3
なんとなく制服に誘われて・・・

最寄駅 
東京メトロ新宿三丁目駅
徒歩5分

訪問日 
2016年10月

訪問回数
初回

コース
プレミアムコース

料金
90分14,000円(オープニングキャンペーン新規客限定割引、通常16,000円)
指名なし (指名料 1,000円)
入会金 記載なし
ディープリンパ 2,000円(店頭メニュー)
支払総額16,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット
頭部、左右の三面にカガミあり

シャワールーム
キレイなバスルーム、洗面台なし

セラピスト
白ベビードール(プレミアムコース選択時、送迎・施術とも)

施術
電話するとなかなか出ない・・・電話切ろうかと思ったところで出るも無言、
仕方なくこちらから「ホームページ見たんですが」と切り出し会話スタート。

希望の時間を伝え、空き状況確認。
希望に近い時間で予約可能というのでお願いするとコース・時間の確認があり、
内容聞かずに「プレミアム、90分で」と伝えると総額を教えてくれ、場所案内で予約完了。

指定の場所から3分前くらいに電話すると、すぐ近くのマンション。
部屋番号を教えてもらい、エレベーターで指定階へ。

毎度のことながら、ドキドキしながらチャイムを鳴らすと中からセラピストさんがニコリ。
色っぽいベビードール姿でのお迎えにドギマギ。
揃えてくれた使い捨てスリッパ突っ掛け、セラピストさんのお尻眺めながら奥の部屋へ。

カーテンで外光を遮った薄暗い部屋、頭部と左右にカガミ、
たっぷりオイル対応シートが敷かれたマットと期待が膨らみます。

片隅にある椅子に腰掛けると自己紹介があり、お茶の準備に。
すぐにお茶とオシボリがサイドテーブルに置かれて
コース・時間の確認があり、メニューを見せられてのオプションセールス。
鼠蹊部中心の施術を長くしますとのこと、チラッと料金を確認して「お願いします」

セラピストさんもよりニコやかになり会計。
着替えを促され、準備が整い次第、部屋の外へ出てきてくれというスタイル。
他にお客さんがいないからできるのでしょうが・・・

サッと着替えて定番のカゴに衣類を入れ、定番の貴重品袋に財布入れ、扉を開けると、
すぐにセラピストさんがどこからか出てきて、一緒にシャワー室へ。

明るいバスルーム、セラピストさんからソープ容器の案内もあり助かります。
もちろんお湯も出してあり〇。

サッと浴び、床に置いてあるカゴから紙パンツ取りだすと横スカタイプ。
タオル巻いてドアを開けるとセラピストさんがサッと現れ、一緒に部屋へ。

お茶を一口含んで、マットへゴロリ。
ビニールシートの下には電気シーツが敷いてありホンワカ暖か。
タオルで全身覆われるとセラピストさんから室温確認、細かな気配りを感じます。

まずは揉み解し、と臀部に跨って背中をグリグリ。
ピタッと座ったのであの感触、体温をタオル越しにじんわりと感じます。

太ももに跨ると臀部をグリグリと手のひらで体重掛け、しっかりと圧し揉み。

向きを変え、太ももに跨ると脹脛をグリグリ。
膝を曲げて足裏、足の甲をグリグリも引き寄せてオッパイへの押しつけはなし。

「それではオイルに」と声が掛かり「タオルは掛けておきますか」に
「いや」と一言、より密着が楽しめるように。

オマタで足裏を押さえるように座ると、ポットに入れ温めていた容器を取りだし直接足へダラダラ。
温かいというより少し熱いくらいのオイルはサァーっと心地よく拡がっていきます。

脚全体にオイルを延ばすとショートストロークで脹脛を適度な圧でグイグイと。
続いて脚に抱きつくような態勢になり膝上から太もも、臀部へと手のひらで撫でるように。
引くときには指先が臀部から付け根をしっかり確認して膝上まで・・・

カエル脚になると腰横に座り、膝上から太もも、付け根へオイルをタラーリ。
膝上から手前に引く手は勢い余ってガツン・ガツンと・・・

腰から鼠蹊部へと手を差し込みグリグリ。
さらに股間からも差し入れ、両手で抱えるようにグリグリには事故連発。

股間に移動すると両手を腰から鼠蹊部へねじ込むと周辺をグリグリ。
尻に抱き付くような態勢となりプニュっとした感触も・・・

そして「四つん這いに」の声、そして、
ヌルヌルになったシーツに「態勢辛くないですか?」とセラピストさん。

確かに滑りやすいも「大丈夫です」と小生。

お尻を突き出し四つん這いになると、
腰に抱きつき両手を鼠蹊部へ、伸ばした指先は付け根をクリクリ。

続いて股間から腕を差し込み、付け根から鼠蹊部サワサワ。
たまに臀部から割れ目をなぞるように・・・

ふと横を見ると・・・哀れな姿にガックシも、セラピストさんとカガミ越しに目が合いドキッ。

太ももに跨ると背中にオイルをダラダラ。
腰から肩までオイルを延ばすと臀部にはしっかりとあの感触が・・・

背骨に沿って力強くグリグリするとビタッと背中に覆いかぶさり肩をモミモミ。
密着、そして耳元で息遣いを感じながらの施術はメンズエステならでは・・・

オイルまみれを気にしない密着は久々だなぁ、と思っているところで仰向けの声。

頭部に位置取り、デコルテから腹部、そして腕、目の前にオッパイもプニュはなし・・・

すると立ち上がって跨ぎながら腹部へ移動、もちろんサービスショットはバッチリ。
頭を跨がれても怒りを覚えないのはこの時くらいでしょうか・・・

お尻をこちらに向けて膝上から付け根をスリスリ・スリスリ。
座った後はお尻を浮かさず施術しているので目の保養にはならず・・・

足元に移動すると膝下をスリスリ。
膝を立てて、足の甲をアソコで押さえると膝上から太もも、付け根へスリスリも
スベリがいいので上手く止まらずガツン・ガツン。

思わず足の指がピーンと・・・

立てた膝を横に倒しカエル脚になると横に座り、オイルタラタラ。
ニュルニュルになった内腿から付け根、鼠蹊部を入念にスリスリ・サワサワ。

太ももに跨ると腹部グリグリも疑似騎乗位にはならず。

添い寝の態勢となり脚を絡ませると指先は乳首から腹部、鼠蹊部から付け根周辺へと
スリスリ・サワサワ・クリクリ、そして「あと5分くらいです」

これを延長コールと取るか微妙でしたが・・・
「あぁ」と答えるとそのまま暫しスリスリ・サワサワが。

立ち上がると太ももに跨り、抱き起してもらい座位態勢・・・もお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとニュルニュルのシーツから立ち上がり、一緒にシャワー室へ。
かなりのオイルに時間を掛け、洗い流して部屋へ。

さっと一人着替えて差し替えてあるお茶を啜り、部屋の外へ。
施術後、セラピストさんとのティータイムがないのは・・・と思いながら玄関へ。

セラピストさんに見送られながらも、自ら鍵を開けてエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック
plumblanche

所要時間
96分

独り言
電話かけたとき、部屋の前についたとき、次のハシゴ先考えましたが・・・
この初回料金なら密着・オイルたっぷりも満足、でもキワドサは・・・