3
心澄み、甘く香る場所・・・って

最寄駅 
東京メトロ門前仲町駅
徒歩3分

訪問日 
2017年5月

訪問回数
初回

コース
sumi香コース

料金
100分19,000円(open特価、通常21,000円)
ホイップトリートメント2,000円
指名なし(指名料1,000円)
支払総額21,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
1Kマンション

施術室
4.5畳ほど

施術台
マット
横に大きなカガミあり

シャワールーム
狭いユニットバス

セラピスト
ナース服っぽい白ワンピ(お迎え)
白ベビードール(施術~お見送り)

施術
なんとなく雰囲気が良さそうなホームページにつられて電話すると男性スタッフが「はぃ」、
誰?という雰囲気に自ら「某サイト見たのですが」と切り出し会話スタート。

コース時間伝え、空き状況確認すると希望に近い時間で取れるというので即予約。
名前を伝えると2、3分前に駅出口から電話してほしいとのことで予約完了、
料金はホームページ通りなんでしょう・・・

3分前に指定の場所から電話すると、「はぃ」と様子を窺っているようなので
こちらから「予約している・・・」で場所を伝えると、すぐ近くの外観は微妙なマンション?
階段上がり、部屋のチャイムを鳴らすとすぐにセラピストさんがお迎え・・・

「あれっ??」

期待していたのはホームページのユニフォーム、なのにひざ丈くらいのナース服っぽいもの。
ホームページの良いイメージが・・・テンション下がりまくり。

ガッカリしているのを察したわけではないでしょうが、使い捨てスリッパ履かせてくれると
手を繋いで一緒に奥の部屋へ。

片隅の椅子の腰掛けるとお茶の準備へ。
部屋はホームページ彷彿させる内装、女の子の部屋って感じでイイです。

すぐに冷たいお茶がサイドテーブルに、
そして「これを・・・」と出してきたのが同意書、内容は確認せず署名。

続いてメニューを見せながらコースの確認、そしてオプションセールス。
セラピストさん曰く「ホイップは鼠径部周辺を長くやります」とのこと、
もちろん長くやって欲しいのでお願いして会計。

渡された貴重品袋に財布を入れると、
「どうぞ」と着衣のままシャワー室のほうへ手をひいて案内してくれます。

すると「こっち向いてください」とセラピストさんと正対、これはちょっと照れます。
そして、なんとシャツを脱がせてくれます、ボタン一つ一つ外して・・・これには思わずニヤニヤ。

脱がしてくれたシャツはハンガーに掛けてくれ、続いて・・・
もしかして、と一応「下は」と聞いてみましたが「ご自分で」とのことでした。
あとは一人で全裸になり、ちょっと狭いユニットに入り一人でサッと流します。

用意してある紙パンツは・・・トランクス、ですが既に袋から出されてスリットが入っています。
これも中々の開放感、いいですね。
片隅にノーマルTバックが置いてあったので、コースとかオプションによって違うのかも。

バスタオルは白、バスマットも白、洗濯大変だろうなと余計なお世話も新しいうちはイイですね、白。
そしてタオル巻いて、アコーディオンドアを開けると・・・

ここでも白

セラピストさん、色っぽい白のベビードールにお色直し。
ここでも短い距離ながら手を繋いで部屋まで。

タオルを渡し、マットへゴロンと俯せに。
セラピストさんはシャワー室の片付けへ。

すぐに戻ってくると足裏をアソコで抑えて脹脛に早速オイルスリスリ。
オイルウォーマーを使っており、オイルは手に馴染ませなくとも心地よい温度。
ホンワカ温かいオイルを脹脛から膝窩までソフトな圧でスリスリ。

脹脛に跨ると太ももから付け根へ、事故ることはないものの、
押しはしっかり、引きはソフトに・・・

太ももに跨ると付け根から臀部割れ目伝いサワサワ。
もちろん、スリットを捲り上げダイレクトにサワサワ。

腰横に移動すると股間に腕を差し入れ、付け根、割れ目、臀部へサワサワ・サワサワと繰り返し。
繰り返すごとに指先は深く入り込むので・・・

頭部に移動すると頭を挟むように座り、肩、背中をしっかり。
背骨伝いに伸びた指先はトランクスを潜り、尾骨までグイグイと。
上腕から手首へと流すときには後頭部へご挨拶、プニュ。

