2
技術・容姿・真心こめたおもてなし、
何に特化したセラピストさんに出会えるのか、
もしかして全てに特化したセラピストさん・・・

最寄駅 
東京メトロ新宿三丁目駅
徒歩3分

訪問日 
2017年5月

訪問回数
初回

コース
カラットコース

料金
90分15,000円(某サイト見たで新規1,000円割引、通常16,000円)
指名料初回0円(本紙名1,000円)
入会金0円(Open記念)
支払総額15,000円

予約方法
電話予約・LINE予約・WEB予約
応対女性スタッフ

店舗
ワンルームマンション

施術室
6畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
黒Tシャツ、ミニ(お迎え~会計時、お見送り時)
いろんな制服ありそうです。
白ベビードール(施術時)

施術
電話すると女性スタッフ?セラピストさん?が「はい??」
「ホームページ見たのですが・・・」で会話スタート。
希望の時間を伝え空き状況確認すると、ちょっとアタフタも予約可能とのことで即予約。
名前と希望のコース時間伝えると場所はSMSで、とのことで予約完了。
暫くするとSMSには場所と時間が書かれておりあとは直接店へ、とのこと楽です。

暫くして届いたSMS見ると聞いたことがあるようなマンション名・・・
時間少し前に近くまで行くと懐かしい幾度となく通ったマンション、ちょっと期待してしまいます。
書かれてあった通り時間丁度にドアロックの解除してもらうと、
1機だけのエレベーター、ちょっと時間掛かります。

数分後に部屋の前に到着、ワクワクしながらチャイムを鳴らすと扉が開き
中からセラピストさんが「どうぞ」と使い捨てスリッパ用意してくれます。
期待していたコスチュームと違うのでちょっとガッカリ・・・

なんとか突っかけて奥に進むと大きなカガミにマット、なぜかちょっと新鮮。
片隅の椅子に腰掛けると利用規約への署名を求められ、お茶の用意へ。

薄暗くて署名欄確認して記入し終えたころに冷たいお茶をサイドテーブルに、そして自己紹介。
利用規約が挟んであるバインダーを渡すと「お部屋暑くないですか?」

「大丈夫」と温度調整している後ろ姿を見ると・・・
薄明りに照らされたセラピストさんの太ももがオイルまみれでテカテカ。

エアコンの調整は完了したようで会計、もオプションには触れず、
小生はテンション下がり目なのでそのまま会計。

釣銭を持ってくるとタオルを渡され着替えの案内。
全裸になりタオルを巻いて扉をノックするとすぐ扉が開きシャワー室へ。

シャワー室の前まで案内してくれるも扉が閉まったまま「どうぞ」・・・
仕方なく自らシャワー室の扉を開けて片隅にバスタオル置き、サッと浴び、
何も言われてないですが洗面台に置かれていた紙パンツ穿いて部屋へ。

すると、セラピストさんは衣装チェンジしていて白のベビードール??

マットに俯せに寝転ぶとシャワー室の片付けへ。
すぐに戻ってきて横に位置取り、まずは揉み解しから。
体重載せて背中圧しながら「力加減、強めがいいですかそれとも弱めが?」
の問いに結構な加減も、ついつい「強めで」。

するとさらに力がこもって・・・もちろんツボに入っているときはイタ気持ちイイのですが・・・
指先だけでなく前腕、そして肘を使い始めたのでツボからずれることが多くなり・・・

足元に移動すると、小生の足に横からセラピストさん自らの脚を乗せて抑えると
つまみ揉むようにモミモミ、そして手のひらで圧迫、最後に前腕で圧し流しとグイグイきます。

フゥーっと息ついたところでオイルに。
横向きに座ったセラピストさんの膝裏が小生の足裏を押さえ態勢・・・
多めのオイルを手に脹脛から太ももへと拡げます。

オイルは温めてあったのか、心地よい温かさ、ホッとします。
ここでも圧し揉み、前腕使って入念に流してくれます。
一転臀部へはサワサワ攻撃、ひたすらサワサワ・サワサワ・サワサワ・・・

