2
金沢のひがし茶屋街は行ったことないですが・・・
ポッキーの日にオープンですから期待してしまいます

最寄駅 
JR池袋駅
徒歩10分

訪問日 
2015年11月某日

訪問回数
初回

コース
90分

料金
90分14,000円(オープン価格、通常15,000円)
指名料1,000円
支払総額15,000円

予約方法
電話予約
応対男性スタッフ

店舗
雑居ビル店舗型
複数室

施術室
4.5畳の個室、

施術台
マット
側面に大きなカガミ有

シャワールーム
リフォーム済?の広い浴室
大きなカガミ有

セラピスト
タンクトップにミニパレオ
茶屋街にパレオって・・・なんとパレオの柄みんな和柄だそうです

施術
電話すると「はい・・・」、
しばらく待つも名乗らないのでこちらから「ホームページ見たんですが」で会話スタート。
画像から選んだセラピストさんを伝えると希望の時間でとれるというので
すぐに予約も料金案内はなし。時間に直接店へとのこと。

思ったより歩いて、「あぁ、ここか」って某有名店?発見。
その横に店の看板がありエレベーターで店へ。

チャイムを押すと暫く間があって、中からお兄さんが「いらっしゃいませ」
微妙なお迎えにテンション下がります。

化粧砂利が敷かれた上に飛石が配置されており、和を感じさせる造り、
その上を男性スタッフの後についてと進むとなんと階段で上の階へ。

通された部屋はホームページ店内画像のまま。
坐椅子に座るとさっそくオプションセールス、これは丁重にお断りして
会計、釣銭はセラピストさんが持ってきますと、部屋の外へ。

暫くするとセラピストさんが襖をスゥーっと開けて「いらっしゃいませ」
釣銭を受け取るも指名のお礼はなし・・・

上着は受け取りハンガーへ、そして脱いだ服はこちら、貴重品はこちらと案内を終え、
シャワーの準備と部屋の外へ。

脱いだ服は定番のカゴに入れ室内探索していると、なんとティッシュが・・・
これはもしかしてとワクワクしているとセラピストさんがお迎えに。

するとセラピストさんが「ごめんなさい、シャワーは下なの」と嬉しいお言葉。

洗面台、脱衣スペースはそれなりも浴室は広く、キレイ。
残念な床タイルにはマットも敷いてあり目隠し兼冷たさ対策ですかね。
側面を見ると大きなカガミ、映し出されているのは哀れな「・・・」
ちなみに浴槽は板で塞がれていてアヒルはいなかったです。

サッと浴びてバスマットは?調べて見ると珪藻土なのかも・・・
湿った感じはなくいいですね、。

そして紙パンツはボンとカゴにたくさん入ってます。
2種類ある中からセラピストさんが用意してくれていたのは横スカタイプ、
もう一つはノーマルTバックでした。

扉を開けるとセラピストさんが待機していて、階段へ・・・
さほど急ではないので見えない、近づきすぎないようにして
セラピストさんが昇りきったところでチラリ。

部屋へ入るとマットにゴロリ。
全身をタオルで覆うようにして揉み解し、横から脚、背中と軽く圧します。

全身のタオルを取ると、膝裏辺りにタオルを敷き直し跨るとたっぷりのオイルで背中から
指先で流すようにスリスリ、数回繰り返すと何故か股間に指先がきて付け根をスリスリ。

股間に移動すると
太もも、臀部、そして付け根をひたすらスリスリ、ここでも最後は股間で1セット。

カエル脚になると太ももをあいさつ程度に撫でると後は付け根だけ、
左足付け根への施術にはセラピストさんの右手、
少し浮いた股間に指先を滑り込ませてスリスリ。

横スカならではのハプニングを察したようで執拗な裏拳攻撃が、
さらに確信犯のような事故も・・・

折角のカガミを活かす施術はないもののこの後の展開に
ワクワクしていると「仰向け」の声。

その前にと室内にある蒸し器からホットタオルを取り出し、
たっぷりオイルを優しく拭き取ってくれます。

仰向けになると腕を拡げた横に座り、デコルテから乳首、腹部から乳首。
小生がセラピストさんを見ると必ず目を合わせてきます、そして「気持ちいい?」

「う、うん」と答えながらパレオの結び目から侵入を試みるもガードは固いようで・・・

股間に位置取ると片足の太ももから付け根をあっさり流すと
たっぷりのオイルで付け根という付け根をスリスリ。
片足の付け根を両手で施術するので事故は必須。

再度、横に移動してきて腹部から乳首、そして目を合わせてきて「気持ちいいですか?」に
「あぁ」と答えると、手は鼠蹊部から付け根に移動して「元気ですね」

そして、股間へ再度移動するので、もしかして・・・
たっぷりのオイルを両手で紙パンツ周辺に拡げ、付け根から鼠蹊部をスリスリ。

セラピストさんから「もうそろそろお時間ですよ」の声。
どう解釈するか迷いましたが、「あぁ」と答えたままに。

すると突如膝立ちになったので「ラストスパートきたか」と思いましたが、
手を伸ばして乳首への攻撃も、残念ながら小生のツボではないので・・・
座り直すとニュルニュルになった紙パンツ周辺を撫でまくってお時間。

シャワーの準備から戻ってきて、階下のシャワー室へ。
使い捨てスポンジが袋から出して用意してあったので、
それを使い、落ちにくいオイルを入念に洗い流したあと、
扉を開けるとセラピストさんが待機していて、一緒に階段へ。

今度は最初から距離をとって昇るもチラリ程度。

セラピストさんはシャワーの片づけらしく、一人寂しく着替え、
差し替えられていたお茶を啜り、準備出来たところでセラピストさんが。

部屋を出て階下の玄関へと思いきや、なんとこの階にも玄関が。
セラピストさんが外まで出てきてエレベーターがくるまでお話して
エレベーターが閉まるまでお見送り。

紙パンツ
横スカTバック、Tバックが置いてありました

螢前

螢T

所要時間
90分(男性スタッフとのやりとり含む)

独り言
オイルかパウダーの選択は聞かれなかったです。
密着はないですがキワキワ、ただ・・・
この界隈は久々、帰りに寄り道したくなりました。
  カラダがおかしくなるまでマッサージで ダウンロード版