は思ったより低いです
健全店ということなので仕方ないのですかね、その割にはいいお値段ですが・・・