足元に移動すると膝を曲げてのストレッチ、ギューっと膝を折り曲げ体重を掛けると
柔らかな感触が足の甲に・・・

ここで「足を曲げて」に
なぜかサッとカエル脚の態勢になれる小生・・・

セラピストさんは股間に入り込み、曲げた脚を挟むと腰から手を差し込み鼠蹊部へ。
指先で鼠経部から付け根あたりまでしっかり、引き抜くときは軽くスナップ効かせて・・・

続いて身体を小生の太ももに預けて股間から腕を差し込み鼠蹊部へとクリクリ、
手を抜くときは尻の割れ目をスゥーっと。

指先の通り道にワクワクするのですが・・・重い。
全体重が片足に掛かっているようで痺れそうなくらい。

なんとか耐えきると、「四つん這い」の声。

もそっと膝をつき態勢を取ると手のひらからオイルがタラタラと割れ目へ。
紙パンツ伝いながら流れ落ちていく感触に思わずプルっ。

まずは腰を抱えこむように両手で下腹部から鼠経部、さらに内腿へ。
手のひらで擦るように進むと引くときは軽く指を曲げて、すると手の甲がカチンコチンと・・・

股間からも両手で紙パンツ沿いを進み下腹部をサワサワ、
引き抜くときはオイルまみれの紙パンツをなぞりながら割れ目をツゥーっと。

片手を差し込むと裏拳で・・・もう一方の手は臀部サワサワ。

今一度俯せになると太ももに跨ってオイルを背中全体にダラダラダラ・・・
容器から直接掛けたのか、襟足までオイルがダラっと。

拡がりすぎたオイルを腰からグイグイと指で流すもすぐに、肘を使い体重掛けてしっかりと圧し揉み。
背中から肩甲骨辺りまでグリグリ・グリグリっとこれでもかというくらいに・・・

覆いかぶさるとムニュっとした感触、そして優しく肩をモミモミして仰向けに。

仰向けになると足元から軽く膝下、太ももとスリスリ。

股間に入り込むとカエル脚に。
紙パンツの上から既に常温になったオイルをダラダラ・・・
曲げた脚を挟むと紙パンツに掛かったオイルを優しく拡げて、
内腿スリスリ、付け根から鼠経部サワサワ。

もう一方の脚に寄りかかっているのは変わらずで重い・・・

そしてここから乳首への執拗な攻撃、人差し指で乳首をクリンクリンと・・・
たまに下腹部へサワサワも重さしか気にならない。

態勢を少しズラそうとモゾモゾ、
すると乳首攻撃に反応していると勘違いしたのか乳首への攻撃がエスカレート。

そして太もも辺りに跨り、疑似騎乗位・・・もグラインドは無し。
オイルをタラタラと腹部に掛けると両手で拡げ、その指先は乳首へ・・・

横に移動するとまたまた紙パンツにオイルタラタラ。
そして小生の手を横に拡げると添い寝の態勢。

片足を小生の脚に乗せて膝で太ももスリスリ、
紙パンツのオイルを手のひらで撫でるように拡げ下腹部周辺スリスリ。

そして乳首・・・
クリクリしながら「気持ちイイ」に頷くと

さらに人差し指が激しく動いて「お時間です」

さっと立ち上がりシャワーの準備へ。

またまたシャワー室のドアは開いておらず、自ら開けて一人シャワーを。

サッと浴びてドアを開けてもセラピストさんはいない・・・
そして部屋へのアコーディオンカーテンも閉まったまま、
そのまま暫く待つもカーテンが開く様子がないので自ら開けると、どうやら次の準備で忙しそう。

準備は完了したようで、「では」と一人残され着替え。
ここでは着替え終わらないうちに入ってきて、差し替えられたお茶を勧められ一言二言。

時間オーバーしてるのかと思い、すぐに玄関へ。
エレベーターで時計を見ると終了予定5分前・・・

紙パンツ
ノーマルTバック
螢T

所要時間
85分

独り言
ワンルーム、衣装チェンジ、そして一通りの施術態勢があり楽しめます
乳首好きには堪らないのでしょう、きっと・・・
乳首に特化したセラピストさんなのかもしれません
電話応対のスタッフさんアタフタしてましたが、声はカワイかったのでワクワクしたのですが・・・