ここでカエル脚に。

股間に位置取ると曲げた脚を挟み、太ももスリスリ。
股間から腕をねじ込み鼠径部へグリグリ、トランクス捲り臀部サワサワ。

太ももに跨ると付け根を両手で抱えるようにグリグリ、さらに片手は鼠径部しっかり。

横から抱きつく態勢となりセラピストさんの顔が肩口に、すると耳元で息遣いが・・・
脚は太もも絡ませるようにスリスリ、手は肩から背中、そして内腿をサワサワ。

太ももに跨ると覆いかぶさるようにピタッと密着、
オッパイ押し付けながら首から肩、背中をスリスリ。

続いて片足の太ももに跨ると付け根を抱え込むように両手でグリグリ・スリスリ。

ここでホイップに。

・・・ホイップ作り・・・これが長い・・・長すぎ・・・
昔のホットタオル、思いだしました・・・当時はセラピストさんの休憩タイムと諦めていましたが。
それにしても長かった、計ったわけではないですが今までの最長・・・

漸く出来上がったホイップ、ですが普通です。
で、容器を横に置くと片足の太ももに跨り、トランクスの裾から、
さらに腰のゴム紐持ち上げて、と下から上からホイップを詰め込んでいきます。

数回掛けて詰め込むと紙パンツはこんもり。
そのこんもり膨れ上がった上から手のひらで優しく撫でると・・・
紙パンツの中に詰め込んだホイップが動き、イイ感じに。

股間に移動するしてまたまたホイップ詰め込むと、
指先は付け根から紙パンツの裾を潜り、紙パンツのゴムをグゥーっと背中の中ほどまで
引っ張り上げ、紙パンツが股に食い込むほどに。

ここで仰向けの声。

仰向けになると股間からホイップを詰め込み、詰め込みトランクス一杯に。
まずはトランクスの上からサワサワ、そして泡の中、鼠径部をグリグリ。

ここでまた「ホイップ作ってきます」
またか、と思いましたが先ほどまでの時間は掛からず、すぐに戻ってきて
脛に跨ると付け根を撫で撫で、指先は中のほうへと進み、会陰あたりをクリクリ。

頭部に移動するとしっかりデコルテ、そして乳首クリクリのあと腹部サワサワ。
なかなかプニュがこないので目を開けてみると目の前に谷間、
ペロっとできそうな距離に葛藤が・・・

迷っていると谷間越しに見えたセラピストさんの表情、
それは真剣そのもの、一所懸命トリートメント中・・・

すると、イイ子にしていたご褒美なのか、
グーっと伸ばした両手の指先がトランクスの中へ、そしてホイップをかき混ぜサワサワ。

続いて両腕をセラピストさんの両手でグゥーっと圧し揉み、と同時に顔面にムニュ・・・
そして左腕を両手で、するとオッパイスタンプがムニュ・ムニュ・・・さらに右腕もムニュ・ムニュ。

サッと立ち上がり移動するのでチャンスとばかり覗くと・・・チラッと拝めました、チラですが。

小生の腕を横に伸ばすとその間に入り、添い寝。
横から甘えるように抱きつく態勢は、ちょっと勘違いしそうに。

手はホイップまみれの内腿、鼠径部をサワサワ・スリスリ、そして乳首クリクリとポイントをしっかり。
このあたりからフェザータッチ多用してくるので期待感は倍増。

小生は肩越しにマワシを掴むような態勢、こちらもスリスリ試みますが・・・

するとアワアワになったトランクスの上に跨り、疑似ス〇タ。
最初は太ももあたりに跨っていたのが徐々に前へ、これには思わす腰をピクピクと・・・

この態勢からセラピストさんが抱き起してくれ、今度は疑似〇〇・・・
抱き合う態勢でコミュニケーションとってお時間。

すぐにシャワーの準備から戻ってくると一緒に手を繋いでシャワー室へ。
すると「お背中流しますね」

勝手に紙パンツ脱ぎ始めても何も言わないのでそのまま全裸に。
狭い中、椅子に腰掛けると使い捨てスポンジで背中ゴシゴシ、
オマケとばかりに前面、胸から腹部までゴシゴシしてくれ「あとはご自分で」

一人で今一度スポンジ泡立てホィップ洗い流し、バスタオルでしっかり拭き取り、
アコーディオンドアで仕切られた僅かなスペースで着替え。

着替え終わり、ドアを開けるとセラピストさんはまだベビードール姿、
部屋へ戻り、最初のままのぬるくなったお茶を啜り、一言二言。

「ありがとう」と声を掛け、玄関へ向かおうとするとセラピストさんが近づいてきて

「今日は楽しかった、またお待ちしてますネ」とギュッとハグ。

営業トークとわかっていても、これにはデレデレ。
ここでもしっかり手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
トランクス(画像とは違い、最初からサイドカットしてありました)
トランクス

所要時間
103分

独り言
ホームページと部屋、その間の受付にギャップありすぎ
ホィップは施術としては良いのですが・・・
「白」いいですね
裏返すといいお値段ですねぇ・・・
出勤安定するといいですね