2
「非日常的な至福の時間」にオッパイは必要?
   
最寄駅 
東京メトロ麻布十番駅
徒歩5分

訪問日 
2016年2月某日

訪問回数
初回

コース
ラグジュアリーコース

料金
90分17,000円(新規割引1,000円割引、通常18,000円)
ディープ1,000円(店内メニュー、鼠蹊部をより長く施術するとのこと)
指名料1,000円(ホームページ記載無、WEB予約画面・店内メニューには有)
支払総額19,000円

予約方法
電話予約、WEB予約
応対女性スタッフ

店舗
マンション複数室

施術室
6畳弱

施術台
マット
側面に大きな姿見あり

シャワールーム
未使用ならキレイです

セラピスト
タンクトップにフレアミニ

施術
電話すると女性スタッフが店名応対。
ホームページ見たと空き状況を確認、希望のオッパイさんが予約可能とのことで
フルネームで即予約。料金を確認すると割引とシステムには書かれていない指名料
(WEB予約での入力ページには記載アリ)の合計を言われます。
こちらから場所を聞くと一所懸命説明してくれますが・・・

電話口で案内された場所から電話するとすぐ近くのマンション。
部屋番号を聞くと、合わせて住人への配慮をお願いされたので
快く了承して指定階へ。

指定階に到着し、部屋の前へ行くとドアがガチャリと開き、中からセラピストさんがニコリ。
履きにくい使い捨てスリッパを足で引きずりながら案内された部屋へ。

ソファに腰掛けると、早々にメニューを見せられコースの確認と
合わせてオプションのセールス、自己紹介も指名のお礼もなし。

金額の案内も内容の説明もないので、メニューを覗いて金額を確認して
「どういうの?」と聞くと
「鼠蹊部をやります・・・あっ、鼠蹊部を長くやります」とのこと、
もちろんながーくやって欲しい小生、「じゃ、つけて」で会計。

すぐに釣銭とお茶、オシボリを持ってきてシャワーの準備へ。
サッと全裸になり、お決まりのカゴに衣類を入れて準備完了、扉をノックっすると
セラピストさんが待機していて一緒にシャワー室へ。

シャワーからチョロチョロとお湯が出ていると思い、手を出すとなんと水。
温度調整するも適温になるまで暫し時間が。
サッと浴び紙パンツ穿いてセラピストさんと一緒に部屋へ。

お茶を一口飲んでマットに俯せ。
もちろんカガミの見え具合を確認すると適度な暗さ、
と満足し、セラピストさんを探すと・・・

なんと膝立ちでタンクトップをまくり上げバンザイ中、その下は・・・
セラピストさんが大きいのか水着が小さいのか、マイクロビキニかと見間違うほど。
さらに横紐とくれば施術前から興奮度up・・・
セラピストさんに聞いたところ、他もみな同じようなタイプの水着、とのことでした。
(真偽のほどは確認していませんが)

その水着でいきなり枕元に・・・
膝で頭を挟むようにして肩から背中をグイグイ、後頭部をオッパイがプニュプニュ。

オイルはポットで温めているもののホットというにはイマイチ。

臀部に指先が届くよう腰を浮かせての施術姿はまさに女豹のポーズ、
これにはたまらずカガミを凝視しているとセラピストさんと目が合いドキッ。

それでもカガミを見続けていると頭越しに腰へ片足あげながら見せつけるようにゆっくりと移動。
腰に着地してから太ももをスリスリ、オッパイは臀部辺りをプニュプニュ。

股間に移動すると膝を曲げ、外側に拡げるようにストレッチ。

足裏をアソコで押さえると温かオイルを足首から太ももまで延ばします。
足に抱きつくようにして指先を付け根まで伸ばすので脹脛にオッパイがプニュと当たります。

股間から脚を挟んで太ももから臀部をナデナデ、
浮いた隙間から腕を差し込み鼠蹊部スリスリ。
小生もチラッとカガミを見るとここでもセラピストさんと目が合いドキッ。
(講習で意識づけされているらしいです、事故頻発の件は確認していませんが)

外側から脚を挟んで内腿からお尻の割れ目をサワサワ、腰から背中をグリグリ。
もちろんオッパイスタンプ付。

四つん這いになると小生の尻に抱きつくように密着して腰から腕を廻し下腹部をスリスリ。

俯せに戻ると横から抱きつくように密着、
ここでもオッパイムニュムニュさせながら太もも、臀部、背中とスリスリサワサワ。

仰向けになると頭部へ。

頭を膝で挟むようにするとデコルテから腋をスリスリ。
乳首をスッと通過して腹部へ。

小生の頭部にはセラピストさんのお腹の感触、そして目の前にはオッパイ。
指先は下腹部まで届くと必然的にオッパイは顔面プニュ。

すると一瞬目の前が暗くなりフワッと何かが通り過ぎ・・・
腹部に跨り、腿から足首まで。
腰を浮かさずに指先を伸ばすのでここでもオッパイ。

足元に移るとつま先をアソコで押さえてクルブシから付け根へ。
膝を立てるとオッパイで脛を挟むようにして脹脛をスリスリ。

股間から脚を挟むようにして付け根から鼠蹊部、下腹部をナデナデ。
鼠蹊部ではグリグリと力を入れるので、たまに指がオイルで滑って・・・

太ももあたりに跨って腹部から乳首をサワサワクリクリ、
目の前にはオッパイ、そしてちょっとズレると疑似・・・

横に来てお話タイムでお時間。

ホットタオルを持ってくると、股間に座り上体を抱き起こし、
抱きついたまま背中を優しく拭いてくれます。
背中に回ると背後から抱きついて胸から腹部を拭いてくれるとシャワーの準備へ。

一緒にシャワー室へ行くと「お背中流しますね」
紙パンツを脱ごうとしても止められないのでスルッと脱ぎ捨て浴室へ。

さすがに前面は断られましたがスポンジで背中から臀部まで洗ってくれます。
スポンジ渡され、仕方なく一人で前面を洗い流し、
待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

「着替え終わったらドアをノックしてください」と声を掛けられセラピストさんは部屋の外へ。
着替えが終わり、ドアをノックするとセラピストさんは待機していましたが
部屋の中へ入ろうとはしないのでそのまま玄関へ。

いそいそと地下鉄のホームまで歩いたところで時計を見ると入室から90分でした。

紙パンツ
Tバックタイプ

螢T

所要時間
85分       

独り言        
カガミを意識した施術はよいですね。
でも、帰り時間まで気遣ってもらわなくても。
小生が予約後のインターバルが10分、いやな予感がしたのですが・・・
流行りのスタイルなので、流れにのれるといいですね。

カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版