3
『ドラマチック至近距離セラピー』って?
もしかして白いブリーフ姿で施術??

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩7分

訪問日 
2016年5月某日

訪問回数
初回

コース
STANDARDコース

料金
90分17,000円 (オープニングイベント1,000円割引、通常18,000円)
指名料記載なし
支払総額17,000円

予約方法
電話予約 、WEB予約
応対男性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
8畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
明るいバスルーム

セラピスト
タイトミニのワンピース(ホームページ画像)で送迎
施術時はセラピストさん曰く、「施術しやすいカッコ」

施術
電話すると男性スタッフが店名応対。
某サイト見たと空き状況確認すると希望の時間が取れるのですぐに予約。

料金や場所の案内はなく一時間前に確認の電話を入れて欲しいとのこと。
付け加えるように「忘れないようにお願いします」・・・

一時間前に電話すると女性スタッフ?セラピストさん?が店名応対。
確認の電話と名前を伝えると「ハイ、お待ちしてます」で終了。

場所も何分前に電話かもホームページから察するように、ということのようで・・・

数分前に近くのコンビニから電話すると男性スタッフが応対、丁寧に案内してもらいます。
すぐに指定のマンションに到着、オートロックを解除してもらい指定階へ。

初回訪問はチャイムを鳴らす瞬間から『ドキドキ感』が高まります・・・
すぐにセラピストさんがニコリとお迎え。
履きにくい使い捨てスリッパを突っ掛け、セラピストさんに手をひいてもらい奥の部屋へ。

ソファに腰掛けるよう勧められ、腰掛けると「少しお待ちください」と外へ。

室内観察していると目についたのはゴミ箱、
そして音楽プレイヤーの後ろには隠されたようにティッシュが・・・

セラピストさんがおしぼりと一緒に持ってきた水素水を勧められ一口。
自己紹介があり会計、着替えを促されシャワーの準備へ。

色んな所に掛かっていたハンガー使って衣類を掛け、全裸になり、タオルを巻いて準備完了。

セラピストさんが迎えに来ると手を繋いでシャワー室へ。
適温に調節されたシャワーをサッと浴び、大きなゴミ箱を開けると・・・さすが繁盛店。

見慣れない色の包みと手にすると、それは包みではなく紙パンツそのもの。
拡げて見ると新色ピンク、まさに春の紙パン祭り。

ドアを開けるとセラピストさんがお迎え、手を繋いで部屋へ。

水素水を飲んでマットに寝ころぶとタオルを掛けられシャワー室の片付けへ。

時間が掛かるようで薄暗い中待っているとドアが開く音が聞こえ、「お待たせしました」
続けて「施術しやすい恰好になりますね」に思わず振り返るも暗くて・・・

横から足、腰と揉み解し、腰に跨ると背中、肩と軽くモミモミ。
片手を背中に置くと動かないようにアソコで押さえて肩甲骨周辺をグリグリ。

指先には確かにセラピストさんの『温もり』が・・・

腕を横に拡げると、その腕を揉みながらピタッと背中に覆いかぶさり、
背中にはムニュっとした感触にどこか懐かしい安心感。

横に移動すると脹脛から太もも、そして付け根を確認するようにモミモミでオイルに。

後ろ向きで太ももに跨り、脹脛からモミモミ。
シート、オイルポット、そして衣装から多めのオイルでの施術と期待したものの至って普通・・・
膝を曲げ、足裏にオッパイムニュムニュッとして足元へ移動。

足裏をアソコで押さえるように座ると膝上を指先から肘まで使いスリスリ。
指先で臀部を、肘で股間を、そしてオッパイで脹脛を同時に刺激してくれます。

カエル脚になると曲げた足を挟むようにして太ももから臀部をサワサワサワサワ。
腰から手を差し込み鼠蹊部辺りをスリスリ、そしてまた太ももサワサワ。

クスグリ攻撃は苦手なんですが・・・この後の展開に期待してここはひたすら我慢。
とは言え、こそばゆくってピクッピクッと反応してしまいます。

その反応のお蔭かわかりませんが、腰から差し込む手の際どさが増したような・・・

ここで四つん這いの声・・・
情けない姿なんだろうな、と思いながらお尻を突き出すと
片足の脹脛あたりに跨り、太ももから臀部をサワサワとクスグリ。
ここでもか、と思っていると片足の付け根に腕を廻してスリスリ、際どさが・・・

股間に位置取り、両手で内腿サワサワ、付け根スリスリ。

枕元に移動してきたセラピストさんをチラリと見ると下着?水着?・・・
ワクワクですがせっかくの衣装、カガミがないのは勿体ない。
その露わな腿にと思ったらタオルを敷いた上に顔を載せて肩から背中をグリグリしながら
後頭部に何回も何回もオッパイでプニプニ、で俯せ終了。

ホットタオルを取りいくと、すぐに戻ってきて軽くオイルを拭き取り仰向けに、
そしてセラピストさんの姿が・・・

頭を挟むように座るとデコルテから腹部、というかオッパイムニュムニュ。
指先がどこに届いているかはムニュムニュが強烈すぎて記憶に残っていない・・・

この流れからドラマチックな展開を期待とワクワク・・・
その期待に答えるかのように目の前を通過も着地せずに絶妙な距離でホバリング、
まさに『至近距離セラピー』、少年のような冒険やチャレンジ精神がみなぎりましたが、
小生の手は両膝でガッチリガードされていました・・・

腹部に着地すると足にピタッと抱きつき、腿にオッパイ当て膝下スリスリ、
上体起こして太ももサワサワ。

股間に移動して内腿サワサワ、付け根から鼠蹊部スリスリ。
横スカならではの事故多発もアッサリで「添い寝しますね」

腕枕で片手をガード、足を曲げ膝あたりで太ももスリスリ、
指先は下腹部から乳首までスリスリサワサワ。

太もも辺りに跨ると腹部からデコルテスリスリ、そのままビタッと抱きついて肩をモミモミ。
もぞもぞと足を動かしているとセラピストさんの腰がずれてきて疑似・・・
まさにみなぎる活力・・・

「この流れなら」と思ったところでお時間。

シャワーの準備から戻ってくるとなんともエロいバスタオル1枚巻き(もちろん下着は着けてますが)。
手を繋いでシャワー室へ、この恰好で背中流し、とワクワクしていると
セラピストさん「では外でお待ちしてますね・・・」に「・・・」。

オイルは少なめだったせいかサッと洗い流し、タオル巻いてドアを開けると
セラピストさんが待機していて一緒に部屋へ。

シャワー室の片づけらしく一人で着替えも、すぐに冷たい水素水とおしぼり持ってきてくれ
ソファへ腰掛けるよう勧めてくれます。

折角の水素水とグビリと飲み干し、手を繋いで玄関へ。

紙パンツ
白いブリーフではなかったですが・・・横スカTバック(ピンク)               
tokyosyounen
       
所要時間
93分        

独り言            
看板掲げていないからこその営業スタイル、店名がコースみたいなものですかね
オペレーションも施術も微妙ですが、ちょっと気になるお店です
カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版