2
厳選された美女に癒されたい

最寄駅 
都営大江戸線東新宿駅
徒歩5分

訪問日 
2017年1月

訪問回数
初回

コース
スペシャルコース

料金
90分17,000円
(オープン記念3,000円引、某サイト見た1,000円引、メルマガ登録1,000円引、通常22,000円)
指名料1,000円
支払総額18,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
頭部、横にカガミ有

シャワールーム
浴室、洗面台あり

セラピスト
黒ミニワンピ(お迎え~会計時、ホームページ画像)
ベビードール(施術~お見送り時、色違い、他あり)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対、ホームページのスケジュールから
ワクワクさせてくれそうなセラピストさんの空き状況確認すると
「〇〇さまなら〇〇時からお取りできます」
とセラピストさん、いやセラピストさまの空き状況を教えてくれます。

コース、時間をを伝えて予約お願いすると割引での料金教えてくれます。
指定時間に最寄りの場所から電話してほしいとのことで予約完了。

指定時間に電話すると近くのマンション、マンション名確認しながら歩いて3分くらい。
オートロックを解除してもらい部屋の前へ。

ドキドキしながらチャイムを鳴らすとやや間があって、
扉が開くと小さな声で「いらっしゃいませ」とお出迎え、
ちょっとイメージと違いましたが、すぐに視線は黒ワンピースの透け具合へ。

用意されたサンダル突っ掛け、セラピストさまの尻追っかけ奥の部屋へ。
同じようなドアが3つ並んでいる一つを開け、椅子へと案内してくれます。

椅子に腰掛けると「お飲物は」、ホットかアイスの二択のようですが・・・
すぐに飲み物が運ばれてきてコースの確認、会計。

カルテへの記入を促され部屋の外へ。
カルテは力加減や触れて欲しくない施術部位などお決まりのものなどと
変わったところではオイル量の選択も、ここは普通で記入。

セラピストさまが戻ってきてカルテの確認。
合わせて次回使える割引券を渡され、着替えに。

脱いだ衣類はすべて椅子に置いてタオルを巻いて準備完了、
暫くするとセラピストさまから声が掛かり一緒にシャワー室へ。

脱衣スペースのバスマットに乗った瞬間ヒヤッと・・・
シャワーのお湯は出ており浴室にも蒸気が立ち込めていて繁盛しているようです。
水量水圧とも申し分ないシャワーヘッド、残り少なくなっているボディソープを手に泡立てようとすると
泡立ちが悪い、ソープも幾分水っぽい感じ。
サッと流して紙パンツを選択、洗面台横にはブリーフタイプらしき包みとTバック。
ブリーフタイプでの新技が、とも考えましたが無難にTバック選択してドアをノックすると・・・

「ウワッ・・・」、直視していいのかどうか気持ちでは迷いましたが視線は舐め廻すように。
どこかのサイトで見たような衣装のセラピストさま、インナーは微妙でしたが・・・
「どうぞこちらへ」と一緒に部屋へ。

部屋へ戻るとマットへ俯せに、すぐに全身タオルで覆うとシャワー室の片付けへ。
戻ってくると足元横に位置取り揉み解し、脹脛を手のひら全体で体重掛けグゥーっと、
続いてハムストリングもグゥーっと、これはチト痛かったですが今後の展開考え我慢することに。

太もも辺りに跨り臀部から腰、腰横に移動して背中から肩をモミモミ。
カガミをチラ見するも頭部、横とも位置が見にくいうえ、暗いので折角の衣装も堪能できず。

いよいよオイル、と思っていると足に掛かっているタオルを掛け直してもう一度揉み始めます。
同じように脹脛から太もも、今度は臀部に跨って腰から背中、
二度三度ピタッと覆いかぶさるような態勢になってタオルの捲れを直します。
これは最初と少しばかり違う展開。

足元に移動していよいよオイルかと思ったところ、今一度タオル直し始める嫌な展開・・・
見事的中してタオル越しに脹脛スリスリ、ハムストリングモミモミ、背中をグリグリ、
僅かながら手法が違うといえば違うのですが・・・枕元にある時計を見ると施術開始から30分経過、
もしかしてホットオイルにしたから、オイルが温まるまでの時間揉み解ししてたのか、なんて・・・

足横に移動して施術部位だけタオルを捲ると脹脛からスリスリ、
あまり温かさを感じないオイルを脹脛に擦りつけるように延ばします。
ショートストロークで太もも、臀部へゆっくりと移っていきます。
指先は付け根数センチ手前でUターン、淡々とオイルを塗っていく感じ。

腰横に移動すると腰から背中を手のひら全体で、まるでサンオイル塗られているような・・・
オイルは背中に塗られるくらいから温かさを感じるように。

カエル脚になると曲げた膝の横に位置取り太ももスリスリ、
さらに付け根ではなく、太ももを両手で持ち上げるようにしてグリグリ。

セラピストさまは移動することなく、
施術し終えた脚を伸ばすとその上にタオルを敷いてもう一方をカエル脚にしてスリスリ、
タオル越しですが伸ばした脚にはセラピストさまの腹部の感触がムニュ。
ワクワク感が乏しいのはその指先、太ももスリスリに心地よさも際どさも・・・

臀部にタオルを敷くとその上に跨って腰をスリスリ、
すぐに腰横に移動して脇腹を揉みだすようにモミモミ、
タオルを敷いてその上に寄りかかり反対側もモミモミ。

ここで漸く仰向けの声が・・・
時計を見ると施術開始から1時間経過、頭の中にはハシゴの候補が数店巡ってます。
反面濃密なラスト、なんてことも期待したり・・・

仰向けになるとセラピストさまは頭部に移動してくると枕を取り小生の頭を膝に。
キタキタと膝枕期待したところ膝頭の間に小生の頭がスッポリ。
これではオッパイスタンプが、と思っていたら案の定・・・

デコルテ中心にスリスリ、スリスリ、スリスリも・・・オッパイがこない。
薄目を開けてチラ見するもセラピストさまのアゴしか見えない、まぁ一所懸命なんでしょうが。

デコルテが終了すると横に移動すると小生の手を取るので一瞬勝手に妄想しましたが・・・
肘を曲げ、自分の胸に手を当てる格好に。オイタ対策なのかも。

安心したわけではないでしょうが両手で腹部を入念にスリスリ、
下腹部あたりまで指先は届くもののキワというには・・・

足元へ移動すると膝下をショートストロークでスリスリ、太ももも同様にスリスリ。
股間に入り込むと内腿から付け根手前をスリスリ、たまに下腹部。

ここで「そろそろお時間ですが延長どうされますか」
久々の延長お誘いに「何かいいことある」って訊こうか迷いましたが
「いや」と答えると「どうぞ」と湿ったタオルを渡されシャワーの準備へ。

時計を見ると既に終了予定時刻を過ぎています。

すぐに用意ができたようで一緒にシャワー室へ。
脱衣スペースからは一人、紙パンツ捨てようとゴミ箱を見ると繁昌しているようです。

多めにソープを手に洗い流すとオイルも水溶性なのかサラッと簡単に流せました。
洗濯機の上に置いてあった新しいタオルで身体を拭いて待機していたセラピストさまと部屋へ。

部屋へ案内されるとセラピストさまは外へ。
一人着替え終わり最初のお茶を一口、ノックがありお迎え。

そのまま一緒に玄関まで。

紙パンツ
Tバック
organic spa

所要時間
105分

独り言
ベビードールはいいですね、ベビードールは。
流れをこなすのに一所懸命なのはわかるのですが・・・