3
至福のひと時となりますか・・・

最寄駅 
JR渋谷駅
徒歩4分

訪問日 
2015年11月某日

訪問回数
初回

コース
アロマトリートメントコース

料金
90分11,000円(オープンキャンペーン2,000円引、通常13,000円)
指名料1,000円
支払総額12,000円

予約方法
電話予約
応対女性スタッフ

店舗
雑居ビル
複数室、受付有

施術室
6畳ほど

施術台
マット

シャワールーム
簡易シャワー

セラピスト
Tシャツにパレオ(ホームページ画像)

施術
シンプルなホームページに好感、さっそく電話すると女性スタッフがしっかりと
店名で応対、希望の時間が取れるというので早速予約。
料金、場所の案内も普通にできてこれもまた好感。

予約時間の5分前に指定の場所から電話すると同じ女性スタッフが応対、
丁寧に道順案内してくれます。

建物へはすぐに到着するも、どの部屋か分からないでオタオタしていると
ドアが開き、中へ。

この受付スペース勿体ないだろ、と思うような広さです。
目の前で開けられた使い捨てスリッパを履き、
殺風景なカウンターの前に置かれたソファに腰掛けると、コース時間の確認、会計。

すぐに部屋へ案内されると、そこにはセラピストさんがニコリ。
椅子に腰掛けると自己紹介とコース時間の確認、
残念ながら指名のお礼はありませんが、飲み物の確認、
諸々の備品の案内と丁寧です。
「アロマオイルはどうしますか」に決めていたオイルの名称を忘れ、
仕方なく「無香で・・・」

飲み物が運ばれてくると着替えを促されますがサポートはなし、
セラピストさんはシャワーの準備へ。

サッと着替えて部屋の中を見回すと壁面には姿見が、しかし用途は本来の目的?
のようでガッカリも棚にはティッシュがありワクワク・・・
そこへノックがあり、シャワーへ。

奥まったところにお洒落な洗面スペースに新しいも狭い簡易シャワー、
その横には小さなゴミ箱にスポンジや紙パンツが・・・繁盛は何よりです。

何が起きるか分からないのでしっかりとお尻も洗い、
紙パンツを穿き、待機していたセラピストさんと一緒に部屋へ。

マットに俯せになり枕を抱え込むとカバーがゴワゴワしていて小生にはちょっと。

タオルを全身覆うように掛けられるとシッカリと圧してくれます。
付け根を確認しながらも揉む指先には期待が持てます。

施術部位だけタオルを捲り、脚を膝あたりで挟むと
手に取ったオイルをスタンプのように拡げてトリートメント開始。

脹脛はあっさりと、太ももはしっかり、指先で付け根の確認もバッチリ。

太ももにタオルを置くとその上に跨り、臀部から腰、背中。
跨っての感触が得られないのは残念です。

頭の横に座ると背中、とくに肩甲骨辺りをしっかり。
この位置は新鮮、膝は顔のすぐ横、舐めれそうな距離、
そして目の前にはパレオの結び目、これにはドキドキ。

足元へ移動するとカエル脚に。
肘まで使い股間をグリグリ、腕を差し込むときはグーで、引き抜くときはパー。
さらに腕を上下に動かすので色んな箇所に当たります。
グリグリを数回繰り返すと、今度は腰から腕をねじ込んで鼠蹊部から付け根へ。

続いては四つん這いに。
両手で股間に腕を差し込み、付け根を通り腹部をスリスリ。
引き抜くときは手のひらや甲がアッチコッチに当たります。
数回繰り返すと臀部をサワサワ。

正直もう少し工夫が欲しいところですが・・・

今度は横向き・・・
背後から股間に腕をねじ込みグリグリ、左右両足の付け根を施術するので
どちらに向いていても事故起きます。

仰向けになると横に位置取ると力強く腹部をグリグリ。
残念ながら下腹部ではないので事故ることはありません。

手を取り手のひらをモミモミ。

股間に移動して、太ももアッサリ、鼠蹊部しっかり。
ここも力強く鼠蹊部から下腹部をグリグリ。

会陰を圧して刺激を加えては鼠蹊部と繰り返します。
事故は起きるのですが・・・

ホットタオルでオイルを軽く拭きとり、シャワーの準備へ。

サッと浴びて部屋へ戻ると頼んでいた冷たいお茶と一緒にお菓子が。
一人着替え、終わった頃にノックがありセラピストさんが部屋に。

お別れの握手、セラピストさんのお見送りは廊下まで、とのことで
玄関では女性スタッフさんがお見送り。

紙パンツ
Tバック

reveri

所要時間
90分

独り言
カエル・四つん這い・横向きと体位は色々も・・・
エターナル姉妹店なんですね
  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版