3
イヤサレたい

最寄駅 
JR市ヶ谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年6月某日

訪問回数
初回

コース
イヤサーレコース

料金
90分18,000円
指名なし(指名料1,000円)
入会金 無料キャンペーン中(通常1,000円)
泡リンパ2,000円
支払総額20,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル複数室

施術室
6畳

施術台
マット
側面に大きめなカガミ有

シャワールーム
後から作ったと思われる浴室
広いですが、サンダル履いて浴びることに

セラピスト
黒ワンピース(ホームページ画像)
施術時ベビードール(イヤサーレコース時着用?)

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
まずはコースの違いを聞くと、イヤサーレはオイル多め、施術しやすい服装、密着、
と嬉しい言葉の羅列・・・それではと、希望の時間を伝え予約。

時間、場所、金額の確認がショートメールで届き、予約2分前にビルの前に到着、
念のために電話すると用意ができていると言うので、すぐにエレベーターへ。

部屋は奥まったところ。早足で進み、なんとか時間丁度にチャイムを鳴らすと、
すぐにドアが開き、セラピストさんがニコリ。

型を入れてあったのかと思うほど履きやすくなっている使い捨てスリッパ履くと
セラピストさんが手をひいてくれ、奥の部屋へ。

ソファに腰掛けると、会員登録の用紙に署名を促されます。
その間にお茶とおしぼりがサイドテーブルに置かれ、自己紹介。
コースの確認があり、一応オプションの案内が・・・
定番の泡リンパのようですが、ここはお願いしてみることに。

会計を済ませると着替えの案内がありセラピストさんはシャワーの準備へ。
衣類はソファに脱ぎ捨てタオルを巻いて準備完了、
室内を観察すると・・・ありました、部屋の隅にティッシュが。
期待感高まったところにお迎え、ここでも手を繋いでシャワー室へ。

中途半端な改装ですが広くはなってます、サンダルで浴びるのはちょっとひきますが・・・
サッと浴びるとタオルやマウスウォッシュが入ったカゴから紙パンツ取り出し準備完了、
セラピストさんもベビードールに着替えていてお迎え、手を繋いで部屋へ。

タオルをセラピストさんに渡し、マットに寝転ぶと「お部屋は暑くないですか」と気づかいが。

タオルで全身覆うとシャワー室の片づけへ。
すぐに戻ってきて横から軽く圧すと太もも辺りに跨り、腰から背中をグイグイとしっかり。
カガミをチラ見するも位置、明るさともに残念、折角大きなカガミなのに。

足元に移動すると脹脛を軽く揉み解し、オイルに。

施術部位のタオルを捲ると足裏を膝で挟むようにして、
温めてあったオイルを手に、足首から太ももまで撫でるように拡げます。
脹脛、太もも、付け根とポイントポイントをしっかりやると
「足裏にもオイル付けますか」に「ハイ」とお願いして足裏リフレ。

カエル脚になると股間に位置どり、オイル手に太ももニュルニュル。
臀部を撫でまわすと割れ目に指を這わせながら徐々に下に・・・
紙パンツの縁を沿うように指先は鼠蹊部まで。

カエル脚のまま、曲げている足を挟み太ももから臀部スリスリ、
脇腹から手をねじ揉み鼠蹊部までをサワサワ・スリスリ、
挟んでいる足でも小生の太ももをスリスリ。

枕元に移動してくると小生の頭を挟むように座り、背中をグイグイ。
合わせてしっかりと後頭部にオッパイスタンプムニュ。

股間に戻るとグイッと脚を開かされると紙パンツの紐に手が・・・
付け根あたりまで下げられ、もしやと思ったのですがそこでストップ。
露わになった割れ目にオイルをタラーリ・タラーリ、温かさが気持ちイイ。
そのオイルの上を滑るように指先が・・・

ニュルニュル感を楽しんでいると、ここで「四つん這いになりますか」と嬉しい一言。
すぐに「ハイ」と態勢をとると、尾骨あたりにオイルをポタッポタッ。
割れ目に沿って流れ落ちるオイルも心地よく、ブルッ。

紙パンツの紐を指に挟んでズラしながら、そのオイルを臀部にスリスリ。
内腿を這う指先はナカナカの動き、思わずピクッっと。
その指先は割れ目から付け根、そして鼠蹊部へ。
両手での施術があるも大事故には至らず、仰向けの声。

頭部へ移動すると枕を取り膝枕に。
乳首アッサリのデコルテから両手をへそ辺りまで伸ばしてお決まりのオッパイデコルテ。
続いて左右片手づつ伸ばして片乳でムニュ・ムニュ。

さらに指先が下腹部へ、当然セラピストさんの腰が浮きあがり目の前には・・・
至近距離でのホバリングに集中しすぎてその時どこを施術していたのか記憶には・・・

鑑賞タイムが終了すると足元へ。
膝を立てると脹脛を抱えるようにグリグリ、太ももから付け根へスリスリ。

いよいよ泡リンパへ。
「これに穿き替えてください」とトランクス渡され、泡の準備へ。

トランクス穿いて、待つこと数分でセラピストさんが登場。
股を目一杯開くとそこにセラピストさんが座り、トランクスの裾から泡を詰め込んでいきます。

トランクスが泡で膨らんだところで両手はトランクスの中へ。
ここまではよくある泡と思いながら、この先の展開に期待していると・・・

手のひらで泡を壊さないように包み込むと優しく泡を固め、
その包み込んでいる泡を手のひらでゆっくりと前後、そして上下へと動かしていきます。
泡が消えていくとその都度補充し、トランクスの中は常にアワアワに。

泡のオプションは鼠蹊部から付け根ギリギリを泡の中で施術するので
事故発生頻度が高いだけかと思っていましたが・・・

もちろん鼠蹊部から付け根へは指でしっかりと刺激もあり、
さらに泡を動かすだけなのにナカナカの心地よさを味わうことが・・・

感心しながらトランクスの中の手の動きを満喫しているところでお時間。

時計を見るとホームページに書かれている通り10分前、
準備ができたところで手を繋いでシャワー室へ。

サッとオイルを泡を流して待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

セラピストさんは片付けも、すぐに着替え終わったところへお茶とオシボリもって部屋へ。
お茶を一口飲み、帰ろうとすると「まだお時間ありますから」と引き留めが・・・

折角なのでもう一口お茶を口にして玄関へ。
靴べらは遠慮して突っかけたままエレベーターへ。

紙パンツ
横スカTバック               
fancy
               
トランクス(泡リンパ時)
herbal1

所要時間

90分        

独り言            
電話応対も帰り際の一言も好感持てました
が、小生にはちとお高いようで・・・
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版